転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1521462393/

1: ◆YgxIRJldbVyL 2018/03/19(月) 21:26:33.03 ID:HKVqpMxi0

~~じゃんぐるちほー~~
 

ミナミコアリクイ「うーん…こうかなぁ…?」バッ
 
ミナミコアリクイ「手はグッと握って…」グッ
 
キングコブラ「……」
 
ミナミコアリクイ「もうちょっと…腕の角度をあげてみたり…?」ググ
 
キングコブラ「……」
 
ミナミコアリクイ「前のめり……いや逆に胸を張って!」グググ
 
キングコブラ「……」
 
ミナミコアリクイ「ターンなんかしちゃったり♪」クルンッ
 
キングコブラ「……」
 
ミナミコアリクイ「……ぇ?」
 
キングコブラ「…ターンの後はポーズとか決めたらいいんじゃないか?」
 
ミナミコアリクイ「な、なんだよー!あっち行ってよー!」カァァ





2: ◆YgxIRJldbVyL 2018/03/19(月) 21:29:24.71 ID:HKVqpMxi0

ミナミコアリクイ「いつからいたの…?」
 
キングコブラ「バンザイのあたりからだな。それが視覚に入って気になったんだ」
 
ミナミコアリクイ「ば、ばんざいじゃないよ!威嚇の練習だよ!」バッ
 
キングコブラ「威嚇の練習?」
 
ミナミコアリクイ「そう…あたしの威嚇全然怖くないらしいから…」グ
 
キングコブラ「踊ってるようにしか見えなかったが」
 
ミナミコアリクイ「あれは…途中から楽しくなっちゃって…」ググ
 
キングコブラ「なるほど…しかし練習でどうにかなるものなのか?」
 
ミナミコアリクイ「それは分からないけど、なにもしないよりはいいかなって」ググ
 
キングコブラ「まぁそうだな…そんなにお前の威嚇は怖くないのか?」
 
ミナミコアリクイ「むしろ可愛いって言われたことある…」グググ
 
キングコブラ「そこまで…一回やってみてくれないか?」
 
ミナミコアリクイ「さっきからずっとやってるよ!」ググググ
 
キングコブラ「えっ、それ!?」



3: ◆svacoLr1WE 2018/03/19(月) 21:30:55.88 ID:HKVqpMxi0

ミナミコアリクイ「まさか……威嚇と気づかれてなかったなんて…」ズーン
 
キングコブラ「すまん…で、でも可愛くていいと思うぞ!」
 
ミナミコアリクイ「だから可愛かったらダメなんだよーっ!」
 
キングコブラ「あ、そうか……」
 
ミナミコアリクイ「ぅぅ…どうすればこう威嚇っぽくなるんだろう……」
 
キングコブラ「誰かのを見て、それを参考にしてみるのはどうだ?」
 
ミナミコアリクイ「参考…?」
 
キングコブラ「あぁ。例えば私だと尻尾はとぐろを巻いて、こうやって睨むかな」ギロッ
 
ミナミコアリクイ「ヒッ!?」ゾクッ
 
キングコブラ「ま、こんな感じだ。どうだった?」
 
ミナミコアリクイ「こ、怖かった…さすがキングコブラだよ!」
 
キングコブラ「よせ、そんな大層なものじゃない」
 
ミナミコアリクイ「ううんすごかった!ゾクッってなったもん!ねぇコブラ、よかったらあたしに威嚇を教えて!」
 
キングコブラ「……(ピクッ)」
 
キングコブラ「いいだろう。私にまかせておけ」
 
ミナミコアリクイ「ほんと!?ありがとう!」
 
キングコブラ「ああ。まずはとぐろを巻くところから始めるぞ!」
 
ミナミコアリクイ「いや、とぐろは巻けないかな…」




4: ◆svacoLr1WE 2018/03/19(月) 21:31:53.01 ID:HKVqpMxi0

キングコブラ「ではもう一度アリクイの威嚇を見せてくれ」 

ミナミコアリクイ「はい!」バッ 

キングコブラ「……」ジロジロ 

ミナミコアリクイ「……」 

キングコブラ「ふむ…」ジロジロ 

ミナミコアリクイ(こうやってまじまじと見られるのは恥ずかしいなぁ…) 

