転載元 : http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1405682197/

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/18(金) 20:16:37 ID:.0p5hprA

漫画家の自宅──

漫画家(あ~……くそっ!)

漫画家(全然先の展開が思いつかねえ……!)

漫画家(アシもケンカして辞めさせちまったし……どうするかなぁ……)

バタンッ!

担当「先生、大変ですっ!」

漫画家「ん、どうしたんだよ?」

担当「実は……とんでもない事件が起こりまして……」



2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/18(金) 20:18:52 ID:.0p5hprA

漫画家「俺の漫画をモデルにした殺人事件が発生……!?」

担当「はい……」

担当「なんでも“ナイフファイター”のコスプレをした20代の男が」

担当「暗い夜道で、次々に通行人をナイフで刺しまくったそうで……」

担当「死傷者は20人近くにもなるそうです」

漫画家「──で、肝心の犯人は?」

担当「自殺……したそうです」

漫画家「マジかよ……」



3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/18(金) 20:21:13 ID:.0p5hprA

漫画家の連載作品『ナイフファイター』とは──



暗殺者である主人公“ナイフファイター”が、

ナイフ一本で数々の強敵を打ち倒し、難事件を解決するという漫画作品である。



タイトルから察せられる通り、過激な描写が多々あるものの、

すでにかなりの長期連載となっており、単行本の売上やメディアミックスも好調。

現在連載中の漫画では、五本の指に入るであろう人気作品だったのだが──




4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/18(金) 20:23:15 ID:.0p5hprA

漫画家「それにしても、君は優秀だな」

漫画家「こんな情報をすぐに持ってきてくれるなんて」

担当「編集は情報収集が欠かせない職業ですからね」

担当「特に今担当してる先生に関することなら、なんでも分かるようにしておかないと」

担当「ただ……今回の事件みたいなことは知りたくなかったですけどね」

漫画家「まったくだな……」

漫画家(俺の作品のファンは、殺人シーンが多い作品の性質上)

漫画家(なんというか過激な人間も多いって聞くが……参ったな、こりゃ)



5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/18(金) 20:25:14 ID:.0p5hprA

ニュース『目撃者の証言によると』

ニュース『漫画キャラクターの格好をした犯人は』

ニュース『通行人のノドや胸を次々と切りつけ』

ニュース『最後に“俺はナイフファイターなんだ”と叫び』

ニュース『自身の首にナイフを突き刺し、自殺したとのことです』



ニュース『え~もう、ホント怖かったですよ~』

ニュース『最初はなにかのパフォーマンスかな? と思ったら』

ニュース『いきなり人をナイフで切りつけ始めて……』



6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/18(金) 20:27:32 ID:.0p5hprA

出版社──

担当「『ナイフファイター』に関する問い合わせやクレームが殺到しています!」

担当「どうしましょう、編集長?」

編集長「う~む、幸いまだ原稿は出来上がってなかったし……」

編集長「とりあえず、しばらく休載にして様子を見よう」

担当「分かりました!」

編集長「『ナイフファイター』の穴は、適当な代原で埋めるようにしてくれ」

担当「はい!」



7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/18(金) 20:29:45 ID:.0p5hprA

この事件は多くの議論を呼び──

評論家A「最近の若者は現実とフィクションをごっちゃにしすぎです!」

評論家A「これを機会に、過激な描写のある漫画を規制するべきなんです!」

評論家B「いやいや、罪があるのはあくまで事件を起こした個人であって」

評論家B「漫画に罪はないでしょう」

評論家A「甘い! 徹底的に規制すべきなんですよ!」

司会「ところで皆さん、聖徳太子って知ってる?」



8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/18(金) 20:31:00 ID:.0p5hprA

ネット上にも波及し──

≪ショックだわ~≫

≪つか、犯人がマジキチだっただけだろ≫

≪マジキチの使い方間違えてんじゃねーよ、バーカ≫

≪ナイフファイター打ち切りじゃね?≫

≪こんなことで打ち切りになるわけねーだろ!≫

≪コスプレ野郎に殺されるとか、死んでも死にきれないんだが≫

≪これからは漫画読むのにも免許が必要だな≫



9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/18(金) 20:32:51 ID:.0p5hprA

漫画家の自宅──

担当「休載が長引いてしまい、すみません……先生」

漫画家「ん、ああ……静養期間だと思って休ませてもらってるよ」

漫画家「今もゲームなんかやってたし……これけっこう面白いね」

担当「まだ『ナイフファイター』再開のメドは立っていませんが」

担当「お体にだけは気をつけて下さいね、先生!」

漫画家「ありがとう、君は本当に優秀だな」



10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/18(金) 20:34:52 ID:.0p5hprA

事件から数ヶ月経過し、ほとぼりが冷めた頃──

担当「先生、ようやく編集長が再開を認めてくれました!」

漫画家「あ、そうなの?」

担当「またよろしくお願いしますね!」

漫画家「……うん」

担当「どうしました?」

漫画家「いや……」

漫画家「…………」

漫画家「あのさ……編集部に届いてるファンレターを見せてくれないかな?」

漫画家「だいぶたまってるでしょ?」

担当「はい……かまいませんよ!」



11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/18(金) 20:36:23 ID:.0p5hprA

