転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1430909997/

1: ◆3pCIhha3Cw 2015/05/06(水) 20:00:07.36 ID:SNctPzqz0

※エロ注意
※所々端折ってます

奉仕部部室

八幡「雪ノ下......」

雪乃「比企谷くん......」

八幡「まぁ、これからは恋人として宜しくお願いします?」

雪乃「どうして疑問系なのかしら」

八幡「なんかあまり実感がわかなくてな」

八幡(そりゃ、今までの出来事を抜きにしても散々罵倒されたり、友達になろうとして断られたからな)

雪乃「もしかして罰ゲームで告白してるとでも?」

八幡「罰ゲームだとか、お前相手にそんな事をする命知らずなんていないだろ」

雪乃「ええ、そういう輩は一時間程かけて泣かしてあげるわ」ニコ

八幡「笑顔で怖いこと言うな」

ガララ





2: ◆3pCIhha3Cw 2015/05/06(水) 20:01:09.59 ID:SNctPzqz0

陽乃「雪乃ちゃん、比企谷くん、ひゃっはろー!」

雪乃「姉さん?どうして学校にいるのかしら?まさか......」

陽乃「偶然だよー。ちょっと学校に用事があってその後に雪乃ちゃん達のいる所に寄ろうとしたんだけど」

陽乃「中の様子は2人きりで覗いて見たらなんと!カップルが成立した瞬間でした!」

八幡「......」

陽乃「しかも雪乃ちゃんが比企谷くんに告白するなんて!」

陽乃「やっぱり2人はお似合いだと思うんだよねー、このこのっ!」

雪乃「......」

陽乃「比企谷くんには色々ちょっかい出したけどあまり意味がなかったかも!」

陽乃「それと勘のいいガキなんて言ってごめんね?あれはちょっと言葉が悪いね。てへ♪」

八幡「いえ......」



3: ◆3pCIhha3Cw 2015/05/06(水) 20:01:53.06 ID:SNctPzqz0

陽乃「雪乃ちゃんとも色々あったけどこれからは本当の意味で姉妹仲良くしないとね!」

陽乃「ということでこの前の借りもなしでいいよ!そんなのがあっても堅苦しいだけだから」

雪乃「......ありがとう姉さん」

陽乃「初めて比企谷くんと会った時に彼氏かどうか聞いたけどその通りになったね!」

陽乃「そういえば彼氏になったらお茶行こうって言ったっけ」

八幡「......」

陽乃「祝福として私がおごるよ。最近、ちょうどいい店見つけたんだ」

陽乃「あ、雪乃ちゃん。これは将来の義弟との親睦を深めるだけだからね?」

雪乃「......」

陽乃「義弟といえば比企谷くんが私の事をお義姉さんって呼ぶ日も近いね!」

陽乃「というより今からお義姉さんって呼んでも全然オッケーだよ♪」

八幡「......」

雪乃「......姉さん」




4: ◆3pCIhha3Cw 2015/05/06(水) 20:02:39.73 ID:SNctPzqz0

陽乃「ん?」ポロポロ 

雪乃「......どうして泣いてるのかしら?」 

陽乃「......え?」ポロポロ 

陽乃「あはは......目にゴミが入ったなんてごまかしはきかないかな?」ポロポロ 

雪乃「ええ、姉さんの泣くところなんて初めて見たわ」 

陽乃「雪乃ちゃんが泣いたところは昔たくさん見たのにね」グス 

雪乃「まさか......」 

陽乃「うん、雪乃ちゃんと比企谷くんがくっつけばいいなーって思ったんだけど......」グス 

陽乃「私も......いつからか比企谷くんの事が......」グス 

雪乃「......姉さん」 

陽乃「でも姉としては妹の事を祝福してあげないといけないから」



5: ◆3pCIhha3Cw 2015/05/06(水) 20:03:14.98 ID:SNctPzqz0

陽乃「ごめんね?みっともないとこ見せちゃって」 

雪乃「そうね、姉さんなら欲しい物を力づくでも奪い取ると思うのだけれど?」 

陽乃「さすがに物じゃないからそんな事はできないよー」 

雪乃「なら2人で付き合うのはどうかしら?」 

陽乃「え!?」 

雪乃「私も男女交際は初めてで相手がこんな男というのがすごく不安なのよ」 

雪乃「だから姉さんも一緒に付き合って欲しいわ」 

陽乃「......雪乃ちゃん」 

雪乃「それとも、なんでも出来るはずの姉さんには難しい事かしら?」ニコ 

陽乃「それ......挑発のつもりかな?」 

雪乃「ええ、我ながら安い挑発だとは思うわ」



6: ◆3pCIhha3Cw 2015/05/06(水) 20:04:10.61 ID:SNctPzqz0

陽乃「いいよ、私も男の子と付き合うのは初めてだけどちょっと本気を出せば比企谷くんを惚れさすくらい簡単だから」 

雪乃「どうかしら?初めて会った時から比企谷くんは姉さんの外面のよさに気づいているのだからそんなに簡単ではないと思うわ」 

陽乃「言ったね......比企谷くんが雪乃ちゃんより私の方を好きになっても知らないよ?」 

八幡「」ポカーン 

八幡(陽乃さんが俺の事を......確か今までスキンシップとか、ちょっかいを出されたりしたが) 

八幡(でもそれは本心なわけがなくて......なんかややこしくなってきた) 

八幡(つーか、こんな男ってなんだよ。あまり否定できない気もするがほんとに俺の事好きなのか?) 

八幡(それ以外にも色々とツッコむところがあるはずだが言葉が出ない......) 

八幡(そもそも俺に拒否権はないの?2人と付き合うの?)



7: ◆3pCIhha3Cw 2015/05/06(水) 20:05:08.54 ID:SNctPzqz0

雪乃「さて、疑り谷くん」 

八幡「何も言ってないのに変な呼び方しないでくんない?」 

雪乃「今の姉さんを見てどう思う?」 

八幡「……お前ほど雪ノ下さんの事は知らないが今のは嘘泣きに見えないと思った」 

雪乃「ええ、私もこんな姉さんは初めて見たわ」 

八幡「そ、そうか」 

雪乃「という事で比企谷くん」 

八幡「な、なんだよ」 

雪乃「姉妹共々よろしく」ニコ 

ーーーーー 
ーーーー 
ーーー



8: ◆3pCIhha3Cw 2015/05/06(水) 20:05:57.41 ID:SNctPzqz0

数週間後、奉仕部部室 

八幡「うーす」 

雪乃「こんにちは、比企谷くん」 

八幡(今日は2人きりか......) 

八幡(そういや一色もあまり来なくなったな。まぁ、面倒な用事を持ち込まれても困るが) 

八幡「よいしょっと」ストン 

雪乃「はい」カチャ 

八幡「おう、悪いな」 

八幡「......」ペラ、ズズ 

雪乃「......」ペラ 

八幡「......」ペラ 

雪乃「......」パタン 

八幡「......」 

雪乃「比企谷くん、ドアに鍵を掛けてくれないかしら?」



9: ◆3pCIhha3Cw 2015/05/06(水) 20:06:53.22 ID:SNctPzqz0

八幡「......わかった」 

雪乃「......」 

スタスタ 

ガチャ 

クル 






八幡「!?」 

雪乃「......///」



10: ◆3pCIhha3Cw 2015/05/06(水) 20:07:49.03 ID:SNctPzqz0

八幡(いつのまに目の前に立ってる......) 

八幡(上目遣いで可愛い......って) 

ガシ、ガタン、チュゥゥゥ 

八幡「ん!んんー!」 

雪乃「んん!んちゅ、れろぉ、んんっ」 

八幡(突然、舌を入れてキスしだした) 

八幡「ん!んちゅ、んんー」 

雪乃「んちゅ、れろぉ、んんっ、ちゅる、ちゅ」 

八幡(いい匂いはするし唇も柔らかくて気持ちいいには違いないんだが......) 

バッ 

八幡「まてまて!いきなりすぎるだろ」ガシ 

雪乃「嫌なの?」ウルウル 

八幡「そうじゃないが......」 

雪乃「せっかく久しぶりに2人きりになれたのに......」



11: ◆3pCIhha3Cw 2015/05/06(水) 20:09:02.55 ID:SNctPzqz0

―――――― 
――――― 

八幡(俺は雪ノ下......姉妹と付き合い始めた) 

八幡(雪ノ下はこうして2人きりだったり、大丈夫な日だったりで突然スイッチが入る) 

八幡(初行為もこの部室だった。しかも雪ノ下は体力がないので不安もあるが無事にすることができた) 

八幡「ほら、ここドア越しだからな?」ナデナデ 

雪乃「~♪」 

八幡(最初は女子の頭を撫でるとかちょっと抵抗があったが雪ノ下は嬉しがったり大人しくなる) 

八幡(俺は抱きつかれながらも部室の中央辺りまで移動して自ら床に腰を下ろす) 

八幡(そうでもしないと雪ノ下に押し倒されたりするからだ) 

八幡(ひどい時は抱きつかれたまま、いきなりすっ転ばされたりもする) 

八幡(しかも悪びれるような態度はしない) 

八幡(毒舌や暴言が減った分、少し強引になった感じだ) 

八幡(もっとも、雪ノ下に押し倒されるなんて悪い気はしないが)



12: ◆3pCIhha3Cw 2015/05/06(水) 20:09:49.47 ID:SNctPzqz0

雪乃「ん...んちゅ、んんっ」 

八幡(今度はキスだけじゃなく、首元を舐めてきた) 

八幡(ちょっとくすぐったい) 

雪乃「んんっ、んちゅ、ん、ん」プチプチ、グイ 

八幡(って上着脱がされて......) 

八幡「ん!くぁ!」 

八幡(乳首を舐めてきた......さすがに声が出てしまう) 

雪乃「んちゅ、んん、ん」 

八幡「ぐっ!雪ノ下......そこは」 

雪乃「ちゅ、んちゅ、あなたもここで感じるものね」 

八幡「くっ......」 

雪乃「下の方も......」サスサス 

カチャ、カチャ、ジィィ、ボロン



13: ◆3pCIhha3Cw 2015/05/06(水) 20:10:49.41 ID:SNctPzqz0

雪乃「......///」ジー 

八幡「お、おい......」 

八幡(俺のズボンとパンツを下ろすとその先を凝視してくる) 

八幡「あまりまじまじと見られると......」 

雪乃「ええ、でも男の人のを見るのは比企谷くんのが初めてで......かといって他の人のなんて絶対嫌なのだけれど」 

雪乃「本当に凄いと思うわ......」サスサス 

八幡「くっ、そう言われて悪い気はしないな」 

八幡(つーか、俺も他の人と比べてどうかなんてわからないが) 

シュシュ 

八幡「んっ、くっ......」 

雪乃「まだ大きくなるわ......」シュシュ 

八幡「そりゃ、雪ノ下に触られてると思うとな......うっ」 

雪乃「ふふ......」パクッ



14: ◆3pCIhha3Cw 2015/05/06(水) 20:11:49.25 ID:SNctPzqz0

八幡(咥えてきた......) 

