転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1518534033/

1: ◆Dr3sRhwBR6 2018/02/14(水) 00:00:34.24 ID:By655J9a0

今日は2月14日、バレンタインデー。
一年に一度の、女の子にとって特別な日。

わたしのカバンの中にも、昨日藍子ちゃんと一緒に手作りしたクッキーが入っています。


なのですが……。




※モバマスSSです。
[ビタースイート・タイム]小日向美穂ちゃんのお話。





2: ◆Dr3sRhwBR6 2018/02/14(水) 00:04:44.05 ID:By655J9a0

美穂「お、お疲れ様ですっ、プロデューサーさん!」

P「お疲れ、美穂。しかし今日はどうしたんだ、そんなに急いで?」

美穂「今日はレッスンの時間が変更になっていたのをすっかり忘れていて……!」

まさか、こんな大切な日に遅刻してしまうなんて……。
事務所についたらプロデューサーさんにプレゼント、なんて考えていたんですけど……。

P「美穂が時間を間違えるなんて珍しいな。いつもしっかりしているイメージだったんだが」

美穂「そんなことないですよ。たまにお昼寝しすぎて寝過ごしちゃうこともありますし……」



3: ◆Dr3sRhwBR6 2018/02/14(水) 00:08:12.32 ID:By655J9a0

P「お昼寝もいいけどほどほどにな。もしかして、今日の遅刻もお昼寝が原因か?」

美穂「違いますよ。今日は本当に時間を間違えていて……って、そろそろ行かないと本当に間に合わなくなっちゃいます!」

P「引きとめてしまって悪かった。レッスン頑張っておいで」

美穂「ありがとうございます! それじゃあ、行ってきますね!」

P「おう。急ぐのはいいけど、人にぶつかったりして怪我しないように気を付けてくれよ?」

美穂「はい!」


お察しの通り、とてもプロデューサーさんにクッキーを渡せるような雰囲気ではありません。
雰囲気どころか、そもそも渡す時間すらなかったですし。

そんなことより、そろそろレッスンの時間が。
早くしないと、本当に遅刻しちゃいます……!



4: ◆Dr3sRhwBR6 2018/02/14(水) 00:12:57.94 ID:By655J9a0

「どうした小日向? 今日は少し集中力が足りてないんじゃないか?」

美穂「す、すいません、トレーナーさん。少し、疲れているのかも……」

レッスン中も、なんだか調子が上がりません。
時間を間違えたり、レッスンで怒られたり、今日はなんだか冴えない一日みたい。

……藍子ちゃんに手伝ってもらって作ったクッキー、ちゃんと渡せるかなぁ……。

「そんなことで大丈夫なのか? もう少ししたらライブもあるんだろう?」

美穂「はい……」




5: ◆Dr3sRhwBR6 2018/02/14(水) 00:16:50.24 ID:By655J9a0

美穂「あ、あの! 少しだけ、休憩を頂いても大丈夫でしょうか?」 

「もちろんだ。その代わり、休んだら本気でいくからな」 

美穂「あ、ありがとうございます……」 

今日は調子が悪い、なんて口では簡単に言えますが、ライブも近づいてきているのでお休みするわけにもいきません。 
下がり気味な気持ちを切り替えるためにも、一度休憩をいただくことにしました。 

ですが、結局考えることはあのクッキーのことで。 
どうやってプロデューサーさんにクッキーを渡そうかな、とか、おいしいって言ってくれるかな、とか、そんなことばかり。



6: ◆Dr3sRhwBR6 2018/02/14(水) 00:21:13.44 ID:By655J9a0

レッスンが終わって、もう一度事務所でご挨拶して……。 

『プロデューサーさん、これ……、藍子ちゃんと一緒に作ったクッキーなんです!』 
『毎日お世話になっていますから、そのお礼に、って』 
『プロデューサーさん、いつもありがとうございます!』 

いつも感じている感謝の気持ちと一緒に、渡せたらいいな、……なんて。 



想像していたら、少しだけ気持ちが高まってきた気がします。 
そのためにも、まずはレッスン、頑張らないと!



