転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1526383190/

1 : ◆Si5ECPaBLY 2018/05/15(火) 20:19:51.24 ID:H3jrllGK0

「おーい、菜々ー」

菜々「なんですかー? 明日休みだからって飲みすぎないでくださいね」

「大丈夫だよ。ほら、こっちゃ来い。ほら」ポンポン

菜々「もぅ、なんです? 隣に座ればいいんですか?」

「そうそう……あーいい匂い」クンクン

菜々「におっ……!? ちょっと!?」バッ

「あー……匂いが遠ざかっていくー……」

菜々「全く……私がお風呂入ってる間に何杯飲んだんですか?」

「5杯目からは覚えてねえ」

菜々「そんなに!?」






2 : ◆Si5ECPaBLY 2018/05/15(火) 20:20:18.06 ID:H3jrllGK0

「こんなに可愛い嫁が晩酌してくれるんだぜ? 第三のビールも美味くなるってもんよ」

菜々「そ、そう言ってくれるのは嬉しいんですけどぉ……」

「だろ? あー、菜々は可愛いなー」

菜々「うぅ……そんなに耳元で囁かないでください……」

「そうやって赤面してる菜々も可愛いからなー。国宝級だ」

菜々「もう! からかわないでください!」

「ははは、ごめんって」

菜々「もうっ……」



3 : ◆Si5ECPaBLY 2018/05/15(火) 20:20:44.53 ID:H3jrllGK0

菜々「……」

「……どうした? 急に考え込んで」

菜々「え? 私、何か考えてる風でしたか?」

「おう。似合わない顔だったぞ。可愛いけど」

菜々「え、えーと」

「仕事でなんかあったか? 俺はお前のPだからな。何でも言えよ」

菜々「いや、仕事のことじゃないんですけど……」

「なんだ、歯切れが悪いな。仕事のことじゃないとしたら…………浮気か?」

菜々「浮気!? したんですか!?」




4 : ◆Si5ECPaBLY 2018/05/15(火) 20:21:23.34 ID:H3jrllGK0

「してない。してないよ?」

菜々「あ、よかったぁ……」

「いや。こんな可愛い嫁さん貰っといて浮気とか、マジ天罰もんだからな」

菜々「ですよね。Pさんが浮気なんてするわけ……」ポロッ

「!?」

菜々「あ、あれ? 私、なんで泣いて……」ポロポロ

「お、おい、急に泣くなよ! 泣き顔も可愛いけど。どうした? 胃痛か?」

菜々「胃は痛くないです。なんででしょう……自然と涙が流れてきて……」ポロポロ

「俺が浮気とか言ったからか……?」

菜々「……あ」



5 : ◆Si5ECPaBLY 2018/05/15(火) 20:21:59.05 ID:H3jrllGK0

「やっぱりそうか! ごめん! もう浮気とか言わないから!」

菜々「……違います。浮気していいって、Pさんが言ったから……」

「……は?」

「……」

「……あぁ。あの言葉」

菜々「……」グスグス

「そういや言ったなー……覚えてたんだ?」

菜々「忘れたことなんて……いや、ちょっと忘れかけてましたけど……」チーン

「何十年前だって話だからなー……やべぇ恥ずかしくなってきた」

菜々「……ねぇ」

「なに?」

菜々「あの言葉、もういっかい言ってください」




6 : ◆Si5ECPaBLY 2018/05/15(火) 20:22:37.33 ID:H3jrllGK0

「もう一回かー……大丈夫かな」 

菜々「忘れたんですか?」 

「まさか。ぜんっぶ覚えてるさ」 

菜々「じゃあ言ってくださいよぉ」 

「覚えてるのと諳んじるのは別なんだよ……今酔ってるし」 

菜々「じゃあ言ってくれないんですか?」ポロ 

「わー! 言うよ! 言うから泣くな! 泣かないでください!」 

菜々「ありがとうございます! じゃあお願いします!」 

「分かったよ……えーと……」 



7 : ◆Si5ECPaBLY 2018/05/15(火) 20:24:32.31 ID:H3jrllGK0

【数十年前】 


P「僕と付き合ってください」 

菜々「…………ごめんなさい」 

P「……そう言うと思ってました」 

菜々「……」 

P「……でも、僕は諦めません」 

菜々「え?」 

P「諦めません。僕は菜々さんが好きです」 

菜々「そんな……困りますよ。私はアイドルで……」 

P「僕がプロデューサーだから、ですか?」 

菜々「……そうです」 

P「……なら尚更、諦めが付きません」 

菜々「……」 

P「失礼します」スタスタ 

菜々「……」 

菜々「……悪いこと、しちゃったなぁ」 



8 : ◆Si5ECPaBLY 2018/05/15(火) 20:26:22.96 ID:H3jrllGK0

P「僕と付き合ってください」 

菜々「ダメです! 菜々はアイドルなんですから」 

P「なんで駄目なんですか!」 

菜々「ダメなもんはダメなんですー!」 