キングコブラ「やはり威圧感が感じられないな」 

ミナミコアリクイ「いあつかん…それはどうすれば…?」 

キングコブラ「そうだな、さっきの私のように睨んでみろ」 

ミナミコアリクイ「わかった!」キッ 

キングコブラ「もっとだ!視線で倒す勢いで!」 

ミナミコアリクイ「こ、こう!?」ギンッ 

キングコブラ「……(ぅーん、やっぱり可愛いなぁ…)」 

ミナミコアリクイ「ど、どうかな?」グググ 

キングコブラ「なんというか…和む」 

ミナミコアリクイ「こっちは凄んでるのに!?」



5: ◆svacoLr1WE 2018/03/19(月) 21:32:42.12 ID:HKVqpMxi0

キングコブラ「うなり声をあげてみてはどうだ?」 

ミナミコアリクイ「うなり声?」 

キングコブラ「そうだ。なんなら吠えてみたりな」 

ミナミコアリクイ「なるほど、やってみる…」スゥ 
  

ミナミコアリクイ「が、がおーっ!」 
  

キングコブラ「全然怖くない…」 

ミナミコアリクイ「ぅぐっ…」 

キングコブラ「もっと腹のそこからだしてみろ」 

ミナミコアリクイ「でもうなり声なんてだした事ないよ…コブラのを手本にしてもいい?」 

キングコブラ「…すまない。私はもともと声がだせない動物だったんだ、だからうなり声とかは得意じゃないが…」 

ミナミコアリクイ「あ、そうなんだ。残念…」 

キングコブラ「あ”っ?」 

ミナミコアリクイ「ヒャ、ご、ごめんなさいっ」ビクゥ 

キングコブラ「こんな風にドスのきいた声ならだせる」 

ミナミコアリクイ「な、なんだ…びっくりしたぁ…」



6: ◆svacoLr1WE 2018/03/19(月) 21:33:35.52 ID:HKVqpMxi0

キングコブラ「ポーズを変えてみるのはどうだ?」 

ミナミコアリクイ「え、この威嚇の?」バッ 

キングコブラ「あぁ。そもそもなんでそんなポーズをとるんだ?」 

ミナミコアリクイ「これはね、両腕を広げて体を大きくみせてるんだよ」ググ 

キングコブラ「なるほど……ハッ!」ピコン 

キングコブラ「なら腕だけじゃなく両足も広げて、もっと大きくみせてみろ」 

ミナミコアリクイ「足も…こんな感じ?」バッ 

キングコブラ「横に開くとその分縦に小さく見えるな…つま先立ちでカバーできないか?」 

ミナミコアリクイ「えっと…つま先立ち…」グィ スッ 

キングコブラ「今腕が下がったぞ、腕は高さを維持しろ!」 

ミナミコアリクイ「う、うん!腕…つま先…」 

キングコブラ「すこし前のめりになってるな。胸を張ってもっと大きくみせるんだ」 

ミナミコアリクイ「うぐぐ…胸を張って…腕は上げて…そしてつま先…」 
  

-<ピキーンッ>ー 
  

ミナミコアリクイ「あsdhふぃあshdぎ!!??」 

キングコブラ「うおっ!?」 

ミナミコアリクイ(あ、足が…つった…) 

