転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1494851922/

1 : ◆SESAXlhwuI 2017/05/15(月) 21:38:42.77 ID:Dbx0W9Bj0

ホント、心の励みになるんでコメント残してくれると嬉しいです、次どの子書くかって参考にもなるしね!
そして俺はいつまでこのシリーズを続けるのか

・多少のキャラ崩壊

・短めかつありきたり

・多少の部分は脳内補完お願いします

・関西弁崩壊 ←new!

【ミリマス】琴葉「プロデューサーが構ってくれない」

【ミリマス】恵美「プロデューサーに構ってほしい」

【ミリマス】エレナ「プロデューサーにもっと構ってほしいヨー!」





2 : ◆SESAXlhwuI 2017/05/15(月) 21:39:45.20 ID:Dbx0W9Bj0

ミリP 「ん?どうした、藪から棒に」キョトン

横山奈緒(以下、奈緒) 「なーんか最近忙しそうやんかー」

be434f1d
 

P 「……ちょっと拗ねてない?」

奈緒 「そないな事ないですけど……」

奈緒 「プロデューサーさん、気付いてるか分からへんから言っとくけどな?顔色悪いで?」

P 「げっ、マジか!?」バッ

奈緒 「自分の顔見たってしゃあないと思うけど……少なくとも、私が見る限り目の下のクマはちょいとまずいんやないかなーって思いますわ」

P 「クマ!?営業に支障をきたすじゃないか……マズイな」




3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/15(月) 21:40:42.47 ID:sR2HSp/f0