雪乃「んん、ん......ん」ジュボ、ジュボ 

八幡「くっ、んっ......」 

雪乃「んちゅ......んんっ、ん」チュウウ、ジュボ、ジュボ 

八幡(口を動かすだけでなく先端を吸ってきたりもする) 

雪乃「んっ......比企谷くん、どうかしら?」 

八幡「やるたびにうまくなってる感じだ。褒められて嬉しい事かは知らんが」 

雪乃「......あなたが気持ちよくなればそれで嬉しいわ」ニコ 

八幡(く、その笑顔反則だろ) 

八幡「じゃあ続けてもらってもいいか?」ナデナデ 

雪乃「ええ......」パクッ、ジュボ、ジュボ 

八幡「ぐっ......はっ」



15: ◆3pCIhha3Cw 2015/05/06(水) 20:12:38.90 ID:SNctPzqz0

雪乃「んん、ん、ん......」ジュボ、ジュボ、ジュボ 

八幡(ますます勢いがついてきて......) 

八幡「くっ......もう、だめだ......!」 

ビュルルル、ビュル、ビュル 

雪乃「んぐぅ!んっ!ん......」 

八幡「はぁ、はぁ......」 

雪乃「ん、んくっ......んっ」コクコク 

八幡「お、おい......」 

八幡(ティッシュを差し出そうとすると手を振って止める) 

雪乃「ん、ん......」コク、コク 

八幡(こういうところでも負けず嫌いというか......) 

雪乃「ん......」コク



119: ◆3pCIhha3Cw 2015/05/11(月) 06:32:05.92 ID:2UBOG9PC0

>>16 
微妙に訂正 

八幡「無理に飲み込まなくてもいいんだぞ?」 

雪乃「ちょっと飲み込むのはつらいけれど......比企谷くんのだと思うともったいないわ」 

八幡「嬉しい事なんだけどな。よっと」グイ 

雪乃「きゃっ、比企谷くん......」 

八幡(俺は雪ノ下を抱きかかえ、胸を触りだした) 

雪乃「......んっ、胸は......あ、あまり......」 

八幡「嫌か?」フニフニ 

雪乃「嫌ではないけれど......私のは......」 

八幡「こうやって雪ノ下の胸を触るのも好きなんだけどな?」フニフニ 

八幡(確かに見た目通りに慎ましい胸ではあるが普通に好きだ) 

八幡(むしろ、触ってる時の雪ノ下の反応が好きとも言えるが) 

雪乃「いきなり抱きかかえて......胸を触るなんて......んんっ」 

八幡「部屋に鍵を掛けた途端にキスしだすような奴には言われたくないな」スルスルッ、プチ



17: ◆3pCIhha3Cw 2015/05/06(水) 20:14:40.64 ID:SNctPzqz0

雪乃「あ......」 

八幡(服やブラジャーを脱がして直接......って俺も手馴れてきたもんだ)フニフニ 

八幡「もちろん俺も嫌じゃないが」キュウウ 

雪乃「んあぁっ!......つまんじゃ......んんっ!」 

八幡「乳首で感じるのは同じだな」 

雪乃「ん......んんっ、ふっ、この、腰に当たってるのは」 

八幡(既に復活した俺のモノをやさしく触れてくる) 

八幡「ああ、こうやって触ったりしてるせいだな」フニフニ 

雪乃「あんなに出たのに......もうこんなに硬く......んっ」サスサス 

八幡「雪ノ下はどうなんだ?」サス 

八幡(手を下の方に伸ばしてみると......)



18: ◆3pCIhha3Cw 2015/05/06(水) 20:15:48.86 ID:SNctPzqz0

雪乃「んんっ......!」 

八幡「ここ、しめってるな」サスサス 

雪乃「比企谷くんにキスした時から......ふっ、んっ」 

八幡「そうなったのか」サス、クチュ 

雪乃「んあっ......んんっ!」 

八幡(直接、指を入れてみるとグショグショだ) 

雪乃「はぁ、んっ!......」 

八幡(どんどん溢れるな)クチュクチュ 

雪乃「ひ、比企谷くん......んっ、ゆびだけじゃ......」 

八幡「そうか、なら......」グイ、ドサ 

八幡(俺は雪ノ下を横にして上になった) 

雪乃「あっ......」 

八幡「いくぞ?」チュプ 

雪乃「ええ......」 

ズブブブ



19: ◆3pCIhha3Cw 2015/05/06(水) 20:16:43.52 ID:SNctPzqz0

雪乃「んんっ!あぁぁぁ!!」ビクンビクン 

八幡(入れただけでイッたのか) 

雪乃「はぁ、はぁ......」 

八幡(だが......)ズチュズチュ 

雪乃「ひ、比企谷くんっ、いまっ、うごかれたらっ、ああんっ!」 

八幡「悪い......雪ノ下の中が気持ちよすぎて......くっ」 

雪乃「も、もうすこしっ、ゆっくり、んんぁああっ!」 

八幡「それも悪い......」 

雪乃「んっ、そ、それじゃあ、キ、キス......キスしてっ!んんっ!」 

八幡「ああ......おわっ」



20: ◆3pCIhha3Cw 2015/05/06(水) 20:17:55.93 ID:SNctPzqz0

八幡(キスしようと前かがみになろうとすると抱きつかれた) 

雪乃「んっ!ちゅ、んちゅ、れろぉ、んんっ」 

八幡「んんっ、ちゅる、んちゅ、ん」 

八幡(頭を捕まれ、キスしたままの状態で離してくれない) 

八幡(このまま腰を動かすしかないな) 

雪乃「んんっ!んんー、んちゅ、ちゅ」 

八幡(ちょっと動かしにくいがそれでも気持ちよすぎて......) 

バッ 

雪乃「ぷはぁ、ひ、比企谷くん?んんっ!」 

八幡「雪ノ下、もう......くっ!」 

雪乃「ええ、わ、わたしも、んんっ、あっ、あっ」 

八幡「くあっ!」 

雪乃「んんっ!あっ!あああぁぁぁ!」 

ビュルルル!ビュル!ビュク!ビュク!



21: ◆3pCIhha3Cw 2015/05/06(水) 20:19:02.71 ID:SNctPzqz0

八幡「はぁ......はぁ......」クテン 

雪乃「んっ、はぁ、はぁ......」 

八幡(抱きついて余韻に浸ってると......) 

ゴロン 

八幡(位置が入れ替わって俺が下になって馬乗りの状態にされた) 

八幡「ゆ、雪ノ下?」 

雪乃「んっ......つ、次は私が動くわ」 

八幡「ちょ、俺、2回も出したんだが......」 

雪乃「でもまだ、私の中で小さくならないのだけれど」ニコ 

八幡(雪ノ下がイッたままで動いた仕返しかな?) 

雪乃「んっ、んん、はぁ!」ヂュプヂュプ 

八幡「くぁ!......んっ」



22: ◆3pCIhha3Cw 2015/05/06(水) 20:19:48.72 ID:SNctPzqz0

八幡(少しぎこちないながらも雪ノ下が腰を振ってると思うとそれだけで気持ちいい) 

雪乃「んっ!んんっ、ど、どうかしら比企谷くん?......?」ヂュプヂュプ 

八幡「ゆ、雪ノ下が動いてると思うと2回も3回も、くっ、関係ないな......」 

雪乃「ふふ、あなたは底なしね?」 

八幡「お前もな......!」フニフニ 

雪乃「むっ!むねはっ!んんっ、んぁ!ああぁ!」 

八幡「くっ......でも締めつけてきたぞ?」フニフニ 

雪乃「ひ、比企谷くんにさわられてると、んっ......んあぁ!」 

八幡(ついでに乳首も強めに摘んでみると)キュウウウ 

雪乃「だ、だめっ、だめっ!......んっ!つまんじゃ、んんっ!んぁ!ああっ!」



23: ◆3pCIhha3Cw 2015/05/06(水) 20:20:43.22 ID:SNctPzqz0

八幡「ますます......くっ......!」 

雪乃「ああっ!あっ、あっ、んぁっ!」 

八幡「うっ、もう......出るっ!くぁ!」 

雪乃「わたしも、ああっ!んぁ!ああああああぁぁぁ!!」 

ビュルルルルルル!ビュク!ビュク! 

八幡「はぁ......はぁ......」 

雪乃「あ、あぁ......」 

八幡(3回目だってのに出たなぁ) 

八幡「雪ノ下......すごくよかった......」 

雪乃「はぁ、はぁ......比企谷くん......私もよ......」クテン



24: ◆3pCIhha3Cw 2015/05/06(水) 20:21:39.11 ID:SNctPzqz0

ーーーーー 
ーーーー 

雪乃「早くしないと下校時間になってしまうわ」 

八幡「お前も掃除手伝えよ」ゴシゴシ 

雪乃「私が体力がないのは知ってるでしょう?」 

八幡「よく言うよ。今のお前ならマラソンで完走ぐらいはできるんじゃないか?」ゴシゴシ 

雪乃「ふふ、それなら優勝できる位の体力がついたら手伝おうかしら」 

八幡「そりゃ無理だろ......つーか、なんで服がはだけたままなんだよ」ゴシゴシ 

八幡(いい意味で目の毒だからさ......) 

雪乃「あなたに脱がされたのだからあなたが直して?」 

八幡「しょうがねぇな」 

八幡(雪ノ下の服を直そうと近づくと......) 

八幡「あれ?」スル



25: ◆3pCIhha3Cw 2015/05/06(水) 20:22:39.31 ID:SNctPzqz0

八幡「おわっ!?」ドスン 

八幡(なんかよくわからないまま転ばされた。これもひょっとして空気投げ?) 

八幡「たた......」 

バッ、ガシ 

八幡(そして仰向けになったとたん、雪ノ下が上に乗っかってきた) 

八幡「おい!雪ノ下、そういう強引なのは......」 

雪乃「......」ムス 

八幡(あれ、なんか機嫌が悪くね?)



