転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1520955251/

1 : ◆TOYOUsnVr. 2018/03/14(水) 00:34:11.86 ID:bsBodHjT0

凛「それで、何? 渡すものって」

P「ここだと問題があるから、第二会議室まで来て」

凛「……なんか緊張してる?」

P「してる」

凛「まぁいいや。私は第二会議室に行けばいいんだよね」

P「そう」

凛「プロデューサーは?」

P「あとで行く」

凛「ん。じゃあ、あとで」






2 : ◆TOYOUsnVr. 2018/03/14(水) 00:34:42.63 ID:bsBodHjT0



P「……………………」

P「……………………」

P「……………………」

P「いや、無理無理、手作り渡すなんてやっぱ無理。今からなんか適当なもん買った方がいい気がする」

ちひろ「……何してるんですか」

P「あ、千川さん。奇遇ですね」

ちひろ「奇遇も何も隣のデスクですよね」

P「はい……」

ちひろ「何うじうじしてるんですか。凛ちゃん待ってますよ?」

P「いや、だって……」

ちひろ「何のために私が協力したと思ってるんですか?」

P「それは……まぁ、その……たいへんお世話になりまして……」

ちひろ「そもそも、ホワイトデーに手作りのお返しがしたいって言い出したの、プロデューサーさんですよね」

P「はい…………」




3 : ◆TOYOUsnVr. 2018/03/14(水) 00:36:31.85 ID:bsBodHjT0

○ 

ちひろ「それを何なんですか。今になって」 

P「だって、冷静に考えてみてくださいよ」 

ちひろ「?」 

P「俺のお返し、チョコクッキーですよ、こねて作った薄いやつ」 

ちひろ「チョコクッキー、いいじゃないですか。あんなに頑張って作ったんですし」 

P「いや、凛がバレンタインにくれたものと比較したら、こう、めちゃくちゃしょぼいことに気が付いてしまったんですよね」 

ちひろ「ちなみに、凛ちゃんは何をくれたんですか?」 

P「ちょっと待ってくださいね。写メあるんで…………ほら、これです」 

ちひろ「え、これフラワーボックスですよね? もしかしてチョコレートで?」 

P「そう。チョコレートをお花に見立てて、フラワーボックス作ってくれたんですよ」 

ちひろ「これは……その、すごいですね。っていうか、凛ちゃんこんなに料理上手だったんですか」 

P「ええ。すごい謙遜するんで、あんまり人には見せたがらないんですけど」 

ちひろ「凛ちゃんならでは、って感じですね。アレンジメントの技術との組み合わせで」 

P「ですよね。味もめちゃくちゃおいしくて……って本題はそこではなく……」 

ちひろ「あー……。まぁ、確かにプロデューサーさんの言わんとしていることは理解しました」 

P「ほらー。やっぱ、高級なお菓子とか買ってきた方がいいですってこれ」 

ちひろ「いえ、でもこういうのって値段じゃないと思います」 

P「そうは言っても……」 

ちひろ「高級なお菓子なんて誰でも凛ちゃんにあげられますけど、そのチョコクッキーは他でもないプロデューサーさんだけが凛ちゃんに渡せるんですよ?」 

P「……」 

ちひろ「ほら、凛ちゃんをいつまで待たせるつもりですか」 

P「そう、ですね。……じゃあ、行ってきます」 

ちひろ「はい、頑張ってくださいね!」 

P「あ、そうだ。千川さんにも」 

ちひろ「? はい」 

P「これ、いろいろと協力していただいたお礼も兼ねて、ホワイトデーのお返しです」 

ちひろ「チョコクッキーですか?」 

P「スコーンです」 

ちひろ「スコーンですか」 

P「では」 

ちひろ「はい! スコーン大事にいただきますね!」 



4 : ◆TOYOUsnVr. 2018/03/14(水) 00:37:08.16 ID:bsBodHjT0

○ 

凛「遅い……」 

凛「何してるんだろう」 

凛「ケータイ置いてきちゃったし、会議室だから暇を潰せるようなものなんてないし……」 

凛「……暇だなぁ」 



5 : ◆TOYOUsnVr. 2018/03/14(水) 00:37:35.73 ID:bsBodHjT0

