転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1411261272/

1: ◆UDTNoqxspc 2014/09/21(日) 10:01:22.15 ID:VvPcKUjI0

どうも皆さんおはようございます。

SSを書くのは二作目となります。

祝メモリ増築、ということも含め投下させて頂きます。

まだまだ、文法や語句の用法の間違い等、至らない点は多々ありますが、温かい目でみて頂けますと有難いです。

また、私の書くキャラクターはキャラ崩壊も激しいとの声もありましたので、この作品ではなるべく気をつけて書いていふつもりではあります。

ですが、不快になられる方がいらっしゃるかもしれませんので、その際にはどう違うのかをご指摘して頂けると有難いです。

それでは次から投下していきます。





2: ◆UDTNoqxspc 2014/09/21(日) 10:07:19.73 ID:VvPcKUjI0

いろは「せんぱぁーい、人参食べて下さーい」

八幡「そんなのガキじゃねーんだから自分で食えアホ後輩」

奉仕部の依頼で知り合った後輩である一色が、勝手に俺のベストプレイスで食べるようになってから一ヶ月と半月程度が立った。

突然押しかけてきて、先輩一緒にお昼ご飯食べましょう、だなんてなにか企んでる様にしか思えなかったので、最初は屋上とかトイレとかあちこちへひたすら逃げていたのだ。

が、一色の脅し(あえて内容は言わないでおく)に負けてしまい諦めることにした。

なんでそんなに一緒に昼飯を食べようとするかな。

相手が俺じゃなかったら、思わせぶりな態度で勘違いして告白し振られる所までが1セットだな。

失恋のスペシャリストである俺だからこそ、勘違いせずなんとかなっている訳だ。



3: ◆UDTNoqxspc 2014/09/21(日) 10:11:51.73 ID:VvPcKUjI0

そんな事を考えながら、黙々と食事をしていると一色が話しかけてきた。

いろは「先輩なんか話振ってくださいよー」

八幡「は?ぼっちにそういうコミュニケーション能力求めんなよ」

いろは「はぁ...。これだから先輩はぼっちなんですよ。大体こんな可愛い後輩が、一緒にお昼ご飯を食べようって言ってるんですよ?普通喜んで会話を盛り上げようとする所なんじゃないですか?」

一色は、自信満々に胸をはって喋る。

八幡「自分で可愛いとか言っちゃうあたり、流石生徒会長様だな」

いろは「う、うるさいです!とーにーかーく、なんでも良いから話題作りしてくださいよ」

一色も俺みたいなぼっちに大分無茶振りしてくるな。

大体、なぜぼっちとまともにコミュニケーションを取ろうとするのかが理解出来ない。

他人とのコミュニケーションが取れない故のぼっちであって、コミュ力があってぼっちだなんて名乗るのは単に性格が悪いやつだ。

その点、逆説でコミュ力のないぼっちである俺は、聖人君子の様な性格をしていると言っても過言では無い、Q.E.D.証明終了。



4: ◆UDTNoqxspc 2014/09/21(日) 10:15:00.64 ID:VvPcKUjI0

いろは「また、一人脳内で気持ち悪い事考えてますよね?顔がにやけてますよ」

八幡「や、そんなわけ無いし、顔もにやけてないから」

俺、ってそんな表情に出やすいのか...?

どうりで漫画とか読んでると、周りから人がいなくなる訳だ。

一色はため息をつきながら、まだ喋りかけてくる。

いろは「で、なんか話題思いつきました?」

だーかーら、ぼっちにコミュニケーション(以下略)。

ま、そんなこと言っててもこいつは許してくれるわけないので、適当に話題を探すか。




5: ◆UDTNoqxspc 2014/09/21(日) 10:18:00.85 ID:VvPcKUjI0

八幡「じゃあ、お前最近部活どうなんだ?」 

いろは「ようやく出した話題がそれって...まぁいいですけど。生徒会も忙しいんで、毎日って訳じゃないですけどちゃんと部活には出てますよー」 

八幡「そうか」 

いろは「そこでそうか、しか返せないから先輩はぼっちなんですよ」 

余計なお世話だっての。 

俺は別に、リア充共みたいに延々と同じ様な話がしたいわけじゃないからな。 

多くのリア充は、ひたすら中身の無い会話を、あー分かるーとか私もそう思うーとか適当な言葉でを続けているが、俺はそんなことしたくないね。 

つーか、普通の会話をする相手ですら小町や戸塚と戸塚、さらに言えば戸塚とか以外ほぼいないに等しいけどな。 



6: ◆UDTNoqxspc 2014/09/21(日) 10:26:25.35 ID:VvPcKUjI0

しかし、仮にも振られた相手がいるのに、こいつは部活出てて気まずくないのか。 

なんて考えていると、一色がまるで俺の考えを読み取ったかのように喋り出した。 

いろは「あ、それと葉山先輩の事なら問題無いですよー。また後輩先輩同士仲良くしましょう、ってなりましたから」 

八幡「そりゃ良かったな。でも、ナチュラルに俺の心を読むのはやめような?」 

考えが読まれてるとか、もしかしてこいつはエスパーかなんかなのか、エスパー一色なのか? 

いろは「別に心を読んだわけじゃないですよ。なんとなく、先輩はこの事を気にかけてくれてるような気がしたんですよ。案外、そういう所の気配りは先輩の癖に出来ますし」 

なんだ、エスパー一色じゃなくて良かったわ。 

流石に、上半身裸で黒のパンスト重ね履きしてるシュールなこいつなんてみたくないしな。 

八幡「先輩の癖にって所は余計だっつーの。第一、俺ほど気配りが出来るやつはなかなか居ないぞ?中学の時の修学旅行なんかも、気を使って気配を消すどころか単独行動とるまであるね」 

いろは「それ、単純に一緒に行動取ったら嫌がられるからじゃないんですか...」 

一色はうわぁ、といった表情でドン引きしていた。 

八幡「うるせぇ、別に俺が好きでやってるんだからいいじゃねぇか」 

こんなアホみたいなやり取りを暫く続けていると、キーンコーンカーンコーンと気が抜ける様な予鈴がなる。



8: ◆UDTNoqxspc 2014/09/21(日) 10:28:14.52 ID:VvPcKUjI0

八幡「さて、教室へ戻るか」 

いろは「そうですね、戻りましょうか。先輩はきっと名残惜しいでしょうけどね」 

八幡「別にそんな訳あるか。むしろどっちかっつーと、お前がここに来ない方がせいせいするっての」 

いろは「全く先輩はまたそういうこと言っちゃって。本当捻デレなんですからー」 

誰だよ念デレなんて言葉教えたの...間違いなく小町だろうけど。 

いつの間にか小町と仲良くなってるとか、怖すぎるんだよこいつ。 

八幡「余計なお世話だアホ。じゃあな」 

いろは「はい、また明日」 

なんだか最近俺はぼっち力が下がった気がする。 

俺のぼっち力は、53万どころかスカウターがぶっ壊れるまであったはずなんだがな。 

そんな事を考えながら教室まで歩いていった。 

急がないと五限が始まるな。 



22: ◆UDTNoqxspc 2014/09/21(日) 22:29:08.75 ID:VvPcKUjI0

朝からの憂鬱な四限までの授業が終わり、ようやくお昼休みになったわけだが、いつも通りベストプレイスには一色がいた。 

いろは「せんぱーいっ!こんにちは!」 

八幡「おっす。しかし、お前本当あざといな。大体、よくも懲りずに毎日居るもんだよ」 

つい、挨拶とともに皮肉が出る。 

この程度、この仮面の生徒会長様にとってみれば対したことは無いだろうけど。 

いろは「そんなあざとくないですよー。それにお昼ご飯を、どこで食べても私の勝手じゃないですかー」 

八幡「はいはい、あざといあざとい」 

ある意味ここら辺までが、俺と一色のいつもの挨拶である。 



23: ◆UDTNoqxspc 2014/09/21(日) 22:30:28.04 ID:VvPcKUjI0

いろは「あれ、先輩珍しく今日はお弁当なんですね」 

一色の視線は、俺が手にぶら下げている、弁当箱に注がれていた。 

八幡「あぁ、なんかうちの母親が珍しく休みらしくてな。たまにはね、って言って作ってくれたんだよ」 

いろは「あー先輩のお母さん忙しいんでしたっけ?」 

八幡「まぁそうだな。俺が小さい頃から、親父と一緒に社畜ロードを歩んでるよ。養ってもらってるから文句は言えないがな」 

本当にうちの両親は毎日毎日よく働くよ。 

おかげ様で俺は専業主夫を目指したいと思う様になったぜ。 

専業主夫万歳! 

養ってもらうの万歳! 

アホな事を考えていると、一色が覗き込んできた。



24: ◆UDTNoqxspc 2014/09/21(日) 22:31:59.25 ID:VvPcKUjI0

いろは「ご両親が忙しいと、小さい時の先輩は寂しく無かったんですか?」 

八幡「ま、寂しくは無かったな。小町も居たから。遠足のお弁当とかも適当に買ってきたやつだったけど、そっちの方が美味しいし」 

いろは「美味しいとは言え、遠足行く時に買ってきたお弁当ってのは、友達に見られるとからかわれそうですね。あ、でも先輩はその心配ないから、関係無いんでしたごめんなさい」 

八幡「お前全部謝る気ないよね?」 

いろは「あはは、ばれちゃいました?」 

全く、あざとい事この上ない...。 

因みに、小町は何故かお弁当を作ってもらってたが、親父が作ってたのでそんな食べたいとは思わなかった。



25: ◆UDTNoqxspc 2014/09/21(日) 22:33:15.82 ID:VvPcKUjI0

いろは「でもそうなると、お母さん手作りのお弁当だなんて嬉しいんじゃないですか?」 

八幡「別に特段嬉しくはないな。あんまり馴染みが無いから、新鮮な感じはあるけどよ」 

そう言うと、一色はぶつぶつなにかいいながら考え事を始めた。 

いろは「そっか...お弁当作ってくるもありかな...うーんでも受け取ってくれるかな...いやなんとしてでも受け取らせなきゃ...そしたらまずは小町ちゃんにメールして...」 

なんかブツブツ言ってると、悪巧みしてそうで怖いなこいつ。



26: ◆UDTNoqxspc 2014/09/21(日) 22:36:09.92 ID:VvPcKUjI0

八幡「おい、考え事も良いが飯食わないと次の授業遅れんぞ」 

いろは「あっ、そうでした!生徒会長が授業遅刻じゃまずいですしねー」 

この後一色とくだらないやりとりをしながら、残りの昼休みの時間を過ごした。



35: ◆UDTNoqxspc 2014/09/22(月) 21:45:58.10 ID:FE4B1fLO0

土日休みも開けて、学生にとっての敵、月曜日を迎えていた。 

退屈な授業を四限まで受け昼飯を確保すべく、ベストプレイスに行く前に購買へ行こうとすると、教室を出た所で一色に道を塞がれた。 

八幡「一色、どうしたんだ?」 

いろは「先輩、今日はまっすぐあの場所へ行ってください」 

一色が俺だけに聞こえるように囁く。 

八幡「や、そしたら俺昼飯ないんだけど」 

そう言うと、一色は盛大な溜息をつき何時ものトーンで話しはじめる。 

いろは「察しが悪いですねー、本当。取り敢えず、いつもの場所へ行って下さい!」 

さっきまでひそひそ話で話していた意味はあったのかよ。 

とはいえ、ああ言われたら仕方ないのでベストプレイスに向かう。



36: ◆UDTNoqxspc 2014/09/22(月) 21:47:19.61 ID:FE4B1fLO0

自販機によってマッ缶ぐらい買っていって問題無いだろう。 

しかし、一色はどういつもりであんなこと言い出したんだ? 

俺がベストプレイスに着くと、既に一色は居た。 

いろは「先輩遅いですよ!なんで私より先に行ってたのに私が先に着くんですか!」 

プリプリと一色が怒っている。 

取り敢えず、言い訳しときますか。 

ま、普通に飲み物買ってただけだから言い訳もなにも無いが。 

八幡「俺はマッ缶買ってたんだよ。それとほれ、つい間違って買っちまったんだが飲むか?別に間違っただけだし要らないなら良いけどよ」 

そう言って一色にミルクティーを渡す。 

いろは「全く...先輩はこういうのがずるいんだから...しかも...私の好きなやつだし...」 

一色がにへら、となりながら小声でなにかぼそぼそ言っている。



37: ◆UDTNoqxspc 2014/09/22(月) 21:48:24.59 ID:FE4B1fLO0

八幡「おい、いらないのか?」 

いろは「いやいやいや、折角間違えて買ってしまったみたいですし、貰いますよ!ありがとうございます!」 

一色は一層にへらにへらとしながら受け取った。 

八幡「なんかお前日本語変だぞ、流石ゆるふわビッチだな」 

いろは「そんなことないですよー!それとゆるふわビッチとか関係ないじゃないですかー!」 

何故か、にへらにへらしてるのが収まっていないまま一色は叫ぶ。



38: ◆UDTNoqxspc 2014/09/22(月) 21:49:57.16 ID:FE4B1fLO0

八幡「一色、なんかお前にへらってしててちょっとキモいぞ」 

いろは「いや、キモいとか先輩が言わないでくださいよー。先輩の方が百倍キモいんで。キモ谷先輩ですから」 

一言言っただけでこの様だよ...。 

八幡「キモ谷とかお前は俺が中学二年の時のクラスメートか。大体、ちょっと声かけただけで、あんなあだ名付けられるとか俺どうやって生きていけばいいんだよ...」 

いろは「もう、先輩って人は勝手に自爆して凹まないでくださいよ...。折角お弁当作ってきたのにあげませんよ」 

一色は上目遣いでこちらを見てくる。



39: ◆UDTNoqxspc 2014/09/22(月) 21:51:23.08 ID:FE4B1fLO0

普段なら上目遣いであることにうわ、あざといあざとい、と言う所だが一色の言葉にびっくりして言葉がでなかった。 

今、お弁当作ってきたって言わなかったか? 