26: ◆3pCIhha3Cw 2015/05/06(水) 20:23:39.30 ID:SNctPzqz0

雪乃「......その雪ノ下というのはやめてくれないかしら?八幡?」 

八幡「き、急に名前で呼ぶなよ」ドキ 

雪乃「初めてではないわ?」 

八幡(ひょっとして前にボソって言ってた、バカ、ボケナス、八幡ってやつ?) 

八幡「ゆ、雪乃」 

雪乃「何かしら?八幡」ニコ 

八幡(嬉しそうだな) 

八幡「雪乃、まだ掃除が終わってないからどいてくれないか?」 

雪乃「いや♪」ギュウウ 

八幡「ったく......」



31: ◆3pCIhha3Cw 2015/05/07(木) 21:00:10.98 ID:jjHS6twP0

比企谷家、玄関 

八幡(ふうー、やっと帰宅だ) 

八幡(今日も疲れた。というか凄かった......) 

八幡(見つからないとはいえ、学校でするのは控えないとなぁ) 

八幡「ただいまー」ガチャ 





陽乃「おかえり♪あ・な・た♪」 

八幡「」



32: ◆3pCIhha3Cw 2015/05/07(木) 21:00:54.99 ID:jjHS6twP0

八幡「また......」 

八幡(確かにエプロン姿もサマになってるけど) 

陽乃「ご飯にする?お風呂にする?それとも、わ・た・し?」 

八幡「せめて来るなら連絡入れてからにして下さいよ」 

ブーブー 

陽乃「ほらほら、電話だよ?」 

八幡「......もしもし」 

小町『ひゃっはろーお兄ちゃん。小町、お友達の家に泊まりに行くから』 

小町『今日も家の事は陽乃さんに任せるね?ちゃんと言う事聞くんだよ?』 

八幡「またか」



33: ◆3pCIhha3Cw 2015/05/07(木) 21:01:48.16 ID:jjHS6twP0

小町『まぁまぁ、受験が終わって小町も羽を伸ばしたいんですよー』 

小町『それにこんな気遣いができるなんて小町的にポイント高いよ!それじゃあねー』ガチャ 

八幡「アホだろ、あいつ......」 

陽乃「という事らしいよ?」 

八幡「なんかもう......小町がどんどん洗脳されていく感じですね」 

陽乃「洗脳なんて人聞きが悪いなー、ちょっと小町ちゃんにお願いしただけだよ?」 

八幡(ひゃっはろーって挨拶もだいぶサマになってきてるんだよな) 

陽乃「私も大学や色々な用事で中々会えない中、比企谷くんに尽くしてあげようって思ってるのに......」シクシク 

八幡「まぁ、それはありがたいんですが......てか、飯の準備も出来てるんですか?」 

陽乃「うん、今日は早めに来たから準備しちゃった」 

陽乃「もちろん、このまま『はるのー、お前が欲しい!』って感じで押し倒してくれるのが一番嬉しいけど♪」 

八幡「......腹減ったんで飯食いたいです」 

陽乃「はーい」



34: ◆3pCIhha3Cw 2015/05/07(木) 21:02:46.48 ID:jjHS6twP0

―――――― 
――――― 

八幡(たまにこうして家に帰ると陽乃さんが出てくる) 

八幡(小町にとってもこの状況は慣れており、陽乃さんの事はお義姉ちゃん的な感覚なのだろう) 

八幡(雪ノ下は嘘をつかないし俺を好きというならいいが......) 

八幡(腹の底が見えない陽乃さんが俺を好きと言っても信じられなかった) 

八幡(俺の事を理性だの自意識の化け物と言ったが今では『なにそれ?おいしいの?』という始末だ) 

八幡(それでも共通の相手を好きになってるというべきか、姉妹仲は以前より良くなったような気がする) 

八幡(陽乃さんとも行為に及んだ。意外な気もしたが初めてだった) 

八幡(雪ノ下はそうでもなかったが陽乃さんは痛さのあまり泣いてしまったのが印象的だ) 

八幡(俺は2度も陽乃さんの泣くところを見たわけだが『雪乃ちゃんには言わないで!』とお願いされた) 

八幡(なんか弱みを握った気もするがどうしたもんだろう......)



35: ◆3pCIhha3Cw 2015/05/07(木) 21:03:34.53 ID:jjHS6twP0

リビング 

陽乃「準備出来たよー」 

八幡「うわ......すごくおいしそうですね」 

八幡(ってなんか薬で盛られたりとか) 

陽乃「媚薬なら盛ったかも?」ニコ 

八幡「」 

陽乃「ってそんな事しないってばー、いいから食べよう?」 

八幡「それじゃあ......いただきます」 

陽乃「はいどうぞー」



36: ◆3pCIhha3Cw 2015/05/07(木) 21:04:37.52 ID:jjHS6twP0

ーーーーー 
ーーーー 

八幡「ごちそうさまでした」 

陽乃「おそまつさまー」 

陽乃「それでどうだったかな?こうやって作るのも結構久しぶりなんだけど」 

八幡「いや、ほんとおいしかったです。お金とれるレベルじゃないんですか?」 

陽乃「ありがとー、でもお金なんていらないから別の事はして欲しいな?」 

八幡「......なにをですか?」 

陽乃「雪乃ちゃんと学校でしてる事♪」 

八幡「う......」 

陽乃「奉仕部の部室がある辺りはあんまり人も来ないからねー」 

八幡「でも大体あいつから押し倒されたりするんですよ」



37: ◆3pCIhha3Cw 2015/05/07(木) 21:05:46.64 ID:jjHS6twP0

陽乃「おおっ!小さい頃から大人しかったあの雪乃ちゃんが!」 

八幡「俺も嫌じゃないんですけど」 

陽乃「うんうん、それも比企谷くんのおかげだね!お姉さんも嬉しいよ!」 

八幡「そうですかね?」 

陽乃「私も制服を着たほうがいいかな♪」 

八幡「俺、別に制服マニアじゃないんで......」 

八幡(と言いつつちょっと見たい気がしたり) 

陽乃「あと、私が雪乃ちゃんと同じ事をしても仕方ないからやっぱり比企谷くんから襲って欲しいかも?」ズイ 

八幡「襲うって」 

陽乃「エロ同人みたいに!だっけ?」 

八幡「そんな言葉まで知ってるんすか。襲いませんけど風呂の準備も出来てるんですよね?」 

陽乃「うん、私は洗い物済ませるから先に入っちゃっていいよ?」



38: ◆3pCIhha3Cw 2015/05/07(木) 21:06:56.02 ID:jjHS6twP0

ーーーーー 
ーーーー 

カポーン 

八幡「......」ゴシゴシ 

ガラ 

陽乃「おまたせー」 

八幡「う......」フイ 

八幡(風呂場だから当然だけど全裸で......どこも隠そうとせず......) 

陽乃「あー、顔反らす事ないじゃないー」 

八幡「せめてどちらかでも隠してくれないと」 

陽乃「でも私も比企谷くんとあんな事やこんな事した仲だよ?」 

八幡「そりゃあしましたけど」 

陽乃「ひょっとして私の体に飽きちゃった?実は大きいのは嫌い?」シュン



39: ◆3pCIhha3Cw 2015/05/07(木) 21:07:45.29 ID:jjHS6twP0

八幡「いやいや、そんなのバチ当たりすぎますし、体目当てとかじゃないんで」 

陽乃「よかった。背中はまだだよね?私が洗ってあげるよ」 

八幡「それじゃあ、お願いします」 

陽乃「......んしょっと」ムニィ 

八幡(胸を押し付けてきた!?) 

八幡「ちょ......雪ノ下さん?」 

陽乃「は・る・の♪」 

八幡「呼び捨ては抵抗あるんで陽乃さん」 

陽乃「しょうがないなー、それで?」ニュル、ニュル 

八幡「背中洗うんですよね?」 

陽乃「こうした方が喜んでくれるかなって」ニュル、ニュル 

八幡「そりゃ、嬉しいんですが」



40: ◆3pCIhha3Cw 2015/05/07(木) 21:08:42.37 ID:jjHS6twP0

陽乃「それで比企谷くん。今日は雪乃ちゃんと何回したのかな?」 

八幡「......1回」 

フゥゥー 

八幡「わっ」 

八幡(耳に息を吹きかけられた......) 

陽乃「耳、弱いんだっけ?」 

八幡「そ、それ、知っててやってるんすか?」 

陽乃「うん♪でもだめだよ?嘘ついちゃ?」 

八幡「......口を含めて3回です」 

陽乃「凄いね!じゃあ私にもそれだけしてくれるのかな?」 

八幡「俺、そこまで絶倫じゃないです」



41: ◆3pCIhha3Cw 2015/05/07(木) 21:09:51.05 ID:jjHS6twP0

陽乃「でも比企谷くんのここ、元気そうだよ?」サワサワ 

八幡「そ......そりゃ、こうやって抱きつかれてるんで」 

陽乃「そうだよねー、これで感じないならいくら私でもショックだよ」シュシュ 

八幡(俺のモノを触ってきたと思ったらしごき始めてきた) 

八幡「くっ......うっ」 

八幡(胸を押し付けられ、自分じゃない手でしごかれるなんて......) 

陽乃「気持ちいい?」シュシュ 

八幡「は、はい」 

陽乃「でも、このまま手でなんて勿体なくない?」シュシュ 

八幡「というと?」 

陽乃「口とか胸でしてほしいとか」シュシュ



42: ◆3pCIhha3Cw 2015/05/07(木) 21:10:51.92 ID:jjHS6twP0

八幡(やっぱりその胸でしてほしいって思ったり) 

陽乃「おすすめは雪乃ちゃんには出来ない方かな?」シュシュ 

八幡「それ、あいつの前で言ったらめちゃくちゃ機嫌悪くなりそうですね」 

八幡(機嫌悪くなるというよりムキになって饒舌になる感じか) 

陽乃「まぁまぁ、これはオフレコってことで」シュシュ 

八幡「くぅ......」 

陽乃「それよりもほら、ピクピクしてきたよ?」シュシュ 

八幡「くぁ......胸で......」 

陽乃「胸で?ちゃんと言って欲しいな?」シュシュ 

八幡「む、胸でして欲しいです」 

陽乃「うんうん、素直だね!いいよ」 

ズイ



43: ◆3pCIhha3Cw 2015/05/07(木) 21:11:52.29 ID:jjHS6twP0

八幡(位置を入れ替えて俺のものを挟んでくる) 

陽乃「んしょっと」ムギュウ 

八幡「うわぁ......」 

八幡(口や手でしてもらうのとはまた違う感覚で......) 

