転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1518879132/

1: ◆xW69XHZIXl2A 2018/02/17(土) 23:52:12.58 ID:iY6Gh4SY0

石上「会長、この資料出来ましたよ」

白銀「おお、もうできたのか。さすがだな」

石上「いえいえ」

かぐや「……」



藤原「あのー会長、これなんですけど……」

白銀「ん?どれどれ?」

かぐや「……」

かぐや(椅子に座っている会長の正面に立ち、覗き込むように会長を見て、上目遣いで私可愛いアピールですか。本当に卑しい豚)





2: ◆xW69XHZIXl2A 2018/02/17(土) 23:55:00.77 ID:iY6Gh4SY0

白銀「っ」

かぐや(ん? 会長が一瞬視線をそらして……ハッ! まさか!)

藤原「?」

かぐや(藤原さん……見損ないました)

かぐや(この制服のちょっとした隙間から谷間アピールしてくるとは……明日あなたの家がどうなっているか? 楽しみね……)

白銀(四宮がジッと睨んできたから、思わず目をそらしてしまった。俺は何もしていないはずなんだが……)ドキドキ


藤原「ありがとうございます! 助かりました」

白銀「あ、ああ、また何かあったら聞いてくれ」



3: ◆xW69XHZIXl2A 2018/02/17(土) 23:56:48.25 ID:iY6Gh4SY0

伊井野「会長、ここなんですが……」

白銀「どうかしたのか?」

かぐや「……」

かぐや(正面から話せばいいのに、わざわざ隣に行って話すとか……)

かぐや(そんなに会長とくっつきたいんですね。残念です。あなたはいい子だと思っていたのに)

伊井野「……あっ、すみません……」

白銀「ん? どうかしたのか?」

伊井野「あっ、いえ、なんでも」


かぐや「…………」ゴゴゴゴゴ

石上(き、今日の四宮先輩、いつも以上に怖い)ガタガタ

かぐや(へ、へぇ……。伊井野さんの指が会長の指に当たりましたね……いいえ、わざと当てたのね……)

かぐや(なるほど伊井野さんはそういう姑息な手を使うんですね。いいでしょういいでしょういいでしょう)

かぐや(あなたがそういう手を使うなら、私も色んな手を使ってあげましょう)



4: ◆xW69XHZIXl2A 2018/02/17(土) 23:59:24.53 ID:iY6Gh4SY0

  *  *  *



かぐや「----という事があったんです」

早坂「はぁ……」

かぐや「会長が男性として魅力的なのはわかります」

かぐや「だからと言って、真面目に生徒会活動をしている時に会長の気を引こうとか、頭がおかしいとしか言いようがないわ」

早坂「確かに頭がおかしいかもしれませんね」ジー

かぐや「あっ……でも……ま、まさか……」ワナワナ

早坂「?」

かぐや「ま、まさか早坂も会長の事が好きなんじゃ」

早坂「今の流れでどうしてそうなるんです!?」




5: ◆xW69XHZIXl2A 2018/02/18(日) 00:00:29.72 ID:0eBdNwWf0

かぐや「だって、早坂機嫌悪そうだし」 

早坂「えー。機嫌悪くはないですよ。面倒だなーとは思ってましたけど」 

かぐや「それに会長は控えめに言っても日本で一番の可能性がありますし。その……早坂が好きになっても……」 

早坂「すみません。私の好みのタイプじゃないので」 

かぐや「あ、あなた、会長がタイプじゃないって、どうかしてると思うわよ」 

早坂「うわぁーい。そろそろ怒ってもいいですか?」



6: ◆xW69XHZIXl2A 2018/02/18(日) 00:00:56.00 ID:0eBdNwWf0

かぐや「コホン。で、何か方法はないかしら?」 

早坂「え? どういうことです?」 

かぐや「だから、藤原さんと伊井野さんを会長から引き離す方法です」 

早坂「はぁ……」 

かぐや「そうだわ。ついでに石上くんの対応も考え直しましょう」 

かぐや「可愛い後輩だと思っていたのだけれど、彼は最近会長に距離が近すぎます」 

かぐや「おかげでここ二日ほど、私は会長とあいさつ以外会話した覚えがありません」 

早坂「いや、それはかぐや様から声をかければ」 

かぐや「はぁ……。早坂よく考えてみなさい」 

早坂「」イラッ



7: ◆xW69XHZIXl2A 2018/02/18(日) 00:01:39.01 ID:0eBdNwWf0

かぐや「もし、私から話かけでもしたら……」 


会長『ん? 最近、会話がないからって、自分から話題を振ってきたのか? そうかそうか寂しかったんだな』 

かぐや『いや、それはその……』 

会長『お可愛い奴め』 

かぐや「って、なるに決まってます!」 

早坂「寂しいのは事実だから、別にいいのでは?」 

かぐや「別に寂しくなんかないわよ!!」 


かぐや「そもそも会長は誰にでも優しすぎます! だから言い寄る女が増えて……」 

かぐや「……増えて……」 

かぐや「……」 

早坂「かぐや様?」



8: ◆xW69XHZIXl2A 2018/02/18(日) 00:02:21.65 ID:0eBdNwWf0

かぐや「会長は本当に誰にでも優しく……。私って本当に会長から好かれてるのかしら……。実はただの副会長なだけで……」 

かぐや「会長にとって私って別に特別でも何でもないんじゃ……」 

早坂「大丈夫ですよ。かぐや様は特別です。ただきっと会長さんも気恥ずかしいだけだと思います」 

かぐや「でも、でも、でも。もう二日も会長とあいさつ以外の会話をしていないの……」 

早坂「私が見る限り会長さんは初恋なんでしょうね。だからどうしていいかわかってないんですよ」 

かぐや「へっ// 初恋!?」 


早坂「よかったですね。会長さんの初めては全部かぐや様の物ですよ」 

かぐや「も、もうっ。からかわないで! べ、別に嬉しくなんかないわ」 

早坂「はいはい。あっ、そういえば、例の物が用意できましたよ」 

かぐや「ああ、今週末期限の遊園地のチケットね。ありがとう。これを使って会長と二人で……って、あれ? 5枚あるわよ?」 

早坂「いつも2枚だと失敗しているようなので、5枚用意しました」 

早坂「みんなで行こうと誘ったらどうです? 遊園地です。二人っきりになるチャンスも多いと思いますよ」 

かぐや「……そうね。考えてみます」



9: ◆xW69XHZIXl2A 2018/02/18(日) 00:03:22.94 ID:0eBdNwWf0

  *  *  * 



かぐや「というわけで、どうでしょう? 期限が今週末なのですが」 

白銀「ちょうどスケジュールは空いている。遊園地なんて小学生以来だから楽しみだ」 

かぐや「ふふっ。それはよかったです」 


藤原「あっ……その……」 

かぐや「どうかしましたか?」 

藤原「ごめんなさい。どうしても行けないんです。週末は家族でお父様の所に行く約束があって」 

かぐや「え?」 

伊井野「その私もすみません。その日は近所のボランティア活動でして、小さい頃からずっと参加しているので……」 

かぐや「え?」 

石上「僕も大切な用事が……(ゲームの発売日)」 

かぐや「え?」



10: ◆xW69XHZIXl2A 2018/02/18(日) 00:05:01.18 ID:0eBdNwWf0

白銀「仕方ない。日付をずらす事にするか?」 

かぐや「いえ、このチケットは期限が週末までで」 

藤原「そうですよ。せっかくだから二人で行ってきてください!」 

白銀「しかし、それはだな……」 

藤原「小学生以来なんですよね! この機会を逃すとずっと行けませんよ!」 

白銀「まぁ……確かに……」 


藤原「ほら、じゃあ行ってきてくださいよ!」 

白銀「うーん、そうだな……」 

伊井野「そうです。私達の事は気にしないでください」 

石上「あっ、僕、お土産はクッキー系がいいです」 

伊井野「石上。黙れ」 

石上「……」 

藤原「ほらほら、そんな事言わずにミコちゃんはどんなお土産がいい? 私はお土産はケーキ系がいいなー」 

伊井野「えーと、じゃあ、私はその……藤原先輩と同じでケーキ系で……」 

藤原「会長覚えましたか? では、楽しみにしてますから♪」 

白銀「あ、ああ……」



11: ◆xW69XHZIXl2A 2018/02/18(日) 00:05:34.53 ID:0eBdNwWf0

白銀「……」 

かぐや「……」 

白銀「……」 

かぐや「……」 

白銀「……」 

かぐや「……」 


白銀(って、四宮と二人っきりで遊園地だとーーーー!!!?) 

