転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1526393553/

1: ◆PZumHjmlSY 2018/05/15(火) 23:12:33.36 ID:h5U6lBb/0

ちょっとだけ独自設定あります





2: ◆PZumHjmlSY 2018/05/15(火) 23:13:17.04 ID:h5U6lBb/0

P「菜々、今度の仕事なんだが……」ガチャ

菜々「はい。何ですかー? あ、ここで話します?」

P「の、つもり」

菜々「ちょうど良かったです。はいお茶どうぞー」

P「お、さんきゅ。で、資料。これ受けてみないか?」パサリ

菜々「いえいえー。あ、資料ありがとうございます」

P「どうだ?」

菜々「ナナが、観光PR大使……え、っと千葉県。ですか……」

P「だな。名所で写真を撮ったり、簡単なエッセイ書いたり、イベントに顔出したり、が今のところの予定」

菜々「むう……」

P「少し考える時間欲しいかもなー。ゆっくりでいいから」

菜々「分かりました。ちょっとだけ待ってもらいますね」

菜々「千葉、千葉かあ……」



3: ◆PZumHjmlSY 2018/05/15(火) 23:13:43.47 ID:h5U6lBb/0


菜々「Pさん、覚えてます? ナナのお仕事が増えてきた頃、いっこだけお仕事受けずに逃げちゃった時の事」

P「ああ、覚えてる。それも確か……」

菜々「千葉の菜の花畑でのロケでしたね」

P「二人でコッテリ絞られたなあ……何とかなって良かったぞホントに」

菜々「うう……その節は本当にご迷惑を……」

P「いや、そこまでプロデューサーの仕事だからな。ちゃんと意思疎通出来てなかったのも悪い」

菜々「ですね。あの後から色々話すようになった気がします」


P「今は休みが合わなくて不燃物出せない、とかクソどうでもいいことまで知ってる」

菜々「どうでも良くないですよ!? 玄関で見る度に思い出すんですから!」

P「こほんこほん」

菜々「Pさんが茶化すから……」

P「すまん、つい……」

菜々「何だかもう、懐かしいですね」



4: ◆PZumHjmlSY 2018/05/15(火) 23:14:27.29 ID:h5U6lBb/0

P「あの頃も菜々は永遠の17歳でした……」
菜々「余計なナレーション入れないでもらえますか!?」




5: ◆PZumHjmlSY 2018/05/15(火) 23:15:02.28 ID:h5U6lBb/0


~〈ピー〉年前~ 

ピンポーン 

P「よー、来たぞー」 

菜々「あ……プロデューサーさん。えと」 

P「話しづらいか」 

菜々「ごめんなさい。どう……なりましたか?」 

P「代打オレ」 

菜々「……」ジー 

P「うそうそ。ちゃんと任せたよ。奈緒が行ってくれた。地元でもあるしなー」 

菜々「良かった……落ち着いたら謝らないとですね」



6: ◆PZumHjmlSY 2018/05/15(火) 23:15:41.52 ID:h5U6lBb/0


