転載元 : http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1390809992/

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/27(月) 17:06:32 ID:ZdEGEflc

ペトラ「今日も元気に旧本部をお掃除お掃除~」

ペトラ「あら…?これは…?」

>>2



2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/27(月) 17:07:38 ID:1nlozLjs

宝の地図



3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/27(月) 17:10:47 ID:rqfyGMx2

ペトラ「紙切れ、のようね…」

ペトラ「中は何が書いてあるのかしら」ピラリ

ペトラ「地図のようだけど、何処の地図?」

ペトラ「うーん…この辺りの地図ではなさそうな気がするけれど…」

ペトラ「ん…?ここに書いてあるのは『treasure』?」

ペトラ「て、事は、宝の地図?」



4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/27(月) 17:13:05 ID:ZdEGEflc

ペトラ「えっ、えっ!?」

ペトラ「さすが旧本部ね…!こんなものを隠してあったなんて!」

ペトラ「でもどうするべきかしら…」ウヌヌ

>>5「ペトラ?」ガチャッ



5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/27(月) 17:14:45 ID:07kKoXeI

ハンジ




6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/27(月) 17:17:36 ID:rqfyGMx2

ハンジ「ペトラ?」ガチャッ

ペトラ「うわっ!?」

ペトラ「は、ハンジ分隊長!」

ハンジ「掃除お疲れ様~ 大変だね、特別作戦班ってのは雑務もしなきゃいけないし」

ペトラ「いえ、そんな事は…」

ハンジ「掃除が出来るペトラはいいお嫁さんになるよ!」

ペトラ「有り難うございます」ペコリ



7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/27(月) 17:20:56 ID:ZdEGEflc

ペトラ「分隊長はどうしてここに?」

ハンジ「ちょっとエレンの様子を見に行こうとしたんだけどねー 肝心のエレンが居なくて」

ハンジ「リヴァイに聞こうと思っても、あいつもどっか行ってさー
だから適当に部屋回ってるんだ」

ペトラ「確か…エレンは中庭、リヴァイ兵長は厨房の方に」

ハンジ「そっか さんきゅ!」



8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/27(月) 17:23:18 ID:ZdEGEflc

ペトラ(うーん…)

ペトラ(ここでハンジ分隊長にも、宝の地図を見つけたと言うべきかしら)

ペトラ(それとも私が自力で宝を探して…)

ハンジ「? どうしたの?」

ペトラ(どっちにしよう)

ハンジに言うor言わない
>>9



9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/27(月) 17:32:23 ID:Ccgq8.AM

言う



10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/27(月) 17:36:12 ID:rqfyGMx2

ペトラ(私一人でどうこう解決する問題じゃないわ)

ペトラ「あ、あのっ…分隊長!」

ハンジ「何だい?」

ペトラ「さっき部屋の隅にこんなものを見つけたんですが」ペラリ

ハンジ「ううん…えらく古ぼけた地図だね…」

ペトラ「それだけじゃないんです
ほら、ここに」

ハンジ「『treasure』…」



11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/27(月) 17:38:24 ID:ZdEGEflc

ハンジ「って事は、宝の地図って事…!?」

ペトラ「多分、そうじゃないかと…!」

ハンジ「よくやったぞペトラ!」

ペトラ「いえっ…私はたまたま見つけただけなので…」

ハンジ「宝か~ どんな宝が埋まってるのかな~」ワクワク



12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/27(月) 17:40:43 ID:rqfyGMx2

ハンジ「巨人の発生地とかだったりして…! ふふっ…」

ペトラ(それは、分隊長にとってはtreasureかも知れませんが私達にとってはdangerです)

ペトラ「分隊長はこの地図がどの辺りを示しているか解りますか?」

ハンジ「うーん…多分>>13辺りじゃないかな…」

ペトラ「>>13…」



13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/27(月) 17:48:05 ID:K.0.ck9.