さすが奈緒、よく気づくな




4 : ◆SESAXlhwuI 2017/05/15(月) 21:40:43.39 ID:Dbx0W9Bj0

音無小鳥(以下、小鳥) 「仮眠室で仮眠取ってきたらどうです?幸い、今日は事務仕事だけですから」 

67d2f830
  

P 「良いんですか?任せちゃいますけど」 

小鳥 「この前からずぅーっと私が仕事手伝ってもらっちゃってますからね」 

小鳥 「プロデューサーさんじゃなきゃ出来ない書類以外はこちらで終わらせておきますよ!」 

P 「ありがとうございます……初めて小鳥さんが女神に見えましたよ」 

小鳥 「ふふふ、貢物としてこの紙にハンコを押しなさい?」 

P 「神は死んだ……じゃ、行ってきますね」 

小鳥 「はい、社長が来たら私が話しておきますね」 




5 : ◆SESAXlhwuI 2017/05/15(月) 21:42:15.16 ID:Dbx0W9Bj0

P 「減給食らわなきゃいいんですけどね……」トコトコ 

奈緒 「芸能活動なんて時間決まってるわけちゃうし、心配することやないって思うんやけど……?」 

小鳥 「まぁ、それがプロデューサーさんらしいっていえばらしいのかもね」クスッ 

奈緒 「……せやな。プロデューサーさんらしいわ」 

奈緒 「でもなぁ……うーん」 

小鳥 「?奈緒ちゃん、どうしたの?」 

奈緒 「さっき小鳥さんの事は女神様扱いしたのに……私の事、なーんも言わんと行ってもうたやないですか」 

奈緒 「それがちょびっと悔しいなーって思ったんです」 

小鳥 「ああ、なるほどねえ」 

小鳥 「……でも、あれいつもの冗談よ?私に投げ返してから寝ようってだけだと思うけど」 

奈緒 「頭では分かってるんですけど……うー、なーんかモヤモヤすんねんなー」 




6 : ◆SESAXlhwuI 2017/05/15(月) 21:43:15.12 ID:Dbx0W9Bj0

田中琴葉(以下、琴葉) 「おはようございます」 

b8164fc2


奈緒 「おー琴葉!おはよー!」 

琴葉 「奈緒ちゃん!おはよう!」 

小鳥 「あれ?今日は二人と一緒じゃないの?」 

琴葉 「…………」シュン 

奈緒 「……小鳥さん、地雷踏んだんとちゃいます?」ヒソヒソ 

小鳥 「か、かも……」アセアセ 

琴葉 「今日は、二人でお出かけなんですって」 

奈緒 「あのー琴葉?目がちょっとさっきより潤んでへん?」 

琴葉 「ふ、二人で……」グスッ 

小鳥 「わ、悪かったわ琴葉ちゃん!だから泣き止んで!」 

琴葉 「な、泣いてなんかないです!」ウルウル 

奈緒 「ど、どないするんやこれ……」 




7 : ◆SESAXlhwuI 2017/05/15(月) 21:44:04.28 ID:Dbx0W9Bj0

琴葉 「お、お騒がせしました……」シュン 

奈緒 「琴葉はホンマ二人の事が大好きなんやなあ」ケラケラ 

琴葉 「わ、笑わないでよ奈緒ちゃん!」 

奈緒 「アッハッハ!いやぁ、ゴメンて!」 

奈緒 「せや!それなら私の手伝いしてくれへん?」 

琴葉 「手伝い?」 

奈緒 「三人一緒に動いてるなら声かけられへんけど……琴葉一人ならヘーキやろ?」 




8 : ◆SESAXlhwuI 2017/05/15(月) 21:44:32.47 ID:Dbx0W9Bj0

奈緒 「琴葉は寂しがる必要なくなるし、私は手伝ってもらえるしで一石二鳥や!」 

琴葉 「さ、寂しがってないもん!」 

琴葉 「……手伝っても良いけど、いったい何するの?」 

奈緒 「話が早くて助かるわ!あんなー?最近なんかプロデューサーさん、疲れてるように見えへん?」 

琴葉 「疲れてる……?」 


琴葉 『プロデューサーが構ってくれない』 


琴葉 「!」 




9 : ◆SESAXlhwuI 2017/05/15(月) 21:45:16.25 ID:Dbx0W9Bj0

奈緒 「琴葉どう思う?」 

琴葉 「う、うん。最近は特に疲れてるように見えるかな……」 

奈緒 「せやろ!?ああ、もうなんで私にゆうてくれへんかったんかな……!」 

奈緒 「ってわけでな?ここはひとつ!この横山奈緒が一肌脱いだろーっちゅうわけや!」バーン 

琴葉 (疲れてるって、どう考えても私のせいじゃない……!)プルプル 

奈緒 「ん?どしたん琴葉。なんか震えてない?」 

琴葉 「べ、別に震えてないわよ!?」 

奈緒 「ホンマ……?それならええんやけど」 




10 : ◆SESAXlhwuI 2017/05/15(月) 21:45:50.60 ID:Dbx0W9Bj0

小鳥 「っていっても何するの?もうすぐお昼時だけど」 

奈緒 「うーん……せや!ちょお琴葉、付き合ってや!」 

琴葉 「つ、付き合うってどこか行くの?」 

奈緒 「近所のスーパーや!私の数少ない持ち味、見せたるで~!」 

奈緒 「あ、小鳥さん!お願いがあるんやけど!」 

