転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1531115364/

1 : ◆foQczOBlAI 2018/07/09(月) 14:49:24.46 ID:9GZaroLJ0

暑い、すごく暑い、とにかく暑い。

今日の暑さは私から思考力を奪い去っていきました。

短すぎる梅雨を終え、まさに季節は夏へと変貌しています。

いや、思えば梅雨が始まる前から夏ではなかったか。

「暦の上では」なんて使い古された文句、いくらなんでも時代遅れではないだろうかと思っていましたが、一周回って現代に対応していたようです。

まあ、しばらくしたら「暦の上では秋」なんて言うお天気お姉さんに、そんなものは妄言だと悪態をついている未来が見えますけどね。

現在私はソファに寝転びながら愛用のタブレットで動画を見ています。片手で器用に操作をしながらもう一方の手にチューペットを持っています。

チューペットの片割れは近くの机でロボットを作っている晶葉さんが咥えています。作業に夢中になっているのか、全然減っていません。溶けてしまいますよ。






2 : ◆foQczOBlAI 2018/07/09(月) 14:50:05.05 ID:9GZaroLJ0


今私達は事務所にいます。都会のコンクリートジャングルにおいて、オアシスのはずだったこの場所は、エアコンの故障により砂漠に変わりました。

折角の休日、暇をもて余した私達は蛾が電灯へと群がるかのようにこの場所へ足を運びました。

その時に伝えられたまさかの事実に激しい悲しみを覚えました。


「晶葉さん、チューペット溶けますよ」
「ん?ああ、パッキンアイスが溶けてしまうな」


わざとらしく訂正されました。いえ、パッケージにチューペットと書いてあるので私の方が正しい筈なのに、彼女はそれを認めません。

なにがそうさせているのか、彼女は意固地になっています。だから私もです断固自分の意思を貫き通します。ありすは自分を曲げないよ。……いえ、これはフラグですね。止めておきましょう。




3 : ◆foQczOBlAI 2018/07/09(月) 14:51:23.38 ID:9GZaroLJ0


「Pさんはなんて呼びますか?」

「ポッキン」


まさか、ここに来て第三勢力の登場です。背広をイスに掛けてネクタイを外してもなお暑そうです。

こんな日なのに大人は大変ですね。早く大人になりたい私も今日だけは遠慮したくなります。


「というかなんで君たちここにいるの」

「暇だったので涼みに来たんです」

「右に同じく」


Pさんは深いため息をついた。それだけで部屋の温度が上がった気がしました。

「ここは仕事の場所だぞ」

「Pさんは言いました。それは私がこの事務所に初めて来たときの事です。まだ自分の名前が好きではなかった頃、緊張で固くなっている私に向かって優しく微笑みながら我が家だと思って寛いでくれと。私はひどく感動しました。でも、それは全部嘘だったんですね……」

「私も言われたぞ。どの女にも同じ事を言うのだな」

「お前ら、卑怯だぞ!」


芝居がかかった口調。その後わかりやすい泣き真似をして見せる。やっててよかった演技のレッスン。

晶葉さんは白衣の袖で顔を隠し、よよよと泣いています。時代劇の仕事で身に付けたのでしょうか。

Pさんは諦めたかのようなため息をつき、仕事に戻りました。また室温が上がった気がしました。




4 : ◆foQczOBlAI 2018/07/09(月) 14:52:22.24 ID:9GZaroLJ0


「というか、晶葉さんが直せばいいのでは?」

「いや、私もそう思うのだが……」

「ダメですよ♪」


優しいが、圧がある声が飛んできました。目を向けるとちひろさんがニコニコしながらこちらを向いています。

なぜだか、笑顔の筈なのに怖いです。流石と言いたくなります。室温が確かに下がりました。


「変な改造をしなければ怒られませんよ」

「私もしたくて改造をしているわけではないのだ」

「それは嘘です」

「まあ最後まで聞いてくれ。まずは分解するだろ、問題箇所を見つけ、直す。ここまではいい、しかし、だ。この後が問題だ。多くの場合、元に戻すことが出来ないのだ。だから仕方がなく新たなパーツを加え組み立てる。その結果改造になってしまうのだ」


