転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1518175966/

1: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ) 2018/02/09(金) 20:32:46.26 ID:RrD4fSvU

凛「むー…」ジィ…

凛「可愛い…けど…」

凛「凛には似合わないよね…」シュン

ことり「わっ!」

凛「にゃわぁぁ!?」ビクッ



2: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ) 2018/02/09(金) 20:33:23.54 ID:RrD4fSvU

ことり「えへへ♪こんにちは凛ちゃん♪」

凛「ことここことりちゃん!?」

ことり「びっくりし過ぎだよー、何してたの?」

凛「なななななんにもしてないよ!?」



3: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ) 2018/02/09(金) 20:34:11.25 ID:RrD4fSvU

ことり「ふーん…新色なんだねー」

凛「何のことかさっぱりだにゃー…」ススス…

ガシッ

凛「にゃっ!?」

ことり「せっかくだし試着していこうよ♪」



4: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ) 2018/02/09(金) 20:34:55.54 ID:RrD4fSvU

凛「いや…あの…」

ことり「けってーい♪」

凛「あうぅ…」ズリズリズリ

イラッシャイマセー



5: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ) 2018/02/09(金) 20:35:02.88 ID:RrD4fSvU

ことり「すいませーん、ショーウィンドウにあった桜色のスプリングコート試着出来ますかー?」

カシコマリマシタ
ショウショウオマチクダサイ

凛「うぅ…ああいう可愛いのは凛に似合わないよぅ…」

ことり「でも気になったからずっと見てたんでしょ?」




6: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ) 2018/02/09(金) 20:35:32.79 ID:RrD4fSvU

凛「なんで知ってるの!?」 

ことり「だってあんなにじぃっと見てたら分かるよー♪」 

凛「うぅ…」 

オマタセシマシター 
コチラヘドウゾ 

ことり「ほらほらいくよー♪」



7: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ) 2018/02/09(金) 20:35:39.23 ID:RrD4fSvU

凛「はぁい…」 

ことり「ありがとうございます♪はい凛ちゃん♪」 

凛「もぅ…絶対似合わないってば…んー…どう?」 

ことり「うーん…なんか違うかなぁ…」 

凛「ほらやっぱり…」



8: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ) 2018/02/09(金) 20:36:08.20 ID:RrD4fSvU

ことり「そうじゃなくて…えっと…凛ちゃんそれ持って試着室で待ってて」 

凛「ことりちゃん?」 

ことり「えっと…あっちかな」スタスタ 

凛「おーい…もう…試着室こっちかな?」テクテク 

凛「……」



9: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ) 2018/02/09(金) 20:36:17.03 ID:RrD4fSvU

凛「もっと女の子っぽくなきゃこんなの似合わないよ…」 

ことり「凛ちゃんお待たせ!」 

凛「なんかいっぱい持ってきた!?」 

ことり「えっと…ちょっと待ってね…」 

凛「うん…」



10: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ) 2018/02/09(金) 20:36:46.44 ID:RrD4fSvU

ことり「んー…やっぱり白かな…こっちは…うん、杢グリーンの方がいい♪」 

凛「……」ソワソワ 

ことり「はい!じゃあこっちの白ブラウスと杢グリーンのミドルスカートに着替えてまたコート着てみて♪」 

凛「にゃ…ちょっとフリフリしすぎじゃないかにゃ…」



11: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ) 2018/02/09(金) 20:36:53.36 ID:RrD4fSvU

ことり「いいからいいから♪」 

凛「はぁい…」 

シャッ 

ことり「あ、黄色のベルトとかあるかな…?見てこようっと」 

凛「んー…うわぁ…恥ずかしいにゃこれ…うー…ことりちゃん」



13: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ) 2018/02/09(金) 20:37:27.29 ID:RrD4fSvU

凛「ことりちゃん?」 

凛「あれ?いない…」 

凛「えっと…」 

ことり「あ、凛ちゃん着替え終わった?あとこれも巻いて最後にこのパンプスもね」 

凛「ベルト?」



14: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ) 2018/02/09(金) 20:37:34.53 ID:RrD4fSvU

ことり「ブラウスは中に入れて、スカートに巻いて」 

凛「う、うん…」ゴソゴソ 

ことり「出来た?」 

凛「うん…」 

ことり「じゃあパンプス履いて♪」 

凛「ん…これでいい…のかな?」 

シャッ



15: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ) 2018/02/09(金) 20:38:02.82 ID:RrD4fSvU