○ 

凛「…………」 

凛「…………」 

凛「…………」 

P「……その、お待たせしました」 

凛「うん、待ったよ。すごく」 

P「ごめん」 



6 : ◆TOYOUsnVr. 2018/03/14(水) 00:39:16.76 ID:bsBodHjT0

○ 

凛「それで、わざわざ会議室なんて取ってまでして渡さなきゃいけないものって何?」 

P「これ」 

凛「かわいい箱とラッピングだけど……中身は?」 

P「こねて作った、薄いやつ」 

凛「? あ、もしかして」 

P「ホワイトデーのお返し。今年はちょっと趣向を変えて手作りにしてみたんだけど」 

凛「うん」 

P「でもやってみたら案外難しくて。それに、普段お菓子なんて作らないから」 

凛「うん」 

P「だからその、お世辞にも上手とは言えないかもしれないんだけど」 

凛「……ぷっ、あはは。そういうことだったんだ」 

P「え?」 

凛「珍しく緊張してるなぁ、って思ってて、不思議だったんだよね。……でも、そっか。手作りしてくれたんだ」 

P「無意識で凛がバレンタインにくれたものと比べちゃってさ、さっきまで渡すかどうかでうじうじしてた」 

凛「……あのさ、ちょっと恥ずかしいんだけど聞いてもらってもいいかな」 

P「?」 

凛「私にとっては覚えててくれるだけで、結構嬉しかったりするんだよね。喜んでもらえた、ってこと自体がお返しっていうか。そういうの、プロデューサーは結構身に覚えあるんじゃない? どこかのアイドルに衣装をプレゼントする機会とか、多いし」 

P「……それは、まぁ、うん」 

凛「だから、そういうこと」 

P「そう言ってもらえると嬉しいけど、やっぱちょっと考えずにはいられないなぁ」 

凛「はぁ、もう。……これ、開けていい?」 

P「え。今食べるの」 

凛「うん。もう私のだし、いいよね」 

P「はい、どうぞ」 



7 : ◆TOYOUsnVr. 2018/03/14(水) 00:39:48.34 ID:bsBodHjT0

○ 

凛「……うん。すごく美味しいよ」 

P「どういたしまして?」 

凛「なんで疑問形なの。それと、チョコクッキーだよね、これ」 

P「チョコレート、好きでしょって思って。安直だったかな」 

凛「ううん。嬉しいよ……ふふ、ほらこういうことなんだって」 

P「?」 

凛「これはプロデューサーが私の好みまで考えて、器材とか材料とか買い揃えてまで作ってくれたクッキーなんだよ」 

P「???」 

凛「……わかんないかな」 

P「んー。つまり?」 

凛「今まで食べた中で一番おいしいチョコクッキーってこと」 

P「あー……」 

凛「照れてる」 

P「そりゃあね」 



8 : ◆TOYOUsnVr. 2018/03/14(水) 00:40:14.65 ID:bsBodHjT0

○ 

凛「でも、ほんとにおいしいよ。これ」 

P「一応、渾身のこねて作った薄いやつです」 

凛「今度、一緒に何か作ってみる?」 

P「足手まといになるから俺はいいよ」 

凛「こんなおいしいのに。ほら、自分でも一枚食べてみたら?」 

P「……いや、普通じゃん」 

凛「この味がわからないなんて」 

P「作ったの俺なのに」 

凛「今度作り方教えてくれる?」 

P「この味はたぶん俺にしか出せないと思う」 

凛「すぐ調子に乗る」 

P「ごめん」 



おわり 



12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/14(水) 08:58:43.40 ID:HxO75/cgo

クールに嬉しさを表現するしぶりん最高だわ






他のおすすめSS
二宮飛鳥「鏡の中の惨めな奴隷」 
モバP「天の光は全て星」 
多田李衣菜「豚肉、ニラ、牡蠣、鰻、オクラ、油揚げ、鶏卵」 
伊吹「なんだよエスパーか!?」奏「えぇ、エスパーよ」 
フレデリカ「カーナビごっこ」 
モバP「"元"プロデューサー」 
柑奈「さななみかんな!」七海「にょろにょろ~」 
【モバマスSS】サメの話しましょう!! 
文香「机の下の物語」 
李衣菜「ふたなりーな 冬のロックンロール祭り!」