何故か誇らしげな顔で言い放ちます。しかし、それは、まあ。




5 : ◆foQczOBlAI 2018/07/09(月) 14:53:04.63 ID:9GZaroLJ0


「ポンコツなのでは?」 

「ああ!言ってはいけないことを」 

「ポンコツにポンコツと言ってなにが悪いんですか!」 

「なにおう、ありすも大概ポンコツの癖に!」 

「どこがですか!」 

「苺パスタ」 

「あ、あれは一つの終着点なんです!いつもロボット爆発させてるポンコツのくせに」 

「爆発まではさせてないぞ。作詞もポンコツのくせに!」 

「うー……」 

「ぐぬぬ……」 

「……やめましょう、暑いだけです」 

「……そうだな」 


熱くなってしまいました。暑いのでお互いに気が立っていたのでしょう。 

しかし、喧嘩をしたら暑くなるだけです。熱くならないように、暑くならないように。 



6 : ◆foQczOBlAI 2018/07/09(月) 14:54:17.51 ID:9GZaroLJ0


ふう、幾分か涼しくなりました。そこで私は思い立ち冷蔵庫へ歩を進めます。 

仲直りのしるし、二人で一つのものを分かち合う。 

晶葉さんもそれに気がついたようで、わざわざ作業の手を止めてまでこちらに向いてくれます。 

ポキッと折って片方を渡します。私が丸い方、晶葉さんが細い方。私達だけの決まりです。 


「はい、チューペット」 

「パッキンアイスをありがとう」 

「……」 

「……」 


ラウンド2、ファイト! 