7: ◆Dr3sRhwBR6 2018/02/14(水) 00:25:08.01 ID:By655J9a0

「よし、今日はこんなところで終わりにしようか。後半はよかったけど、全体的にダンスの調子が少し悪かったみたいだし、今晩はゆっくり休むんだぞ」 

美穂「はい! 今日もありがとうございました!」 

ようやくレッスンも終わりです。 

はやくプロデューサーさんに会いたくて、事務所に向かって急いで移動します。 

これからプロデューサーさんにクッキーを渡すんだって考えると、心がとてもドキドキしてしまいます。 

さっきの休憩の時に、渡すときの台詞もしっかり考えたから大丈夫! 
って頭の中では考えているのですが、どうしても緊張してしまって……。 

でも、そろそろ事務所に到着してしまいますし、一度落ち着いて深呼吸。 

すー、はー。 

よし、大丈夫そうです。 

それじゃあ、覚悟を決めて……。 



ガチャ 

美穂「プ、プロデューサーさん! 少しだけ、お時間いただいてもいいでしょうか……って、あれ?」



8: ◆Dr3sRhwBR6 2018/02/14(水) 00:28:17.12 ID:By655J9a0

藍子「あ、美穂ちゃん! レッスン終わりですか? お疲れ様です!」 

返事をしてくれたのはプロデューサーさんではなく藍子ちゃん。 

プロデューサーさんはお仕事でしょうか? 
部屋の中には見当たりません。 

美穂「藍子ちゃん、ありがとう! 今は藍子ちゃんひとり?」 

藍子「そうなんですよ。さっきまでプロデューサーさんもいらっしゃったんですが、ちひろさんに呼ばれて出ていかれて……」 

美穂「そっかぁ……」



9: ◆Dr3sRhwBR6 2018/02/14(水) 00:31:31.80 ID:By655J9a0

藍子「もしかして……。まだ、プロデューサーさんにクッキー渡せていないんですか?」 

美穂「うん。そうなんだ……。レッスン前はドタバタしてて、終わってから渡そうかなって思ってたんだけど……。」 

藍子「そうだったんですね。プロデューサーさんもそのうち戻ってくると思いますし、美穂ちゃんがよければここでお話しながら待っていますか?」 

美穂「藍子ちゃん……。うん、そうだね。お言葉に甘えて、そうさせてもらおうかな」 


30分、1時間……。どれくらい2人で話していたでしょうか。 
藍子ちゃんと一緒だと、いつの間にか時間が経っていてびっくりしちゃいます。 

ですが、いくら待ってもプロデューサーさんは戻ってこなくて。 

ただ時間だけが、事務所を通り過ぎていくのでした。



10: ◆Dr3sRhwBR6 2018/02/14(水) 00:34:05.16 ID:By655J9a0




ガチャ 

ちひろ「お疲れ様です。……あ、藍子ちゃん。まだ事務所にいたんですね」 

藍子「美穂ちゃんと2人で話していて……。ところで、プロデューサーさんは? 打ち合わせはもう終わったんですよね?」 

ちひろ「プロデューサーさんでしたら、打ち合わせが終わった後すぐに車で出ていかれましたよ? 他所で撮影している子を迎えに行くみたいです」 

美穂「そんなぁ……」



11: ◆Dr3sRhwBR6 2018/02/14(水) 00:36:14.60 ID:By655J9a0

ちひろ「プロデューサーさんにご用事があるのでしたら、明日にしたほうがいいかもしれませんね。今日はそのまま帰宅されるそうですから」 

藍子「そうなんですね。ありがとうございます、ちひろさん」 

ちひろ「いえいえ」 


美穂「クッキー、明日にしようかな……」 

藍子「そうですね……。確かに、ここで待っていても仕方がないかもしれません」 

美穂「はぁ……」 

やっぱり、今日はなんだかダメな日みたいです。 
