転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1516867333/

4: ◆bL5b7ovQmQ 2018/01/25(木) 17:54:10.61 ID:uUqXDL+A0

ガチャリ

乃々「....」

乃々「こんにちは....」

P「....」ジー

ちひろ「....」ジー

乃々「?」

P「おう!早かったな!」

乃々「はい....あまりギリギリだと色々と心配なので....」

乃々「えらいえらい」

P「(こういうところは他の連中にも見習ってもらいたいな)」

乃々「あと、お仕事の前にエネルギーチャージを....」ガサゴソ

ちひろ「某ゼリー飲料でも飲みますか?」

乃々「い、いえ....」



5: ◆bL5b7ovQmQ 2018/01/25(木) 17:54:38.86 ID:uUqXDL+A0

乃々「お昼は食べてきたのであとは気持ちの方を....」

P「あぁ、いつものか....」

ちひろ「なるほど....」

乃々「?」

乃々「まあおっしゃる通りですけど....」

乃々「じゃあ私、机の下で気持ちを高めてきます....」

P「....」

乃々「もうこれをしないと頑張れません....」ガサゴソ

乃々「....」チラ

ベタベタ

乃々「あれ....?」

P「そうそう言い忘れてたんだがな」

P「実は」



6: ◆bL5b7ovQmQ 2018/01/25(木) 17:55:06.97 ID:uUqXDL+A0

P「今日、その机の下ペンキ塗りたてなんだ!」バーン

乃々「え、えぇっ....!?」

ちひろ「ごめんなさいね乃々ちゃん」ニッコリ

乃々「な、なんでこんなところにペンキ塗るんですか....!?」

P「いやー乃々がそこよく使うだろ?」

P「だからか知らんがそこの床の塗装が剥がれてきてたんだよ」

P「それがずっと気になっててなあ....」

ちひろ「そこで今日は一念発起してペンキを塗ったんです!」バーン

P「ってわけだ!」バーン

乃々「何でよりによって今日なんですか....」

P「すまんすまん!」

ちひろ「今日は我慢してくださいね?」

乃々「....」



7: ◆bL5b7ovQmQ 2018/01/25(木) 17:55:49.12 ID:uUqXDL+A0

乃々「それでは....」

乃々「となりの机の下に引っ越しです....」

P「....」

ちひろ「....」

乃々「やっとこれで....」ガサゴソ

乃々「落ち着けます....」チラ

トゲトゲ

乃々「....」

乃々「な、なんでこんなものがあるんですか....!?」

P「こんなものって....ねえちひろさん」

ちひろ「そのくらいどこの事務所でも」

ちひろ「むしろ日本中のオフィスにありますよ?」

乃々「いやいやいやありませんよこんなトゲトゲ....!」




8: ◆bL5b7ovQmQ 2018/01/25(木) 17:56:47.98 ID:uUqXDL+A0

乃々「これ世紀末の住人が肩につけてるのしか見たことないです....!」 

P「うーんそうだろうか....」 

P「まあ一回座ってみたらいいんじゃないか?」 

P「案外針治療の要領で気持ち良いかもしれないぞ?」 

乃々「絶対ありえないと思いますけど....」 

乃々「座ったらあまりの痛みに起立....」 

乃々「起立して頭を机にぶつける....」 

乃々「頭の痛みで腰を下ろす....」 

乃々「以下無限ループになるのが目に見えます....!」 

P「相変わらずネガティブだなあ乃々は」 

ちひろ「スマブラの自作ステージで見たことあるような展開ですね!」ワクワク 

P「面白そう」 

乃々「面白くないんですけど....」



9: ◆bL5b7ovQmQ 2018/01/25(木) 18:01:27.43 ID:uUqXDL+A0

ちひろ「でもごめんなさいね....乃々ちゃん....」ショボン 