キングコブラ「いいぞ!今のうなり声凄くいい!私としたことが少し驚いてしまった!」 

ミナミコアリクイ「ぃ、ぃゃ…今のは…」ピクピク 

キングコブラ「もう一回やってみてくれ!胸を張って、腕を広げて足を…」 

ミナミコアリクイ「ま、まってー!(泣)」



7: ◆svacoLr1WE 2018/03/19(月) 21:34:22.95 ID:HKVqpMxi0

ミナミコアリクイ「はぁ…はぁ…」 

キングコブラ「すまない…大丈夫か?」 

ミナミコアリクイ「うん、大丈夫…威嚇って難しいなぁ…」 

キングコブラ「まったくだ。やはりここはとぐろを巻くしか…」 

ミナミコアリクイ「とぐろは違うと思…」 
  

ジャガー「……アリクイに、コブラ?」 
  

ミナミコアリクイ「わぁっ!?」 

キングコブラ「その声は、ジャガーか」 

ジャガー「変な声が聞こえたから来たんだけど…なにしてるの?」 

キングコブラ「アリクイの威嚇練習をしてたところだ。さっきのはその賜物だ」 

ジャガー「なんで威嚇の練習であんな声が…」 

ミナミコアリクイ「…///」カァァ 

キングコブラ「ちょうどいい。ジャガー、お前の声を参考にしたいんだが、吠え声やうなり声をあげてみてくれ」 

ジャガー「えぇっ?突然そんなこと…」 

キングコブラ「ダメか?」 

ミナミコアリクイ「お、お願い!」 

ジャガー「そ、そこまで言うならやってみるけど…この体になってやったことないから、うまくできないよ?」 

キングコブラ「あぁ、かまわない」 

ミナミコアリクイ「ありがとう!」 

ジャガー「それじゃあ…」スゥ 

キングコブラ「まて、どうせならアリクイと同じ威嚇ポーズを取ってやってみてくれ」 

ミナミコアリクイ「こうだよ!」バッ 

ジャガー「ポーズも!?」



8: ◆svacoLr1WE 2018/03/19(月) 21:34:56.57 ID:HKVqpMxi0

ジャガー「こ、このポーズは…なんかちょっと恥ずかしいぞ…」ググ 

ミナミコアリクイ(あたしのポーズってこんな感じなんだ…) 

キングコブラ「よし、その調子だ。そのまま唸り声をあげてみてくれ」 

ジャガー「う、うなり声…」スゥ 
  

ジャガー『グルル…』 
  
  
キングコブラ「……」 

ミナミコアリクイ「……」 

キングコブラ「…フフッ」プルプル 

ミナミコアリクイ「ウフ…フフフ…」プルプル 

ジャガー「えっ、なんで笑って!?」 

キングコブラ「す、すまない…そのポーズから本格的なうなり声がでるとちょっと…ククク…」 

ミナミコアリクイ「なんか…おかしくて…フフフ…」 

ジャガー「でも笑うなよなー///」カァァ 

キングコブラ「はぁ…はぁ…すまない。しかしうなり声は良かった。さすがはジャガーだ」 

ミナミコアリクイ「うんうん!食べられるかと思ったよ!」 

ジャガー「へへーん、まぁこんなもんよ」 

キングコブラ「アリクイ、ジャガーのうなり声参考にできそうか?」 

ミナミコアリクイ「うん!ちょっとやってみる!」 

ミナミコアリクイ(さっきのジャガーを思い出して……) 
  
  