とはならずお互いに睨み付けます。冷戦です。暑い夏の冷たい戦争です。 

しかし、戦争は思わぬ形で終結します。 




7 : ◆foQczOBlAI 2018/07/09(月) 14:54:54.36 ID:9GZaroLJ0



「二本目とはいい御身分だな 」 

「仕事はいいんですか」 

「休憩だ。こんなに暑いとまともに仕事も出来やしない」 

「いつもはちゃんとやってるみたいに聞こえますよ」 

「そう言っている」 


Pさんがチューペット片手にやってきました。少し遅れてちひろさんも。二人で分け合ったみたいです。 


「それは何味ですか?」 

「これか、青リンゴ味。ちひろさんがいつもこれだから」 

「ああ……」 

「黄緑……」 

「なにか文句はありますか?」 


冷たい目線。三人して謝ります。 



8 : ◆foQczOBlAI 2018/07/09(月) 14:55:45.41 ID:9GZaroLJ0

もうこの状態のちひろさんがずっと隣にいてくれたら涼しいのでは?いえ、それはあまりにも恐ろしすぎます。 


「ありすちゃんはなにか言いたいことでもありますか?」 

「いえ、ありません!」 


鋭い。この三人の中では私が一番怒られる回数が少ないとはいえ、その怖さは身をもって知っています。蛇に睨まれた蛙、ちひろさんに睨まれた私。 

居たたまれなくなったので話題転換を試みます。 


「そういえば、ちひろさんはこれなんと言いますか?」 

「勿論ポッキンです」 

「そうですよね、いえーい」 

「いえーい」 


ぐぬぬ、ちひろさんとPさんが同士を見つけた喜びでハイタッチをしています。まさかのまさか、ポッキン派がもう一人いるとは。 






9 : ◆foQczOBlAI 2018/07/09(月) 14:56:12.24 ID:9GZaroLJ0

「二人が喧嘩するのでこれから事務所内ではポッキンに統一しましょう」 

「賛成です」 


おっと、この人たちは何を言い出すのでしょうか。 

スルーできない案件です。思わず噛みつきます。 


「それはダメです」 

「それはダメだ」 


晶葉さんも同じ気持ちだったようで、ほぼ同時に声をあげます。 

強大な敵を前にライバルと力を合わせ戦う。なんて少年漫画チックなのでしょうか。友情、努力、勝利です。 


「それじゃあ二人とも喧嘩しないか」 

「しませんよ。ねえ晶葉さん」 

「ああ、そうだな。私達は今まで喧嘩したことがないぞ」 

「どの口が言うのか」 


提示された条件をのみ、和解の道を歩みだしました。戦いのあとに仲間になる、ジャンプシステムです。 



10 : ◆foQczOBlAI 2018/07/09(月) 14:56:55.00 ID:9GZaroLJ0


しかし、満足げなPさんとちひろさんを見ていると、なんだか一杯食わされた気持ちになります。大人はいつだってずるいものです。 


「さて、仕事に戻るか」 

「お勤めご苦労様です」 

「なんか違う意味に聞こえるな」 

「他意はないですよ」 


二人が仕事に戻ったのでまた晶葉さんと二人きりです。各々のやりたいことに戻っていきます。 

こんな関係がすごい好きなんですよね。なんというか、独り言に返事が来るような感覚。心地よい。 

それからどれだけの時間がたったでしょうか。動画を見終わってきりがよかったのです。独り言のように呟きました。 



11 : ◆foQczOBlAI 2018/07/09(月) 14:57:29.65 ID:9GZaroLJ0


「晶葉さんってお姉さんらしくないですよね」 

「そりゃ私は一人っ子だしな」 

「そうではなく、お仕事で一緒になる人にいるじゃないですか、お姉さんぽい人」 

「例えば?」 

「文香さんとか」 

「ありすが慕ってるな」 

「頼子さんとか」 

「私も面倒見てもらってるな」 

「菜々さんとか」 

「ウサミンはお母さんだろ」 


……。晶葉さんの思考回路ってPさんにそっくりになっていますよね。確実に悪影響を受けています。 

私はこうはならないぞと密かに、しかし確かに心に誓います。 


「今度会ったとき伝えておきますね」 




12 : ◆foQczOBlAI 2018/07/09(月) 14:58:06.08 ID:9GZaroLJ0

「あぁ、やめてくれ」 

「じゃあなにかお姉さんらしいことしてください」 

「ふむ、そうだな。ガムでも食べるか」 


晶葉さんは机の中から板ガムを取り出し私のもとまでやってきます。 

それでは、遠慮せずに。一枚抜き取ろうとしたときでした。 

パチンと音がしました。指先が痛いです。 

こんな古典的なイタズラにひっかかるとは……。 

晶葉さんが笑いでプルプル震えています。 

私は悔しさと怒りでプルプル震えています。 






13 : ◆foQczOBlAI 2018/07/09(月) 14:58:40.90 ID:9GZaroLJ0


「悪かった悪かった。これを食べてくれ」 

「本当に、なにやってくれてるんですか」 