陽乃「といっても私も慣れないから上手くできなかったらごめんね?」 

八幡「いえ......でもこうやって挟まれてるだけで......っ」 

陽乃「そうだね、比企谷くんのその顔、凄く気持ちよさそう」ギュムッ、ギュムッ 

八幡(陽乃さんの胸で挟まれた状態で上下に揺らしてくる) 

八幡(手でしごかれた事もあって既に限界は近い) 

陽乃「もうそろそろ?」ギュムッ、ギュムッ 

八幡「は、はい......もう......」 

陽乃「いいよ、そのまま出しちゃって?」ギュムッ、ギュムッ 

八幡「うわっ......!」 

ビュルルル!、ビュク、ビュク 

陽乃「んっ!」 

八幡「はぁ......はぁ」



44: ◆3pCIhha3Cw 2015/05/07(木) 21:12:52.47 ID:jjHS6twP0

陽乃「顔にも掛かっちゃった」 

八幡「はぁ、はぁ......すんません」 

陽乃「比企谷くんのが......」ペロ 

八幡(顔に掛かったものを拭き取って舐めてる) 

八幡(その姿を見てるだけで......) 

陽乃「んっ、綺麗にしてあげるね」パク 

八幡「は、陽乃さんっ?」 

八幡(口で咥えてきた......) 

陽乃「んっ、んん、ちゅる、んん」 

八幡「くっ......あぁっ」 

八幡(上下に動かすというより舌を使って舐め回す感じだ) 

陽乃「んちゅっ、ちゅる、んん、んんっ」 

パッ



45: ◆3pCIhha3Cw 2015/05/07(木) 21:13:55.93 ID:jjHS6twP0

陽乃「おお、比企谷くん!まだいけそうじゃない?」ツンツン 

八幡「口でしてくれたおかげですね」 

陽乃「それに私も比企谷くんに抱きついてからもう......」グイッ、クチュ 

八幡(陽乃さんの手に導かれてそこを触ると既に出来上がっている) 

八幡「ほんとだ、イヤらしい音がしますね」クチュクチュ 

陽乃「や、動かしちゃ、だめ......んっ、んん」シュシュ 

八幡(陽乃さんが俺のモノをやさしくしごいて、俺も陽乃さんのそこを指で出し入れしてる) 

陽乃「比企谷くん、このまま指じゃなくて......」シュシュ 

八幡「指じゃなくて?」クチュクチュ 

陽乃「い、意地悪しないで......」シュシュ 

八幡「それじゃあ、後ろを向いてくれませんか」 

陽乃「うん......」トサ 

八幡(言うと陽乃さんはお尻を突き出すように四つん這いの体勢になった) 

クチ、ズププププ



46: ◆3pCIhha3Cw 2015/05/07(木) 21:15:04.21 ID:jjHS6twP0

陽乃「んんっ!ああああぁぁぁぁ」 

八幡「くぁ、入っただけで......」 

陽乃「比企谷くん......動いて?」 

八幡「......はい」 

ズチュ、ズチュ、ズチュ 

陽乃「ああ、んっ、あ、あっ、ああ、んぁ!」 

八幡「くっ、は、陽乃さんっ」 

陽乃「ひ、比企谷くん......ど、どう?気持ちよくなれてる?」 

八幡「はい、陽乃さんの中、凄く締め付けて......」 

陽乃「雪乃ちゃんと比べるとどうかな?」 

八幡「それは言わない下さい......両方気持ちいいん......でっ!」キュウウウウ



47: ◆3pCIhha3Cw 2015/05/07(木) 21:16:08.69 ID:jjHS6twP0

八幡(俺は手を伸ばし、その豊満な胸の先端部分を強めに摘んだ) 

陽乃「ああぁぁんん!いきなり摘んじゃだめぇぇ」 

八幡(そして乳房を思い切り鷲づかみにする) 

八幡「ここは確実に違いますよね」ムニムニ 

陽乃「んああぁ、そ、それ雪乃ちゃんの前で言ったら怒るかな?」 

八幡「......オフレコでお願いします」 

八幡(乳房を揉んでた手を腰に添えなおしてさらに腰を動かす) 

陽乃「あっ!あ!ひ、比企谷くんっ!ひきがやくんっ!」 

八幡「陽乃さんっ!も、もう、くっ!」 

陽乃「うん!いいよっ!そ、そのまま来てっ!」 

八幡「うっ!」 

陽乃「やっ、あっ、あ!ああああぁぁぁぁ!!」 

ビュルルルルルル、ビュク、ビュク、ビュク 

八幡「はぁ、はぁ、はぁ......」 

陽乃「比企谷くん......よかったよぉ」



48: ◆3pCIhha3Cw 2015/05/07(木) 21:17:00.91 ID:jjHS6twP0

ーーーーー 
ーーーー 

カポーン 

陽乃「~♪」 

八幡「......」 

八幡(お互いの体を洗い終えて2人で湯船に浸かってる) 

八幡(......陽乃さんは抱きついた状態で) 

八幡(当然、色々と近い) 

八幡(さすがに俺の方は限界でそれには反応しないが......) 

八幡「後ろ向いた方がいいんじゃないですか?」 

陽乃「いいじゃないー、そうだとこれが出来ないよ?」 

八幡「?」 

チュ



49: ◆3pCIhha3Cw 2015/05/07(木) 21:18:00.86 ID:jjHS6twP0

陽乃「んちゅ、ちゅ、れろぉ、んんっ」 

八幡「んん!れろぉ、ちゅ、んちゅ」 

八幡(ねっとりと舌を絡めてキスしてきた) 

八幡(先程の行為とは裏腹にやさしいキスだ) 

陽乃「ちゅる、ちゅ、んんっ、ん」 

八幡「んちゅ、んん、ちゅ、んちゅ」 

陽乃「んはぁ、どう?」 

八幡「い、いいですね」 

陽乃「でしょ?八幡♪」ニコ 

八幡「い、いきなり名前で呼ばないで下さいよ」ドキ 

陽乃「ドキドキする?」 

八幡「ま、まぁ......」



50: ◆3pCIhha3Cw 2015/05/07(木) 21:18:50.91 ID:jjHS6twP0

陽乃「でも何回か呼んでるし文実の時に名前で呼んだら苦笑してた感じだったよね?」ニコ 

八幡「そ、それはまだこういう関係じゃなかったんで......」 

陽乃「なら今はもういいよね?という事で陽乃って呼んでよ♪」 

八幡「年上の人に呼び捨ては抵抗あるなーって」 

陽乃「意地っ張りだなー。まさか雪乃ちゃんの事もまだ苗字で呼んでるの?」 

八幡「いえ、突然怒られました」 

陽乃「だよねー、それじゃあ私の名前も呼ばないと♪」 

八幡「くっ......」 

陽乃「1回だけでいいから」 

八幡「......陽乃」 

陽乃「ちゃんと言えるじゃないー」 

八幡「嬉しそうっすね?」 

陽乃「うん!嬉しいよ!好きに人に呼ばれてるんだから♪」 

八幡「......」フイ



51: ◆3pCIhha3Cw 2015/05/07(木) 21:19:51.14 ID:jjHS6twP0

陽乃「あ!照れてるー」ニコニコ 

八幡「そ、それよりそろそろ上がりませんか?」 

陽乃「ごまかしちゃってー、もちろん一緒に寝てくれるよね?」 

八幡「ま、まぁ......」 

陽乃「八幡と一緒にだとすごく寝心地がいいし」 

八幡「抱き枕じゃないんですから」 

陽乃「それで八幡の部屋に隠してある『美人なお姉さん特集』はいつ見せてくれるのかな?」ニコ 

八幡「......俺が持ってるのは『かわいい妹特集』ですよ?」 

陽乃「おっと、そんな切り替えしがくるとは」 

八幡「残念ながらお姉さん物はないです」 

陽乃「でも私にも雪乃ちゃんというかわいい妹がいるんだよ?興味があるな♪」 

八幡「くっ......」 

陽乃「じゃあ、さっそく見せてね?」ニコ 

八幡「ごめんなさい、変な嘘つきました」



52: ◆3pCIhha3Cw 2015/05/07(木) 21:20:57.81 ID:jjHS6twP0

ここまで 
このSSにおいてのはるのんは単に明るいお姉さんみたいな感じかもしれません



56: ◆3pCIhha3Cw 2015/05/09(土) 20:00:08.73 ID:Y458dq6r0

数日後、奉仕部部室 

雪乃「......」ペラ 

八幡「......」ペラ 

八幡(今日も久々に2人きりだが......) 

八幡(まぁ、そうがっつくもんじゃないしな。というか期待する俺も俺だな......) 

雪乃「......八幡」 

八幡「なんだ」ビク 

雪乃「姉さんがあなたの家に来てるそうね?」 

八幡「ああ、たまに家に帰ると陽乃さんが居たりする」 

雪乃「その姉さんが『新妻ごっこしてるんだよー』と自慢してくるのよ」 

八幡「わ、悪い」



57: ◆3pCIhha3Cw 2015/05/09(土) 20:00:50.96 ID:Y458dq6r0

雪乃「謝る事はないわ。姉さんも私と同じくらいに八幡の事が好きなのだから」 

雪乃「そ、それできょ、今日は私の家に来てくれないかしら?」 

八幡「きょ、今日か?」 

八幡(こいつも『ご飯にする?お風呂にする?それとも、わ・た・し?』みたいな事でもしたいのかな) 

雪乃「......嫌?」ウルウル 

八幡「そうじゃない。つーか、俺が行くのはいつぞやの見舞い以来だな」 

雪乃「ごめんなさい。もっと早くに来てもらってもよかったのだけれども、本当に2人きりだと......その......///」 

八幡(どうするつもりなんだよ) 

八幡「じゃあ、小町にも伝えないとな」 

雪乃「もう伝えたわ」 

八幡「そ、そうか。いつの間に......」 

雪乃「『あのゴミいちゃんが雪乃さんと陽乃さんにモテてるみたいで小町も嬉しいです!』と言っていたわ」 

八幡(いや、他にもっと突っ込むとこがあるだろ......アホか)



58: ◆3pCIhha3Cw 2015/05/09(土) 20:02:08.97 ID:Y458dq6r0

雪乃のマンション 

ガチャ 

雪乃「開いてるわ......まさか」 

スタスタ 

陽乃「雪乃ちゃん、八幡。お帰りー」 

雪乃「......なぜ、姉さんがいるの?」 

陽乃「勝手に上がってごめんね?なんとなく2人が来ると思って」 

八幡(まさか、部室に盗聴器でも仕掛けられたり) 

