転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1509017651/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/26(木) 20:34:11.50 ID:agPzZsGF0

曜「なんで……なんでみかん嫌いなの…?」


善子「えっ…?


曜「おかしくない?」


善子「えぇ…なんでキレられてるの…」


鞠莉「みかん過激派だから」


善子「みかん過激派って何」






2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/26(木) 20:34:57.54 ID:agPzZsGF0

曜「本当に全部ダメなの?」


善子「何が…?」


曜「あの…みかんの……系列っていうか…その……ポン系?」


善子「???」


鞠莉「………柑橘系ね」


曜「そう!それ!」


善子「ポン系は頭悪すぎる」


曜「忘れて」


鞠莉「実際どうなのよ…?」


善子「うーん…そうね……」


鞠莉「レモンダメだったらグーパンするけど」


善子「過激派が多すぎない?」



3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/26(木) 20:35:34.61 ID:agPzZsGF0

善子「物によるけど…あんまり好きじゃないわね」


鞠莉「この拳をまた血で染めることになるとは…」


善子「常習犯かよ」


曜「そういえばジュースも得意じゃなさそうだったしね」


善子「そうね…形が無くてもやっぱり風味が、ね」


鞠莉「ふーん……」




4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/26(木) 20:36:29.50 ID:agPzZsGF0

曜「鞠莉ちゃんは…納豆とキムチが嫌いだっけ」 


鞠莉「えぇ…そうね」 


善子「なんていうか…分かり易いわね」 


鞠莉「そう?」 


善子「両方とも発酵食品だし」 


曜「どうしても食べられない?」 


鞠莉「うん…苦手だわ」 


善子「世界中の食物が全て吹き飛んで納豆しか食べられないとしても?」 


鞠莉「うーん……世界設定が厳しい…」 


曜「もし口に納豆詰められたらどうする?」 


鞠莉「殴る」 



5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/26(木) 20:36:57.58 ID:agPzZsGF0

曜「なんでそうも対応がインスタントなの」 


鞠莉「口に納豆詰めに来る方がおかしいでしょ」 


善子「なんなら私口にみかん詰められたことあるわよ」 


鞠莉「ウケるw」 


善子「ウケてんじゃないわよ」 



6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/26(木) 20:37:53.79 ID:agPzZsGF0

善子「曜は…刺身どうなのよ!」 


鞠莉「あれ、でも前部室で舟盛りつついてた時食べてなかった?」 


善子「改めて聞くとその文言本当意味わからないわね」 


曜「あー……最近いける様になったよ」 


鞠莉「あら、そうなの?」 


曜「うんちょっと食べたら意外と、ね」 


鞠莉「へぇー……」 


曜「なんなら口の中全部刺身でもいけるよ」 


善子「それはキモい」 



7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/26(木) 20:38:33.10 ID:agPzZsGF0

善子「だったら…プロフィール直しときなさいよ」 


曜「いやー…全部変えるのめんどくさくて…」 


鞠莉「あとプロフで思い出したけどパサパサしたものって…何?」 


曜「え?」 


鞠莉「曜書いてたじゃない、もう一個嫌いなもの」 


曜「………………なんだろ?」 


善子「あなた書いたんでしょ!?」 



8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/26(木) 20:39:06.95 ID:agPzZsGF0

曜「いや……何かをイメージしたのは覚えてるけど…なんだっけ…」 


善子「初めて見たわよ、『パサパサしたもの』で括る人」 


曜「なんだっけ…」 


鞠莉「ま、思い出せないくらいの嫌いレベルのものなんでしょう」 


善子「嫌いレベルって何…?」 


曜「あー!!思い出した!」 



9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/26(木) 20:39:41.29 ID:agPzZsGF0

曜「そうだ!!ゆでたまごだ!」 


鞠莉「ゆでたまご…?固茹で?」 


曜「うん、そう!」 


善子「…どういうこと?」 


曜「まず、プロフに書くことが思いつかなくて…とりあえず嫌いなものでも書いとくかってなったんだけど…」 


善子「うーん…??」 



10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/26(木) 20:40:08.15 ID:agPzZsGF0

