転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1526912410/

1 : ◆SESAXlhwuI 2018/05/21(月) 23:20:11.07 ID:PPVJBvgM0

シャニP(以下、P)「…………」カタカタ

P「よし、これでひと段落かな」

P「んーっ……っと、時間は?」グーッ

P「あれ、もう10時か」

P「結構長い間作業続けてたな……」グゥ

P「腹減ったな……」

P「……よし!」スタッ






2 : ◆SESAXlhwuI 2018/05/21(月) 23:20:34.27 ID:PPVJBvgM0

—————

P「……よし、そろそろだな!」カパッ

P「お湯を流して、ソースをかけてっと……」

P「うーん……ニオイが腹にくるな」グゥウウ

P「それじゃ、いっただきまーす!」

ガチャリ

風野灯織(以下、灯織)「……あれ、プロデューサー?」トコトコ

P「灯織?なんで、こんな時間に事務所に?」



3 : ◆SESAXlhwuI 2018/05/21(月) 23:21:00.06 ID:PPVJBvgM0

P「明日、学校じゃなかったっけ?」

灯織「それは……そうなんですけど」

灯織「明日持って行く宿題、事務所に忘れてちゃって」

P「ああ、それなら仕方ないか……」

P「それじゃ、家まで送るよ。これ食べ終わるまで待っててくれ」

灯織「いえ、迷惑をかけるわけには……」

P「バカ言うな、こんな時間に女の子を出歩かせられるか」

灯織「……それじゃ、お言葉に甘えさせてもらいます」



4 : ◆SESAXlhwuI 2018/05/21(月) 23:21:58.08 ID:PPVJBvgM0

灯織「……ところで、何食べてるんですか?」

P「ソース焼きそば!いやぁ、今日は濃い目の奴で……」ニコニコ

灯織「…………」ジトーッ

P「……良いじゃないか、たまには」シュン

灯織「……まぁ、私も美味しいと思いますけど」

P「……食べるか?」スッ

灯織「べ、別に食べたかったわけじゃ」グゥウウウ

P「身体はそう思ってないみたいだけど」ニヤニヤ

灯織「…………」ムッ

P「わ、悪かった……」タジタジ




5 : ◆SESAXlhwuI 2018/05/21(月) 23:22:26.99 ID:PPVJBvgM0

灯織「……それじゃ、頂いてもいいですか?」 

P「いいよ、はい」スッ 

灯織「えっ?」 

P「あっ、すまん……割り箸取ってくる」スッ 

灯織「……い、良いです」 

P「え?でも……」 

灯織「わざわざ割り箸無駄遣いする必要もないですから」カァアア 

P「そうか?まぁ、灯織がそう言うなら良いけどさ」 



6 : ◆SESAXlhwuI 2018/05/21(月) 23:24:03.17 ID:PPVJBvgM0

灯織「……それじゃあ」 

P「はい、召し上がれ」 

灯織「えっ、食べさせてくれるんじゃ……」 

P「ん?」 

灯織「な、なんでもないです!」アワアワ 

灯織「…………」モグモグ 

P「どうだ?」 

灯織「……美味しいです」ニコッ 

P「そうか、それは良かった……」ホッ 



7 : ◆SESAXlhwuI 2018/05/21(月) 23:24:40.83 ID:PPVJBvgM0

灯織「…………」モグモグ 

P「……灯織、お腹空いてたのか?」 

灯織「んっ……夜ご飯、帰ってから食べようかと思ってたので」 

P「あれ、それじゃ悪い事したかな?」 

灯織「大丈夫です、作り置きした物なので」 

P「そうか……なら、良かったよ」 



8 : ◆SESAXlhwuI 2018/05/21(月) 23:25:08.68 ID:PPVJBvgM0

P「よし、そのソース焼きそば食べちゃっていいからなー」 

灯織「でも、それじゃプロデューサーが……」 

P「大丈夫大丈夫!大人は腹八分で済ませるもんだからさ!」ハハハ 

灯織「本当ですか……?」 

P「ホントホント!さ、早く食べちゃってくれ」 



9 : ◆SESAXlhwuI 2018/05/21(月) 23:25:44.57 ID:PPVJBvgM0

————— 

灯織「ごちそうさまでした……」 

P「それじゃ、早いとこ出るか」 

P「灯織、宿題ちゃんと持ったな?」 

灯織「はい、確認しました」 

P「よし、それなら……」グゥウウ 

灯織「……プロデューサー?」 

P「……気のせいだ、早く行こう」 

灯織「そういうわけにはいきませんよ!」 



10 : ◆SESAXlhwuI 2018/05/21(月) 23:26:13.60 ID:PPVJBvgM0

灯織「私が食べたせいで……」シュン 

P「だ、大丈夫だよ……帰って食べればいいからさ」アワアワ 

灯織「……でも、それだと栄養偏るじゃないですか」 

灯織「どうせ、また冷凍食品なんですよね?」ジトー 

P「……か、カップラーメンかもしれないぞ?」ダラダラ 

灯織「…………」ジーッ 



11 : ◆SESAXlhwuI 2018/05/21(月) 23:26:53.15 ID:PPVJBvgM0

灯織「プロデューサー、事務所のキッチン借りてもいいですか」 

