転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1525090972/

1 : ◆o8JgrxS0gg 2018/04/30(月) 21:22:52.40 ID:sotZQ4ft0

* 短めゆかさお

* それなりに仲良くなった後






2 : ◆o8JgrxS0gg 2018/04/30(月) 21:23:39.84 ID:sotZQ4ft0

優花里「やーわらか戦車のこころはひとつっ」

優花里「生き延びたいっ、生き延びたいっ」

優花里「♪~」

優花里「…ふぅ、掃除はこんなものでいいかな」

優花里「(今日はお休み…ですが、あんこうの皆さんは用事で忙しいみたいなんですよね)」

優花里「(両親も旅行で明日の夕方までいませんし…)」

優花里「(ヒマになって部屋の掃除をしていましたが、あっという間に終わってしまいました)」

優花里「…」

優花里「(…うーん、ヒマですね…エルヴィン殿にでも連絡してみましょうか)」


ピンポーン…


優花里「…ん?」



3 : ◆o8JgrxS0gg 2018/04/30(月) 21:24:54.66 ID:sotZQ4ft0

ガチャッ

優花里「はーい」

沙織「やっほ、ゆかりん」

優花里「あれ?武部殿?」

沙織「よかったー、いてくれて…」

優花里「ずいぶん気合入った格好ですけど…」

沙織「急にゴメンね。またいつものアレ、頼んでもいい?」

優花里「…あ、大丈夫ですよ。じゃあこちらへ」

沙織「ありがとっ」





4 : ◆o8JgrxS0gg 2018/04/30(月) 21:26:41.73 ID:sotZQ4ft0

・・・ 

優花里「じゃあ、始めますねー」 

沙織「はーい」 

優花里「…よいしょっと」 

沙織「毎回ゴメンね、髪整えるの頼んじゃって」 

優花里「いえ、全然大丈夫ですよ」 

沙織「もう何回もお願いちゃってるよね」 

優花里「そう…ですね。武部殿は髪の質が良いので、やりやすいですけど」 

沙織「私もゆかりんなら安心して任せられるから、助かるよー」 

優花里「今日もデートですか?」 

沙織「そう!そうなの!この前寄港した時に、たまたまあった男の子に声かけられて…」 

優花里「それでこんなに気合が入ってるんですね…」 

沙織「あ、やっぱりわかっちゃう?」 



5 : ◆o8JgrxS0gg 2018/04/30(月) 21:27:14.92 ID:sotZQ4ft0

優花里「今度こそ、うまく行くといいですね…」 

沙織「あはは…」 

優花里「…よいしょ…と、もう少しで終わりますね」 

沙織「んー…」 

優花里「…」 

沙織「ゆかりん、また上手くなった?」 

優花里「え?そうですか?」 

沙織「うん、初めて頼んだ時よりいい感じかも」 

優花里「うーん、特別なことはしてないんですが…たまにお店の手伝いをするくらいでしょうか」 

沙織「…ゆかりんはやっぱり、卒業したらお店を継ぐの?」 

優花里「…さぁ、まだ考えてないですね」 



6 : ◆o8JgrxS0gg 2018/04/30(月) 21:28:36.13 ID:sotZQ4ft0

優花里「とりあえず、大学には行きたいと思ってるんですが…」 

優花里「その後は、あんまり考えてないですね」 

沙織「戦車にかかわる仕事がしたいとか、考えてるの?」 

優花里「…それもありますけど、やっぱりお店も大事ですし…そもそももっと別の道に行くかもしれません」 

優花里「やっぱり、まだわかりませんね」 

沙織「そっか」 

優花里「…そういう武部殿は、どうなんですか?」 

沙織「んー…私も、まだよくわからないかなぁ…」 

沙織「永久就職になるかもしれないし、普通にお仕事してるかもしれないし」 

沙織「それに、子猫の世話もいつまでかかるかわからないしさ」 

優花里「…あぁ…冷泉殿、どうするんでしょうね…」 



7 : ◆o8JgrxS0gg 2018/04/30(月) 21:29:16.67 ID:sotZQ4ft0

優花里「…はいっ、こんな感じでどうですか?」 

沙織「…わ、すごいいい感じ!ゆかりん、ありがとー!」 

優花里「ふぅー…」 

沙織「また今度何か奢るねっ」 

優花里「デート、頑張ってくださいね」 

沙織「ありがと。今日こそ頑張るね」 

沙織「…」 

優花里「…?」 

沙織「…フられたら、また来てもいい?」 

優花里「あ、もちろん大丈夫です」 

優花里「ウチは明日の夕方まで両親もいませんから」 

沙織「よーし、元気出てきた…頑張ってくるね!」 



8 : ◆o8JgrxS0gg 2018/04/30(月) 21:29:48.63 ID:sotZQ4ft0

・・・ 

TV『ところがどっこい…!夢じゃありません…!現実です…!』 

優花里「…」ボーッ 

優花里「(…あ、そういえばもう夜ですね)」 

優花里「(武部殿、うまく行ったんでしょうか)」 

