転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1530887015/

1 : ◆SESAXlhwuI 2018/07/06(金) 23:23:35.51 ID:EJQotliu0

シャニP(以下、P) 「ごふぅ!?」ブフゥ

有栖川夏葉(以下、夏葉) 「んぐっ!?」

小宮果穂(以下、果穂) 「?どうかしたんですか、プロデューサーさん」キョトン

P 「い、いや……」

夏葉 「ちょっと、プロデューサー?」

P 「俺は無実だ!」

夏葉 「話は警察で聞いてもらったらいいわ」ピッポッパ

P 「本当に誤解なんだって!」






2 : ◆SESAXlhwuI 2018/07/06(金) 23:24:08.84 ID:EJQotliu0

P 「果穂、大人のデートなんて言葉、誰から聞いたんだ!?」

果穂 「えっと、チョコ先輩です!」

P 「アイツ……」

夏葉 「……後できっちり叱っておくわ」

P 「任せた」

果穂 「プロデューサーさん?夏葉さん?」

夏葉 「ああ、なんでもないわよ果穂」ニッコリ



3 : ◆SESAXlhwuI 2018/07/06(金) 23:26:11.92 ID:EJQotliu0

P 「……ところで、なんでそんな事を急に言い始めたんだ?」

果穂 「デートって、男の人と女の人が仲良くなる為にやるんですよね!?」

P 「……まぁ、確かにそれはそうだけども」

果穂 「あたし、プロデューサーさんともっと仲良くなりたいんです!」キラキラ

P 「こんないい子になにを吹き込んでるんだ智代子……」ナデナデ

果穂 「えへへ……くすぐったいです」

夏葉 「でも果穂?それなら、大人って言葉は必要ないんじゃないかしら」

果穂 「え?デートって大人じゃないとできないんじゃないんですか?」キョトン

P 「いや、そういう訳じゃ……まぁ、良いか」



4 : ◆SESAXlhwuI 2018/07/06(金) 23:26:59.31 ID:EJQotliu0

P 「でもなぁ……アイドルとデートするのは」

夏葉 「あら、良いじゃない!お願い聞いて上げたら?」

P 「夏葉、反対しないのか?」

夏葉 「そりゃ、他の子だったら止めるかもしれないけど」

夏葉 「でも、果穂に変な事はしないでしょう?」ニッコリ

P 「俺がやらかす前提なのか……」

夏葉 「ふふ、冗談よ」





5 : ◆SESAXlhwuI 2018/07/06(金) 23:27:27.84 ID:EJQotliu0

果穂 「あの……ダメ、ですか?」 

P 「いいや、そういう事なら二人で遊びに行こうか」 

果穂 「良いんですか!やったーっ!!」ピョコピョコ 

夏葉 「良かったわね、果穂」 

果穂 「はい、ありがとうございます!」 

果穂 「えへへっ……プロデューサーさんとのデート、楽しみです!」ニコニコ 

夏葉 「……本当に、何もしないわよね?」ジトー 

P 「しねぇよ!!」 



6 : ◆SESAXlhwuI 2018/07/06(金) 23:28:33.55 ID:EJQotliu0

――――― 

P 「さて、ちょっと早めに来てみたけど……」 

果穂 「ぷ、プロデューサーさーん!」タッタッタ 

P 「果穂、おはよう」 

果穂 「ご、ごめんなさい……遅れちゃいました」ハァハァ 

P 「大丈夫だよ、まだ時間前だか、ら……」ボーッ 

果穂 「?どうかしたんですか?」 



7 : ◆SESAXlhwuI 2018/07/06(金) 23:29:02.24 ID:EJQotliu0

P 「いや、その髪飾り初めて見たなって思ってさ」 

果穂 「お母さんが買ってくれたんです!男の人と出かける時に使いなさいって!」 

P 「そうか……お母さんが」 

果穂 「に、似合ってますか……?」 

P 「良く似合ってるよ、とても可愛いと思う」ウンウン 

果穂 「ホントですか!?やったー!」 

果穂 「えへへっ、早速褒めてもらっちゃいました!」ニコニコ 




8 : ◆SESAXlhwuI 2018/07/06(金) 23:29:34.66 ID:EJQotliu0

P 「それじゃ、早速出発するか」 

果穂 「はい!あ、でも……」 

P 「どうした?」 

果穂 「あたし、デートってどういう事したらいいのか分かりません……」シュン 