ミナミコアリクイ「ぐるるっフフフ…」 

ジャガー「ちょ、ちょっと!?」 

ミナミコアリクイ「ご、ごめん、こっちの印象が強すぎて…フフフフ」 

キングコブラ「仕方ない、ジャガーもういっかい、」 

ジャガー「しないっ!」



9: ◆svacoLr1WE 2018/03/19(月) 21:35:30.61 ID:HKVqpMxi0

キングコブラ「しまった…せっかくのうなり声を台無しにしてしまった…」 

ミナミコアリクイ「怖かったのに…」 

ジャガー「いや、凄い笑ってたけど…」 

キングコブラ「ジャガー、他に怖い声をだせるような奴を知らないか?」 

ジャガー「うーん……あっ」 

ジャガー「怖い声というか、すごい声をだせる子なら知ってるよ」 

キングコブラ「すごい声?気になるな」 

ミナミコアリクイ「誰だろう」 

ジャガー「トキっていう子なんだけど、その姿からは想像もできないくらい大きな声をだすらしいんだ」 

キングコブラ「へぇ、そいつはどこにいるんだ?」 

ジャガー「この山の頂上だよ」ビシッ 

【山】 
  
キングコブラ「なっ!?」 

ミナミコアリクイ「ええ!?高いよ!」 

キングコブラ「クッ…地道に登れば…なんとかなるか…?」 

ミナミコアリクイ「登るのコブラ!?こんな高いのに!?」 

キングコブラ「一度受けた依頼は完遂する。アリクイ、お前からの依頼は絶対にやめたりしない」 

ミナミコアリクイ「コブラ…」 

ジャガー「登るなら、ちょうどいいのがあるけど」 

キングコブラ「あぁ、分かってる…ジャガー、頼む」 

ジャガー「いや、私じゃなくて…川専門だし…」



10: ◆svacoLr1WE 2018/03/19(月) 21:36:22.69 ID:HKVqpMxi0

~ 山の頂上 ~ 

キーコ キーコ キーコ… 
  

キングコブラ「ふぅ、ついた…ろーぷうぇいだっけ…?便利だなこれ」 

ミナミコアリクイ「ありがとうコブラ!疲れてない?」 

キングコブラ「これくらいお安い御用だ。まかせておけ」 

ミナミコアリクイ「頼りになるなぁ」 

キングコブラ「ジャガーの話だとあの建物にトキがいるらしい。いくぞ、足元に気をつぉあっ!?」ガクッ 

ミナミコアリクイ「コブラッ!?」 

キングコブラ「す、すまん…ちょっと力が抜けただけだ…」 

ミナミコアリクイ「そっか…立てそう?」 

キングコブラ「あぁ、大丈夫だ…」スクッ 

ミナミコアリクイ(足が震えてる…やっぱりここまでで疲れちゃったのかな…) 