小鳥 「何?」 

奈緒 「……もし、美奈子来たらちょお止めといてくれへん?」 

小鳥 「……善処するわ」 




11 : ◆SESAXlhwuI 2017/05/15(月) 21:46:35.10 ID:Dbx0W9Bj0

――――― 

P 「ふわあぁあ……よく寝た。音無さん、仕事はどうですか?」 

小鳥 「褒めてくださいよ……!大体終わらせました!」ビシッ 

P 「……いつもやってくれたら良いんですけどね」 

小鳥 「ピヨォ……」 

P 「とは言っても、ちゃんとやってくださってありがとうございます。あれ、結構な量じゃありませんでしたか?」 

小鳥 「へへーん、私が優秀って事が証明されましたね!」 

琴葉 「……半分はまだ残ってますよね?」 

小鳥 「うう……琴葉ちゃんが厳しぃ」 




12 : ◆SESAXlhwuI 2017/05/15(月) 21:47:32.05 ID:Dbx0W9Bj0

P 「琴葉?おはよう、今日は……ミーティングだったか。すまないな、遅れるかもしれん」 

琴葉 「良いんです!私のせいで少し最近疲れているそうですから……」 

P 「琴葉のせい?そんな事ないだろ、主に音無さんのせいだ」 

小鳥 「酷いですね……事実ですけど」 

琴葉 「そ、それでも……!」 

P 「だー、もう!安心しろ!お前のせいじゃないからな!」 

P 「結局の所、俺が無能なのが悪いんだよ……」ズーン 

琴葉 「そ、そんな訳ないじゃないですか!?」 

P 「いや、いいんだ……俺の作業が遅いせいで……」 




13 : ◆SESAXlhwuI 2017/05/15(月) 21:48:43.96 ID:Dbx0W9Bj0


奈緒 「はいはーい!ちょっとしょげてるプロデューサーさんに、奈緒ちゃんからの差し入れやでー!」 





14 : ◆SESAXlhwuI 2017/05/15(月) 21:49:27.19 ID:Dbx0W9Bj0

P 「奈緒!?この匂い……たこ焼きか?」 

奈緒 「せやで?この劇場のアイドル達でも私よりたこ焼き上手く作れるアイドルはおらへんしな!」 

琴葉 「すっごいいい匂い……」 

奈緒 「せやろせやろぉ!?ほれほれ、アッツアツの出来立てのたこ焼きやで?早いとこ食べてください!」 

P 「美味そうだなマジで……寝起きの腹がグルグル鳴ってるわ」 

小鳥 「わ、私も食べていい!?奈緒ちゃん!」 

奈緒 「ええでええで?ジャンジャン焼いやいたるさかい、ガンガン食べてな!」 




15 : ◆SESAXlhwuI 2017/05/15(月) 21:51:02.20 ID:Dbx0W9Bj0

小鳥 「わーい!アイドルの手作り料理が食べられる幸せな職場ー!」バンザーイ 

P 「楽しそうですね……奈緒、俺にも皿くれないか?」 

奈緒 「勿論や!ソースとマヨネーズに……青のりと鰹節もつけとくで!好きなのかけてください!」 

琴葉 「種作るのは私も手伝ったんですよ!味わって食べてくださいね!」 

P 「そうか!では……」モグモグ 

P 「うめぇな!?焼きたてのたこ焼きってこんな美味かったっけ……」 

小鳥 「ビールが欲しいわ……このカリカリモフモフ感、お店に出しても全然やっていけそう……あ、プロデューサーさん!これは採用してくれても構いませんからね!」 

P 「こんなところでポイント稼がないでください!」 




16 : ◆SESAXlhwuI 2017/05/15(月) 21:52:05.82 ID:Dbx0W9Bj0

琴葉 「!」キラキラ 

奈緒 「喜んで食べてる琴葉はかわいーなー?」ニヤニヤ 

琴葉 「あ、いやその!」アセアセ 

奈緒 「ええねんて!美味しいもの食べた時は素直に喜んどき!プロデューサーもそっちのがええやんな?」 

P 「勿論!キラキラしてる女の子は可愛いからな!それに、美味いもんは美味そうに食うのが一番だ!」 

琴葉 「もう!二人とも照れるからやめて!」カァ 

奈緒 「美味しく食べてもらえたら本望や!じゃんじゃん食べ!」 

P 「おう、ガッツリ頂くよ!」パクパク 




17 : ◆SESAXlhwuI 2017/05/15(月) 21:52:33.48 ID:Dbx0W9Bj0

小鳥 「………」テアワセ 

P 「……音無さん、どうしたんです?」 

小鳥 「いや、こんなご飯もう食べられないかと思って……」 

奈緒 「そんな喜んでくれるなんて思うとらんかったわ!また作ったろか?」 

小鳥 「是非!お願いするわ!」 

P 「全く……俺からも頼むよ。このたこ焼き、すっごいうまいからさ」 

奈緒 「任せといてや!さー、まだまだ残っとるからはよ食べ!」 




18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/15(月) 21:52:58.78 ID:C3ToXGUh0