凛「うぅ…恥ずかしい」 

ことり「……」 

凛「こ、ことりちゃん?」 

ことり「凛ちゃん!」ガシッ 

凛「はひっ!?」 

ことり「おおお姉さんが全部買ってあげるから今日1日 
デートしよう!!」クワッ 

凛「えぇえ!?何言ってるの!?」



16: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ) 2018/02/09(金) 20:38:09.40 ID:RrD4fSvU

ことり「はっ!?あまりの可愛さに取り乱しちゃった!」 

凛「えぇ…」 

ことり「うん!でもバッチリ♪と言うかことりの思った以上にバッチリ♪」 

凛「ど…どこらへんがバッチリなの…?」 

ことり「全部!とりあえず買おう!」



17: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ) 2018/02/09(金) 20:38:38.09 ID:RrD4fSvU

凛「ことりちゃん…テンション高い穂乃果ちゃんみたいになってるにゃ…というか全部なんて買ったらすごい金額になっちゃうんじゃ」 

ことり「トータル2万8200円プラス税だよ!買いだよ!」クワッ 

凛「高っ!?」 

ことり「今しか買えないんだよ!?」クワッ



18: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ) 2018/02/09(金) 20:38:43.69 ID:RrD4fSvU

凛「せ、セールを待つとか…」 

ことり「ダメだよ!季節は先取りしてこそオシャレだよ!」クワッ 

凛「こ、ことりちゃん怖いにゃぁ…」 

ことり「じっとしててね……えいっ」ペチョッ 

凛「ええぇ!?なんでマジックで塗ったの!?」ガーン



19: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ) 2018/02/09(金) 20:39:14.53 ID:RrD4fSvU

ことり「すいませーん」 

ハイナンデショウカ 

ことり「これ汚しちゃったんで買取でお願いします、あと着てるの一式全部も着て帰ります」 

アーカシコマリマシタ 
タグシツレイシマスネ 

凛「……」ガクブル 

ことり「ね♪」 

凛「ね♪…じゃないにゃぁ…」



20: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ) 2018/02/09(金) 20:39:21.72 ID:RrD4fSvU

ーーー 

アリガトウゴザイマシター 

ことり「ほんとにコート代良かったの?全部払ってあげたのに」 

凛「流石に全部払ってもらうなんて悪いもん…」 

凛「というか…スカートの方が高いってどういうことにゃ…」



21: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ) 2018/02/09(金) 20:39:52.32 ID:RrD4fSvU

ことり「えっとぉ…」キョロキョロ 

凛「何探してるの…?」 

ことり「パウダールーム…あっちだね」 

凛「ぱうだー…るーむ…?」 

ことり「凛ちゃんはこの後予定とかある?」 

凛「今日は無いけど…パウダールームって何?」 

ことり「着いたら分かるよ♪」 

凛「変なことされそうな予感しかしない…」



22: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ) 2018/02/09(金) 20:39:57.87 ID:RrD4fSvU

ーーー 

凛「ほぇー…こんなところあるんだね…」 

ことり「ちょっとお金かかっちゃうけど、ここならメイクも髪もセット出来るから覚えておくと便利だよ♪」 

凛「すごいにゃぁ」 

ことり「さぁ凛ちゃん♪」 

凛「な、なにかな?」ビクッ



23: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ) 2018/02/09(金) 20:40:30.72 ID:RrD4fSvU

ことり「ここに座って♪」 

凛「うぅ…やっぱり変なことされるんだにゃ…」 

ことり「さーてどんなメイクにしようかなぁ♪」 

凛「普通でいいよぅ」 

ことり「とりあえずさくっとベースメイクしちゃうねー」 

凛「んにゃぁ」



24: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ) 2018/02/09(金) 20:40:37.84 ID:RrD4fSvU

ことり「凛ちゃんの肌スベスベで羨ましいなぁ♪」 

凛「そ、そうかなぁ」 

ことり「うん♪さてとー眉はパウダーの方がいいけど色あったかなぁ…」ガサゴソ 

凛「なんでそんなにいっぱい持ち歩いてるの…」 

ことり「これで…大丈夫そうだね♪こんな時の為だよー♪」 

凛「うむむ」



25: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ) 2018/02/09(金) 20:41:09.39 ID:RrD4fSvU

ことり「シャドウはこっちで…ラインはどうしよっかなぁ…んーあんまり濃いのは凛ちゃんに似合わないから…こっちにしようかなぁ」 

凛「ことりちゃんでも難しいんだね」 

ことり「そーだねー、服とか気分とか色々あってこれっ!ていうのがないからねー…凛ちゃんじっとしててね」 

凛「んにゃ」



26: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ) 2018/02/09(金) 20:41:17.22 ID:RrD4fSvU