P 「そうだなぁ……果穂でも楽しめそうな施設、少しぶらついて探してみようか」 

果穂 「わぁ……!デート、なんだかワクワクしますね!」 

P 「あんまりエスコートの期待はしないでくれよ……」ハハハ 



9 : ◆SESAXlhwuI 2018/07/06(金) 23:30:23.64 ID:EJQotliu0

果穂 「……そうだ、プロデューサーさん!一つお願いがあるんですけど……」 

P 「どうした?」 

果穂 「手、繋いでみても良いですか……?」 

P 「そうだな、はぐれると困るし繋いでおくか」 

P 「ほら、果穂」スッ 

果穂 「はいっ!」ギュッ 



10 : ◆SESAXlhwuI 2018/07/06(金) 23:31:35.91 ID:EJQotliu0

P 「……あの、果穂?」 

果穂 「なんですか?」 

P 「なんで恋人繋ぎなんだ?」 

果穂 「チョコ先輩が、デートではこうした方が良いよって教えてくれたんです!」 

P 「智代子……」 

果穂 「……えへへっ、なんだか胸のあたりがポカポカします!」カァア 

P 「……そうか」 

果穂 「さぁ行きましょう!プロデューサーさん!」グイグイ 

P (……俺捕まらないよね?) 



11 : ◆SESAXlhwuI 2018/07/06(金) 23:32:57.19 ID:EJQotliu0

―――――  

夏葉 「…………」ジーッ 

西城樹里(以下、樹里) 「……なぁ、夏葉」 

夏葉 「何かしら、樹里」 

樹里 「果穂が心配なのは分かるぜ?けどよ……」 

園田智代子(以下、智代子) 「あっ、夏葉ちゃん!手繋いだよ!」 

夏葉 「ゴメンなさい樹里、今大事なところだから」ジーッ 

智代子 「そうだよ樹里ちゃん!プロデューサーさんが変な事しないか見張ってなきゃいけないんだから!」 

樹里 「いや、今のお前らには言われたくねーだろ!?」 



12 : ◆SESAXlhwuI 2018/07/06(金) 23:33:42.87 ID:EJQotliu0

夏葉 「失礼ね、樹里」(オペラグラスを覗きながら) 

智代子 「こういうのは雰囲気だよ?」(サングラスにコート) 

樹里 「お前ら、どの口で……」 

夏葉 「これは果穂を守るためよ、仕方ないわ」 

智代子 「そうだね!……もきゅ」モグモグ 

樹里 「流石にプロデューサーが可哀そうに思えて来るぜ……」 



13 : ◆SESAXlhwuI 2018/07/06(金) 23:34:30.63 ID:EJQotliu0

樹里 「……それによチョコ、そのパンと牛乳はなんだよ?」 

智代子 「そんなの、チョコパンと牛乳に決まってるじゃん!」 

樹里 「……わりぃ、何が言いたいのか分からないんだけど」 

智代子 「だって、張り込みだよ!?張り込みって言ったらこのセットでしょ!」 

樹里 「……それを言うならあんぱんじゃねえの?」 

智代子 「ちょ、チョコも甘いもん……一緒みたいなもんじゃん」プクー 



14 : ◆SESAXlhwuI 2018/07/06(金) 23:35:08.13 ID:EJQotliu0

樹里 「はぁ……おい凛世、凛世からも何か言ってやって」 

杜野凛世(以下、凛世) 「プロデューサー様……」ジーッ 

樹里 「……り、凛世?」 

凛世 「すみません樹里さん、用事が出来ましたので」スタスタ 

樹里 「ってオイ!そっち行ったらダメだって!」ガシッ 

凛世 「離してください、プロデューサー様の元へ参らなくては……」グイグイ 

樹里 「落ち着け相手は果穂だから!な?」ズルズル 



15 : ◆SESAXlhwuI 2018/07/06(金) 23:35:43.09 ID:EJQotliu0

凛世 「……それならば、仕方――」 

智代子 「わぁ、恋人繋ぎしてる……!」パァアア 

夏葉 「果穂、やるわね……!」 

凛世 「…………」グイグイ 

樹里 「お前らちょっと黙ってろ!」ズルズル 



16 : ◆SESAXlhwuI 2018/07/06(金) 23:36:41.06 ID:EJQotliu0

―――――  

P 「…………」ジーッ 

果穂 「どうかしたんですか、プロデューサーさん?」キョトン 

P 「いや、何でもないよ」 

P (アイツら、折角のオフなのに何やってんだ……?) 



