転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1523759845/

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/15(日) 11:37:26.01 ID:fNnUzJJK0

《教室》

先生「で、あるからして~」

西片「…」

高木さん「…」チラッ

西片「…」

高木さん「どうしたの?西片君」

西片「え?」

高木さん「さっきから、授業も聞かないでぼーっとしてるけど」

西片「いや、別に…?」

高木さん「ふーん…」


高木さん「あ、もしかして私のこと見てたの?」


西片「は!?ちが…」

先生「おいそこ、静かにしろー」

西片「す、すみません…」


西片「高木さん!」ボソボソ

高木さん「あはは、冗談だよ」

西片「やめてよもう…」

高木さん「だって、面白いんだもん。西片君の反応が」

西片「う……」

西片(また、からかわれた…)



※これは、高木さんと西片がまだ出会って間もない頃の話です。







2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/15(日) 11:57:10.42 ID:fNnUzJJK0

高木さん「西片君さいこー、あはははは」


西片(この楽しそうに笑っている彼女が、オレの隣の席の高木さんだ)


西片(なぜか勝負を仕掛けられたあの日から、オレはほぼ毎日高木さんにからかわれている気がする)


西片(どうやらオレは、高木さんに気に入られているのかもしれない)


西片(…からかわれた時のリアクションが)


西片(くそー!高木さんがオレをからかうのを止めさせる方法が知りたい…)


高木さん「ねえ、西片君」

西片「へ!?なに!?」

高木さん「今日さ、いっしょに帰らない?」

西片「ん?ああ…」

西片(…イッショニカエラナイ?)



3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/15(日) 12:06:45.85 ID:fNnUzJJK0

高木さん「西片君って池小でしょ?なら、私と帰り道もおなじかなって」

西片「…」

高木さん「ちがった?」

西片「たぶん、同じだとは思う…」


西片(どういうつもりだ…!まだオレをからかい足りないと言うのか!?)


高木さん「どう?用事があるなら、断ってくれていいけど」


西片(…確かに、からかわれるのは嫌だけど…これはチャンスだ!)


西片「いや…いいよ」

高木さん「そう。なら、放課後ね」

西片「うん」


西片(さあ、今こそ反撃の狼煙を上げようではないか!)




4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/15(日) 12:15:56.71 ID:fNnUzJJK0

《放課後》 

西片「はー、終わったー」 

中井「おう西片、これからオレの家来ないか?新作ゲーム買ったんだよ」 

西片「あれを!?いいなぁ…やってみたかったんだけどおこづかい足りなくて…」 

西片「…あ、ごめん。今日は無理だった」 

中井「んだよー、なんかあるのか?」 

高尾「こいつ、女子といっしょに帰るんだとよ」 

木村「へー。西片、案外めざといんだな」 

西片「ちょっ、そんなんじゃないって!」 

木村「うそつけ」 

西片「うそじゃないし!」 

中井「そっかー。じゃ、また今度な」 

高尾「お幸せにな」 

西片「やめて!」



5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/15(日) 12:24:17.09 ID:fNnUzJJK0

西片「おまたせ!」 

高木さん「おそいよー」 

西片「ごめん、男子と話してて」 

高木さん「遊びの誘い?」 

西片「そんな感じかな」 

高木さん「行かなくてよかったの?」 

西片「いやいや、今日は高木さんと帰る約束してたじゃん」 

西片「すっぽかすわけにもいかないよ」 


高木さん「…変わってるね、西片君」 


西片「え、どこが?」 

高木さん「あ、気にしないで。独り言だから」 

西片(そう言われたら気になるんだよな…)



6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/15(日) 12:59:52.41 ID:fNnUzJJK0