白銀(ヤバい! ヤバい! ヤバい! ヤバい!!) 

白銀(すっごく嬉しいんだがーーーーーーっ!!!)



12: ◆xW69XHZIXl2A 2018/02/18(日) 00:06:04.98 ID:0eBdNwWf0

白銀「……」チラッ 
かぐや「……」チラッ 


白銀(四宮と目があった!) 

白銀(やっばい! やっばい! やっばい! やっばい!!) 

白銀(四宮も絶対に意識しているぅーーーー!!) 


白銀「……」 

かぐや「……」 


かぐや(あーーーーーーーーっ//) 

かぐや(え? なに? なにが起きたの?) 

かぐや(え? なんで? なんで? 会長と二人っきりで遊園地?) 

かぐや(べ、別に嬉しくなんかないけど、嬉しすぎて倒れそう!)



13: ◆xW69XHZIXl2A 2018/02/18(日) 00:07:13.96 ID:0eBdNwWf0

  *  *  * 



早坂「よかったですね」 

かぐや「藤原さんと伊井野さんと石上くんには困ったものです。せっかく誘ってあげたのに」 

かぐや「ああ、本当に困った子達」 

早坂(昨日はその3人を殺してやると言わんばかりの剣幕だったのに……) 

かぐや「それにしても、週末……ふふふっ♪」 

早坂「会長とデート楽しみですね」 

かぐや「そうね。ふふふふっ♪」 

早坂(いつものかぐや様なら否定するのに……) 

かぐや「~♪」 

早坂(顔、ゆるみきってますよ。かぐや様) 




早坂(どうか、かぐや様にとって良き日でありますように----)



18: ◆xW69XHZIXl2A 2018/02/21(水) 22:57:30.00 ID:kpNc3frg0

  *  *  * 


■当日 

かぐや「車はここまででいいわ。あとは会長を待つから」 

早坂「では、お気をつけて」 

かぐや「ええ」 




かぐや「……」 

かぐや(き、きましたーーーーー) 

かぐや(ついにこの日が!) 


かぐや(うぅ……) 

かぐや(き、緊張してきて吐きそう……)



19: ◆xW69XHZIXl2A 2018/02/21(水) 22:59:48.39 ID:kpNc3frg0

かぐや(ところで、早坂のおススメのコーデ。何もおかしくないわよね……) 

かぐや(か、会長は気に入ってくれるかしら?) 

かぐや(……) 

■妄想中------ 

かぐや「会長、この服どうでしょう? 可愛いですか?」 

白銀「なんだ、俺と遊びに行くだけなのにそんな気合いが入った格好をして。もしかして俺と二人っきりがそんなに嬉しかったのか?」 

白銀「お可愛い奴め」 

かぐや「っ~~~~~~//」 


■妄想終了---- 


かぐや(あーーーーーーっ!! 私なんてことを!) 

かぐや(スカートも短いし、まるで会長を誘っているメスみたいじゃない!!) 

かぐや(こうなったら早坂を呼んで。もっとこう普通の服に!!) 

白銀「待たせたか?」 

かぐや「か、会長」 

白銀「あーその……その服、かわい……に、似合ってるな」 

かぐや「ふぇっ……あ、ありがとうございます//」シュー



20: ◆xW69XHZIXl2A 2018/02/21(水) 23:00:33.49 ID:kpNc3frg0

白銀(よし! 言った! 言ってやったぞ!!!) 

白銀(最近の四宮は石上と仲が良い……) 

白銀(だから、どうにかして男子力をあげてやろうと、つい焦ってすぐに服装の話をしてしまったが--) 

かぐや「//」 

白銀(ふふふふふふ。四宮は嬉しそうにしている!) 

白銀(成功だ! これはポイント高いな!)



21: ◆xW69XHZIXl2A 2018/02/21(水) 23:02:07.56 ID:kpNc3frg0

白銀「よし、じゃあ行くか」 

かぐや「は、はい」 

かぐや(会長が似合ってるって……) 


かぐや「//」プシュー 


かぐや(よかった。本当によかった。早坂ありがとう) 

かぐや「……」 

かぐや(でも、会長……) 



かぐや(遊園地に制服は正直ないんじゃないかな……と)



22: ◆xW69XHZIXl2A 2018/02/21(水) 23:02:53.80 ID:kpNc3frg0

  *  *  * 


ガタンゴトンガタンゴトン 


かぐや「よ、ようやく着きましたね……」 

白銀「だ、大丈夫だったか?」 

かぐや「……はい。その……まぁ……」 

白銀(まさか電車が初めてだったとは……) 

白銀(満員電車とは言わないが、人が多い電車はお嬢様にはきつかっただろう) 

白銀(ぐっ……。お金を出してでもタクシーにするべきだったか) 

 備考:白銀はドケチ



23: ◆xW69XHZIXl2A 2018/02/21(水) 23:04:32.33 ID:kpNc3frg0

かぐや(た、倒れるかと思いました……)ドキドキ 

かぐや(ま、まさか会長とあんなに密着して座ることになるなんて//)ドキドキ 

かぐや(会長の顔があんなに近くに……) 

かぐや(って、そうじゃない!) 

かぐや(これじゃまるで私が会長の事、意識しまくっているみたいじゃない!) 

かぐや(確かに一度キスしようとしたせいで、意識……恐怖……いえ、認めましょう。会長を意識している所はあります) 


かぐや(ですが、四宮家の家訓の一つ「人を愛すな」を忘れてはダメ!) 

かぐや(そう。私は四宮家の娘、四宮かぐや!) 

かぐや(私に恋焦がれる男がいたとしても、私が恋焦がれる事なんてあってはいけない!)



24: ◆xW69XHZIXl2A 2018/02/21(水) 23:05:47.57 ID:kpNc3frg0

かぐや(私はあくまでもほんの少し、ほんの一ミリ、会長を意識しているだけ!) 

かぐや(というわけで会長! 帰りの電車では覚悟してください!) 

かぐや(私の魅力でメロメロにして差し上げますしょう!) 



かぐや「その……帰りもあの電車に乗る事になるのでしょうか?」 

白銀「いや、帰りはタクシーを使おう」 

かぐや(ええーーーーーーっ!!!) 

かぐや(そ、そんな……。もうちょっと会長と一緒に……メロメロ……あぁ……)



25: ◆xW69XHZIXl2A 2018/02/21(水) 23:06:38.73 ID:kpNc3frg0

白銀(ど、どういう事だ?) 

白銀(タクシーと言った後、四宮がガッカリした顔をしているぞ) 

白銀(はっ! ま、まさか----) 

白銀(俺と一緒にタクシーに乗るのは嫌だと言っているのか?) 


白銀(た、確かに最近四宮には話しかけても避けられている節があったし……) 

白銀(石上とは仲良さそうだし) 

白銀(……) 

白銀(仕方がない。帰りは四宮を車の後部座席に。俺は前の助手席に座ることにしよう) 

白銀(それが一番の策だ……) 


白銀・かぐや「はぁ……」



26: ◆xW69XHZIXl2A 2018/02/21(水) 23:08:37.49 ID:kpNc3frg0

  *  *  * 


キャーキャーガヤガヤ 


かぐや「人多いですね」 

白銀「ニュースで見たんだが、まだ開店したばかりで人気らしい」 

かぐや「なるほど」 

かぐや(早坂にもっと人が少ない遊園地を選んで貰うべきでしたね) 

白銀「しかし、入場口だけでもこれほど並ぶとは、中はどれだけ人が多いんだ?」 

かぐや「会長。あっちの入場口は人が少ないですよ」 

白銀「ん?」 


スタッフ①「カップルの方はこちらに並んでくださーい」 

スタッフ②「オープン記念につき、カップルの方は入場料が無料になりまーす」 


白銀「そういえばニュースでやっていたな。カップルは入場料が無料らしい」 

白銀「だが遊具……ジェットコースターなどのフリーパスは別料金らしいな」 

かぐや「なるほど」



27: ◆xW69XHZIXl2A 2018/02/21(水) 23:09:52.51 ID:kpNc3frg0

白銀「ところでチケットを貰ってもいいか? チケットを入場口で提出する必要があるからな」 

かぐや「わかりました。ちょっと待ってくださいね」 

ガサゴソ 

かぐや「……」 

白銀「ん? どうかしたのか?」 

かぐや「……その……チケットを忘れてしまったみたいで……」 

白銀(なん……だと!?) 