ことり「マスカラは…軽くで大丈夫そうだね♪チークはやっぱりオレンジかなぁ…えっとぉ…こっちの方が肌に合うかな♪そろそろ凛ちゃん目を瞑ってくれるかなぁ?」 

凛「ん、もう何言ってるのか分からなくなってきたにゃ…」 

ことり「ことりで良ければ今度教えてあげるよー♪しばらく開けちゃダメだよー♪」 

凛「はぁい」



27: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ) 2018/02/09(金) 20:42:00.10 ID:RrD4fSvU

ことり「後はリップも塗って…せっかくだしグロスも塗っちゃおう♪」 

凛「んー…違和感が…」 

ことり「あはは…慣れないと気になっちゃうかもね」 

凛「これで終わり?」 

ことり「最後に髪もセットしちゃうよー♪」 

凛「まだあるの…」



28: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ) 2018/02/09(金) 20:42:05.57 ID:RrD4fSvU

ことり「凛ちゃんの髪柔らかいねー♪」 

凛「よく言われるにゃ」 

ことり「ふんわりスプレーで作ってーブローしてー♪」 

凛「んー」 

ことり「ちょっと外ハネも作ってあげれば…はい完成♪目開けていいよ♪」



29: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ) 2018/02/09(金) 20:42:34.85 ID:RrD4fSvU

凛「ん…にゃ!?」 

ことり「えへへー♪凛ちゃんかわいいー♪写真撮っとこー♪」 

凛「こ、こんなにバッチリメイクしたの初めて…ライブの時よりしてない!?」 

ことり「えー♪全然ナチュラルメイクだよー♪」パシャパシャパシャ



30: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ) 2018/02/09(金) 20:42:43.13 ID:RrD4fSvU

凛「ちょっ!?撮りすぎだよことりちゃん!恥ずかしいから!」 

ことり「だって可愛いんだもーん♪じゃあコートも着てこっち見て♪」 

凛「うぅ…」 

ことり「きゃー♪可愛い♪流石凛ちゃん♪春の妖精さんみたいだよー♡」パシャパシャパシャ 

凛「は、恥ずかしい…」



31: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ) 2018/02/09(金) 20:43:11.44 ID:RrD4fSvU

ことり「よしっ♪じゃあその格好でことりとデートしましょう♪」 

凛「えー!?や、やだよぅ…恥ずかしい…」 

ことり「ダメー♪どこ行こっかなぁ♪凛ちゃん食べたいものとかある?」 

凛「…ラー 

ことり「ラーメン以外で♪」 

凛「…ことりちゃんにおまかせするにゃ…」 

ことり「えへへー♪じゃあ近くに何があったかなぁ♪あ、あのお店今日やってるかなぁ♪」



32: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ) 2018/02/09(金) 20:43:19.00 ID:RrD4fSvU

ーーー 

星空家 

凛「はぁ…疲れた…いつもよりことりちゃんパワフルだったにゃ…」 

凛「……」チラッ 

凛「でも…」クルリン 

凛「…えへへ♪」



33: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ) 2018/02/09(金) 20:43:48.80 ID:RrD4fSvU

おしまい



40: 名無しで叶える物語(家) 2018/02/09(金) 22:23:10.37 ID:fyDE8Nmg

いいことりんだった



42: 名無しで叶える物語(庭) 2018/02/09(金) 22:58:12.56 ID:wq7N1B+b

最高だな 



44: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/02/09(金) 23:36:40.41 ID:O+9TQoJ9

いつの日かことりちゃんとタメ張れるくらいの女子力になって二人仲良くお出かけしてほしい



45: 名無しで叶える物語(庭) 2018/02/09(金) 23:38:20.00 ID:uyztKvgI

凛ちゃんは可能性の塊なのでいつかことりちゃんも超えられるはず



51: 名無しで叶える物語(庭) 2018/02/10(土) 11:28:52.23 ID:87d6KqHZ

春を感じさせる良いssだった






他のおすすめSS
絵里「桜の花園」 
絵里「モーニングコーヒー」 
【SS】にこぱなSS書いたよ 
絵里「私の大切な妹と友達」 
真姫「やさぐれまき」 
真姫「授業が終わったわね。スクフェスの時間よ!」 
凛「七夕だにゃー!」にこ「そうねぇ」 
穂乃果「にこちゃんは『愛』ってなんだと思う?」にこ「はぁ?」 
海未「今日は七夕ですね」 
真姫「はい、次の方どうぞー」