地獄



15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/27(月) 18:05:43 ID:ZdEGEflc

ペトラ「地獄…って……え?」

ペトラ「ぶ、分隊長、地獄をご覧になった事あるんですか?」

ハンジ「ちょっと前にね
内地の貴族の方の社交界に調査兵団の代表として行った時の事なんだけど」

ハンジ「その主催者が、風変わりで輪廻転生やら、南無阿弥陀仏とか、よく解らない物を信じる人だったんだ」

ペトラ「はあ…」



16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/27(月) 18:08:54 ID:rqfyGMx2

ハンジ「で、見せてもらったんだよ
地獄絵図っていう掛け軸をね」

ハンジ「その時の絵と凄くそっくりだよ!」

ペトラ「…絵、ですか…」

ペトラ(という事は、この地図はガセかしら)

ハンジ「死ななきゃ見つけられない宝か~
まさに死の秘宝だね」

ペトラ「…」



17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/27(月) 18:17:15 ID:ZdEGEflc

ハンジ「じゃ、私エレンかリヴァイの所行ってくるね
んじゃあ」フリフリ

ペトラ「は、はい…」

ハンジ「ふふんふふ~」タットタット

ペトラ「…」

ペトラ「…私分隊長にからかわれただけかしら…」

ペトラ「最初から宝の地図と違うなら違うって言ってくれてもよかったのに…」ハァ



18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/27(月) 18:35:12 ID:rqfyGMx2

ペトラ「でも本物に宝の地図じゃなかったとしたら…
どういう意図があってここに?」

ペトラ「よく考えたら私は地獄絵図なんか見たこと無いんだし、分隊長も『ちょっと前』って言ってたから記憶も曖昧だろうし…」

ペトラ「私は信じるわ!
そうよ、これは宝の地図よ!」

ペトラ「……試しに>>19にも聞いてみよう」



19: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/27(月) 18:38:09 ID:3wwsRAMk

兵長



23: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/27(月) 18:43:55 ID:ZdEGEflc

ペトラ「…リヴァイ兵長に聞いてみよう」

ペトラ「それに、兵長なら何か知ってるかも知れないわ!」

ペトラ「よぉし、厨房に行こう!」

ーーー
ーーーーー
ーーー厨房

リヴァイ「」キュッキュッ

リヴァイ「…シンクの光加減、完璧だな…」

ペトラ(いらしたいらした)



24: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/27(月) 18:46:41 ID:ZdEGEflc

ペトラ「あの、兵長…」

リヴァイ「どうした、ペトラ
掃除は終わったのか」

ペトラ「いえっ、そうじゃなくて…」

リヴァイ「…だったらさっさとしてこい」

ペトラ「掃除中にこんなもの拾いまして」ペラッ

リヴァイ「…ほう?地図か」

ペトラ「はい」



25: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/27(月) 18:49:48 ID:rqfyGMx2

ペトラ「ただの地図じゃなくて、ここに『treasure』と書いてありまして
感じもただならぬ雰囲気でしたし、兵長なら知っていらっしゃるかと」

リヴァイ「…」ジー

ペトラ「ど、どうですか?知ってますか?」

リヴァイ「嫌、さっぱりだな…」

ペトラ「ですよね…はは…」



26: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/27(月) 18:51:11 ID:rqfyGMx2

ペトラ(やっぱりガセなのかしら…)

リヴァイ「ただ、この地図の端に描いてある物、見たことあるな」

ペトラ「ほ、本当ですか?」

リヴァイ「ああ
確か…>>27だ」



27: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/27(月) 18:55:38 ID:aXp/qppI

くまちゃん



29: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/27(月) 18:57:45 ID:ZdEGEflc

リヴァイ「くまちゃんだ」

ペトラ「くまちゃん…」

ペトラ「」ブフッ

リヴァイ「どうした」

ペトラ「い、いえ…!」

ペトラ(兵長の口からくまちゃんなんて可愛らしい単語を聞けるなんて!
というよりちゃんづけ…!兵長が…!!人類最強が…!)プルプル



30: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/27(月) 19:00:55 ID:rqfyGMx2