かぐや「ど、どうしましょう。会長のチケットも私が持っていたというのに……」 

かぐや「本当にすみません」ペコッ 

白銀「気にするな。人間忘れる事くらいある」 




白銀(なんてな。またこんなあからさまな仕掛けをしやがって、俺とカップル入場したいんだろ? お可愛いやつめ……)



28: ◆xW69XHZIXl2A 2018/02/21(水) 23:10:47.58 ID:kpNc3frg0

白銀「……」 

白銀(ふむ……。だが、俺はどうするべきだ?) 

白銀(四宮は俺とカップル入場を狙っているからと言って、俺から『カップルのふりをするか?』とは言えない) 

白銀(もし、そんなことを言ってしまえば) 

かぐや『くすっ』 

かぐや『お可愛いこと……』 

白銀(って、なるに決まっている) 


白銀(それとも普通にチケットを買うか?) 

白銀(いやそれはNG。NGだ! 今日のデートの為に予算は多めで考えているが、このお金は出来るだけ四宮の為に使いたい!) 


白銀(くっ。ここは四宮の出方を見てから考えても遅くはないだろう) 

白銀(四宮は----)チラッ



29: ◆xW69XHZIXl2A 2018/02/21(水) 23:12:09.77 ID:kpNc3frg0

かぐや「……」 


かぐや「………………」 


かぐや「………………………………」 




かぐや(どうしようーーーーーー!!!) 

かぐや(早坂のばか! ばか! ばかーーーーーっ!) 


 そう……かぐやは本当にチケットを持っていなかったのだった。 
 本来チケットが入っているはずの封筒の中には。 

早坂『カップル入場だと無料です。お得でよかったですね。ちなみにフリーパス無料券を2枚入れておきます』 

 というメモとフリーパスのチケットのみ。 


かぐや(会長とカップル入場なんて……できるわけないじゃない!) 

かぐや(もし、私がそんな事を言ったら) 

白銀『もしかして、俺とカップル入場したいからチケットを忘れたのか?』 

白銀『お可愛いやつめ』 

かぐや(ってなるに決まってるでしょうが!)



30: ◆xW69XHZIXl2A 2018/02/21(水) 23:13:15.53 ID:kpNc3frg0

かぐや(そうだ! 私が新しいチケットを買ってくれば!) 

かぐや(そうです。そもそも忘れた私が悪いから、頑固な会長だってチケットを受け取ってくれるはず) 


かぐや「会長。あの----」 

ギュッ 

かぐや(え? え? なんで? 会長が私の手首を握って?) 

白銀「あっちがカップル入場口だな。あっちに行くぞ」 

かぐや「え?」 






白銀(俺はバカだ。四宮は真っ青だった。本当にチケット忘れていたのだろう) 

白銀(だというのに、俺は『四宮がわざと忘れた』とか考えて……) 

白銀(俺は四宮の事を何でもわかっているつもりになっていた) 




白銀(----俺は大バカ者だ!!!)



31: ◆xW69XHZIXl2A 2018/02/21(水) 23:15:16.77 ID:kpNc3frg0

  


スタスタ 


かぐや(会長……もしかして、私に気を使ってくれて……) 

かぐや(でも、会長。いいんですか? こっちから入場したら……私達……その……) 

かぐや(恋仲の関係と思われちゃうんです……) 



かぐや(会長は本当にそれでいいのですか?) 





かぐや「か、会長。大丈夫です。私がお金を払うからチケットを買いましょう。これは忘れた私の責任です」 

白銀「今日は----今日だけは俺とお前はカップルだ。それなら問題ないだろ!」 

かぐや「なっ//」カァー 

白銀「ほら、こっちに行くぞ」 

かぐや「は、はぃ//」



32: ◆xW69XHZIXl2A 2018/02/21(水) 23:17:08.72 ID:kpNc3frg0

スタッフ③「カップルの方は手を繋いでくださーい」 

スタッフ④「入場の際に写真撮影もできますので、お気軽にお声掛けくださーい」 



かぐや「あっ、手……」 

白銀「ああ、すまん。手首を掴んでて痛かっただろう」 

かぐや「え? べ、べつに」 

パッ 

かぐや(あっ……会長が手を離しちゃった……。別にそのままでもよかったのに……) 

ギュウウ 

かぐや「っ//」 

かぐや(は、はれぇーーーーーー? 恋人繋ぎ!!!?!?) 

白銀「よし、これで何も問題ないな」 

かぐや(問題ありまくりですよーーーーーー!!!!)



33: ◆xW69XHZIXl2A 2018/02/21(水) 23:18:38.58 ID:kpNc3frg0

白銀(少し並んでいるな。まぁ、あとは入場するだけだ) 


白銀「……」 


白銀「…………」 


白銀「……………………」 



白銀(うあああああああああああああああああ) 

白銀(俺は何をやっているんだあああああああ) 

白銀(しまった。自分自身への怒りで、完全に我を失っていた) 

白銀「……」 


白銀『今日は今日だけは俺とお前はカップルだ。それなら問題ないだろ!』 


白銀(問題ありまくりだああああ! 誰か俺を殺してくれえええええ!!!)



34: ◆xW69XHZIXl2A 2018/02/21(水) 23:20:00.34 ID:kpNc3frg0

白銀(と、とりあえず、置いておこう。ま、まずは今の状況だ) 


白銀「……」チラッ 

かぐや「……//」 

白銀(うっ。可愛い) 

白銀(じゃなくてだ! どうする! このままカップル入場口で並んだままでいいのか?) 

白銀(手が柔らかい。気持ちいい) 

白銀(じゃなくて!!) 

白銀(四宮の手、すべすべしている。赤くなっている四宮可愛い) 

白銀(うおおおお!!! 考えがまとまらんんんんんん!!!) 


白銀「……」チラッ 

かぐや「……//」 

白銀(ヤバい! 四宮を見ると、顔がニヤけそうでヤバい!!!)



35: ◆xW69XHZIXl2A 2018/02/21(水) 23:21:15.58 ID:kpNc3frg0

かぐや(か、会長。顔が真っ赤ですよ) 

かぐや(うぅ……。そんなに意識されると私も……) 

かぐや「……//」カァー 

かぐや(あぅぅ//) 



かぐや「あっ」 

白銀「ど、どうかしたのか?」 

かぐや「い、いえ、何でもありません」 

白銀「そ、そうか。なんでもないならいいんだ」



36: ◆xW69XHZIXl2A 2018/02/21(水) 23:22:17.33 ID:kpNc3frg0

かぐや(うぅ……手の消毒を忘れてました) 

かぐや(私の手汚れたりしてないわよね? 大丈夫よね? こんな事で会長に嫌われたり……) 

かぐや「……」チラッ 

白銀「……」 

かぐや(かっこいい……って、なにこれ!! もうドキドキしないで! 会長に聞こえちゃうから!! お願いだから聞こえないで!) 

かぐや(というか、会長の手がいけないの! なんでこう男らしい手なのよ!!!) 

かぐや(あーーーっ! もうーーーっ! これもあれも全部早坂のせいなんだから! 早坂のばかーーーっ!!!)