ミナミコアリクイ「疲れてるでしょ?帰りはあたしにまかせて!」 

キングコブラ「いやまて、疲れてなんか」 

ミナミコアリクイ「足震えてるよ?あたしにさせて!お願い!」 

キングコブラ「…まぁ…そこまでいうなら…」 

ミナミコアリクイ「よし!帰りはゆっくり休んでね!」 

キングコブラ「あぁ…(力が抜けた理由が、”高くてちょっと怖かったから”なんて言えない…)」



11: ◆svacoLr1WE 2018/03/19(月) 21:37:20.68 ID:HKVqpMxi0

~ ジャパリカフェ ~ 

 カラン カラン… 

キングコブラ「失礼す 

アルパカ「ふわああぁ!コブラあぁ!?まってだよぉいらっしゃぁい!よぉこそぉ↑ジャパリカフェへ~!どうぞどうぞ!ゆっぐりしてってぇ!」 

キングコブラ「アルパカ!?」 

ミナミコアリクイ「え、アルパカ?」ヒョコ 

アルパカ「うええぇ!?アリクイまでぇ!うれしいなぁ!楽しいなぁ!さぁさ、こちらへこちらへ、今お茶淹れるから座ってまっててねえ↑」 

ミナミコアリクイ「あ、うん…」ストン 

キングコブラ「お、おう…」ストン 
  
  
アルパカ「ふっふ~ん♪」ガサゴソ 
  

ミナミコアリクイ「アルパカ…こんなところにいたんだ」 

キングコブラ「前にふもとで”カフェをやるから来てね”と言われたが…まさかこんな山の上とは…」 

ミナミコアリクイ「うん、あたしも言われたけど全然わからなかったよ…ところでおちゃってなんだろう?」 

キングコブラ「おちゃ……”入れる”って言ってたからなんか入れるものなんじゃないか?」 

ミナミコアリクイ「おちゃが入れるの?おちゃを入れるの?おちゃに入れるの?」 

キングコブラ「え?ま、まてっ、ややこしくなってきた…えとおちゃが…」 
  

アルパカ「おまたせぇ~↑はい、どぉぞーどーぞぉ!」コト コト 
  

キングコブラ「あ、ありがとう…(これが、おちゃ…か?)」 

ミナミコアリクイ「わっ、いい香り」 

アルパカ「でしょお!?これね紅茶っていうんだぁ!香りもいいし味もおいしいんだよお!ささ、ぐいっと召し上がってえ~」  

キングコブラ「なるほど、食べ物なのか。いただくとする…」スッ 
  

ガリッ 
  

キングコブラ「ぐっ!?結構硬いんだな…」 

アルパカ「あ~、それカップの部分だねぇ」



12: ◆svacoLr1WE 2018/03/19(月) 21:38:01.91 ID:HKVqpMxi0

ゴク… 
    ゴク… 

キングコブラ「ふぅ…体に染みるな…」 

ミナミコアリクイ「おいしい、こんなの初めて飲んだよ」 

アルパカ「気にいってもらえて良かったあ!それにふたりがきてくれて嬉しいなぁ!前言ったこと忘れてるのかとおもったよお」 

ミナミコアリクイ「ごめんね、場所がわからなくて」 

アルパカ「えぇ~?わかるように目印をカフェの近くにつくったのにぃ」 

キングコブラ「それふもとからじゃ見えないだろ…」 

アルパカ「まぁまぁゆっぐりしてってえ。おかわりもあるからねえ~」 

キングコブラ「あ、まてアルパカ。ここにトキって奴はいるか?」 

アルパカ「あ~トキねえ!うちの常連さん!毎日くるよぉ~」 

キングコブラ「そいつに会いにきたんだ。今日はいないのか?」キョロキョロ 

アルパカ「それがねぇさっき出てったよぉ」 

キングコブラ「なっ…」 

ミナミコアリクイ「ええ…」 

アルパカ「大丈夫大丈夫、1日4,5回はくるから」 

ミナミコアリクイ「そんなに!?」 

キングコブラ「もはや居たほうがいいんじゃ…」



13: ◆svacoLr1WE 2018/03/19(月) 21:38:53.31 ID:HKVqpMxi0

カラン… 
     カラン… 

トキ「ただいま」 

アルパカ「ありゃま、噂をすれば帰ってきたよお、おかえりぃ~」 

トキ「…?なにかあったの?」 

アルパカ「トキにお客さんだよぉ~」 

キングコブラ「キングコブラだ」 

ミナミコアリクイ「ミ、ミナミコアリクイだよ…」 

トキ「はじめまして。私はトキ」 

キングコブラ{こいつがトキ…普通…というかむしろ声は小さくないか?}ヒソヒソ 

ミナミコアリクイ{うーん、そうだね}ヒソヒソ 

トキ「私に会いにきたの?」 

キングコブラ「あぁ、声を聞きに来たんだ」 

トキ「え…”歌”を聞きにきた…?」 

キングコブラ「ん?」 

トキ「ムフッ。ということはあなた達、私のファンね?」 

ミナミコアリクイ「あれ…そうなの、かな?」 

キングコブラ「まぁファンでもなんでも、とりあえず声が聞きたいんだ」 

トキ「ムフフッ。いいわ、一曲披露するわ」 

アルパカ「あぁ、でももう喉が良くなるお茶はないよぉ?」 

トキ「大丈夫よ。お茶がなくてもファンの期待には応えなくちゃ。ほら皆座って」 

キングコブラ「あぁ」ストン 
ミナミコアリクイ「あ、うん」ストン 
アルパカ「あ、おかわり準備するねぇ~」トコトコ 

トキ「それでは一曲…」 
  
  

