転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1533815358/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/09(木) 20:49:18.66 ID:gzlfI0Pe0

・アイドルマスターシンデレラガールズ二次創作SS
・キャラ崩壊控えめなはず
・百合要素あり
・短編、書き溜め済
よければどうぞ





2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/09(木) 20:51:41.54 ID:gzlfI0Pe0

 ―――事務所

肇「……」ペラ

肇(…最近、柚ちゃんのことばかり考えてしまう)

肇(お仕事のとき、レッスンのとき、事務所で誰かと話してるとき)

肇(今みたいに、本を読んでいるときにも)

肇(気づいたときには、頭が柚ちゃんのことでいっぱいになって…胸が苦しくなる)

肇(今何してるんだろう、会いたいな、声が聞きたいな…なんて)

肇(はっ…私、また)

肇(…これじゃ、まるで…)

肇(私が)

肇(柚ちゃんのことを好き、みたいな)

肇(…いやいや、そんなはずは)

肇(でも…)

肇(…いやいや、女の子同士だし)

肇(あぁもう、本に集中できない)パタン

肇(なんでだろう…本当に、好き、なのかな)

肇(友達として、ではなく?)

肇(…わからない)

 ―――同時刻、事務所ドア前



3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/09(木) 20:53:23.71 ID:gzlfI0Pe0

<好き、なのかな>

柚(さあ事務所に着いたぞ、と思いきや)

<…わからない>

柚(なんか肇チャンの心の声が全部聞こえてくるんだけど)

柚(え、何?アタシ、サイキックに目覚めちゃったの?)

柚(それとも肇チャンが目覚めてるの?)

柚(いや、このままだと肇チャンは違う意味で目覚めそうなんだけど)

柚(そうじゃなくってっ…気まずい)

柚(アタシ、どんな顔して入ればいいの?)

柚(変顔?変顔なの?変顔大作戦なの?)

柚(いやいやいや落ち着けアタシ、普通に入ればいいじゃん)

柚(私が聞こえてるってこと、肇チャンは気づいてないはずだし)

柚(何がなんだかよくわからないけど、とにかく入っちゃおう)

柚(うん、なんとかなるなる)ガチャ

柚「おはようございまーす!」

肇「…あ、柚ちゃん、おはようございます」

柚(いつも通りクールな外見、しかし)

肇(えっえっ、柚ちゃん?うそ、なんでそんな、急に)アタフタ

柚(可愛いかよ)



4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/09(木) 20:54:20.19 ID:gzlfI0Pe0

肇(さっきまで柚ちゃんのこと考えてたから、は、恥ずかしい…)カァァァ

柚(顔が赤い!しかし、アタシはツッコまなーい)

柚(普通なら『熱でもあるの?』なんて手を当てて、そのままおでことおでこをくっつけあって、ばっきゅーん)

柚(しかーし!アタシは何を隠そう、赤くなっている原因そのものである、らしい)

柚(あれ?でも、もし肇チャンの心の声が聞こえてなかったら、アタシ普通にそれやってたな)

柚(…ていうか、なんで肇チャンはアタシなんか)

肇(あぁ…柚ちゃんといるだけで、なんだか心が明るく…)

柚(……ふむ)

肇(可愛らしいルックスと声、明るくて元気で、自由奔放で、みんなに優しくて…)

柚(……)

肇(うまく言葉にできないけど、やっぱりこの気持ちは…)チラッ

柚(……)

肇(いや、まさか、私が柚ちゃんに恋なんて)

柚(いや、恋してるよこれ、恋が咲く季節だよこれ)

柚(こんなに褒められたことないよ、しかもその上で『言葉にできない』って、オフコースだよ)

柚(これ、どーすんの?)