ちひろ「誰が置いたかわからないけど明日には移動させておくわ....」ショボン 

乃々「移動できるなら今すぐにでもやって欲しいんですけど....」 

ちひろ「輝子ちゃんかしら....」 

乃々「こんなもの押し付けられたら輝子ちゃんが困りますよ....」 

P「ちひろさんも忙しいんだろきっと....」 

乃々「じゃあ暇そうにヨガをしてるプロデューサーさんがやってください....」 

P「あっ!?猫のポーズから動けない!?すまん!?」グググ 

乃々「超初歩的ポーズなんですけど....」 

P「ってことだから今日は」 

乃々「わかりました....」 

P「....!」ニコ 

ちひろ「....!」ニコ



10: ◆bL5b7ovQmQ 2018/01/25(木) 18:01:55.57 ID:uUqXDL+A0

乃々「少し場所は離れますが....」 

乃々「今日は向かいの机の下で我慢します....」 

P「....」 

ちひろ「....」 

乃々「なんでこんなに苦労しなきゃいけないんですか....」ガサゴソ 

乃々「でもようやく....」チラ 

ニチャニチャ 

乃々「こ、今度はなんですか....」 

P「あーすまんすまん」 

P「実はな」



11: ◆bL5b7ovQmQ 2018/01/25(木) 18:05:25.21 ID:uUqXDL+A0

P「この事務所も結構古くなってきただろ?」 

乃々「ま、まあ否定はしません....」 

P「それに伴って、その....」 

乃々「?」 

ちひろ「アイドルのみんなには申し訳ない話なんだけど....」 

ちひろ「ゴキブリが多くなってきたみたいなの....」ショボン 

乃々「ゴキブリ、ですか....?」 

ちひろ「そうなの....だから....」 

ちひろ「とりもちを設置することにしたの!」 

乃々「あぁ、そういうことですか....」 

乃々「....」 

乃々「いやよく考えたらおかしいです....!おかしいですよね!」 

P・ちひろ「何か問題でも?」 

乃々「判で押したようなセリフを同時に言わないでください....!」



12: ◆bL5b7ovQmQ 2018/01/25(木) 18:06:47.83 ID:uUqXDL+A0

乃々「ゴキブリ駆除のためにとりもち、これはわかります....」 

乃々「でも机の下一面に巨大なとりもちを置く必要はないのでは....!?」 

P「いや、大は小を兼ねるって言うし....」 

乃々「餌も何もないここに置いてもゴキブリ来ませんよ....」 

乃々「これを小さく分けて部屋の隅々に置いた方がよっぽど効果があると思います....」 

ちひろ「最初はそうするつもりだったんです....」 

ちひろ「でも途中から面倒くさくなっちゃって☆」テヘ 

乃々「....」 

乃々「ちなみに残りはどこに置いたんですか....?」 

ちひろ「そこだけ☆」テヘ 

乃々「最初から面倒くさくなってますけど!?」



14: ◆bL5b7ovQmQ 2018/01/25(木) 18:07:54.40 ID:uUqXDL+A0

訂正 

ちひろ「違うのよ?」 

ちひろ「とりもちを用意してて、部屋のどこに置こうかなーって考えてて」 

ちひろ「面倒くさくなっちゃったの☆」 

乃々「やっぱり最初からじゃないですか....」 

P「よくそれで言い訳しようと思いましたね」ヤレヤレ 

乃々「仰向けの英雄のポーズをしながら呆れられても....」 

ちひろ「そういうわけだから」 

乃々「はい....」 

乃々「そのとなりに移動します....」 

P「....」 

ちひろ「....」



15: ◆bL5b7ovQmQ 2018/01/25(木) 18:08:36.13 ID:uUqXDL+A0

乃々「(今日は何かおかしいです....)」ガサゴソ 

乃々「(明らかに恣意的なものを感じます....)」チラ 

フカフカ 

乃々「芝生ですけど!?」 