雪乃「色々言いたい事はあるけど無駄なのかしら?」



59: ◆3pCIhha3Cw 2015/05/09(土) 20:03:10.58 ID:Y458dq6r0

陽乃「まぁまぁ、私は雪乃ちゃんの保護者みたいなものだし」 

陽乃「それに1人暮らしの雪乃ちゃんこそ男の子を連れ込んで何するつもりだったのかな~」 

雪乃「///」 

陽乃「という事で......」チラ 

陽乃「美人姉妹のハーレムだね!」 

八幡「そ、そうですかね......」 

陽乃「その前に、ご飯も作っちゃったから食べよ?」 

雪乃「姉さんの料理なんて久しぶりだわ」 

陽乃「八幡の家で作っててちょっと楽しくなってねー」



60: ◆3pCIhha3Cw 2015/05/09(土) 20:04:10.04 ID:Y458dq6r0

ーーーーー 
ーーーー 

雪乃「おいしかったわ。姉さん」 

陽乃「ありがとー」 

八幡「ふー」 

陽乃「八幡の分は結構、多めにしたのによく食べたね」 

八幡「いや、おいしいには違いないんですけど」 

陽乃「それはもう八幡には頑張ってもらわないと♪」 

八幡「」 

陽乃「それでお風呂も沸いてるけど八幡、一緒に入ろっか?」 

雪乃「だめよ、姉さんは八幡の家でそういう事をしてるでしょう?」 

雪乃「ということで私と一緒に入りましょ」ニコ



61: ◆3pCIhha3Cw 2015/05/09(土) 20:04:58.57 ID:Y458dq6r0

八幡「おいおい......なんか揉めそうだから俺だけ入っていいか?」 

陽乃「しょうがないなー、それじゃあ雪乃ちゃん。その後に一緒に入ろうね」 

雪乃「絶対に嫌」 

陽乃「そんなに即答することないじゃないー、久しぶりに姉妹水いらずって事で」 

雪乃「昔、一緒に入ってどういう事されたか忘れてないわ」 

八幡(なにされたんだろ?) 

陽乃「聞きたい?八幡?」ニコニコ 

雪乃「姉さんそれだけはほんとにやめて、お願いします」 

八幡(トラウマなんだろうかな?) 

陽乃「じゃあ、一緒に入るよね?雪乃ちゃん?」 

雪乃「......わかったわ」



62: ◆3pCIhha3Cw 2015/05/09(土) 20:05:50.37 ID:Y458dq6r0

ーーーーー 
ーーーー 

陽乃「おまたせー」 

雪乃「......」シュン 

八幡(俺の入浴後、2人も入って上がった後だが......) 

八幡(明らかに雪乃が元気ない) 

雪乃「......」グス 

八幡「お、おい......大丈夫か?」 

雪乃「八幡......」ギュウウ 

八幡「おわっ」 

八幡(なんかかわいい......) 

陽乃「あー、ずるーい。私も抱きつくー」ギュウウ



63: ◆3pCIhha3Cw 2015/05/09(土) 20:06:49.95 ID:Y458dq6r0

八幡「ちょ......2人して抱きつかれると......」 

雪乃「......姉さんなんか嫌いだわ」グス 

陽乃「えー、2人とも八幡が好きで姉妹仲良くなったのにー」 

八幡「なんかしたんすか?」 

陽乃「普通に雪乃ちゃんとお風呂入って体を洗い合ったりしただけだよ?」 

八幡(やっぱ胸の事だろうか) 

雪乃「......」グス 

八幡「とりあえず......そろそろ寝るか?」 

雪乃「何を言ってるのかしら?」 

陽乃「今日は寝かせないよ!」 

八幡「ですよねー」



64: ◆3pCIhha3Cw 2015/05/09(土) 20:07:51.63 ID:Y458dq6r0

寝室 

雪乃「ちゅる、んちゅ、れろぉ、んん」 

陽乃「んちゅ、ちゅる、んん、んちゅ、ちゅ」 

八幡(抱きつかれたままベットに移動して服を脱ぎがら俺を押し倒してきた) 

八幡「んんっ!んっ!ちゅっ、ちゅ」 

八幡(そして2人で交互に俺の頬や口にキスしてくる) 

雪乃「こっちも......」グイ 

陽乃「そうだね」スルスル、ポロン 

八幡(そう言うと俺のシャツやパンツを脱がしてくる) 

雪乃「......///」ジー 

陽乃「八幡のここ、今日もすごいね♪」ツンツン



65: ◆3pCIhha3Cw 2015/05/09(土) 20:08:40.01 ID:Y458dq6r0

八幡(既にそそり立ってる俺のモノを雪乃はガン見して、陽乃さんは軽くつついてくる) 

八幡「そうやって見てるだけってのは......」 

雪乃「ええ......んちゅ......ちゅ、んん」チロチロ 

陽乃「あー、私もするー、ちゅ、ちゅ、んん、んちゅ、ちゅ」 

八幡(2人で舐めてきた) 

八幡(普通に口でされるだけでも気持ちいいのにそれが2人でされるとなるともう、呻き声しか出てこない) 

八幡「くあぁぁ......ああぁぁ」 

雪乃「ちゅる、ちゅ、八幡......凄く気持ちよさそうだわ」 

陽乃「んん、ん、それはもう、私達にこんな事されてるからねー」 

八幡「くっ、うぅ......」 

陽乃「ちゅ、んちゅ、なんか雪乃ちゃん、上手だね?」 

雪乃「んちゅ、んちゅ......そうかしら?私にはこれしかできないから」 

陽乃「できないってこれの事?んしょ」



66: ◆3pCIhha3Cw 2015/05/09(土) 20:09:40.89 ID:Y458dq6r0

八幡(すると、陽乃さんはその豊満な胸で挟み込んできた) 

陽乃「雪乃ちゃん、この先っぽの方をお願い」 

雪乃「......ええ」パクッ 

陽乃「こうすれば2人でもできるよね?」ギュム、ギュム 

八幡(そう言うと雪乃は挟まれた陽乃さんの胸からはみ出た先端部分を舐め始めた) 

八幡(陽乃さんはその胸を動かしてくる) 

八幡「ぐっ!そ、それ......」 

雪乃「んちゅ、んちゅ」 

陽乃「ますます気持ちよさそうだねー」ギュム、ギュム 

八幡(敏感な部分を口に含まれながら舌で舐められ、竿の部分はその柔らかい胸に挟まれながら動かされて限界も近い) 

陽乃「あ、もう出ちゃいそう?」ギュム、ギュム 

八幡「は......い、うわっ、くあっ!!」 

ビュルルル!ビュク!ビュク!



67: ◆3pCIhha3Cw 2015/05/09(土) 20:10:48.87 ID:Y458dq6r0

雪乃「んぐぅぅぅ!んんっ!ん......」 

八幡「はぁ、はぁ、はぁ」 

雪乃「んくっ、んっ......」コクコク 

陽乃「私もちょっとは欲しかったなー」 

雪乃「んっ、んっ......」コクコク 

陽乃「ということで雪乃ちゃんが飲み込んでるすきに......」クチュ 

八幡「うわっ......」 

陽乃「んっ!はぁっ、ああぁぁぁ」 

ズププププ 

八幡(陽乃さんは既に元の大きさを取り戻してる俺のモノを自分の膣内に挿入してきた) 

雪乃「んくっ、んくっ......姉さん、ずるいわ」 

陽乃「んっ、んぁ、雪乃ちゃんも私に分けて欲しかったなーって、ああぁ、んぁ!」 

ズチュ、ズチュ



68: ◆3pCIhha3Cw 2015/05/09(土) 20:11:49.89 ID:Y458dq6r0

陽乃「ああぁ、んあ、あっ、あ、ああぁ!」 

八幡(言いながらも陽乃さんは俺の上で腰を動かしてくる) 

陽乃「んっ、ゆ、雪乃ちゃんは、口でしてもらうのはどうかな?」 

雪乃「そうね......八幡、私の方もお願いできないかしら」グイ 

八幡「おわっ......」 

八幡(そう言うと雪乃は俺の顔の上を跨いで......) 

雪乃「ん......さすがにちょっと恥ずかしいけど......」 

八幡(俺はその形のいいお尻を掴んでその先の部分に口を付けた) 

八幡(既に同様に濡れているそこに俺は舌を入れて動かす) 

雪乃「んっ、んん......あぁっ!し、したいれちゃ、んぁ!」 

八幡(動かせば動かすほど溢れていく) 

陽乃「ん、んっ、気持ちよさそうだね?ゆ、雪乃ちゃん?」 

雪乃「ね、姉さんこそ、ここが硬くなってるわ」キュウウウ



69: ◆3pCIhha3Cw 2015/05/09(土) 20:12:49.99 ID:Y458dq6r0

陽乃「んあぁ!雪乃ちゃん、そんな強く摘んじゃだめぇぇ」 

八幡(ますます陽乃さんの中がきつくなってきた) 

陽乃「ゆ、雪乃ちゃん!おっぱいの方も......んぁ!」 

雪乃「んんぁ、嫌」キュウウウ 

八幡(陽乃さんはどうかわかりづらいが俺の限界も近い) 

八幡(ということで雪乃の方も少し......) 