肇(…はっ、そういえば今日はまだ、挨拶しかしてない)

肇「柚ちゃんは、今日はお仕事ですか?」

柚「ううん、なんとなーく来てみた。肇チャンは?」




5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/09(木) 20:56:30.81 ID:gzlfI0Pe0

肇「私は、もう少ししたらレッスンです」 

肇(大丈夫、会話は普通にできる) 

肇(何かあったかな、えっと…あ) 

肇「そういえば、巴ちゃんが一度、実家に帰られるそうですよ」 

柚「そーなの?」 

肇「お父様に呼ばれたそうで、すぐ戻ってくるみたいですが」 

柚「巴チャンも大変だねー」 

肇「そうですね…」 

肇(…あっ、会話が終わった) 

肇(このままでは、変な間ができてしまう) 

肇(えっと、どうしよう…何か)オロオロ 

柚(こんなに焦る肇チャンも珍しい) 

柚(というかそれ、好きな人の前でやりがちな定番のパターンだよねぇ…)ウンウン 

柚(…まあ、アタシ今日は特にやることないし…しばらく誰か来るまでは、大丈夫そうかな) 

柚「お土産、買ってきてくれるかなー?」 

肇(!) 

肇「ふふっ、もう、柚ちゃんはそういうことばかりなんですから」 

肇(柚ちゃんの方から話を…!)パァァァ 

柚(そんな喜ぶ?)



6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/09(木) 20:57:51.48 ID:gzlfI0Pe0

柚「だって巴チャンが持ってくるお土産、いつも美味しいんだもーん」 

肇「ふふっ…そうですね、私も以前もらったお饅頭、通販でお取り寄せしちゃいました」 

柚「あはっ、肇チャンも変わらないじゃん」 

肇「おじいちゃんにも送ってみたら、好評でした」 

柚「行ったことない所のお土産あげたの?」 

柚(…あれ、結構フツーだ) 

柚(やっぱりアタシの幻聴なのかな…?) 

肇(あぁ…幸せ…いっそこのまま死んでも…) 

柚(いや、聞こえるなぁ…肇チャンの想いが重い) 

柚(誰かのイタズラ?にしては凄いことやってるし) 

柚(こんなの本当にユッコチャンくらいじゃん) 

柚(なんでだろ、アタシなんかしたっけ?) 

裕子(してませんよ!) 

柚(そーだよね、うん……うん!?) 

柚(…まあ、聞こえてるだけならそこまで支障なさそうだし、治るまで待つかー) 

柚(それまで気をそらしつつ、キワドい話はしないようにしてー…) 

柚「そーいえば肇チャン、その本は?」 

肇「これですか、最近文香さんにおすすめしてもらったものです」 

柚「おっ、どんなやつー?」 

肇「恋愛小説ですね」 

柚(ぐはっ)



7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/09(木) 20:59:20.43 ID:gzlfI0Pe0

柚(クリティカル…!) 

肇「私達と同じ年代の、高校生の女の子が主人公で、同級生に恋をするんです。だけど、相手の男の子にはある秘密があって…という感じですね」 

柚「お、おお、面白そうだねー」 

肇「はい、主人公の女の子は陶芸が好きで、相手の男の子はバドミントン部の副部長なんですけど」 

柚(文香サンなんという爆弾を) 

肇「なかなか面白いですよ、読みますか?」 

柚「い、今はちょっと、やめとこっカナー」 

柚(今そんなの読んだら耐えられる自信がない) 

肇「そうですか…柚ちゃんは、本とかは読みますか?」 

柚「アタシはあんまり…マンガなら読むけど」 

肇「そうなんですね…好きなジャンルとか、ありますか?」 

柚(いや、これくらいならまあ…大丈夫だよね) 

柚「んー、恋愛モノも結構好きだよ」 

肇「なるほど…私はあまり恋愛モノを読まないので、なんというか…その、感情移入が難しくて」 

柚「読んでたらなんかさ、キュンキュンしてこない?『私…やっぱりこの人のことが好きなんだ』とかそういうのでさー」 

肇「恋心を自覚するシーンですね、『もしかして、これが…?』のような」 

柚(…ん?) 

肇(…ん?)



8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/09(木) 21:00:26.70 ID:gzlfI0Pe0

肇(もしかして、これが…) 

柚(あかん) 

肇(私…やっぱり柚ちゃんに恋を…?)カァァァ 

柚(ほら見ろー!ちょっと油断したらこれだよー!) 

柚(なんて気まずいんだ…話題を変えよう) 

柚「あ、そういえばアタシ、今度舞台のお仕事決まったんだー♪」 

肇「おめでとうございます、どんな舞台なんですか?」 

柚「んとねー、田舎に住む女子高生と、都会に住む男子高校生が入れ替わっちゃって」 

柚(ん?) 

