転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1529575439/

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/21(木) 19:03:59.41 ID:bcvLiZN60

将軍「軍師殿っ! 軍師殿ーっ!」

将軍「軍師殿はどこだ!?」

兵士「我々も捜しているのですが、見当たりません!」

将軍「もう敵軍はそこまで迫っているというのに……何をしているのだ!」

将軍「普段は『全てを読んでいる私にお任せを』などと大言を吐いているくせに……!」

将軍「あの方の作戦なしで、どう戦えというのだ……!」





2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/21(木) 19:06:18.67 ID:bcvLiZN60

将軍「……」

将軍「こうなったら仕方あるまい」

将軍「我々だけで戦うのだ!」

兵士「そうですよ、将軍!」

兵士「今日は我が国の売れっ子作家の新作が発売されましたし、絶対負けられませんよ!」

将軍「うむ、その意気だ! 絶対に侵略者から勝利をつかむのだ!」



3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/21(木) 19:07:18.88 ID:bcvLiZN60

戦いが始まった……。



兵士「将軍! 右方から、敵軍が攻めてきました!」

将軍「よし、そっちへ兵を送る……」

将軍「いや待てよ?」

兵士「え?」



4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/21(木) 19:09:22.96 ID:bcvLiZN60

将軍「いくらなんでも攻めが不用意すぎやしないだろうか……」

将軍「もしかすると、オトリの可能性がある!」

兵士「なるほど!」

将軍「とりあえず、兵は動かさず守りを固めよう。敵軍の様子をもっと慎重に探らねばならん!」

兵士「ははっ!」

将軍(軍師殿なら、きっとこういう指示をした……ような気がする)



5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/21(木) 19:11:12.01 ID:bcvLiZN60

兵士「報告いたします!」

兵士「後方から敵軍が現れました!」

兵士「右方の敵軍は、やはり陽動だった模様です! ほとんどが人形です!」

将軍「ふぅ~、危うく罠にかかるところだったな」

将軍「よし、後方の敵を掃討する! 一気にいくぞ!」

兵士「ははっ!」




6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/21(木) 19:11:38.76 ID:bcvLiZN60

将軍「……とりあえず敵の第一陣は退けたな」 

兵士「やりましたね!」 

将軍「ところで、軍師殿は?」 

兵士「まだ見えられてません……」 

将軍「うむう……彼が来ないなら、このまま我々だけで戦うしかあるまい!」



7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/21(木) 19:13:22.95 ID:bcvLiZN60

兵士「敵が撤退を始めました! 追撃しますか!?」 

将軍「そうだな……いや、待て!」 

将軍「もしかしたら伏兵がいるかもしれん! うかつに手を出すな!」 

~ 

兵士「敵が攻めてきましたぁ!」 

将軍「矢だ! 矢を撃ちまくるのだぁっ!」 

~ 

将軍「くそっ、囲まれてしまったか!」 

将軍「弱いところを見つけて、なんとか一点突破するぞ!」 

兵士「は、はいっ!」



10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/21(木) 19:15:38.38 ID:bcvLiZN60

兵士「敵の本軍と対峙しました!」 

将軍「両軍、全軍による激突……この一戦で決着がつくな……」 

将軍「軍師殿は?」 

兵士「どこにもおりません……」 

将軍「そうか……ならばもういい!」 

将軍「皆の者、よく聞け! この一戦で全てが決まるぞ!」 

将軍「己の全てを出し尽くすのだ!」 

オーッ!!!