P「へ?まさか、今から作るのか?」キョトン 

灯織「はい……ダメですか?」 

P「いや、俺も灯織の手料理は嬉しいけどさ……」 

灯織「……よし」グッ 

P「灯織さん?」 

灯織「食材、何が余ってるか見てきますね」スタスタ 

P「灯織!?」 



12 : ◆SESAXlhwuI 2018/05/21(月) 23:27:23.46 ID:PPVJBvgM0

————— 

灯織「あるのは、卵に玉ねぎに鶏肉……」 

P「そういえば、恋鐘がなんか作ってたな」 

P「それの余りかもしれない」 

灯織「なるほど……使っても良いんでしょうか」 

P「なんかあったら使って良いって言ってたしな、大丈夫だろ」 



13 : ◆SESAXlhwuI 2018/05/21(月) 23:27:50.41 ID:PPVJBvgM0

P「……ってか、本当に作る気なのか?」 

灯織「乗りかかった船ですから」 

P「そうかい……」 

灯織「プロデューサー、リクエストはありますか?」 

P「リクエストか……」 

灯織「あまり、大した物はできないと思いますけど」 

P「ふぅむ……そうだなぁ」 



14 : ◆SESAXlhwuI 2018/05/21(月) 23:28:25.15 ID:PPVJBvgM0

P「卵って言ったよな?それに鶏肉」 

灯織「はい……親子丼でも作りますか?」 

P「がっつりしてるし、ナシじゃないけど……そうだな」 

P「……うん、オムライスが食べたいかな」 

灯織「オムライス……ですか」 

P「ああ、たまーに食べたくなるんだよな」 

灯織「…………」 



15 : ◆SESAXlhwuI 2018/05/21(月) 23:28:52.63 ID:PPVJBvgM0

P「すまん、無理なら——」 

灯織「いえ、大丈夫です」 

灯織「すぐ作りますから、プロデューサーは座って待っててください」 

P「えっ、そういう訳にも……」 

灯織「側にいられたら集中できませんから」 

P「ひどい……」ショボーン 

P「それじゃ、宣材写真でも眺めながら待ってるよ……」トボトボ 

灯織「……頑張らなきゃ」グッ 



16 : ◆SESAXlhwuI 2018/05/21(月) 23:29:21.27 ID:PPVJBvgM0

————— 

灯織「プロデューサー、お待たせしました」 

P「えっ、早くないか……?」 

灯織「何回もやってれば慣れますよ、このくらい」 

P「そういうものなのか……俺も練習してみようかな」 

灯織「さ、冷めない内に食べちゃって下さい」スッ 

P「おう!それじゃ……」ピタッ 



17 : ◆SESAXlhwuI 2018/05/21(月) 23:29:52.08 ID:PPVJBvgM0

灯織「どうかしたんですか?」 

P「灯織、一つだけ聞かせてくれ」 

P「……なんで、ケチャップでハート書いたの?」 

灯織「そ、それは……その」 

P「その?」 

灯織「……気まぐれです」プイッ 



18 : ◆SESAXlhwuI 2018/05/21(月) 23:30:40.22 ID:PPVJBvgM0

P「そうなの?」 

灯織「他に、描くものが思いつかなかったので」カァア 

P「普通にジグザグにかければ良いんじゃないか?」 

灯織「……それだと、見栄えがあんまり良くないじゃないですか」ムー 

P「うーん……?」 

灯織「ほら、早く食べちゃって下さい」 

P「わ、分かった……いただきます」 



19 : ◆SESAXlhwuI 2018/05/21(月) 23:31:23.62 ID:PPVJBvgM0

灯織「……ど、どうですか?」オズオズ 

P「……うっ」 

灯織「!?」ギョッ 

灯織(もしかして間違えた!?塩と砂糖入れ間違えたりとか……!) 

P「美味い!凄いぞ灯織、こんなに美味いオムライス久々に食べたよ!」パァアア 

灯織「なんだ……驚かせないでください」ホッ 

P「すまんすまん、ここまで美味いのが出てくるって思わなくてさ」 

灯織「……よしっ」 

P「あー、空きっ腹に沁みるな……」 

灯織「美味しいと思ってもらえたなら、良かったです」 



20 : ◆SESAXlhwuI 2018/05/21(月) 23:31:55.10 ID:PPVJBvgM0

P「こんなのを毎日食べられる灯織の家族は幸せだな……」 

灯織「……そこまで言うなら、お弁当作ってきましょうか?」 

P「良いよ、灯織に悪いからさ」 

灯織「そういう訳にもいきません」ムッ 

灯織「プロデューサー、いつも外食ばかりじゃないですか」 

P「そんな事ないぞ?この前も恋鐘のサンドイッチ食べたし」 

灯織「……はい?」ギロッ 

P「な、なんでそんな怒るんだ灯織……?」 

灯織「……別に、怒ってないですけど」プイッ 



21 : ◆SESAXlhwuI 2018/05/21(月) 23:32:24.43 ID:PPVJBvgM0

P「そ、そんな頻繁にじゃないぞ?」アワアワ 

灯織「……本当ですか?」 

P「ホントだって!おにぎりのお礼にって貰ったんだから!」 

灯織「……それなら、良いです」 

P(……よく考えたら言い訳する必要ないような) 



