転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1510335660/

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/11(土) 02:41:01.01 ID:zzwAZu6V0

鞠莉「大体なによあれ、男女で端からゆっくり齧ってキャッキャウフフって」


善子「ええ…いきなり喧嘩腰から来た…びっくりした…」


曜「まあ、もともとそういう趣旨のゲームだから…」


鞠莉「こちとら真剣に女子校通ってるのよ!!」


善子「あなた1年いなかったけどね」


鞠莉「大体…それぞれがどれだけ齧ったか分からないじゃない」


善子「勝敗なんてあってないようなものじゃない……」


鞠莉「だから、私はこう言いたい」


曜「何…?」







鞠莉「……真剣にポッキーゲームしましょう」


善子「目の前にポッキーの山がある時点でそうだと思った」






2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/11(土) 02:41:30.50 ID:zzwAZu6V0

鞠莉「まず、ポッキーになげわをはめます」


善子「初手からおかしい」


鞠莉「そして…はい!端を咥えてちょうだい!」


善子「なんでナチュラルに私達がやることになってるの」


曜「でひたよー」


善子「準備いいわね」



3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/11(土) 02:41:58.48 ID:zzwAZu6V0

鞠莉「ちょっと!頭を水平にして!なげわがブレる!」


善子「なんなのよこれ!」


鞠莉「ポッキーの真ん中のなげわを食べた方が勝ちよ」


曜「あぁ…そういう…」


鞠莉「これならどちらが先に半分食べたか分かりやすいでしょ?」


善子「さっきからなげわが口元に直撃するんだけど」


鞠莉「身長揃えて!」


善子「無茶言うな!」



4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/11(土) 02:42:34.01 ID:zzwAZu6V0

鞠莉「試合中は私がなげわ抑えた方がいいわね」


曜「もう口元のチョコデロデロだよ」


善子「どういう絵面なのこれ」


鞠莉「よしOK!いくわよ?全力出すのよ?」


曜「いいよー」






鞠莉「はっけよーい、のこった!」


善子「(なにその掛け声)」




5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/11(土) 02:43:10.19 ID:zzwAZu6V0

善子「(全力ってなによ…適当に終わらせて…)」カリカリ 


曜「(……)」カリカリカリカリ 


善子「(こわっ!顔がマジすぎてこわい!)」カリカリ 


曜「……」カリカリカリカリカリカリカリ 

  
善子「(えっ…何!?こわい!阿修羅!?)」 



曜「……」カリカリカリ 



善子「(ダメっ…やられる…!)」 


曜「………」カリカリカリカリカリバクッ 


鞠莉「いった…!指が!指が!」 



6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/11(土) 02:43:36.92 ID:zzwAZu6V0

善子「そりゃ抑えてる手に食らいつけばそうなるわよ」 


曜「ごめんね…ちょっと指噛んじゃった…」 


鞠莉「ちょっとじゃないでしょ、もう根元からベチョベチョよ」 


曜「うわ、ホントだ」 


善子「早く洗ってきなさい」 



7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/11(土) 02:44:03.81 ID:zzwAZu6V0

鞠莉「なげわだとダメね、基準線がふらつく」 


善子「なんでこんなことやってるんだろ…」 


曜「要するになんか目印を作ればいいんだよね、半分の所に」 


鞠莉「そうね…」 


曜「ひもQ巻きつけたら?あれならしっかりしてるんじゃない?」 


鞠莉「なるほど!さすが曜ね!」 


善子「なるほどじゃないわよ」 



8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/11(土) 02:44:35.07 ID:zzwAZu6V0

鞠莉「というわけで、ひもQをちぎってポッキーに巻きつけました」 


善子「言葉にすると果てしなくアホらしいわね」 


鞠莉「これはいけるんじゃないかしら!」 


曜「たへたよー!」 


善子「なんで曜はそんな協力的なの?」 



9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/11(土) 02:45:02.70 ID:zzwAZu6V0