漫画家「お~、こんなにあるのかい!」

担当「ええ」

担当「先生はファンレターを読まないことで有名ですが」

担当「それでも編集部にはしょっちゅう届いてるんですよ」

担当「──で、一定期間は保管することにしてるんです」

漫画家「へぇ~」

担当「ところで、突然どうしてファンレターを?」

漫画家「いや、連載再開するし、ファンレターでやる気を注入しようかなってね!」

担当「……なるほど!」



12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/18(金) 20:38:25 ID:.0p5hprA

ところが──

編集長「再開してからというもの、『ナイフファイター』の原稿が滞りがちだが……」

編集長「大丈夫なのかね?」

担当「数ヶ月ブランクがあったせいで」

担当「まだ調子が戻っていないんでしょう」

担当「先生もネタ集めのためか、時折出かけたりしてるみたいですし、心配無用です」

編集長「しかし、こうしょっちゅう休載されてもらっちゃ困るなぁ」

担当「大丈夫です……。すぐ問題にならなくなりますよ」



13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/18(金) 20:40:44 ID:.0p5hprA

そして、連載再開からまもなく──

担当「先生、大変です!」

漫画家「どうしたんだ?」

担当「また……同じような事件が発生しました!」

漫画家「なんだって? ちなみに犯人はどうなったんだ!?」

担当「警察に取り押さえられる前に、自殺を……」

漫画家「そうか……」

担当「それで、編集長が……再び休載するように、と……」

漫画家「そんな……!」

漫画家「くそっ、なんであんな若い子があんなことを……!」



14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/18(金) 20:42:34 ID:.0p5hprA

ニュース『犯人は17歳の少年で』

ニュース『通学路で児童を傷つけた後、まもなく自殺……』




ニュース『いや~、信じられないですよ』

ニュース『あんな大人しそうな子がねぇ』



ニュース『たしかに……漫画とかは好きでしたね』

ニュース『学校でもよく、休み時間に漫画雑誌を読んでました』



15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/18(金) 20:44:39 ID:.0p5hprA

議論は再び熱を帯び──

評論家A「ほら、また事件が起きた!」

評論家A「私も『ナイフファイター』ってのを読みましたが、ひどい漫画です!」

評論家A「やはり、こういう過激な漫画はどんどん規制すべきなんですよ!」

評論家A「でないと、また次々同じような事件が起こりますよ!」

評論家B「いやいや、漫画はただのとっかかりに過ぎないのであって」

評論家B「もっと動機の深いところからアプローチしていかないと……」

評論家A「とっかかりでも危険なことには変わりはないでしょうよ!」

司会「アタックチャーンス!」



16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/18(金) 20:46:33 ID:.0p5hprA

ネット上でもさまざまな意見が飛び交い──

≪おいおい、まさかの二回目きちゃったよ≫

≪派手に報道するから模倣犯が出るんだ、マスゴミのせい≫

≪ナイフファイターだけが生きがいなのに……≫

≪漫画より刃物を規制しろよ、キチガイに刃物ってやつだ≫

≪ナイフファイターって実際に使える殺人技術講座みたいなところあるしな≫

≪漫画なんか読んでる奴はみんなクズ≫

≪なぁにアフリカや南米に比べればどうってことない≫



17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/18(金) 20:48:24 ID:.0p5hprA

さらに、二度あることは──

担当「先生……!」

担当「今度は、同時多発的に事件が発生しまして……!」

漫画家「同時!?」

漫画家「……で、加害者はどうなった!?」

担当「何人かをナイフで切りつけた後、みんな自殺を……!」

漫画家「そんな……」

漫画家「俺の漫画を楽しんでくれてるファンが、どうしてこんなことするんだ!」



18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/18(金) 20:50:10 ID:.0p5hprA

漫画家「うわぁぁぁぁぁっ!」

担当「…………」

漫画家「俺は……俺の漫画のせいで、何人もの人間の人生を台無しにしてしまった!」

漫画家「俺のファンも! ファンによって傷つけられた人たちも!」

漫画家「本来、漫画とは読者に夢や希望を与えるためのものなのに──」

漫画家「どうしてこうなった!?」

漫画家「俺は……最低の漫画家だ!」

担当「先生……!」

漫画家「よし……俺は決めたぞ!」



19: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/18(金) 20:52:50 ID:.0p5hprA

ニュース『漫画キャラクターに扮した通り魔殺傷事件の続報です』

ニュース『事件のモデルとなった『ナイフファイター』原作者である漫画家氏が』

ニュース『このたび、作品発表を自粛することを発表いたしました』

ニュース『FAXで送られた、漫画家氏のメッセージです』



ニュース『ファンの皆様には大変申し訳ないと思っている』

ニュース『しかし、自分自身も一連の事件について心の整理が全くできないので』

ニュース『ひとまず休みをいただきたい』



ニュース『出版社もこの考えを尊重する方針で……』



20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/18(金) 20:54:38 ID:.0p5hprA