たこ焼きチョイスしてくるとはさすが関西人 
m90kyJF



19 : ◆SESAXlhwuI 2017/05/15(月) 21:53:35.99 ID:Dbx0W9Bj0

――――― 

奈緒 「プロデューサーさんも小鳥さんも喜んでくれたな!」 

琴葉 「私までご馳走になっちゃってゴメンね?」 

奈緒 「ええねんええねん!大体、琴葉だって一緒に作ってたやんか!」 

琴葉 「そ、それはそうだけどほとんど奈緒ちゃんでしょ?」 

奈緒 「美味しく食べてくれたなら、それでえーねんって!気にせんといてーな!」 

琴葉 「そ、そう?じゃあ……ご馳走様でした!」 

奈緒 「おおきに!」 

奈緒 「……でも、次どないしよか。たこ焼き以外となると他の子に負けてしまうんやけど……」 

奈緒 「せや!私といえば温泉やろ!?なら、温泉使えばええんやって!」 

琴葉 「ちょ、ちょっと奈緒ちゃん!?それはアイドルとしてどうな……」 

奈緒 「ええねんええねん、こういうのはノリや!早速、社長にかけあってくるわ!」ダッダ 

琴葉 「な、奈緒ちゃん!」 




20 : ◆SESAXlhwuI 2017/05/15(月) 21:54:35.74 ID:Dbx0W9Bj0

――――― 

奈緒 「え?エレナが同じことやった?ホンマに?」 

高木社長(以下、社長) 「ああ。彼女の恩返しの為に私が手配したが」 

奈緒 「そ、そんな……温泉までアイデンティティは浸食されとったんか!?」ガーン 

琴葉 「エレナ、そんな羨ましい事を……」ハイライトオフ 

奈緒 (こっちはこっちでヤバそうやしどうなってんねん)チラリ 

奈緒 「なー、社長ー!お願いやから他になんかあらへん!?」ガシッ 

社長 「そ、そう言われてもだねえ?!か、身体を揺らさないでくれたまえ!」ガクガク 

奈緒 「たのんますーしゃーちょー!」 

琴葉 「奈緒ちゃん流石に吐いちゃいそうだからやめてあげて!」 




21 : ◆SESAXlhwuI 2017/05/15(月) 21:55:43.14 ID:Dbx0W9Bj0

――――― 

奈緒 「アッカンなあ……琴葉ぁ、私どないすればええと思う?」 

琴葉 「温泉行きたかったなぁ……」 

奈緒 「ちょぉ琴葉?聞いとんの?」ムゥ 

琴葉 「ご、ごめん!」 

奈緒 「……しっかしどないしよ?ここで貴重な一手がなくなってまうとはなぁ」 

琴葉 「ねえ奈緒ちゃん。もしエレナが温泉行ってなかったらプロデューサーさんと温泉行ったの?」 

奈緒 「そりゃそうやん!もう関係あらへんけどな……」 




22 : ◆SESAXlhwuI 2017/05/15(月) 21:56:21.63 ID:Dbx0W9Bj0

奈緒 「せや、今度琴葉も行こうや。琴葉ってお風呂が趣味やろ?」 

琴葉 「し、知ってたの?」 

奈緒 「そりゃ知っとるって!今度仲良く行こーや!」 

琴葉 「……うん!」 

――――― 

P 「はぁ……」コキコキ 

小鳥 「すみません、デスク詰めさせちゃって……本来なら、もう少しアイドルの子を見れるようにしなきゃいけないんですけど」 




23 : ◆SESAXlhwuI 2017/05/15(月) 21:58:00.99 ID:Dbx0W9Bj0

P 「いつもの音無さんじゃないみたいに真面目ですね……仕方ありませんよ。音無さんで出来る範疇じゃない書類は、俺の方で片付ける必要がありますからね」 

小鳥 「いつも真面目にふざけて事務所の雰囲気をより良くしている小鳥ちゃんに何言うんですか」 

P 「おっ、いつもの音無さんが帰ってきた。ふざけてないで、ちゃっちゃと終わらせちゃいましょう」 

小鳥 「はい!さっきのたこ焼きパワーで終わらせてやりますよ!」 

P カタカタ 

小鳥 カタカタ 

バタバタ 

P 「ん?」 

奈緒 「プロデューサーさん、まだおるー?」 