いやいや、ありえないだろあの一色いろはが俺に弁当作ってくるとか。 

もしかして、俺のこと好きなのなんじゃね? 

...そんなわけないな、クールになれ比企谷八幡! 

百歩譲っていたずらだろう。 

まぁ、取り敢えず一色に真意を確かめるのが一番か。



40: ◆UDTNoqxspc 2014/09/22(月) 21:53:43.91 ID:FE4B1fLO0

八幡「もしかして、昼飯買わなくていいって言ったのはお弁当作ってきてくれてたからか?」 

これで勘違いとかだったら笑えるな、今更黒歴史の一つや二つ怖くないけど。 

いろは「本当、先輩って鈍いですよねー。ま、そこが先輩らしいですし別にいいですけど。はい、先輩の分ですよ!」 

そう言って一色が、可愛らしい布に包まれたお弁当箱を手渡す。 

黒歴史自体は回避出来た様だ。 

が、この後の行動次第では黒歴史になる可能性は十二分にあるぞ。 

ここで弁当を貰ったからと勘違いするのは三流、多分好かれてないんだろうなと思うのは二流だ。 

きっと好きな男が出来た時用の練習台なんだな、という思考に辿り着けたらもう一流と呼んで申し分ないだろう。 

それなら俺みたいなのに弁当作ってくる理由も納得できるし。



41: ◆UDTNoqxspc 2014/09/22(月) 21:54:32.76 ID:FE4B1fLO0

八幡「なんつーか悪いな。ま、多分誰かまた好きな男が出来た時の予行練習なんだろうけど。俺は勘違いもしないし、味見役には最適だよな」 

そういうと一色は、はぁこいつなにも分かってねーぜ、みたいな顔をした。 

いろは「先輩がそういう人だってのは分かってましたけど...はぁ本当にこの人は...。そういうことにしときます。ま、先輩は練習台なんでちゃんと感想聞かせてくださいよ!」 

なんでこいつあからさまにトーンダウンしてるんだ。 

別にたいして気にしてない風だから良いけどさ。 

いつも通りの位置へ座り貰った弁当箱を開ける。 

二段に分かれている弁当箱の中には、綺麗に彩られた三色そぼろのご飯が一段、卵焼きや唐翌揚げ、ハンバーグなどのおかずが入ったものが一段だった。 

見た目は凄い綺麗だな。 

でも練習台ってことは、セ尻アみたいにゲロマズな可能性があるわけか...。 



42: ◆UDTNoqxspc 2014/09/22(月) 21:55:58.83 ID:FE4B1fLO0

だかそんな心配は杞憂に終わり、予想してたより遥かに美味かった。 

いろは「せ、先輩美味しいですか?」 

八幡「おう、悪くは...いや美味いぞ」 

素直に感想を言うのも少々気恥ずかしいが、練習台とはいえ折角作ってくれたんだし、せめて感想ぐらいはきちんと伝えるのが筋ってもんだろう。 

適当に濁したりしたら、小町にぶっ飛ばされそうだ。 

いろは「本当ですか!?良かったですー!」 

弁当箱を開けてから、ずっとこちらを不安げに見ていた一色が、小さくガッツポーズを作りながら叫ぶ。 

一人で喜びながら飯を食べる一色を余所目に、俺はすぐ食べ終わってしまった。 



43: ◆UDTNoqxspc 2014/09/22(月) 21:56:48.17 ID:FE4B1fLO0

八幡「一色、ご馳走さん。その、サンキューな」 

いろは「さっきも聞きましたけど、美味しかったですか?」 

やはり、まだ不安なのか一色が再確認してくる。 

練習台だしここはちゃんと答えなくちゃな。 

八幡「おう、えっと...美味かったぞ」 

いろは「先輩にそう言って貰えるなら作った甲斐ありました!」 

なんだか嬉しそうに一色は言った。 

いくら俺みたいな男でも、作ったものを褒めてもらえれば嬉しいのだろうか。



44: ◆UDTNoqxspc 2014/09/22(月) 21:58:45.84 ID:FE4B1fLO0

八幡「弁当箱は明日洗って返すわ」 

流石にこれ以上何かさせると後が怖いし。 

何かにつけて生徒会に借り出されそうだ。 

いろは「いや、先輩さえ良ければ明日も作ってくるんで良いですよー」 

八幡「いや、それは流石になぁ...」 

いろは「別に好きでやってるんで大丈夫ですよ。あ、でも好きとは言っても先輩のことじゃないですしまだちょっと無理なんでごめんなさい」 

八幡「いやなにも言ってないのに勝手に振るなよ...。それと、もうわざわざ練習台になる必要もないくらい、その、美味いから問題ないと思うが」 

いろは「な、なんか先輩がそんなに褒めてくれるなんて珍しいですね」 

一色がややどもりながら言った。 

八幡「ま、美味いもんは美味いしな。お前がお弁当屋だったら毎日買いにいくレベル」 

いろは「え、本当ですか!?」 

一色はやや興奮気味に近付いてきた。 

いやいや、なんでそんな近付いてくるんだよ、ドキドキしちゃうじゃん。 

八幡「お、おう本当だから取り敢えず落ち着け、な?」 

いろは「あ、ごめんなさいちょっと取り乱しました!」 

ハッとした様子で後ろに下がっていく。 



45: ◆UDTNoqxspc 2014/09/22(月) 22:00:05.51 ID:FE4B1fLO0

あぶねー、中学の時の俺だったら告白して振られてるわ。 

いや振られちゃうのかよ、当たり前だけど。 

いろは「あ、で、やっぱり明日からもお弁当作ってきますよ。毎日お弁当を二人分作るのを続けられるか、っていう練習にもなりますしー。もし、先輩が負い目を感じるなら今度なにかお願い聞いてくださいよ」 

落ち着いた一色は特有のゆるふわ口調に戻っていた。 

なにかお願い聞くぐらいであの弁当を食べられるなら悪くないか。 

どうせこれが無くても、こいつのお願いなんて聞く羽目になるんだしな。 

なぜか知れないけどこいつのお願いは断れないんだよな、断れないお願いの仕方をしてくる、ってのもあるけど。 

小町にやや似てる、ってのも断れない理由の一つか? 

あくまでも、ややってところがポイントだ。



46: ◆UDTNoqxspc 2014/09/22(月) 22:00:56.94 ID:FE4B1fLO0

八幡「分かった、じゃあ適当に考えとけ」 

いろは「ぜーったい忘れないでくださいよ!」



60: ◆UDTNoqxspc 2014/09/23(火) 16:23:47.91 ID:Km4teoCRO

八幡「へくしゅん!」 

いろは「先輩さっきからくしゃみ連発してますけど風邪ですか?」 

八幡「いや、アレルギー性鼻炎だ。この時期は花粉共の猛攻が激しくてな」 

いろは「あーご愁傷様です。アレルギー性鼻炎なら薬とかは飲まないんですか?」 

八幡「あんまり好きじゃないんだよ。苦々しいのは人生だけで十分だ」 

いろは「なにカッコイイこと風にお子様なこと言ってるんですか...」 



61: ◆UDTNoqxspc 2014/09/23(火) 16:25:38.16 ID:Km4teoCRO

八幡「流石にジョークだっての。単純に、薬は飲みすぎると効かなくなる恐れがあるらしい、って言われて以来症状が辛い時ぐらいしか飲まないんだよ」 

いろは「あ、じゃあ薬がダメならヨーグルトとかヤクルトとかどうですか?効くとか友達が言ってましたよ」 

八幡「両方共一年程試したが効かなかったな。因みに青汁は母親が試してたが、割と効果あったみたいだ。俺は苦いから飲まないけどな」 

いろは「先輩って本当お子様...」 

八幡「うるせぇ。まぁ、ヤクルトとか見たな不安定なもの以外で、薬に頼らない対処法はあるにはあるらしい。レーザー治療というやつがな」 

いろは「レーザー治療...?鼻を消し飛ばしたりするんですか?」



62: ◆UDTNoqxspc 2014/09/23(火) 16:26:07.18 ID:Km4teoCRO

八幡「そんなわけあるかっての。あくまで鼻の粘膜を焼くだけだ。ほれ、ネットで検索すると出てくるぞ。( http://www.makuhari-ent.com/operation-001.html )結構簡単&保険が効いて費用も割と安い、みたいだしなにより幕張だから近い」 

いろは「じゃあ、受けてくれば良いじゃないですかー」 

八幡「...親がそんなの面倒だから自分でなんとかしろって言ってるんだよ(痛くないとは言われても怖いっての)」 

いろは「レーザーが怖いのを隠そうとしても顔に出てますよー。本当先輩ビビりですね」 

八幡「ば、ばっかじゃねーのそんなわけじゃねぇし!」



63: ◆UDTNoqxspc 2014/09/23(火) 16:30:00.11 ID:Km4teoCRO

いろは「はいはい、そうですね。あ、そういえば生物の先生が花粉症の新薬が来年度の春から出るって言ってましたね」 

八幡「え、どんな薬だ?」 

いろは「んーと、あ、これですね( http://www.torii.co.jp/release/2014/140117_1.html )スギ花粉のエキスを飲むだけで症状が改善する、って先輩にはうってつけじゃないですか!」 

八幡「それが使える様になったら試してみるのもありか」 

いろは「それまでマスクでもしてれば良いんじゃないですか?」 

八幡「いや、それはちょっとな...」 

いろは「なんでマスクはダメなんですか?もしかして、不審者に間違われたりとかしました?」 

八幡「...」 

いろは「なんか真面目にごめんなさい」 



66: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/23(火) 22:23:27.14 ID:d+hOJ/YfO

鼻炎スレでしたか



67: ◆UDTNoqxspc 2014/09/23(火) 22:29:35.55 ID:sb3oj4kl0

次の日の昼、約束通り一色は弁当を作ってきてくれていた。 

昨日と同じく、かなり手の込んだ弁当で美味かった。 

八幡「ご馳走さん。えーっと...その今日も美味かった」 

いろは「はい、お粗末様でした。それは良かったです」 

一色はニコニコしながら、俺が差し出した弁当箱を受け取った。 

八幡「本当悪いな。なんか飲み物買ってくるけど何がいい?」 

いろは「じゃあ、お言葉に甘えてミルクティーでお願いします」 

八幡「本当、お前ミルクティー好きなんだな」 

この一言は、なんとなく言っただけだったんだがやぶ蛇だったらしい。



68: ◆UDTNoqxspc 2014/09/23(火) 22:30:14.87 ID:sb3oj4kl0

いろは「あ、やっぱり先輩私の好きな飲み物覚えててくれたんですね。この間も買ってきてくれましたし」 

八幡「こ、この間のは偶然だ」 

慌てて誤魔化す様に飲み物を買いに行く。 

よく考えたらそんな慌てなくても良かったはずだが、柄にもなくなんだがつい慌ててしまった。 

飲み物を買って戻ると、一色がウトウトしていた。 

ここで寝られても困るし目を覚まさせなきゃな。 



69: ◆UDTNoqxspc 2014/09/23(火) 22:33:13.34 ID:sb3oj4kl0

八幡「おい、一色飲み物買ってきたぞ。それと寝るならせめて教室行け」 

いろは「ふぇ?.........わ、私とした事がうっかりしてました!」 

ふぇってなんだよ、超絶あざといな。 

ウトウトしていただけなので、一色の意識が覚醒するまでにそんなに時間はかからなかった。 

寝ぼけ気味の一色に、買ってきたミルクティーを渡し、時間を確認すると昼休みが終わるまで20分ほどある。 

八幡「おい、眠いんなら教室で寝とけ」 

そう声を掛けると、一色が一人で何か考え込んでいて様子が変だ。 

八幡「どうしたお前?体調悪いのか 
」 

いろは「あ、ぜぜぜ全然そんなことないですよ!そ、それよりこないだのお願いの約束覚えてます?」 

八幡「覚えてるがなにか見つかったのか?」 

そう返すと、一色は十秒ほど躊躇ってからお願いの内容を言ってきた。 



70: ◆UDTNoqxspc 2014/09/23(火) 22:34:26.25 ID:sb3oj4kl0

いろは「あ、あのっ!私なんかすっごく眠くて、それでえっと、その...ひ、膝枕してもらえませんか!」 

八幡「は?」 

What? 

この子なに言っちゃってるの? 

八幡「いやあの、どういう意味だそれ?もしかしてドッキリとかそういうやつか?」 

いろは「ち、ちちち違いますよ!ただ、教室へ戻って寝るのもクラスメートに隙を見せるみたいで嫌ですし、ここならあんまり人が来ないですから!かといってアスファルトに直接寝るのも嫌だから、丁度横にいた先輩の膝かしてもらおうと思っただけですから、勘違いしないでくださいよ!」 

顔を真っ赤にしながら早口で捲し立ててきた。



71: ◆UDTNoqxspc 2014/09/23(火) 22:39:36.94 ID:sb3oj4kl0

八幡「わ、分かった分かった。弁当作ってもらってる訳だし、それくらいは構わないけどよ。でも誰かに見られたらどうすんだよ?」 

いろは「ここはあんまり人通りませんし大丈夫です!取り敢えず、単純に眠いだけですから本当に早くしてくださいよ!」 

八幡「お、おう」 

そう返事をしながら一色が寝やすい様に体制を整える。 

やばいやばい、勘違いはするなと言われてるとはいえ大分緊張するって! 

