転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1528631130/

1 : ◆.FkqD6/oh. 2018/06/10(日) 20:45:30.54 ID:fXGkoYq2O

――――

いつだったか、仕事を片付けてコーヒーを淹れていた時の話を思い出す。

「そういえば、――はどうしてプロデューサーになろうと思ったんだ?」

コーヒーを二つのカップに注ぎながら、彼女がぽつりと聞いた。

カップを受け取りながら、ぼんやりと考える。

「うまく説明できないけど、これだ、って思えたからかな」

「迷ったとき、こっちだって思ったのがプロデューサーの仕事だったんだ」

「そうか」

それっきりだったので、コーヒーに口を付ける。

彼女はしばらくカップを見つめた後に、スティックシュガーを入れてかき混ぜ始めた。



「じゃあ、晶葉はどうしてロボットを作ろうって思ったんだ?」

彼女はしばらく答えなかった。コーヒーを半分ほど飲んだところで、

「いつか話そう」

すまない、と小さくこぼした。








2 : ◆.FkqD6/oh. 2018/06/10(日) 20:46:35.23 ID:xBEHVYvO0

・モバマスSSです。



3 : ◆.FkqD6/oh. 2018/06/10(日) 20:47:59.07 ID:xBEHVYvO0

――――

外回りを終えて事務所に戻る。

汗ばむような外気温と違って、事務所の中は心地良い。

「ただいま帰りました」

返事はまばらに返ってくる。

同僚や事務所のアイドル達は出回っていて、この時間帯は人が多くない。



机の上は工具と部品に占領されていた。

初めは口論にもなったものだが、今となってはいつものことだ。

「帰ったぞ、晶葉。机を返せ」

声を掛けたが、反応はない。

ロボを片手にうんうんと唸りつつ、机の上のドライバーへ手を伸ばした。

そのドライバーを、ひょいとつまみ上げる。





4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/10(日) 20:48:52.43 ID:xBEHVYvO0

