転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1520093738/

1 : ◆IV732DEfoI 2018/03/04(日) 01:15:39.05 ID:F8oE1vwP0

母「娘が母子相姦もののエロ本隠し持ってた……」のパロディです。
百合とキャラ崩壊注意です。



2 : ◆IV732DEfoI 2018/03/04(日) 01:16:45.31 ID:F8oE1vwP0

阿武隈「霞ちゃんがぁ、霞ちゃんが怖いぃ!」ガタガタ

霞「誤解だから! 誤解だから!」

阿武隈「霞ちゃんに犯されるぅ!」ブルブル

霞「やめて!」



3 : ◆IV732DEfoI 2018/03/04(日) 01:17:16.68 ID:F8oE1vwP0

霞「ご、誤解なのよ!」

阿武隈「そうなの……?」

霞「うん」

阿武隈「じゃああの本、霞ちゃんのじゃないの?」

霞「いや、それはまぁ、私のなんだけど……」

阿武隈「犯されるぅ! 霞ちゃんに犯されるぅ!」ガタガタ

霞「ち、違うのぉ!」



4 : ◆IV732DEfoI 2018/03/04(日) 01:18:00.70 ID:F8oE1vwP0

阿武隈「あのね、霞ちゃんも年頃だから、そういう事に興味を持つ事自体はあたしは全然否定しません」ビクビク

霞「……うん」

阿武隈「そういう本を読んだりして見たくなる事も、全然悪い事だとは思わないし……」ブルブル

霞「……あの、阿武隈さん」

阿武隈「な、何!?」ビクゥッ

霞「な、なんで距離とってるの?」

阿武隈「怖いもん! 犯されるもん!」ガタガタ

霞「やめて!」



5 : ◆IV732DEfoI 2018/03/04(日) 01:18:37.41 ID:F8oE1vwP0

阿武隈「超マニアックな方法で犯されるもん!」

霞「しないわよそんなの!」

阿武隈「普段提督が使ってるベッドに寝かされて 『いつもクズ司令官としてるのを思い出すでしょう……?』とか言われながら犯されるもん!」

霞「抜粋するのやめて! さっきの本から抜粋するのやめて!」




6 : ◆IV732DEfoI 2018/03/04(日) 01:19:09.26 ID:F8oE1vwP0

阿武隈「なんか駆逐艦特有のマニアックな言葉責めとかするつもりでしょ!」 

霞「しないわよ! やめてったら!」 

阿武隈「『阿武隈さんの胎内(ナカ)に魚雷カットイン決めるからね!』とか言いながら犯すつもりでしょう!」 

霞「抜粋やめて! 音読やめて!」 

阿武隈「霞ちゃんがマニアックな言葉責めを身につけてるぅぅ……!」



7 : ◆IV732DEfoI 2018/03/04(日) 01:19:40.13 ID:F8oE1vwP0

阿武隈「とにかく、そういうマニアックなプレイしようとしてるんでしょ……?」 

霞「違うから! そういうんじゃないから!」 

阿武隈「さ、さらにマニアックな……?」 

霞「違うよわ! ていうかさっき阿武隈さんが言ったみたいのは阿武隈×駆逐艦ものでは全然マニアックの範疇(はんちゅう)じゃないわよ!」 

阿武隈「……え?」 

霞「……あ」



8 : ◆IV732DEfoI 2018/03/04(日) 01:20:43.29 ID:F8oE1vwP0

阿武隈「……あ、あれくらいは、基本なのね?」 

霞「なんでもない! さっきのなんでもない!」 

阿武隈「正直さっきのでもかなりエグいところ抜粋したつもりだったんだけど……」 

霞「聞いて! さっきのは間違いだから!」 

阿武隈「もうあれくらいじゃ、満足できないのね……?」 

霞「やめて!」



9 : ◆IV732DEfoI 2018/03/04(日) 01:21:15.64 ID:F8oE1vwP0

阿武隈「霞ちゃんがどんどん遠くに行っちゃう……」 

霞「遠くに行ってるのは阿武隈さんよ……物理的に距離とってるじゃない……」 

阿武隈「だ、だって犯されるじゃない……」 

霞「しないってば!」



10 : ◆IV732DEfoI 2018/03/04(日) 01:22:01.08 ID:F8oE1vwP0

阿武隈「あたしの指導が悪かったのかな……知らず知らずの内に、霞ちゃんに寂しい思いをさせていたのかな……」 

霞「やめて! 重い感じにしないで!」 

阿武隈「頼りないかもしれないけど、あたしなりに一生懸命教えたり、仲良く接しようと頑張ってたんだけど……」 

霞「あ、阿武隈さんはとっても頑張ってるし頼りになるわよ! だから重い感じにするのはやめてってば!」 

阿武隈「で、でもプレイ的な見地から言えば頼りないところも霞ちゃんの興奮ポイントに……?」

霞「やめて! だから頼りないなんて思ってないから、嗜好(しこう)を探るのやめて!」



