転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1528830260/

1: ◆Kr.22uZI4M 2018/06/13(水) 04:04:20.71 ID:I5KBYrcR0

美優「今回集まってもらったのは他でもありません…!」

留美「そうね、もうそんな時期ね」

瞳子「バレンタインデーまで残り半年…!」


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
アイドルマスターシンデレラガールズの三船美優・和久井留美・服部瞳子のバレンタイン(?)SSです









2: ◆Kr.22uZI4M 2018/06/13(水) 04:05:39.92 ID:I5KBYrcR0

美優「今度のバレンタインこそはPさんに想いのこもったチョコを渡して…そして…」

留美「はいストーップ!それ長いから、美優さん帰ってこなくなるから」

留美「大体Pさんと結ばれるのはわ、私よ///」

瞳子「言ってから恥ずかしくなってるようじゃまだまだね…」

瞳子「私も本命チョコを渡して、そしてお返しに人生を貰うのよ」

美優「私も、貰うんです…」

美優「Pさんからの婚約指輪…!」

留美「Pさんとの婚姻届…!」



3: ◆Kr.22uZI4M 2018/06/13(水) 04:06:57.56 ID:I5KBYrcR0

瞳子「言い争っててもキリがないから、本題に入りましょうか」

瞳子「美優さん、今回はどういう集まりなのかしら?」

美優「あ、はい…今回のテーマは…」


『Pさんへ渡すのはどういうチョコが良いか』


美優「知ってのとおり、Pさんにチョコを渡すアイドルはたくさんいます…」

美優「その娘たちに負けずにPさんに想いを届けるには、どういったチョコがいいか…というのが今回のテーマです」



4: ◆Kr.22uZI4M 2018/06/13(水) 04:07:48.76 ID:I5KBYrcR0

留美「Pさん、毎年すごい量のチョコ貰ってるわよね…」

留美「あれ全部一人で食べてるのかしら…」

瞳子「そりゃそうでしょう」

瞳子「あの優しいPさんだもの」

瞳子「どんなにチョコばっかで大変でも、絶対全部食べてるわよ…はぁ好き…」

美優「Pさんと結婚…」

留美「婚姻届…」

瞳子「Pさんのいいところはやっぱり…」

留美「いやいややっぱり…」

美優「Pさんと結婚…」



5: ◆Kr.22uZI4M 2018/06/13(水) 04:09:10.84 ID:I5KBYrcR0

留美「…はっ!?Pさんのいいところを語ってたら気付いたら30分経ってたわ」

留美「本題のバレンタインチョコの話題からすっかり逸れてしまってたわね」

美優「Pさんとの新婚生活…」

瞳子「美優さんはやっぱり戻ってこないわね」

留美「やっぱりこうなるのね」




6: ◆Kr.22uZI4M 2018/06/13(水) 04:09:37.85 ID:I5KBYrcR0

留美「というわけでようやく本題よ」 

留美「今回のバレンタインでPさんに渡すのはどんなチョコが良いのか」 

瞳子(美優さんが戻ってこないから留美さんが司会はじめたわね) 

美優「やっぱり…準備に時間をかけるのがいいんじゃないでしょうか」 

瞳子(あ、帰ってきた) 