肇「あれ、それって…」 

柚「入れ替わってたときの記憶はあんまりなくて、だけど二人はわずかな記憶を頼りにお互いを…」 

柚(まずい、バリバリの恋愛ものだった、軌道修正しないと) 

肇「探しに行く、ですよね?」 

柚「いや、お互いを憎しみ合って、最高裁にまでもつれ込むドロドロの展開」 

肇「そんな話なんですか」 

柚「どっちかというと、逆転裁判みたいな感じかなー」 

柚(あっぶなー、なんとかごまかせた) 

肇「でも、それを聞いて思い出したんですけど、良かったですよね『君の名は。』」 

柚(ごまかせてなかった!) 

肇「私、あのシーンが好きなんです」 

柚「みんなで同じラーメン注文するシーンでしょ?わかるー」 

肇「?違いますが」



9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/09(木) 21:01:57.99 ID:gzlfI0Pe0

柚(これはもう、どこに地雷があるかわからないよ) 

柚(できればこの場から早く移動したいんだけど…) 

柚(なんとなく来たって言っちゃった以上、不自然だしなー) 

柚(…どうしよ) 

柚「あー、ちょっと、トイレいってくるねー」 

肇「?はい」 

柚(ここは、一旦撤退!)タッタッ 

ガチャ 

柚(…さて、トイレだけど) 

<…やっぱり、これが恋なのか…よくわからない> 

柚(ばっちり聞こえる) 

<…恋愛の経験もないし> 

柚(距離とかの問題じゃないのかな?いや、その前にまずこの状況をどうにかすべき)ウーン 

<…柚ちゃんなら、わかるのかな?> 

柚(誰か来てくれるのが一番いいけど…穂乃香チャンとか電話で呼び出せないだろうか)ウーン 

<だけど、どうやって聞けば> 

柚(とりあえずみんなにLINEを送って…) 

柚(…ん?) 

<……そうだ、この方法なら> 

柚(…………肇チャンが何か良からぬことを思いついてるね???) 

柚(あー!アタシのバカ!こんなことならそばにいた方が良かったじゃーん!)



10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/09(木) 21:03:55.31 ID:gzlfI0Pe0

穂乃香『すみません、今日はバレエのお稽古があって…』 

柚「ううん!だいじょーぶ、大した用じゃないから」 

穂乃香『でしたらまた今度、教えてくださいね』 

柚「うん!レッスンお疲れさま!それじゃねー」 

ポチ ツーツー 

柚(…穂乃香チャン、散る) 

柚(うーん…他のみんなもLINEしたけど、ダメそうだし) 

柚(どうしよ、もう詰んでるのでは?) 

柚(あーもう!神様仏様、茄子様芳乃様、くわばらくわばら…) 

柚(誰か…誰か来てくれ!) 

柚(誰か…!!) 

コンコン 

??「すみませーん」 

柚「!!っ、はい!」 

柚(来た!) 

柚「はい、今でまーす!」 

ガチャ 

掃除のおばちゃん「ごめんねぇ、ここ今から掃除するから、出てもらえるかい?」 

柚「はっ、はい、すみません、アハハハ」ススス 

柚(チクショーーーー!!)



11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/09(木) 21:04:54.21 ID:gzlfI0Pe0

<…柚ちゃんがトイレから戻ってこない…大丈夫かな?> 

柚(……戻ろ、さすがに時間も経ってるし、不自然だし) 

ガチャ 

柚「ただいまー、いやぁ、どこも掃除中で探すの大変だったよー!」 

肇「そ、そうですか…」 

柚「うん、ほんとにもー…」 

柚(さて、と) 

肇「…柚ちゃん、少し相談があるのですが、いいですか?」 

柚「ちょっ、ちょっと待ってね!」 

肇「…柚ちゃん?」 

柚「いやぁ、その…っ」 

柚(……っ) 

柚「…やっぱり大丈夫っ、どうしたの?」 

肇「…私の友人の話なのですが」 

柚(はい、友達じゃないパターンの定番のやつ、頂きました) 

柚「うん」 



肇「最近、ある人のことをずっと考えてしまうそうなんです」



12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/09(木) 21:05:38.47 ID:gzlfI0Pe0