雪乃「んあぁ、あぁ!は、はちまんっ!そ、そこはっ!」 

八幡(手探りで突起部分を探して弄ってみた) 

雪乃「ああぁ!だめっ、んんっ!ああっ!」 

八幡(既に硬くなっていて触れば触るほど雪乃の声も大きくなる) 

陽乃「わ、私もそろそろ......んっ!」 

八幡(3人揃っていけそうかな) 

八幡「んぐぅっ!」 

陽乃「あっ、んっ!ああああぁぁぁぁ!」 

ビュルルルルルル、ビュク、ビュク、ビュク



70: ◆3pCIhha3Cw 2015/05/09(土) 20:13:48.71 ID:Y458dq6r0

雪乃「は、はちまんっ!わた、わたしも.....んんんんっ!!」ビクビク 

八幡(陽乃さんの中に出したのと同じくらいのタイミングで雪乃もイッたようだ) 

八幡(俺の口元に大量の愛液がかかってくる) 

雪乃「はぁ、はぁ......」クテン 

陽乃「んっ、......いっぱい......」ヌポッ 

八幡(陽乃さんは俺の中から引き抜くとゆっくり横たわる) 

八幡「はぁ、はぁ......んっ」 

雪乃「八幡......次は私よ?」 

八幡「そうだな......よっと」グイ 

雪乃「きゃっ」 

八幡(そういうと俺は横たわってる雪乃の脚を広げた) 

雪乃「も、もう?」



71: ◆3pCIhha3Cw 2015/05/09(土) 20:14:59.77 ID:Y458dq6r0

八幡「次って言ったのは雪乃の方だろ?」 

雪乃「でも私は今......」 

八幡「ああ、でも雪乃のここ、凄く物欲しそうな感じだぞ」クチ 

雪乃「んん、ああ......」 

八幡(少し強引ながらも俺は雪乃の中に入れようとする) 

八幡(本当に嫌そうならまだ待つつもりだったがそういった素振りはみせない) 

ズププププ 

雪乃「んんっ!あああぁぁぁぁ」 

八幡(グショグショながらもきつく締め付けてくる) 

雪乃「八幡の......すごいわ......」 

八幡「雪乃こそ......」 

ズチュ、ズチュ、ズチュ



72: ◆3pCIhha3Cw 2015/05/09(土) 20:15:56.34 ID:Y458dq6r0

雪乃「あぁ、あっ!そ、そんなにっ、はげしくう、動かれたら......んんっ」 

八幡「悪い......我慢できなくて......くっ」 

雪乃「んぁ、んんっ!あぁ、ああっ!」 

陽乃「八幡、私もー」チュ 

八幡(俺が正常位で動いてる中、陽乃さんが横から抱きついて顔を抑えながらキスしてきた) 

八幡(当然ながらその乳房も当たってくる) 

陽乃「んちゅ、くちゅ、れろっ、んん」 

八幡「んん、んっ!ちゅ、んちゅ」 

雪乃「はち、はちまんっ、私の方に、しゅ、集中してくれないかしら、んんっ、んっ!」 

八幡「んちゅ、あ、ああ......おわっ!」 

陽乃「こっちも♪」グイ、チュ 

八幡(雪乃に返事をするために口を離したが、瞬く間に陽乃さんに口を塞がれた)



73: ◆3pCIhha3Cw 2015/05/09(土) 20:16:48.77 ID:Y458dq6r0

八幡(という事は腰を動かしながら陽乃さんのキスの相手をするのか......) 

雪乃「んぁ!ああっ!あああぁぁぁ」 

陽乃「れろぉ、んん、ちゅる、んん」 

雪乃「はちまんっ、んっ!わた、わたしっ!もうっ」 

八幡「んぐっ!んちゅ、んんん!」 

八幡(足を絡めてきた。俺もそろそろ......) 

雪乃「もうっ、だめっ、ああっ、あぁ!」 

八幡「んんーっ!」 

雪乃「んあっ!あああああぁぁぁ!」 

ビュルルルル!ビュク!ビュク! 

雪乃「はぁ、はぁ......」 

八幡「んん!はぁ、はぁ......苦しかった......」



74: ◆3pCIhha3Cw 2015/05/09(土) 20:17:42.19 ID:Y458dq6r0

陽乃「だってー、私にも構ってほしいし。それに嫌じゃないよね」 

雪乃「んっ、八幡のまだ元気そうだわ」 

陽乃「じゃあ、今度は......よいしょ」 

雪乃「きゃ、姉さん?」 

八幡(そう言うと陽乃さんは雪乃の上に乗っかってきた) 

陽乃「次はみんな一緒に......ね?」 

八幡(2人の間に挟んでってことか) 

八幡(そこを見ると2人の愛液で非常に艶かしい) 

陽乃「もちろん私のとこに入れてくれるのも嬉しいけど♪」 

雪乃「姉さん、それはずるいわ」 

八幡「そうだな、それじゃあ......うおっ」 

八幡(俺はそのすきまにをうずめた。2人の肌にまとわりついた愛液でスムーズに入る)



75: ◆3pCIhha3Cw 2015/05/09(土) 20:18:50.61 ID:Y458dq6r0

八幡「これ、中に入れるのとはまた違って......」 

陽乃「んっ......」 

雪乃「八幡のが......お腹に......」 

八幡「動くぞ?」 

ズニュ、ズニュ 

陽乃「あんっ、あっ、ああっ!」 

雪乃「あ、ああ、はちまんのが、こすれて、んんっ!」 

八幡「くっ、うっ......」 

陽乃「こ、これも、なんかきもち、いいっ!」 

雪乃「んあっ!ああぁ!んん、んぁ!」 

陽乃「ゆ、ゆきのちゃんのその顔、かわいいな、んっ、ちゅーしたいかも」 

雪乃「んっ、んんっ!わたしもよ......」 

ガシ、チュウウウ



76: ◆3pCIhha3Cw 2015/05/09(土) 20:19:40.71 ID:Y458dq6r0

陽乃「んんっ!んー、んんー!」 

雪乃「んちゅ、れろぉ、ちゅる、ちゅ、んんっ」 

八幡(雪乃は陽乃さんの顔を押さえつけてキスしだした) 

八幡(こいつがこんな事をしだすなんて......きっと誰かさんのせいだろうか?) 

陽乃「んはぁ!ゆ、雪乃ちゃん?」 

雪乃「んっ......し、姉妹で、というは気持ち悪いかしら?」 

陽乃「そんな事ないよ?私達仲良し姉妹だもんね、んんっ、んちゅ」 

雪乃「ん!んちゅ、ちゅる、ちゅ」 

陽乃「ちゅる、れろぉ、んんっ、んちゅ、ちゅ」 

八幡(2人がイチャついてるところを見ると俺もますます興奮してしまう) 

八幡(俺も変な方向に目ざめてるのかな?それよりも......) 

八幡「ふ、ふたりとも、そろそろ......」



77: ◆3pCIhha3Cw 2015/05/09(土) 20:20:46.12 ID:Y458dq6r0

陽乃「んはぁ、うん、私も、もうだめっ」 

雪乃「は、はちまん、はちまん、んっ!」 

八幡「っく、あぁ!」 

陽乃「やっ!ああああぁぁぁぁ!!」 

雪乃「あっ!あああああぁぁぁ!!」 

ビュルルルルルル!!ビュク、ビュク、ビュク 

八幡「はぁ、はぁ、くっ......はぁはぁ」 

八幡(俺は2人の下腹部辺りに盛大に果てた) 

陽乃「はぁ、はぁ、八幡のがおなかに沢山かかってる......」ゴロン 

八幡(陽乃さんは雪乃から離れるとそのお腹にかかってる俺の精液を指ですくってる) 

陽乃「はい、雪乃ちゃん♪」 

雪乃「......んっ、姉さんも......」ペロ



78: ◆3pCIhha3Cw 2015/05/09(土) 20:21:37.57 ID:Y458dq6r0

陽乃「ん......」ペロ 

八幡(お互いに指ですくって、それぞれの口で舐めてる) 

陽乃「ほらほら、雪乃ちゃん、まだあるよ?」 

雪乃「んっ、姉さんも......」ペロ 

八幡(やばっ......なんかこの2人の様子を見てると......)ムラムラ 

グィ 

陽乃「え!?は、八幡?」 

クチュ、ズブズブ 

陽乃「んぁ!あっ、ああっ、ああん!」 

八幡「すいません......なんか今の2人をみてるだけで......」 

ズチュ、ズチュ、ズチュ 

陽乃「ああ、そんなにっ、いきなりっ!ああっ!んぁぁぁ!」 

雪乃「八幡?次は私にもしてくれるのかしら?」 

八幡「もちろんだっ!くっ」 

―――――― 
――――― 
――――



86: ◆3pCIhha3Cw 2015/05/10(日) 22:00:16.80 ID:hB5ukV0e0

八幡(ん......朝......時計見るともう昼じゃねぇか) 

八幡(そうか......雪乃んとこに泊まってるんだったな) 

八幡(つーか2人ともいないけど......) 

八幡(......それより)ジー 

八幡(昨日あんなにしたのにもう元気だ......) 

八幡(俺って絶倫なの?飯はめちゃくちゃおいしいけど実はなんか盛られてるんじゃね?) 

八幡(まぁ、寝起きで何かするって事はないか) 

八幡(あ......いい匂いがする。ご飯でも作ってるのかな)



87: ◆3pCIhha3Cw 2015/05/10(日) 22:01:30.95 ID:hB5ukV0e0

リビング 

八幡「うー......っす!!?」 

雪乃「あら、起きたわね」 

陽乃「ひゃっはろー八幡」 

八幡「ふ、2人とも......な、何を?」 

雪乃「朝食ならぬ昼食を作ってる最中なのだけれど?」 

陽乃「私と雪乃ちゃんの愛情たっぷりだよ♪」 

八幡「俺が聞きたいのは2人ともなんでエプロンだけって事だよ!」 

雪乃「は、裸エプロンというのは男の人の夢だと聞いたわ///」 

陽乃「私もちょっと恥ずかしいけど2人でやれば怖くないみたいな?」 

八幡「」 

雪乃「という事で、もうすぐ出来るから待っててもらえるかしら?」 

八幡「......」 

トントントン



88: ◆3pCIhha3Cw 2015/05/10(日) 22:02:32.31 ID:hB5ukV0e0

陽乃「それにしても雪乃ちゃん、随分手馴れてるねー」 

雪乃「普段から自炊しているからよ。姉さんはあまりしないでしょう?」 

陽乃「まぁねー、付き合いで外食も多いし」 

雪乃「......それにジャンクフードも好きなくせにこんなに育ってるなんて」ムニィ 

陽乃「やん♪雪乃ちゃん危ないよー」 

八幡「......」 

八幡(このまま素直に待ってた方がいいのかな) 

八幡(2人とも文字どおり、背中からお尻まで丸見えだ......) 

八幡(俺からするのを誘ってるんだろうか) 

カシャン 

陽乃「あ、雪乃ちゃん。大丈夫ー?」 

雪乃「ええ、ちょっと落としただけだから」 

スッ



89: ◆3pCIhha3Cw 2015/05/10(日) 22:03:28.88 ID:hB5ukV0e0

八幡(!?) 

雪乃「......」ヒョイ 

八幡(お尻を突き出して......しかもあれ......濡れて......) 