11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/21(木) 19:16:58.07 ID:bcvLiZN60

兵士「や、やりましたね……」 

将軍「うむ、敵将を討ち取り……敵軍は散り散りとなった……」 

兵士「これでもう、敵国も我が国に攻め込もうとは思いますまい」 

将軍「油断はできんが、そう願いたいものだな」 

兵士「しかし、ある意味敵国以上に許せないのは、軍師殿です!」



12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/21(木) 19:20:03.64 ID:bcvLiZN60

兵士「国防において最も大事な一戦だというのに、全く姿を現さないだなんて!」 

兵士「たしかに彼には今までの功績がありますが、それを差し引いても許せることではありません!」 

兵士「軍師解任……いや、打ち首にしても飽き足らない大罪ですよ!」 

将軍「うむ……厳罰に処さねばなるまい」 

兵士「さっそく、軍師殿の自宅に乗り込みましょう!」 

将軍「そうだな。いずれにせよ、彼からも事情を聞かねばならぬ」



13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/21(木) 19:22:47.87 ID:bcvLiZN60

兵士「まったく……なにを考えてるんだか……」ブツブツ 

兵士「我が軍の戦略部分は、あの軍師殿に任せておいたというのに……」ブツブツ 

将軍(その通り……今まで我が軍、というか私は彼に頼り切って指揮をこなしていた……) 

将軍「!」ハッ 

将軍(まさか……!) 

将軍(私には、軍師殿の狙いが読めたぞ!)



14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/21(木) 19:24:07.34 ID:bcvLiZN60

将軍(もしかして、軍師殿はあえて姿を現さなかったのでは!?) 

将軍(これまで、我が軍の戦術戦略は軍師殿に任せっきりだったが) 

将軍(それではいつか、もしも軍師殿が本当にいなくなった時、軍はあっさり総崩れになる!) 

将軍(だからこそ、この重要な一戦で、わざと全てを私に任せたのだ!) 

将軍(我が軍を、さらに一段階進化させるために!) 

将軍(事実、我が軍はこの追い詰められた状況で勝利を収めることができた!) 

将軍(この勝利は百戦にも勝る経験になったのだ!) 

将軍(軍師殿……粋なはからいをしてくれたものだ……)



15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/21(木) 19:26:55.00 ID:bcvLiZN60

軍師の自宅―― 

軍師「あ~、面白かった……最高!」 

軍師「さっすが売れっ子作家の新作小説、時間を忘れて最初から最後まで楽しんじゃったよ」 

軍師(ところで、今の時間は……)チラッ 

軍師「ゲ!?」 

軍師「やっべえ、もうとっくに敵軍が攻め込んでておかしくない時間じゃん!」 

軍師「いや、それどころか……決着がついててもおかしくない!」 

軍師「大遅刻じゃん!!!」



16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/21(木) 19:28:50.71 ID:bcvLiZN60

軍師「う~わぁ~……やっちまった、やっちまった」 

軍師「どうしよう、どうしよう……」 

軍師(戦いはどうなったんだろうなぁ……) 

軍師(うちの軍が勝った? 敵軍が勝った? まだ戦ってる?) 

軍師(さすがの俺もこれは読めねえわ……)



18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/21(木) 19:30:31.84 ID:bcvLiZN60

コンコン… 

「軍師殿、おられるか」 



軍師「!?」ビクッ 

軍師(将軍の声!? ってことは勝ったのか! よく俺抜きで勝てたなぁ……てか何しに来た?) 

軍師(んなもん決まってる! 姿を見せなかった俺を罰しに来たんだ!) 

軍師(あーあ、よくて軍師クビ、悪くて処刑、かな……) 

軍師(どう言い訳すればいいんだ……いや、どうしようもないだろこれ……) 

軍師(せめて、何をしてたか正直に話すしかないだろうなぁ……)



19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/21(木) 19:32:16.40 ID:bcvLiZN60

将軍「軍師殿、おられたか」 

軍師「は、はいっ!」 

将軍「軍師殿にお話ししたいことがある」 

軍師「な、なんでしょう!?」 

将軍「軍師殿は……全部読んでいたのですね!」 

軍師「は、はい……おっしゃる通りです」 

軍師「全部読んでました」 







― 完 ―



20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/21(木) 22:21:07.15 ID:s63fkHEPo

乙 
このあとどうなるか気になるww






他のおすすめSS