「あれ、ドライバーは……なんだ君か」

「なんだじゃないだろう。ほら」

ドライバーを渡して、席を立たせる。

集中していたためか、少し不満そうに机の上を片付け始めた。



「今度のライブ用のロボか、それ」

「ああ。なんたって初めての誕生日ライブなんだ、最高の舞台にしたいだろう?」

これを見てくれ、と机に一枚の紙が広がる。

新しいロボットの設計図だ。

「やはり、私といえばロボだからな。歌やダンスも大事だが、これだけは譲れない」

へへん、と胸を張る。

彼女の趣味であり、本業であり、かつては全てだったもの。

アイドルとなった今でも、彼女とロボットは切り離すことのできない大切な存在だ。


「だからといって、俺の机で作るのはやめてくれ」

「むう、いいじゃないかこれくらいは」






5 : ◆.FkqD6/oh. 2018/06/10(日) 20:50:03.93 ID:xBEHVYvO0

ぶつくさと言い出す彼女を促して、隣の席に座らせる。 

元々は空き机だったが、何人かのアイドル達が私物を置くための収納スペースとして扱っている。 

彼女もその一人で、机の上はほとんど専用の作業台だ。 

その割には、なぜか俺の机で作業をしたがるのだが。 



「そうだ、――。君に頼みがある」 

「買い出しか?」 

ロボット製作にはとにかく、材料や部品が必要となる。 

このところは仕事やレッスンで忙しく、彼女の馴染みの店にもあまり行けていない。 

「ああ、それもなんだが……一度、家にも寄ってほしい。昔のロボも、直せるものは改造して使おうと思ってな」 

「分かった」 

あんまり夜までやると、寮母さんに怒られるぞ。 

そんなのはいつものことだ、と笑う。 

「じゃあ、帰りに寄ってくか。レッスン行くぞ」 





6 : ◆.FkqD6/oh. 2018/06/10(日) 20:51:44.98 ID:xBEHVYvO0

―――― 

レッスンも終わり、車を走らせる。 

傾いた夕日が眩しくて、サンバイザーを倒した。 

互いに会話もなく、流していたラジオはもうすぐ梅雨入りだとニュースを伝えている。 



「……そういえば、誰かライブに呼びたい人はいるか?」 

誕生日ライブは、決して規模の大きいものではない。 

それでも、今まで彼女が経験したことのない舞台を用意した。 

デビューから、もう何年も経った。今の彼女なら、いけるだろう。 

「何席かなら用意できるが」 

「……呼びたい人、か」 

彼女はしばらく、黙った。 

「事務所の誰かでも、友達でも……そういえば、晶葉のご両親は」 

「すまない。ちょっと、考えさせてくれないか」 

「……分かった」 



その日は、それっきりだった。 






7 : ◆.FkqD6/oh. 2018/06/10(日) 20:52:41.70 ID:xBEHVYvO0

彼女の自宅まで着くと、 

「今日は、ここまででいい。寮には泊まると伝えておくよ」 

「……晶葉、さっきは」 

「気にするな、私の問題だからな」 



また明日、と車を降りて歩いてゆく。 

見送ることしか、できなかった。 




8 : ◆.FkqD6/oh. 2018/06/10(日) 20:56:53.74 ID:xBEHVYvO0

―――― 

次の日は、普段と変わらない様子だった。 

「もう大丈夫だ。私も休んではいられないからな」 

「やっぱり、昨日の」 

言葉は指で遮られる。 

大丈夫だ、ともう一度念を押されて、黙ってしまった。 



けれど、二日、三日と経つに連れて、彼女は調子を落としていった。 

レッスン中もぼんやりと空を見つめていたり。 

呼びかけても返事が返ってこないことが増えた。 



ライブ当日まで、時間はない。 

どうしたら良いのか。何が最善か。 

それは誰にも分からない。 

「申し訳ありません、今日のレッスンはお休みで……ええ、はい、ありがとうございます」 

「……よし」 

それでも。 

彼女と向き合う他に、思い当たる道はない。 





9 : ◆.FkqD6/oh. 2018/06/10(日) 20:58:45.75 ID:xBEHVYvO0

彼女は珍しく、俺の机ではなく作業用の机に座っていた。 

ぼうっとしたように、手にしたロボットを見つめている。 

今までに見たことのない、やや色あせの見えるロボットだった。 

「晶葉」 

「……ああ、すまない。レッスンの時間か?」 

こちらに気付くと、そそくさと広げた工具や部品を工具箱に押し込み始める。 

手付きはいつになくぎこちない。 

「どうした?」 

「……なんでもない。ほら、変に見えるか?」 

すぐさま頷く。 

彼女は観念したように、ため息を付いた。 

「君に隠し通せることでもない、か」 





10 : ◆.FkqD6/oh. 2018/06/10(日) 21:02:56.74 ID:xBEHVYvO0

彼女は手にしていたロボットを机の上に置く。 

見るからに不格好な出来で、マジックで描かれた顔は年月が経って薄れている。 

「こいつはな、私が作った初めてのロボなんだ」 

「今になってよく見ると、じつに酷い出来だが……大切な思い出だよ」 



ゆっくり、言葉をまとめるように彼女は間を置いて話し始める。 

「聞いてくれるか、――」 

「少し、話が長くなる」 

「分かった」 

彼女が、ようやく少しだけ笑ったのが見えた。 






11 : ◆.FkqD6/oh. 2018/06/10(日) 21:05:02.21 ID:xBEHVYvO0

席を移して、コーヒーを淹れる。 