11 : ◆IV732DEfoI 2018/03/04(日) 01:22:34.26 ID:F8oE1vwP0

阿武隈「だ、だってさっき言ったくらいはもう基本なんでしょ?」 

霞「間違いよ! さっきの無しで!」 

阿武隈「とすると主従逆転とかそっち系に行かざるを得ないじゃない……?」 

霞「っていうか何でちょっと協力的なの!? さっきまで犯される! とか言ってたわよね!?」

阿武隈「さ、逆らったらもっとひどい目にあう……」 

霞「そ、そういうことなの!? いや、しないわよ!」



12 : ◆IV732DEfoI 2018/03/04(日) 01:23:11.45 ID:F8oE1vwP0

阿武隈「じゃ、じゃあ面と向かって言って……」 

霞「何をよ?」 

阿武隈「『私は自分の水雷戦隊旗艦を犯したいと思っていないし、思ったこともありません』って」 

霞「何その宣言!?」 

阿武隈「言わなきゃ信用できない! 獣を他の駆逐艦の子達と同じ水雷戦隊にいさせるわけにはいかないもの!」 

霞「ケモノとか言わないで!」



13 : ◆IV732DEfoI 2018/03/04(日) 01:23:57.76 ID:F8oE1vwP0

阿武隈「と、とにかく言ってもらえれば、安心できるかもしれないから……」 

霞「……うーん……」 

阿武隈「や、やっぱり虚偽の申告はできない?」ビクビク 

霞「虚偽じゃないから!」 

阿武隈「いいの! あたしは霞ちゃんを嘘つきにしたいわけじゃないんだから!」 

霞「その感じやめて!」 

阿武隈「霞ちゃんにその場限りの嘘をつかせるくらいなら、あたしは霞ちゃんの嗜好と向き合うから!」 

霞「言うから! 言うから重い感じやめて!」



14 : ◆IV732DEfoI 2018/03/04(日) 01:24:25.39 ID:F8oE1vwP0

霞「え、な、なんだっけ……『私は』……」 

阿武隈「『私は自分の旗艦を犯したいと思っていないし』 

霞「そ、そうね。『私は自分の旗艦を』……」 

阿武隈「……ど、どうかした?」ビクビク 

霞「あ、あの、一応、一応確認ね?」 

阿武隈「な、何?」 

霞「こ、この『犯す』の範囲って……?」 

阿武隈「!!」 

霞「い、一応よ!」



15 : ◆IV732DEfoI 2018/03/04(日) 01:25:10.99 ID:F8oE1vwP0

阿武隈「そ、それはつまり範囲によっては……」 

霞「一応だってって言ってるでしょ! 意外と二人の間で食い違ってるかもしれないじゃない!」

阿武隈「範囲によってはありえるってこと?」 

霞「いやだからその確認!」 

阿武隈「そ、そうね。霞ちゃんの基準はちょっとアレだもんね」 

霞「アレとかやめて」



16 : ◆IV732DEfoI 2018/03/04(日) 01:25:38.67 ID:F8oE1vwP0

霞「えーと、じゃぁちょっとずつ確認いくわよ?」 

阿武隈「う、うん。ここでの『犯す』の範囲が広ければ広いほど、その……」 

霞「……うん」 

阿武隈「霞ちゃんがさっきの宣誓をできなくなる可能性が上がるわけだよね」 

霞「いやまぁ多分ていうか絶対大丈夫に決まってるわよ!」 

阿武隈「そうよね!」 

霞「えー、じゃあ『犯す』の基準決めスタート!」 

阿武隈「まずは『キス』!」 

霞「えッ!?」 

阿武隈「えッ!?」



17 : ◆IV732DEfoI 2018/03/04(日) 01:26:06.72 ID:F8oE1vwP0

霞「ストップで! 一旦ストップで!」 

阿武隈「怖い怖い怖い怖い!!」 

霞「違うって! 普通にするわよ! キスってするでしょ! 水雷戦隊旗艦と配下の駆逐艦で!」

阿武隈「しないしないしない怖い怖い怖い」 

霞「私がするかどうかじゃないわよ!? 一般的によ!? 一般的な基準として、水雷戦隊旗艦と配下の駆逐艦でキスはセーフよ!」



18 : ◆IV732DEfoI 2018/03/04(日) 01:26:55.15 ID:F8oE1vwP0

阿武隈「しないよぉ……」 

霞「アレよ? キスって唇同士の奴よ? 『下の口同士で』とかそういうんじゃないわよ? そのつもりで私はOKにしたのよ?」 

阿武隈「当たり前です…… ていうか今言った方OKにしてたら、本当に霞ちゃんの異動を申請してます」 

阿武隈「あの、ていうかじゃあね、キスが基準だとアウト?  だよね? あの、言わなくていいけど」 

霞(心底屈辱的……) 

阿武隈「うーん……ていうかもう、聞くね…… ど、どこラインにしたらさっきの宣言できるの?」 

霞「……え?」 

阿武隈「か、霞ちゃんが決めてくれていいよ。それを聞いて対処するから」 

霞「……う、ん……」



19 : ◆IV732DEfoI 2018/03/04(日) 01:27:50.60 ID:F8oE1vwP0

(五分後) 