ペトラ「こ、これがどういう風にくまに…」

リヴァイ「」ギロッ

ペトラ「…くまちゃんに見えますか?」

リヴァイ「この染みが、耳と鼻に見えるだろ
で、これが目に…」

ペトラ「た、確かに言われてみれば…」



31: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/27(月) 19:05:20 ID:rqfyGMx2

リヴァイ「俺が調査兵団に入団する前… 下町に住んでた頃だ」

ペトラ(また回想が始まった)

リヴァイ「いつも通る道に、大きなおもちゃ屋があって
そのショーウインドウに、大きなくまちゃんのぬいぐるみが飾ってあった」

リヴァイ「そのくまちゃんに似ているな
懐かしい」

ペトラ「…」

ペトラ(もしかして、リヴァイ兵長も私の事からかってますか?
ううん、でも兵長は分隊長みたいにからかうような性格ではないし…)



32: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/27(月) 19:11:25 ID:rqfyGMx2

リヴァイ「ともかくどこの地図かわからねえ」

リヴァイ「まだ休憩じゃない ペトラ、早く持ち場に戻れ」

ペトラ「解りました…」

ペトラ「はぁ…」トボトボ

ペトラ「やっぱりこれは宝の地図じゃないのね」



33: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/27(月) 19:14:42 ID:ZdEGEflc

ペトラ「子供みたいにはしゃいじゃって、私馬鹿みたい…」

ペトラ「ええい、それもこれもこのくまちゃんのしみの地獄地図のせいよ!」

ペトラ「こんなもの!こんなものっ!」クシャクシャ

ペトラ「えーい!」ポーイ

ペトラ「よし 早く掃除に戻りましょ」スタスタ

>>34「ん…?」

(取り敢えずここまで)



34: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/27(月) 19:17:42 ID:aXp/qppI


安価ならナナバ



35: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/28(火) 14:39:15 ID:saZglOo6

ナナバ「あ~あ、エルヴィン 全くハンジが中々帰ってこないからって私に言付けなくてもいいのに…」

ナナバ「副分隊長のモブリットや、部下達がその場にいないからってさ…」ハァ

エーイ!

ナナバ「ん…? ゴミ?
今のは特別班のペトラじゃ…」

ナナバ「あの格好って事は掃除中だね」



36: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/28(火) 14:43:53 ID:NK/DSE3Q

ナナバ「掃除中なのにぽい捨てするなんて、後でリヴァイにチクっとこ」

ナナバ「…なんか普通の紙とは違うみたいだね」ヒョイ

ナナバ「…」

ナナバ「…」ウズウズ

ナナバ「あ、開けてもいいよね
捨てるペトラが悪いんだし」カサカサ



38: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/28(火) 14:48:39 ID:NK/DSE3Q

ナナバ「えーっと…
こ、これは…!」

ナナバ「ど、どうしよう…
と、取り敢えずこれを持って帰って…」

ナナバ「誰かに見せよう」

ナナバ「誰に見せようか…」

>>38
?エルヴィン
?ミケ
?104期調査兵団兵



39: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/28(火) 14:49:16 ID:saZglOo6

再>>40で



40: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/28(火) 14:49:37 ID:HtC/1SrY

団長



41: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/28(火) 15:15:20 ID:saZglOo6

ナナバ「エルヴィンにしよう」

ナナバ「……っと先ずはハンジを探して…」

ウォーイ、エレーン
ウワッハンジブンタイチョウ!?