差し出したカップを手にとって、彼女がぽつりぽつりと話し始める。 

「……小さい頃に、父が小さなロボットをくれたんだ。初めてのプレゼントだった」 



「当時から忙しい人でな、あまり構ってもらえなかった」 

それでも父親らしくあろうとしたのだろうか。 

幼いころの彼女は、もらったロボットを手放さなかったという。 

「どうやったらこのロボを作れるか? もっとすごいものを作れるか?」 

「そうして、私はロボを作り始めたんだ」 

最初は紙や木で。 

次第に、関節を作って曲げられるようにして。 

いつしか、電池で動くものを作っていた。 

「すごいだろう? 嬉しくなって、こいつを父にも見せたんだ」 

「どうだったんだ?」 

彼女は頷く。 

「そりゃあもう、喜んでもらえたよ」 





12 : ◆.FkqD6/oh. 2018/06/10(日) 21:08:05.61 ID:xBEHVYvO0

「だから、私はもっとロボを作った。いっぱい見せて、いっぱい喜んでほしかった。でも」 

「忙しいから、後で。こればっかりだった」 

ずっと仕事と研究ばかりで、彼女の父は家を空けていたらしい。 

たまの休みに返ってきても、倒れるように寝ていたという。 

「……だから、こう思ったんだ。もっとすごいロボを作らないと、父に見てすらもらえない」 

「私は、もっとロボを、私自身を見てほしかった」 

これが私の始まりなんだ、と彼女は言う。 



「それからは、必死だったよ。どうしたらもっと動くか、新しい機能を作れるか……ずっと、研究の日々だった」 

父の書斎から本や論文を引っ張り出して。 

新しい雑誌を見つけては立ち読みして。 

ロボット製作のために、彼女はあらゆる手を尽くした。 

「あとは、君も知る通りの話だよ」 

言葉に困って、コーヒーを一口すする。 

冷め始めたコーヒーの酸味が、じわりと広がった。 





13 : ◆.FkqD6/oh. 2018/06/10(日) 21:08:58.30 ID:xBEHVYvO0

「……そのロボット、どうするんだ」 

「スクラップにして、部品を新たなロボに回す」 

一瞬、息を飲む。 

本当にそれで、いいのか。 

思わず言葉が溢れ出る。 



「……それでいいと、思っていたよ」 

「でも、分解していたらこんなものを見つけてしまってな」 

彼女が差し出したのは、丸まったメモ用紙だった。 





14 : ◆.FkqD6/oh. 2018/06/10(日) 21:12:00.69 ID:xBEHVYvO0

急いで書いたように崩れた筆跡は、おそらく彼女の父のものだろう。 

「足が稼働しない、腕の動きが肩だけ、塗装が甘い……?」 

ひどいだろう、と彼女は笑う。 

「初めてロボを作った娘に、こんな感想を残すんだ」 

本当にひどい話だ、と彼女はこぼす。 



「でも、褒め言葉も書いてあるぞ」 

電池で動くロボットを作れている。 

手描きの顔がかわいい。などなど。 

メモの隅には、『よくできました』のスタンプが押されていた。 

スタンプの下に付け加えたように、将来有望、とも。 

「最初のこれきりだったけどな」 



「……裏にも何か書いてあるな」 

小さなメモに、鉛筆が走っていた。 

「なんだ、何が書いて……ある……?」 





15 : ◆.FkqD6/oh. 2018/06/10(日) 21:13:42.54 ID:xBEHVYvO0

いつかみらいのわたしへ 



きょうははじめてのロボをおとうさんにみせた 

とてもよろこんでくれた 

うれしかった 

もっとすごいロボをつくって 

もっとよろこんでもらえますように 






16 : ◆.FkqD6/oh. 2018/06/10(日) 21:15:31.28 ID:xBEHVYvO0

彼女はずっと手にしたメモをじっと見つめていた。 

声を掛けようかと思ったその時、彼女が口を開く。 

「いつか未来の私へ、か」 

「君に頼みがある、――」 

彼女の頬は少しだけ、赤みがかっていた。 

彼女が何を思ったか。そのすべてを知ることはできない。 

それでも。 

何も分からないほど、知らない訳ではない。 

「二人分、ライブのチケットを用意できるか?」 

「任せろ」 

いつも通りの、自信に満ちた笑顔が戻った。 

ずっと、待ち望んでいた自信が、彼女に再び宿る。 

「晶葉の頼みだからな。なんとかする」 



「ありがとう、――。いつもすまない」 

これくらい、今に始まったことではない。 

普段の無茶に比べれば、簡単なことだ。 

「招待状の文面でも考えるか?」 

「……それもそうだな。考えておくよ」 

もう一度だけ、彼女がありがとうと繰り返した。 





17 : ◆.FkqD6/oh. 2018/06/10(日) 21:20:50.72 ID:xBEHVYvO0

―――― 

本番も一時間前となり、会場は慌ただしく準備に動いている。 

控室を覗くと、衣装に着替えてロボットの最終調整を済ませている彼女がいた。 

「大きい舞台だな……さ、流石に緊張するよ」 

ドライバーを握ったその手は震えている。 

「鋼のメンタル、じゃなかったのか?」 

「そ、そうだけど、どんなことでも初体験はやはり、緊張してしまう」 

握りしめたドライバーを離して、手を重ねる。 



「大丈夫だ」 

今日のために、彼女は練習を積み重ねた。 

それを一番近くで見てきたのは、他ならぬ自分だ。 

「優秀な助手がいるんだから、安心して失敗してこい」 

「……そこは、もっと私を励ますところじゃないのか?」 

へへん、と笑みが戻る。 

「でも、大事な事は成功でも、失敗でもない。挑戦だ」 