パチンと音がしました。指先が痛いです。 

隙を生じぬ二段構えです。本当に、なんでこの人はこんなことに全力を出しているのでしょうか。 

全く、誰に似たんでしょうね。 


「ドッキリ大成功だな!」 

「なんでこんなものを持っているのですか!」 

「ん?Pにやられたことがあってな。奪って今まで保管してた」 


確かに感じた既視感。それはPさんのものでした。類は友を呼ぶとはよく言ったものですね。 

晶葉さんは尚も笑い続けています。温厚で通っている私でも流石にカチンときました。 



14 : ◆foQczOBlAI 2018/07/09(月) 14:59:12.67 ID:9GZaroLJ0

「まあまあ、これで許してくれ」 

「なんですかこれ」 

「開ければわかるさ」 


そんな私を宥めるようにしながら、袋が手渡されました。 

袋一つで解決するなんてどんだけチョロいと思われているのでしょうか。 

最大限警戒しつつ袋を開けます。その手つきはさながら爆発物処理班。あれだけやられたあとなのだから当然です。 

中から出てきたもの、それはクッキーでした。薄紅色、苺味でしょうか。 

さて、実食です。 


「美味しい」 

「クッキーを量産したくてクッキー製造ロボを作ったのだ。苺クッキーも作れるようにしたからお裾分けにな」 


それならばなぜもっと早く渡してくれなかったのだろうか。 




15 : ◆foQczOBlAI 2018/07/09(月) 14:59:51.56 ID:9GZaroLJ0


いや、私の予想が当たっているのならば、渡せなかったのか。 

晶葉さんは素直な人ではないですからね。そのままでは恥ずかしかったのでしょう。だからこそイタズラをして、お詫びという形で渡したのでしょう。 


「ふふ、ありがとうございます」 

「喜んでくれたのなら幸いだ」 


素直じゃない、ひねくれものですね。なんて私が言うのもあれですね。 

類は友を呼んだのでしょう。 

なるほど、確かに晶葉さんは私のお姉さんですね。



16 : ◆foQczOBlAI 2018/07/09(月) 15:00:17.29 ID:9GZaroLJ0


楽しかった時間は早く過ぎ去るように、いつの間にか外がオレンジ色に染まり始めました。暗くなる前に帰るのが吉ですね。 


「晶葉さんって今日なにで事務所に来ました」 


仕事があるときはPさんが車で迎えに来てくれます。しかし今日はその限りではないので私は自転車で来ました。 


「自転車だ」 

「え、嘘!似合わないです」 


当たり前の答えのようだけど、私はひどく違和感を覚えました。 

そんな私の反応を見て、晶葉さんはちょっとむっとして言います。 


「私だって自転車くらい乗るさ」 

「セグウェイ的ななにかで来ているのかと思いました」 

「あのな、ありす。常識だが、公道でセグウェイに乗るのは道路交通法で禁止されているのだぞ」 


諭すような口調で言われました。晶葉さんに常識を問われるとは……。正直ショックです。 




17 : ◆foQczOBlAI 2018/07/09(月) 15:08:04.54 ID:9GZaroLJ0



ほら、晶葉さんって色々ぶっ飛んでるというか、なんと言うべきか。 

Pさんが前に冗談で「晶葉の頭のネジはロボットに使ってしまった」なんて言ってました。 

それを聞いた晶葉さんは怒って「Pの頭のネジは新調しなければならないな」と工具を振り回しながら言ってましたけど。 

あれ、でもおかしいことがあるような。 


「ちこく回避ロボはどうなんですか?」 

「ど、どうってなんだ」 

「あれは道路交通法に違反しないのですか?」 

「……」 


黙りこんでしまいました。目がぐるぐるしてます。暑い室内とはいえ、それ以上の汗をかいています。 

なんか見てて面白いですね。



18 : ◆foQczOBlAI 2018/07/09(月) 15:14:56.55 ID:9GZaroLJ0


苦虫を噛み潰したような顔で言いました。 


「……アイドルになる前の話だからセーフ」 

「アウトです」 


ふふん、やっぱり常識人は私でしたね。お得意の論破をしてしまいました。 

そもそも私はクールアイドルの申し子、クールタチバナなんですよ。 

冷静沈着、品行方正。そんな言葉が似合うのが私なんですよ。 


「ありす、そのにやけ顔はアイドルとしてどうかと思うぞ」 

「そんな顔してました?」 

「それはそれは、カメラで撮って見せたいくらいだ」 

「いえ、私はいつでもキリッとした顔ですよ」 


晶葉さんは冗談がお好きなようで。本当にしてませんよね。大丈夫なはずです。 




19 : ◆foQczOBlAI 2018/07/09(月) 15:19:07.97 ID:9GZaroLJ0


少しばかりの気まずい沈黙が沈黙が二人の間を流れました。 

フランスではこの状態のことを「天使が通った」と表現するようですね。お洒落ですね、使ってみましょうか。 


「今、天使が通りましたね」 

「……なんのことだ?」 