42: ◆xW69XHZIXl2A 2018/02/24(土) 21:20:28.23 ID:ck9+9Tp40

  *  *  * 


藤原「もしもし、あっ、ミコちゃん? 今、電話大丈夫?」 

藤原「暇になっちゃいまして……」 

藤原「だから、ミコちゃんが時間できたらかぐやさんがいる遊園地に……」 


藤原「石上くんも誘って----」 



藤原「え? 邪魔? 私達は仲間だから、仲間と一緒の方がかぐやさんも喜んでくれます!」 

藤原「だから、遊びに行きましょう!」



43: ◆xW69XHZIXl2A 2018/02/24(土) 21:22:36.76 ID:ck9+9Tp40

  *  *  * 



白銀(無事入場できたな……) 

かぐや(も、もうだめ……) 

白銀(て、手を離すタイミングがわからん……) 

かぐや(緊張して死にそう) 

白銀(だが、できれば……このまま握っていたい) 

かぐや(こんな事なら、自然な手の離し方を柏木さんに聞いておくんでした) 



スタッフ「お写真1枚1,000円になりますが、どうですかー?」 



かぐや「写真……」 

白銀「そういえば、入場前にスタッフの人が写真撮影できますとか言っていたな」 

スタッフ「あっ、そこのカップルさん、記念にどうですか?」 

白銀「え、えーと……その……」 

白銀(すごく欲しい! すごく欲しいが、どうする? せっかくこういう所に来たんだ。今なら自然に----) 


かぐや「じゃあ、お願いします」 

白銀(なんだとーーーー!!!?) 

かぐや(これでお金を払う時に手を離せます)



44: ◆xW69XHZIXl2A 2018/02/24(土) 21:24:54.43 ID:ck9+9Tp40

スタッフ「じゃあ、撮りますねー。はいチーズ」 

パシャッ 




スタッフ「はい。こちらが引換券です。現像しておきますので、お帰りの際にお声掛けください」 

かぐや「わかりました」 




白銀(あの四宮が積極的に!? これも遊園地のテンションってやつか?)ドキドキ 

かぐや(はぁ……。危なかった……。ドキドキで死んじゃうかと思いました) 


白銀「し、写真楽しみだな」 

かぐや「そうですね」



45: ◆xW69XHZIXl2A 2018/02/24(土) 21:25:37.62 ID:ck9+9Tp40

かぐや「……」 


かぐや「…………」 


かぐや「……………………」 



かぐや(みゃーーーーーーーーーーーー!!) 

かぐや(わ、私何をやったの!!?) 

かぐや(写真は家宝にしますけど! じゃなくて! 早坂にバカにされないように隠さなきゃ) 

かぐや(あっ、でも生徒手帳に挟んでいつでも見れるように……) 

かぐや『これでいつでも会長と一緒にいれる』 

かぐや(とかいいじゃないですか!!) 



かぐや(って、そうじゃなくて!!) 


かぐや(これって絶対に会長から勘違いされたやつでしょう!) 

かぐや(もおおおおお!! 私何をやっているのよーーーー!!!)



46: ◆xW69XHZIXl2A 2018/02/24(土) 21:26:42.78 ID:ck9+9Tp40

白銀「四宮?」 

かぐや「え?」 

白銀「大丈夫か? 顔真っ赤だが熱でもあるんじゃないか?」 

かぐや「い、いえ、大丈夫です。ちょっと厚着しすぎたせいみたいで」 

白銀「そういわれると2月のわりに今日は暑いよな。俺も暑くて敵わん」 

かぐや「ですね。ここまで暑いと困ってしまいます」 


露店スタッフ「マフラーや手袋いりませんかー? 今日は特に寒いので、よかったらどうぞー」 




白銀「……」 

かぐや「……」 

白銀「そうだ。フリーパスを買いに行くか」 

かぐや「あっ、私、フリーパスのチケットあります」 

白銀「そうか。では、フリーパスに交換しに行こう」



47: ◆xW69XHZIXl2A 2018/02/24(土) 21:27:25.22 ID:ck9+9Tp40

  *  *  * 



かぐや「へぇー。フリーパスって手首につけるんですね」 

白銀「フリーパスの形態も様々だ。このようにバーコードが印刷された時計のようなものを手首につけて、遊具で遊ぶときにスタッフに見せるタイプもある」 


白銀「有名なものでは、入場チケットに金額が含まれているものだな。それなら、遊具でいちいちお金を払う必要がない」 

白銀「ほかにチャージタイプのカードのような物もある」 

かぐや「なるほど、色々あるんですね」 

白銀「ああ、機会があったら違う遊園地にも連れて行ってやるさ」 

かぐや「え? あっ、はぁ。そうですね」 

白銀(あ……あれ!? 普通な反応!?) 

白銀(自然な感じで遊びに行く約束ができたと思っていたんだが!?) 

 などと考えている白銀。 

白銀(もしかして四宮とデートだからと舞い上がっていたのは俺だけだったのか!?)



48: ◆xW69XHZIXl2A 2018/02/24(土) 21:28:11.67 ID:ck9+9Tp40

かぐや(会長がフリーパス着けてくれた。私の手首にフリーパスを巻いてくれた) 

かぐや(きっと結婚指輪を想像しながら、私の手首につけてくれたんでしょう) 

かぐや(もうっ、会長ったら仕方の無いひと) 

かぐや(ふふっ♪) 

 かぐやは白銀以上に舞い上がっていた。 


かぐや(そうね。結婚式ではこの遊園地で初めて恋人繋ぎをしたエピソードも入れ込んで貰いましょう) 

かぐや(チケットを忘れた私を助けてくれたのは会長! その会長の男らしさを皆に伝えてさし上げましょう) 

 天才少女かぐやの最高の頭脳の中では、すでに結婚式までのプロットが出来上がりつつあった。
 人それを妄想と言う。 

かぐや(あっ、でも、このエピソードは私と会長との秘密にした方が……) 

かぐや(……二人だけの秘密。二人だけの共有……) 

かぐや(ふふふっ)



49: ◆xW69XHZIXl2A 2018/02/24(土) 21:29:17.96 ID:ck9+9Tp40

白銀「さて、まずはジェットコースターに行くか? 定番だしな」 

かぐや「え?」 

白銀「もしかして、ジェットコースターは苦手か?」 

かぐや「いえ、お恥ずかしい話、私あまり経験がないもので……」 

白銀「実を言うと俺もだ。バイトで働いた事はあるんだが、実際に遊んだのは小学生以来だしな」 

かぐや「そういえば、前にも言われてましたね」 

白銀「ああ。では、ジェットコースターに乗ってみるか?」 

かぐや「ええ、お願いします」 


かぐや(改めて見てみると、遊園地ってすごいのね) 

かぐや(すごく大きいお城。色んな遊具。中に入れる大きなぬいぐるみ。巨大迷路。ヒーローショーまであるわね) 

かぐや(バスも走っているわ) 

かぐや(きっと藤原さんなら----) 

かぐや「……」 

かぐや(今度は生徒会のみんなや、早坂と来るのもいいですね) 

かぐや(もちろん、初めて行く所は会長と二人っきりがいいですが)



50: ◆xW69XHZIXl2A 2018/02/24(土) 21:30:13.09 ID:ck9+9Tp40

  *  *  * 



かぐや「こ、これに乗……乗るんですか?」 

白銀「……大丈夫。大丈夫だ。こういう物は確実な安全チェックがされているから、大丈夫だ」 

かぐや「そ、そうですよね」 

白銀「もしかして四宮は怖いのか? だったら他のに行ってもいいんだぞ?」 

かぐや「またまたご冗談を。怖がっているのは会長ではありませんこと? お顔が真っ青ですわよ?」 

白銀「くくっ。生徒会で色んな怖い相手と戦ってきた俺が怖いわけないだろう。四宮こそ口調が変だぞ。引き返すなら今のうちだぞ」 

かぐや「ふふふふ。四宮家長女たる私がこんな遊びに怖がるなんてそんなそんな」 

白銀「いやいや、俺も怖くないからな」 

かぐや「ふふふ」 

白銀「くくくく」 


白銀(いやいやいやいや、立ちながら乗るジェットコースターとか怖いに決まってるだろ!!!!) 


白銀(誰だよ! こんな危険なジェットコースター考えたやつ!) 