曜「で、ゆでたまご書こうとしたんだけどその時隣に梨子ちゃんがいて…」 


鞠莉「梨子?」 


曜「なんか…その頃出会ったばっかりだし…ケンカ売ってる感出そうだからボヤかしたんだった」 


善子「しょうもな!」 


曜「は?……今、なんて言った?」 


善子「しょうもな!」 



11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/26(木) 20:40:34.64 ID:agPzZsGF0

善子「パサパサの食べ物にしたことでどれだけの食べ物が巻き込まれたか考えなさいよ」 


鞠莉「なんでパサパサ代表みたいにキレてるのよ」 


曜「パサパサ代表w」 


鞠莉「お肌パサパサ善子ちゃん」 


善子「シメる」 



12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/26(木) 20:41:28.92 ID:agPzZsGF0

善子「なんで齢16にしてお肌パサパサとか言われなきゃいけないのよ」 


曜「代表だからね」 


鞠莉「結局ゆでたまごは食べれるの?」 


曜「固すぎ無ければ食べられるよ」 


善子「あなたプロフィールに偽りありすぎでしょ」 



13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/26(木) 20:42:08.18 ID:agPzZsGF0

曜「いやー……まあなるべく埋めようとしてたから…」 


善子「全く……」 


鞠莉「正しい姿をファンに知ってもらうのも大事なことよ?」 


善子「鞠莉の言う通りよ、直しときなさいよ」 


曜「本当のわたしは誰にも理解できない……」 


善子「急に闇の深い世界観出さないで」 



14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/26(木) 20:42:47.29 ID:agPzZsGF0

曜「そうかー…まあ年貢の納め時か…」 


善子「絶対表現間違ってる」 


鞠莉「とりあえずプロフィールの紙新しく書いて出しましょうよ」 



曜「そういえばあれ、誰が更新してるの?」 


善子「千歌さんでしょ?私紙渡したわよ」 


曜「え?でも私千歌ちゃんがルビィちゃんに渡してるの見たよ?」 


善子「あ、じゃあルビィか」 




鞠莉「……待って」 



15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/26(木) 20:44:11.42 ID:agPzZsGF0

鞠莉「私見たわ、ルビィがダイヤに渡してるのを」 


曜「あ、じゃあダイヤさんか」 


鞠莉「でも、ダイヤは私の共々纏めて持って行きながら言ってたわ…」 











鞠莉「『千歌さんに渡してきます』って……」 


善子「……」 


曜「………」 










善子「え……誰が本当に更新してるの…?」 


曜「本当のAqoursは誰にもわからない…」 


善子「闇深い世界観は今怖いからやめて」 



16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/26(木) 20:44:45.75 ID:agPzZsGF0

鞠莉「この話はやめましょう」 


善子「そ、そうね…きっと身内でプリント回しあってるアホ集団なのよ……」 


曜「アホ集団て」 


鞠莉「それよりもっといい話しましょうよ、最近ハマってる事とか」 


善子「最近ねぇ……」 



17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/26(木) 20:45:16.52 ID:agPzZsGF0

曜「最近は人の口にみかんを入れるのにハマってるよ」 


善子「どういうことよ」 


鞠莉「ほんと?ちょっとやってみてちょうだい!」ガシッ 


善子「ちょっとw羽交い締めやめなさいよw」 


曜「いくよー!」 


善子「やめ…w…やめなさいよ…w」 


鞠莉「そこだ!やったれ!」 


善子「やめ…ちょ…っ…やめろ!」 



18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/26(木) 20:45:56.51 ID:agPzZsGF0

善子「死ぬかと思った……」 


鞠莉「善子って背中から汗かくタイプ?めっちゃべっとりした」 


曜「みかん握って近づいただけでこんなに盛り上がれるなんて…」 


善子「盛り上がっては……はぁ…ないわ……」 



19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/26(木) 20:46:33.51 ID:agPzZsGF0