P「じゃあ菜々さんは僕のこと、どう思ってるんですか?」 

菜々「……大切な私のプロデューサーです」 

P「……僕と一緒に仕事をするのは、嫌ですか?」 

菜々「……嫌じゃ、ないですけど……」 

P「……」 

菜々「でも菜々はアイドルだから……」 

P「……失礼します」スタスタ 

菜々「あっ……」 



菜々「……」 



9 : ◆Si5ECPaBLY 2018/05/15(火) 20:27:02.92 ID:H3jrllGK0

P「僕と付き合ってください」ドサッ 

菜々「な、なんですかこの紙の束!?」 

P「僕がどれだけ菜々さんを恋い慕っているか、なぜ惹かれたのかが明細に纏めてあります」 

菜々「いやこれ作るのにどれだけ頑張ったんですか!?」 

P「業務に影響が無い程度です。菜々さんのことを想えばこれくらい楽勝でした」 

菜々「ら、楽勝でしたって……」 

P「……僕はこれだけ菜々さんを想っています」 

菜々「……」 

P「……菜々さん?」 

菜々「……分かりました」 


P「! それじゃあ……」 

菜々「私も遠慮するのはやめることにします!」 

P「え?」 



10 : ◆Si5ECPaBLY 2018/05/15(火) 20:27:41.19 ID:H3jrllGK0

菜々「私もPさんのことが好きです! 好きなんです!」 

P「な、菜々さん!?」 

菜々「……でもやっぱり、私たちの関係は『アイドル』と『プロデューサー』です」 

P「……」 

菜々「……私たちが付き合ったとして、それが周りにばれたらどうなりますか?」 

P「……少なくとも僕は会社を辞めさせられるでしょうね」 

菜々「もしそうなったら、一緒に仕事できなくなっちゃうじゃないですか……」 

P「……」 

菜々「私はそんなの嫌なんです……もっと、Pさんと仕事がしたいんですよぉ……」ポロポロ 

P「……」 



11 : ◆Si5ECPaBLY 2018/05/15(火) 20:28:14.42 ID:H3jrllGK0

菜々「……」ポロポロ 

P「……分かりました」 

菜々「……」ポロポロ 

P「……とりあえず、泣き止んでください」 

菜々「……はい。ごめんなさい……」グスグス 

P「菜々さんが謝る必要はありません。それに僕はまだ、諦めていませんから」 

菜々「……ふぇ?」 

P「……失礼します」スタスタ 

菜々「あ、ちょっとPさん……!」 



12 : ◆Si5ECPaBLY 2018/05/15(火) 20:29:09.33 ID:H3jrllGK0

P「……」 

菜々「……Pさん?」 

P「……菜々さん。待ってました」 

菜々「……この間はごめんなさい。急に泣き出しちゃって」 

P「構いません。僕の責任でもありますから」 

菜々「……それで、今日はどうしたんですか?」 

P「はい。……これを」 

菜々「それは……手紙ですか?」 

P「はい。今からこれを音読します」 

菜々「へ?」 



13 : ◆Si5ECPaBLY 2018/05/15(火) 20:30:06.96 ID:H3jrllGK0

P「それでは……」 

菜々「ちょちょちょ、ストップ! 待ってください!」 

P「どうかしましたか?」 

菜々「それは……普通に私が読むんじゃいけないんですか?」 

P「……申し訳ありません。書いている途中でインクが滲んでしまって、とても読めたものではないのです」 

菜々「そ、そうですか……」 

P「……では」 

菜々「……」 



14 : ◆Si5ECPaBLY 2018/05/15(火) 20:31:01.53 ID:H3jrllGK0

『菜々さんへ』 
『僕は菜々さんが好きです』 
『先日、菜々さんの気持ちを聞いて、僕の覚悟が決まりました』 
『僕は菜々さんのそばにいたい』 
『その気持ちは生涯、変わることはありません』 
『ですが、僕はプロデューサーで、菜々さんはアイドルです』 
『僕の恋は許されるものではありません』 
『また、菜々さんは僕より若い』 
『僕の気持ちは不変ですが、菜々さんが心変わりをすることだってあるでしょう』 
『そこで、ひとつの提案があります』 
『僕はプロデューサーとして、アイドルとしての菜々さんを最後まで支えます』 
『そして菜々さんがいつかアイドルを引退したその時、まだ菜々さんの心の中に僕がいて、僕のそばにいてくれるなら』 
『僕はその時まで、いつまでも待っていようと思います』 
『僕が望むのは菜々さんの幸せです』 
『菜々さんを幸せにできるのは僕だけだという自負もありますが、菜々さんの心は菜々さんにしか分かりません』 
『ぜひ浮気をしてください。余所見をしてください』 
『これから菜々さんが出会うであろう何百万という沢山の選択肢から選んでください』 
『そして最後には、僕のそばで笑ってほしい』 
『酷く独善的で迷惑な話ですが、これが僕の出した結論です』 
『菜々さん、僕と結婚してください』 