優花里「(この時間まで何もないってことは、もしかしてうまく行ってるのかもしれませんね)」 

優花里「(もしかして朝帰りとか…)」 


ピンポーン… 


優花里「(あっ)」 


ピンポーン… 


優花里「…まさか」 


ピンピンピンポーン 


優花里「あああ!出ます!出ますから!」バタバタ 



9 : ◆o8JgrxS0gg 2018/04/30(月) 21:30:29.47 ID:sotZQ4ft0

~~~ 

沙織「んっ、んっ…」ゴッキュゴッキュ 

沙織「ぶはーっ!」ダンッ 

優花里「武部殿、飲み過ぎですよ…」 

沙織「ぁによぉ…」 

優花里「というかただのオレンジジュースですよねコレ?何で酔ってるんですか…?」 

沙織「えっぷ…」 

優花里「あぁもう、吐かないでくださいよ…」 

沙織「…ねぇ、ゆかりぃん」 

優花里「な、何ですか?」 

沙織「女の幸せって、何だろうね…」 

優花里「うわっ、凄い事言い出した」 



10 : ◆o8JgrxS0gg 2018/04/30(月) 21:31:09.43 ID:sotZQ4ft0

沙織「重いって何よぉ…付いていけないってどういうことよぉ…うぅぅ…」ゴクゴク 

優花里「だ、大丈夫ですか武部殿…?」 

沙織「ぅん…」 

優花里「…あの、夕食は取りましたか?」 

沙織「ううん、まだ…」 

優花里「今から作ろうとしてたんですが、食べていきませんか?」 

沙織「いいの?」 

優花里「はい。一人より、二人の方が美味しいですから」 

優花里「(というか、今の武部殿を放っておくわけにもいきませんし…)」 

沙織「ありがとぉ。私も手伝うよ」 

優花里「い、いえ!武部殿はお客様ですから!手伝わせるわけには…」 

沙織「そ、そう?」 

優花里「大丈夫ですから、しばらく寛いでいてください」 



11 : ◆o8JgrxS0gg 2018/04/30(月) 21:31:48.73 ID:sotZQ4ft0

~~~ 


沙織「…あ、この肉じゃが美味しい!」 

優花里「ホントですか?それなら良かったです」 

沙織「うんうん、前食べた時よりずっと美味しくなってるよ!」 

優花里「…そういえば、武部殿に私の料理を食べてもらうのもずいぶん久しぶりですね」 

沙織「そうだね。初めては確か、全国大会の1回戦が終わった後くらいだったっけ?」 

優花里「えぇ。あの時に、私からお料理を教えてもらうように頼みましたから」 

沙織「私も最初はビックリしたけどねー…あのゆかりんが…」 

沙織「…それで、結局、みぽりんにはご馳走したの?」 

優花里「…えっと……」 

優花里「…実は、それがまだ…」 

沙織「えーっ!?なんで!?」 

優花里「その…確かに、武部殿に料理を教わったときは、西住殿にご馳走したいのが一番の理由でした」 

優花里「今でもその気持ちはあるんですけど…」 

優花里「お口に合わなかったらどうしようとか…いろいろ考えてしまって…」 

沙織「こんなに美味しいんだから大丈夫だって!自信持ちなよ!」 



12 : ◆o8JgrxS0gg 2018/04/30(月) 21:32:48.11 ID:sotZQ4ft0

~~~ 


優花里「…すみません武部殿、洗い物まで手伝わせてしまって…」 

沙織「ううん、私にもそれくらいは手伝わせてよ」 

優花里「凄く助かりました。ありがとうございます」 

沙織「…はぁ」 

沙織「…ゆかりん、将来は良いお嫁さんになるよね…」 

優花里「え?」 

沙織「ごはんも美味しいし、片付けだって手際良かったじゃん」 

沙織「旦那さんは幸せだろうなー、と思って」 

優花里「いえ、そんな。私なんかより、武部殿の方が…」 

沙織「ほら、そういうとこ!」 

優花里「え、えぇ?」 



13 : ◆o8JgrxS0gg 2018/04/30(月) 21:33:27.94 ID:sotZQ4ft0

沙織「ふぅ…」 

沙織「…でも、ホントに…ゆかりん…」 

優花里「…武部殿?」 

沙織「……」ボーッ 

優花里「あのー…」 

沙織「ねぇ、ゆかりん」 

優花里「はい?」 

沙織「…」 

沙織「私たち、結婚しよっか」 

優花里「…」 

優花里「…」 

優花里「……え?」 

沙織「ん?」 



14 : ◆o8JgrxS0gg 2018/04/30(月) 21:34:00.14 ID:sotZQ4ft0

優花里「た、武部殿、その…い、今なんて」 

沙織「え? ん?」 

沙織「…」 

沙織「…」 

沙織「……!!!」 

優花里「えっと…」 

沙織「あっ、あははは!わ、私何言ってんだろ!」 

沙織「ご、ごめんねゆかりん!聞かなかったことにして!」 

優花里「…はぁ…」 

沙織「わ、私そろそろ帰るね!じゃあ…」 

優花里「…あ、あの!」 

沙織「え?」 

優花里「武部殿…」 

優花里「その…今日は、泊まっていきませんか?」 



15 : ◆o8JgrxS0gg 2018/04/30(月) 21:34:35.84 ID:sotZQ4ft0