ナナバ「いたいた」

---
-----
---調査兵団

ナナバ「ただいま戻りました」

エルヴィン「ご苦労だった、ナナバ」



42: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/28(火) 15:19:35 ID:saZglOo6

ナナバ「だいたいなんで私なの?モブリットとか、ケイジとか居るのに」

エルヴィン「まあまあ そう言うな 取り敢えず有り難う
……ハンジは?」

ナナバ「部屋で不貞腐れてる」

エルヴィン「はは、あいつらしいな」

ナナバ「あ、聞いてよ団長」

エルヴィン「なんだ?」



43: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/28(火) 15:23:26 ID:saZglOo6

ナナバ「こんなのさっき拾ったんだ」ゴソゴソ

エルヴィン「何かの地図のようだね」

ナナバ「でしょ?エルヴィンなら心辺りあるかなー…って」

エルヴィン「この地図は見たことがあるな」

ナナバ「本当!?」

エルヴィン「たしか…>>44だ」



44: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/28(火) 15:25:48 ID:EPO/W9jE

トロスト区の地図



45: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/28(火) 15:50:13 ID:NK/DSE3Q

ナナバ「この地図がトロスト区?」

エルヴィン「ああ ほら、ここに…染みがついて見えにくいが『ウォールローゼ』と書いてあるだろう」

ナナバ「…本当だ…」

エルヴィン「多分一昔ほど前の古い地図だろうな
今と少し地形が違う」

ナナバ「なるほど…」

ナナバ(流石団長…
でもなんであのペトラって子はこれを捨てたんだろう)



46: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/28(火) 21:13:07 ID:EqwIv7VU

ナナバ「…あれ?この文字って…」

エルヴィン「どうした?」

ナナバ「えっ、いや、ううん、なんでも」

ナナバ(古めかしい地図だったからついついエルヴィンの所に持って行っちゃったけど
ここにtreasureって文字がある…)

ナナバ(て事は、宝の地図?
トロスト区に宝があるの?)

ナナバ(と、ともかく…!)



47: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/28(火) 21:15:10 ID:Clc.GAao

ナナバ「教えてくれて有り難う、エルヴィン
じゃあ!」

エルヴィン「あ、ああ?」

ナナバ「失礼しました!」バタン

エルヴィン「えらく急いでたな…
急にどうしたんだ?」

---
-----
---

ナナバ「ど、どうしよう…、でも一人では宝なんて探せないし…」

ナナバ「そうだ、>>48にも協力してもらおう」



48: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/28(火) 21:16:16 ID:O8h8Gia.

ミケにゃん



49: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/28(火) 21:18:41 ID:EqwIv7VU

ナナバ「みけにゃ…」ゲフゲフ

ナナバ「ミケに協力してもらおう
彼なら私以上にトロスト区を知ってるかもしれない」

ナナバ「うーん…でも、今朝からミケの姿を見てないなあ…」

ナナバ「そういえばリヴァイに>>51に行くと行ってたな…」



51: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/28(火) 21:21:06 ID:1MMuFTaM

キャバクラ



52: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/28(火) 21:28:03 ID:Clc.GAao

ナナバ「確か…キャバクラに行くと言ってた」

ナナバ「彼いわく、キャバクラの女の臭いが最高らしい
新兵が聞いたら卒倒するね」

ナナバ「全く、分隊長は自由でいいご身分だ」

ナナバ「さてキャバクラに足を運んでみよう」

ナナバ「それに、調査兵団御用達のキャバクラは好都合な事にトロスト区にあるしね」



53: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/28(火) 21:31:02 ID:Clc.GAao

-----
---キャバクラ

スン

ミケ「…甘くて、すっと鼻を通るような香り
林檎かなにかか」

キャバA「そうです~!さすがミケさん!」

ミケ「」フッ

キャバB「そのはにかみ具合も素敵! 私の香水も当てて!」

ミケ「」スンスン



54: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/28(火) 21:33:16 ID:Clc.GAao

ミケ「これは…」

キャバC「ミケさんミケさん
あなたにご用だと言う人が店先に」

ミケ「俺にか」スクッ

キャバB「ええ~今いい所なのに~」

ミケ「…仕事かも知れないからな」

キャバA「早く帰ってきてね~」

ミケ「」コクン



55: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/28(火) 21:35:25 ID:Clc.GAao