高木さん「…」カラカラ 

西片「高木さん、自転車なんだ」 

高木さん「そうだよ。西片君は、歩いてきてるんだね」 

西片「まあね。でも、自転車か…うらやましいな」 

高木さん「どうして?」 

西片「なんでってそれは…パパッと学校に行けて、パパッと家に帰れるからじゃんか!」 

西片「自転車だったら、朝遅れても遅刻することもないでしょ?」 

高木さん「分かってないなぁ西片君…家が遠いから自転車で通学してるんだよ?」 

高木さん「だから、西片君が歩いて行く時間と私が自転車で行く時間はあまり変わらないの」 

高木さん「それに私、男子みたいに早く自転車こげないし」 

高木さん「西片君が考えてるより大変なんだからね?自転車」 

西片「そ、そうなんだ…」 

高木さん「…なんて、どうでもいいけどね」 

西片「あ、はは…なんか、ごめん」 

高木さん「あはは、なんであやまるの?」 

西片「なんとなく…」 

高木さん「変なの」 

西片(落ち着け…相手に飲み込まれてはいけない、自分のペースに持ち込むんだ)



9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/15(日) 17:07:20.90 ID:fNnUzJJK0

西片「あの、高木さ「あっ」 

高木さん「そういえば、西片君とこうやって話すの初めてだよね」 

西片「…そう言われれば、そうかもね…」 

西片(出鼻をくじかれた…) 

高木さん「私、西片君のこと全然知らないや」 

高木さん「ね、ここで自己紹介してみてよ」 

西片「え、ここで!?」 

高木さん「クラスの自己紹介の時、西片君は自己紹介できなかったから」 

高木さん「あんなに気合い入ってたのに、言わないのは損だよ」 

西片「あれは、家で練習してたからで…」 

高木さん「家で自己紹介の練習してたんだ」 

西片「あっ!?」 

高木さん「ふふ…練習…」 

西片「しまっ、今のなし!聞かなかったことにして!」 



10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/15(日) 20:31:14.06 ID:CfApi9Vi0

高木さん「んー、どうしようかなー?」 

西片「おねがい高木さん!バレたらクラスの友達に何を言われるか…」 

高木さん「大丈夫、言わないよ」 

高木さん「でも、ちゃんとクラスに友達できたんだ。よかったね」 

西片「よかったねってなにさ!?高木さん、オレに友達ができないなんて心配してたの!?」 

高木さん「入学式遅刻してくるような人だし…」 

高木さん「西片君がもっと怖い顔だったら、不良と思われても仕方ないからね?」 

西片(誰のせいで…とはもう言わないけど) 

西片「た、高木さん、それは褒めてるのかな…?」 

高木さん「さあ?」 

西片「さあって…」



11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/15(日) 20:32:49.30 ID:CfApi9Vi0

だらだら更新ですまぬ 
後、慣れないから西片に君づけしてないところあったら脳内修正しといてください



12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/15(日) 20:45:24.50 ID:CfApi9Vi0

高木さん「で、自己紹介してくれないの?」 

西片「覚えてたんだ…」 

西片「でもさ、いまさら自己紹介しても…」 

西片(ていうか、頑張って練習したのを知られてから言うのは恥ずかしい!) 

高木さん「…照れてる?」 

西片「て、照れてないよ!?」 

高木さん「そ。西片君が自分から言わないなら、私も自分のこと言うから答えられたらそれに答えてよ」 

高木さん「じゃないと、話続かないし」 

西片「…それなら…」 

西片(からかうつもりだったのに、防戦一方だ…) 



13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/15(日) 21:12:09.63 ID:CfApi9Vi0

高木さん「…」 

西片「…な、何か言ってよ」 

高木さん「西片君からだよ?」 

西片「そうですか…」 

西片(からかう、からかわない無しで、無難に行くか…) 

西片「じゃ、高木さんの趣味は何だい?」 

高木さん「私は散歩することと、まんがを読むことだよ」 

高木さん「西片君は?」 

西片「オレもマンガと、あとは…ゲームかな」 

高木さん「へー、西片君も、まんが好きなんだ」 

西片「うん、そうだよ」 

高木さん「最近の西片君のおすすめは?」 

西片(来た…!)



