転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1519403854/

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/24(土) 01:37:34.75 ID:lDugeDPZ0



ザザーン

ピクッ

サトシ「おっ!」

サトシ「きたきたきたーっ!!」

ザッパーン


コイキング「コッコココココッココココ」

サトシ「またコイキングかよ……」

スイレン「サトシ、コイキングに好かれてるね」

サトシ「ちぇっ……」






2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/24(土) 01:39:12.43 ID:lDugeDPZ0

マオ「おーい!スイレン、サトシー!」

サトシ「マオ!」

マオ「二人で釣りしてたんだね」

スイレン「マオちゃんも釣り、やってく?」

マオ「遠慮しとくよ。せっかくの釣りデートの邪魔しちゃ悪いし」

スイレン「(サトシとデート……///)」カァァ

スイレン「そそそそそんなんじゃないよ!!///」

マオ「あはは!ごめんごめん!」

マオ「それじゃあ店の手伝いあるから……じゃあね!」

サトシ「ああ!頑張れよー!」

サトシ「スイレンどうしたんだ?」

スイレン「なななな何でもない!///」

サトシ「そっか」



3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/24(土) 01:40:54.09 ID:lDugeDPZ0

サトシ「あれ?あのリザードンは……カキ!」

サトシ「おーい!カキー!」

カキ「サトシ!それにスイレン!」

カキ「二人で釣りしてたのか」

スイレン「うん!」

サトシ「カキも釣り、やってくか?」

カキ「悪いな、配達の途中なんだ」

サトシ「そっか、じゃあしょうがないな」

カキ「お前たちは気楽でいいな。のんきに釣りデートか」

スイレン「(サトシとデート……///)」カァァ

スイレン「そそそそそんなんじゃないよ!!///」

サトシ「そうだぜ!俺たち真剣に釣りしてるんだ!」

カキ「そうか。決して嫌味を言ったつもりはないんだ……すまん」

カキ「それじゃ配達が残ってるから……じゃあな」

サトシ「まったく失礼しちゃうよなカキの奴」

サトシ「スイレンどうしたんだ?」

スイレン「なななな何でもない!///」

サトシ「そっか」




4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/24(土) 01:42:03.25 ID:lDugeDPZ0

リーリエ「サトシー!スイレンー!」 

サトシ「リーリエ!」 

リーリエ「二人で釣りですか?」 

サトシ「ああ!」 

スイレン「リーリエも釣り、やってかない?」 

リーリエ「誘って頂けるのは嬉しいのですが、釣りデートのお邪魔ではないかと……」 

スイレン「(サトシとデート……///)」カァァ 

スイレン「そそそそそんなんじゃないよ!!///」 

リーリエ「それに釣りざおを持ってきてないので」 

サトシ「釣りざお持ってないならスイレンに借りればいいじゃないか」 

リーリエ「いえ、その、これからお母様のところに行かなければいけないので……」 

サトシ「そうなんだ」 

リーリエ「それでは失礼します。ごきげんよう!」 

サトシ「じゃあな!」 

サトシ「スイレンどうしたんだ?」 

スイレン「なななな何でもない!///」 

サトシ「そっか」 




5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/24(土) 01:43:19.54 ID:lDugeDPZ0

次の日 

ポケモンスクール 




スイレン「アローラ!」 

サトシ「アローラ!」 

マオ「アローラ!スイレン、昨日はサトシとどこまでいったの?」 

スイレン「どこまでって、海までだよ」 

マオ「そうじゃなくて!」 

マオ「サトシとの関係はどこまで進展したか聞いてるの!」ニヤニヤ 

スイレン「…………///」カァァ 

スイレン「そそそそそんなんじゃないってば!!///」 



6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/24(土) 01:44:22.44 ID:lDugeDPZ0