ぼっちの俺にはこんなやばいこと無理だっての!



72: ◆UDTNoqxspc 2014/09/23(火) 22:41:55.80 ID:sb3oj4kl0

いろは「じゃ、じゃあ先輩お膝失礼しますね」 

一色の頭が俺の膝の上に倒れこんでくる。 

なにこれ、なんか凄いいい匂いがしてやばい気がするぞ。 

そりゃ、小町にねだられて膝枕をしたことくらいならあるけどさ、でもまさか異性の後輩を膝枕することになるとは思わないじゃん? 

あとあと、気持ち悪かったんで責任取って下さいとか言われないかな大丈夫かな。 

余程一色は疲れていたのか、いつの間にか寝そうになっていた。 

そんな一色の表情を見ていると、つい小町にしていた様に頭を撫でてしまった。



73: ◆UDTNoqxspc 2014/09/23(火) 22:44:35.30 ID:sb3oj4kl0

八幡「す、すまん!小町にやってたからつい撫でちまった!」 

いろは「ふわぁ...。そのまま撫でて下さいよ先輩ー。なんか凄くよく眠れそうな気がしますー」 

一色がやや寝ぼけている感じで囁く。 

え、いいの許されるのか? 

もう仕方ないと覚悟を決めて、言われた通り撫で続ける。 

一色の寝息みたいなのが聞こえてきた。 

すぐ寝てしまったようだ。 

しかし、こいつの髪さらさらだな。 

ついもう必要ないとは分かっていても、無意識に頭を撫でてしまう。 

こうしているとだんだん意識がぼーっとしてきて...なんだか俺も眠くなって...きた...。 



75: ◆UDTNoqxspc 2014/09/23(火) 22:46:32.38 ID:sb3oj4kl0

.........ん? 

ふと目を開けると、目の前には一色の顔がある。 

そして、なんか滅茶苦茶肩とか膝とかが痛い。 

いやまておい...今何時だ!? 

慌てて時計を確認する。 

まずい、俺まで寝ちゃったせいで寝過ごしたな! 

八幡「おい、一色起きろ!」 

いろは「ふわぁ...。あれ先輩の顔なんで.........あ、待ってください今何時ですか!?」 

八幡「もう五限が終わるまで十分程度だ!」 

俺はともかく生徒会長の一色はまずいだろ...。 



76: ◆UDTNoqxspc 2014/09/23(火) 22:48:32.97 ID:sb3oj4kl0

いろは「あーもう!なんで先輩起こしてくれないんですか!」 

そりゃ怒りますよねー、俺だって逆なら怒るもん、こういう状況になることがまずあり得ないけど。 

八幡「いや、すまん俺もつい寝ちまった」 

これはやらかした感あるな、マジで。 

いろは「...はぁ、もう諦めましょう。眠くなった私も悪いですし。それより、もう五限は間に合わないみたいですし諦めて六限から行く方向で行きましょう」 

八幡「まぁ、途中から入るのも気まずいし丁度いいか」 

この後、二人で十分程度の他愛ない話をしてクラスへ戻った。 

因みに俺は殆どのクラスメートに、特に気にもされなかった。 

マイエンジェル戸塚たんに、どうしたの?と心配そうに尋ねられただけだったが、ぶっちゃけこれだけで俺は死ぬ程嬉しいね。 

翌日の昼に聞いた話だと一色は保健室へ行っていた、と上手く誤魔化せたみたいだ。 

戸塚との話をすると先輩気持ち悪いです、と普通にドン引きされたがな。 



84: ◆UDTNoqxspc 2014/09/24(水) 22:51:36.26 ID:oNBbOclGO

お昼寝事件があった日から二日後、俺はクラスの列の後ろで、体育館の床へ直接座っていた。 

そう、今日は三学期の生徒総会だっのだ。 

前々から一色を始めとする生徒会執行部がこの生徒総会に向けとある計画を進めていたようで、昼飯を食べている間愚痴を聞くことは多かった。 

とはいっても計画の内容は話せないみたいだったので、単純な愚痴ばかりだったが。 

本来なら愚痴を聞いているだけなんて耐えられないが、あいつが生徒会長になった責任の一端は俺にもあるので愚痴ぐらいは、と思い聞いていたのである。 

昨日の昼は準備が順調に終わっているのか、結構ご機嫌だったのを覚えている。



85: ◆UDTNoqxspc 2014/09/24(水) 22:53:11.88 ID:oNBbOclGO

が、しかし多くの場合物事はなかなか上手くいかないものである。 

現に今、生徒総会はやじや罵声が飛んでいる中、副会長が一人で質疑応答に答えている、いう酷いものになっている。 

何故こうなったのかを簡潔に説明すると、一色が進めていた計画というのは、生徒会組織(部活動や委員会)が現状活動しずらいものとなっており、生徒会則を変えることで活動しやすくする、といったものだった。 

しかし、執行部側の言葉が足らなかったのか、それとも生徒側の意識の低さなのか、或いは両方なのか原因はなんとも言えないが、執行部側の生徒会則変更案を理解出来ていないであろう生徒が、訳の分からないことを言い出した。 

それに便乗して一部の生徒が空気を煽り、全体の空気が完全に執行部が悪いというものになっていた。 



86: ◆UDTNoqxspc 2014/09/24(水) 22:59:55.37 ID:oNBbOclGO

なにかしたい気持ちはあったが、自分に出来る策がなにも思い浮かばなかった。 

いつもの俺のやり方で解決する問題じゃない。 

なんで俺はあんなやり方しか知らないんだ。 

八幡「くそっ、肝心な時に俺は...」 

下手にでていっても揉め事を大きくするだけだ、と思いひたすら我慢していた。 

俺が歯痒い思いをしている中、二年の中から大きな声で話しはじめたやつらがいた。 

モブ1「結局、こんな揉めてるのなんて全部会長のせいだよな。一年なんかがでしゃばるからだろ」 

これに便乗していくつのかのグループが同じ様な事をわざと大きな声で話し始めた。 

副会長の横に立つ一色の様子を見ると、泣くのをひたすら堪えているだけだった。 

その瞬間、俺の堪忍袋の緒が切れた。 



87: ◆UDTNoqxspc 2014/09/24(水) 23:01:07.30 ID:oNBbOclGO

執行部の議長に見える様に立ちあがり、意見を前で述べたいという意識表示の為手を上げる。 

周りの生徒はざわつき、質疑応答用の演台にいた副会長は唖然としている。 

一色はもう泣いてしまいそうな表情でこちらを見た。 

議長から指名を貰って演台の前までスタスタと歩き、生徒側からは見えない様に一色の頭にポンと手を置く。 

八幡「よく頑張ったな、あとは任せろ」 

一色にしか聞こえない様に囁いた。 

さて、一色に上級生らしいとこ見せてやるか。 

演台のマイクの前へ立ち、大きく息を吸う。 

さぁ、ショータイムだ! 



89: ◆UDTNoqxspc 2014/09/24(水) 23:04:30.30 ID:oNBbOclGO

八幡「なぁお前ら、こんな事してて楽しいか?」 

俺が話を始めると会場が一気に静かになった。 

良かった、これなら話をしやすいな。 

八幡「てめぇらがやってるのは単なる弱い者イジメだぞ。気がついてるか?執行部が立場があって何も言えないのに良い事に好き勝手言いやがって。第一、執行部側の意見を理解出来てんのか?おい、お前に聞いてんだよ。そこのお前にだよ」 

そう言って、先程一色の批判を大声でしていた生徒を見る。 

モブ「いやあの、えっと...」 

八幡「小声で何か言っても聞こえねぇんだよ。もっと大きな声で言えよ。大声だせねぇなら首を縦か横に振れ」 

モブは首を横に振る。 

八幡「そうか。じゃあ、さっきまでやじ飛ばしてた連中に聞くけどてめぇらは理解出来てんのか?ちゃんと理解した上で批判してんだろうな?」 

そう言うと更に体育館の中の空気が一気に重くなる。



90: ◆UDTNoqxspc 2014/09/24(水) 23:07:10.77 ID:oNBbOclGO

八幡「俺は、ここまで騒ぎが大きくなるまで止められなかった。だが、敢えて自分の事を棚上げにして言わせてもらおう。やじ飛ばしてる奴の、周りの連中はおかしいとは思わなかったのか?別に、今回の案生徒の不利益になるような事ではないよな?」 

八幡「結局、やじ飛ばしてやつなんて執行部に刃向かってる俺カッコイイ程度にしか思ってないんだろ。そんなクズは少し黙ってろよ。そして、執行部側の言ってる事を理解してから発言しろ。周りもなにが正しいのかぐらいてめぇで判断しろよ。言いたい事は以上だ」 

指輪の魔法使いみたいには格好良くいかないもんだな。 

俺自体ある意味魔法使い候補生みたいなもんだけど。 

しかし、滅茶苦茶緊張した。 

全校生徒の前で喋るとかぼっちの俺にはレベルが高いっての。 

だが、俺がでしゃばった意味が多少なりともあったのか、この後生徒総会は紛糾することもなく無事、生徒会案の承認を終わりを迎えた。 

一色も顔色は悪いものの、ちゃんと歩けていたので大丈夫だろうとは思う。 

だか翌日、この時に感情だけで動いた事を改めて後悔することになる。



106: ◆UDTNoqxspc 2014/09/25(木) 23:02:54.53 ID:q4xQYtgV0

生徒総会の次の日の朝、登校している最中に俺はチャリであるにも関わらず、総武校生がやたらにっち見てくる。 

ま、昨日は全校の前であんな啖呵きったんだ、当たり前の反応だ。 

が、ぼっちの俺には関係ないな。 

他人なんか気にする必要もない。 

だが、教室に入っても視線をやたら浴びるのは多少堪えるな。 

自分の席に座ると、戸塚がトテトテと寄ってきた。 



107: ◆UDTNoqxspc 2014/09/25(木) 23:04:22.14 ID:q4xQYtgV0

戸塚「八幡、昨日は格好良かったよ!僕、なんにも出来なくてごめんね...」 

八幡「いやいや、戸塚はいるだけで癒されるからそれで良いんだよ」 

戸塚「そ、それなら良いんだけど」 

あああああ戸塚可愛いいいいいなんで男なんだああああいっそ女にいいいいい。 

はっ、駄目だ真理の扉が見えた気がしたぞ今。 

朝から戸塚に話しかけてもらえるというラッキーなイベントはあったが、いつも通り授業を受け気が付くと四限が終わった。 

正直、一色の事が多少気掛かりだったのでいつもより急ぎ気味で、ベストプレイスへ向かう。



108: ◆UDTNoqxspc 2014/09/25(木) 23:05:09.65 ID:q4xQYtgV0

だが、いつもなら来るはずの一色が十分待っても来なかった。 

昨日の後処理をしていて忙しいのかもしれない。 

わざわざこちらから出向いて探す必要はないだろう。 

が、もしかしたら一色は俺の分の弁当を持っているかもしれない。 

折角作って貰ったのに、購買で済ましてしまうのも勿体無いな。 

だから、あくまで不本意であるが弁当の為に一色を探しに行くとしよう。 

別に一色の様子が気になっているからとかそう言うわけではない。



109: ◆UDTNoqxspc 2014/09/25(木) 23:06:11.58 ID:q4xQYtgV0

念の為、ベストプレイスで五分程待ってから生徒会室へ向かった。 

だが、生徒会室は空だった。 

では、恐らく教室で食べているのだろう。 

もしかしたら、昨日の事もあって俺と食べるのが面倒になったのかもしれない。 

それならわざわざあいつの所へ必要も無いだろう、そう判断してベストプレイスへ戻る。 

しかし、なんだろう胸騒ぎがする。 

そして、その予感は的中していた。 



110: ◆UDTNoqxspc 2014/09/25(木) 23:07:24.26 ID:q4xQYtgV0

葉山&戸部「「ヒキタニ!」」 

ベストプレイスで座ってぼーっとしていたら、後ろから息を切らした葉山と戸部がやってきた。 

八幡「そんなに息を切らしてどうしたんだ、お前ら」 

少し呼吸を整えてから葉山が喋り出す。 

葉山「時間がない。簡潔に用件だけ言おう。いろはがクラスメートと君の事で喧嘩した」 

戸部「それで教室を飛び出ていっちまったんだと」 

八幡「...ッ!」 

まさか、そんなことになるとはな。 

俺としたことがうっかりしてたな。 




111: ◆UDTNoqxspc 2014/09/25(木) 23:08:50.52 ID:q4xQYtgV0

二ヶ月以上一緒に飯を食べてるんだ、幾ら人目に付かないベストプレイスとは言えど噂にはなるか。 

更に昨日のアレで、なにか言い掛かりでも付けられて文句を言われたってところかな。 

噂話が回ってくる友人がいないから、完全にその可能性を失念していた。 

葉山「昨日何も出来なかった俺たちが言うのも筋違いかもしれない。だが、いろはを任せられるのは君しかいない!頼む、どうかあいつを助けてやってくれ!」 

助ける、ねぇ。 

こんな俺に何が出来るんだか。



112: ◆UDTNoqxspc 2014/09/25(木) 23:09:48.82 ID:q4xQYtgV0

八幡「期待して貰ってるとこ悪いが俺が行っても何の役にも立たねーよ」 

戸部「いんや、そんなことねーべ。寧ろ、ヒキタニ君じゃないと駄目だ」 

戸部がそう言うと葉山も力強い声で語り始めた。 

葉山「あいつはきっと皮を被り続けて生きてきた。けど、君はその皮をぶち破って接してきた。あいつの、一色いろはの一番近くにいられるのはお前しかいないんだよ、比企谷!」 