クッキー、プロデューサーさんに渡したかったな……。



12: ◆Dr3sRhwBR6 2018/02/14(水) 00:40:11.95 ID:By655J9a0

落ち込むわたしを見ながら、藍子ちゃんは何かを考える素振りをしています。 

どうしたのかな? と心の片隅では考えますが、それを訪ねる余裕は今のわたしにはありませんでした。 


藍子「…………そうだ。ねえ、美穂ちゃん。美穂ちゃんの都合がよければ、この後お茶していきませんか?」 

美穂「え……? わたしは大丈夫だけど……。どうして?」 



藍子「この間、すっごくお洒落なカフェを見つけて。 美穂ちゃんにも紹介したいなって思ってたんです」



13: ◆Dr3sRhwBR6 2018/02/14(水) 00:43:03.64 ID:By655J9a0

美穂「わぁ……すごい……。こんなお店があったなんて……」 

藍子ちゃんに連れてきてもらった、少しお洒落なカフェ。 
お店の中も落ち着いた雰囲気ですが、外ではイルミネーションが輝いていてとっても綺麗です。 


藍子「イルミネーションも素敵でしょう? それより美穂ちゃん、注文は何にしますか?」 

美穂「うーん、そうだなぁ……。藍子ちゃんのおすすめはありますか? せっかくだし、それをいただこうかなって」 

藍子「そうですね……。美穂ちゃん、紅茶は苦手ではありませんでしたよね?」 

美穂「うん。大丈夫だよ」



14: ◆Dr3sRhwBR6 2018/02/14(水) 00:46:07.02 ID:By655J9a0

美穂「とは言っても、種類とかはあんまり知らないけどね」 

藍子「このお店は紅茶にすごくこだわっているお店で、マスターさんが海外から取り寄せた色々な紅茶があって、それでですね……」 

美穂「藍子ちゃん、すとっぷです! せっかくですし、おしゃべりは注文を済ませてからにしませんか?」 

藍子「確かにそうですね。それじゃあ……」 


そう言うと、藍子ちゃんは店員さんを呼んで注文をしてくれます。 
頼んでいるのはスコーンと……、聞きなれない名前ですが、紅茶……なのでしょうか。



15: ◆Dr3sRhwBR6 2018/02/14(水) 00:50:00.81 ID:By655J9a0

少しの間待っていると、おいしそうな香りを放つスコーンと紅茶がやってきました。 


美穂「おいしそう……! ところで、この紅茶ってどんなお茶なんですか? 少し聞きなれない名前だったから……」 

藍子「これですか? これはディンブラというお茶で、癖がなくて飲みやすい紅茶なんですよ。『ディンブラ』という名前ではあまり耳にしないかもしれないですけど、他のカフェでも『ストレートティー』と言うとこの紅茶が出てくることが多いみたいです」 

美穂「それだったら、どこかで飲んだことがある味なのかも?」 

藍子「そうかもしれませんね。このお店のものも、スコーンにとっても合ってすごくおいしいんですよ」 

美穂「そうなんだ……。それじゃあ、早速いただいてみますね」 

一口飲んでみると……。ほんとです、すっごくおいしい。 
スコーンにも合っていて、とっても幸せな気持ちになります。



16: ◆Dr3sRhwBR6 2018/02/14(水) 00:53:33.32 ID:By655J9a0

美穂「でも、よくこんなお洒落なお店知ってましたね。わたし一人じゃ絶対に入れない雰囲気です……」 

藍子「そうでもないですよ。このお店も、お散歩の途中で見つけて入ってみた、ってだけですし」 

美穂「見つけて入ってみたってだけだとしても、綺麗なイルミネーションに、おいしい紅茶。こんな素敵なカフェを知ってるなんて、やっぱり藍子ちゃんはすごいです! 尊敬しちゃいます!」 