17 : ◆SESAXlhwuI 2018/07/06(金) 23:37:29.31 ID:EJQotliu0

P 「……おっ、ゲームセンターがあるな」 

果穂 「ゲームセンター、ですか?」 

P 「ああ、デートには定番だと思うし悪くないだろ」 

P 「果穂はゲーセン来たことあるのか?」 

果穂 「はい!クライマックスガールズの皆で来ました!」 

果穂 「……でも、大人のデートでゲームセンターに入っても良いんでしょうか?」 

P 「大人かどうかは別としてだな……ほら、アレ見てみな」 

果穂 「アレ……?」 



18 : ◆SESAXlhwuI 2018/07/06(金) 23:38:07.14 ID:EJQotliu0

果穂 「わぁっ、男の人と女の人が、仲良くUFOキャッチャーしてます!」キラキラ 

P 「ゲーセンだったらああいう風に二人で楽しめるしな」 

P 「それにプリクラもある」ウンウン 

果穂 「プリクラ……!」キラキラ 

P 「果穂は俺とプリクラ撮りたいか?」 

果穂 「はい、撮りたいです!」 

P 「よし来た!」 



19 : ◆SESAXlhwuI 2018/07/06(金) 23:38:37.33 ID:EJQotliu0

―――――  

P 「……さて、何から遊びたい?」 

果穂 「えっと……あ、アレがやってみたいです!」ビシッ 

P 「あれは……ガンシューティングか?」 

果穂 「この前、みんなで来た時は出来なくて……」シュン 

P 「ん、時間がなかったのか?」 

果穂 「いえ、時間はありました!」 

果穂 「でも、樹里ちゃんと夏葉さんがやめとこう!って……」 

P 「……ああ、納得した」 



20 : ◆SESAXlhwuI 2018/07/06(金) 23:39:16.37 ID:EJQotliu0

P 「じゃ、まず操作説明から……」 

カクカクシカジカ 

P 「……どうだ、分かったか?」 

果穂 「大丈夫、だと思います!」コクコク 

P 「よし。それじゃ、やってみるか」 

果穂 「はい!あたし、初めてだから楽しみです!」 

P 「よーし……」ガシャコン 



21 : ◆SESAXlhwuI 2018/07/06(金) 23:39:47.11 ID:EJQotliu0

果穂 「……き、来ましたっ!」ワクワク 

P (甜花の教えを思い出して……)バンバン 

果穂 「えい、えいっ!」バンバン 

果穂 「あ、当たらないです……」チラッ 

P 「果穂?」バンバン 

果穂 「プロデューサーさん、どうすればうまく当たるんですか?」 



22 : ◆SESAXlhwuI 2018/07/06(金) 23:40:21.61 ID:EJQotliu0

P 「そうだな……まずは、ちゃんと脇をしめること!」 

果穂 「脇を……しめる」シュッ 

P 「それで、しっかり狙って……!」 

果穂 「狙って……!」 

P 「撃つ!」バーン 

果穂 「っ!」バーン 

果穂 「わぁっ!やりました、プロデューサーさん!」キラキラ 



23 : ◆SESAXlhwuI 2018/07/06(金) 23:41:24.10 ID:EJQotliu0

P 「よし、よくやった果穂!」 カチリ 

P 「……カチリ?」ピタリ 

~~~~~ 

大崎甜花(以下、甜花) 『プロデューサーさん……当てるだけなら、誰でもできる』 

甜花 『重要なのは、リロード……だから』 

甜花 『驚いたり、喜んだりしてても……忘れちゃ、ダメ』 