P 「奈緒?たこ焼きの奴でなんかし忘れた事でもあったのか?」 

奈緒 「たこ焼きはもうええねんって!それよりプロデューサーさん!」ズイッ 

P 「どうした?」 

奈緒 「私になんかしてほしい事ないですか?なんでもええんやけど」 

P 「してほしい事?ヤバそうな事には、俺は手を染めないぞ。お巡りさん怖いからな」 

琴葉 「いや、それが……」カクカクシカジカ 




24 : ◆SESAXlhwuI 2017/05/15(月) 21:59:01.11 ID:Dbx0W9Bj0

――――― 

小鳥 「奈緒ちゃん、献身的ね~お姉さんにも労わってくれないかしら」 

奈緒 「小鳥さんはもっと仕事したってくださいよー!プロデューサーさんの仕事がぎょーさん増えてまうやないですかー」 

小鳥 「最近は改心したのよ!?ほら、アイドルの子たちのおかげで私にも力が……!」 

P 「最初から全力を出してください……で、してほしい事だったか?」 

奈緒 「せや!エレナと一緒に温泉行ったって聞いて温泉案つぶれてしもたから……」 

小鳥 「エレナちゃんと温泉!?どういうことですか、プロデューサーさん!出るとこ出ますよ?!」 

P 「やめてくださいよ、会社がつぶれるじゃないですか!」 




25 : ◆SESAXlhwuI 2017/05/15(月) 21:59:36.53 ID:Dbx0W9Bj0

小鳥 「後で詳しく聞かせてもらいますからね……!」 

P 「この人は相変わらず面白そうな事には全力だな……」 

奈緒 「はよ教えてーや~」 

P 「つってもお前らにしてほしい事なんてステージで輝いてくれるのを願うくらい……そうだ」ティン 

P 「それなら奈緒、肩叩いてくれよ。最近、デスクワークが多くてな」 

奈緒 「肩たたき?そんなんでええの?」 

P 「ああ。アイドルの肩たたきなんて中々貴重だろ?」 




26 : ◆SESAXlhwuI 2017/05/15(月) 22:00:07.49 ID:Dbx0W9Bj0

小鳥 「いつかファンに刺されそうですもんね」ジトー 

P 「は、はは……」アセリ 

奈緒 「それでええっちゅんなら早いとこやるわ!さ、プロデューサーさん?しっかり椅子に座ってや!」 

P 「はいはい」スッ 

奈緒 「じゃあ始めるでー……」トントン 

奈緒 「お客さん、肩凝ってますね~」 

P 「ノリノリだな……」 

奈緒 「真顔でやったっておもんないやろ?」 

P 「まぁ、それもそうか……」 




27 : ◆SESAXlhwuI 2017/05/15(月) 22:01:00.58 ID:Dbx0W9Bj0

小鳥 「おー、絵になりますねえ。奈緒ちゃん、将来は家庭的なお嫁さんになりますね」 

奈緒 「お、お嫁さん!?」カァ 

P 「……自分はお嫁さんにならなごふぅ!」 

琴葉 「プロデューサー、流石に今のはちょっと……」 

P 「自分で火種蒔いた音無さんが悪いんじゃないか……ぐぅ」 

奈緒 「ほーら!シャキっとしとってくれへんと、ちゃんと肩たたきできへんやんかー!」 

P 「悪い悪い」 

奈緒 「ふんふんふ~ん♪」パンパン 




28 : ◆SESAXlhwuI 2017/05/15(月) 22:02:46.36 ID:Dbx0W9Bj0

奈緒 「……せや、プロデューサーさん!なんか話してえや」トントン 

奈緒 「今なら、私が話じぃーっくり聞いてあげますよー?」トントン 

P 「仕事があるだろ……」 

小鳥 「良いんじゃないですか?私がなんとかします」 

P 「良いんですか、音無さん?」 

小鳥 「私もプロデューサーさんの話には興味ありますから!」 

P 「そうですか?それじゃあ――」 




29 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/15(月) 22:03:06.82 ID:C3ToXGUh0