白馬の王子様なんて葉山の方がよっぽど似合うっての。



113: ◆UDTNoqxspc 2014/09/25(木) 23:12:58.94 ID:q4xQYtgV0

八幡「俺が行った所で余計面倒起こすだけだよ...」 

そう言った時、戸部がやや格好つけた喋り方で語りかける。 

戸部「全く、ヒキタニはしゃーないやつだべ。そんなに動きたくないなら動く理由でも作るしかねーな。いろはすが教室を飛び出たのはヒキタニのせいだべ?なら責任取るべきだろ、ヒキタニ!」 

戸部、お前ってやつは本当いい奴なのかもしれないな。 

結局、俺の自己満足になるかもしれないし、一色に余計な負担をかけることになるかもしれない。 

でも、もし一色に対して俺に出来ることがあるならやるべきなのかもしれない。 



122: ◆UDTNoqxspc 2014/09/26(金) 22:51:59.51 ID:zBAdAbyj0

八幡「...そう言われたら俺はあいつの所に行くしかないな。あいつがどこにいるかは分かるか?」 

葉山「恐らく、サッカー部の部室だ。昼休みは誰も使わないからな」 

八幡「そうか、その悪いな二人とも」 

そう言ってから、俺はサッカー部の部室がある部室棟へ駆け出す。 

葉山「頑張ってこい、比企谷」 

葉山がなんかボソッと言っていたが気にしてもいられない。 



123: ◆UDTNoqxspc 2014/09/26(金) 22:54:10.66 ID:zBAdAbyj0

そして、サッカー部の部室へ辿り着き、勢い良く扉を開けた。 

いろは「誰...ですか?」 

微かに震える声で一色は問いかける。 

八幡「俺だ。比企谷八幡だ」 

いろは「あーあ、一番会いたくない人が来ちゃいましたねー」 

一色は物が乱雑に積まれている部室の奥にある椅子に腰掛けていた。 



125: ◆UDTNoqxspc 2014/09/26(金) 23:06:39.75 ID:zBAdAbyj0

八幡「こんなとこで何してんだよ」 

一色は座っていた椅子から立ちあがりながら喋り始めた。 

いろは「いやーちょっと教室にいると居心地悪くてー」 

軽い調子で一色は言う。 

八幡「まぁ、事情は葉山達から聞いた」 

いろは「あー...もしかして先輩責任感じてます?いや別に私が教室を出たのは自分の不甲斐なさを感じたからですよ」 

八幡「でも、俺も関わってるんだろ」 

いろは「いや...その揉めた相手に先輩の事悪く言われて...それで...ぐすっ...うわあああああああん」 

一色はついに泣き始めてしまった。 

気の抜けた授業開始のチャイムがなっているが、今日は許してもらおう。 

どうせ、俺は気にも止められないんだし関係無いかもしれないが。 



126: ◆UDTNoqxspc 2014/09/26(金) 23:13:33.99 ID:zBAdAbyj0

泣かれても、対処出来るわけじゃないので泣き止むまで待つか。 

十分ほどずっと一色は泣いていたが、だんだん落ち着いてきた。 

八幡「落ち着いたか?」 

いろは「先輩、取り乱してしまいましてすみません」 

そう言って笑みを浮かべた。 

一色「なんか、泣いてるのを見られたとか恥ずかしいですね。誰にも話さないでくださいよ、先輩」 

八幡「あぁ、気にすんな。どうせ、俺には話をする相手も居ないしな」 

一色は俺の言葉にクスッと笑った。 

いろは「そうですね、天涯孤独のぼっちですもんね」 

八幡「いや、別に俺にはほら...戸塚とか戸塚とか戸塚とか小町がいるし」 

いろは「それほぼ、戸塚先輩オンリーじゃないですかそれ...」 

凄まじくドン引きされた。 



127: ◆UDTNoqxspc 2014/09/26(金) 23:15:20.07 ID:zBAdAbyj0

八幡「そんなことよりさ、お前さえ良ければ少し話をしないか?どうせ五限も始まっちまったし」 

いろは「先輩からそんなこと言うなんて珍しいですね...。でも、私も先輩とお話したいですし、是非お付き合いしますよ」 

八幡「ここじゃなんとなくあれだし、どうせならいつもの場所へ行かないか?」 

いろは「そうしましょうか」 

二人で並んでベストプレイスまで歩く。 

無言なのが微妙に気まずい。 

そして、ベストプレイスまで辿り着くと二人で腰掛けた。 

俺の用件はたった一つだけだ。 



128: ◆UDTNoqxspc 2014/09/26(金) 23:27:48.11 ID:zBAdAbyj0

八幡「なぁ、もうお前は俺に関わるな」 

一色はわけが分からない、という顔をしている。 

いろは「どういう意味ですか、先輩?」 

八幡「言葉通りの意味だっての。お前に関わられても困るんだよ」 

すまんな、葉山と戸部。 

お前らはなにか期待してたみたいだけど、俺にはやっぱり白馬の王子様なんての向いてねーよ。 

八幡「今まで一緒に昼飯食べてたのは、あんまりにもうるさいからだっての。食費浮くから貰ってただけだ。生徒会関連でもこき使われるなんてごめんだし、昨日あんなことしたのも気紛れだ。それに俺がお前みたいなのと一緒にいても面倒にまきこまれるだけだ」



129: ◆UDTNoqxspc 2014/09/26(金) 23:30:01.62 ID:zBAdAbyj0

これだけ言えば流石に一色も愛想を尽かすだろう。 

そう思い、一色の様子を見ようと下を向いていた顔を上げた。 

俺の予想では、一色が泣いたり、怒ったりしているかと思ってた。 



130: ◆UDTNoqxspc 2014/09/26(金) 23:31:18.88 ID:zBAdAbyj0

だが 


一色いろはは俺に向かって 


微笑みかけていた。 



131: ◆UDTNoqxspc 2014/09/26(金) 23:32:41.59 ID:zBAdAbyj0

目があったのが合図であるかの様に、微笑みかけたまま一色は口を開く。 

いろは「嘘だと分かっててもそんだけ言われると流石にキツイですよ、先輩。だーかーらー、私も容赦無しで言いたいこと言わせてもらいますね」 

そう言うと一色は手を上にあげた。 

パシン! 

上から振り下ろされた、一色の小さな手のひらが俺の頬を勢いよくはたく。 

いろは「私を舐めるのも大概にしてくださいよ、先輩。私がそんな弱い女に見えますか?私は先輩をずっと見てきたんです、どんな事を考えてるのかぐらい分かってます。先輩が優しいのも知ってます。だからこそ。敢えて言います!私は先輩に守られるだけの人間なんて嫌です!先輩が居ないなんて嫌です!一色いろはは、先輩の隣っていう本物が欲しいんです!」 



132: ◆UDTNoqxspc 2014/09/26(金) 23:33:10.03 ID:zBAdAbyj0




いろは「あなたが好きです、先輩!」 






133: ◆UDTNoqxspc 2014/09/26(金) 23:35:40.16 ID:zBAdAbyj0

いろは「葉山先輩に告白したのも私なりのケジメです。偽物の、形だけの気持ちであることに気づかされたんです。そして、柄にも無く真剣に、先輩の事を欲しいって思ってしまったんです」 

そこで一呼吸置いてから一色は続ける。 

いろは「それに、いくら罵倒されても涙を流しながらだと何も説得力がありませんよ」 

慌てて自分の頬を触る。 

久々に俺の頬はしっとりと濡れていた。 

この時気付いた。 

ああ、俺もこいつの事-



134: ◆UDTNoqxspc 2014/09/26(金) 23:37:54.39 ID:zBAdAbyj0

八幡「なぁ、一色。さっきは色々言って悪かった。忘れてくれ、とは言わん。けど、もう一回俺の話を聞いてくれるか?」 

一色はクスッと笑ってから、先輩は本当仕方ない人ですね、とでも言いたげにうなづいた。 

八幡「俺は恋愛なんてものはわからない。昔、恋愛だと信じてたものは単なる勘違いだったし、今でもそれはトラウマだ。今、この場でお前に言われたことも半信半疑だ。けど、俺は...」 

もしかしたらこれから先凄く苦労するだろうし、一色を傷付けるたろう。 

俺だって傷付く事はあるだろう。 

けど、後悔はしたくない。 



135: ◆UDTNoqxspc 2014/09/26(金) 23:43:03.06 ID:zBAdAbyj0

八幡「俺は、お前の事を信じたいと思った!」 

我ながら締まらない台詞だとは思う。 

けど、これが俺の精一杯だ。 

いろは「それは付き合ってくれる、ってことでいいんですか?」 

一色は泣きそうな、でも嬉しそうな表情をしながら俺に尋ねて来た。 

八幡「お、おう。その通りだ」 

いろは「ようやく...本物が手に入ります...」 

一色は笑いながら泣いていた。 

俺も泣いているかもしれない。 

けどそんなことより、今は凄く気分が良かった。 

八幡「なぁ、あざとい後輩」 

いろは「なんですか、臆病な先輩?」 

八幡「これからも宜しくな」 

いろは「こちらこそです、先輩!」 




136: ◆UDTNoqxspc 2014/09/26(金) 23:44:31.79 ID:zBAdAbyj0

八幡「後輩と」いろは「先輩と」八幡&いろは「「二人の空間」」 


EDpart1 完 



139: ◆UDTNoqxspc 2014/09/26(金) 23:49:25.68 ID:zBAdAbyj0

以上で一つ目のエンディングを迎えました。 

また明日から>>86からからの分岐を投下していきたいと思います。 

あとそれが終わったらいくつかいろはすと八幡の短編を書こうと思うので、なにか適当にネタを下さい。(エロ除く) 



149: ◆UDTNoqxspc 2014/09/27(土) 23:09:20.17 ID:oKPAr6mB0

>>86から 
なにかしたい気持ちはあったが、自分に出来る策がなにも思い浮かばなかった。 

いつもの俺のやり方で解決する問題じゃない。 

八幡「くそっ、肝心な時に俺は...」 

下手にでていっても揉め事を大きくするだけだ、と思いひたすら我慢していた。 

俺が歯痒い思いをしている中、二年の中から大きな声で話しはじめたやつらがいた。 



150: ◆UDTNoqxspc 2014/09/27(土) 23:10:05.35 ID:oKPAr6mB0

モブ1「結局、こんな揉めてるのなんて全部会長のせいだよな。一年なんかがでしゃばるからだろ」 

モブ2「私もそうだと思うー。なーんか生意気よね」 

これに便乗していくつかのグループが同じ様な事をわざと大きな声で話し始めた。 

副会長の横に立つ一色の様子を見ると、泣くのをひたすら堪えているだけだった。 

ふと、クラスの先頭の方にいた葉山と目が合う。 

葉山、お前に白馬の王子様役ってのはピッタリだよな。



151: ◆UDTNoqxspc 2014/09/27(土) 23:10:55.59 ID:oKPAr6mB0

雪ノ下と由比ヶ浜には怒られるかもしれんが、流石にこのまま放っておくと気分が悪い。 

俺は周りに気づかれる様に大きな音を立て、その場で立ち上がった。 

生徒の目が俺へと注がれる。 

由比ヶ浜がこちらに気付き泣きそうな顔になった。 

雪ノ下の表情は...ここからじゃ見えないか。 

さて、やることちゃっちゃとやりますかね。 

だが、俺が口を開く前に先に喋り始めた奴がいた。 



152: ◆UDTNoqxspc 2014/09/27(土) 23:11:56.27 ID:oKPAr6mB0

いろは「先輩!わざわざ先輩が傷付く必要は無いです!私の問題ですから、私に解決させてください!」 

そう叫び、一色はマイクを持った。 

いろは「皆さん、私の力不足で混乱させてしまい本当にごめんなさい。一年生でまだまだ足りない部分はあっても、私は生徒会長です。皆さんの不利益になる様な提案はしていないです。きっと認識の齟齬があるだけだと思うんです。ですから、もう一度だけ話を聞いてもらえませんか?」 

一色がそう言うと、拍手が起きた。 

話を聞くぞ、という意思表示だろうか。 

先程まで一色の事を悪く言っていた奴らは、バツの悪そうな顔をしていた。 

いつの間にか一色も強くなったんだな。



153: ◆UDTNoqxspc 2014/09/27(土) 23:14:19.40 ID:oKPAr6mB0

なんか生徒総会中に無駄に立ちあがっただけとか、めちゃくちゃはずい奴だよね。 

俺のことだけど。 

一色は執行部案をもう一度丁寧に話し始めた。 

今度こそきちんと理解してもらえた様で無事承認され、生徒総会は閉会となった。 

ま、良かったのかもしれん。 

教室へ皆が戻る中、俺は後ろから声をかけられた。 

いろは「先輩!」 

八幡「どうした?」 

いろは「放課後時間ありますか?お話したいことがあるんですよー」 

一色のやつそう言って仕事押し付ける気じゃないだろうな...。 

ま、今日ぐらいは手伝ってやっても良いか。



154: ◆UDTNoqxspc 2014/09/27(土) 23:15:34.50 ID:oKPAr6mB0

八幡「構わないぞ。それじゃあ、また後でな。あと...そのまぁお疲れさん」 

いろは「じゃあ、いつもの昼の場所でお願いします!」 

HRが終わりベストプレイスへと向かう。 

よく考えたらなんでベストプレイスなんだ? 

生徒会関係無くね? 

