転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1531219127/

1: ◆99skM4/jE2 2018/07/10(火) 19:38:47.60 ID:qBq35q/x0

ありす「プロデューサーさん、鬼ごっこをしましょう」

P「は?」

ありす「鬼ごっこです。もしかして知らないんですか?」

P「いや鬼ごっこは知ってるけど、ありすがいきなり鬼ごっこをしたがる子だとは知らなかったよ」

ありす「橘です」

P「それは知ってる」

ありす「知っているなら橘と呼んでください」

P「考えとくよありす」

ありす「だから橘です」





2: ◆99skM4/jE2 2018/07/10(火) 19:39:32.29 ID:qBq35q/x0

P「で、鬼ごっこだったか?」

ありす「はい」

P「俺仕事してるんだけどな?」

ありす「見れば分かります。そもそも仕事のしすぎです。少し休憩した方がその後の効率もよくなります」

P「それは一理あるかもしれない」

ありす「そうですよね、じゃあさっそく

P「でも部屋の中で走り回ると危ないだろ」

ありす「じゃあ走らないで、歩いて鬼ごっこしましょう」

P「そこまでして鬼ごっこがしたいのか……?」



3: ◆99skM4/jE2 2018/07/10(火) 19:39:58.49 ID:qBq35q/x0

P「まあ、ちょっとくらいなら付き合うぞ。で、他に誰がやるんだ?」

ありす「私とプロデューサーさんだけですよ」

P「は?」

ありす「聞こえませんでしたか?私とプロ

P「いや、聞こえたけど。鬼ごっこってもう少したくさんの人でやるもんじゃないのか?」

ありす「二人でできないことはありません。それと、『もう少し』なのか『たくさん』なのかはっきりしてください」

P「なんだろう、今日のありすはしっかりしてるんだかしてないんだかよく分からん」

ありす「橘です」

P「うん、しっかりしてそうだな」



4: ◆99skM4/jE2 2018/07/10(火) 19:40:28.94 ID:qBq35q/x0

P「まあ二人でもいいや、じゃんけんするぞ」

ありす「え?なんでじゃんけんするんですか?」

P「鬼決めないと鬼ごっこできないだろ」

ありす「何を言っているんですか、鬼はプロデューサーさんですよ」

P「勝手に決めるなよ」

ありす「それとも私のことを鬼扱いするつもりですか?担当アイドルを鬼呼ばわりするんですか?」

P「分かった分かった、俺が鬼やるから。10数えるから適当に逃げな」

ありす「はい」




5: ◆99skM4/jE2 2018/07/10(火) 19:40:58.87 ID:qBq35q/x0

P「……9、10。よし、じゃあ行く 

ありす「さあ、早く捕まえてください」 

P「え?まだ逃げてなかったのか?もう一回数え直すぞ?」 

ありす「いえ、私は逃げも隠れもしません。どうぞ捕まえてください」 

P「随分と斬新な鬼ごっこだな」



6: ◆99skM4/jE2 2018/07/10(火) 19:41:29.42 ID:qBq35q/x0

P「まあ、捕まえろって言うなら捕まえるぞ」ポンッ 

ありす「なんですか、肩なんか叩いて」 

P「いや、捕まえるんだからタッチするだろ」 

ありす「何を言っているんですか?」 

P「ありすこそ何言ってるんだ?」 

ありす「橘です」 

P「頑なだな」



7: ◆99skM4/jE2 2018/07/10(火) 19:42:01.92 ID:qBq35q/x0

ありす「プロデューサーさんは鬼です」 

P「そこだけ言われるとひどいこと言われてるような気がする」 