白銀(そもそも四宮も四宮だ! 怖いなら怖いってちゃんと言えよ!!!)



51: ◆xW69XHZIXl2A 2018/02/24(土) 21:30:47.76 ID:ck9+9Tp40

白銀「……」 

白銀(だからと言って、俺が怖いって言えば) 

かぐや『お可愛いこと……』 

白銀(無理無理無理無理!! 遊園地で逃げるとか男として絶対にNGだ!) 


白銀「よし! 乗るぞ!」 

かぐや「は、はい」 



ガタンゴトン 



白銀(無理無理無理無理!! 高い高い高い高い!!!) 

白銀(しかも、この先に1回転とかあるんだが!!) 

白銀「……」 

白銀(だ、ダメだ! 気絶するな俺!) 

白銀(四宮と遊園地に来れたのに気絶するとかダメすぎる!) 

白銀(頑張れ俺! ここは男の見せ所だぞ!) 

白銀(そうだ、四宮はどうなんだ? 四宮だって怖いはずだ!) 

かぐや「」ニヤニヤ 

白銀(笑ってるだとーーーーー!!!?)



52: ◆xW69XHZIXl2A 2018/02/24(土) 21:31:32.02 ID:ck9+9Tp40

かぐや「……」チラッ 

白銀「……!!」ヒィィィ 

かぐや(ふふっ。会長の顔が可笑しくて、それがまた可愛くて……。一体何に怯えているのかしら?) 

 かぐやは白銀しか見えていなかった。 
 というか、怖すぎて現実を直視できなくなっていた! 


かぐや(あっ、あっちの方で蝶々が飛んでいるわね♪) 



ガタン…ゴトン 



白銀「ちょ、頂上に来た! お、落ちる! 落ちるぞ!!!」 

かぐや「え? 落ちる? どういう事ですか……って、やあああああああああ!!!」 

かぐや(無理無理無理無理無理ぃぃぃぃぃぃ!!!) 

ギュッ 

かぐや「え?」 

白銀「おおおおおおおおおおおおおお!」 

かぐや(か、会長が手を握ってきた!?) 

かぐや「きゃああああああ//」



53: ◆xW69XHZIXl2A 2018/02/24(土) 21:32:11.59 ID:ck9+9Tp40

  *  *  * 




白銀「……」 

かぐや「……」 

白銀「……」 

かぐや「……」 

白銀「なんだこれ!」 

かぐや「……」 

白銀「すっごい楽しいな!」 

かぐや「そうですね」 

白銀「おお! 四宮も面白かったのか!?」 

かぐや「ええ、すっごく」 

かぐや(お可愛いこと。私が手を握っていたら、安心してジェットコースターに乗れただけだというのに) 



白銀「よし! ジェットコースター全制覇するぞ!」 

かぐや「はい!」 

かぐや(ふふっ、本当に困った人。仕方ありませんからまた手を握ってあげますよ)



54: ◆xW69XHZIXl2A 2018/02/24(土) 21:32:45.68 ID:ck9+9Tp40

かぐや(って、全然握ってくれないんですが!!!) 

白銀「今のジェットコースターも面白かったな!」 

かぐや(くっ。一番最初に一番怖いのに乗ったせいで、他のが怖くないのか全然手を握ってくれない!) 

白銀「さて次は~♪」 

かぐや(もっと怖いものはないのかしら? それさえあれば、会長はもっと私を求めて……) 



かぐや(怖いもの……そういえば、あれがあるじゃないですか! 怖いものの定番と言えばあれが!) 


白銀「むっ。なんだかんだジェットコースターは全部制覇したみたいだな。どうする? 一度休憩でも……」 

かぐや「あの建物はなんでしょう? 少し興味があるのですが……」 

白銀「あ、あれは……」 


 お化け屋敷。 
 遊園地と言えばジェットコースターと観覧車に次ぐ、ド定番のアトラクション。 
 さらにカップルと言えばお化け屋敷は外せない存在だ。 


かぐや(ふふふふ。覚悟してください会長!) 

かぐや(積極的にくっついてメロメロにして差し上げましょう!!)



55: ◆xW69XHZIXl2A 2018/02/24(土) 21:33:17.37 ID:ck9+9Tp40

白銀(お、お化け屋敷だと!?) 




 お化け怖い!! 





 勉学に関しては非常に秀でた白銀であるが、こと非科学的な事(幽霊)に関しては苦手! 
 お風呂で目を閉じ髪を洗う時、背後に幽霊がいそうでドキドキするくらいなのである。 


白銀(くそっ! 想像はしていた。遊園地と言えばお化け屋敷!) 

白銀(だ、だが、今の俺は昔の俺じゃない!) 


 そう! 白銀はすでにグロ耐性を持っていた! 
 過去に魚を捌きたい白銀は藤原との特訓のさい、スプラッタ映画を見まくる! 
 これにより幽霊耐性も克服しているだろうと、いや、していて欲しいと白銀は願っていた!



56: ◆xW69XHZIXl2A 2018/02/24(土) 21:34:03.28 ID:ck9+9Tp40

白銀(大丈夫だ。俺はやれるやれる男だ……) 

白銀「……」 

白銀(も、もし、気絶でもしてみろ。その時は……) 




☆妄想中~~~~~~~~~ 

お化け「わーおばけだぞー」 

白銀「南無阿弥陀仏。南無妙法蓮華経。南無釈迦牟尼仏」ブツブツ 

かぐや「……」 


白銀「ハッ! べ、別に怖くなんかないからな!」 

かぐや「……お可愛いこ……いえ、ドン引きです」 


☆妄想終了~~~~~~~~ 




白銀(うわあああああああああああああああああああああ) 

白銀(ダメだ! これは絶対にない! さすがに嫌われる!)



57: ◆xW69XHZIXl2A 2018/02/24(土) 21:34:31.57 ID:ck9+9Tp40

白銀(気合いだ! 気合い! 俺ならやれる!) 

かぐや(ふふふふふ。お化け屋敷を出た時は会長が私にメロメロになってるでしょう。会長、お覚悟を!) 


白銀「行くぞ! 四宮!」 

かぐや「はい!」 





スタッフ「お二人どうぞー」 

白銀「く、暗いな」 

かぐや「そうですね」 


かぐや(まずはそっと手を握りましょう)



58: ◆xW69XHZIXl2A 2018/02/24(土) 21:34:58.93 ID:ck9+9Tp40

かぐや「……」 


かぐや「…………」 


かぐや「……………………」 


かぐや(え? 手? わ、私から握るの……?) 


 体育倉庫イベントがあって以来、かぐやは自分が思っている以上に白銀の事を意識していた。 


かぐや(えっ……あっ……だ、だめ……) 

かぐや(ドキドキして……) 

かぐや(だ、だめ! 会長に聞こえるからドキドキしないで!) 



かぐや(って、そうじゃない! なんで私ドキドキしているのよーーー!!!)



59: ◆xW69XHZIXl2A 2018/02/24(土) 21:35:35.87 ID:ck9+9Tp40

かぐや(そもそもおかしいわ。昔、ゴキブリが出た時は抱きついたりしていたでしょう!!!) 

かぐや(なんで、今になって手を握る事すらできなく……) 

かぐや(手……) 

かぐや(そういえば入場口で手を握って貰えた時は嬉しかった……) 

かぐや(もう一回恋人繋ぎが出来れば----) 

かぐや(……) 


かぐや(ふふっ♪) 


かぐや(って、そうじゃない!!!) 



かぐや(何を考えているの私!) 

かぐや(過去より今! 今を行動しない者には未来なんてないわ!) 

かぐや(そう! 今頑張るのよ! 四宮かぐや!)



60: ◆xW69XHZIXl2A 2018/02/24(土) 21:36:13.98 ID:ck9+9Tp40

  *  *  * 



■外 


白銀「……」 

かぐや「……」 

白銀(よし! 怖くなかった!) 

かぐや(抱きつけなかったーーー!!) 