霞「……」 

阿武隈「……」ドキドキ 

霞「……あの」 

阿武隈「ひっ!?」ビクゥッ 

霞「そ、そこまで怯えなくても!」 

阿武隈「ご、ごめんね? 驚いちゃっただけだから。ごめんね? 犯さないで?」 

霞「やめて!」 

阿武隈「……ていうか、これ長考した時点で相当ヤバ……」 

霞「言うから! 今すぐ言うから!」



20 : ◆IV732DEfoI 2018/03/04(日) 01:28:32.07 ID:F8oE1vwP0

霞「え、えーと……」 

阿武隈「言ってくれていいから! ドンと!」 

霞「えーと……」 

阿武隈「もう驚かないから!」 

霞「えー……多分、何をラインにしても、その、無理……」 

阿武隈「え」 

霞「あの、だって、したいし……」 

阿武隈「うわああああああやっぱりガチじゃないぃぃぃぃ!」 

霞「ご、ごめんさないぃぃぃぃ! でもしたいんだものぉぉぉぉ!」



21 : ◆IV732DEfoI 2018/03/04(日) 01:29:41.64 ID:F8oE1vwP0

阿武隈「最初ので合ってたじゃないぃぃぃ! 最初のリアクションでむしろ正解じゃない!」 

霞「ごめんなさい! 本当にごめんなさい! でもさっきの言葉責めとかとってもしたいの!」 

阿武隈「それは聞いてないでしょおおお! 怖い怖い怖いぃぃぃ!」 

霞「し、静かにしなさいってばぁ!! 犯すわよッ!?」 

阿武隈「め、めっちゃ本性出してるぅぅぅぅ!」



22 : ◆IV732DEfoI 2018/03/04(日) 01:30:13.32 ID:F8oE1vwP0

霞「だって阿武隈さん優しいし面倒見も良いし、駆逐艦が好きになるのも当たり前じゃない!」 

阿武隈「好かれるのは嬉しいけど意味が違うよね!? 明らかに霞ちゃんのそれはずれてるよね!?」 

霞「それに手作りのお菓子まで配ったりして、明らかに霞達の気を惹こうとしてるじゃない!」 

阿武隈「それ訓練や遠征を頑張ったご褒美だから! そんな気は一切ないから!」 

霞「しかも私が一人でいると笑顔で声を掛けてくるし! 霞が抱きついたりキスしたりするのをどれだけ我慢してきたと思っているのよ!」 

阿武隈「理不尽なんですけどおぉぉぉぉ!?」



23 : ◆IV732DEfoI 2018/03/04(日) 01:31:23.50 ID:F8oE1vwP0

霞「色々装着したまま閲覧式させたりしたい!」 

阿武隈「何急に!?」 

霞「ご、ごめん、もう我慢しなくていいと思ったら願望出ちゃったわ」 

阿武隈「怖い! そんなことを内に秘めてたとか怖い!」 

霞「他の駆逐艦の子達に指導してる時にリモコンでいじりたい!」 

阿武隈「やめて怖い!」 

霞「こういう時、赤城さんは阿武隈さんをめちゃくちゃ褒める!」 

阿武隈「細かな設定とか怖い!」



24 : ◆IV732DEfoI 2018/03/04(日) 01:31:52.61 ID:F8oE1vwP0

霞「うわあああ願望出るぅぅぅ!」 

阿武隈「落ち着いて! もうやめて!」 

霞「他の駆逐艦に見られない廊下の死角でキスしたい!」 

霞「阿武隈さんがクズ司令官と夜の建造作業してるのをお手伝いしたい!」 

霞「帰投後に一緒に入渠したい!」 

阿武隈「最後のは普通のこと言ってるはずなのに怖い!」



25 : ◆IV732DEfoI 2018/03/04(日) 01:32:28.21 ID:F8oE1vwP0

霞「ね、ねえ。もう良いわよね?」 

阿武隈「なにが!?」 

霞「そうやっていろいろ接してきてくれるってことは、司令官と阿武隈さんの二人っきりの建造作業に霞も混じっても良いのよね?」 

阿武隈「どうしてそうなるの!? というかなんで霞ちゃん知ってるの!?」 

霞「司令官と阿武隈さんのベッドウェー海戦?」 

阿武隈「言い方の問題じゃないから!?」 

霞「だって阿武隈さんの子供ならあたしの妹みたいなものじゃない! お姉ちゃんとして妹の建造作業に携わりたいって自然なことよ!」 

阿武隈「自然じゃないよ!? どこの世界に親の子作りに協力する娘がいるんですか!?」 

霞「阿武隈さん!? 今、霞のことを娘って……!」 

阿武隈「人の話を聞いてえぇぇぇぇ!?」 

霞「阿武隈さん、霞頑張るから……!」シュルリ 

阿武隈「なんで服のリボンほどいてるの!? 服を脱いでなにを頑張る気なの!?」



26 : ◆IV732DEfoI 2018/03/04(日) 01:33:03.10 ID:F8oE1vwP0

電「霞ちゃん、そこまでなのです!」バタンッ! 