キャバC「ほら、あそこに…」

ミケ「誰だ」

ナナバ「やあミケ
昼間っからキャバ嬢とイチャイチャスンスンさぞかし楽しいだろう」

ミケ「ナナバ…!一体どうしたんだ」

ナナバ「暇なら私の宝探しに手伝ってほしいんだ」

ミケ「宝探し?」

ナナバ「そう」



56: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/28(火) 21:37:57 ID:EqwIv7VU

ナナバ「ともかく満喫しただろうから早くこの店出て私の探検に付き合って
解った?」

ミケ「しかし、俺は…」

ナナバ「男ならぐずぐず言わない!」グイグイ

ミケ「う…」

ナナバ「お姉さん、お代はここに置いておくね」チャリン

キャバC「あ、…解りました! またのご来店お願いします」

ナナバ「はいはい」フリフリ



57: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/28(火) 21:39:50 ID:Clc.GAao

スタスタ...

ミケ「…」

ナナバ「…えらく機嫌が悪そうだね、ミケ」

ミケ「…今いい所だったんだ」

ナナバ「あ、そう ごめんね」

ミケ「で、宝の地図とは?」

ナナバ「これの事なんだけど…」ペラリ

ミケ「…」ジー



58: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/28(火) 21:41:35 ID:EqwIv7VU

ミケ「…トロスト区の地図か」

ナナバ「あ?ミケも一発で解った?」

ミケ「ああ」

ナナバ「エルヴィンもそうだろうって言ってたね
で、宝の件なんだけど」

ナナバ「ほらここ treasureって…」

ミケ「…本当だな」



59: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/28(火) 21:43:27 ID:EqwIv7VU

ナナバ「だから、ミケを誘ってトロスト区で宝を探そうとね」

ミケ「…」

ナナバ「まあまあ、そんな半信半疑みたいな顔しないでよ
多分宝はあるって」

ナナバ「このtreasureって書いてある場所、ミケは解る?」

ミケ「…多分、>>61だ」



61: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/28(火) 21:56:11 ID:7gnFcFuM

俺の家……の近くのキャバクラ



62: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/28(火) 22:00:48 ID:EqwIv7VU

ミケ「俺の家……の近くのキャバクラだ」

ナナバ「」

ミケ「壁外から帰ってきて、報告書をまとめた後の休暇にはお世話になる」

ナナバ「」

ミケ「あの御用達のキャバクラとは違う香りが… どうしたナナバ」

ナナバ「ううん、ちょっとね」

ナナバ(ミケって絶対ムッツリスケベだよね)



63: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/28(火) 22:03:04 ID:Clc.GAao

ミケ「まさかあの近くに宝があったとは」

ナナバ「本当にまさかだよ」

ナナバ「まあ…試しに行ってみよう」

ミケ「ああ 因みに俺の家はここから東北に進めばある」

ナナバ「了解
あ、確認しておくけど」

ミケ「なんだ」

ナナバ「treasureって名前のキャバクラじゃないよね?」

ミケ「違う」

ナナバ「そ。 ならよかった」



64: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/28(火) 22:05:28 ID:EqwIv7VU

------
---

ナナバ「ここがミケの自宅?」

ミケ「そうだ」

ナナバ(一軒家か… 羨ましいな)

ミケ「で、問題のキャバクラはこっちだ」

ナナバ「ここか…
少し古めだね」

ミケ「俺も結構な年数行ってるからな」



65: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/28(火) 22:08:15 ID:Clc.GAao

カランカラン

キャバ1「いらっしゃいま… あ~ミケさんじゃない!」

ミケ「……ちょっと用があって、な」

キャバ1「後ろの方は、初めての方ね」

ナナバ「どうも」ペコリ

キャバ1「で、どうしたの?また壁外調査から帰還したからかしら?」

ミケ「違う 実は…」

ナナバ「ここに宝があると聞きまして…」



66: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/28(火) 22:10:05 ID:EqwIv7VU