八幡「」プツン 

スタスタ、ガバッ 

雪乃「きゃ、八幡?......んっ」 

八幡「悪い、我慢できなくなった」スル、フニフニ 

八幡(俺は後ろから抱きつきお尻を軽く触り、エプロンの中に手を入れ、胸を揉みだした) 

雪乃「んんっ!あぁ!......ああんっ!」 

八幡(そしてその先端の硬くなってる部分を摘むと大きく反応する) 

陽乃「あー、ずるーい!」 

八幡「明らかに雪乃は誘ってた感じだったんで」 

陽乃「それじゃあ、次は私にもしてくれるよね?」



90: ◆3pCIhha3Cw 2015/05/10(日) 22:04:40.34 ID:hB5ukV0e0

八幡「わかりました」 

雪乃「あっ、ああっ!んんっ、んっ!」 

八幡「こっちも......」クチュクチュ 

八幡(胸を揉んでる手を下に移すとそこは既に濡れていた) 

雪乃「んあっ!そ、そこは、んっ!」 

八幡「さっき屈んだのはどうなんだ?やめた方がいいか?」 

雪乃「いや......や、やめないで」グイ、グイ、ポロン 

八幡(よく後ろから器用に俺のズボンを下げれるな) 

雪乃「八幡も、昨日あんなにしたのに凄いことになっているわ」サスサス 

八幡「そりゃ、裸エプロンなんてものを見せつけれたらな、くっ」



91: ◆3pCIhha3Cw 2015/05/10(日) 22:05:39.55 ID:hB5ukV0e0

雪乃「姉さん、料理の方をしばらくお願いできないかしら?」 

陽乃「いいよー」 

八幡(2人とも料理してる所から少し離れた) 

八幡「それでどうする?」クチュクチュ 

雪乃「ん、そ、そのままきて......」ズイ 

八幡(そう言うとお尻を突き出したような体勢になった) 

八幡「ああ......」 

クチ、ズプププププ 

雪乃「んぁ!ああっ!ああぁぁぁ」 

八幡「うわ、すごく締め付けて......」 

ズチュ、ズチュ、ズチュ、ズチュ



92: ◆3pCIhha3Cw 2015/05/10(日) 22:06:27.72 ID:hB5ukV0e0

雪乃「あ、ああんっ!ああっ!はちっまんっ!す、すごいっ、んんっ、んあぁ!」 

八幡「くっ!雪乃、ゆきのっ!」 

八幡(俺は遠慮無しに腰を動かす。それに比例して雪乃の声も大きくなってくる) 

陽乃「雪乃ちゃん、声おおきいよぉ......」ボソ 

雪乃「ああっ!んあぁ!!あんっ!あっ!あっ!あっ!」 

八幡「ところで、くっ、裸エプロンなんてどうして思いついたんだ?」 

雪乃「は、はちまんがっ!よろこんでくれるかと思って、んぁ!ああぁ!」 

八幡「そりゃ、うれしいけどなっ!うっ」 

雪乃「ほんとっ、に?んぁ、ああぁ!ああん!」 

陽乃「雪乃ちゃんからやりだそうっていったんだよー」 

雪乃「ね、ねえさんっそ、それは、あっ!」



93: ◆3pCIhha3Cw 2015/05/10(日) 22:07:25.29 ID:hB5ukV0e0

八幡「そうなのか、雪乃も意外とムッツリなのかもな」 

雪乃「ちが、ちが、わたしはっ、はちまんが、あぁ!あん!ああぁ!」 

八幡「やばっ、もう、でそうだっ!」 

雪乃「わたしもっ、だめっ!ああっ!あんっ、あっ!あっ!!」 

八幡「くぁっ!!」 

雪乃「あっ!あっ!あっ!あああぁぁぁぁぁ!!」 

ビュルルルル!ビュル!ビュル!ビュル!ビュル! 

八幡「はぁ、はぁ、はぁ」 

雪乃「あっ......ああ......」 

グイ



94: ◆3pCIhha3Cw 2015/05/10(日) 22:08:37.08 ID:hB5ukV0e0

陽乃「ほらほら雪乃ちゃん、後はよろしく」 

雪乃「んっ......んん......」スタスタ 

陽乃「次は私だよ♪」 

八幡「は、はい」 

八幡(真正面から見るとエプロンが窮屈そうな感じだ) 

八幡(胸の部分にちょうどパンさんのデザインがしてあり、膨らんだ部分でより凶悪そうに見える) 

八幡「このぷっくりしてるの、乳首ですかね?」クリクリ 

陽乃「ああんっ、だってぇ......さっきの2人の声を聞いてるだけで......」 

八幡「硬くなってるんですか」クリクリ 

陽乃「そうやって、弄るのもいいけどこっちも......」ピラ 

八幡(陽乃さんはエプロンをたくし上げるとそこは既に準備できてるようだ) 

八幡「お、すごいですね」クチュクチュ 

陽乃「ゆっ、ゆびじゃなくて、はやくっ......」 

八幡「わかりました」 

クチュ、ズプププププ



95: ◆3pCIhha3Cw 2015/05/10(日) 22:09:36.72 ID:hB5ukV0e0

陽乃「ああっ!ああんんっ!」 

ズチュ!ズチュ!ズチュ! 

八幡(お互いに立ったままの状態で陽乃さんのお尻を掴みそのまま動き出した) 

陽乃「んぁっ!ああっ、あっ!はちまん、はちまん、んんっ!」ギュウウウウ 

八幡「んぐっ」 

八幡(そういうと陽乃さんは俺の頭を胸に押し付ける) 

八幡(心地良いながらもちょっと息苦しい) 

陽乃「はぁっ、あっ、ああっ!ああぁぁんん!」 

スッ 

陽乃「ゆ、雪乃ちゃん!?」 

雪乃「ご飯の準備ができたから手伝うわ」ムニュウウウ 

陽乃「ああぁ!ああっ!そんなに強くつかんじゃ、ああっ!んぁ!」 

八幡(雪乃は後ろから陽乃さんの胸を揉みだした)



120: ◆3pCIhha3Cw 2015/05/11(月) 06:33:31.66 ID:2UBOG9PC0

>>96 
微妙に修正...... 

八幡「んはぁ、これでこっちも集中できますね」 

陽乃「んぁ!ああっ!はちまんっ、も、それっ、はげしいよぉ、んんっ!」 

雪乃「せっかくだから......」グイ、チュウウウ 

八幡(そう言うとエプロン寄せて露出した乳首を吸い始めた) 

陽乃「やっ、ゆきのちゃんっ!すっちゃ、だめぇぇ!」 

雪乃「ん、八幡もどうかしら?」 

八幡「そうか......」チュウウウ 

陽乃「ああっ!!や、りょうほうなんてっ!」 

八幡(俺と雪乃で陽乃さんの乳首を吸うとますます締め付けてくる) 

陽乃「やっ!だめ!だめっ!、もうっ!!」 

八幡「んんっ」 

陽乃「やっ!やっ!ああ!あああああぁぁぁぁぁ!!」 

ビュルルルルルルルル!ビュル!ビュル!ビュル! 

八幡「はぁ、はぁ」 

陽乃「あ、あ......」ギュウウウ



97: ◆3pCIhha3Cw 2015/05/10(日) 22:11:38.01 ID:hB5ukV0e0

八幡「おわっ」 

陽乃「このままつれてって♪」 

雪乃「そ、それじゃあ、私も///」ギュウウウ 

八幡「いや、すぐそこだろ」 

陽乃「私、2人でされて疲れちゃったから♪」 

雪乃「わ、私も今になって疲れてきたわ」 

八幡「ほんとかよ......」



98: ◆3pCIhha3Cw 2015/05/10(日) 22:12:47.15 ID:hB5ukV0e0

ーーーーー 
ーーーー 

雪乃「~♪」 

八幡「......」 

陽乃「~♪」 

八幡(あれからご飯を食べて今はソファーでくつろいでる) 

八幡(2人とも俺を挟んでくっつきながら......) 

八幡(ちなみに既に普段着) 

八幡(しかし今更ながらすごいね。学校一の美少女とその美人なお姉さんって両手に花なんてレベルじゃないんだが) 

八幡(ていうかこれからの事はどうしよう......) 

陽乃「......」 

八幡(まず、由比ヶ浜の事だろうなぁ。あいつh) 

グイー



99: ◆3pCIhha3Cw 2015/05/10(日) 22:13:43.65 ID:hB5ukV0e0

八幡「いたたた!」 

陽乃「あれぇ?八幡?何を考えてるのかなー」 

八幡「たた!耳ひっぱらないで!」 

陽乃「浮気は感心しないって前にも言わなかったっけ?」 

八幡「た、たっ!そもそも浮気なんてありえないんでっ」 

陽乃「でも私達の前で他の女の子の事を考えてるのはどうかと思うよ?」 

雪乃「八幡?」ジー 

陽乃「ひょっとしてガハマちゃんかな?」 

八幡(そこまでわかるのかよ!てかそうなるのかな......) 

雪乃「由比ヶ浜さんがどうかしたのかしら?」 

八幡「浮気じゃない。特に雪ノ下は聞いてくれ」 

雪乃「雪ノ下?ここに雪ノ下は2人いるのだけれど?」ギロ 

八幡「つ、つい......」



100: ◆3pCIhha3Cw 2015/05/10(日) 22:15:51.62 ID:hB5ukV0e0

陽乃「とりゃ」ガシ 

八幡「おわっ」 

陽乃「雪乃ちゃん!」 

雪乃「ええ」ガシ 

八幡(よくわからない内に左右から手首を極められた......なにこの手際のよさ) 

八幡「......こういうのって自分の身を守る為にするやつじゃないんですか?」 

陽乃「んー、これは八幡が浮気した時の必殺技?」ニコ 

八幡「必殺技って」 

陽乃「そういえば私が高校生の時、ちょっと授業中にうるさくしたり制服を着崩しただけで静ちゃんがふぁーすとなんとかって来たのを思わず投げ飛ばしそうになっちゃった♪」 

雪乃「着崩したり授業中にうるさくする方が悪いのでは......」 

八幡(優等生じゃないってのがわかった気する......苦労したんだろうな先生も。だからこそ誰か早く貰って上げて!) 