トキ『 わ"たぁ"し"は"ト"キ"----------



14: ◆svacoLr1WE 2018/03/19(月) 21:40:13.31 ID:HKVqpMxi0

~ かえりのロープウェイ ~ 

ミナミコアリクイ「すっごい声だった…」キーコ キーコ 

キングコブラ「あぁ…威嚇とかいうもんじゃなかったな…参考にはできそうか?」 

ミナミコアリクイ「うーん…だめかなぁ…耳もギンギンしてたし」キーコ キーコ 

キングコブラ「一曲どころか何曲も歌ってたもんな…」 

ミナミコアリクイ「うん、凄く楽しそうに歌ってたよねトキ」キーコ キーコ 

キングコブラ「あぁ…なんか途中からこっちまでハイになってしまった」 

ミナミコアリクイ「楽しかったね。。。コブラ、また行こうよ」キーコ キーコ 

キングコブラ「…この依頼が終わってからな」 

・・・・ 
・・・ 
・・ 

~ じゃんぐるちほー ~ 

ミナミコアリクイ「ぅぅ、辺りが暗くなってきてるぅ…」 

キングコブラ「くッ…今日中の完遂は無理か」 

ミナミコアリクイ「ご、ごめんね…1日中つき合わせちゃって…」 

キングコブラ「気にするな。そんなことより明日も威嚇の練習をするから今日はゆっくり休め」 

ミナミコアリクイ「うん!」 

キングコブラ「じゃあ今日はここで解散だ。完全に暗くなる前に帰るんだぞ」 

ミナミコアリクイ「わかった!」 

キングコブラ「またあしたな」 

ミナミコアリクイ「うん、またあし 

ビュウッ ガサガサ… 

ミナミコアリクイ「わあああっ!?」 

キングコブラ「ど、どうした!?」ビクッ 

ミナミコアリクイ「ご、ごめん…木の影がおばけに見えて…」 

キングコブラ「ったく、大丈………ッ!」 

キングコブラ「なるほど。アリクイ、まだ時間あるか?」 

ミナミコアリクイ「へ?」



15: ◆svacoLr1WE 2018/03/19(月) 21:41:05.29 ID:HKVqpMxi0

キングコブラ「ここにも枝と葉っぱを付けて…」 

ミナミコアリクイ「ぅー…なにこれ、動きにくいよ…」ガサガサ 

キングコブラ「こんなものか…どうだ?」 

ミナミコアリクイ「どうって…体にたくさん葉っぱと枝がくっついてるだけだよ?」ガサガサ 

キングコブラ「木のおばけをイメージしてみたんだが」 

ミナミコアリクイ「おばけに見える?」 

キングコブラ「見えない…」 

ミナミコアリクイ「ダメじゃんーッ!」 

キングコブラ「まぁまて、その状態でいつもの威嚇をしてみろ」 

ミナミコアリクイ「ぇぇ…はい」バッ 

キングコブラ「……うーん…」 

ミナミコアリクイ「もーっ!!」バサバサ 
  
  
エリマキトカゲ「ふぁあ……なんか騒がしいよ…こっちかな?」 
  

キングコブラ「あ、すまない。近くで寝ていたのか」 

エリマキトカゲ「コブラ…?と…」 

ミナミコアリクイ「ご、ごめんね…」バサッ 

エリマキトカゲ「ッッッ!!!?」 

キングコブラ「んじゃ今日はもう… 

エリマキトカゲ「わああああああっ!!おばけええええ!!!」 

キングコブラ「え?」 

ミナミコアリクイ「ふぇ?」 

エリマキトカゲ「にげろおおおおおお!!!」ピューッ



16: ◆svacoLr1WE 2018/03/19(月) 21:41:33.31 ID:HKVqpMxi0

キングコブラ「……」 

ミナミコアリクイ「……」 

キングコブラ(これは違うな…威嚇じゃない、驚かしているだけだ…エリマキトカゲにはあとで謝らないと…) 