漫画家の発表自粛を受け──

評論家A「ほら、結局こうなった!」

評論家A「こういうことは規制しないと、作者自身を追いこむことにもなるんですよ!」

評論家A「健全な漫画を描いていれば、彼もこんなことにはならなかったはずです!」

評論家A「下手すると、彼はもう漫画を描けないんじゃないですか!?」

評論家B「とはいえ、健全と不健全の線引きはなかなか難しいですよ」

評論家B「今回の事件が表現の自由について、一石を投じたのはたしかですが……」

評論家A「でしょう! 皆さんも自由すぎることはよくないということを知るべきです!」

司会「髪切った?」



21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/18(金) 20:56:27 ID:.0p5hprA

ネット上でも──

≪バカが暴れたせいで打ち切りとかありえねーよクソが!≫

≪だけど、自分のファンが殺人事件起こしたら、ノイローゼにもなるって≫

≪しょうがないんじゃね?≫

≪漫画家豆腐メンタルすぎだろ…≫

≪もう漫画は全部この世からなくそう≫

≪今回の件でナイフファイター買ってみたけど、面白いなこれ≫

≪ナイフファイターが最後に切ったのは、自分の漫画だったってオチか≫



23: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/18(金) 20:58:36 ID:.0p5hprA

漫画家の自宅──

漫画家「さぁ~て、今日もゲームやるか……」

漫画家(まさか、こうまでうまくいくと思わなかった……)

漫画家(もう『ナイフファイター』で一生遊べるぐらいの金は稼いだし)

漫画家(とっとと連載をやめたかったんだが──)

漫画家(まだ解決してない謎や倒してない敵はたんまり残ってたし)

漫画家(連載をムリヤリやめたんじゃ読者は納得しないし、作品価値も下がっちまう)

漫画家(……そんな時、あの事件が起きた)



漫画家『俺の漫画をモデルにした殺人事件が発生……!?』

担当『はい……』



24: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/18(金) 21:00:32 ID:.0p5hprA

漫画家(あの事件で数ヶ月の休みをもらえたことで、俺はひらめいた!)

漫画家(もう何回か似たような事件が起きれば)

漫画家(作品価値を下げるどころか、むしろ同情される形で連載をやめられると!)

漫画家(ファンレターを見れば、病んでるファンや過激なファンは一目瞭然)

漫画家(あとは彼らの住所をそっと訪ねて、作者直々のお願いとして)

漫画家(君の大好きな“ナイフファイター”として人を刺して死んでくれ、と頼んだら)

漫画家(あっさり引き受けてくれたしな……)

漫画家(自殺だけは確実に成功させるよう念を押しといたのも正解だった……)



25: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/18(金) 21:02:34 ID:.0p5hprA

漫画家(しかも、一連の事件のおかげで俺と作品は半ば神格化され)

漫画家(未完作品になったのに『ナイフファイター』の売上は伸び続けている!)

漫画家(ネット上じゃ、奇麗に終わるよりナイフファイターらしいかもしれない)

漫画家(──なぁんていってる自称漫画通もいるしな!)

漫画家(もう俺は漫画なんか描かないぞ!)

漫画家(一生、ゲームやって印税だけで暮らすんだ!)

漫画家(ファンよ、ありがとう!)

漫画家「ワーッハッハッハッハッハ!」



26: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/18(金) 21:04:30 ID:.0p5hprA

出版社──

編集長「漫画家先生は、まだノイローゼか……」

担当「ええ、もう漫画は当分描きたくないと……」

編集長「彼はヒットメーカーなのだが、仕方あるまい」

編集長「幸い『ナイフファイター』の売れ行きは好調だしな……」

担当「ま、いずれ新作を描かせるなり」

担当「あるいは『ナイフファイター』をさらなる問題作にしてみせますよ」

担当「なにしろ、ボクは先生のことならなんでも知ってますからね」

編集長「……すごい自信だな」

担当(なぜなら──)



28: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/18(金) 21:07:27 ID:.0p5hprA

担当(ボクは先生を尾行して、バッチリ証拠を握っている……)

担当(“先生が自殺した加害者たちと接触する瞬間”の画像、映像をね)

担当(先生が珍しくファンレターを見たいなんていいだした瞬間)

担当(ボクにはすぐに分かった。先生がなにを考えているのかを)

担当(ま、いずれこれらの証拠をネタに脅して新作を描かせるか)

担当(あるいはこれを匿名でリークして)

担当(『ナイフファイター』の問題作としての価値を、さらに高めることにしよう)

担当(それまで、せいぜいゲームを楽しんで下さいね。先生……)







おわり



29: ◆NzjnhBbmXs 2014/07/18(金) 21:08:05 ID:.0p5hprA

完結となります
ありがとうございました!



30: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/18(金) 22:48:15 ID:VsJaoZcA

なかなか面白かった



32: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/18(金) 23:48:57 ID:2kAKOZN6

スッキリしてて好き
こういう感じの短編集みたいなの読みたい



33: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/19(土) 14:47:05 ID:aA2Y2k1k

乙!






他のおすすめSS