まぁ、行けば分かるか。 

俺がベストプレイスについてから五分後、一色は現れた。 



155: ◆UDTNoqxspc 2014/09/27(土) 23:16:03.46 ID:oKPAr6mB0

いろは「先輩、遅くなってすみません!」 

八幡「五分ぐらいしか待ってないし大丈夫だ。で、何の用なんだ?」 

そう言うと一色は黙り込んでしまった。 

こちとら由比ヶ浜の追求回避してまで来てるのに、人呼んでおいて何がしたいんだこいつ。 

八幡「おい、一色?」 

いろは「あ、すみません!」 

そういってから一色は一息つき、話じめた。 

いろは「先輩、昨日はありがとうございました」 

八幡「俺はなんもしてねーぞ。ただ、全校の前で恥かいただけだっての」 



156: ◆UDTNoqxspc 2014/09/27(土) 23:16:34.07 ID:oKPAr6mB0

いろは「いえ、先輩がいたからこそ私は勇気を振り絞れたんですよ」 

一色はまっすぐな瞳で言った。 

いろは「生徒総会だけじゃなくて、葉山先輩に告白したのもですよ?私は先輩に勇気を貰えたから、馬鹿みたいに恋をしてる振りをする私と決着を付けられたんです」 

八幡「い、いや別に俺がなんかしたわけじゃねぇだろ」 

ぶっちゃけ、こんな展開予想してなかったせいで激しく動揺している。 



157: ◆UDTNoqxspc 2014/09/27(土) 23:18:50.31 ID:oKPAr6mB0

いろは「いいえ、そんなことないですよ。でも、きっと先輩は優しいから誰でも助けてしまうんですよね。私はその優しさを独占したいとは言いません。でも、助けて貰った分私は先輩を支えたいです」 



いろは「先輩の隣にずっと居させてください」 



一色はそう言ってから抱きついて来た。 

いやいや、えっと告白みたいな台詞言われたんだけど、どうする俺! 

柔らかいしいい匂いするしヤバイって。 

あ、わかったドッキリかこれ。 

何処かで、戸部とかこいつの手下が録画してて俺を笑いものにする、的なやつだな。 

あーまんまと引っかかるとこだったわーマジあぶなかったわー。 

と、戸部みたいなノリで思考していると、一色が赤い顔で抱きついたまま上目遣いでこっちを見た。 



158: ◆UDTNoqxspc 2014/09/27(土) 23:19:18.50 ID:oKPAr6mB0

いろは「先輩、何か言ってくださいよー」 

八幡「え、えっと...上目遣いがあざといな」 

そう言うと、一色はため息をつきながら腕を離した。 

いろは「...はぁ。きっと先輩の事だからドッキリとかイタズラとか思われてるんでしょうねー」 

八幡「...違うのか?」 

いろは「やっぱ、先輩に遠回しな表現じゃダメですね」 

そう言って、一色は俺の首に首を回し... 



159: ◆UDTNoqxspc 2014/09/27(土) 23:20:43.92 ID:oKPAr6mB0




一色が唇が俺の唇に触れる。 










160: ◆UDTNoqxspc 2014/09/27(土) 23:21:17.61 ID:oKPAr6mB0

いろは「ファーストキスですよ、先輩」 

流石に、これの意味するところが分からない訳じゃないが...。 

いろは「で、先輩は返事はくれないんですか?」 

八幡「まぁ、そのなんだ。俺はお前の弁当は美味いと思うし、一緒にいるのも...苦じゃない。けど、付き合うとかそういうのはやっぱり無理だと思うぞ。俺はそもそもぼっちだかはいろは「で、先輩は私の事嫌いなんですか?」 

八幡「き、嫌いじゃないです」 

一色の迫力に思わずビビってしまった。 



161: ◆UDTNoqxspc 2014/09/27(土) 23:22:02.34 ID:oKPAr6mB0

いろは「じゃあ、良いじゃないですか。私と付き合ってくださいよ。先輩はもしかしたら、嫌われ者の俺と付き合ったら私に迷惑かかるとか考えてるのかもしれませんけど、私はそんなのに負けません。それに...先輩を裏切ったりしませんから」 

もう一度一色は俺の目をじっと見つめてきた。 

八幡「...俺は見ての通り目は腐ってるし、多少捻くれてる」 

いろは「ええ、多少じゃなくて相当捻くれてますね」 

一色は少し笑いながら言った。 

八幡「それにヘタレだ」 

いろは「十分理解してます」 

自分でも顔が赤くなっていくのが分かる。 

八幡「それでも良ければ俺とつきあってくれ」 

いろは「絶対離しませんからね!」 



162: ◆UDTNoqxspc 2014/09/27(土) 23:23:26.74 ID:oKPAr6mB0

八幡「後輩と」いろは「先輩と」八幡&いろは「「二人の空間」」 


EDpart2



163: ◆UDTNoqxspc 2014/09/27(土) 23:24:26.95 ID:oKPAr6mB0




165: ◆UDTNoqxspc 2014/09/27(土) 23:27:29.11 ID:oKPAr6mB0

以上で本編の方終了です。 

本当はふたりをいちゃいちゃさせるだけのつもりだったのに...。 


ネタを貰った短編の方は後日投下します 

あともしこのスレを見てくださっている方がいましたら、適当な単語書いてもらった安価を三つ拾っていろはすと八幡の短編を即興で書こうかと思います。 




166: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/27(土) 23:27:40.90 ID:q6Cf3zfDO

え?なんだって?



167: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/27(土) 23:37:58.79 ID:chH68I3l0

ウェディングドレス 



168: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/28(日) 00:02:50.24 ID:NNOOBVa0o

いろはす(みかん味)



169: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/28(日) 00:10:25.91 ID:G25jU32WO

痴話喧嘩



170: ◆UDTNoqxspc 2014/09/28(日) 00:26:22.69 ID:6Pmq70Q60

寝落ちしてました...すみません...笑 

ウェディングドレスは別のネタで使う予定なんで他の三つで行きます



171: ◆UDTNoqxspc 2014/09/28(日) 01:04:04.60 ID:6Pmq70Q60

いろは「先輩!いろは大好きって言ってください!」 

八幡「え、なんだって?」 

いろは「だーかーらー私にいろは大好きって言ってくださいよ!」 

八幡「え、いろはす大好き?」 

いろは「なんでそう言いながら、いろはすのみかん味がパッと先輩のポケットから出てくるんですか!」 

八幡「いや、親父が利根コカコーラボトリング(株)の優待株主だからな。なんかダンボールに入ったコカコーラの色んな飲み物が大量に送られてくるんだよ。」 

いろは「あ、だから大好きな彼女の名前と似てる飲み物を貰ってきた訳ですね!」 

八幡「え、なんだって?」 

いろは「」 

八幡「どうしたんだ、一色?」 

いろは「もう先輩なんか嫌いです!もう知りません!」 

八幡「すまんすまん、からかい過ぎた」 

いろは「ぜーったい許しませんよ!先輩が私の事いろはって呼んでくれない限り許しません!」 

八幡「いや、それは...な?」 

いろは「あ、先輩私の事下の名前で呼ぶの嫌なんですね!私の事嫌いなんですね!私だって先輩の事なんて......別にそうやって頭なでなでされても許してなんかあげ......あぅ」 

八幡「いろは、ごめんな」 

いろは「...じゃあお詫びに今日デート連れて行ってくださいよ?そしたら許します」 

八幡「人が多いから嫌なんだが...」 

いろは「全く、わがままな人ですね。じゃあ、先輩の家でお家デートでも良いですよ」 

八幡「あー小町いるけどいいか?」 

いろは「小町ちゃんなら構いません!」 

八幡「よし、じゃあ行くか」 

いろは「あ、あと先輩その...ゴニョゴニョ」 

八幡「ったく仕方ねーな、ほれ」チュ 



副会長「なんだあのバカップル...」 

書記「比企谷先輩が迎えに来たと思ったらなんかいちゃいちゃして帰りましたけど...」 

副会長「しかもその上、本人達は自分の影で上手く隠してるつもりなのかもしれないが、キスしてるの見えてるぞ...」 





172: ◆UDTNoqxspc 2014/09/28(日) 01:04:48.75 ID:6Pmq70Q60

超ショートですが私にはこれが限界でした。 




174: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/28(日) 03:26:00.68 ID:1znTRZh1O

いろはす嫉妬はすかわいいはす!



180: ◆UDTNoqxspc 2014/10/01(水) 07:13:15.80 ID:MAVo2l5a0

>>181-183指定で



181: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/01(水) 07:14:00.62 ID:5vu/fUMco

さきさき



182: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/01(水) 07:16:25.82 ID:pNCRMvvsO

水着でゆーわく



183: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/01(水) 07:25:42.72 ID:ECDbo3UjO

空回り



191: ◆UDTNoqxspc 2014/10/01(水) 16:58:10.10 ID:AlpGO2miO

《夏の水着で誘惑大作戦》 

小町「いろはさん!夏の水着で誘惑大作戦ですよ!」 

いろは「え?」 

小町ちゃんとお茶をしていたら、突然小町ちゃんが叫び出した。 

突然なにいってるんだろこの子。 

小町「いや、ほらお兄ちゃんヘタレだからまだキスぐらいしか出来てないと思うんですよ!だから水着で誘惑大作戦です!」 

小町ちゃんが年相応の胸を張りながら言った。 

小町ちゃん良い子なんだけど、時々先輩の悪影響受けてるのか突拍子もないこと言うんだよねー。 

あーでも確かに先輩ヘタレ...まぁ私を大事にしてくれてるんだろうけどね。 

ちょっとイタズラぐらいのつもりで小町ちゃんの提案に乗ってみてもいいかなぁ。 

ただ、一つ問題があるんだよね...。



192: ◆UDTNoqxspc 2014/10/01(水) 16:58:57.32 ID:AlpGO2miO

いろは「小町ちゃん、その提案は良いと思うけど今真冬だよ?」 

そう言うと小町ちゃんは待ってましたと言わんばかりチケットを二枚出した。 

小町「常夏の島!サマーランドのチケットがここに二枚あります!お兄ちゃんと二人で行ってきてください!」 

...前言撤回。 

先輩の妹とは思えない程準備が良いなー。 

まぁ、先輩は先輩で付き合い始めてから一ヶ月の日に、ネックレスくれたから準備が良いのかもしれない。 

でも、それも小町ちゃんが買えって言ったんだろうな、それでも嬉しいけどね。



193: ◆UDTNoqxspc 2014/10/01(水) 16:59:46.63 ID:AlpGO2miO

小町「いろはさん、大丈夫ですか?顔がデレデレですよー」 

小町ちゃんの顔がニヤニヤとしている。 

まー何時ものことなのでもう気にしないでおこうかな。 

小町「因みにネックレスは、お兄ちゃんが自分で買っただけだから私はなにもしてませんよー」 

いろは「えっ、なんで小町ちゃん分かったの!?」 

小町「そりゃそんだけネックレス見てニヤニヤしてれば分かりますよー」 

私の顔はもうデレデレしすぎて凄いことになってそうな気がするな。 

今度水着を買いに行かなきゃ。 



194: ◆UDTNoqxspc 2014/10/01(水) 17:00:38.46 ID:AlpGO2miO

さて、今日は待ちに待ったサマーランドの日! 

先輩を悩殺してやるんだから! 

...なーんて意気込んで更衣室の外へ出たら、先輩は綺麗な女の人と話をしていた訳ですよ。 

これはいろはちゃんおこですよ? 

なんとなく隠れて聞き耳を立ててちゃいました。



195: ◆UDTNoqxspc 2014/10/01(水) 17:01:19.30 ID:AlpGO2miO

八幡「なんでお前がいるんだよ、川...かわ...川島?」 

さきさき「あたしは川崎だよ!...ねぇ、それより水着変じゃない?」 

綺麗な女の人、もとい川崎先輩は、下手したら結衣先輩級の胸を寄せながら先輩に尋ねている。 

胸は普通の高校生ぐらいあるつもりだけど流石に結衣先輩級の人には勝てないよ...第一先輩は彼女と来てるってのになんで女の人と話すかなー...。 

悔しいけど、水着ならあの人の勝ちだよね...。 

うぅーなんだかもやもやする! 

八幡「さぁな」 

さきさき「」 

ぷっ、適当にあしらわれてますし! 

彼女の風格ってもの見せてやりますかね。 



196: ◆UDTNoqxspc 2014/10/01(水) 17:01:51.94 ID:AlpGO2miO

いろは「せーんぱいっ!どうですか私の水着似合いますか?」 

敢えて川崎先輩は無視して先輩に話かけます。 

因みに、私はオレンジ色のビキニに淡いグリーンのパレオを巻いてます。 

八幡「オレンジ色ってのはお前っぽくて良いんじゃないか?」 

女の人といるのがバレたのが気まずいのか、珍しくべた褒め(先輩にしては)されたけど、まだ許しませんからね。 

だけど、私だけ褒められたのが川崎先輩は気に入らなかったのか突っかかってきた。 



197: ◆UDTNoqxspc 2014/10/01(水) 17:02:21.11 ID:AlpGO2miO

さきさき「ねぇ、比企谷なんでこの娘あんたに話しかけてきたの?」 

いろは「八幡先輩の彼女の一色いろはでーす☆先輩と今日はデートなんですよー!」 

私は、わざとらしくぶりっ子しながら先輩の腕に抱きついてみる。 

八幡「おまっ、むむむ胸が...!」 

先輩は、小声で囁いてくるけど取り敢えず無視しようかな。 

他の女に靡いた罰です! 