善子「もう私やらないわよ」 


鞠莉「しょうがないわね…じゃあ私自ら…はむっ」 


曜「ほっひもほっけーだよ!」 


鞠莉「はい、すひゃーと!」 


善子「あ、セルフで言うのね…」 



10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/11(土) 02:45:32.39 ID:zzwAZu6V0

曜「…」カリカリカリ 


善子「(曜は相変わらずしかめっ面ね…なんでこんなに鬼気迫る感じなのかしら…)」 


善子「(鞠莉は…)」 


鞠莉「……………」サクサクサク 


善子「(えぇ…感情がなさすぎる…なんだこれ)」 

善子「(もうなんか…『無』の顔してる)」 



11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/11(土) 02:45:59.04 ID:zzwAZu6V0

善子「(無表情で睨み合ってるポッキーゲーム見たくない…)」 


曜「…」カリカリカリカリカリカリカリ 

鞠莉「……!?」サクサクサク 


善子「(急にスピード上げた!?もう食べ切るわよ!?)」 


曜「…」サクサクサクパクッ 


鞠莉「ああー…負けたわね…」 



12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/11(土) 02:46:27.12 ID:zzwAZu6V0

曜「まずっ…!」 


善子「お菓子に謝りなさいよ!」 


曜「いや…ポッキーとグミの組み合わせがちょっと…」 


鞠莉「なるほど、ゲーム性は良いけど味の取り合わせに問題あり…と」 


善子「普段の活動でこの真面目さを出して欲しい…」 



13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/11(土) 02:47:22.84 ID:zzwAZu6V0


鞠莉「何かないかしらね…ポッキーと合う味で目標になるお菓子…」 


曜「クッキー系統だね…うーん…」 


鞠莉「一口カステラみたいなのを挿すとか…それとも……」 


曜「ポッキー折れちゃうんじゃない?」 


鞠莉「そうかしら……」 


善子「ていうか……」 


鞠莉「何よ、善子?」 








善子「………最初からひもQでやれば良いんじゃないの、真ん中で色分かれてるし」 

曜「……」 

鞠莉「……」



14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/11(土) 02:47:53.23 ID:zzwAZu6V0


鞠莉「ーー!!」 


善子「ー!ーーーー!!!!」 




千歌「あ、曜ちゃん!」 


曜「千歌ちゃん……」 


千歌「3人集まって何やってるの?」 


曜「何って……」 



15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/11(土) 02:48:25.71 ID:zzwAZu6V0

善子「来ないで!今口の中いっぱいで噛んでるから!」 


鞠莉「そんなこと言って勝ち狙ってるんでしょ!騙されないわよ!」 


善子「ここの勝敗どうでも良いから!ホントどうでも良いから!」 


鞠莉「全速前進~!」 


善子「やめろ……!」 


鞠莉「ヨーソロー!!」パクパクパク 


善子「やめろ!!!」 



16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/11(土) 02:50:13.99 ID:zzwAZu6V0

曜「高校生にもなってひもQで遊んでました…」 


千歌「………楽しそうだね」 


曜「……うん」 


千歌「………子供みたいだね」 


曜「おっしゃる通りです……」 









善子「待って!ホント!口付くから!」ギャ-ギヤ- 


鞠莉「止めようたってそうはいかないわよ!」ギャ-ギャ- 


善子「ちょ…!もう…うひゃはぁ!?」 


おわり 
 



18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/12(日) 16:40:58.50 ID:UWS3fof50

乙 
面白かった






他のおすすめSS
 
 
 
 
 
鞠莉・ダイヤ「カップリング論争」 
千歌「ねぇ!ディズニーランドいこうよ!」 
梨子「雨に濡れるなら」 
善子「雫が映したその顔は」 
曜「千歌ちゃんの料理美味しいなぁ♡」千歌「えへへ、ありがと♡」