乃々「寂れた机の下がピクニック日和なんですけど!?」 

P「いつもフローリングの上に座るとお尻が冷えると思ってな」ニコ 

ちひろ「特製の人工芝を用意したの」ニコ 

乃々「普通の絨毯ではダメだったんでしょうか....」 

乃々「ま、まあ快適であることに変わりはなさそうなので....」ジー 

P「あ、でもさっきそこ調べたら大量のマダニが見つかったから気を付けてな」 

乃々「なんで人工芝にマダニがいるんですか!?」



16: ◆bL5b7ovQmQ 2018/01/25(木) 18:09:36.37 ID:uUqXDL+A0

ちひろ「マダニ感染症は致死率が数十パーセントもある危険な病気ですから気を付けてください!」 

乃々「気を付けるとかいうレベルじゃないですよね....?」 

乃々「下手すれば、下手しなくても死にますよね....?」 

P「安易に見た目判断するのは危険ってことだな」 

ちひろ「この教訓をこれから活かして行きましょう」 

乃々「そういう問題ですか....?」 

P「世界中にいろいろな問題が転がってるんだ」 

P「たまにはこういうこともあるさ」ニコ 

ちひろ「その通り」ニコ 

乃々「....」



17: ◆bL5b7ovQmQ 2018/01/25(木) 18:10:16.60 ID:uUqXDL+A0

乃々「プロデューサーさんもちひろさんも今日はおかしいです....」 

P「えっ!?」ギクリ 

ちひろ「うぐっ!?」ギクリ 

乃々「もしかして私を....」 

乃々「机の下ライフから卒業させようとしているのでは....」ジロ 

P「いやーナンノコトカナー!」アセアセ 

乃々「下を向いた犬のポーズ....動揺している証拠ですね....」 

ちひろ「(ポーズで意思表示をしている!?)」 

乃々「....」



18: ◆bL5b7ovQmQ 2018/01/25(木) 18:14:02.06 ID:uUqXDL+A0

乃々「ここまでくると次も....」チラ 

ポッカリ 

乃々「穴!事務所の床に大きな穴があいてますけど!?」 

P「なんでも事務所の下に金鉱脈が見つかったらしくてな」 

乃々「あまりにも無理がありすぎます....」 

乃々「というかペンキを塗るより先に床の穴を塞ぐべきだと思いますけど....」 

ちひろ「そこが作業現場の入り口になるみたいよ?」 

乃々「随分はた迷惑な話です....」 

乃々「こっちは....」チラ 

プカプカ 

乃々「大きな水たまりがあるんですけど!?」 

ちひろ「昨日の雪解け水がそこまで入ってきちゃって....」 

乃々「器用な雪解け水ですね!」 

乃々「事務所の他は一切濡れてないのになんでここだけ溜まってるんですか!?」 

P「偶然に偶然が重なった結果かもしれないな」 

乃々「重なり過ぎてもはや超常現象なんですけど....」



19: ◆bL5b7ovQmQ 2018/01/25(木) 18:18:18.20 ID:uUqXDL+A0

乃々「これが最後なんですけど....」チラ 

ニャーン 

乃々「!?」 

乃々「ね、猫がいます....」 

猫「ニャーン」 

乃々「....」ジー 

乃々「か、可愛いです....」ニコ 

乃々「はっ....!?」 

乃々「まさかこの猫にもマダニがいて感染症になるなんてことは....」ジロ 

P「ないない、てかさっきの芝生の話も嘘だから」 

ちひろ「本当にそんなことになってたら危ないですからね」



20: ◆bL5b7ovQmQ 2018/01/25(木) 18:19:14.66 ID:uUqXDL+A0

乃々「で、ではこの机の下なら....」チラ 

猫「ニャー」 

猫「....」ゴロン 

乃々「あ....」 

P「どうした?そこなら別に大丈夫だぞ?」ニヤリ 

ちひろ「遠慮しなくていいんですよ?」ニヤリ 

乃々「....」 

乃々「今日はとことんいじわるです....」