~~~ 


沙織「ねぇ、ホントにここで寝ていいの?」 

優花里「えぇ、普段は母が使っているベッドですけど、明日の夕方まではいませんから」 

沙織「じゃあ、遠慮なく…」 

優花里「じゃあ、電気消しますね」 

カチッ 

沙織「…ゆかりん」 

優花里「ん?」 

沙織「今日はありがとうね。何から何まで…」 

優花里「いえ。私も、武部殿と一緒に居られて、楽しかったですから」 



16 : ◆o8JgrxS0gg 2018/04/30(月) 21:35:06.45 ID:sotZQ4ft0

沙織「…さっきはゴメンね。変な話しちゃって」 

沙織「何か、ゆかりん相手だと悩みでもなんでも話しちゃうかも」 

優花里「武部殿…」 

優花里「…いいんですよ。私で良ければ、何でも話してください」 

沙織「ありがとぉ…」 

優花里「…」 

沙織「麻子には、こんなところ見せられないもんね」 

沙織「みぽりんも華も、戦車とかおうちのことで大変だし」」 

沙織「…何か、前にもこんな話したっけ?」 

優花里「その時は確か、戦車のことが良くわからないって話でしたね」 

沙織「そうそう。それでノートを作り始めたんだけど…これ、役に立つのかなぁ」 

優花里「きっと、無駄にはなりませんよ」 

沙織「…そうだよね」 



17 : ◆o8JgrxS0gg 2018/04/30(月) 21:35:40.47 ID:sotZQ4ft0

優花里「…それに、私も嬉しいんです」 

沙織「え?」 

優花里「これまで友達がいなかった私が、何というか、こう…」 

優花里「武部殿にこうして…頼られてるような、必要としてもらえることが、凄く嬉しいんです」 

沙織「ゆかりん…」 

優花里「あはは…ごめんなさい、私も変なことを言ってますよね」 

沙織「ううん、ホントに凄く助かってるよ」 

優花里「ん…」 



18 : ◆o8JgrxS0gg 2018/04/30(月) 21:36:15.77 ID:sotZQ4ft0

沙織「でも…」 

優花里「武部殿?」 

沙織「…こうして頼れるのも、いつまでなのかなぁ…」 

沙織「卒業したら、離れ離れになっちゃうのかなぁ…」 

優花里「…それは」 

沙織「あ、ごめんね。またこんなこと…」 

優花里「その…」 

沙織「それじゃあ、そろそろ…」 

優花里「…武部殿」 

優花里「そっちのベッドで、一緒に寝てもいいですか?」 

沙織「え?」 




19 : ◆o8JgrxS0gg 2018/04/30(月) 21:36:53.25 ID:sotZQ4ft0

ゴソゴソ 

優花里「窮屈じゃないですか?」 

沙織「うん、大丈夫。ゆかりんこそ平気?」 

優花里「はい、大丈夫ですよ」 

沙織「じゃ、そろそろ寝よっか」 

優花里「…」 

沙織「…ゆかりん…ホントに、ありがとうね」 

優花里「…? 武部殿?何か…」 

沙織「ううん、何でもない」 

優花里「…ふふ」 

沙織「えへへ」 

優花里「…おやすみなさい、武部殿」 

沙織「うん…おやすみ、ゆかりん」 



 おしまい



20 : ◆o8JgrxS0gg 2018/04/30(月) 21:37:47.38 ID:sotZQ4ft0

武部殿はゆかりんに悩みを打ち明けてる説を推しています 

今更だけどらぶらぶ作戦1巻でみぽりんの風邪看病してるあんこうチームがマジで尊い…尊みザウルスなんだが… 



22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/01(火) 03:37:43.79 ID:SVV+M7L70

乙乙です






他のおすすめSS
 
 
 
 
 
【ガルパン】沙織「わたしがモテないのはどう考えてもこの世界が悪い」 
【ガルパン】みほ「戦車道ができるくらい子どもがほしいかな」 
西住みほ「大洗女子学園大運動会です!」 
【ガルパンSS】 みほ「舐めプ?」 
西住みほ「戦車道…これはお金になる予感…」