美優「私は前回のバレンタインは、1か月前から準備してました」 

留美「そうね、私も同じくらいよ」 

美優「だから今回はもっとたくさん時間をかけて準備するんです…」 

瞳子「今回は半年前からこうやって対策を立ててるから、そういった意味ではそれはクリアしてるとも言えるわね」 

美優「はい…私今日から、チョコ作りの練習を毎日して、最高のチョコを渡すんです…」 

美優「Pさんに喜んでもらうために…Pさんのために…!」 




7: ◆Kr.22uZI4M 2018/06/13(水) 04:11:53.67 ID:I5KBYrcR0

留美「次は私ね」 

瞳子「留美さんはどんなチョコがいいと思うのかしら?」 

留美「やっぱりチョコの大きさよ」 

留美「小さいチョコを渡して終わりだなんて味気なさすぎるもの」 

留美「こう、受け取った時に、ズシィって想いが伝わるようなのが良いわね」 

美優「なるほど…」 

留美「チョコの大きさはそのまま想いの強さに比例するわ」 

留美「だから私は、とびきり大きな手作りチョコを用意するわ」 




8: ◆Kr.22uZI4M 2018/06/13(水) 04:12:21.34 ID:I5KBYrcR0

瞳子「最後は私ね」 

瞳子「チョコそのものだけじゃなく、渡す場所や時間にもこだわったらいいと思うの」 

美優「なるほど…」 

留美「いい案ね…」 

瞳子「最初に言ったように、この事務所にはPさんにチョコを渡したいアイドルはたくさんいるわ」 

瞳子「それも本命の…ね」 

瞳子「そんな娘たちに先を越されないように、日付が変わって2月14日になった瞬間を狙うのよ」 

美優「なるほど…」 

瞳子「ただ難しいのは、Pさんはこの時間どこにいるのかがその時になってみないと分からないのよね」 

留美「残業で事務所に残ってることもあれば、もう帰って寝てるかもしれないわ」 

瞳子「そういうこと」 

留美「Pさんは0時にはまだ寝てないことが多いそうだから、前日かその前くらいからPさんの状況を観察しておくのがいいわね」 

美優「場所も…Pさんとの思い出の場所とか、そういう場所で渡したいです…」 



9: ◆Kr.22uZI4M 2018/06/13(水) 04:16:11.44 ID:I5KBYrcR0

瞳子「これで1人づつ案は出たわね」 

留美「今回の結論をまとめると…」 


『半年前から準備して受け取った時にズシィって想いが伝わるような大きさのチョコを用意して、日付が2月14日に変わった瞬間にPさんとの思い出の場所でそのチョコを渡す』 


留美「なかなかいいじゃない…」 

美優「はい…!これなら…!」 

瞳子「Pさんに他の娘に負けないくらい想いが伝わるわ…!」 

留美「というわけで早速バレンタインに向けて…準備よ!」 

瞳子「Pさんに最高の想いが詰まったチョコを渡すために…!」 

美優「はい…!」 


☆おしまい☆ 



10: ◆Kr.22uZI4M 2018/06/13(水) 04:17:15.60 ID:I5KBYrcR0

・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
・・・・・・・・・・・・ 
・・・・・・ 








11: ◆Kr.22uZI4M 2018/06/13(水) 04:17:59.78 ID:I5KBYrcR0

美優(………………) 

美優(うまくいったでしょうか…) 

美優(これでこの2人の注意がバレンタインに向いたはず…) 

美優(そう、バレンタインの準備と見せかけて、本命は2か月前…!) 

美優(今年こそはPさんと2人っきりでクリスマスを過ごすんです…!) 

美優(バレンタインの頃にはもう私とPさんは…両想い…////) 

美優(完璧な作戦です…!) 



12: ◆Kr.22uZI4M 2018/06/13(水) 04:18:48.04 ID:I5KBYrcR0

留美(うふふふ…) 

留美(出てきたのはバレンタインの話題ばかり…) 

留美(2人とも、大事なイベントを見落としてるわ…) 

留美(私の本命はクリスマス!) 

留美(美優さんと瞳子さんがバレンタインの準備を進めてる間、私はクリスマスにPさんと過ごすために準備するのよ!) 

留美(うふふふふふ…/////) 



13: ◆Kr.22uZI4M 2018/06/13(水) 04:19:26.41 ID:I5KBYrcR0

瞳子(バレンタイン?ええ、それも大事な一大イベントよ) 

瞳子(けどその前にあるクリスマスはもっと大事なイベントなのよ!) 

瞳子(2人がバレンタインに気を取られてるうちに) 

瞳子(Pさんとクリスマスを2人で過ごす方法を考えなくちゃ) 




14: ◆Kr.22uZI4M 2018/06/13(水) 04:20:00.84 ID:I5KBYrcR0

美優(Pさんと2人きりのクリスマス…////) 

留美(Pさんと2人きりのクリスマス…////) 

瞳子(Pさんと2人きりのクリスマス…////) 


つづく…? 




15: ◆Kr.22uZI4M 2018/06/13(水) 04:21:23.10 ID:I5KBYrcR0

今回のSSは以上です、ありがとうございました 
昨日投稿できればちょうどバレンタインの半年前だったのですが1日遅れてしまったのはもったいなかった… 
クリスマス編…あるんでしょうか? 



過去作もお願いします 

三船美優「絶対特権主張したいです…」 


三船美優「Pさんに手作りチョコを渡すんです…!」 


三船美優「勇気の魔法」 


三船美優「バレンタイン反省会反省会…?」 


三船美優「お花見反省会…?」 








他のおすすめSS
 
 
 
 
 
橘ありす「名前ではなく橘と苗字で呼んでください」 
乃々「机の下からこんばんは」 
文香「ふみふみふみか」 
武内P「これは……私の抱き枕?」 
加蓮「贅沢なPさん」