P「んで、これ持ってきた。ビールとおつまみ~」ジャン 

菜々「……そういう気分だと思います?」 

P「シラフじゃ話せんだろ?」 

菜々「えーと、ナナは17歳……」 

P「登場人物は全員20歳以上です」 

菜々「それ、結局17歳じゃなくなってますけど……」 

P「ま、いーや、俺は飲む。菜々さんはお好きに。ウーロン茶もあるぞ」 

菜々「うん…うーろん茶、に、しますー」 

P「とりあえず、諸々は置いといて。仕事は何とかなってるので気にしなくてヨシだ」 

菜々「は、はい」 

P「乾杯!」グイッ 

菜々「かんぱい……」チョコン



7: ◆PZumHjmlSY 2018/05/15(火) 23:16:16.86 ID:h5U6lBb/0


菜々「そもそもねー、ほーれんそーがなってないんですよぉ! 信用してます、信用してますよ? でもねー、ナナにも色々あるんですよ、いろいろ」 

P「ああ」 

菜々「あとねー! お酒がハタチからなのオカシイと思うんですよお!ナナが総理大臣になーったら、法改正しまーす。きゃは……」グラグラ 

P「話それてんぞ。アンド俺はなにも見ていない」 

菜々「あんですかあ~。麦のお茶しか飲んでませんよ~、ナナわあー」 

P「そうだな。その通りだ。何故そうなってるのか良く考えてみた方がいい」 

菜々「よーく、考えよー…むにゃ」ガクンスピー 

P「んで、速攻で潰れるのかよ……」 



8: ◆PZumHjmlSY 2018/05/15(火) 23:16:48.01 ID:h5U6lBb/0


P「寝てる?」 

菜々「…………」 

P「ま、ワガママ聞いてやるのが、プロデューサーの甲斐性だからな。もっと色々言ってもいいぞ」 

菜々「…………」 

P「特に菜々さんは抱えこんじゃうタイプだと思うし」 

P「色々気づけなくて、ごめんな……」 

菜々「…そっかー。そんなこと考えていたんですねぇ」ゴロン 

P「起きてんのかよー……」ガクッ 

菜々「寝てると思って言ってたなら、色々情けないですよ?」 

P「返す言葉もございません」 

菜々「ナナはですねー。ウサミンじゃないですかあー」 

P「ウーサミン!」ピョコ 

菜々「……聞く気あります?」 

P「黙ってます」 

菜々「よろしい」 



9: ◆PZumHjmlSY 2018/05/15(火) 23:17:25.89 ID:h5U6lBb/0


菜々「よく連れて行って貰ったんですよね…菜の花畑とかあの辺。字が一緒だから、珍しくもない花だけど何となく好きで。思い入れのある分、行きづらくて……」 

菜々「ナナ、ちょっとだけ、演じてる所あるんです」 

P(ちょっとか……?) 

菜々「普通の女の子の、菜々じゃなくて、私はアイドルのナナ、って」 

菜々「だから、地元に行ったり、『菜々ちゃん』の知り合いに会ったり壊れちゃうんじゃないかな。夢から 
覚めちゃうんじゃないかなって思って、少し怖くなっちゃったんですよね……」 