ありす「話をそらさないでください。プロデューサーさんは鬼なので、逃げる私を捕まえないといけません」 

P「逃げてたと言えるかは微妙だけどな」 

ありす「だからちゃんと私が逃げないように捕まえておかないといけません」 

P「だからタッチしただろ?」 

ありす「タッチされたくらいじゃ逃げられますよ。しっかり捕獲してもらわないと」 

P「物理的にホールドしろってことかよ」



8: ◆99skM4/jE2 2018/07/10(火) 19:42:28.75 ID:qBq35q/x0

P「まあ、それで納得するならするけど」 

ぎゅっ 

ありす「ちょ、ちょっと力が弱いですよ、これくらいなら力ずくで逃げられそうですね」 

P「はいはい」 

ぎゅーっ 

ありす「こ、これじゃあ逃げられませんね……えへへ……♪」



9: ◆99skM4/jE2 2018/07/10(火) 19:42:57.97 ID:qBq35q/x0

P「じゃあ捕まえたから次はありすが鬼だな」 

ありす「ま、待ってください、疲れたので休憩が必要です」 

P「今のどこで疲れる要素があったんだよ」 

ありす「と、とにかく疲れたんです!プロデューサーさんも椅子に座って休んでください」 

P「はいはい」 

ありす「では私も失礼します」ポスッ 

P「え?」 

ありす「なんですか?」 

P「俺の膝に座るの?」 

ありす「はい、私は囚われの身なのでプロデューサーさんに捕まえられていないといけません」 

P「今は休憩中じゃないのか」 

ありす「まだプロデューサーさんが鬼です。だから今もちゃんとホールドしておかないとだめです」 

P「はいはい」ぎゅっ



10: ◆99skM4/jE2 2018/07/10(火) 19:43:26.48 ID:qBq35q/x0

ガチャ 

桃華「ただいま戻りまし……Pちゃま?」 

P「おう、桃華おかえり」 

桃華「ありすさんと何をしていらっしゃいますの!」 

ありす「私とプロデューサーさんは鬼ごっこをしているんですよ」ドヤァ 

桃華「そんな鬼ごっこ見たことがありませんわ!」 

P「俺だって初めてだよ」 

ありす「プロデューサーさん、ホールドが甘くなってますよ、ちゃんと捕まえてないとだめじゃないですか」 

P「はいはい」ぎゅっ 

桃華「捕まえるってそういうことですの?!」



11: ◆99skM4/jE2 2018/07/10(火) 19:43:52.87 ID:qBq35q/x0

P「なんでも、タッチしたくらいじゃ逃げられるから、ちゃんと捕まえておけってことらしい」 

桃華「捕まえたならありすさんが鬼にならないといけませんわ!」 

ありす「今は疲れたので休憩しているんですよ」 

桃華「だったらあちらのソファーの方が休まりますわ!」 

ありす「それもそうですね」 

桃華「お分かりになればよろしいのですわ♪」 

ありす「プロデューサーさん、ソファーに移りましょう」 

P「はいはい」 

桃華「なんでPちゃまも一緒ですの?!」 

ありす「私を捕まえていないといけませんから当然です」 

P「そういうことらしい」 

桃華「Pちゃまも少しは疑問をお感じになってくださいまし!」



12: ◆99skM4/jE2 2018/07/10(火) 19:44:25.75 ID:qBq35q/x0

P「そもそも休憩っていつまで休憩するんだ」 

ありす「疲れが取れないのでまだしばらくかかります。仕方ありません」 

桃華「それならPちゃま!私も仕事終わりで疲れていますの!」 

P「ソファー使っていいぞ」 

桃華「私にもハグを 

ありす「桃華さん、これはハグではありません、ホールドです。そもそも私は鬼ごっこの途中だから捕まえられているのであって、参加していない桃華さんには必要ありませんよ」 