さきさき「はっ、まさか比企谷に彼女が出来るわけないじゃない!ましてや生徒会長様なんてあり得ないね」 

八幡「いや、彼女だぞ?第一お前が話しかけてくる方が不自然だろ」 

胸が当たってるのを意識してるのか顔を真っ赤にしながら先輩は言った。



198: ◆UDTNoqxspc 2014/10/01(水) 17:02:52.97 ID:AlpGO2miO

えへへ、なんか堂々と言ってくれて嬉しいかもしれない。 

さきさき「......ッ!」 

悔しそうな顔をしながら川崎先輩は去って行った。 

川崎先輩が去ったのを確認してから、先輩はもぞもぞしながら言った。 

八幡「そろそろ、腕離してくれないか?その...胸が当たってるんだが...」 

いろは「当ててるんですよ、馬鹿先輩!先輩が反省するまて離しませーん!」 

たーっぷりこれから誘惑してちゃいますからね!



199: ◆UDTNoqxspc 2014/10/01(水) 17:04:58.34 ID:AlpGO2miO

夏の水着で誘惑大作戦 完 

よく考えたら夏関係ない...。 

あとおまけを二本程投下します



200: ◆UDTNoqxspc 2014/10/01(水) 17:05:31.28 ID:AlpGO2miO

おまけ1 
《川崎兄妹の努力》 

大志編 

大志「あの、小町さん!」 

小町「どうしたの大志くん?」 

大志「良ければこれ...」 

小町「(ん、二枚分のチケット?サマーランド?...あー誘われてるのかな?)」 

小町「もしかして、これくれるの?ありがとう!」 

大志「いや、あのえっと出来ればふt小町「あ、ごめんそういえば先生に呼び出しされてるんだよね。ありがと!じゃあねー!」 

小町「(ごめんね大志君これはお兄ちゃん達に使わせてもらうね。その代わり今度クッキーあげるから)」 

大志「...グスン」



201: ◆UDTNoqxspc 2014/10/01(水) 17:05:58.92 ID:AlpGO2miO


さきさき編 


朝 
さきさき「...」ジー 

八幡「...」スピー 

授業中 

さきさき「...」ジーー 

八幡「...?」 

お昼休み 
ベストプレイス 

いろは「ってことがあったんですよーって先輩聞いてます?」 

八幡「...ん、あぁ聞いてるぞ」 

いろは「なにかあったんですか?」 

八幡「いやなんでもないぞ」 

壁|・`)ジーーー 
↑さきさき 

放課後 

さきさき「...」ジーーーー 

由比ヶ浜「ヒッキー部活行こー?」 

八幡「なんでお前と行かなくちゃならないんだ。ちゃんと行くから先行け」 

さきさき「(はぁ...帰ろうやだもう)」 

(((((((/ ;_; )/ 
↑さきさき 

八幡「(あいつなんだったんだ?)」 



202: ◆UDTNoqxspc 2014/10/01(水) 17:06:31.61 ID:AlpGO2miO

川崎家 

さきさき「チケット渡せなかった...」ズーン 

大志「渡せたけど誘えなかった」ズーン 

さきさき「そもそもなんで比企谷は生徒会長の娘とお昼食べてるのよ...」 

大志「ねーちゃん...チケットまだあったっけ?」 

さきさき「...そうだね、まだチケットあるから、下の子達連れて皆でサマーランド行こうか...」 

大志「そうだね...」 

さきさき&大志「はぁ...」



203: ◆UDTNoqxspc 2014/10/01(水) 17:09:40.06 ID:AlpGO2miO

サマーランドで八幡と遭遇後 

さきさき「比企谷に彼女がいたなんて」グスッ.. 

大志「まじか...」 

さきさき「もう遊びまくってやるううううう大志行くぞおおおおおおおおお」 

おまけ1 完 




204: ◆UDTNoqxspc 2014/10/01(水) 17:10:40.75 ID:AlpGO2miO

おまけ2 
《しろはす編》 
シーン1ベストプレイスにて 

いろは「購買のヨーグルト美味しいですよねー」 

八幡「食べたことないから分からん」 

いろは「じゃあ、食べます?ほらあーん」 

八幡「や、別にそれはいいから!」 

いろは「えーそう言わずにー...あっ!」 

八幡「一色の胸元にヨーグルトが...」 



205: ◆UDTNoqxspc 2014/10/01(水) 17:11:15.71 ID:AlpGO2miO

大和「世界をかえさせておくれよ!」 

大岡「そしたら君とキスをしたい」 

大和「世界をかえさせておくれよ!」 

大岡「そしたら君と夢を歌う!」 

戸部「しろはす!」 

いろは&八幡「しろはす!」 






206: ◆UDTNoqxspc 2014/10/01(水) 17:11:44.68 ID:AlpGO2miO

シーン2サマーランドにて 

いろは「先輩、ソフトクリーム美味しいですね!やっぱバニラが好きです私」 

八幡「俺はチョコ派...ってお前ソフトクリーム落とすぞ!」 

いろは「きゃっ!」 

八幡「一色の胸元にソフトクリームが...」 



207: ◆UDTNoqxspc 2014/10/01(水) 17:12:20.49 ID:AlpGO2miO

大和「世界をかえさせておくれよ!」 

大岡「そしたら君とキスをしたい」 

大和「世界をかえさせておくれよ!」 

大岡「そしたら君と夢を歌う!」 

戸部「しろはす!」 

いろは&八幡「しろはす!」 






208: ◆UDTNoqxspc 2014/10/01(水) 17:13:07.72 ID:AlpGO2miO

シーン3ホテルにて 

いろは「せんふぁい、...きもひいいでふか?」ジュポジュポ 

八幡「あぁ、一色の口の中気持ちいいぞ...出るっ!」ドピュ 

いろは「ふぇっ」 

八幡「一色の胸元に精液が...」 



209: ◆UDTNoqxspc 2014/10/01(水) 17:13:39.53 ID:AlpGO2miO

大和「世界をかえさせておくれよ!」 

大岡「そしたら君とキスをしたい!」 

大和「世界をかえさせておくれよ!」 

大岡「そしたら君と夢を歌う!」 

戸部「しろはす!」 

いろは&八幡「しろはす!」 







210: ◆UDTNoqxspc 2014/10/01(水) 17:14:07.78 ID:AlpGO2miO

しろはす編 完



212: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/01(水) 17:22:05.27 ID:FOMx6MmjO

3つ目が台無しだよ!!!!!!!!! 
おつ



218: ◆UDTNoqxspc 2014/10/01(水) 21:51:49.72 ID:MAVo2l5a0

《奉仕部の日常》 

雪乃「こんにちわデレ谷君」 

八幡「うるせーよ!なんで俺が一色にデレデレみたいになってんだよ」 

雪乃「誰も一色さんに、とは言っていないわ」 

八幡「(ハメられた)」 

雪乃「でも、一色さんも変わった趣味してるわね。貴方の様な目の腐ったヘタレ男を選ぶだなんて」 

結衣「いろはちゃんは苦労するよねー」 

八幡「そんなもん知らんっての。ま、本人には言えないが一色は俺にデレデレだな。いっつも先輩先輩ーって所構わず抱きついてくるんだよ。その時滅茶苦茶いい匂いするし凄い困るんだよ。あと、やたら二人っきりの時とか甘えてくるしさ。それにさぁ...」 



219: ◆UDTNoqxspc 2014/10/01(水) 21:52:22.14 ID:MAVo2l5a0

雪乃「もう遠慮しておくわ(地雷を踏んでしまったようね...)」 

結衣「もうやめてくれないかな...本当お願いだから(あーもう嫌)」 

ガラガラ 

いろは「失礼します!先輩帰りましょー!」 

雪乃「いらっしゃい、一色さん(ノックとかもうどうでもいいから、早く帰ってくれないかしら)」 

結衣「やっはろーいろはちゃん!(ある意味救世主かも)」 

八幡「悪りい、一色。まだ部活終わってないないんだよ」 

雪乃「いえ、もう終わりしましょうか。今日はきっと相談する人がこないわ(じゃないとまた始まるわ)」 

結衣「そ、そうだよね!まさか来るわけないよ!(神様お願い、許して!)」



220: ◆UDTNoqxspc 2014/10/01(水) 21:53:25.34 ID:MAVo2l5a0

八幡「材木座あたりが来たらどうすr大岡「失礼します。奉仕部に依頼があってきたんだが大丈夫か?」 

雪乃&結衣「「」」 

八幡「ほら、言わんこっちゃねぇ」 

いろは「で、大岡さんはどのようなご依頼に?」 

八幡「いや、お前生徒会執行部であって奉仕部じゃないじゃん。いつもの事だし良いけどよ。ほら、一色は話聞くなら座れ」 

いろは「はーい」ストン 

大岡「(え、なんで一色さん普通にヒキタニ君の膝の上座ってんの?)」 

雪乃「始まってしまったわね(もう、見飽きたのよ)」ヒソヒソ 

結衣「やっちゃったねー(GOD is dead 神は死んだ)」ヒソヒソ 




221: ◆UDTNoqxspc 2014/10/01(水) 21:54:35.41 ID:MAVo2l5a0

雪乃「で、大岡君はどうしたのかしら?」 

大岡「いや、あの俺実は好きな娘が出来て...ちょっと、アドバイスを貰いたいなと(いやいや、おかしいってナチュラルになんでヒキタニ君が一色さん抱きしめながら頭撫でなてんの?)」 

いろは「では、告白するのにアドバイスが欲しい、ってことでいいんですかね?」ムギュー 

結衣「大岡君、もしかしてクラスメートとか?(今度はいろはちゃんのヒッキーの腕抱きしめ攻撃始まったよう...)」 

大岡「いや、駅前のカフェの店員さんなんだ」 

八幡「一目惚れって訳か」クンクンスーハー 

大岡「まぁ、そうだな(今度は一色さんの匂いを嗅ぎ始めただと!?)」 

いろは「それは大変そうですよね」クンクン 

結衣「確かに困難な道になるよねー(いろはちゃんまでこっそり匂い嗅ぎ始めたよもう)」 



222: ◆UDTNoqxspc 2014/10/01(水) 21:55:03.40 ID:MAVo2l5a0

雪乃「でも、なんとか活路を見つけたいわね」 

八幡「しかし、難しいよな」 

いろは「でも熱意が伝わればなんとかなるかも...」 

八幡「確かに熱意は大事だけどな...。そーいや、熱意で思い出したけど今日こそはスマブラ負けねーぞ」 

八幡「帰ったらスマブラやるか」 

いろは「今日こそ負けませんからねー」 

八幡「ばっか、俺のカービィは最強だぞ」 

バカップル以外「(遂に二人だけで会話始めた!?)」



223: ◆UDTNoqxspc 2014/10/01(水) 21:55:57.56 ID:MAVo2l5a0


大岡「なんかもう積極的になれば大丈夫な気がしてきた!ありがとうございました!(これ以上この空間いたら発狂する!)」 

ガラガラ...ピシャッ! 

結衣「...帰ろうかゆきのん」 

雪乃「...そうしましょう、由比ヶ浜さん」 



224: ◆UDTNoqxspc 2014/10/01(水) 21:57:44.69 ID:MAVo2l5a0

いろは「んー二人で録画したHEROの最終回見た後は、夜ご飯二人で作りましょうか」 

八幡「ハヤシライスとかどう...ってあれ?」 

いろは&八幡「「二人しかいない?」」 

奉仕部の日常 完



225: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/01(水) 22:00:39.36 ID:Zg5+rxoZO

うん。2人の空間だなこりゃw



226: ◆UDTNoqxspc 2014/10/01(水) 22:02:01.02 ID:MAVo2l5a0

以上です。 

ウェディングドレス使う奴はちょっとまだ時間かかりそう、というかなかなか書き進められないです...。 

というわけでまた安価募集して短編書きます。 

全体的な感想も添えて頂けると有難いです。 

>>228-230 
でいきます



228: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/01(水) 22:07:53.80 ID:MCwMelkDO

家でのんびりする 

…それ以上は期待していいのか?



229: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/01(水) 22:26:48.16 ID:ECDbo3UjO

ラッキースケベ



230: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/01(水) 22:34:12.81 ID:3VZ+KMbno

相合傘



238: ◆UDTNoqxspc 2014/10/02(木) 21:49:14.09 ID:RvQ76SD20

いろは「先輩ー傘忘れましたー」 

八幡「ほれ、そしたらこれ使え」 

いろは「あれ、先輩傘二つ持ってるんですか?」 

八幡「や、チャリ用の雨合羽だけどまぁ問題ないだろ」 

いろは「そしたら、相合傘しましょーよー」 

八幡「全然雨合羽で大丈夫なんで本当に」



239: ◆UDTNoqxspc 2014/10/02(木) 21:49:41.63 ID:RvQ76SD20


いろは「急にへりくだるとかどんだけ恥ずかしいんですか」プッ 

八幡「べ、別にそういうわけじゃないからな」 

いろは「どうせ行き先は一緒なんですからいいじゃないですか」 

八幡「ちょ、おま強引に傘の中に入れるなっての!」 

いろは「そんなことより今日は何しましょうかー」 

八幡「す、スマブラでもやるか(また胸当たってるっての)」 

いろは「スマブラこないだもやりましたよー?あと先輩もうちょい近付いてくれないと濡れますよ?」 

八幡「や、大丈夫だ」 

いろは「風邪引かれたら嫌ですからもっと近付いてくださいよ!」グイグイムギュー 



240: ◆UDTNoqxspc 2014/10/02(木) 21:52:48.15 ID:RvQ76SD20

八幡「(アカン)」 

八幡息子「シャバドゥビタッチヘンシーン!シャバドゥビタッチヘンシーン!フレイム!ヒー!ヒー!ヒーヒーヒー!」 
( )




