転載元 : http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1410072475/

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/09/07(日) 15:47:55 ID:8L.chC8A

・きんいろモザイクのSS
・綾カレ
・短め

よろしくお願いします。



2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/09/07(日) 15:48:54 ID:8L.chC8A

綾「ねえカレン、ちょっとその、相談したいことがあるんだけど……」

カレン「ハイ?なんでショウ?」

綾「実は陽子のことで…….」

その日、私はアヤヤに「陽子の前だとどうしても緊張してしまう」という悩みを相談されまシタ。



3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/09/07(日) 15:49:52 ID:8L.chC8A

カレン「でも、なんで私ニ?」

綾「しのは口が軽そうだし、アリスにはこういう話は相談しにくいし……」

綾「それにカレンは皆のことを良く見てるし、私が陽子の事がす、好きだっていうのも気づいてるみたいだから」

カレン「アヤヤがヨーコのことを好きだと認めるなんて、珍しく素直デス」

綾「こ、これでもすごく緊張してるの!カレンに打ち明けて相談するのも、すっごい迷ってたんだから!」

綾「でも私、陽子が好きなのに、陽子に触れられただけで緊張してつい押しのけてしまったりして、そういうのを治したいの!」

綾「ねえカレン、私、どうすれば良いかしら?」



4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/09/07(日) 15:51:21 ID:8L.chC8A

カレン「そうでスネ。アヤヤ、ちょっと良いデスカ?」ダキツキ

綾「ちょっとカレン、いきなり何をするのよ!」

カレン「フム。少し緊張してますが、私でなくヨーコだったらもっと体がこわばってると思いマス」

綾「た、たしかに……」

カレン「だから私とのスキンシップに慣れたとしても、ヨーコ相手でないと意味がありマセン」

カレン「ですが私に良いアイデアがありマス!一週間くらい、時間をくだサイ!」

綾「ええ。でも、なんでそんなに時間が必要なの?」

カレン「秘密デス♪」




5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/09/07(日) 15:52:28 ID:8L.chC8A

一週間後、カレンの自室にて

カレン「アヤヤはまず本当のヨーコの前じゃなく、イメージの中でヨーコに慣れることにしまショウ」

綾「それってイメージトレーニングってこと?」

カレン「メンタルトレーニングとも言いますネ。あがり症などにも使われることがあるみたいデス」

カレン「そういう訳で、今回はこういう者を用意しまシタ」

綾「布切れ?」

カレン「ハイ。まずはこっちの椅子に座ってくだサイ」

カレン「座ったら、この布で目隠しをしマス」

綾「目隠し?」

カレン「エエ。人は視覚の刺激がなくなると、そのぶん想像力が増すと聞きマシタ」

カレン「その状態で私がアヤヤの体に触れていくので、それをヨーコの手だと想像してみてくだサイ!」

綾「わ、分かったわ……」

カレン「それじゃ、目隠しターイム!」シュル...



6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/09/07(日) 15:53:34 ID:8L.chC8A

カレン「アヤヤ、どうでショウカ?」

綾「真っ暗で何も見えないわ」

カレン「それじゃマズ、右手に触れてみマス」サワサワ

綾「っ」ピクッ

カレン(少し反応しましたが、やっぱりヨーコに触れられた時ほどではないデス)

カレン(それでは、用意した『アレ』を使いまショウ!)



7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/09/07(日) 15:54:36 ID:8L.chC8A

カレン『綾の手って、綺麗だよな』

綾「よ、陽子の声!?」ビクッ

カレン「ボイスチェンジャーデス。ちょっと高いやつを、パパに買ってもらいまシタ!」

綾「それだけじゃなくて、カレン、陽子の口調も!」

カレン「この一週間、日本語の発音練習と陽子の口調練習をしてマシタ。続けマスヨ」



8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/09/07(日) 15:55:49 ID:8L.chC8A

カレン『ね、綾。綾の方からも握り返してほしいな』

綾「~~!」

カレン「本物のヨーコじゃないし、練習だから逃げちゃダメデスヨ」

綾「ほ、ほら!これで良いんでしょう///」ギュウーッ

綾(あ…でもこうしてみると、カレンの手はすべすべしてて、やっぱり陽子とは違う)

綾(中学の時に私の手を引いてくれた陽子の手、それに比べると…)

カレン「アヤヤ、私の手じゃなくてヨーコの手だとしっかりイメージしてくだサイ!」

綾「え、ええ、そうね(イメージ、イメージ)」ギュッ

カレン(ヨーコを意識すると握る力が強くなるみたいデスネ。しばらく緊張がほぐれるのを待ちまショウ)

カレン『私、嬉しいよ。綾の方からこうして手を握ってきてくれて』

綾「わ、私も、嬉しい...///」



9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/09/07(日) 15:57:04 ID:8L.chC8A

カレン(それじゃあ、次ハ...)

カレン『ねえ綾、抱きしめてもいい?』

綾「だ、抱きしめるって、ちょっとカレン!」

カレン『私はカレンじゃなくて、陽子なんだけど。ね、いいよね?』ギュウウ

綾「だ、だめ!無理!」ジタバタ

カレン(ヨーコほど胸はありませんが、目隠しが効いてるのか、ヨーコ相手の時みたいにすごい抵抗デス)

カレン(椅子に縛りつけてからの方が良かったでショウカ?)