15 : ◆Si5ECPaBLY 2018/05/15(火) 20:35:51.13 ID:H3jrllGK0

―――――――――――――― 
―――――――――― 
―――――― 

P「……だったか」 

菜々「うううぅぅぅ……」ポロポロ 

P「だから泣くなって! 俺は俺でめっちゃ恥ずかしいし!」 

菜々「だって、だってぇ……」ポロポロ 

P「あーもう……よーしよーし」ナデナデ 

菜々「……Pさん、顔赤い」グスグス 

P「分かってるよ! こんなおっさんが二十代の頃のこっ恥ずかしいプロポーズをそのま 
ま再現して恥ずかしくないわけがないだろうが!」 

菜々「……へへへ」チーン 

P「あ、その顔可愛い。そのへにゃっとした笑い方」 



16 : ◆Si5ECPaBLY 2018/05/15(火) 20:36:42.98 ID:H3jrllGK0

菜々「……私は好きですよ。Pさんのこと」 

P「分かってるよ。今、ここにいてくれるんだから」 

菜々「……せっかくだから聞いちゃいますけど」 

P「おう。折角だから何でも答えてやるよ」 

菜々「……後悔したことはないんですか? 引退するまで待つ、とか。浮気してください、 
とか……」 

P「ある」 

菜々「即答!?」 



17 : ◆Si5ECPaBLY 2018/05/15(火) 20:37:25.71 ID:H3jrllGK0

P「考えてみろ! 純朴な青年が好きな女と四六時中行動を共にしてて、尚且つ職業がアイドルと来た! 不安になるに決まってるだろ! いい加減にしろ!」 

菜々「誰に向かって怒ってるんですか!?」 

P「あと意外と待つのがめんどくさい! 何度襲ってやろうと思ったことか!」 

菜々「なぁ!?」 

P「めんどくさいってのはお前自身もだ! 長い時間一緒にいればいるほど、めんどくさいところが目につくんだよ!」 

菜々「そ、それを言ったらPさんもですよ! 最初はおとなしかったのに、段々扱いが乱暴になってきてたじゃないですか!」 

P「だから最初は色々と我慢してたんだよ! 続けるの無理だって途中で悟ったけど!」 

菜々「もう……そんなのでよくプロポーズできましたね」 

P「……菜々を好きな気持ちは替えがきかないからな」 

菜々「なんですかそれ……ふふっ」 



18 : ◆Si5ECPaBLY 2018/05/15(火) 20:38:18.10 ID:H3jrllGK0

P「……やっぱり菜々は笑ってるのが一番可愛いよ。可愛いついでにもう一杯飲ませてくれ」 

菜々「それはいいんだけど……」 

P「どうした?」 

菜々「……今の気持ちを聞かせて?」 

P「……難しいな」 

菜々「……そのままでいいから」 

P「分かったよ……えーと」 



P「……愛してるよ。菜々さん」 

菜々「……私もですよ。Pさん」 


終わり 



19 : ◆Si5ECPaBLY 2018/05/15(火) 20:40:11.31 ID:H3jrllGK0

以上です。 
菜々さん本当におめでとうございます! 



20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/15(火) 20:44:48.79 ID:IdcrA4Cyo

おつおつ



22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/16(水) 01:19:53.67 ID:kERgq/+MO

Loversはまじで名曲。ソーダもいいぞ



23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/16(水) 10:10:06.10 ID:Z2r77dZmO

世界中の俺が泣いた乙






他のおすすめSS
モバP「終わりから始まるヒナの物語」 
【モバマスSS】美人で有名な森久保さん 
モバP「鼓動が聴きたいなあ」飛鳥「やれやれ」 
【SS】 プロデューサー 「これがシンデレラガールズ総選挙の投票箱か」 
大原みちる「ハラパン?食べたことないです!」フゴフゴ 
加蓮「クリスマス後日の」美穂「ガールズトーク」 
高森藍子「なにもない一日」 
高森藍子「プロデューサーさん、一緒にお風呂入りませんか?」 
モバP「大晦日のプロダクション」 
茄子「年の境目」