藍子「そんなこと言われたら照れちゃいますよ。そういえば、これは未央ちゃんに教えてもらったんですけれども……」 

紅茶を飲みながら、藍子ちゃんとゆったり、けれどもたくさんおしゃべりをして。 
クッキーを渡せなくてへこんでいた気持ちも少しずつリセットされてきて。 


……だからでしょうか。



17: ◆Dr3sRhwBR6 2018/02/14(水) 00:54:55.46 ID:By655J9a0

藍子「ねえ美穂ちゃん、今からプロデューサーさんがここに来てくれる、って言ったら、どうしますか?」 

美穂「え、ええっ?! そそそそんなことになったらどうしましょう?!」 


藍子ちゃんの言葉を聞いて、こんなに驚いてしまったのは。



18: ◆Dr3sRhwBR6 2018/02/14(水) 00:57:16.30 ID:By655J9a0

藍子「もう……。美穂ちゃん、少し落ち着いてください。もし、プロデューサーさんが来てくださったら……。昨日一緒に作ったそのクッキー、渡したいですよね?」 

確かに、バレンタインデー今日を逃してしまえば、プロデューサーさんに渡すのも難しくなるかも。 
でも、今更渡す勇気なんてないですし……。 

それに、今から、って……。 
それって、今からここにプロデューサーさんが来て下さるってこと?! 
無理無理無理!! そんなの無理です!! 

美穂「もちろん、渡したいですけれど……。ほ、ほんとに今から……ですか?」 

藍子「美穂ちゃんが渡したい……って考えているなら、今からですよ」 



そう言いながら見せてくれた藍子ちゃんのスマホの画面には、 


 P『藍子がそこまで言うなら、ご一緒させてもらおうかな』 
 P『今からそっちに行くから、少し待っててくれ』 


プロデューサーさんから送られたメッセージが映し出されていました。



19: ◆Dr3sRhwBR6 2018/02/14(水) 01:00:00.81 ID:By655J9a0

美穂「き、緊張するよぉ……」 

藍子「大丈夫ですよ、美穂ちゃん。渡すときの言葉もちゃんと考えてるんですよね?」 

美穂「それはそうなんですけど、それでもやっぱり緊張しちゃいます……」 

藍子「ふふっ。美穂ちゃんらしいですね。そんなに緊張するのなら、一度深呼吸してみたらどうかな?」 

美穂「そ、そうですね! …………すー、はー」 

藍子「どうですか? 少し落ち着きましたか?」 

美穂「うん、そうかも……。ででででも、やっぱり緊張しちゃいますよぉ……」 

藍子「ダメでしたか……。…………あっ」



20: ◆Dr3sRhwBR6 2018/02/14(水) 01:03:05.08 ID:By655J9a0

美穂「藍子ちゃん、どうかしましたか?」 

藍子「美穂ちゃん、後ろ、後ろです」 

美穂「へ? 藍子ちゃん、後ろって……。……はわっ!?」 

藍子ちゃんにそう言われて振り返ってみると、そこには……。 

P「美穂、お疲れ様。藍子も、誘ってくれてありがとな」 

藍子「いえいえ、プロデューサーさんも、お忙しいのにありがとうございます」 

美穂「プ、プロデューサーさん!?」 

P「おう。驚かしてしまって悪かったな」 

美穂「いえ、大丈夫です……けど……」



21: ◆Dr3sRhwBR6 2018/02/14(水) 01:06:32.85 ID:By655J9a0

藍子「美穂ちゃん、プロデューサーさんに渡したいものがあるんですよね?」 

美穂「え、えっと……。あのあの、これ、バレンタインのプレゼントでっ……。う、受け取ってくれますか……?」 

P「もちろん。これ、開けてみてもいいか?」 

美穂「大丈夫です……」 

P「それじゃあ……。ん、これは……、クッキーか?」 

美穂「はい! 手作りなんです! 藍子ちゃんに手伝ってもらって……」 

藍子「プロデューサー、私からも、はい。とは言っても、中身は美穂ちゃんと同じですけどね」 

P「ありがとう。すごくうれしいよ」 


プロデューサーさんに受け取ってもらえて、うれしいって言ってもらえて、それだけで今日一日の悪いことが吹き飛んでしまいそうなくらい幸せな気持ちです。 


藍子ちゃんのサプライズに緊張してしまって、伝えたかった言葉は吹き飛んでしまったけれど。 
それ以上に、プロデューサーさんに喜んでもらえたことがすごく嬉しくて……。