カレン(大人しくするまで、しばらく強く抱きしめ続けまショウ)



10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/09/07(日) 15:58:30 ID:8L.chC8A

カレン(観念したのか抵抗してこなくなったので、次はアヤヤの耳元でささやいてみマス)

カレン「ねえ、綾」

綾「っ」ビクッ

カレン『私、綾のことが好きなんだ』

綾「~~!」カァアアア

カレン『綾の気持ちも、聞かせてほしいな』

カレン「(小声)練習と思って、気持ちを素直に伝えてみてくだサイ!」

綾「わ、私も、その、ずっと前から陽子のことが…す、好き…です」

カレン『綾の方からそう言ってきてくれて、嬉しいよ。ずっとこうやって、綾を抱きしめていたいな』

綾「私も……///」

カレン(ここまで素直なアヤヤは、初めて見まシタ)



11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/09/07(日) 16:00:01 ID:8L.chC8A

カレン(素直なアヤヤ、なんだか可愛いデス。それでは次ハ……)

カレン『ねえ、綾…』スッ

綾「ちょっと、どこ触ってるのよ!?」

カレン『お互いに好きなんだからいいでしょ?胸を触るくらい』

綾「い、いくらなんでもやりすぎよ!」

カレン『大好きだよ、綾』

綾「~っ」ビクッ

カレン『好きな相手にこういうことしたくなるのって、変なことじゃないでしょ』サワサワ

綾「や、やめっ」ビクンビクンッ

カレン(ヨーコの声でささやくたびに、強く反応してマス)

カレン(もともとアヤヤは妄想が強いので、目隠しと声によって本当にヨーコに触られてるように思えてるのデショウ)

カレン(頭では私と分かっていても、頭の中のヨーコのイメージはもはや押さえられないハズ)



12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/09/07(日) 16:01:37 ID:8L.chC8A

カレン(本物のヨーコとこういうことができるのはまだまだ先でしょうし、妄想の中くらいはアヤヤに幸せな夢を見せてあげたいデス)

カレン(まずは首筋に軽く舐めてみまショウ)レロッ

綾「ひ、ひゃうぅっ!」

カレン(下の方にも手を伸ばシテ…)

カレン『こっちの方も触っていい?』サワッ

綾「そ、そこはだめっ…ぅう!」

カレン『綾の可愛い声、もっと聞きたいな』クニッ

綾「よ、陽子っ、だめっ……あぁあっ!」

カレン(そういえばこれって目隠しプレイデスネ。視覚を奪われると他の感覚が敏感になるみたいデス)

カレン(この辺りも触ッテ……)

カレン『綾、気持ち良い?』クニックニュッ

綾「き、気持ちっ……いぃっ……!!」

カレン『声も押さえなくていいからさ。私の手で、綾に感じてほしい』クチュ、グチュグチュ

綾「陽子、ようこぉっ、んぁぁっ……そこはっ……!!!」

綾『ふあああああああっ!!!!!』



13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/09/07(日) 16:02:52 ID:8L.chC8A

カレン『綾、イっちゃった?』

カレン(少しやりすぎだったでショウカ?)

綾「ううぅ……陽子の、カレンのばかぁ……」

カレン「目隠し、外しマスネ」

カレン(イったせいで、少し冷静になったみたいデス)

カレン「アヤヤ、怒ってマスカ……?」

綾「怒ってるわよ!ここまでやるなんて聞いてない!」

カレン「ま、まあ落ちつイテ!」

綾「うう、もう陽子のお嫁にいけない……!」

カレン「でも妄想の中とはいえここまで経験したんだから、本物のヨーコでも今更緊張しないとは思いマス!」

カレン「それにさっきのアヤヤ、とっても可愛かったデス!」

綾「~~!もう、カレンのばかぁ!」



14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/09/07(日) 16:04:20 ID:8L.chC8A

次の日、アヤヤはヨーコと顔を合わせると、すぐに真っ赤になってしまいマシタ。

でもヨーコが「熱でもあるの?」とおでこを合わせた時、アヤヤは顔を赤くしながらもヨーコから逃げはしませんデシタ。

「想像の中でヨーコとのスキンシップに慣れる」というのには、ある程度効果があったようデス。

ヨーコの鈍感は相変わらずなので、今度はヨーコに面と向かって告白する練習も必要でショウカ?

昨日のアヤヤはすごく可愛かったので、またヨーコの声でアヤヤとシテみたいデス!



15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/09/07(日) 16:06:43 ID:8L.chC8A

短かったですが、以上になります。
読んでくださった方がいれば、ありがとうございます。

SS投稿は初なので、この板のルール等をまだ把握しておりません。
この板では、終了後にHTML化依頼というのは必要なのでしょうか。
その場合、どちらに依頼を出せばよろしいでしょうか。
お教え頂ければ幸いです。



17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/09/07(日) 23:23:34 ID:n5KcF7B6

おつ



18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/09/08(月) 00:02:21 ID:h20kMx06

すばらっ



19: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/09/30(火) 15:00:07 ID:9sYqWB1Y







他のおすすめSS
陽子「しののいないクラスにまだ慣れないの?」アリス「うん」 
アリス「ヨーコ! わたしの足を速くして!」陽子「なんだいきなり」 
らくごモザイク「カレン太鼓」 
忍「お風呂上りのプリンはおいしいです」アリス「それわたしが取ってたプリン!」 
忍「イギリスにはカジノがたくさんあるそうです」陽子「それラスベガスだよ!」 
穂乃花「カレンちゃん。日本の飲食店で働くには『検便』しないといけないの」 
忍「 つ な げ て み た い 」 
忍「人を殺してみたいです~」アリス「へ?」
【きんモザ】アリス「大宮忍腹黒説」 
【だがしかしSS】ココノツ「おもちゃ花火」