いろは「先輩、なんか歩き方変じゃないですか?」 

八幡「いや、ちょっと体育で腰を痛めただけだ」 

いろは「っていうか凄く雨強くなってませんか?」 

八幡「ヤバいな。取り敢えず急いで家まで行くか」 



241: ◆UDTNoqxspc 2014/10/02(木) 21:54:05.49 ID:RvQ76SD20

比企谷家 

いろは「あーあ、傘差してたのに雨でびちょびちょなんですけど...」 

八幡「ほれ、一色シャワー浴びてこい。着替えは小町のジャージ用意しとくから」 

いろは「いや、でも先輩先に浴びてもらったほうが...」 

八幡「俺は大丈夫だ。第一、そのお前に風邪引かれる方がよっぽど困る」 

いろは「じゃあ、お言葉に甘えてお先失礼しますね。あ、でも下着どうしようかなー」 

八幡「...それはどうにかしてくれ自分で」 

いろは「なんとか頑張りますねー(今度こそ誘惑しちゃおー)」トテトテ 

八幡「さて、あいつもシャワー行ったことだし小町のジャージ借りておいとくか(あいつノーブラとかで出てきそうで怖いけど、なにもできないし仕方ない。決してノーブラなのを期待してるわけではないからな、マジで)」 



242: ◆UDTNoqxspc 2014/10/02(木) 21:54:31.94 ID:RvQ76SD20

八幡「暇だし、2ちゃんまとめでも...ん、メールきてるな、小町からか」 

小町『お兄ちゃん、ごめん雨強すぎて友達の家泊まってくる。あと、お父さんとお母さんも会社に泊まりだって!いろはさん連れ込んだら駄目だからね☆』 

八幡「まじかよ...あいつと二人っきりか。つーか、着替え持って行かなきゃ」



243: ◆UDTNoqxspc 2014/10/02(木) 21:55:24.10 ID:RvQ76SD20

お風呂場の前 

八幡「シャワーの音がする。入るなら今か」 

ガチャ 

キュ ガラガラ 

八幡「きg」 

いろは「せn」 

バタン 

ピシャ 



244: ◆UDTNoqxspc 2014/10/02(木) 21:56:16.19 ID:RvQ76SD20

八幡「(やらかしたああああああああああああああ)」 

いろは「(み、見られちゃった!!!)」 

八幡「すすすすまん!」 

いろは「い、いえ大丈夫ですよ!」 

八幡「取り敢えずドアの前に着替え置いて俺はリビングにいるわ!」 

いろは「ありがとうございます!」 

八幡「(あいつの裸綺麗だったな)」 

いろは「(先輩に襲われたりしないかなー、いつでもうぇるかむなんだけどはー)」 



245: ◆UDTNoqxspc 2014/10/02(木) 21:57:13.74 ID:RvQ76SD20

リビング 

八幡「(敢えてさっきの事は触れないで行こう。そして一色はノーブラの模様。正直やばい。しかも、結局小さくて俺のジャージに俺のTシャツきてるし)」 

いろは「先輩、なにしますー?(ノーブラなの分かってて意識してくれてるのかなぁ、ふふ)」 

八幡「んーじゃあ疲れたしテレビでも見ながらノンビリするか」 

いろは「はーい(と、ここで先輩の直ぐ横に座る)」 

八幡「ち、近くないか?」 



246: ◆UDTNoqxspc 2014/10/02(木) 21:58:13.57 ID:RvQ76SD20

いろは「このぐらい普通じゃないですかー。だって私達付き合ってるんですし」 

八幡「それもそうだな(余計意識するわ!)」 

いろは「ところで小町ちゃんは?」 

八幡「雨が凄くて帰れないらしいな」 

いろは「え、私もそれやばくないですか?(これはチャンス)」 

八幡「まー最悪泊まっていけ(俺の理性が持つかどうか)」 

いろは「無理そうだったらそうさせてもらいますね」 

八幡「おう」



247: ◆UDTNoqxspc 2014/10/02(木) 21:58:39.43 ID:RvQ76SD20

テレビ「ピーチクパーチクセヤカテクドウ」 

いろは「(なんだか眠くなってきたな...)」 

10分後 

八幡「一色?...人の肩にもたれ掛かって寝てるし」 

いろは「Zzzz...」 

八幡「俺も少し寝るか...」 

二時間後 

八幡「ふぁ...。ん...?」 

いろは「あ、先輩起きました?」 

八幡「(え、なんか気が付いたら膝枕されてて一色の顔が見えるんだけど)」



248: ◆UDTNoqxspc 2014/10/02(木) 21:59:14.26 ID:RvQ76SD20

いろは「気が付いたら先輩が肩にもたれ掛かって寝てたんで膝枕しちゃいました!」 

八幡「わりぃな足痺れなかったか?」 

いろは「えぇ、大丈夫ですよ」 

八幡「さて飯でも用意...ッ!?」 

いろは「ふぇ!?」 

八幡「(寝てたからかバランスを崩して、押し倒す様な体勢に!?)」 

いろは「(これはチャンスかもしれない!)」 

いろは「.....先輩は私の事好きですか?」 

八幡「おう、すす好きだぞ」 

いろは「...なら、先輩私の全部貰ってください!」 

八幡「もうどうなっても知らんぞ?」 

いろは「覚悟はしてます」 



249: ◆UDTNoqxspc 2014/10/02(木) 22:07:16.37 ID:RvQ76SD20



大岡「『キング・クリムゾン』!!我以外の全ての時間は消し飛ぶッ!!」 


短編《相合傘》 完



251: ◆UDTNoqxspc 2014/10/02(木) 22:11:36.64 ID:RvQ76SD20

因みに押し倒した時は 

こんなのから→jHtYMfR
 

こうなって→4GHbL8l
 

こう→csfsgfd
 



252: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/02(木) 22:22:18.13 ID:WmYFSi8qo

なんで最後がホモなんですねぇ・・・



258: ◆UDTNoqxspc 2014/10/03(金) 06:55:26.67 ID:USz9RGTZ0

レスありがとうございます。 

エロシーンは大岡以外認識出来ません 

そして今日の安価 


>>259-231



259: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/03(金) 06:56:29.11 ID:xjJMY/diO

混浴



260: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/03(金) 07:01:42.69 ID:cz5nseRAO

突撃



261: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/03(金) 07:41:24.36 ID:OPaPUBEJO

嫉妬



264: ◆UDTNoqxspc 2014/10/03(金) 09:15:22.18 ID:hu+MusnTO

ごめんなさい 
指定は>>259-261です 
では投下します



265: ◆UDTNoqxspc 2014/10/03(金) 09:19:34.54 ID:hu+MusnTO

《突撃!隣の混浴》 


いろは「いやーまさか混浴温泉だとは思いませんでしたよー」 

八幡「お前狙ってたろ...。まぁいいや、見た感じそんな客はいないだろうし普通に入るか」 

いろは「じゃあ、またあとでお会いしましょう!」 

八幡「絶対混浴はいかねぇ」 

いろは「のぼせるまで待ってますからね!」 

八幡「まー他に客が居なかったら行ってやるよ」 

いろは「二人きりで...ハッまさか!」 

八幡「アホか!」 

いろは「えーそういうことなんじゃ...」 

八幡「ゴム無いし無理だろ...」ボソッ 

いろは「え?なんですか?」 

八幡「うっせ、取り敢えず行くぞ」 

いろは「はーい!」 












266: ◆UDTNoqxspc 2014/10/03(金) 09:20:04.51 ID:hu+MusnTO

男湯脱衣所 

八幡「脱衣所を見る限り、他に客は全然いなさそうだな」 


ガラガラ 

大岡「混浴とか...フヒヒ」 

戸部「大岡マジやべーっしょwww」 

大和「ってもお前も期待してるんだろ」 

戸部「あ、バレた?ってヒキタニ君じゃん!」 

八幡「(え?なんでいるの)」 

葉山「もしかしていろはと来てるのか?」 

八幡「お前まで居るのかよ」 

葉山「四人で温泉でも行くかってなってね。必死に大岡が混浴が良いとアピールするもんだから、近場のここにきたわけだ」 

八幡「(やべぇ、こいつらは絶対混浴ゾーンに通せねぇ)」 

大岡「って、もしかして一色さん来てるってことは...」 

大和「早く着替えるしかないな!」 

葉山「いや、止めておk戸部「漢なら行くしかないっしょ!」 

八幡「お前らは行かせねぇぞ」ゴゴゴ 

大岡&戸部&大和「邪魔だああああ!」 

八幡「ここは通さん!!!」ガシ 

葉山「(振った女とはいえ少し興味があるな...今の内に...)」ソローリ 

八幡「は や ま 」 

葉山「」 

大岡「俺は混浴に行ってやるううう!」 

八幡「オラァ!」バコーン 





267: ◆UDTNoqxspc 2014/10/03(金) 09:20:43.49 ID:hu+MusnTO

海老名さん「漢同士、裸のぶつかり稽古!4p!」ブシャアアアア 


《突撃!隣の混浴》 完



273: ◆UDTNoqxspc 2014/10/03(金) 20:13:01.86 ID:hu+MusnTO

>>274-276



274: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/03(金) 20:15:35.95 ID:/MSdm8GWo

発言・登場規制:大岡



275: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/03(金) 20:26:40.82 ID:xmFWLhj9o

温泉からの二人きりの部屋



276: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/03(金) 20:58:12.31 ID:xjJMY/diO

甘えん坊



280: ◆UDTNoqxspc 2014/10/04(土) 18:13:04.92 ID:ncXITF6EO

《二人の空間~旅館編~》 

部屋 

いろは「先輩はなんで混浴きてくれなかったんですか!」 

八幡「譲れない闘いがあったんだ」 

いろは「どういうことですか?」 

八幡「気にするな。それより飯って何時からだっけか」 

いろは「えーっと...6時半からですねー。あと二時間ぐらい時間がありますよ」 

八幡「そしたら、折角だし下に温泉街があるから少し土産でも見に行くか?」 

いろは「いや、どうせなら二人でノンビリ過ごしましょうよー」 

八幡「それが良いなら構わん。元々出歩くよりだらだらしてたい派だしな」



281: ◆UDTNoqxspc 2014/10/04(土) 18:14:30.84 ID:ncXITF6EO

いろは「そしたら先輩、ぎゅーってしてくださいよ!」 

八幡「いや、なんでだよ。俺はだらだらしたいって言っただけだっての」 

いろは「駄目...ですか?」キュルン 

八幡「...ほれ、来い」 

いろは「やったぁ!」ギュ 

八幡「変わった奴め」ギュー 

いろは「えへへ」ギュー 

八幡「ったくお前は」ナデナデ 



282: ◆UDTNoqxspc 2014/10/04(土) 18:15:04.88 ID:ncXITF6EO

いろは「ふふっ、撫でられるの気持ち良いです」ギュー 

八幡「随分とデカイ赤ちゃんだな」ナデナデ 

いろは「そんなぁー赤ちゃんは酷いですよー」プクー 

八幡「じゃあなんだ、猫か?」ナデナデ 

いろは「それくらいなら許しますー」ギュー 

八幡「つーか何時までこれやってんの?」ナデナデ 

いろは「私が飽きるまでですー」ギュー



283: ◆UDTNoqxspc 2014/10/04(土) 18:15:32.26 ID:ncXITF6EO

八幡「えーこの体制しんどいんだけど」ナデナデ 

いろは「そういいながらも撫でてくれるとこ私好きですよ」ギュー 

八幡「そうか」ナデナデ 

いろは「今照れてますよね?照れてますよね!顔見えないですし体制変えますね!」モゾモゾ 

八幡「ちょ、やめろ」 

いろは「絶対先輩の顔みてやりますからね!」ゴロゴロ 

八幡「照れてねぇから!」 

いろは「あーやっぱ先輩にやけてるー!」 

八幡「うっせ」 



284: ◆UDTNoqxspc 2014/10/04(土) 18:16:11.26 ID:ncXITF6EO

いろは「あ、撫でるのは止めちゃ駄目ですよ!」 

八幡「はいはい...イテテ」 

いろは「え、どうしました?どっか傷付けちゃいましたか?」 

八幡「いや、さっき死闘を繰り広げたせいで腰が痛くてな」 

いろは「じゃあマッサージしてあげましょうか?」 

八幡「じゃあ頼むわ」 

いろは「じゃあうつ伏せになってください」 



285: ◆UDTNoqxspc 2014/10/04(土) 18:35:10.30 ID:ncXITF6EO

八幡「よっこいしょ」 

いろは「じゃあいきますね」 

八幡「ほいよ」 

いろは「よいしょ」グイグイ 

八幡「(足で腰を踏んでくるスタイルなのか)」 

いろは「んーどうですか?」グイグイ 

八幡「もう少し下頼むわ」 

いろは「はーい」グイグイ 

八幡「お、いい感じ」 

いろは「じゃあしばらくやりますねー」グイグイグイグイ 



286: ◆UDTNoqxspc 2014/10/04(土) 18:35:37.75 ID:ncXITF6EO

五分後 

八幡「そろそろ大丈夫だ。サンキューな」 

いろは「じゃあ御褒美として後ろから抱きつかせてください」 

八幡「別に構わないが...」 

いろは「えへへへ」ギュー 

八幡「あざといあざとい」 

いろは「なんでですか!」ギューギュー 

八幡「ジョークだよ。...しかし少し眠くなってきたな」 

いろは「少し寝ましょうか、勿論このままで!」ギュー 

八幡「そう...だ...な......」 

いろは「ふわぁ...私も寝よう」 


《二人の空間~旅館編~》 完 




287: ◆UDTNoqxspc 2014/10/04(土) 18:47:11.78 ID:ncXITF6EO

《小ネタ いろはす幼馴染編》 

※二番煎じ感。本編と関係なし。 

いろは「八幡にぃ起きてくださいよー」 

八幡「あと五分寝かせてくれ...」スピー 

いろは「結局起きなくてギリギリになって困るのは八幡にぃですよー」 

八幡「俺の事はほっといて先へ行け...」スピー 

いろは「小学六年生の時のアレ、全校にバラしちゃいますよ?」 

八幡「すみません、すぐ起きます」シャキーン 

いろは「ほら、早く顔洗ってきてください」 

八幡「おう」 

リビング 

小町「ゴミぃちゃん起きました?」 

いろは「うん、バッチリ!」 

小町「いやーお姉ちゃんがいないとお兄ちゃんは生きていけませんねー」 

いろは「あはは、駄目人間にはなるかもね」 

八幡「うっせ、余計なお世話だ」ポケー 

小町「お兄ちゃん、朝ご飯だよ」 

八幡「いつも悪いな、小町」 

いろは「えー私にはなにか言うこと無いんですかー?」 

八幡「特に」 

いろは「もう絶対起こしてあげませんし、叔父様に言ってお小遣い減らしてもらいますよ?」 

八幡「すみません、いつもありがとうございます」ドゲザ 

いろは「ふふ、良いですよ幼馴染ですし」 

食事後 

八幡「さて、そろそろ行くか?」 

いろは「私は八幡にぃ待ってただけですから」 

八幡「つーかいろは、その八幡にぃって呼び方いい加減やめろっての」 

いろは「良いじゃないですか、呼びやすいんですよー」 

八幡「俺が恥ずかしいんだよ」 

いろは「あーこんな美少女にそう呼ばれて照れてるんですね?」 

八幡「...アホかとっとと行くぞ」 

いろは「はーい」 

八幡「じゃあ、行ってくるわ小町」 

いろは「いってきまーす!」 
ドタドタ 

バタン 

小町「いっつもこうやっえイチャイチャしてー。二人とも早くくっつけばいいのになー」 




288: ◆UDTNoqxspc 2014/10/04(土) 18:47:54.20 ID:ncXITF6EO

《小ネタいろはす幼馴染編》 完



290: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/05(日) 01:47:19.69 ID:jxSazMBE0