霞「電!? どうしてここに!?」 

電「電だけじゃないのです! みんないるのです!」 

白露「そうだよ、霞!」 

時雨「まったく、なにをやっているかと思えば……霞、君には失望したよ」 

村雨「間一髪ってところかしら?」 

春雨「もう少しで手遅れになるところでしたね」 

響「阿武隈さん、大丈夫かい?」 

阿武隈「皆……うん。あたしは大丈夫だよ」 

暁「まったく、レディーとしてどうかと思うわよ霞」 

磯風「ああ、この磯風も同感だ」 

初霜「霞……どうしてこんなことを」 

五月雨「そうです! 一体どうして!?」



27 : ◆IV732DEfoI 2018/03/04(日) 01:34:29.54 ID:F8oE1vwP0

霞「だって……仕方ないじゃない! 毎日、阿武隈さんが優しく接してきて誘惑してくるんだから!」 

阿武隈「それは誘惑とは言わないと思うんですけど」 

村雨「……一理あるわね」 

時雨「なら仕方ない」 

雷「一概に霞だけを責められないわね。雷達だってそうだもの」 

阿武隈「……え?」 

白露「それじゃ、皆で混ぜてもらうってどうかな? もちろんいっちばーんはあたしだけどね!」 

阿武隈「……え? え?」 

白露「そ、その阿武隈さん……あたしをいっちばーんに指導して欲しいな……」 

白露「体の隅々の、いっちばーん奥まで阿武隈さんを教えて欲しいの」シュルリ 

阿武隈「だからなんで服を脱ごうとするの!? みんな見てるから!?」 

村雨「阿武隈さん、は、恥ずかしいけど……村雨のちょっと良いところ、ちゃんと見て欲しいな……」シュルリ 

村雨「代わりに、阿武隈さんの良いところ……村雨にも見せて?」 

阿武隈「ちょっと良いところってなに!?」 

春雨「阿武隈さん……春雨は、阿武隈さんのことを思うだけで体が熱くなって、溢れて来てしまうんです……」 

春雨「いけない春雨に、阿武隈さんの手でお仕置きをしてください……」シュルリ 

阿武隈「お願いだから話を聞いて!?」



28 : ◆IV732DEfoI 2018/03/04(日) 01:35:16.26 ID:F8oE1vwP0

暁「あのね、暁は阿武隈さんのこと、レディーとして模範としていたのよ?」 

暁「だから……阿武隈さんと司令官の手ほどきで、暁を一人前のレディー(意味深)にして欲しいの……」シュルリ 

阿武隈「服を脱ぎながらじゃなきゃ、前半は嬉しい言葉なのに!?」 

響「阿武隈さんの人肌と、包み込むような包容力で、私の凍てついた身と心を温めて欲しいんだよ」シュルリ 

阿武隈「寒いのに服を脱ぐのはおかしいですよね!?」 

響「愛とか恋とか、そういうのを阿武隈さんに教えて欲しい……」パサリ 

阿武隈「さっきから言葉と行動が合ってないですぅ!?」 

雷「そ、その……もっと頼って良いのよ? 阿武隈さんと司令官の建造作業、雷も一生懸命手伝うから!」 

阿武隈「雷ちゃんに見られながらとか無理なんですけどぉ!?」 

電「電も阿武隈さんに憧れてるのです! 電も阿武隈さんみたいな立派になりたいのです!」 

電「だ、だから……阿武隈さんに手取り足取り、指取り、電の体に阿武隈さんを教えて欲しいのです……」 

電「電も阿武隈さんの深いところまで知りたいのです……」シュルリ 

阿武隈「服を脱いで、あたしのなにを覚える気なのおおおおおぉ!?」