桃華「ろ、論破されましたわ……うぅ……Pちゃま!」 

P「ありすにしては珍しく隙がないな」 

ありす「珍しくとはなんですか、それから私は橘です」



13: ◆99skM4/jE2 2018/07/10(火) 19:44:53.26 ID:qBq35q/x0

桃華「そうですわ!ありすさん、私も鬼ごっこさせていただいてもよろしくて?」 

ありす「なっ……!」 

P「おう、いいんじゃないか」 

桃華「それではPちゃま!早く私を捕まえてくださいまし!」 

P「え?俺?」 

桃華「まだ鬼はPちゃまなんですから当然ですわ!」 

ありす「今から私が鬼になります!ほらプロデューサーさんは早く逃げてください!」 

P「いや、ちょうどいいから二人でやんなよ」 

ありす「えっ?」 

桃華「えっ?」



14: ◆99skM4/jE2 2018/07/10(火) 19:45:22.69 ID:qBq35q/x0

P「そもそも俺仕事の途中だからな?」 

桃華「Pちゃまは働きすぎですわ!」 

P「そう言われたからありすと遊んでたんだよ。いい気分転換になったよ。ありがとな」ナデナデ 

ありす「ど、どういたしまして……///」 

桃華「照れないでくださいまし!鬼ごっこの続きはよろしいんですの?!」 

ありす「あっ、そ、そうでした。プロデューサーさん、まだまだ疲れて 

P「ないよ。ありすをホールドしてしっかり癒してもらえたからな。ありがとな」ナデナデ 

ありす「えへへ……///」 

桃華「ありすさん!!」



15: ◆99skM4/jE2 2018/07/10(火) 19:45:54.25 ID:qBq35q/x0

P「桃華もありすも鬼ごっこしたいなら二人でやればちょうどいいだろ?あ、事務所の中で走り回ると危ないからそれだけは気を付けてな」 

桃華「……」 

ありす「……」 

P「やんないのか?」 

ありす「えっと、じゃあ……」 

P「さっきはありすが逃げる方だったし今度は鬼だな」 

ありす「お、鬼呼ばわりしないでください!」 

桃華「青鬼さんですわね♪」 

ありす「桃華さんまで!」 

桃華「悔しかったら捕まえたらよろしくてよ♪」トテトテ 

ありす「あっ、逃がしませんからっ!」トテトテ 

P(なんだかんだ子供だなあ)



16: ◆99skM4/jE2 2018/07/10(火) 19:46:27.69 ID:qBq35q/x0

………… 

ありす「部屋の隅に追い込んだのでもう勝ったも同然です」 

桃華「なにか手は……あっ!あんなところに!」 

ありす「えっ?」 

桃華「ふふっ、隙だらけですわ!」 

ありす「なんて引っ掛かるわけありません!」ポンッ 

桃華「うう……負けましたわ」 

ありす「私の勝ちですね」 

P「ん?ホールドしないと逃げるんじゃないのか?」 

ありす「えっ?」 

桃華「あっ」 

P「ほら桃華、逃げてもいいぞ?」 

桃華「そうさせていただきますわ!Pちゃま!」 

ありす「なっ……!させませんよ!」



17: ◆99skM4/jE2 2018/07/10(火) 19:46:53.53 ID:qBq35q/x0

桃華「Pちゃま!私をありすさんから守ってくださいまし!」ぎゅっ 

P「え?俺?」 

ありす「桃華さん!捕まえましたよ!」ぎゅっ 

桃華「残念ですわね♪私はPちゃまバリアの中にいるから無効ですわ!」 

ありす「なんですかプロデューサーさんバリアって!」 

桃華「Pちゃまの愛で私を怖い鬼さんから守ってくれますのよ♪」ぎゅーっ 

P「そういうことらしい」 

ありす「プロデューサーさんも少しは疑問に感じてください!」



18: ◆99skM4/jE2 2018/07/10(火) 19:47:23.57 ID:qBq35q/x0

P「まあ、ありすがそう言うならそろそろバリアも時間切れってことにするかな?」 

桃華「えっ?」 

P「3、2、1、はい、バリア無効」 

ありす「だそうですよ桃華さん、捕まえました」ぎゅっ 

桃華「そ、そんな!時間切れなんて聞いていませんわ!」 

ありす「そもそもバリアの存在自体聞いていませんよ」 

桃華「う、そ、それはそうですけれども……!」 

P「ちゃんと逃げられないように捕まえとくんだぞー」 

ありす「もちろんです」ぎゅーっ 

桃華「ちょ、ちょっとありすさん、そんなにきつくハグしないでくださいまし……///」 

ありす「っ……!そ、そうですか……!」ぎゅっ 

P「いやいや、そう言って逃げようとしてるんじゃないのか?」 

桃華「そ、そんな卑怯な手は使いませんわ!」 

ありす「さっき注意を逸らそうとしてきましたからね、信用できません」ぎゅーっ 

桃華「あ、ありすさんっ……///」 

P(ありすが桃華を一生懸命ハグしてる……デレぽに載せたらすごくバズりそうだな、カメラカメラ……)