~~~~~ 

P 「……あっ、やべっ!?」ガチャリ 

果穂 「プロデューサーさん!」バーン 

P 「果穂!?」 

果穂 「えへへ、間に合いました!」 



24 : ◆SESAXlhwuI 2018/07/06(金) 23:43:27.35 ID:EJQotliu0


P 「危ない所だった……ありがとな、果穂!」 

果穂 「このくらい、お安いごよーです!」ニッコリ 

果穂 「それにそれに!なんだか今のヒーローっぽかったですよね!」 

P 「おう、助けに来るところなんてまさにヒーローって感じだった!」 

果穂 「……よーっし!やるぞーっ!」 

P 「……果穂、リロードは忘れないようにな!」



25 : ◆SESAXlhwuI 2018/07/06(金) 23:44:16.04 ID:EJQotliu0

―――――  

樹里 「あいつら、なんか兄妹みたいだなー」 

智代子 「二人とも、スッゴク楽しそうだね!」 

樹里 「ああ、これなら心配いらないかもな……」 

夏葉 「あら樹里、よそ見してる場合?」 

樹里 「あん?これだけリードしてるんだからどうとでも……」バコン 

樹里 「って!夏葉、今甲羅ぶつけやがったな!?」 

夏葉 「悔しかったら追いついてみなさーい!」ビューン 



26 : ◆SESAXlhwuI 2018/07/06(金) 23:44:50.81 ID:EJQotliu0

樹里 「くっそぉ……お?」 

夏葉 「……!?」 

樹里 「へへっ、ショートカットみーっけ!」 

夏葉 「ちょっと、樹里!卑怯よ!?」 

樹里 「先に仕掛けてきたのはそっちだろー?」ニヤニヤ 

夏葉 「くぅ……負けないわよ!」ブーン 

樹里 「望むところだぜ!」ギュイーン 



27 : ◆SESAXlhwuI 2018/07/06(金) 23:45:50.01 ID:EJQotliu0

智代子 「二人とも早いなぁ……って、凛世ちゃん!?」 

凛世 「どうか……いたしましたか?」キョトン 

智代子 「曲がり過ぎ曲がり過ぎ!曲がり過ぎて逆走してるってば!」 

凛世 「左様でしたか……おや」ピロピロ 

樹里 「うわっ!雷!?」 

夏葉 「小さくなっちゃったわ……」 



28 : ◆SESAXlhwuI 2018/07/06(金) 23:46:23.99 ID:EJQotliu0

樹里 「……でも、負けてられ」ヒュー 

夏葉 「…………?」 

ドーン!! 