白銀(というか、このお化け屋敷大丈夫か? 怖い要素なんて一つもなかったぞ) 

かぐや(うぅ……。まさか手も握れないなんて……) 


かぐや「はぁ……」 

白銀(むっ。四宮がため息を。そうか、お化け屋敷がつまらなさすぎてため息が出たのか) 

白銀(くくくく、仕方あるまい。ここは一つ)



61: ◆xW69XHZIXl2A 2018/02/24(土) 21:36:59.16 ID:ck9+9Tp40

白銀「そろそろお昼の時間だな」 

かぐや「そうですね。レストランも多いですようです。ガイドマップによると……」 

かぐや「『本場アメリカン』『マグロナルド』『鎌月うどんさん』『ハンバーグびより』『ひまさく喫茶』『和食制作部(仮)』『俺のメガネとラーメンが修羅場すぎる』『竹取喫茶』」 


かぐや「などがあるようですね」 

かぐや(もちろん全部下調べ済みです) 

かぐや(なかでも『本場アメリカン』という場所では数名のカップルが誕生したようですね) 

かぐや(そもそも店長の蛇文字という人が恋愛脳らしいですし) 

かぐや(きっとそのような店長ならば、カップル用の飲み物など、会長が赤面するような食事が提供される事でしょう) 


かぐや(お優しい会長の事ですから、食べたい場所は私に決めさせてくれるはず!) 

かぐや(さあ、聞いてください! 『どこで食べたい?』と!) 




白銀「ふむ。ではここに行くとしよう。ガイドマップで言うと……F-4あたりに」 

かぐや「え?」」 

かぐや(あ、あれ? え? か、勝手に決めるんですか!? というか、F-4の近くにあるのって『マグロナルド』?)



62: ◆xW69XHZIXl2A 2018/02/24(土) 21:37:39.27 ID:ck9+9Tp40

かぐや「……」 

かぐや(あー、そうですよね。そこって安いですもんねー。もちろん知ってますよー) 

かぐや(ドケチだとは思ってましたが、そーですか! そーですか! デートでもケチるんですね!) 

かぐや(会長のやり方というのがよくわかりました) 

かぐや(ええ、よくわかりましたとも) 


白銀「実を言うと、お弁当を作ってきた。四宮が良いというならご馳走したいんだが」 

かぐや「食べます♪」ニパー 

かぐや(あーもう会長ったらさすがね! デートで彼氏の手作りお弁当とかポイント高いですよ♪) 

かぐや(って、誰が彼女なのよ!! もう!! えへへ)



63: ◆xW69XHZIXl2A 2018/02/24(土) 21:38:40.55 ID:ck9+9Tp40

  *  *  * 



かぐや「ご馳走様でした」 

白銀「気に入って貰えたようで何よりだ」 

かぐや「ふふっ、本当に美味しかったですよ。そうです。今度は私が作ってきますね」 

白銀「ふむ、それは楽しみだ」 

かぐや「ええ、楽しみにしていてくださいね。こう見えても料理には自信があるので」 



白銀(ふむ、ふむふむ) 

白銀(……) 


白銀(よっしゃあああああああああああああああああ!) 

白銀(次作ってくるだと!? これはまた二人で遊びに行こうって事でいいんだよな?) 

白銀(くくくく、四宮め。ここぞとばかりに誘ってきやがって……) 

かぐや「~♪」 


白銀「……」 

白銀(四宮。美味しそうに食べてくれたな) 

白銀(朝早起きして、作ってよかった。本当に……)



64: ◆xW69XHZIXl2A 2018/02/24(土) 21:39:14.42 ID:ck9+9Tp40

かぐや(ようやく私の手作りを会長に食べさせる事ができますね) 

かぐや(会長に食べさせたら『すごく上手い! 四宮はいいお嫁さんになるな! ぜひ俺と結婚してくれ!』という事でしょう) 

かぐや(まったく会長ったら求婚する前に、付き合ったり段階があるというのに……) 

かぐや(……) 

かぐや(本当に仕方の無いひと)クスクス 


白銀「さて、じゃあ次に行くか」 

かぐや「はい」



65: ◆xW69XHZIXl2A 2018/02/24(土) 21:39:41.61 ID:ck9+9Tp40

  *  *  * 


■スワンボート 

かぐや「さっきまで騒がしかった遊園地が嘘みたいに静かですね」 

白銀「湖の真ん中だしな」 



白銀「勉強もバイトも忘れて、たまにはこういうゆったりした時間もいいな」 

かぐや「ふふっ。そうですね。普段の会長は忙しすぎますから」



66: ◆xW69XHZIXl2A 2018/02/24(土) 21:40:26.30 ID:ck9+9Tp40

  *  *  * 


■パットゴルフ 

白銀「く、くそぅ」 

かぐや「ふふっ」 

白銀「下手だからって笑う事ないだろ……」 


かぐや「い、いえ。基本何でもできる会長が……お可愛い所もあるんですね」クスッ 

白銀「次行くぞ! 次!」 

かぐや(あらあら。まあまあ。赤くなってお可愛いこと)



67: ◆xW69XHZIXl2A 2018/02/24(土) 21:41:09.00 ID:ck9+9Tp40

  *  *  * 



かぐや(ああ----楽しい) 

かぐや(こういうのを幸せって言うんでしょうか?) 

かぐや(そうですよね。これが幸せじゃないなら、何が幸せなんでしょう) 




かぐや(会長。私、すっごく幸せですよ------)



68: ◆xW69XHZIXl2A 2018/02/24(土) 21:42:45.63 ID:ck9+9Tp40

  *  *  * 



■射的 

白銀「どうだ!」 

かぐや「っ!」 

白銀「さっきは負けたが、今回は俺の勝ちのようだな」 

かぐや「会長が上手すぎなんですよ」 

白銀「そうか」 

かぐや「ええ」 

白銀(ふぅ……練習しておいてよかった) 

 前回の夏休みにかぐやと行きたいデートプランを鬼のように考えていた白銀。 
 もちろん、夏祭りにありそうな射的や金魚すくいはなどは練習済み! 
 用意周到。それが白銀という男だ。



69: ◆xW69XHZIXl2A 2018/02/24(土) 21:43:18.85 ID:ck9+9Tp40

白銀「ふむ」 

かぐや「?」 

白銀「射的で取ったストラップ。二つセットになっているようだな。二つあってもいらないな」 

かぐや「え? そ、そうですね」 

白銀「ほれ、四宮に一つやろう。どうせ二つはいらないしな」 

かぐや「え?」 

白銀「そ、その……受け取ってくれるか?」 

かぐや「……」 


白銀「あっ、その……だな」 


かぐや「ありがとうございます。大切にしますね」 

白銀「あ、ああ。そうしてくれると助かる」 


白銀(今、四宮の目に涙が……いや、気のせいか?) 

かぐや(会長とお揃いのストラップなんて。私、こんなに幸せでいいのかな……) 

かぐや(こんな日がずっと続けばいいのに)



70: ◆xW69XHZIXl2A 2018/02/24(土) 21:43:53.40 ID:ck9+9Tp40

  *  *  * 


かぐや(告白) 

かぐや(もし、会長が告白してくれたら、こんな日がずっと続くんでしょうか?) 

かぐや(……) 


かぐや(そうだ! 告白と言ったら!) 


白銀「もう夕方か。早いな」 

かぐや「会長。最後にあれに乗りたいです」 

白銀「ん? 観覧車か」 

かぐや「ええ、乗ったことなくて、せっかくなので是非乗ってみたいです」 

白銀「よし……行くか」 

かぐや(ふふふ、夕焼けに観覧車と言ったら、絶好の告白スポットですよ!) 

かぐや(さあ、いつでも告白してください!)



71: ◆xW69XHZIXl2A 2018/02/24(土) 21:44:37.45 ID:ck9+9Tp40

  *  *  * 



かぐや(って、何事もなく終わったあああああ!!?) 

かぐや(え? なんで!? 今日いい雰囲気だったのに! なんで何も起こらなかったの!?) 