サトシ「マオ、スイレン、何話してるんだ?」 

マオ「ふふふ……昨日のこと!」 

カキ「そうだ。スイレン、昨日はあんなこと言ってすまなかったな」 

リーリエ「私もせっかくのお誘いを断ってしまってすみませんでした」 

マーマネ「昨日スイレンがどうかしたの?」 

サトシ「俺と釣りしてたんだよ。そしたらマオとカキとリーリエが来てさ」 

サトシ「でも三人とも用事があったみたいで一緒にできなかったんだよ」 

サトシ「あれ?そういえばカキ何か気にさわるようなこと言ったっけ?」 

カキ「だから俺がお前らのこと……」 

スイレン「そそそそそんなんじゃないって言ってるでしょ!!///」カァァ 

カキ「ああ……す、すまん」 

マオ「ふふふ……」ニヤニヤ 




7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/24(土) 01:45:22.15 ID:lDugeDPZ0

マーマネ「なあんだ。僕だけサトシとスイレンが釣りしてたこと知らなかったんだ」 

マーマネ「みんな仲が良いんだね。サトシとスイレンなんか特に」 

カキ「そうだな」 

スイレン「…………///」カァァ 

リーリエ「そうですね!」 

スイレン「…………///」ジジジジ 

サトシ「あたりまえじゃないか!」 

スイレン「…………///」ボンッ!! 

マオ「そうだよね!」ニヤニヤ 

スイレン「…………」プスプス 

サトシ「なあスイレン!」 

スイレン「……別に仲良くなんかないよ」 

マーマネ「えっ?」 

カキ「えっ?」 

リーリエ「えっ?」 

サトシ「えっ?」 

マオ「あれ?」 

サトシ「どうしたんだよスイレン?」 

スイレン「話しかけないで!!」タッタッタッ 

五人「…………」ポカーン 


マオ「怒って行っちゃった……」 




8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/24(土) 01:46:21.29 ID:lDugeDPZ0

ククイ博士「授業始めるぞー!」 

ククイ博士「って、今日はスイレンは休みか」 

リーリエ「いえ、さっきまでいたんですけど……」 

カキ「どうしたんだろうな」 

マーマネ「どうしちゃったんだろうね」 

マオ「あんたが余計なこと言うからいけないんでしょ!」 

マーマネ「えー!?僕何かまずいこと言った?」 




9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/24(土) 01:47:29.17 ID:lDugeDPZ0

サトシ「俺、探してくる!」 

カキ「俺も行くぞ!」 

リーリエ「私も手伝います!」 

マーマネ「僕も!」 

マオ「わー!みんなストップ!」 

サトシ「何で止めるんだよマオ!」 

マオ「あんまり大勢で行かないほうがいいんじゃ……」 

マーマネ「だったら僕が言ったことが原因なんだから僕に行かせてよ!」 

カキ「いや、原因は俺かもしれないんだ」 

マーマネ「カキ、どういうこと?」 

カキ「俺、昨日サトシとスイレンにとんでもないことを言ってしまったんだ」 
カキ「『お前たちは気楽でいいな。のんきに釣りデートか』って…… 」 

サトシ「そういえばそんなこと言ってたっけ」 

カキ「サトシはともかくスイレンにとって釣りは人生そのものだ」 

サトシ「まあ、たしかに」 

カキ「それを気楽とかのんきという言葉で侮辱してしまった」 

マーマネ「そりゃ怒るのも無理ないね」 

マオ「(違う、そうじゃない!)」 




10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/24(土) 01:48:30.07 ID:lDugeDPZ0

リーリエ「わ、私も……」 

リーリエ「昨日は本当は用事なんてなかったのに『お母様のところに行かなければいけない』と嘘をついてしまいました」 

サトシ「一体どうして」 

リーリエ「私は秘密兵器がないと釣りはできないんです」 

サトシ「あ、そっか」 

リーリエ「せっかく釣りざおを貸してくれようとしたのに……」 

リーリエ「私はスイレンの好意を嘘で踏みにじってしまったのです」 
リーリエ「あげくに『釣りデートのお邪魔ではないかと……』などとどうでもいいことを言って ……」 

リーリエ「あたかも釣りができないのが二人のせいだと言わんばかりの言い訳までしてしまって……」 

リーリエ「本当に私は最低な人間です……嫌われても仕方ありません」 

マーマネ「そうか。それなのに僕は、みんな仲が良いんだねなんて言っちゃったんだ……」 

マオ「(どうでもよくないよリーリエ!そこがいちばん肝心なんだって!)」 




11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/24(土) 01:50:03.42 ID:lDugeDPZ0