22 : ◆SESAXlhwuI 2018/05/21(月) 23:33:04.57 ID:PPVJBvgM0

P「もぐ……ごちそうさま!」 

P「それじゃ、ちゃちゃっと皿洗ってくるから待っててくれな」 

灯織「えっ、私洗いますよ?」 

P「こんな美味いもん食べさせて貰ったんだ、この位はしないとな」 

灯織「あっ、ちょっと……」 

灯織「……行っちゃった」 



23 : ◆SESAXlhwuI 2018/05/21(月) 23:33:37.68 ID:PPVJBvgM0

————— 

P「よし、終わったぞー……?」 

灯織「…………」スースー 

P「……あらら、やっぱり寝ちゃったか」 

P「そりゃそうだ、かなり遅くなっちゃったもんな……」 

P「さて、と……っ!」グッ 

灯織「…………」スヤスヤ 

P「軽いな……自分がもうちょっとちゃんと食べないとダメだろうに」 



24 : ◆SESAXlhwuI 2018/05/21(月) 23:34:03.15 ID:PPVJBvgM0

P「今度、どこか連れて行ってやるか……」 

灯織「…………♪」スリスリ 

P「……ん?」 

灯織「…………」スヤスヤ 

P「……気のせいか」 

灯織「♪」ニコニコ 



25 : ◆SESAXlhwuI 2018/05/21(月) 23:34:43.44 ID:PPVJBvgM0

————— 

キーンコーンカーンコーン 

はづき「あっ、そろそろお昼ですね」 

P「そうですね……っと」ターン 

はづき「すみません、書類作業を任せてしまって……」 

P「大丈夫ですよ、今日は皆レッスンですから」 

P「こういう時くらい手助けさせて下さい」グッ 

はづき「わぁ……それじゃ、これからもいっぱいお手伝いお願いしますねー?」ニコニコ 

P「はは、お手柔らかに」ハハハ 



26 : ◆SESAXlhwuI 2018/05/21(月) 23:35:09.72 ID:PPVJBvgM0

はづき「……あれ?今日はお外に食べに行かないんですか?」 

P「はい、今日は弁当です!」 

はづき「むむ……もしかして、彼女とかですか?」ニヤニヤ 

P「違いますよ、灯織です」 

はづき「ああ、なるほど……」ニヤニヤ 

P「無理しなくて良いんだぞ、って言ったんですけどねー」 

はづき「ふふっ、感想ちゃんと伝えてあげて下さいねー?」 

P「勿論です……それじゃ——」 

P「——ん?」ピタリ 



27 : ◆SESAXlhwuI 2018/05/21(月) 23:35:37.48 ID:PPVJBvgM0

————— 

灯織「ふぅ……」 

P「灯織、お疲れ様」 

灯織「プロデューサー……お疲れ様です」 

P「どうだった?今日のボイスレッスン」 

灯織「はい……やっぱり、声量が足りなかった気がします」 

灯織「もっとお腹から声出さないと……」 

P「そうか……うん、ちゃんと分かってるなら良かったよ」ウンウン 

P「今度、イルミネの3人でやった時に確かめてみような」 

灯織「はい、そうします……」 



28 : ◆SESAXlhwuI 2018/05/21(月) 23:36:06.64 ID:PPVJBvgM0

灯織「……お弁当は、もう食べましたか?」 

P「ああ、さっきこっちに来る前にな」 

灯織「どうでしたか……?」 

P「滅茶苦茶美味かったよ、量も申し分なかったしな!」ニコニコ 

灯織「良かった……」ホッ 

P「ああ、これで午後の仕事も捗りそうだ!」 




29 : ◆SESAXlhwuI 2018/05/21(月) 23:36:53.44 ID:PPVJBvgM0

P「……ところでさ、一つ聞きたいんだけど」 

灯織「なんですか?」 

P「ご飯に載ってる鶏そぼろ、なんでハート形に敷き詰められてたの?」 

灯織「……気まぐれです」カァアアア 


おしまい



30 : ◆SESAXlhwuI 2018/05/21(月) 23:42:22.48 ID:PPVJBvgM0

という事で初シャニssでした 
灯織SRのトゥルー見てないです悪しからず 

いやぁ、シャニマス二人三脚って感じがして凄い好きなんだ…… 
楽しんで読んでもらえたら幸いです



33 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/22(火) 00:53:31.41 ID:4o17qSUuo




34 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/22(火) 00:53:43.33 ID:NWzQdr8to

乙 
良かった






他のおすすめSS
 
 
P「趣味を見つけたい」 
春香「やんちゃな千早ちゃんの誕生日」 
千早「幸せなら手をたたこう」 
貴音「ちゃあしゅうの名月」響「中秋な」 
P「安価でアイドル達にドッキリをしかけよう!」 
P「安価でアイドル達にドッキリをしかける」 
やよい「買春したいかなーって」 
P「亜美に振り回される日々」