柚「…それで?」 

肇「私の友人は、その『ある人』のことを、友達だと思っていたそうなんですが…」 

肇「何をしていても、その人のことが頭から離れなくて」 

柚「…うん」 

肇「その人に会いたい、話したい、声が聞きたい」 

肇「だんだん顔が熱くなって…胸が苦しくなって」 

柚「…うん」 

肇「…友達同士でも、こういう感情を持つことって、あるのでしょうか?」 

柚「……」 

肇「それとも、これは…」 



肇「恋、なのでしょうか?」 



肇「…柚ちゃんは、どう思いますか」



13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/09(木) 21:06:41.97 ID:gzlfI0Pe0

柚(…話を聞いている間、アタシはただ、肇チャンの顔が赤くなっていくのを) 

柚(肇チャンの頭の中が、アタシでいっぱいになっていくのを見てるだけだった) 

柚(…いやいや、そう、そうだよっ) 

柚(これは、肇チャンの友達の話だから) 

柚(アタシは何も見てないし、知らないっ) 

柚(…だけど、肇チャンはそれだけ悩んでる) 

柚(アタシは…) 

柚(…………アタシは) 

柚「…あのね、肇チャン」 

肇「…なんですか?」 

柚「それって、肇チャン本人の話だったりする?」 

肇「!?ち、ちちち違いますよ、そんな」アタフタ 

柚(わかりやすい) 

肇「あくまで私の友達の話、ですから」 

柚「…そうだよね、ごめんね?ヘンなこと聞いちゃって」 

肇「…いえ、大丈夫ですよ」 

柚「…アタシは、あくまでアタシは、だけど…」



14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/09(木) 21:07:55.85 ID:gzlfI0Pe0

柚「それは、恋なんじゃないかな、って」 

肇「……!」 

柚(アタシは、悩んでる友達を見捨てるなんて、できないっ!) 

柚「アタシもね?経験とか…は、ないんだけど…」 

柚「ほらっ、友達同士から恋人になるとか…よくあるハナシ、だし?」 

肇「……」 

柚「なんというか、うまく説明できないけど」 

柚「なんで?って考えてみても、理由がわからない、とか」 

柚「一緒にいるだけで、どうしようもないくらい幸せな気持ちになる、とか」 

柚「逆に、その人のことを考えて、消えちゃいそうなくらいに切なくなる、とか」 

肇「……」 

柚「…ぜんぶ、好きだから…だと、思う」 

柚「うまく言えないけど、どうしようもなくその人のことが好き…」 

柚「…なんでしょ?」 

肇「…そうですね」 

柚「それは、やっぱり恋だよ」 

肇「……」



15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/09(木) 21:08:46.27 ID:gzlfI0Pe0

肇「でも、女の子同士なんです」 

柚「ホァッ!?」 

柚(そこまで言っちゃうかー!) 

肇「すみません、驚かせてしまって」 

柚「いや…うん、ダイジョーブ」 

肇「…女の子同士だとしても、それは恋でしょうか?」 

柚「…うーん」 

柚(…どうしよう?) 

柚(ここで肯定したら、どうなっちゃうんだろう) 

柚(……ここで否定したら、諦めてくれるのかな) 

柚(アタシは正直、今のトコロだけど…) 

柚(肇チャンの想いには、応えられない) 

柚(……) 

肇「……」ドキドキ 

柚(……だけど) 

柚(……っ……だけど!) 

肇「…すみません、やっぱりさっきのは」 

柚「好きなら、カンケーないよ」 

肇「!」



16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/09(木) 21:09:31.67 ID:gzlfI0Pe0

柚(…どんなものだとしても、肇チャンの大切な気持ちだから) 

柚(アタシは、それを否定したくなんてない) 

肇「そう…でしょうか?」 

柚「うん」 

柚(…偽善、かもしれない) 

柚(だけど、そういう風に肇チャンを傷つけるのはイヤだし) 

柚(そんなことしたらアタシも、モヤモヤした気持ちになる) 

柚「性別とか、そんなんじゃないっ」 

柚「その人のことを、大切に思う気持ちがあって」 

柚「その人のことが好きで、どうしようもなくなっちゃったら」 

柚「…それはもう、恋なんだよっ」 

肇「…そう、なんですか」 

柚「うん…アタシは、そう思う」 

肇「……そうですか」 

柚(…どうかな) 

肇「……」 

柚(…どう、かな?) 