マオ「違うよ、原因はカキでもリーリエでもマーマネでもない」 

マオ「原因はサトシだよ!」 

サトシ「えっ、俺!?」 

マオ「だって本当はスイレン、サトシのことが大好きなんだよ」 

サトシ「俺だってスイレンのことが大好きだ!」 

サトシ「マオやカキやリーリエやマーマネのことだって大好きだ!だから一人でも欠けたら嫌だ!」 

カキ「俺もそうだ」 

リーリエ「私だってそうです」 

マーマネ「僕もそうだよ」 

マオ「だからそうじゃなくて……」 

マオ「スイレンはサトシにこい……!」 

マオ「(しまった!スイレンはサトシへの想いがみんなに気づかれるのが恥ずかしかったんだ!)」 

マオ「(照れ隠しで怒ったっていうのに、私が全部言っちゃうところだった!)」 




12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/24(土) 01:51:15.05 ID:lDugeDPZ0

サトシ「俺にこい……?」 

マオ「コイキング以外のポケモンを釣ってほしいんじゃないかな~なんちゃって……」 

サトシ「…………」 

カキ「…………」 

リーリエ「…………」 

マーマネ「…………」 

マオ「(ひえー!ゴメンスイレン!)」 

サトシ「そうか……俺が釣り下手でコイキングしか釣れないから怒ったのか」 

マオ「へっ?」 

サトシ「そうだよな、俺だってバトルが下手な相手にあわせて戦うのはイライラするし」 

サトシ「スイレンだって俺と釣りしてたんじゃ張り合いがなくてつまらなかっただろうな」 

マオ「…………」ポカーン 



13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/24(土) 01:52:18.76 ID:lDugeDPZ0

サトシ「俺、釣りの特訓してくる!」 

カキ「俺も行くぞサトシ!」 

カキ「釣りの苛酷さをこの身をもって味わわなければスイレンに申し訳が立たない!」 

リーリエ「私も行きます!」 

リーリエ「そもそもあのとき秘密兵器がなくても釣りができれば卑劣な嘘をつかずに済んだのです!」 

リーリエ「だから普通に釣りができるようになることがスイレンへの誠意だと思うのです!」 

マーマネ「よくわかんないけど僕も行くよ!」 

マオ「……まあいっか!私も行くよ!」 

ククイ博士「よーし!今日は釣り特訓の特別授業だ!」 



14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/24(土) 01:53:17.96 ID:lDugeDPZ0

海 

ザザーン 


スイレン「学校サボっちゃった……」 

スイレン「あ……」 

スイレン「みんな、あんなところにいる……」 

スイレン「遠くてよく見えないけど、みんな釣りしてる……」 

スイレン「楽しそうだね、アシマリ」 

アシマリ「アウッアウッ」 

スイレン「私も戻ってみんなと一緒に……」 


スイレン(……別に仲良くなんかないよ) 

スイレン(話しかけないで!!) 


スイレン「私、ひどいこと言っちゃった……」 




15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/24(土) 01:54:47.06 ID:lDugeDPZ0

マオ「スイレン、こんなところにいたの?」 

スイレン「マオちゃん……授業、いいの?」 

マオ「スイレンだってサボってるじゃん」 

スイレン「そうだけど……」 

マオ「みんなスイレンのために釣り頑張ってるんだよ」 

スイレン「私のため?」 

マオ「ほら!リーリエをよく見て!」 

スイレン「あ……秘密兵器を着てない」 

マオ「リーリエが昨日釣りの誘いを断ったのは、用事があるからでもデートの邪魔になるからでもない」 

スイレン「…………」 

マオ「秘密兵器がなかったからだよ」 

マオ「だから次に誘われたときはこんな理由で断らない、って頑張ってる」 

マオ「リーリエはね、それが言えなかったのをすごく気にしてたの」 

スイレン「そんな気にすることないのに……怒っちゃったのは私が勝手に……」 

マオ「でもそれがスイレンに対する誠意だって」 

マオ「サトシやカキやマーマネだってスイレンのために頑張ってるんだよ」 

マオ「みんな無神経なこと言ってスイレンを傷つけたかもしれないけど、決して意地悪してからかってる訳じゃないの」 

マオ「みんなの気持ち、わかってあげて!」 




16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/24(土) 01:55:39.59 ID:lDugeDPZ0