j94OdRK
 
温泉とかうらやましい



30 : ◆SESAXlhwuI 2017/05/15(月) 22:04:32.69 ID:Dbx0W9Bj0

P 「――ってのがあってな?」 

奈緒 「へー?それで、プロデューサーさんどないしたん?」 

小鳥 カタカタ カキカキ 

琴葉 「小鳥さん、手伝いますよ」 

小鳥 「そう?悪いわねぇ」カタカタ 

奈緒 「プロデューサーさん、それはあかんやろ!」ケラケラ 

P 「笑うな!俺もあの時は真剣だったんだって!」 

奈緒 「ぷくく……あー、笑った!お腹の筋肉痛いわー」 

P 「お前って奴は……」 





31 : ◆SESAXlhwuI 2017/05/15(月) 22:05:09.45 ID:Dbx0W9Bj0

P 「けど、凄いな?相槌うってくれてるからか分からないけどスラスラ話せる」 

奈緒 「どや?これからは、毎日私に話しかけてくれて良いんですよ~?」 

P 「そうだな……普通に話聞いてもらおうかな。ありがとう」 

奈緒 「~!もう、プロデューサーさんはずるいんですよ……真顔でやったらダメってゆーたやんか!」 

P 「すまんすまん!」ケラケラ 

琴葉 「…………」 

小鳥 「ふぅ……」 

P 「あ、すみません!仕事の方は……」 




32 : ◆SESAXlhwuI 2017/05/15(月) 22:05:48.45 ID:Dbx0W9Bj0

小鳥 「そんなもの、もう終わらせましたよ」ドヤァ 

P 「……どこに隠したんですか?」チラチラ 

小鳥 「隠してないです!ホントに終わらせたんですってばぁ!」 

奈緒 「ほへー……でも、いつもの小鳥さんと違ってテキパキ仕事してましたね?」 

小鳥 「そうなのよ!今日は、頑張ったわ……!」グッ 

P 「お疲れ様でした、音無さん。奈緒もありがとな……気が楽になったよ」 

奈緒 「それならええねん!良かったー、これでミッションコンプリートって奴やな!」 




34 : ◆SESAXlhwuI 2017/05/15(月) 22:07:21.12 ID:Dbx0W9Bj0

P 「しっかし、悪かったなあ……まさかそこまで分かるくらいガタガタだったとは思わなかったよ」 

奈緒 「普段からよー見てるんやから、分かるに決まっとるやん!もぅ、心配かけんといてくださいよー?」 

P 「す、すまん……」 

奈緒 「ただ、これだけじゃ味気ないなぁ……せや!」ティン 

奈緒 「プロデューサーさん!今劇場のステージ、ちょぉっとだけ借りられます?」 




35 : ◆SESAXlhwuI 2017/05/15(月) 22:08:14.93 ID:Dbx0W9Bj0

奈緒 「んー!やっぱここに立つんは気分がええな!」 

P 「奈緒ー?衣装に着替えてるけど、リハでもするのかー?」 

奈緒 「リハちゃうで?プロデューサーさんのための、プロデューサーさんに送る、横山奈緒のソロライブや!」 

小鳥 「へぇ……あれ?私たち見てちゃダメなんじゃ」 

琴葉 「奈緒ちゃーん、どうなのー?」 

奈緒 「あー……いや、全然ええよ?観客は多い方が基本盛り上がるしな!」 

P 「亜利沙がいたら大騒ぎだったな……で、何歌うんだ?」 

奈緒 「そりゃモッチロン!『ハッピー☆ラッキー☆ジェットマシーン』に決まっとるやん!」 

奈緒 「プロデューサーさんはな?仕事やから私たちの事、よー見てくれてるけど……」 

奈緒 「私、スッゴイ嬉しいんですよ?いっつもジョーダンみたいにゆーてるから分からんかもしれへんけど……」 

P 「…………」 

奈緒 「だからな!今日はプロデューサーさんが疲れてるってのを口実にして、恩返しのつもりやってん!」 

奈緒 「最後まで、ちゃんと聞いてってや!ほな、行くでー!」 




36 : ◆SESAXlhwuI 2017/05/15(月) 22:09:37.26 ID:Dbx0W9Bj0

――――― 

Let's dance! 飛んでハッピーラッキー☆ 

ワク☆ドキしちゃう 楽しくって 

Let'go! ジェットコースター☆ 

大好きだから 止まんない 

大好きだから 見ててね 

~🎵 

――――― 




37 : ◆SESAXlhwuI 2017/05/15(月) 22:10:15.82 ID:Dbx0W9Bj0

奈緒 「ありがとうございましたー!」 

パチパチ 

小鳥 「良かったわよー!」 

琴葉 パチパチ 

P 「…………」パチパチ 

P 「奈緒!」 

奈緒 「!」 

P 「ただの仕事なんて寂しいこと言うな!お前だって俺にちょっかいかけにこい!」 

奈緒 「け、けど忙しくなってまうで……?」 

P 「良いんだよそんくらいは!何度も言うけどな、お前らと話してるのは楽しいんだよ!」 

奈緒 「……もー!ホンマ、プロデューサーさんは優しすぎんねん!」 

奈緒 「そこまで言うなら、めっちゃ構ってもらいに行くで!?」 

P 「おう、ドーンと来い!受け止めるのもプロデューサーの仕事だからな!」 





38 : ◆SESAXlhwuI 2017/05/15(月) 22:12:11.86 ID:Dbx0W9Bj0

――――― 

琴葉 「…………」 

所恵美(以下、恵美) 「そ、そんなに昨日エレナと二人で出かけたの怒ってる……?」 

51e5e789
  