やってしまいました。理解されない、それほどに悲しいことはありません。 

本当の私を誰も知らない。ざわめく事務所で私はいつも一人なんでしょうね。 


「天使が通るというのはしらけたときに使われる表現だ」 


だけどね、Pさんは、あなただけは。いつでも目をそらさず見ていてくれるのですね。 

タイミングよくPさんによる解説が入りました。これで私が蒼い子扱いされずにすみました。 

それにしても「in fact」名曲ですね。私の気持ちを代弁してくれるかのような素敵な恋の歌です。 

いえ、大好きなのはファンの皆さんですよ。それ以外ないじゃないですか、私はアイドルです。 

アイドル列強時代、私を見つけて応援してくれるファンの皆さんこそ私にとってのあなたですよ。 

誰が聞いているでもない言い訳を並べつつ、この空気を変えるための話題を探しましょう。 




20 : ◆foQczOBlAI 2018/07/09(月) 15:20:35.69 ID:9GZaroLJ0


「もう夏ですね」 

「そうだな」 

「晶葉さんは夏休みの予定とかありますか?」 

「……仕事ぐらいかな。ありすはどうだ?」 

「……仕事ぐらいですね」 


これでも小学生と中学生、遊びたい盛りのはず。これでいいのだろうか。 

私達はインドア派ですものね。こんなものでしょうか。 


「どこか行きたいところとかはありますか」 

「特にはないな」 

「海とかはどうですか」 

「イベントで行くらしいな」 


私達は枯れているのではないでしょうか。大切なものが足りてない気がします。まさか、頭のネジでしょうか。 




21 : ◆foQczOBlAI 2018/07/09(月) 15:21:55.01 ID:9GZaroLJ0


あー、そういえば私は行きたいところがありました。一人ではなくみんなで。 


「夏祭りとかどうですかね」 

「悪くない提案だ。また近所のか」 

「それもいいですし、他のところでも」 


あくまで素直じゃない私達。間違っても行きたいなんて口に出しません。 

だってそうすれば見つけてくれますから。 


「そう言ってますよ。プロデューサーさん」 

「今度みんなで行きますか」 


ほらね。 

かくして、夏休みの予定が一つでしました。 

ええ、悪くないです。 



22 : ◆foQczOBlAI 2018/07/09(月) 15:24:09.89 ID:9GZaroLJ0


「それじゃあ、そろそろ帰ります」 

「私も帰るかな」 

「気をつけて帰れよ」 

「お疲れ様です」 


事務所の扉を開くと、夕暮れの少しだけ涼しい風が流れてきました。これは室内の方が暑いですね。 

なんというか、今日はクーラーの有り難みがわかる一日でしたね。文明の利器は素晴らしい。 

世界はしっかりとオレンジ色一辺倒になっています。家に帰るまでに暗くならなきゃいいですけど。 

晶葉さんに別れの挨拶をして一人の帰り道を急ぎます。ちなみに、彼女の自転車は明らかに彼女自身の手が加わった電動自転車でした。らしいですね。 

それにしても、これでひぐらしでも鳴いていたら完璧ですね。出来すぎだシチュエーションですけど、まだ鳴いていないですね。 

それもそうでしょう。 



だって、夏はまだ始まったばかりなのだから。



23 : ◆foQczOBlAI 2018/07/09(月) 15:31:37.89 ID:9GZaroLJ0

以上で終わりです。 

夏になって暑くなったので書きました。 

投稿している最中に晶葉が再登場しました。引き次第SS書きます。



24 : ◆foQczOBlAI 2018/07/09(月) 15:33:42.62 ID:9GZaroLJ0

モバP「天才と苺と夏祭り」 


一応関係があるような前作



26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/09(月) 16:11:06.80 ID:TpneKDbzO

チューペットは製造中止になってるからもうないんだよなぁ… 
類似品はあるけど商標登録されてるから名前はもう使われてないし…



29 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/09(月) 22:28:25.40 ID:D3io1hKDO

上か下かで、姉や兄とよくモメたなぁ 


下だとすぐ溶けて垂れるが、上だとなんか損した気分だし



30 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/10(火) 00:01:18.42 ID:qgUaXyWI0

乙 
棒ジュースの美味しい季節になってきましたね






他のおすすめSS
 
 
 
 
 
千川ちひろ「カードになりたくありませんか?」モバP「……」 
鷹富士茄子「ガールズトークと言えば」 
【デレマス】友紀「妹な朋ちゃん」 
キャンディアイランドの一向に毒にも薬にもならないおしゃべり 
姫川友紀「そういや今更だけどプロデューサーの贔屓球団って」モバP「近鉄」