14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/15(日) 21:27:46.63 ID:CfApi9Vi0

西片(高木さん…君は何も考えてないようだが、これも勝負の一種なのだよ!) 

西片(おすすめは?と聞かれた時の対応!オレはこれを脳内で何度もシミュレーションしてきたんだ!) 

西片(まず、男か女かでこのおすすめには違いが現れてくる) 


西片(男女共に知ってる有名なマンガを挙げるのも当然あり。王道モノであれば尚良し。話が続くこと間違い無しだからだ) 


西片(また、一か八か自分の趣味全開のジャンルのモノを挙げる手もある。リスクはあるが、相手とベストマッチした時の、お互いの感想の語り合いの時間は至福だ) 


西片(オレはそれを踏まえて今回の作戦に移る!) 


西片(ターゲットは高木さん。今までのオレなら当たり障りのない普通のマンガを選んでいただろう) 

西片(だが!!警戒しなければならないのは相手が高木さんだということ!趣味をまんがと言うだけあって、並大抵のモノでは彼女は納得しないはず!) 

西片(この戦い、オレが高木さん「えいっ」 

西片「ひゃあ!?」 



15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/15(日) 21:36:21.80 ID:CfApi9Vi0

西片「なにするんだよ!びっくりするじゃないか!」 

西片(くそっ!ふいうちされて情けない声を出してしまった!) 

高木さん「西片君、私が質問した後、急に立ち止まってニヤニヤしだしたから」 

西片「ニヤニヤしてない!」 

高木さん「自分が気づいてないだけだよ」 

西片「いーや、してないね!」 

高木さん「ま、いいけど。それで西片君のおすすめは?」 

西片「ふっふっふっ…そこまで言うなら仕方ない!」 

高木さん「そこまで言ってないんだけどなー」 

西片「教えてあげよう、オレのイチオシは…!」 

西片(脳内で導き出された最も素晴らしい回答は…) 


西片(100%片思いだ!) 

西片「ひゃくぱー……」 

西片(…待て。それは悪手だろオレ) 

高木さん「?」



16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/16(月) 00:36:50.14 ID:NPdQweK30

西片(高木さんが女の子だとはいえ、ここでオレが少女マンガなんか出してみろ…) 

高木さん『ええー!?西片君、男の子なのに少女マンガ読んでるんだー!あはははは!!』 


西片(…と、なるにちがいない) 

西片(だいたい、高木さんが少女マンガを卒業してるか、そもそも興味がない可能性だってある。…あれ、オレがおかしいのか?) 

西片(ともかく100%片思い、オレは好きだがここは抑えて…) 

高木さん「ひゃくぱー?」 

西片「ひゃ、100%!いちご!ってマンガがあって!」 

高木さん「100%片思いじゃなくて?」 

西片「!?」 

高木さん「私は100%片思い、面白いし好きだよ」 

西片「し、知ってるの!?実はオレも…」 

高木さん「オレも?」 

西片「そう!オレも…」 

西片「…あっ…」



17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/16(月) 00:48:50.29 ID:NPdQweK30

西片(やられたーー!高木さんめ、これを狙っていたのかーーー!) 

西片「高木さん、い、今のもなしで…」 

高木さん「ぷぷ、西片君、簡単に引っかかりすぎだよ~!」 

高木さん「気をつけなよー?西片君は騙されやすいんだからさ、あはははは」 

高木さん「わ、笑いすぎて、おなかいたい…!あはははは」 

西片「く、くううう……!!」 

高木さん「ねえねえ、他のことも教えてよ」 

西片「…言わないよ!」 

高木さん「え~?」 

西片(これ以上オレの秘密を明かされたら、オレはもう一生高木さんに勝てなくなる!) 