22: ◆Dr3sRhwBR6 2018/02/14(水) 01:09:53.19 ID:By655J9a0

藍子「喜んでいただけて私も嬉しいですけど、プロデューサーさんはどうして少し不思議そうな顔をされているんですか?」 

P「……いや、どうして2人からはクッキーなんだろう、って思ってな。もらう立場で失礼なのはもちろん分かっているが、どうしてもバレンタインはチョコレートのイメージがあってな」 

藍子「本当に失礼ですよ、プロデューサーさん? たしかにチョコレートを贈るという方が多いですけど、クッキーもバレンタインデーの贈り物としては定番なんです」 

美穂「チョコレートと同じくらい、2人の気持ちを込めてますから!」 

P「それは嬉しいな。後でゆっくり頂かせてもらうよ」 


そう言って、また笑ってくださるプロデューサーさん。 
2人で心を込めた気持ちを、受け取ってくださいね! 


美穂「プロデューサーさん! あの、すすす、座ってください! 隣に……、よかったら!」 


そしてこれからも、大好きなプロデューサーさんや、大好きな藍子ちゃんと一緒に、頑張っていきたいです!



23: ◆Dr3sRhwBR6 2018/02/14(水) 01:12:26.61 ID:By655J9a0



ところで……。 
プロデューサーさんは気付いていないみたいですが。 
わたしがチョコレートではなくクッキーを贈ったのには、もちろん理由があります。 


バレンタインデーのチョコレートが大好きな人に贈る『本命』なのだとしたら。 


クッキーに込められた意味。それは……。



24: ◆Dr3sRhwBR6 2018/02/14(水) 01:13:05.19 ID:By655J9a0




『恋人ではなく、友達でいたい』 





25: ◆Dr3sRhwBR6 2018/02/14(水) 01:16:43.85 ID:By655J9a0

もちろん、このことをプロデューサーさんに伝えるのはとっても勇気が必要でした。 
もしもプロデューサーさんが意味を分かっていなかったとしても、です。 


でも、わたしがトップアイドルになるためには、あなたと恋人になるわけにはいかないから。 


それまでは、『恋人』ではなく『友達』のままでいたい。 
そうでないといけないんです。



26: ◆Dr3sRhwBR6 2018/02/14(水) 01:19:25.26 ID:By655J9a0

だから…… 
いつの日かわたしが一番上まで登ることができた、その時には…… 


クッキーじゃなくて、 
大好きの気持ちをたくさん込めたチョコレートを。 


あなたに。 





いつか来るその日まで、待っていてくださいね。プロデューサーさん。



27: ◆Dr3sRhwBR6 2018/02/14(水) 01:24:01.63 ID:By655J9a0

おしまいです。 
最後までお読みいただきありがとうございました。 

クッキーもいいですけど、モバマスでのデコポンとホワイトチョコの手作りカップケーキもおいしそうですよね。



28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/14(水) 09:56:26.45 ID:/nNCY3QuO

おつおつ 
切ないけれどいい話でした






他のおすすめSS
 
 
 
 
 
七海「美味しいおさかなが釣れました~」 
心「しゅがしゅがふわぁ、だぞ☆」 
梨沙(20)「飲むわよ!」晴(20)「は?突然どうした?」 
城ヶ崎美嘉「カリスマの恋」 
モバP「この前、芳乃がうちに来たんですよ」