白銀(や、やばかった……) 

 そうお気づきの読者も多い事であろうが。 

白銀(ふぅ、観覧車とか超やばかったな。ジェットコースターで多少耐性がついていてよかった) 

 白銀は高い所がとても苦手である。 


白銀(四宮が何か考えことをしていて、俯いていてくれたおかげで助かった) 

白銀(もし、四宮が声かけてきたら、声が震えていたかもしれんしな) 



白銀(……) 



白銀(ま、まさか! 四宮も怖かったのか!? そういえばずっと俯いてたし) 

白銀(しまった! ちゃんと気にかけてやるべきだった)



72: ◆xW69XHZIXl2A 2018/02/24(土) 21:45:05.83 ID:ck9+9Tp40

白銀「……四宮」 

かぐや「はい?」 

白銀「時間、まだ大丈夫か?」 

かぐや「え?」 

白銀「実を言うと、この遊園地。もう少しするとパレードと花火があるんだ。よかったら一緒に見ないか?」 

かぐや「そうだったんですね。時間なら大丈夫です」 

白銀「そうか。よかった」 


白銀(遊園地最後の思い出が、怖かった観覧車とか最悪だしな) 

かぐや(なるほど、花火を見ながら告白ですか……なるほどなるほど)ニヤニヤ 



白銀「さて、時間つぶしに藤原達へのお土産でも買うとするか」 

かぐや「そうですね。買った荷物はコインロッカーに預ける事もできますし」



73: ◆xW69XHZIXl2A 2018/02/24(土) 21:45:47.33 ID:ck9+9Tp40

  *  *  * 


■お土産買い物中 

かぐや(しかし、花火の時に告白とか、会長も中々気がきいた事をしてきますね) 

かぐや(ふふふふふっ) 

かぐや(会長が今晩から彼氏……恋人関係に……) 

かぐや(えへへへ//) 



☆かぐや脳内裁判~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 

かぐや(氷)「あなた何を考えているの? あの白銀御行が告白するなんてする訳ないじゃない。夢を見たらダメよ」キリッ 

かぐや「え?た、確かに……。そう言われると、今までも何度も……」 

かぐや(アホ)「えーでも、花火を見ながら告白とかロマンチックだと思うんだけどなー」ボケー 

かぐや「た、確かに。すっごくいいと思う」 


かぐや(氷)「ハァ……。議題を忘れないで、あの白銀御行という男がそう簡単に告白するわけないでしょ?」 

かぐや(氷)「今回もそう思わせておいて、何もないパターンよ。あの男に踊らされてはダメ。踊らせてあげなきゃ」 

かぐや「その通りだわ! 会長が私に告白するよう仕向けないと!」 

かぐや(アホ)「じゃあ、私から告白しちゃおうよ」 

かぐや「なんでそうなるのよーーーー!!!」



74: ◆xW69XHZIXl2A 2018/02/24(土) 21:46:34.58 ID:ck9+9Tp40

かぐや(アホ)「だから、告白させるのが無理だったから半年以上すぎたんでしょう?」 

かぐや「そ、それは会長が奥手だから」 

かぐや(アホ)「だから、私が告白するの!」 

かぐや(氷)「ハァ……。それではまるで私達が屈服したみたいじゃない」 


かぐや(アホ)「別にいいじゃない」 

かぐや「そ、それは……」 

かぐや(アホ)「だって、今日楽しかったんだもん! すっごくすっごく楽しかったんだもん!」 

かぐや(氷)「ぐっ……」 

かぐや(アホ)「告白して付き合っちゃえば、来週の週末だってすっごく楽しくなるんだよ。幸せになるんだよ。何がいけないの?」 

かぐや「確かに……。でも、だから、会長が告白すれば全て丸く収まって」 

かぐや(氷)「その通りよ。すべては白銀御行から」 


かぐや(アホ)「怖いんでしょう?」 

かぐや「え?」 

かぐや(氷)「っ!」



75: ◆xW69XHZIXl2A 2018/02/24(土) 21:47:42.52 ID:ck9+9Tp40

かぐや(アホ)「私はあなただからわかる。告白して----もし振られたら……って思うと怖いんでしょう?」 

かぐや(氷)「……その通りです。告白されるのが大前提ではありますが」 

かぐや(氷)「それを置いておいたとしても、自分から告白はリスクが大きすぎます。もし、失敗したら四宮かぐやという人間は崩壊する」 


かぐや「……そうね。会長が私を好きって確定したわけじゃないものね……」 

かぐや(アホ)「でも大丈夫。きっと会長なら……あの人なら好きって言ってくれるよ」 

かぐや「……会長……」 


カンカン 


かぐや(幼)「みんな静粛に」 

かぐや(氷)「裁判長!」 

かぐや「裁判長、私、どうすれば……」



76: ◆xW69XHZIXl2A 2018/02/24(土) 21:48:11.43 ID:ck9+9Tp40

かぐや(幼)「会長が私を好きなんて、実際にわからないんだから」 

かぐや「わからないなら?」 

かぐや(幼)「押し倒して、既成事実を作っちゃえばいいんじゃないかな?」 

かぐや「へっ!?」 

かぐや(幼)「あの会長なら責任とってくれそうだし。この辺ホテル多いし、リサーチ済みだし」 

かぐや(氷)「なっ!」 

かぐや(アホ)「そ、それはまだ早いんじゃ//」 

かぐや(幼)「ついでに子供作っちゃえばトントン拍子に。そうだ。どうせ9人作るんだから早めに」 

かぐや(アホ)「た、確かにそうだけど//」 

かぐや(氷)「裁判長っ! 9人という数字は現実味がないわ!」 

かぐや「えっ! つっこむ所そこなの!?」 


ギャーギャーワーワー 


かぐや「もうっーーーーー! 私、どうすればいいのーーーっ!」 


☆かぐや脳内裁判終了~~~~~~~~~~~~~~~~



77: ◆xW69XHZIXl2A 2018/02/24(土) 21:48:42.90 ID:ck9+9Tp40

かぐや(そっか。そうですね) 

かぐや(私、怖いんです。もし振られたらどうなるか……考えるのが……怖いんです) 

かぐや(だから、会長に告白をさせようと……) 

かぐや(……)



78: ◆xW69XHZIXl2A 2018/02/24(土) 21:49:14.53 ID:ck9+9Tp40

  *  *  * 


■パレード 

白銀「すごいな。テレビでは見た事があったが、実物は全然違うな! おっ、ぬいぐるみが手を振っているぞ」 

かぐや「ふふっ。会長ったら子供みたいに、はしゃいで」 

白銀「し、仕方あるまい。この雰囲気で、はしゃがない人間などいないだろう」 

かぐや「そうですね。私も楽しいです」 

白銀「だろうだろう」 


かぐや(違います) 

かぐや(もしこれが『会長と見た』のではなく、『他の人と見た』パレードだったら、これほど楽しかったでしょうか?) 

かぐや(会長……。私、会長と一緒だから楽しいんですよ?) 


かぐや(……) 


かぐや(会長。私、決めました。私----)



79: ◆xW69XHZIXl2A 2018/02/24(土) 21:49:53.68 ID:ck9+9Tp40

  *  *  * 


■花火 


\ドーンドーン/ 


かぐや「花火……綺麗……」 

白銀「ああ、綺麗だ」 

かぐや(うぅ……。ドキドキしてきた……) 

かぐや(え? 告白ってこんなに勇気がいるものなの?) 

かぐや(今日一番……いいえ、人生において一番ドキドキしているかも……) 

かぐや(や、やっぱり告白なんてやめた方が----) 






かぐや(逃げたらダメ!!) 



かぐや(そうよ! 私は四宮かぐや! 国の盟主とも謳われた四宮家長女なのよ!) 

かぐや(逃げたらダメ!!!)



80: ◆xW69XHZIXl2A 2018/02/24(土) 21:50:23.19 ID:ck9+9Tp40

かぐや「会長……。その大切なお話があります」 

白銀「ん?」 

かぐや(早坂。力を貸して!!) 


白銀「そうか。実を言うと、俺も四宮に大切な話があるんだ----」 

かぐや(え?) 

白銀「ちょうど同時に大切な話とはな」 

かぐや(会長。すっごく優しい顔をしている……。も、もしかして、会長も?)