29 : ◆IV732DEfoI 2018/03/04(日) 01:35:56.80 ID:F8oE1vwP0

五月雨「あ、あの……五月雨も頑張っちゃいますから!」シュルリ 

阿武隈「落ち着いて! 五月雨ちゃんなにを頑張るつもりなのか自分で分かってる!?」 

五月雨「はい! 私ドジですけど……阿武隈さんに気持ちよくなってもらえるよう、訓練しましたから!」 

阿武隈「いったいなんの訓練をしたの!? 気になるけど聞くのが怖い!」 

時雨「阿武隈さん、雨に濡れて冷えた、僕の心と体を阿武隈さんに温めて欲しいな……」シュルリ 

阿武隈「今日晴れてますよね!? 時雨ちゃんちっとも濡れてませんよね!?」 

時雨「え? 濡れてないってそんなこと……ないよ?」 

阿武隈「え?」



30 : ◆IV732DEfoI 2018/03/04(日) 01:36:39.06 ID:F8oE1vwP0

時雨「阿武隈さんのことを思うだけで濡れ……ってなに言わせるのさ! 阿武隈さんハレンチだよっ」パサリ 

阿武隈「あたし何も言わせてないと思うんですけど!? そして服を完全に脱ぎ捨てるのはやめてくださーいぃぃぃ!?」 

磯風「阿武隈。阿武隈が料理を教えてくれたおかげで、磯風もある程度は料理ができるようになった。感謝しているぞ」 

阿武隈「え? 別にあたしはたいしたことはしてないですよ。磯風ちゃんが一生懸命練習しているのをちょっとお手伝いしただけです」 

磯風「そんなことはない……だが、磯風はまた阿武隈に比べて未熟だ」 

磯風「だから……今度は磯風の体に阿武隈の料理を教えこんでくれ……」 

磯風「阿武隈の手で……この体を限界までとろけさせて、阿武隈の味を染みこませて欲しいんだ……」シュルリ 

阿武隈「その発想は絶対おかしいよ!? どうしてそうなっちゃったの!?」



31 : ◆IV732DEfoI 2018/03/04(日) 01:37:43.84 ID:F8oE1vwP0

島風「あのね……阿武隈さんの手で、島風の体の奥の一番大事なところ……整備して欲しいの」シュルリ 

阿武隈「それってタービンとか機関のことだよね!? お願いだからそうだと言って島風ちゃん!」 

風雲「その……阿武隈さんと一緒に誘爆したいなって……ダメかなあ?」 

風雲「でも……阿武隈さんは優しいし……大丈夫よね? い、一緒にシテ欲しいな?」シュルリ 

阿武隈「その誘爆ってどういう意味の誘爆!? なにを一緒にさせる気なの!?」



32 : ◆IV732DEfoI 2018/03/04(日) 01:38:42.92 ID:F8oE1vwP0

初霜「阿武隈さん……阿武隈さんはとっても素晴らしい方だと思います」 

阿武隈「このタイミングでどうしたの初霜ちゃん!?」 

初霜「でも、いくら阿武隈さんでも、提督の数多の種の内、たった一つしか救うことはできません」 

初霜「それでも……私は数億の種の内の一つでも、救いたいんです!」 

阿武隈「意味が分からないんですけどぉ!?」 

初霜「提督との昨晩の夜戦で阿武隈さんに何度も注がれた生命の種を、阿武隈さんと登り詰めながら分かち合いたいです……」 

初霜「阿武隈さんとつながりながら、阿武隈さんと同じ生命を共有したいの……」シュルリ 

阿武隈「いろいろとおかしいですよね!? それになんで初霜ちゃんも霞ちゃんもあたしと提督のそ、その……よ、夜の事情を把握してるの!?」 