スイレン「……わかってるよ、そんなこと」 

スイレン「いつもは私が冗談を言うくせに……それが逆になったら真に受けちゃって……」 

スイレン「そんな自分が許せなくて、みんなにあたっちゃった……ごめんなさい」 

マオ「わ、私に謝ることないよ!ほ、ほら、早くみんなのところに戻ろう!」アセアセ 

スイレン「……でもいちばんひどいのはマオちゃんだよね」 

スイレン「私の気持ちがわかっててずっとニヤニヤしてたんだから」 

マオ「え?何のこと?私全然わからない!」 

スイレン「私とサトシの関係、面白がって聞いたくせに!」プンプン 



17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/24(土) 01:56:39.93 ID:lDugeDPZ0

ククイ博士「おっ!マオがスイレンを連れて戻ってきたぞ!」 

サトシ「おーい!スイレン!」 

スイレン「サトシ……」 

サトシ「ごめんなスイレン」 

サトシ「俺、スイレンの気持ちわかってなかったよ」 

スイレン「私のほうこそごめんなさい……」 

カキ「スイレンすまない、俺は誤解してた」 

スイレン「えっ……?」 

カキ「釣りはポケモンとの真剣勝負だ!決してのんきで気楽な気分じゃできない!」 

カキ「ギャラドスを釣ってわかったんだ!そりゃあ壮絶な死闘だったぜ!なあバクガメス!」 

バクガメス「ガメー!」 

スイレン「カキ、ギャラドスは?」 

カキ「もちろんゲットしたぜ!」ポーン 

ギャラドス「ギャラアアア!」 

スイレン「すごい……!」 

カキ「こいつかえんほうしゃを使えるんだぜ!Z技を出すのが楽しみだ!」 




18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/24(土) 01:57:41.34 ID:lDugeDPZ0

リーリエ「スイレン、ごめんなさい!」 

リーリエ「実は昨日のお誘いを断ったのは用事があるからではなくて……」 

スイレン「知ってるよ!秘密兵器がなかったからだよね」 

リーリエ「そうなんです……」 

スイレン「それが言えなかったんだよね」 

スイレン「でも気にしないで!リーリエが秘密兵器なしで頑張ってるところ、見てたから!」 

リーリエ「はい!おかげでミロカロスをゲットできました!」ポーン 

ミロカロス「ミロー!」 

リーリエ「このとおり触れることもできます!」ギュー 

スイレン「すごい……!頑張ったねリーリエ!」 

マーマネ「僕もあんな機械任せの釣りざおはやめて普通の釣りざおで頑張ってみたよ」 

マーマネ「何も釣れなかったけどね」 




19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/24(土) 01:58:51.99 ID:lDugeDPZ0

サトシ「スイレン見てくれ!俺、コイキング以外のポケモンを釣ったんだぜ!」 

スイレン「わぁ……きれいなラブカス!」 

サトシ「なあスイレン……これで許してくれないか?」 

スイレン「えっ……?」 

サトシ「俺もっと釣り上手くなるよ。今はまだまだだけど、いつかスイレンと競えるくらいの腕前になってみせるから!」 

スイレン「えっ?」 

サトシ「えっ?」 

サトシ「俺が釣り下手でコイキングしか釣れないから怒ったんじゃあ……」 

スイレン「そんなことないよ。私のほうこそごめんなさい……」 

サトシ「ああ……でも何で怒ったりしたんだ?」 

スイレン「うん。もういいの」 

サトシ「そっか」 




20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/24(土) 01:59:49.34 ID:lDugeDPZ0