81: ◆xW69XHZIXl2A 2018/02/24(土) 21:50:55.48 ID:ck9+9Tp40

かぐや「……ふふっ。私達、似た者同士なのかもしれませんね」 

白銀「まったく困ったことにな」 

かぐや「では、会長からどうぞ」 

白銀「いや、四宮からいいぞ」 


\ドーンドーン/ 



かぐや「では、同時に言うのはどうでしょう?」 

白銀「そうだな」 

かぐや(会長も同じ結論に? ……根拠はないけど、たぶんきっとそうなんだと思う……) 




かぐや(同じ事を感じて、同じ考えでいてくれて、同じ結論になってくれて……) 

かぐや(もしこの想像が本当なんだとしたら----。すごく嬉しいです。嬉しいですよ。会長)



82: ◆xW69XHZIXl2A 2018/02/24(土) 21:51:30.14 ID:ck9+9Tp40

  

\ドーンドーン/ 



白銀「俺、白銀御行は」 
かぐや「私、四宮かぐやは」 

かぐや(花火が鳴っているのに……相手の声以外……何も聞こえない) 



白銀「四宮かぐやの事が!」 
かぐや「白銀御行さんの事が!」 

かぐや(あっ、ダメ。頭が真っ白になっていく----) 







かぐや・白銀「好----  藤原「かぐやさーん。会長ーーー」」 


白銀「へ?」 
かぐや「え?」 

かぐや(えええええええええええ!!!) 


藤原「まったく、ようやく見つけましたよ」 

かぐや(……絶許)



83: ◆xW69XHZIXl2A 2018/02/24(土) 21:53:04.82 ID:ck9+9Tp40

藤原「パレードに合わせて入場したのですが、全然みつからなくて! もうどこにいたんですか!」 

白銀「いや……そんな事を言われてもな……。ん? あっちにいるのは石上達か?」 

藤原「ええ、みんなで来ました。さあ、花火を楽しみましょう!」 

かぐや(この女……。もしかして、会長が取られると思ったから邪魔してきたんじゃ) 

かぐや(そうです! そうに決まっている! そうじゃないとタイミングが良すぎます!) 


藤原「えへへ。かぐやさんと一緒に遊園地。私の夢が叶いました」 

かぐや「あなた……、夢は私を笑わせる事じゃなかったの?」 

藤原「ダメですよ。常に向上心をもたないと。夢はどんどん増えていくものですよ」 

かぐや「……そう」 

藤原「なので今度の夢は、かぐやさんと一日中遊園地で遊ぶことです♪」 

かぐや「まったく……強欲なのね。あなたは」 

藤原「えへへ~」 


かぐや(……) 

かぐや(正直許したくありませんが、まぁ、許してあげましょう。なぜなら今の私は機嫌がいいんです) 

かぐや(……) 

かぐや(それに最後は聞こえませんでしたが、会長の気持ちがわかりましたし) 

かぐや(ふふっ♪)



84: ◆xW69XHZIXl2A 2018/02/24(土) 21:54:20.82 ID:ck9+9Tp40

白銀「はぁ……。まったく……」 

かぐや「会長」 

白銀「ん?」 

かぐや「また遊びに来ましょうね」 

白銀「え?あ、ああ」 

かぐや「その時に----先程の続きよろしくお願いしますね」ボソッ 

白銀「あっ、あ、ああ」 

かぐや(会長、今度は邪魔が入らない所での告白楽しみに待ってますね) 


かぐや「では、藤原さん行きましょう」 

藤原「はい。実を言うと、とても良い花火スポットをさっき見つけて」 

かぐや「いいですね。さっそくそこに行きましょう」



85: ◆xW69XHZIXl2A 2018/02/24(土) 21:55:39.89 ID:ck9+9Tp40

白銀(……) 


白銀(…………) 


白銀(……………………) 


白銀(うわああああああああああああああああああああああああああ!) 



白銀(やった!やった! 最後は聞こえなかったが、四宮は『好き』って言ってくれたはず!) 

白銀(いや、まぁ、俺に惚れるのは仕方がないが……) 

白銀(そうかそうか) 

白銀(やはり俺の方針は何も間違っていなかった!) 

白銀(雰囲気さえ作れば四宮から告白してくれる!) 


 恋人たちの間にも明確な力関係が存在する事を、かぐやと白銀は知っていた! 
 そう!恋愛は戦! 


白銀(くくく。四宮からの告白楽しみだ) 

かぐや(ふふっ。会長からの告白楽しみですね) 


 好きになった方……先に告白した方が負けなのである!



86: ◆xW69XHZIXl2A 2018/02/24(土) 21:56:36.93 ID:ck9+9Tp40

■その日の夜 


早坂「……え?」 

かぐや「というわけなの。ふふふふふ。これで会長が告白してくるのも時間の問題ですね」 

早坂「いえ、かぐや様から告白すれば……」 

かぐや「何を言っているの。会長に私の気持ちは伝わったのよ」 

かぐや「成功するとわかれば告白するに決まってます」 

かぐや「さあ、会長! いつでも告白してください!」 


早坂「はぁ……」 

かぐや「どうかしたの? ため息なんて……」 


早坂「いや、バカだなーと思いまして」 

かぐや「え!? バカ!? どういう事!?」 


早坂「いえ、まぁ、会長さんの事を好きって認めただけ、成長したのかもですね」 

かぐや「え!?」 

早坂「え? 好きなんでしょ? 会長さんに言ったんですよね?」 

かぐや「す、す、す」 

早坂「?」 


かぐや「好きなんかじゃないからーーーー!!!!」 




 本日の勝敗 
 両者敗北 
 敗因・まるで成長しなかった 





       終わり



87: ◆xW69XHZIXl2A 2018/02/24(土) 21:57:19.69 ID:ck9+9Tp40

■おまけ① 

スタッフ「こちら入場時に撮影した記念写真になります。はい、二人分ですね」 

かぐや「え? あっ、はい」 

白銀「そういえば撮ったんだったな」 

スタッフ「はい。確かにお渡しましたので」 

かぐや「……」 

白銀「……」 

かぐや(ふふっ。写真の会長ったらこんなに赤くなっていたんですね。お可愛いですよ)クスッ 

かぐや(ずっと大切に保管しておきましょう。いえ、家宝ですね。何と言っても会長と念願のツーショットなんですから……) 





白銀(夢にまで見た。四宮と二人っきりの写真) 

白銀(やばい。やばい! ニヤニヤしそうでヤバい!) 

白銀(ここでニヤニヤしたら四宮に誤解される! いや、誤解されるも何も、もう告白まがいな事までしたんだが) 

白銀(いや、ダメだ! ここで弱い所は見せられん!) 

白銀(うおおおおお! 頑張れ俺! ニヤニヤするな!!)



88: ◆xW69XHZIXl2A 2018/02/24(土) 21:58:30.56 ID:ck9+9Tp40

かぐや「写真大切にしますね」 

白銀「ああ、俺もだ」 

藤原「どんな写真撮ったんですか? 私にも、私にも見せてください!」 


クシャッ 

白銀・かぐや「」 

藤原「ど、どうしたんですか? 二人とも写真が入った封筒をクシャクシャにして……」 

かぐや「え? あ、あの……その……」 

白銀「ぴ、ピンボケだ。ちょっとひどくピンボケしてたから、捨てようと思ってな」 

藤原「そうなんですか。残念です」 


白銀(うっせええええええ! 残念なのはこっちの方だあああああ!!!) 

かぐや(うううううううううううううう! せっかくの家宝なのにいいいい!!!)



89: ◆xW69XHZIXl2A 2018/02/24(土) 21:59:19.53 ID:ck9+9Tp40

■おまけ② 


かぐや「ふふっ……ふふふっ」ニヤニヤ 

早坂(あーあ、また会長さんとお揃いのストラップを嬉しそうに眺めて……) 

早坂(……) 

早坂(よかったですね。かぐや様にとって良き日であって) 



かぐや「~♪」 




       本当の本当に終わり



90: ◆xW69XHZIXl2A 2018/02/24(土) 21:59:59.88 ID:ck9+9Tp40

これにて終わりになります。 
読んでくれてありがとうございました! 
また機会があればよろしくお願いします!







他のおすすめSS