樹里 「なぁ……!?」 

夏葉 「吹き飛ばされたわよ!?」 

樹里 「ったく、今度は誰が……!」 

智代子 「はい、私っ!」バビューン 

夏葉 「智代子!?」 



29 : ◆SESAXlhwuI 2018/07/06(金) 23:47:04.52 ID:EJQotliu0

智代子 「やったー!私いっちばーん!」 

樹里 「ちょ、チョコに負けた……!」ガーン 

凛世 「おめでとう、ございます……智代子さん」 

智代子 「えへへ、ありがと凛世ちゃん!」ニコニコ 

夏葉 「……もう一回よ」 

智代子 「へっ?」 

樹里 「だな、負けて終われないぜ……!」 

智代子 「な、夏葉ちゃん?樹里ちゃん?」 

樹里・夏葉 「「もう一度だ!」よ!」ビシッ 



30 : ◆SESAXlhwuI 2018/07/06(金) 23:47:33.62 ID:EJQotliu0

―――――  

P 「ふぅ……何回もやっちゃったな」ハハハ 

果穂 「プロデューサーさん、スッゴク上手かったです!」 

P 「いや……この前教えてもらっただけだよ」 

果穂 「誰かと一緒に行ったんですか?」 

P 「ん、甜花と一緒にな」 

P 「そうだ果穂、今度誘ってみたらどうだ?」 

果穂 「だ、大丈夫でしょうか……」 

P 「一緒にゲームするくらいなら、喜んで一緒に来てくれると思うぞ?」 

果穂 「分かりました!今度誘ってみますね!」 



31 : ◆SESAXlhwuI 2018/07/06(金) 23:48:48.86 ID:EJQotliu0

P 「……さて、プリクラの前まで来たんだが」キョロキョロ 

P 「種類、多いんだなぁ……あんまり考えた事なかったよ」 

果穂 「あっ、この前みんなで撮ったのこれです!」 

P 「おっ、それならそれにしてみるか!」 

果穂 「はい!お邪魔しまーっす!」 

P 「よし、とりあえず入れて……」チャリン 



32 : ◆SESAXlhwuI 2018/07/06(金) 23:49:17.01 ID:EJQotliu0

P 「けど俺、あんまり操作分からないんだよなー」 

果穂 「そうなんですか?」 

P 「ああ、あんまりプリクラ撮る機会がなくてな」 

果穂 「だったら、あたしに任せて下さい!」ニッコリ 

P 「おっ、自信ありそうだな?」 

果穂 「えへへ、チョコ先輩からたっくさん教わりましたから!」 

果穂 「プロデューサーさんの事も、いっぱいキラキラさせられます!」キラキラ 

P 「お、お手柔らかにな……」 

果穂 「任されました!それじゃ……えーと、確か」ピッピッ 

果穂 「……はい!これで大丈夫だと思います!」 



33 : ◆SESAXlhwuI 2018/07/06(金) 23:49:51.62 ID:EJQotliu0

果穂 「ほら、プロデューサーさん撮りましょう!」ダキッ 

P 「!?」 

果穂 「?」キョトン 

P 「……なんで抱きついたの?」 

果穂 「だって、近づかないと映らないじゃないですか!」 

P 「……なるほど」 

果穂 「ほら、プロデューサーさんもくっついてください!」 

P 「……ええい、やけだ!」グッ 

果穂 「!えへへ……♪」 

果穂 「それじゃ、撮りまーす!はい、チーズ!」パシャリ 

P 「……上手く撮れたか?」 

果穂 「はい、バッチリです!」 



34 : ◆SESAXlhwuI 2018/07/06(金) 23:50:21.75 ID:EJQotliu0

果穂 「それじゃあ……!」キュッキュッ 

P 「俺の顔に何描いてるんだ?」 

果穂 「サングラスです!」 

P 「ほぉ……」 

果穂 「渋くてカッコよくありませんか!?」 

P 「自分の顔見てカッコイイって言える程の自信はないかな……」 

果穂 「似合うと思いますけど……」 



35 : ◆SESAXlhwuI 2018/07/06(金) 23:51:21.80 ID:EJQotliu0

P 「……それじゃ、俺はこんなのでも描こうかな」キュッキュ 

果穂 「わぁ……!なんだかあたし、お姫様みたいです!」 

P 「まぁ、たまにはこういうのもな」 

果穂 「よーっし……それじゃ、あたしも!」カキカキ 

~~~~~ 

果穂 「できましたー!」 

P 「最近のは写真写りが良いんだなぁ……さ、果穂の分」 

果穂 「ありがとうございます!何処に貼ろうかなー」ウキウキ 

P 「……あんま人には見えない場所にしておくんだぞ?」 



36 : ◆SESAXlhwuI 2018/07/06(金) 23:51:49.20 ID:EJQotliu0

―――――  

樹里 「すっかり楽しんじまったなー!」 

夏葉 「まったく、樹里ったら本気で遊び過ぎなのよ」 

樹里 「そういう夏葉だって騒いでたろー?」 

夏葉 「なっ!……まぁ、そうね」 

智代子 「また行けたら良いね!」 



37 : ◆SESAXlhwuI 2018/07/06(金) 23:52:16.09 ID:EJQotliu0

凛世 「……二人とも、今度はどちらに向かわれるのでしょう?」 

夏葉 「あれは……ファミレス、かしら?」 

樹里 「ファミレス?なんかデートっぽくねえよな?」 

智代子 「デートというか……家族連れ?」 

凛世 「家族…………」 

樹里 「止まってろよな凛世」グググ 

夏葉 「果穂の食べられそうなものが沢山あるから、じゃないかしら?」 

樹里 「……ま、イタリアンとか行くより満足できそうだしな」ウンウン 

凛世 「お優しいですね……」ウットリ 