陽乃「だってー、静ちゃんも本気じゃないと思うけど女の子にぐーで殴りかかろうとするなんてひどいじゃない」 

雪乃「姉さんったら」クス 

八幡(......今のうちに抜けられt) 

陽乃「それは甘いよ?」ギリ 

八幡「いっ!」



101: ◆3pCIhha3Cw 2015/05/10(日) 22:17:07.14 ID:hB5ukV0e0

陽乃「暴れたり、変に動くと余計危ないからね?」 

八幡「く......」 

雪乃「でも大丈夫よ?怪我をしたらその間のお世話をするわ」ニコ 

八幡「全然大丈夫じゃねぇ。そういう事を笑顔で言うな」 

陽乃「それでガハマちゃんがどうしたのかな?」 

八幡「い、いや、俺達3人の事を知れば雪乃と由比ヶ浜はさすがに気まずくなるだろ?」 

雪乃「......」 

八幡「こういう関係になっておいてなんだが2人の仲が悪くなるところを俺は見たくない」 

陽乃「ふぅん?そうならないようにガハマちゃんも攻略して八幡ハーレムの一員にしちゃうってわけ?」ギリギリ 

八幡「いだだ、そ、そんなつもりないんで、つーか八幡ハーレムってなんすか」 

八幡(どうでもいいけど八幡ハーレムより比企谷ハーレムの方が語呂がいい感じがするな) 

陽乃「なんかガハマちゃん以外にも誰かいそうだね?」 

雪乃「少し前に城廻先輩に見つめられてデレデレしてたわ」 

陽乃「へぇー」ギリギリ



102: ◆3pCIhha3Cw 2015/05/10(日) 22:18:29.37 ID:hB5ukV0e0

八幡「だっ、デレデレしてねーよ。あれは俺の名前を覚えたって向こうから近づいてきただけだろ」 

八幡(その時『それは放っておいて』とか言ってたじゃねーか。あれが妬いてるんだったらわかりずらすぎるぞ) 

陽乃「めぐりはあんな感じの子だけど男の子とはあまり縁がないからねー。脈あるかも?ハーレムの4人目?」 

八幡「いやいや、そもそも3人目もあり得ないんで」 

雪乃「一色さんが奉仕部に来る事が多くなったのも八幡が関係してると思うのだけれど?」 

陽乃「つまり八幡は放課後には3人の女の子に囲まれて過ごしてるんだね」 

八幡「それも凄い誤解なんで。そもそも面倒な事になりそうなんで勘弁して欲しいです」 

陽乃「まだまだ八幡の周りに私の知らない女の子がいるみたいで嫌だなー」 

陽乃「という事で雪乃ちゃん。監禁しちゃおっか?」 

八幡「え、なにそれ、小町と戸塚に会えなくなるの?」 

雪乃「姉さん。今の聞いた?監禁すると言われて一言目が妹と友人の事よ?私達よりも大切という事ではないかしら?」ギリギリ 

陽乃「うん、それは私も思った。ひどいよねー」ギリギリ 

八幡「いだっ、いたっ!それはともかく監禁ってのは......」 

陽乃「監禁というより軟禁かな?外出させない以外、八幡に不自由させないから♪」 

雪乃「それも悪くない考えね。おいしいご飯も毎日作るわ」



103: ◆3pCIhha3Cw 2015/05/10(日) 22:19:32.19 ID:hB5ukV0e0

八幡「うわっ、なんて姉妹だ」 

雪乃「由比ヶ浜さんは勿論、小町さんと戸塚くんの事は私が責任を持ってフォローするから安心して?」ニコ 

八幡「全然安心できねぇ。だからそういう事を笑顔で言うな」 

陽乃「ところで戸塚くんって、あの太っててちょっと変な喋り方する子だっけ?」 

雪乃「彼は、材......違うわ。文化祭の打ち上げの時にもう1人男子が居たでしょう」 

陽乃「あ、思い出した。雪乃ちゃんとガハマちゃんが猫と犬で争ってた時にうさぎって言った子?」 

八幡「......」 

雪乃「そうよ。そして八幡は戸塚くんが別の男子と勘違いされてる事に対して姉さんに腹を立ててるわ」 

陽乃「そうなんだー。ごめんね?私達よりも大切な戸塚くんの事を間違っちゃって♪」ギリギリ 

八幡「いっ!そ、そうじゃないんで。てか何も言ってないのに勝手な事言ってるんじゃねぇ」 

雪乃「ところで八幡」ギリギリ 

八幡「だだっ!なんだよ?」 

雪乃「猫の方が好きよね?」ニコ 

八幡「それ、ただの脅迫だろ......」



104: ◆3pCIhha3Cw 2015/05/10(日) 22:20:47.95 ID:hB5ukV0e0

八幡(これは少し後の話になるが由比ヶ浜についてだ) 

八幡(俺達の関係を知ってか知らずか、奉仕部に来る頻度が減ってきた) 

八幡(このまま、本当に気まずくなってしまうのかと思いきや......) 

八幡(戸塚と付き合い始めた。しかも告白したのは戸塚の方らしい) 

八幡(由比ヶ浜はトップカーストの面々との関係も維持しつつ、カップルとして交際も順調なようだ) 

八幡(俺に対しても戸塚との事で相談したり自慢してくる......特に後者) 

八幡(それからも、3人で下らない話をしたり奉仕部の活動をするような関係は今も続いている) 

八幡(結局、由比ヶ浜の料理の腕はアレなままだが......) 

八幡(なんと戸塚が料理をしたり由比ヶ浜に弁当を作ってくることもあるようだ) 

八幡(戸塚の料理......戸塚の手料理!......超食いてぇ!!)



105: ◆3pCIhha3Cw 2015/05/10(日) 22:21:47.95 ID:hB5ukV0e0

八幡「そろそろ手首痛いんで離してくれないっすか?」 

陽乃「うーん、どうしよっか雪乃ちゃん?」 

雪乃「八幡は私達の事、好き?」 

八幡「も、もちろんだ。今更どちらかを選べと言われても難しい」 

雪乃「ええ、あなたなら選べと言われれば自分を貶めて私達に振られる行動をとる事も考えられるわね」 

陽乃「そんな事しても無駄だから♪それこそ監禁しちゃうぞ♪」 

八幡「うわぁ、本気そうで怖い......」 

雪乃「だからこそちゃんとした言葉で言ってほしいわ」 

八幡「ああ、2人とも好きだ」 

陽乃「なんか言わされてる感じだねー」 

雪乃「そうね」 

八幡「くっ......」 

雪乃「八幡?」 

陽乃「八幡?」 


八幡「す、好きだよ!雪乃と陽乃を愛してる!!」



106: ◆3pCIhha3Cw 2015/05/10(日) 22:22:54.04 ID:hB5ukV0e0

雪乃「///」カァァァ 

陽乃「///」カァァァ 

八幡(なんか前に似たようなセリフを言ったか......?) 

八幡(......いや、俺がそんな事を言うはずがない) 

八幡(それより自分で言ってて、なんだか俺らしくもないくっさいセリフだなぁ......) 

雪乃「そ、そういう事をもっと早めに言って欲しかったわ///」パッ 

陽乃「雪乃ちゃんの後だけど呼び捨てにしたから許してあげる///」パッ 

八幡(うわぁ、すげぇデレデレだ......2人とも意外とチョロい?) 

陽乃「あと、私は愛人って事でいいよ♪」 

雪乃「ね、姉さん?」 

陽乃「大丈夫、雪乃ちゃん。これは貸し借りとかじゃないから」 

陽乃「もしくは将来、ちょっと頑張って重婚をできるようにするとか!」



107: ◆3pCIhha3Cw 2015/05/10(日) 22:24:07.94 ID:hB5ukV0e0

八幡「はぁ!?」 

陽乃「でも比企谷ハーレムを作るためじゃないから2人まででね♪」 

八幡(いつの間に呼び方変ってるし) 

八幡「なんかラブコメの主人公みたいっすね......」 

陽乃「え?何だって?」 

八幡「......いやそれ、どちらかっていうと俺が言うセリフですよ。そういうのも詳しいんですか?」 

陽乃「うん、最近ちょっと覚えちゃった♪」 

雪乃「私もそういったものを知らないといけないのかしら......」 

八幡「......なんか軽いノリで愛人とか重婚とか、すげえ条件でも付けられそうなんすけど」 

八幡(この人がその気になればそれくらい出来る......のかな?) 

陽乃「そんな事ないよ?ただ、私達をちゃんと大切にしてくれる事くらいかな」



108: ◆3pCIhha3Cw 2015/05/10(日) 22:25:30.72 ID:hB5ukV0e0

陽乃「私が落ち込んだり、元気がない時はちゃーんと慰めること♪もちろん雪乃ちゃんもだよ?」 

八幡「まぁ、俺に出来る事であれば」 

陽乃「八幡と雪乃ちゃんで恋人同士として振舞ってもいいけど......学校とかで噂になるとまずいんだっけ?」 

雪乃「ええ、言えるとしたら由比ヶ浜さんくらいかしら」 

八幡(一応俺と雪乃が付き合うとだけ言えば嘘にはならないよな?後はそれを聞いた時の由比ヶ浜次第か......) 

陽乃「それとお母さんをごまかさないといけないけど、ちょっと骨が折れるかもしないし」 

雪乃「......」 

陽乃「あ、心配しなくてもいいよ雪乃ちゃん。お母さんね、前に八幡とガハマちゃんが一緒にいるとこを見て結構喜んでるみたいだったから」



109: ◆3pCIhha3Cw 2015/05/10(日) 22:26:54.76 ID:hB5ukV0e0

陽乃「その1人が彼氏になったと知ればお母さん的にもポイント高いかも♪」 

雪乃「姉さん......」ジーン 

八幡(そこで小町のマネされても......つーか雪乃はなんか感動してるし) 

八幡「その彼氏が俺っていうのはポイント、じゃなくて大丈夫なんですか?」 

陽乃「うん。お母さんは他の人には優しいんだから」 

陽乃「ついでに言えばうちはこう見えても許婚だとか政略結婚とは無縁だからね♪」 

八幡「そ、そうすか」 

陽乃「それと雪乃ちゃんもあまり学校でしちゃだめだよ?」 

雪乃「///」 

陽乃「ということで八幡」 

八幡「な、なんですか」 

陽乃「姉妹共々よろしく♡」ニコ 

おわり



111: ◆3pCIhha3Cw 2015/05/10(日) 22:27:46.53 ID:hB5ukV0e0

ガハマさんに関しては 
・隼結→好きな人のイニシャルがYという事で微妙な可能性はありそうですがムカ(中略)ので却下 
・ハーレム入り→悪くはありませんが人数が増えて収集がつかなくなりそうなのでパス 
ということで、彩結で落ちつきました 
この部分は大目に見てやってください



118: ◆3pCIhha3Cw 2015/05/11(月) 05:50:21.20 ID:2UBOG9PC0

はるのんはゆきのん、ガハマさん程好きというわけではありませんが 
過去に作ったものでも名前だけの登場を含めるとほぼ出てるので中々愛着はあります 

理想のハーレムはシンプルにゆきのん、ガハマさんですが 
それ以外でしっくりくる組み合わせとして雪ノ下姉妹でした 
品のない言い方をすると姉妹丼です 

それではここまで見てくれた方はありがとうございました! 
HTML化します







他のおすすめSS