21: ◆bL5b7ovQmQ 2018/01/25(木) 18:27:51.93 ID:uUqXDL+A0

P「で、結局ここか....」 

乃々「ここも机の下であることに変わりはありませんから....」 

ちひろ「私たちの作戦は失敗ですね」クスクス 

P「まあ足元は暖かいが....」 

P「そこ狭くないか?」 

乃々「狭いですけど....」 

乃々「居場所を求めて彷徨っていたさっきよりはよっぽど心が穏やかです....」 

P「ごめんて....」 

ちひろ「プロデューサーさんも乃々ちゃんのことを第一に考えての行動だったのよ?」 

乃々「....それはわかってますけど」 

乃々「....」 

乃々「もう少し段階を踏んでお願いします....」 

P「わかったよ、まあそんなに急いですることでもないしな」 

乃々「だったらなんでやったんですか....」 



22: ◆bL5b7ovQmQ 2018/01/25(木) 18:31:58.14 ID:uUqXDL+A0

~翌日~ 

P「....」カタカタ 

乃々「....」 

P「....」カタカタ 

乃々「....」 

P「....」ピタ 

P「あの、今日は定位置も他の机の下も全部空いてるぞ?」 

乃々「....」 

乃々「実は、この狭さが気に入ったので拠点をここに移すことにしました....!」 

P「えぇ....」 

P「ち、ちひろさーん!」 

ちひろ「プロデューサーさんの自業自得ですよ?」ニコニコ 

P「そんなぁ....足狭いよぅ....」 

ちひろ「....」



23: ◆bL5b7ovQmQ 2018/01/25(木) 18:37:48.64 ID:uUqXDL+A0

ちひろ「(結局、乃々ちゃんは今まで通り机の下に)」 

ちひろ「(それもプロデューサーさんの)」 

P「なあ乃々?これじゃ俺エコノミークラス症候群になっちゃうよ~」 

乃々「私の犠牲になってください....」ニコニコ 

ちひろ「(そして)」 

ちひろ「(プロデューサーさんの足元は大変窮屈に)」 

P「酷い!酷すぎる!」 

乃々「自らの行いを悔いながら一生を過ごして欲しいんですけど....」ニコニコ 

P「そこまでいう!?」 

ちひろ「(でも私は思うんです)」 

ちひろ「(誰かのいる机の下に引っ越したことでも)」 

ちひろ「(それは乃々ちゃんにとっての大きな進歩だったんじゃないかって)」 

乃々「プロデューサーさん、狭いです」ギュウギュウ 

P「お前が出ればいいだろ!」ギュウギュウ 

乃々「....」 

乃々「それは出来ません....ここは....」 

乃々「私の理想郷ですから....」ニコニコ 

【完】



24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/25(木) 18:40:14.14 ID:htaX9hG80

乙 
俺の机の下にも来てホスィ



25: ◆bL5b7ovQmQ 2018/01/25(木) 18:40:49.27 ID:uUqXDL+A0

最後までお付き合いいただきありがとうございました 
やっぱり森久保は可愛いです、「ネガティブ乙女」フィギュア発売中です 

過去作ともども、これからもよろしくお願いします 

このSSが読者の方の人生の糧に少しでもなれば幸いです







他のおすすめSS
芽衣子「スイート・リグレット」 
モバP「晴と一緒にラブホに行きたい。否、行くぞ!!」 
桃華「生存本能ヴァルキュリア発売記念パーティー、ですわ」 
瑞樹「楓ちゃん、虫歯でしょ」 楓「違いますよ」 
キャンディアイランドのおおよそ毒にも薬にもならないおしゃべり 
文香「…プロデューサーさんは、無責任です…」 
小梅「幸子ちゃんは結局…」輝子「どっちと結婚するんだ…?」 
ちひろ「プロデューサーさんとみくちゃんの休憩時間の過ごし方」 
【モバマスSS】薫「おうちにかえろう」 
早苗「プロデューサーと飲みに行くことにした」