夕立「旗艦について把握するのは、駆逐艦として当然っぽい!」 

阿武隈「明らかに知る必要のないことまで知ってますよね!? あたしと提督のプライバシーは!?」 

夕立「阿武隈さん……夕立達と一緒に……素敵なパーティしましょ?」シュルリ 

阿武隈「会話のドッジボールしないでくださいぃぃぃぃ!?」



33 : ◆IV732DEfoI 2018/03/04(日) 01:40:00.29 ID:F8oE1vwP0

不知火「阿武隈さん……不知火は阿武隈さんと一緒にいるだけで、興奮してしまう、落ち度ある駆逐艦です……」 

不知火「不知火を鎮めて、落ち度を矯正できるのは阿武隈さんの手によるご指導ご鞭撻しか……よろしくお願いします」シュルリ 

阿武隈「いったいあたしにどんな指導させる気!?」 

秋雲「阿武隈さん、阿武隈さんの生まれたままの綺麗な姿、描かせて欲しいなぁ~」 

秋雲「秋雲さん達と一緒に乱れる姿もねっ。その、秋雲さんの生まれたままの姿も見て良いから……ね?」シュルリ 

阿武隈「もうどこからツッコミ入れればいいのか分からないんですけどおぉぉぉ!?」 

霞「ねえ、阿武隈さん……もういいでしょ?」 

電「電達にいろいろ教えて欲しいのです」 

暁「司令官と一緒に、暁達を一人前のレディーにして?」 

阿武隈「えっ!? ちょ、ちょっと待って皆落ち着いて!」 

白露「あたしがいっちばーんに阿武隈さんに抱きつきーっ!」 

時雨「じゃあ僕は……阿武隈さんの服を……」ゴクリ 

春雨「春雨は一番に阿武隈さんとキスしたいです……」 

初霜「阿武隈さんと一緒にイケるなら、私は最後でも……あっ、でも昨晩、阿武隈さんに注がれた提督の子種がなくなっちゃうかもしれません……」 

阿武隈「お願いだから落ち着いてえぇぇぇぇ!?」



34 : ◆IV732DEfoI 2018/03/04(日) 01:41:03.33 ID:F8oE1vwP0

~~~~~ 

神通「そんなことが……よくそれだけの駆逐艦の子達から無事に逃げることができましたね」 

阿武隈「貞操は守れても心はボロボロなんですけど……あたし、なにを間違えたんだろう」 

神通「そ、それだけ阿武隈は魅力的と言うことなんですよ……たぶん」 

阿武隈「そういう問題じゃないと思う……けどなんとかしないと」 

神通「どうする気ですか?」 

阿武隈「説得……しかないかなあ。難しいと思うけど、あの子達にあんまり手荒なことはしたくないし、なんとかしてあげたいし」 

神通「……やっぱり阿武隈は優しいですね」 

阿武隈「そうかな……神通?」 

ガチャリ 

阿武隈「……え? どうして部屋の鍵を閉めるの?」 

神通「……やっと二人きりになれましたね」 

阿武隈「……はい?」 

神通「そんな、優しくてかわいくて、時に凜々しい阿武隈のこと、以前から私は――」 


おしまい







他のおすすめSS
提督「艦これ一直線」 
夏だ!水着だ!給糧だ!【艦これ】 
鈴谷「起きて、朝だよ」 
雷「無理しなくて良いのよ(ナデナデ」 
黒榛名「榛名、深海化してしまいました!」 
提督「ゴジラ! ゴジラ! ゴジラがやって来ただとぉ―――ッッ!!??」 
提督「金庫って十回言わせてから」 
【艦これ】球磨「初詣行こうクマ!」 
【艦これ】阿武隈「耳かきしましょうか?」 
明石「提督。私がケッコン指輪を売る時、どんな気持ちか分かりますか?」