鞠莉「こういうマイブームとかをプロフィールに反映すればいいのよ」 


善子「口にみかん突っ込んでくるやつ絶対推したくない」 


曜「確かに、自由欄にもっと書きこめばいいかも!」 


善子「確かにじゃないわよ」 


鞠莉「いいから、とにかく…新しいプロフィールを作るわよ!」



20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/26(木) 20:47:29.01 ID:agPzZsGF0

鞠莉「ええと…背中から汗をかく…みかんにキレる…」 


善子「なんで人のを書いてるのよ!」 


鞠莉「同じように書いても多分変わらないでしょう?人から見た姿っていうのも大事だと思うのよ!」 


曜「パツキンの…チャンネー……」 


善子「あなたのやつ明らかに偏って作られてるわよ!?」 


鞠莉「まあ…しょうがないわね?」 


善子「あぁ……そう…」 


鞠莉「さてと……ええと…頭から団子三兄弟が出せる…」 


善子「ちくしょう……絶対にあることないこと書いてやる…」 



21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/26(木) 20:48:45.73 ID:agPzZsGF0

曜「何々…つむじが無限にある、実はスペイン人……なんだこれ」 


鞠莉「パツキン、笑い声から推定するに実は40代男性……いや意味が分からない」 



善子「紙ゴミでしょ、これ」 



鞠莉「まあ、とりあえずこれをプロフィールに反映して…」 


善子「出来るわけないでしょ…!」 


曜「まあまあ、とりあえず操作ミスってことで一回載せてみたら」 


善子「操作ミスでこんなん出てくる方がおかしいでしょ」 


鞠莉「……待って!」 


善子「今度はどうしたのよ…」 












鞠莉「……これ…誰に言えば反映できるの…?」 


善子「……」 


曜「……誰にもわからない…」 



22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/26(木) 20:49:23.71 ID:agPzZsGF0

鞠莉「……帰りましょうか」 


善子「えぇ…」 


曜「賛成であります…」 


鞠莉「よかったらウチに泊まってかない?今日お客さん少ないし」 


曜「ホント?やった!」 


善子「あの甘みの塊みたいなお菓子ある?」 


鞠莉「あるわよー!」 


曜「やったー!花丸ちゃんに聞いてから食べてみたかったんだ…!」 


鞠莉「よーし!そうと決まれば下駄箱まで競争よー!」 


善子「あ、ちょっと…待って!ずるいわよ!」 



23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/26(木) 20:50:01.62 ID:agPzZsGF0

曜「いちばーん!」 


鞠莉「流石曜…早いわね……」 


善子「はぁ…スタート揃えなさいよ…!」 


曜「スタートは誰が言い出した瞬間だよ!」 


善子「そんなの言ったもん勝ちじゃない!」 


鞠莉「ふふふっ………」 



24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/26(木) 20:50:52.31 ID:agPzZsGF0

鞠莉「あ…そうだ!、二人に言いたい事があるんだけど…」 


曜「何?」 


善子「…今更隠し事なんて無しよ、そうでしょ曜?」 


曜「うん…そうだよ!」 


鞠莉「ふふっ…ありがとう、二人とも」 



25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/26(木) 20:52:40.88 ID:agPzZsGF0

鞠莉「あのねーーー!」 


鞠莉「プロフィール手打ちしてるの!私!」 










善子「よし、デコピンするわ…そこに直りなさい」 


曜「捕まえたであります、善子ちゃん」ガシッ 


鞠莉「ウェイト……ちょっと!…ちょっとタンマ……!」 







善子「おらぁぁぁぁ!」ベチ-ン 

鞠莉「痛ッーーーーー!!!!」 



おわり 



26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/26(木) 22:13:58.23 ID:lsFFlvOwo

いいね






他のおすすめSS
 
 
 
 
 
千歌「梨子ちゃんがスマホ見ながらボーッとしてる」 
ロリ果南「あっ、志満お姉ちゃんだー!ぎゅーして!ぎゅー!」 
善子「ねぇリリー、ジャンケンしよ~」梨子(しつこいわね) 
千歌「梨子ちゃんが女の子同士でエッ○する漫画読んでた...」 
曜「千歌ちゃん、何かいつもと違わない?」干歌「え、何が?」