P「その辺ひっくるめて、アイドルのナナだと思うけどな」 

菜々「うん。そうなんですよね……でも、こうなら大丈夫! って自信はなくて」 

P「まだまだ新人アイドルの内だしな。そのうち胸張って、凱旋ライブ行けるくらいになろうな」 

菜々「はい。明日……あ、もう今日ですけど、頑張っていきますよー!」グッ 

P「おう! 頼むな!」 



10: ◆PZumHjmlSY 2018/05/15(火) 23:18:03.34 ID:h5U6lBb/0


菜々「それにしても……」 

P「ん?」 

菜々「17歳アイドルの家にお酒持って来るって何考えてんですかねえ……」 

P「フッ」 

菜々「鼻で笑われたー!?」 



11: ◆PZumHjmlSY 2018/05/15(火) 23:18:42.14 ID:h5U6lBb/0

~現在・菜の花畑~ 

P「PR大使、受けたからには、ちゃんと知っとかないとな」 

菜々「はいっ!」 

P「断ってもいいとは思ってたんだけどなー」 

菜々「いえ、いつまでもほったらかしに出来ないですからね」 

P「これまでのプロデュースで、ちっとは自信持ってもらえたかな」 

菜々「ふふ、今日はナナが案内しますよー」 

P「今回は下見だけだし、気楽に行こうな」 

菜々「はーい」 




12: ◆PZumHjmlSY 2018/05/15(火) 23:19:17.19 ID:h5U6lBb/0


P「お、そろそろ着くか?」 

菜々「うわー! 一面、菜の花ですよ、Pさん!」 

P「写真じゃ分かんないけど、ずーっと広がってんだなー」 

菜々「綺麗でしょう? やっぱり、好きですね、この風景……」 

P「ああ、のどかでいいなー。落ち着く」 

菜々「ですよね。あ、ちょっとだけ話しても良いですか」スタスタ 

P「? 何だ?」 

菜々「菜の花は、菜々っていう名前は、私にとって、変わる前の自分だったんです。何処にでもある、名前の無い野の花」 

菜々「ウサミンのイメージじゃない、って勝手に思ってたんですね。千葉って言われる度に否定して」 

菜々「でもねっ、ファンのみんなは凄いんですよっ。どんなナナでも受け止めて応援してくれる。ここも、やっぱり私の一部だから。菜の花畑の、菜々もみんなに見せたいんですっ」ニコッ 

P「そうか……折り合い着いたなら、それでいいかもな」 

菜々「ですっ!」



13: ◆PZumHjmlSY 2018/05/15(火) 23:20:13.99 ID:h5U6lBb/0


菜々「夕美ちゃんに教えて貰いました。菜の花っていう名前の花は無いんですって。そんな名前のない花をウサミンにしてくれたのは、やっぱりPさんとファンのみんなですよっ」ニコリ 

P「あっ、ちょい待て」パシャ 

菜々「?」 

P「写真写真。これは今日一番の顔かな。下見だけのつもりだったけど、何かに使いたいぐらいだ」 

菜々「へへ、なんか嬉しいです……あ」



14: ◆PZumHjmlSY 2018/05/15(火) 23:20:55.95 ID:h5U6lBb/0


男の子「あっ、ウサミンだ! お母さん、ウサミンがいるー!」 

母親「ホントだー。びっくりしたねー。あ、撮影中にすみません」 

   男性「え、ウサミン来てんの!?」 

   JK「ナナちゃん居るらしいよ~!」ザワザワ 

P「あー、これは……」 

菜々「バレちゃいましたねー。よしっ!」 



15: ◆PZumHjmlSY 2018/05/15(火) 23:21:23.19 ID:h5U6lBb/0

菜々「はーい、ウサミンですよー。今日は友好関係のある千葉○○市に参上! 大好きな菜の花畑で撮影中、キャハ!」 

「わー!!」 

菜々「……でいいですかね、Pさん?」コソッ 

P「やってから、弱気になるなよ……いいぞ、全力でファンサービスだ!」 

菜々「了解です! ナナ、行きます、アカペラでメルヘンデビュー!!」ピョン 

P「おい! 誰がそこまでしろって!?」 

ファン「ワアアアー!!」 

菜々「引かないで盛り上がって下さいねー! 電波で!?」 

ファン「おっけー!!」 

P「……後で社長に説教かなー、これ。でもまあ……」 

菜々「みんな、ありがとー!!」ブンブン 

P「今は、いいか」 

おわり



16: ◆PZumHjmlSY 2018/05/15(火) 23:22:01.69 ID:h5U6lBb/0



菜々「Pさーん、戻りましたー!」タタタッ 

P「おう、良かったぞ……ズズッ、グスツ」 

菜々「Pさん泣いてるんですか?目も赤いし」 

P「花粉症」 

菜々「……ふふ」 



17: ◆PZumHjmlSY 2018/05/15(火) 23:25:57.67 ID:h5U6lBb/0

ありがとうございました。誕生日にもシンデレラガールにも関係ない話ですが…… 
おめでとうウサミン!(あと17歳に酒飲ませて、すみません!) 

前の 
【モバマスSS】モバP「ウサミン星でお見合い」



18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/16(水) 00:46:21.23 ID:ujPU94lQ0

乙 良い話や…自分も花粉症になったかな 
ウサミンおめでとう 前作読んでくるわ






他のおすすめSS
 
 
 
 
 
【モバマス】??「ウチ美玲さん、今CGプロ事務室にいるぞッ!」 
赤城みりあ「ねーねー、プロデューサー?」 
【デレマス】さちまゆアソート 
フレデリカ「いつかの休日に」 
一ノ瀬志希「本音の話せる薬」