19: ◆99skM4/jE2 2018/07/10(火) 19:47:51.79 ID:qBq35q/x0

ガチャ 

みりあ「おはようございまーす!」 

桃華「みりあさん……!」 

みりあ「あれ?なんではぐはぐしてるの?」 

ありす「これはハグではなく鬼ごっこのホールドで 

みりあ「楽しそうだからみりあもやるー!」 

ありす「ちゃんと聞いてください!」



20: ◆99skM4/jE2 2018/07/10(火) 19:48:20.69 ID:qBq35q/x0

みりあ「でもありすちゃんと桃華ちゃんがはぐはぐしてるから……みりあはプロデューサーとはぐはぐしよっと♪」 

ありす「なっ……!」 

桃華「えっ?!」 

みりあ「プロデューサー♪はぐはぐしてー♪」 

P「おう、いいぞー」ぎゅっ 

ありす「いいんですか?!」 

みりあ「みりあもお返しにはぐはぐするね♪」ぎゅっ 

桃華「なんですのそれは?!」 

みりあ「はぐはぐだよ?」 

P「そういうことらしい」



21: ◆99skM4/jE2 2018/07/10(火) 19:48:50.86 ID:qBq35q/x0

桃華「ずるいですわ!私にもしてくださいまし!」 

ありす「わ、私にも……!」 

P「ん?鬼ごっこはいいのか?」 

ありす「も、もういいんです!」 

P「いやいや、あんなにやりたがってたのに」 

桃華「そうですわ!ありすさんお一人で鬼ごっこなさって!」 

ありす「一人じゃできませんよ!」



22: ◆99skM4/jE2 2018/07/10(火) 19:49:21.06 ID:qBq35q/x0

みりあ「鬼ごっこしてたのー?みりあもやるー♪」 

ありす「ちょうどいいですね!桃華さんはみりあさんと鬼ごっこしててください!」 

桃華「ありすさんこそみりあさんと鬼ごっこなさっては?」 

みりあ「二人とも、みりあと鬼ごっこするの嫌なの……?」 

ありす「あっ、いやそういうわけでは……!」 

桃華「そうではなくてPちゃまが……!」 

P「俺はそろそろ仕事に戻るからやんないぞ」 

みりあ「うーん……」



23: ◆99skM4/jE2 2018/07/10(火) 19:49:48.30 ID:qBq35q/x0

みりあ「ありすちゃんも桃華ちゃんもプロデューサーと鬼ごっこしたいの?」 

ありす「えっ、ま、まあ……」 

桃華「そういうことになりますわね……」 

みりあ「でもプロデューサーはお仕事してるから……あっ♪ねえねえ♪」 

ありす「なんですか?」 

桃華「どうなさいましたの?」 

みりあ「」コソコソ 

ありす「」ウンウン 

みりあ「」ヒソヒソ 

桃華「」ハイハイ 

みりあ「これでどうかな?」 

桃華「名案ですわ!」 

ありす「賛成です!」 

P(何を企んでるんだ……?)



24: ◆99skM4/jE2 2018/07/10(火) 19:50:16.87 ID:qBq35q/x0

みりあ「ねえねえプロデューサー♪一緒に鬼ごっこしよー♪」 

P「んー?俺は鬼ごっこやんないぞ?」 

ありす「心配には及びませんよ!」 

桃華「私たち三人とも♪」 

みりあ「今から鬼だもんね♪」 

ぎゅーーっ 

P「あー、これは逃げられないなあ……!」



25: ◆99skM4/jE2 2018/07/10(火) 19:51:00.09 ID:qBq35q/x0

終わりです。 
HTML化依頼出してきます。



26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/10(火) 19:52:31.08 ID:MLNrta8Co

おっつおっつ。通報しました



29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/11(水) 02:37:34.40 ID:iqfUY2Ct0

塀の中へ永久ホールド



30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/11(水) 04:25:11.07 ID:GEKPlLV40

乙爆ぜろ






他のおすすめSS