島原エレナ(以下、エレナ) 「ご、ゴメンネ……今度、一緒に行コ?」 

7f80d8f0
  

琴葉 「そういう事じゃなくて……」 

恵美 「ん?それ以外となると……」 

エレナ 「なんかこんなコトハ、見た事ある気がするヨ……?」 



琴葉 「プロデューサーが構ってくれないの!」 




39 : ◆SESAXlhwuI 2017/05/15(月) 22:13:32.92 ID:Dbx0W9Bj0

――――― 

奈緒 「ほい、今日もたこ焼きやでー!」 

P 「おっ、今日も美味そうだな!」 

奈緒 「今日はおろしダレに挑戦してみたんで、たーんと味わってくださいね!」 

奈緒 「小鳥さんもどうぞ!熱いうちに食べたってや!」 

小鳥 「ありがとねー……いやぁ、こういう時が、アイドル事務所の事務員やっててよかったと思うわぁ」 

P 「何も言いませんよ、もう……では」 

P・小 「いただきます!」 

奈緒 「えっへへー、遠慮せんと食べてや!お代わりもまだまだありますからね!」 




40 : ◆SESAXlhwuI 2017/05/15(月) 22:15:29.37 ID:Dbx0W9Bj0

――――― 

琴葉 「……ほらね?」 

恵美 「やっぱり癒しが一番なのかな……ってエレナ?」 

エレナ 「ワタシもたこ焼き食べるヨー!」パタパタ 

恵美 「あ、アタシも!お腹ペコペコだし!」パタパタ 

琴葉 「もう……」プクー 

恵美 「ほら、琴葉!早く行くよ!」ガシッ 

琴葉 「ちょ、ちょっと恵美!」ズルズル 


奈緒 「おっ?三人ともお腹空いてんの?まだまだ余ってるから、ドンドン食べてな!」 


お わ り



43 : ◆SESAXlhwuI 2017/05/15(月) 23:07:35.91 ID:Dbx0W9Bj0

おまけ 

奈緒 「……さて」 

琴葉 「奈緒ちゃん……ホントにやるの?」 

奈緒 「あったりまえやん!私たち二人がそろってるんやで!?」 

琴葉 「でも……私、恥ずかしいし」 

奈緒 「なーんで、ここまで来て退け腰になってんねん!ええからいくで!お膳立ては整えてもらってるんやからな!」 



44 : ◆SESAXlhwuI 2017/05/15(月) 23:08:37.55 ID:Dbx0W9Bj0

――――― 

社長 「お、温泉は無理だよ……彼には手段がバレているだろうからね」 

奈緒 「そこをなんとか頼んますしゃちょー!」 

社長 「そ、そうは言ってもだね……!」 

prrrr 

社長 「……ん?すまない、少し失礼するよ」 

社長 「はい、もしもし高木だが……何?」チラリ 

奈緒 「?」 

社長 「分かった、すぐにそちらに彼を派遣する。それでどうにかなるかね?」 

社長 「……混浴温泉のある旅館でおもてなしします?それは傑作だ……」チラリ 

奈緒 「!」 

社長 「では、そのように」プツッ 

奈緒 「社長!?もしかしてー……?」 

社長 「……」コクリ 




45 : ◆SESAXlhwuI 2017/05/15(月) 23:09:06.08 ID:Dbx0W9Bj0

――――― 

奈緒 「さて……今日はドッキリするだけやで?お泊まりとかせーへんからな?」 

琴葉 「……そうだね」ニッコリ 

奈緒 「乗り込む気満々やん……!」 

奈緒 「まあええわ。ほな、早速乗り込む用意しよか?」 

琴葉 「荷物は……よし。大丈夫、いけるよ奈緒ちゃん」 

奈緒 「よっしゃ!さ、 乗り込むで!」 




46 : ◆SESAXlhwuI 2017/05/15(月) 23:09:36.03 ID:Dbx0W9Bj0

――――― 

P 「あぁ……なんで俺はこんな遠くまで出張に来たんだと思ってたけど」 

P 「温泉はやっぱいいなぁ……銭湯もいいけど、やっぱこういう天然のは格別だぁ……」フゥ 

P 「混浴って聞いてちょっとだけ期待したけど……」 

P 「まぁそれで女の人が入りに来るわけないからな!」ハハハ 

ピトピト  

P 「……ん?人かな?」 

P 「そりゃ混浴って聞いてくる男もいるよな……さて、ちょっと寄るか」ジャブ 




47 : ◆SESAXlhwuI 2017/05/15(月) 23:10:36.18 ID:Dbx0W9Bj0

?? 「ふぅ、広いなぁ!やっぱこーいうトコ来るとテンション上がるわー!」 

?? 「ちょ、ちょっと奈緒ちゃん!あんまはしゃぎ過ぎないでね?」 


P 「………さて、上がるか」ジャブ 

奈緒 「ちょぉ、プロデューサーさん!無視せんといてくださいよ!」 

P 「スルーするに決まってるだろ!何回俺は首が飛びそうになってると思ってんだ!たまにはゆっくりとだな……!」 

琴葉 「……ごめんなさい、迷惑ですよね」ペコリ 

奈緒 「ちょ、ちょお琴葉!」 

P 「はぁ……もう、分かったよ!」 

琴葉 パァアア 

奈緒 「ホンマ、プロデューサーさんは琴葉には甘いねんから……」ジトー 

奈緒 「せや!プロデューサーさん、身体洗ったげるで?」 

P 「遠慮して……」 

琴葉 ウルウル 

P 「分かったよ好きにしろ!」 




48 : ◆SESAXlhwuI 2017/05/15(月) 23:12:38.58 ID:Dbx0W9Bj0

――――― 

P 「はぁ……」ポチャン 

奈緒 「そんなに落ち込まんといてくださいよー……」 