38 : ◆SESAXlhwuI 2018/07/06(金) 23:52:42.68 ID:EJQotliu0

智代子 「……あれ?でも、ここカップル御用達のお店じゃない?」 

樹里 「……は?」ポカン 

夏葉 「どういう事、智代子?」 

智代子 「う、うん……ここ、カップルジュースが有名なお店なんだ!」 

凛世 「かっぷるじゅーす……?」 

智代子 「一つのコップに入ったジュースをね、ストローを使って二人で飲むんだよ!」 

凛世 「一つの物を……二人で」ホワホワ 

樹里 「ざっくりしてんなぁ……」 



39 : ◆SESAXlhwuI 2018/07/06(金) 23:53:11.36 ID:EJQotliu0

夏葉 「ねぇ智代子、貴女どうしてそんな事を知っているの?」 

智代子 「へっ?」パチクリ 

夏葉 「だって、カップルジュースなら相手がいないと……」 

智代子 「……そ、そんな事どうだっていいじゃん!?」グルグル 

樹里 「でもよ、あんなの一人で頼んだら……」 

智代子 「つ、ツイスタ映えするもん!」アワアワ 

夏葉 「……食べ物粗末にしたらダメよ?」 

智代子 「わ、分かってるよぅ……」ホッ 

樹里 「ま、良いじゃねーか!早く行こうぜ!」 



40 : ◆SESAXlhwuI 2018/07/06(金) 23:54:12.46 ID:EJQotliu0

―――――  

P 「それじゃ、果穂は何が食べたい?」 

果穂 「オムライス!オムライスが食べたいです!」 

P 「オムライスか……」 

果穂 「はい!この前お母さんが作ってくれたオムライスが美味しかったんです!」 

P 「あー、懐かしいなぁ……」 

果穂 「プロデューサーさん、オムライス久しぶりなんですか?」 

P 「そんな事はないが……昔を思い出す味っていうかさ」 



41 : ◆SESAXlhwuI 2018/07/06(金) 23:54:51.54 ID:EJQotliu0

P 「ただ……うん、今日はチーズハンバーグにしようかな」 

果穂 「ち、チーズハンバーグ……!」ゴクリ 

P 「食べたいのか?」 

果穂 「食べたいです!あ、でも……」 

P 「ん、どうした?」 

果穂 「いっぱい食べたら、お腹いっぱいで残しちゃうかもしれません……」 

P 「なるほどな……それじゃ、俺と分けっこするか?」 

果穂 「あっ、それなら食べられますね!」 

果穂 「プロデューサーさんも、欲しかったら遠慮なく言ってくださいね!」 

P 「はは、分かったよ」ピンポーン 



42 : ◆SESAXlhwuI 2018/07/06(金) 23:56:02.59 ID:EJQotliu0

店員 「はい、ご注文は?」 

P 「オムライスとチーズハンバーグ、お願いします」 

店員 「畏まりました……他に御座いますか?」 

P 「……そういや、ドリンクを決めてなかったな」 

P 「果穂、何か飲みたいのとか……」 

果穂 「…………」ジーッ 

P 「果穂?」 

果穂 「あ、あのっ!一つ聞いても良いですか!?」 

店員 「はい、どうかしましたか?」 



43 : ◆SESAXlhwuI 2018/07/06(金) 23:56:35.63 ID:EJQotliu0

果穂 「このカップルジュースってなんですか!?」 

店員 「ああ……一つのカップにストローを差して、お二人で飲んでいただくメニューになっております」 

果穂 「二人で……!」 

P 「……あの、果穂?」 

果穂 「プロデューサーさん!あたし、これ飲んでみたいです!」 

果穂 「ダメ、ですか?」シュン 

P 「……店員さん」 

店員 「はい、なんでしょうか?」 



44 : ◆SESAXlhwuI 2018/07/06(金) 23:57:04.36 ID:EJQotliu0

P 「これってカップル限定ですか?」 

店員 「!?と、特には……」ギョッ 

P 「それじゃ、これも一つください」 

果穂 「やったー!楽しみです!」ニコニコ 

店員 「…………」ヒキッ 

P (あっ、変質者を見る目だ) 



45 : ◆SESAXlhwuI 2018/07/06(金) 23:57:49.13 ID:EJQotliu0

―――――  

店員 「……お待たせしました、カップルジュースになります」 

P 「ありがとうございます」 

果穂 「わぁ……!あたし、初めて見ました!」パァアア 

果穂 「プロデューサーさん、早速飲みましょう!」 

P 「ああ、俺は良いよ」 

果穂 「ふぇっ?」キョトン 

果穂 「でも、これ二人で飲むものじゃないんですか?」 

P 「……それは、まぁそうなんだけどさ」 

果穂 「…………」シュン 

P 「……分かった、飲もう」 

果穂 「!はいっ!」パァアア 



46 : ◆SESAXlhwuI 2018/07/06(金) 23:58:17.57 ID:EJQotliu0

果穂 「それじゃ……」チュー 

P 「……よし」チュー 

果穂 「…………」ジーッ 

P (あ、目が合った) 

果穂 「…………!」パチクリ 

P 「………ん」 

果穂 「ぷはぁ……美味しいですね!」キラキラ 

P 「……甘いな、こりゃ」ハハハ 

果穂 「プロデューサーさん、美味しくなかったんですか?」 

P 「いや、美味しかったよ」 



47 : ◆SESAXlhwuI 2018/07/06(金) 23:58:56.73 ID:EJQotliu0

果穂 「こんな美味しいのに、どうして皆頼まないんでしょうか……?」ムムム 

P 「恥ずかしいからじゃないか?」 