「そうだろう、――?」 

その通りだ、と頷く。 





18 : ◆.FkqD6/oh. 2018/06/10(日) 21:25:44.51 ID:xBEHVYvO0

「そうだ、――。ちゃんと両親にも話したよ」 

「今日のライブ、見に来てくれるそうだ」 

その言葉に胸を撫で下ろす。 

「本当に、良かったな」 

良かったよ、と彼女は頷く。 

「今まで見てもらえなかった分、今日の私を見てくれると嬉しいな」 

「見てくれるさ。大丈夫だ」 



「でも、そう思えるようになったのは、こいつのおかげだよ」 

テーブルの上に座るロボを指差す。 

彼女が初めて作ったロボット。 

塗装は塗り替えられ、手描きの顔は自信に満ちた表情に変わっている。 

手足も自由に動くようになり、本番ではダンスを披露してくれるそうだ。 





19 : ◆.FkqD6/oh. 2018/06/10(日) 21:28:33.92 ID:xBEHVYvO0

「こいつのおかげで、私もやっと気付かされたよ」 

「アイドルを続けようと思った理由も、ロボを作り続けようと思った理由も同じだ、ってな」 

少し恥ずかしそうに、彼女は笑う。 

「誰かの笑顔のためだ」 

「私の歌でも、ロボでも。ファンの皆、事務所の皆、そして誰よりも……君が喜んでくれる」 

「それが私の原動力だったんだ」 

昔の自分のおかげだな。 

そうに違いない、と笑い合う。 



「だが、私一人ではロボは作れてもライブはできない」 

「だからこそ、――の力が必要なんだ」 

任せろ、と拳を付き合わせる。 

「大丈夫だ、晶葉。俺がここにいる」 

「ああ。私達のライブを完成させよう!」 





20 : ◆.FkqD6/oh. 2018/06/10(日) 21:36:06.74 ID:xBEHVYvO0

「……おっと、忘れるところだった」 

「ライブのことばかり考えていたけど……今日、誕生日だろ。おめでとう」 

鞄から包みを取り出し、開ける。 

「これは……リボンか」 

「ああ。衣装に合わせているけど、普段でも似合うだろう……これで、よし。どうだ」 

椅子を鏡に向ける。 

「……流石は――だな」 

しばし惚れ惚れと鏡を見ていたが、急に我に返って、 

「ちょっと恥ずかしいな。でも、ありがとう」 

これで、ステージの上でも一人ではないな、と笑う。 

流石にこちらも、少し恥ずかしくなって目を反らす。 

「ああ、駄目だ、――。もっとよく見てくれ」 

「その……今の私は、どうだ? かわいい?」 



気恥ずかしさのあまりに頭を掻こうとして、止める。 

「当たり前だろ。今の晶葉は……今じゃなくたって、いつだって可愛い」 

「……ありがとう。もう、大丈夫」 

ドアがノックされる。 

もう少しだけ時間があっても、良かったのに。 





21 : ◆.FkqD6/oh. 2018/06/10(日) 21:40:33.27 ID:xBEHVYvO0

―――― 

「……さあ。行くぞ、晶葉」 

「ああ。アイドルとしての私を見せてあげよう……と、その前に」 

彼女が軽く、俺の肩を押す。 

「胸を張れ、――。君の自信が、私の勇気なんだ」 



「さあ、開演だ!」 

力強いハイタッチとともに、彼女がステージへと向かう。 

「大丈夫だ、晶葉」 

聞こえていたかは分からない。 

それでも、彼女は後ろ手を振った。 

私を信じろ、と聞こえるかのようだった。 



ステージの幕が上がる。 

ライトが灯る。 

舞台の始まりだ。 





22 : ◆.FkqD6/oh. 2018/06/10(日) 21:42:05.38 ID:xBEHVYvO0

「アー、アー、聞こえるかファン諸君。私の誕生日ライブへようこそ」 


「今日のために作り上げたロボたちと、アイドルとしての真の私をお見せしよう!」 


「舞台装置……起動!」 


熱狂の中、一曲目がコールされる。 



さあ、行け。 


祈るように。願うように。 


彼女を見送った。 





23 : ◆.FkqD6/oh. 2018/06/10(日) 21:44:14.23 ID:xBEHVYvO0

―――――――― 

「……いつか過去の私へ」 


「きっと予想もできないだろうが……未来の私は、アイドルをやっているよ」 


「もちろんロボも作っている。でも、歌って踊って……信じられないだろう?」 




「だが……君が思っていたよりも、ずっと。ここは楽しい世界だったよ」 





24 : ◆.FkqD6/oh. 2018/06/10(日) 21:46:17.00 ID:xBEHVYvO0

以上で終わりです。 
ありがとうございました。 

晶葉ちゃん、誕生日おめでとう。 



25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/11(月) 00:24:35.45 ID:H/mCNnsyo







他のおすすめSS
本田未央「万引きを目撃した?」 
荒木比奈「ジメジメした季節」 
【モバマス×SCP】道明寺歌鈴、喋るバナナの皮と出会う 
【デレステ】Sweet Witches' Night 乃々「5人目はもりくぼですけど……」 
文香「…狂人薬?」 
【モバマス】梨沙「小中戦隊ドデカレンジャー! このあとすぐ!」 
飛鳥「文香さんいいよね……」 ありす「いい……」 
モバP「人生勝ち組になりたいんですよ」 ちひろ「……」 
美嘉「全然まったくちっちゃい女の子なんて好きじゃないのに、これは困ったなー★」 
【モバマス】輝子「しりとりの『り』」