P 「この光景が悪徳さんの目に留まったらと思うとな……」 

琴葉 「大丈夫ですよ、カメラ持ち込み禁止ですし……」ピトッ 

P 「!?」 

奈緒 「なん!?」 

琴葉 「近くに寄ってれば、影で見えませんから」カァア 

P 「いや、その理屈はおかしいんじゃ」アワアワ 

奈緒 「全く……琴葉ばっかり抜け駆けはずるいわ!私もくっつこ!」ピトッ 

P ブクブク 

琴葉 「……プロデューサー?」 

奈緒 「もー美女二人にくっつかれて鼻の下伸ばしてんのん?プロデューサーさんはスケ……」 

奈緒 「ちゃうわ!なんかスッゴイ顔真っ赤になっとるで!?」 

琴葉 「の、のぼせてる!?奈緒ちゃん、人呼んできて!」 

奈緒 「任せとき!」 




49 : ◆SESAXlhwuI 2017/05/15(月) 23:13:07.13 ID:Dbx0W9Bj0

――――― 

奈緒 「鍛え方が足りへんって、プロデューサーさん……」 

P 「心理的な緊張が臨界点を超えてな……」 

琴葉 「すみません……まさかそこまでだとは」 

P 「俺の方こそ悪いな。もう少しドーンと構えとくべきだったか」 

奈緒 「今度は貸し切りにしてもらわな……琴葉、一緒にお願いしよな」 

琴葉 「勿論!」 

P 「やめなさいって……」 





50 : ◆SESAXlhwuI 2017/05/15(月) 23:13:39.33 ID:Dbx0W9Bj0

――――― 

P 「……で?お前らはいつまで俺の部屋にいる気だ?もう夜だし、早めに帰った方がいいぞ?」 

奈緒 「え?何ゆーてんのプロデューサーさんは」 

琴葉 「今日はここにお泊まりですよ?」 

P 「……マジ?」 

奈緒 「ホンマやで?ほな、布団もひいたし電気消すでー」 

P 「いつ敷いた!?琴葉、お前からも何か言ってくれ!」 

琴葉 スッ 

P 「もう寝る気か……!」 

奈緒 「はいはい、プロデューサーさん!覚悟決めてくださいよ!」 




51 : ◆SESAXlhwuI 2017/05/15(月) 23:14:16.18 ID:Dbx0W9Bj0

カチリ 

P 「……律子に引き継ぎの資料作っとくんだったかな……」 

奈緒 「もー、いい加減あきらめえや」ギュゥウ 

P 「諦めねえよ何やってんの奈緒」 

奈緒 「そりゃぁ……ハグって奴ですよ、ハグ!」 

P 「分かってるよそんな事は!ダメだろアイドルだぞ!」 

琴葉 ギュゥウ 

P 「琴葉も無言でくっつかない!」 

琴葉 「だ、だって……」カァア 

P 「顔赤らめてるのは可愛いけどな……!」 




52 : ◆SESAXlhwuI 2017/05/15(月) 23:14:42.32 ID:Dbx0W9Bj0

奈緒 「……プロデューサーさん、受け止めるのも仕事なんやろ?」 

奈緒 「受け止めてくれへんの?」ウルウル 

P 「…………」 

P 「……はぁ、分かったよ」 

奈緒 「ホンマ!?いやー、プロデューサーさんはホンマちょろいなぁ」 

P 「ウソ泣きか!?」 

奈緒 「アイドルたるもの、演技力レッスンは欠くべからずやで!」 

P 「今だけは自分のアイドルの成長を心から喜べないな……」 

P ナデナデ 

琴葉 「えへへ……」 

奈緒 「こっちもこっちもー!」 

P 「はいはい」ナデナデ 

奈緒 「くるしゅうないくるしゅうない🎵」 



P 「おやすみ」 

琴・奈 「おやすみなさーい」ギュゥウ 




53 : ◆SESAXlhwuI 2017/05/15(月) 23:15:15.85 ID:Dbx0W9Bj0

――――― 

小鳥 「で!その後どうなったんですか!?」 

P 「ガチで広めないでください転覆しますよ!?」 


今度こそ終わり 



54 : ◆SESAXlhwuI 2017/05/15(月) 23:18:36.61 ID:Dbx0W9Bj0

積極的な奈緒と文量少なかった琴葉の二人ともう少しイチャついた、以上 
即興なんで文章力は勘弁してつかあさい 



55 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/15(月) 23:41:28.09 ID:blZfqokfo

乙!



58 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/16(火) 18:23:29.89 ID:+0yBigtYO

奈緒 「さて……今日はドッキリするだけやで?お泊まりとかせーへんからな?」 
奈緒ちゃんの嘘つき…



59 : ◆SESAXlhwuI 2017/05/16(火) 20:07:33.22 ID:t7NHRpB+0

>>58 
奈緒ちゃんは倒れたPの傍についててあげるつもりだったんだよ、ホントだよ!



60 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/16(火) 22:20:35.23 ID:WOsCXTvj0

おつおつー 
ニヤニヤしちゃう






他のおすすめSS
 
 
 
 
 
春香「律子さん…実は…」律子「な、なによ」 
春香「あははっ!」ブッ 
貴音「ふぇありぃは765にて最強」 
P「千早をミュージカルに出演させたい」 
P「綾鷹を飲んでるところを雪歩に見られた」