果穂 「なるほど!流石プロデューサーさん、頭良いです!」 

P 「果穂は恥ずかしくなかったのか?」 

果穂 「あ、あたしも恥ずかしかったですけど……」 

果穂 「でもそれ以上に、プロデューサーさんの顔が近くにあって嬉しかったです!」パァア 

P 「……そうか」 



48 : ◆SESAXlhwuI 2018/07/06(金) 23:59:24.59 ID:EJQotliu0

果穂 「えへへっ……もう一回飲みましょう!」 

P 「ああ、分かった」 

P (ジュースも美味しいし、果穂も可愛いんだが……)チラリ 

店員 「…………」ジトー 

樹里 「…………」ギロッ 

夏葉 「…………」ジーッ 

P (……針の筵に座ってる気分だ) 



49 : ◆SESAXlhwuI 2018/07/07(土) 00:00:18.12 ID:gHyNC7Ue0

―――――  

P 「ふぅ……食った食った」 

果穂 「お腹いっぱいです……」 

P 「美味しかったか?」 

果穂 「はい!頬っぺたが落ちちゃいそうでした!」 

P 「はは、それは何よりだ」 

果穂 「プロデューサーさん、分けてくれてありがとうございました!」 

P 「良いよ、御礼なんてさ」 

果穂 「あたしのオムライス、食べなくて良かったんですか……?」 

P 「……美味しそうに食べる果穂が見たかったからな」 

P (食べさせる方ならまだしも、食べさせられる方は流石にな……) 



50 : ◆SESAXlhwuI 2018/07/07(土) 00:01:19.91 ID:gHyNC7Ue0

果穂 「……ん」 

P 「果穂、眠いのか?」 

果穂 「あっ……だ、大丈夫、です」ウトウト 

P 「無理しなくて良い、お腹いっぱいになったら眠くなるもんだしな」 

果穂 「プロデューサーさん……」 

P 「さて、どこかに休めるところは……」キョロキョロ 

P 「おっ、公園の中にベンチがあるじゃないか」トコトコ 



51 : ◆SESAXlhwuI 2018/07/07(土) 00:02:10.98 ID:gHyNC7Ue0

P 「……よし、これで座れるな」 

果穂 「ごめんなさい、折角のデートなのに……」 

P 「良いよ、果穂が本調子じゃないなら楽しめないしな」 

P 「皆で遊ぶときとかでもそうだったろ?」 

果穂 「そう、でした……」 

P 「だろ、だから今はお休み」 

果穂 「……ぅ」パタリ 



52 : ◆SESAXlhwuI 2018/07/07(土) 00:02:37.55 ID:gHyNC7Ue0

果穂 「すぅ……すぅ……」スヤスヤ 

P 「いつもと違う事ばっかりだったしな……」 

P 「もう少し、気を付けるべきだったか」ナデナデ 

果穂 「…………♪」ニコニコ 

P 「別に、俺にもたれて寝なくても良いのになぁ」フニフニ 



53 : ◆SESAXlhwuI 2018/07/07(土) 00:03:14.95 ID:gHyNC7Ue0

―――――  

智代子 「果穂、寝ちゃったね……」 

夏葉 「そうね……果穂ったら、あんなにゆったりしちゃって」 

樹里 「良い事言ってるみたいに見えるけど、とりあえずオペラグラスは下ろそうな?」 

凛世 「…………」ニコリ 

智代子 「凛世ちゃん、羨ましいとか思わないの?」 

凛世 「それは……果穂さんも……お疲れのようですし」 

凛世 「プロデューサー様は、お優しいですから」フフ 

智代子 「……そっか」クスリ 

凛世 「また今度、してもらう事に致します」 

樹里 「……結局、羨ましいとは思ってるんだな」 



54 : ◆SESAXlhwuI 2018/07/07(土) 00:04:33.86 ID:gHyNC7Ue0

―――――  

果穂 「んん……あれぇ?」 

P 「果穂、起きたか」 

果穂 「ぷろでゅーさーさん……?」 

果穂 「っ!すみません、寝ちゃってました!」ピシッ 

P 「良いんだよ、よく眠れたか?」 

果穂 「はいっ、気持ち良かったです!」 



55 : ◆SESAXlhwuI 2018/07/07(土) 00:05:56.15 ID:gHyNC7Ue0

果穂 「……あれ?あたし、プロデューサーさんにもたれてたんですか?」 

P 「ああ、肩に頭乗っけてな」 

果穂 「ご、ごめんなさい……重かったですよね」シュン 

P 「そんな事ないさ、寝顔も可愛かったしな」 

果穂 「……な、なんか照れちゃいます」カァアア 

果穂 「また、お願いしても良いですか……?」ジーッ 

P 「機会があればな」クスリ 

果穂 「本当ですか!やったー!」 



56 : ◆SESAXlhwuI 2018/07/07(土) 00:07:22.55 ID:gHyNC7Ue0

P 「……おっと、もう日が暮れてきたな」 

果穂 「あっ、もうそんな時間なんですね!」 

P 「今日のデートはここまでだな」 

果穂 「デート……」ハッ 

P 「果穂、そろそろ帰ろう」 

果穂 「……はい」ショボン 

P 「…………?」キョトン 



57 : ◆SESAXlhwuI 2018/07/07(土) 00:08:06.18 ID:gHyNC7Ue0

―――――  

P 「…………」トコトコ 

果穂 「…………」ギュッ 

P 「……果穂、どうかしたのか?」 

果穂 「ふぇっ?どうしてですか?」 

P 「なんだかさ、さっき妙に落ち込んでた気がしたから」 

P 「何か悩みでもあるのか?」 

果穂 「いえ、そういう訳じゃないんですけど」 