>八幡「いや、さっき死闘を繰り広げたせいで腰が痛くてな」 

いろはを護る為に八幡が身を挺して犠牲になったのか



293: ◆UDTNoqxspc 2014/10/05(日) 08:19:45.03 ID:SH6zY0Zv0

レスありがとうございます 

>>290 
突撃!隣の混浴で大岡たちと死闘を繰り広げてます 

また安価置いてきまーす 

>>294-296 



294: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/05(日) 09:04:01.06 ID:hTRECm2l0

オチが大岡



295: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/05(日) 09:04:20.07 ID:rzf66umAO

むせる



296: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/05(日) 09:05:18.71 ID:hTRECm2l0

オチが大岡



302: ◆UDTNoqxspc 2014/10/05(日) 09:58:26.60 ID:SH6zY0Zv0

あ、これ連投か 
熱心な大岡ファンがいるのかと... 

じゃあ>>303で



303: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/05(日) 09:59:25.07 ID:xwlKd3G8o

イチャコラの刺客ガハマさん



309: ◆UDTNoqxspc 2014/10/06(月) 09:35:59.56 ID:IhkoXTINO



いろは&八幡「」イチャコライチャコラ 

結衣「またあの2人イチャイチャしてるよ...。私がヒッキーの事好きだったってこと、ヒッキーは気付いてるのかな」アキレ 

いろは&八幡「」イチャコライチャコラ 

結衣「もう邪魔しちゃおうかな」フフフ 



310: ◆UDTNoqxspc 2014/10/06(月) 09:36:33.81 ID:IhkoXTINO

ベストプレイス 

いろは「先輩、はいあーん」 

八幡「アホか」 

いろは「なんでそんなこと言うんですか!こんなに可愛い彼女があーんしてあげようとしてるのに!」 

八幡「ここは学校だぞ?」 

いろは「なにもチューする訳じゃないんですからいいじゃないですかー」 



311: ◆UDTNoqxspc 2014/10/06(月) 09:37:06.27 ID:IhkoXTINO

結衣「本当だよねー」 

いろは「結衣先輩!?」 

八幡「気配もなく現れるなよ!怖いわ!」 

結衣「えへへ」 

八幡「まぁ、いいや何の用だ?」 

結衣「いや、ちょっと放課後の部活のことでねー」 

いろは「...先輩、生徒会室で食べませんか?あそこの冷蔵庫にお菓子入れてあるんですよ(邪魔しに来ただけですね、これは)」 

八幡「いや、由比ヶ浜がなんかあるって」 

いろは「いいから早く行きますよ!」 

結衣「もう、酷いなぁ」シュン 



312: ◆UDTNoqxspc 2014/10/06(月) 09:37:59.75 ID:IhkoXTINO

生徒会室 

八幡「で、そのお菓子とやらは?」 

いろは「食べちゃったみたいです☆」テヘッ 

八幡「...ったくあとで由比ヶ浜に何の用だったのか聞いておかなきゃな」 

由比ヶ浜「ヒッキーあたしの事呼んだ?」 

八幡&いろは「!?」 

八幡「どこから出てきた?」 

由比ヶ浜「ヒッキーはどこだと思う?」 

八幡「いや、分からんが...(なんか絶対こいつやばい)」 

由比ヶ浜「それでね、奉仕部の用事なんだけどね...」 

八幡「すまん、用事思い出した!行くぞ、一色さん!」 

由比ヶ浜「へぇ...そうやって逃げるんだ...」



313: ◆UDTNoqxspc 2014/10/06(月) 09:38:25.40 ID:IhkoXTINO

屋上 

いろは「なんか結衣先輩怖くないですか...?」 

八幡「あれはなにかがやばいぞ絶対」 

いろは「どうしましょ...!?先輩後ろ!」 

八幡「えっ?」 

由比ヶ浜「ヒ ッ キ ー は あ た し の も の」シャキーン 

八幡「馬鹿、ナイフなんてシャレにならんぞ!」 

由比ヶ浜「美味しそうだね、ヒッキー」ニヤリ 

ザクッ 


いろは「せんぱあああああああああい!」 




314: ◆UDTNoqxspc 2014/10/06(月) 09:41:58.94 ID:IhkoXTINO

童貞不死鳥「ハッ、一色さん!?......夢か」ホッ 

大岡「しかし、こんな夢を見るとは、俺比企谷になりたかったのか...?」 


大岡「ん...?なんかパンツの中が気持ちが悪いぞ」 


大岡ブレード「たっぷり出しましたぜマイマスター」 

大岡パンツ「こんなの受け止めきれないよぉ...」ゲホッゲホッ 



大岡「あ...夢精してる...」



315: ◆UDTNoqxspc 2014/10/06(月) 09:42:57.25 ID:IhkoXTINO




大岡「俺ってもしかしてM?」 




《襲来!乳の刺客》 完 



316: ◆UDTNoqxspc 2014/10/06(月) 09:44:19.68 ID:IhkoXTINO

むせる要素完全にこじつけだけど勘弁して... 

大岡でオチとか意識してやると難しいし、強引になるんで本当 




319: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/06(月) 12:04:02.35 ID:dr00lo19O

夢精から始まって四面楚歌で終わる大岡ssを>>1が書いて救済してくれるから大丈夫だよ



320: ◆UDTNoqxspc 2014/10/06(月) 13:22:56.83 ID:IhkoXTINO

>>319みたいなやつがいるから余計な話考えちゃったよ 


ガチホモ注意 
耐性ない人は読まないほうがいい 

書き換えてたら気持ち悪くなった 

でも投下します



321: ◆UDTNoqxspc 2014/10/06(月) 13:24:00.18 ID:IhkoXTINO

《童貞風見鶏は四面楚歌である》 


戸部「よっす!大岡」 

そういって戸部が俺の左腕に巻きついてくる。 

やめて、その素敵なイチモツが当たってるから! 

戸部「わざと当ててるんだってつーの」 

大岡「流石皆の肉便器と呼ばれるだけあるな。あと自然に俺の心の中読むのはやめてくれ」 

翔「だーかーらー肉便器じゃねぇっていってるっしょ!」 

取り敢えずその凶暴なもの押し当てるのやめてから言ってくれよ。 

と、戸部に気を取られていると今度は左腕に控えめだけれど逞しくて太い感触がする。 



322: ◆UDTNoqxspc 2014/10/06(月) 13:24:28.46 ID:IhkoXTINO

大和「おはよう、大岡。しかし、懲りずにそうやってまた大きな肉棒を押し付けられて喜んでるんだな、童貞風見鶏大岡?」 

大岡「そりゃ、小さいより大きい方が大和「な に か い っ た か」 

大岡「ナンデモナイッス」 

大和様の恐怖に一人震えざるをえなかった。 

戸部「ははっ、俺の方がいいって大岡がいったぜ!」 

大和「そんなことは無いよな、大岡?」 

大岡「みんな違ってみんな良いと思うぞ、うん」 

大丈夫かな、俺の声震えてないかな?



323: ◆UDTNoqxspc 2014/10/06(月) 13:24:59.61 ID:IhkoXTINO

しかし、周りからの視線が痛い上にひそひそ声まで聞こえてくる。 

「ココガワタシノパラダイスカ...!?デモ、ヤッパリトップハハヤハチ...ガクッ」 
「ヒメナギタイシロシ...ッテイッテモムリカ」 

そりゃあ、俺みたいなのがデカマラ二人を咥えてる...じゃなくて抱えてるんだ、軽く妄想されても文句は言えない。 

寧ろ、俺がそんなハーレム人間をみたら同人誌を書くまであるね。 

そんなことを考えていたら、後ろの方からドスドスと誰かがかけてくる音がする。 

この足音...あいつか? 

俺の五感が警鐘を鳴らす。 



324: ◆UDTNoqxspc 2014/10/06(月) 13:25:28.16 ID:IhkoXTINO

材木座「我が将来の友、大岡!」 

予想通り、ハイパー[ピザ]材木座が後ろから抱きついてきた。 

大和より自己主張が激しく、戸部より細めのソーセージがケツ穴に触れる。 

大戸「なっ、材木座(くん)ずるい(べ)!」 

材木座「いやぁ、二人が手を塞いでいるから、我は背後を取るべきだとお告げを受けてな」 

材木座が自らのソーセージを振り回しながら、二人と火花を散らしている。 

いや、ホモファイトでもなんでもやってもらっていいんで、とりあえず俺から離れてもらえませんかね? 

じゃないと、そろそろ周りの腐女子連中の視線だけで蒸発するわ。 

そんな俺の願いがほんの少しだけ届いたのか、争いは収まった。 

いや、恐らく材木座の体のデカさに抗う事が出来なかっただけだろうが。 

と、油断していると今度は前方から声が聞こえてきた。



325: ◆UDTNoqxspc 2014/10/06(月) 13:25:57.09 ID:IhkoXTINO

葉山「大岡!俺にも挿れさせろよ!」 

そういうと、葉山くんは強引に前方から自分のレイピアを俺のアナルへ擦りつけてきた。 

葉山くんと戸塚で、俺をサンドウィッチしながら抱きしめ合うみたいな形になっている。 

大和「俺だって負ける訳にはいかん」 

そういって大和が横から抱きついてきた。 

※廊下です。 

そうすると戸部も負けじと抱きついてきて、前向きおしくらまんじゅうみたいになっている。 

※もう一度言いますが、廊下です。 

夏場だから暑い上に、薄着なので股間感触がダイレクトに伝わってくる。 

イっちゃうからやめてもらえませんかね。



326: ◆UDTNoqxspc 2014/10/06(月) 13:26:30.38 ID:IhkoXTINO

だが、ここで俺に救いの手が差し伸べられた。 

朝のHRが始まる五分前の予鈴である。 

大岡「ほ、ほらお前らHR行け!」 

ふう、ようやく解放される。 

大和「残念だが仕方ないな」 

戸部「俺も大岡とクラス別れちゃったかんなー。あー葉山くんまじ羨ましいっしょ!」 

材木座「我も怨敵の陰謀により引き離されてしまったからなぁ...」 

それぞれ、ぶつくさ言いながら各教室に戻っていく。 

葉山「じゃあ俺達も行くか、大岡」 

大岡「そうだな、急がないと遅れる」 

二人で慌てて教室へ向かう。 

そして、葉山くんは教室に入る前、最後に俺の耳元へ囁いた。 

葉山「大岡、射精してたのは黙っててやるよ」 




やはり俺の青春ラブコメはマイサンのコントロールが間違っている。 



328: ◆UDTNoqxspc 2014/10/06(月) 13:29:29.44 ID:IhkoXTINO

《童貞風見鶏は四面楚歌である》 完



329: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/06(月) 13:43:05.31 ID:QV6Ij1H3o

スレタイからこうなると、誰が予測できたろうか



331: ◆UDTNoqxspc 2014/10/06(月) 17:40:35.84 ID:4rllmru00

もう番外編(大岡とか)もたくさん書いたんでそろそろHTML化の依頼出そうかなと思います 

本当はいろはのパパへのご挨拶編考えてたんですけど、書けなかったんでいつか書けたらスレ立てます 

では、皆さんありがとうございました!



332: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/06(月) 18:47:14.10 ID:8BSrQ1gfo

まさかこのタイトルでスレの終わりが 
ホモになるとは思わなかったな



336: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/08(水) 22:00:49.89 ID:q3BIdPMQo

乙 
ホモの罪は重い






他のおすすめSS
 
 
 
 
 
平塚「比企谷、そもそも君は誰の専業主夫になるつもりなんだ?」 
陽乃「八幡が毎晩求めてきて眠れない」 
八幡「やはり訓練されたぼっちとは永久にぼっちなのである」 
三浦「じゃあさ、あーしと付き合う?」 八幡「は?」 
八幡「君を殺してしまった今日でさえも」