西片「この話は終わりにしよう、ね!」 

高木さん「む、つまんないな~」 

西片「教えないからね!絶対!」



18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/16(月) 00:56:25.95 ID:NPdQweK30

西片「…」 

高木さん「ほんとに何も話さないの?」 

西片「今日はもう、黙って帰るから」 

高木さん「ふーん…」 

高木さん「今から、西片君をからかわないって約束しても?」 

西片「…」 

西片(悪いね高木さん。はっきり言って、今日のオレは君に勝ち目がないんだ!) 

高木さん「…なら、私の独り言聞いてくれる?」 

西片「…オッケー」



19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/16(月) 01:32:05.18 ID:NPdQweK30

高木さん「私、西片君好きだよ」 

西片「はぁ!?」 

高木さん「ほら、その反応。予想通りすぎて…ふふふ…」 

西片「だって…」ボソボソ 

高木さん「あのね。今日、初めて西片君といっしょに帰ったけどね、私、すごく楽しかったんだ」 

高木さん「自己紹介ではなかったけど、西片君の意外な部分も知れたし」 

西片「ぐぅ…」 

高木さん「でも、今日話してくれないなら、また次の帰り道で聞くことにするよ」 


西片「えっと、それはどういう…」 


高木さん「だからさ…」



20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/16(月) 01:51:35.78 ID:NPdQweK30

高木さん「また、いっしょに帰ろうね?ってこと」 


西片「!!」 



高木さん「私、今日みたいに"西片"のこと、もっと知りたいな」ニコッ 


高木さん「もちろん、からかうためにね」 


西片「…う…」 


西片(…おそらくオレは、これからも高木さんにからかわれ続けるのだろう) 

西片「…いい、けど…」 

高木さん「そっか」 


西片(あんな風にさらっと出てくる言葉も、いつもの調子、それか冗談半分で言ったのかもしれない) 


西片(けれど、あの笑顔は…) 


高木さん「あはは、普通に話してるじゃん"西片"」 

西片「た、高木さん!」 

高木さん「なーに?」 


西片「…次は負けないから」 

高木さん「…ふふ、期待してるよ」 


西片(ずるいぞ、高木さんめ!) 


高木さん「…あ、そうそう」 


高木さん「今度、100%片思いについて教えてね」 


西片「し、知らない!知らないよ!!」 



21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/16(月) 01:58:00.39 ID:NPdQweK30

終わり。 

ただ高木さんを読み返す→ブルーレイ特典があのハンカチ→俺の心を滾らせるなよ…(ポチっとな) 

今回のssはこんなノリで書いてたので、呼び方を西片君から西片にするオチ以外見切り発車のままでした。(正直この出来にはあんまり納得してない) 

ま、本編でこの部分は触ってくれるだろうし必然的にこのssは黒歴史になるということですね! 

だいたい下の名前も明かされてないこいつらで自己紹介ネタやろうとしてもさあ…ごめんなさい、反省して腕立て伏せしてきます。



22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/16(月) 01:59:32.50 ID:NPdQweK30

後ちょっと高木さんのネタ不足なので、本編でやってないようなネタ、イベントなどを挙げてくれたら嬉しいです。 
また暇なときに書くときに参考になるんで… 



23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/16(月) 02:01:37.19 ID:NPdQweK30

忘れてた、過去作リンク↓ 


「引っ越し」 


「テレビ」 


「りんご」 








他のおすすめSS
【ニューダンガンロンパV3】真宮寺「エリート塩…?」 
朝倉「あなたを殺してry」 キョン「やめろっ!」 
古泉「涼宮さんの耳元でアイラブユーとでも囁くんです」 キョン「こうか?」 
【ごちうさ】みさくらなんココア 
遊作「復讐の先にあるのは…」 
小鞠「夏海は去年までお兄ちゃんと一緒にお風呂に入ってたよね」 
刃牙「親父ィ……サラリーマンやってくんね!?」
 
カイジ「福本キャラはバレンタインチョコいくつもらってるの?っと」 
れんげ「こまちゃんライターでのオ○ニーは危ないからやめるのん」 
夏海「駄菓子屋、腕相撲で勝負だ!!」楓「なんでだよ」