58 : ◆SESAXlhwuI 2018/07/07(土) 00:08:36.96 ID:gHyNC7Ue0

果穂 「……あたし、今日ちゃんとデートできたのかなぁって」 

P 「もしかして、寝ちゃったこと気にしてるのか?」 

果穂 「は、はい……」 

果穂 「遊んでるだけでも、デートって言って良いんでしょうか……?」 

P 「ふむ、そうだなぁ……」ムム 

P 「それじゃ、一つ聞いても良いか?」 

果穂 「はい、なんですか?」 

P 「今日、楽しかったか?」 

果穂 「勿論です!プロデューサーさんといっぱい遊べたし、ご飯も食べましたし!」キラキラ 

P 「そうか、それなら良かった」ホッ 



59 : ◆SESAXlhwuI 2018/07/07(土) 00:09:14.23 ID:gHyNC7Ue0

P 「……デートってのはさ、お互いが仲良く楽しくやれればそれで良いんだよ」 

P 「果穂だって、仲良くなる為にデートするって言ったじゃないか」 

果穂 「それは、そうかもしれないですけど……」 

P 「まぁ、確かに色々形はあるだろうけどな」 

P 「でも、お互いが仲良くなれないデートなんて寂しいだけだろ?」 

果穂 「…………」パチクリ 

P 「今日、俺と果穂は一緒に楽しく遊んで仲良くなった!今日のデートはそれで十分なんだ」 

果穂 「……です」ボソリ 



60 : ◆SESAXlhwuI 2018/07/07(土) 00:10:04.03 ID:gHyNC7Ue0

P 「?」 

果穂 「やっぱり!プロデューサーさんはスゴイです!」 

果穂 「そっかぁ……仲良くなれたらデート、なんですね!」キラキラ 

P 「うん、そういう事だ」コクリ 

P (……良かった、納得してくれたみたいだ) 

果穂 「……それじゃ、プロデューサーさん。一つお願いがあるんですけど」 

P 「ん、どうかしたか?」 

果穂 「また今度、あたしとデートしてくれますか!?」 

P 「……ああ、今度はもっと色んなところに行こうな」 



61 : ◆SESAXlhwuI 2018/07/07(土) 00:10:48.55 ID:gHyNC7Ue0

果穂 「……あれ?」ピタリ 

P 「どうした、果穂?」 

果穂 「あ、アレを見てください!」 

P 「ん、アレ……?」 

≪お城のような建物≫ 

P 「…………」 

果穂 「す、すっごいお城です……!」キラキラ 

P 「……そうだな、大きなお城だな」ヒキッ 

果穂 「いつの間に……まさか、隠された基地とか!」キラキラ 



62 : ◆SESAXlhwuI 2018/07/07(土) 00:11:52.54 ID:gHyNC7Ue0

P 「……よし、果穂。そろそろかえろ」 

果穂 「入ってみましょう、プロデューサーさん!」 

P 「えっ?」 

果穂 「こんなに大きなお城、きっと何かあるに違いありません……!」キラキラ 

P 「そ、そりゃあるにはあるだろうけど……」タジタジ 

P 「……ダメだ、帰ろう」キッパリ 

果穂 「えぇ、なんでですか……?」シュン 

P 「それは、その……」 

P (言えない、逮捕されるかもしれないなんて言えない!)プルプル 



63 : ◆SESAXlhwuI 2018/07/07(土) 00:12:19.38 ID:gHyNC7Ue0

P 「……その、だな」 

果穂 「…………」ゴクリ 

P 「……ほら、あの城は悪の大幹部の城なんだ!」バーン 

果穂 「悪の、大幹部……ッ!?」ゴクリ 

P 「でもな、果穂のレベルじゃまだ追い返されちゃうんだ」 

P 「なにしろ、大幹部だからな!」 

果穂 「そっか……あたし、まだアイドルとしてまだまだですもんね」 

P 「その通りだ、だからまだここに来るのは早い!」ウンウン 

果穂 「……それじゃ、仕方ないですよね」 

P 「そうだ、これは仕方のない事なんだ」 



64 : ◆SESAXlhwuI 2018/07/07(土) 00:13:04.43 ID:gHyNC7Ue0

果穂 「じゃあ、あたしがトップアイドルになったら連れて行ってくれますか!?」キラキラ 

P 「えっ」 

果穂 「じー…………!」キラキラ 

P 「……お、おう!勿論だ!」 

果穂 「よーっし!プロデューサーさんと一緒にあそこに行けるように頑張ります!」 

P 「……が、頑張ろうな」アセアセ 

P 「……ん?」チラッ 


樹里 「……流石に、それはやべーんじゃねーの?」ヒキッ 

智代子 「…………」ジトー 

凛世 「凛世なら、いつでも……」ウットリ 

夏葉 「…………」 

P 「…………」 

夏葉 「…………」ピッポッパ 

P 「やめて!!」 


おわり 



65 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/07(土) 00:14:09.22 ID:G5Ry6n+Ko

乙 
わりとポンコツ化してる大人ェ



66 : ◆SESAXlhwuI 2018/07/07(土) 00:16:08.59 ID:gHyNC7Ue0

最後が書きたかった 
果穂は素直でかわいいワンコな小学生だよ 

ここまで読んでくれた方に感謝を



67 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/07(土) 00:25:45.96 ID:9lA7yGP+0

乙乙 

やっぱ果穂と放クラって尊い






他のおすすめSS
 
 
 
 
 
【ミリマス】白石紬「彼女の笑顔はミリオンドル」 
 
 
 
P「なんでも言うことを聞くよ」