キングコブラ「遅くまですまないなアリクイ、とりあえずその枝と葉っぱは外して…」 

ミナミコアリクイ「凄い!凄いよコブラ!!威嚇しちゃった!!」キャッキャ 

キングコブラ「…え?」 

ミナミコアリクイ「生まれて初めて威嚇しちゃった!やった!!」 

キングコブラ「まて…それはちょっと違」 

ミナミコアリクイ「さすがコブラだよ!コブラに頼んで良かった!!ありがとうっ!!」 

キングコブラ「…ま…まぁな…ざっとこんなもんだ…」 

ミナミコアリクイ「よーし!ここからあたしの威嚇がはじまるんだ!あ、枝をもっと角っぽく付けてみようかな?葉っぱは羽のように…」 

キングコブラ「……えと…私は帰るから、お前もちゃんと休めよ…」 

ミナミコアリクイ「うん!ありがとうコブラ!!またね」 

キングコブラ「あぁ…またな…」スタスタ 

ミナミコアリクイ「~~♪」 

キングコブラ(とんでもないのを生み出してしまった気がする…)スタスタ



17: ◆svacoLr1WE 2018/03/19(月) 21:43:36.42 ID:HKVqpMxi0

~ その後 ~ 

ミナミコアリクイ「枝をこうつければ…腕が長くみえるかな?」モゾモゾ 

キングコブラ「……」 

ミナミコアリクイ「あ、ここから分ければ腕がたくさんあるように見えるんじゃ」モゾモゾ 

キングコブラ「……おい」 

ミナミコアリクイ「わああっ!?」バッ ガサ 

キングコブラ「私だ」 

ミナミコアリクイ「コ、コブラかぁ…びっくりしたぁ…」 

キングコブラ「なにしてるんだ?」 

ミナミコアリクイ「えっとね、どんなふうに枝をつければいいかなって色々試していたとこだよっ」 

キングコブラ「ふーん…」 

ミナミコアリクイ「コブラは今日どうしたの?」 

キングコブラ「私は…ちょっと依頼があってな、それを完遂するためにきたんだ」 

ミナミコアリクイ「依頼?」 

キングコブラ「あぁ…最近このあたりでオバケの目撃がたくさんあってな…」 

ミナミコアリクイ「あれ…それってあたしかな?」 

キングコブラ「たぶんお前だ」 

ミナミコアリクイ「わぁ…ちょっとやりすぎたかな…もうちょっと控えめに…」 

キングコブラ「それでだ、私にオバケ退治の依頼がきたんだ」 

ミナミコアリクイ「……ぇ?」 

キングコブラ「元をたどれば私の責任だ…ここでしっかり退治しないと」シュルル 

ミナミコアリクイ「わっ…あ!尻尾が巻き付いて…ッ!?」 

キングコブラ「これから一緒に謝りにいくぞ。ついてこい」スタスタ 

ミナミコアリクイ「あ、ま、まって!自分で歩くから!離して!」ズルズル 

キングコブラ「やはりあの時…とぐろの巻き方を教えていればこんなことには…」ブツブツ 

ミナミコアリクイ「とぐろ関係ないーっ!離してぇ!ごめんなさぁ"ーい"!」 

・・・・・ 
・・・・ 
・・ 

りくえすと      おわり







他のおすすめSS
【けものフレンズ】キタキツネ「これって…げぇむの中!?」 
サーバル「新しい必殺技を会得するよ!」 
アライさん「自立するのだ」 
アライさん「フェネック!ゲームするのだ!」 
【けものフレンズ】はいきょとせいいき【第?話】 
アライさん「アラフェネねっちょりレズ本……?」 
サーバル「これはなに?」最上静香「うどん」 
かばん「サーバルちゃんの弱いところ」 
サーバル「かばんちゃんがセルリアンに襲われたー!?」【けものフレンズ】 
サーバル「かばんちゃん!」かばん「変な名前で呼ばないで」