肇「…ありがとうございます、柚ちゃん…なんだか、スッキリしました」 

柚「…へへっ、いーってことよ」 

柚(……ふぅ)



17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/09(木) 21:11:17.41 ID:gzlfI0Pe0

肇「ふふっ、柚ちゃんに相談できて良かったです」 

柚「そう?いやー、アタシもまさか、肇チャンから相談されるなんてねっ」 

肇「そう、ですか?」 

柚「うん、肇チャン、一人でなんでもできちゃいそうだし?」 

肇「ふふ、そんなことありませんよ」 

柚「その友達…上手くいくといいね」 

肇「…あっ!そうですね、そう…友達、ですね、はい」 

柚(忘れてたな) 

柚(…あれ?いつの間に、聞こえなくなってる) 

肇「…あ、いつの間にか、レッスンの時間でした」 

柚「そう?じゃ、レッスン頑張ってね!」 

肇「はい、ありがとうございました、柚ちゃん」 

柚「いいのいいのー、それじゃねーっ」 

肇「はい、失礼しますね」 

バタン 

柚(はー、なんだったんだろ) 

柚(いつの間に、聞こえなくなってたな) 

柚(まあ、一件落着…なのかな?) 

柚(…はぁ、なんか疲れたし、ちょっとソファーで横になろっと)ドサッ 

柚(肇チャンの気持ちを知ってしまったわけだけど、これからどうしよ…)zzZ...



18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/09(木) 21:12:50.24 ID:gzlfI0Pe0

巴「柚、おい柚、そろそろ起きんか」 

柚「うーん、もう食べられな……はっ!」 

巴「全く、もうすぐレッスンの時間じゃけえ、行くぞ」 

柚「あれ?巴ちゃん?実家に帰ったんじゃ…?」 

巴「あ?何を寝ぼけとるんじゃ、ほれ、シャキッとせえ」 

柚「あれ、アタシいつの間に机で……え?」 

柚(もしかして、夢?夢オチ…っていうやつ?) 

柚「……はぁ~~ぁ」 

巴「なんじゃ、そんなため息なんかついて」 

柚「いや、なんでもない…よし、さあ!今日も楽しいレッスンだー♪」 

巴「はあ…?」 

ガチャ 

肇「お疲れ様です」 

巴「おう、肇か、お疲れさん」 

肇「巴ちゃん、お疲れさま…あれ、柚ちゃん?」 

巴「ん?…なんでソファーの裏に隠れとるんじゃ」 

柚「お、おお、お疲れさまー肇チャン…」 

柚(むっ、ムリだって!あんな夢見た後に、まともに顔見れるわけないじゃん!) 

肇「柚ちゃん?どうかしたんですか?」スタスタ 

柚(ああああ近づいてくる!ヤバい!)



19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/09(木) 21:13:42.40 ID:gzlfI0Pe0

柚「ななななな、なんでもないよ!うん、なんでもない!」 

巴「いや、なんか怪しいな、ほれ、こっち来てみい」 

柚(そんなこと言ってないで助けてくれー!) 

肇「柚ちゃん…顔が赤いですね。もしかして、熱でもあるんですか?」 

柚(ああ…もう、もう目の前に) 

柚「そ、そそそんなことな」 

ピトッ 

柚「あ゛っ」 

肇「…熱はなさそうですが」 

柚(おでことおでこを…アレして…アレで…) 

柚(…まさか、まさかこれが)フラッ 

ドサッ 

肇「えっ、ちょっと、柚ちゃん!?」 

巴「おい、なんじゃ!?柚、しっかりせえ!」 



柚(これが、恋ってやつか…)



20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/09(木) 21:14:52.17 ID:gzlfI0Pe0

以上です、この二人の絡みがもっと見たいんじゃ 
ありがとうございました



21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/10(金) 05:00:33.19 ID:LQujCavIo

乙 
恋が咲く季節メンバーで二組のカップルイイゾ~






他のおすすめSS