キャバ1「宝? 調査兵団さんが欲しがるような宝なんてないわよ~」

ナナバ「でもこの地図には、この店にtreasureと…」

キャバ1「あら、本当! …あら?」

ミケ「どうした?」

キャバ1「これって、調査兵団で見つけた地図かしら?」

ナナバ「はい」



67: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/28(火) 22:13:19 ID:6JBCgmRA

キャバ1「うーん…もしかすると…」

ナナバ「心辺りがあるんですか?」

キャバ1「…ええ!多分、昔聞いたわ…
ちょっと待っててね」パタパタ

ナナバ「…やった! 予想外だけどやっぱり宝はあったんだよミケ!」

ミケ「みたいだな
俺も少し驚いている」

ナナバ「でもキャバクラの宝かー なんだろう?高いお酒だったりして」

ミケ「…さあな」



68: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/28(火) 22:15:32 ID:EqwIv7VU

キャバ1「お待たせ~」パタパタ

ミケ「キャバ1」

キャバ1「取り敢えず、宝を連れてきたわよ」

ナナバ「え?連れてきた?」

キャバ1「ええ この人よ」

中年女性「私の事かしら?」

ナナバ「え?え?あなたが宝?え?」



69: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/28(火) 22:17:55 ID:EqwIv7VU

ミケ「この人はこのキャバクラのオーナーだ
そして昔この店1番のキャバ嬢だったらしい」

ナナバ「へえー…」

中年女性「この地図、調査兵団で?」

ナナバ「は、はい」

中年女性「なんで私か気になるでしょう?」

ナナバ「」コクン

中年女性「実は…」



70: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/28(火) 22:22:31 ID:Clc.GAao

彼女の話を要約すると

中年女性がまだ現役のキャバ嬢だった時、調査兵団のお偉いさんがここのキャバクラに通っていたらしい
しかも中年女性はそのお偉いさんのお気に入りのキャバ嬢だったそうだ

大層そのキャバクラ好きだったそのお偉いさんは、方向音痴だった為に、地図を書き、それを使ってここまで来てたらしい

しかしお偉いさん、調査兵団では生真面目で、女遊びに興味が無い性格を通してたらしく
他人から見て分かりにくいよう表記を『treasure』にしたようだ


中年女性「解ったかしら?」

ナナバ「は、はい…」

ナナバ(たしかに宝だったけど、私の想像してた宝じゃなかった…)



71: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/28(火) 22:24:48 ID:EqwIv7VU

---
------

ナナバ「まさかこんなつまらないオチだったとは…」

ミケ「まあ宝は見つかったしいいだろう」

ナナバ「そうだけどさー…」

ミケ「…もう日が傾いてきた
早く調査兵団に帰ろう」

ナナバ「はい…」

ナナバ「あっ」

ミケ「なんだ?」

ナナバ「あとでさっきのキャバクラ代返してね」

ミケ「…」



72: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/28(火) 22:26:02 ID:Clc.GAao









ペトラ「へっくしゅん!」

ペトラ「うーん…何か忘れ去られている気が…」

ペトラ「ま、いっか」

~了~



73: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/28(火) 22:27:17 ID:EqwIv7VU

これで終わりです
安価捌き練習兼いつも書かないキャラ登場でした
ハンジとナナバは両性

安価ご協力有り難うございました







他のおすすめSS
 
 
 
 
 
エレン「アニに一番乙女っぽいリアクションさせた奴が優勝」 
ミカサ「溜まってるんでしょ?」 エレン「ンギモッヂイイ!!」 
エレン「俺は憲兵団に入って内地で暮らす!」
 
アルミン「やあ、ライナーニキ」 ライナー「は?」 
エレン「はやく腹筋出してくれ…!!」ミカサ「う、うん…」