スイレン「サトシ、ラブカスはゲットはしないの?」 

サトシ「ああ、スイレンにゲットしてほしくて取っておいたんだ」 

リーリエ「えぇぇぇぇーっ!!」 

サトシ「どうしたリーリエ?」 

リーリエ「な、何でもありません!」アセアセ 

マオ「ラブカスをプレゼントするって、たしか……」ヒソヒソ 

リーリエ「風習によれば、めおとの契りを交わすってことです……」ヒソヒソ 

カキ「めおとの契りって何だ?」 

マオ「つまりプロポーズってことだよ」ヒソヒソ 

マーマネ「えぇぇぇぇーっ!!プロポーズ!?」 

マオ「声が大きい!」バシッ 

マーマネ「いたっ!」 




21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/24(土) 02:01:32.60 ID:lDugeDPZ0

サトシ「プロポーズって何だ?」 

スイレン「ありがとうサトシ!」 

スイレン「私、サトシと結婚する!」 

サトシ「えっ結婚?」 

四人「「「「えぇぇぇぇーっ!?」」」」 

スイレン「嘘です」テヘペロ 

サトシ「なんだ嘘か」 

四人「…………」ズーーーン 

スイレン「サトシ、私のためにラブカス釣ってくれてありがとう」 

スイレン「でも、この子は逃がしてあげよう」 

サトシ「ゲットしなくていいのか?」 

スイレン「うん。私はサトシの気持ちだけで嬉しいし」 

スイレン「それに、この子は一人だし……なんだかもう一人から引き離されたみたいでさびしそう」 

サトシ「そっか」 

サトシ「じゃあ今度は俺とスイレンで一人ずつ釣ろうぜ!それを交換すればいいんだ!二人ならさびしくないだろ?」 

四人「「「「えぇぇぇぇーっ!?」」」」 

マオ「サトシ……どこまで天然なの?」 

スイレン「もうサトシ……全然わかってないね///」 

サトシ「何が?」 

スイレン「だっていきなり結婚しちゃったら、それまでの楽しみがなくなっちゃうじゃん///」 

サトシ「そっか(よくわかんないけど)」 

サトシ「でも俺、スイレンと結婚してみたいなー!毎日釣りができて面白そうだし!」 

スイレン「…………///」ボンッ 

マオ「サトシ……もういいから」 

サトシ「え?何で?」 




22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/24(土) 02:05:28.58 ID:lDugeDPZ0

ポケモンスクール 



サトシ「いけっピカチュウ!」 

ピカチュウ「ピカ!」 

カキ「いけっバクガメス!」 

バクガメス「ガメー!」 


ピカチュウ 10マンボルト! 
バクガメス カエンホウシャ! 





マオ「スイレンごめんね」 

スイレン「えっ……何が?」 

マオ「スイレンが照れてるのを面白がってたの、まだちゃんと謝ってなかったから」 

スイレン「あはは……もう大丈夫だよ」 

マオ「でもサトシを意識してることをみんなにいじられるって、あんまり気分のいいものじゃないよね」 

スイレン「うん……」 



23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/24(土) 02:06:30.91 ID:lDugeDPZ0

スイレン「でも私のせいでもある」 

スイレン「私自身、サトシをどういうふうに意識してるのか気づいてなかったから」 

スイレン「きっと頭が心について来れなかったんだよ」 

マオ「ってことは、やっぱり……!」 

スイレン「うん。いつか本当にプロポーズしてくれるまでに絶対振り向かせてみせる!」 

スイレン「でも今はこのままでいい……」 

スイレン「私、いつでもポケモンに一生懸命でゼンリョクのサトシが好きだから!」 








ピカチュウ エレキボール!!! 

ドカーン 


カキ「やるなーサトシ!」 

サトシ「カキこそ!」 

バクガメス「ガメー!」 

ピカチュウ「ピカ!」 

カキ「そろそろ決めるぞ!」 

サトシ「望むところだ!」 



ゴゴゴゴゴ…… 



サトシ「いくぞピカチュウ!」 

ピカチュウ「ピカ!」 

サトシ「見せてやろうぜ、俺たちのZ技……!」 

サトシ「これが俺たちのゼンリョクだー!!!」 








おわり 



24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/24(土) 02:09:46.41 ID:hsoIIBwBO

乙 
この二人の組み合わせいいよね 
僕も好きですよ



27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/24(土) 08:54:09.07 ID:EDxnAnLA0

乙 
サトスイは良いな






他のおすすめSS