転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1525591067/

1: ◆KakafR9KkQ 2018/05/06(日) 16:17:47.76 ID:ElXRd2Ba0

事務所


摩美々「んー」

摩美々「……」

摩美々「ぶーん……」

摩美々「……」

摩美々「暇……」

摩美々「プロデューサー」

P「ちょっと待ってくれ、今手が離せなくてな」

摩美々「忙しいんですかぁ?」

P「まぁな、色々資料をまとめてて」

摩美々「マメですねぇ、面倒じゃないんですか?」

P「これも摩美々たちのためなんだぞ? お前らがレッスンや仕事だけに集中出来るように雑務をやっておくのがプロデューサーの仕事だからな」

摩美々「ふーん……」





2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/06(日) 16:28:45.28 ID:ElXRd2Ba0

摩美々「そんなことまでやってくれてるなんて、まみみ感動しちゃいましたぁ。 もし私に何か出来ることがあれば手伝わせてくださーい」

P「おっ、摩美々がそんなことを言ってくれるなんて珍しいな! それならこれを日付順に並べかえてくれるか?」

摩美々「……」

摩美々「ちょっと多くありませんか? 半分、いや1/4くらいじゃないとやる気起きませんよー」

P「まぁそんなことだろうと思った」

摩美々「そうだ、コーヒー入れてきますねー」

P「いや、コーヒーはまだ残ってるんだが……」

摩美々「入れたての方が美味しいですよ」

P「そんなこと言ってまた変なコーヒー持ってくるつもりだろ?」

摩美々「も~、そんな同じイタズラなんて仕掛ける訳無いじゃないですかぁ。 私は一度やったイタズラはもう二度としませんよ」

P「そうなのか?」

摩美々「イタズラは相手が驚く姿を見るのが楽しいんです。 警戒されてたらイタズラにならないですよぉ」

P「それもそうか…… なら頼んだ」

摩美々「待っててくださいねぇ。 この前見た『インスタ映え』が凄いコーヒー淹れてきますから」

P「いや普通のコーヒーでいいんだが……」



3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/06(日) 16:29:34.29 ID:ElXRd2Ba0

摩美々「コーヒー淹れて来ましたよ~」

P「ありがとう…… 普通のコーヒーだな」

摩美々「だってインスタ映えコーヒー、めんどくさくなっちゃったんですもん」

P「そうか…… じゃあ後で飲むよ」

摩美々「えー、せっかく可愛い担当アイドルが淹れてくれたコーヒーなんだから、淹れたてを飲んでくださいよぉ」

P「いやまだ前の残ってるし」

摩美々「飲んでくださーい」

P「仕方無いな……」

P「……」

摩美々「どうしたんですか?」

P「これ、本当の本当に普通のコーヒーだよな?」

摩美々「疑ってるんですかぁ?」

P「少なくとも普段の摩美々は信頼に足ることはしてくれないよな」

摩美々「まーそーですよねー」

P「まっ、摩美々だって流石に毒とか入れてる訳ないし、飲んでみるか…… ってしょっぱ! お前これ砂糖じゃなくて塩入れただろ!」

摩美々「てへ、まみみお料理下手だから間違えちゃいましたぁ」

P「同じイタズラしないんじゃなかったのかよ……」




4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/06(日) 16:30:33.22 ID:ElXRd2Ba0

結華「お疲れさまでーす!」 

摩美々「あー、三峰」 

結華「まみみんにPたんじゃん、何してたの?」 

P「何って…… 別に何も」 

結華「うーん……? 怪しいなぁ……」 

摩美々「そーお?」 

結華「密室に美少女とPたんが二人きり、何も起こらないはずもなく……」 

摩美々「きゃー まみみおそわれちゃうー」 

P「おいコラ、何勝手な妄想繰り広げてるんだ」 

結華「違うの?」 

P「俺が仕事してるのをいつもみたいに摩美々が妨害してくるだけだ」 

摩美々「えー、私一生懸命プロデューサーを助けてましたよ~」 

P「どこがだ」 

摩美々「三峰は私とプロデューサーどっちの言うことを信じる~?」 

結華「う~ん…… 僅差でPたん!」 

摩美々「え~」 

P「僅差なのかよ」



5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/06(日) 16:31:31.50 ID:ElXRd2Ba0

摩美々「三峰ー、暇だから何かして~」 

結華「おぉ、結構な無茶ぶりだねぇ」 

摩美々「プロデューサーが構ってくれないから暇~」 

P(十分構ってる方だと思うんだが) 

結華「んー、それじゃあ三峰もまみみんのイタズラに参加しよっかな~」 

P「は?」 

摩美々「おー、それは面白そうだね~」 

結華「まみみんと三峰が協力してPたんをあっと言わせちゃいますか!」 

摩美々「ふふ、三峰も悪い子だねぇ」 

結華「まぁね~、まみみんのが移っちゃったかも」 

P「おいちょっとマジでそれはやめてくれ」 

結華「んー、ちょっと邪魔しないで欲しいなー こっからまみみんと作戦会議の予定なのに」 

P「お前ら二人が協力したら本当の本当に仕事進まなくなるから勘弁してくれ」 

摩美々「そう言われるとしたくなっちゃいますねぇ、まみみ悪い子なんで~」 

P「ほんと頼む」 

結華「どーする? まみみん」 

摩美々「んー、まぁこれだと私たちがいじめてるみたいなので~、イタズラする代わりに遊んでくれたらいいですよ」 

P「結局それじゃあ仕事止まるじゃねぇか……」 

結華「まぁまぁ、ここは一旦休憩して後でドバっとやっちゃった方がいいんじゃない? メリハリだよメリハリ」 

P「まぁさっきから結構やってたし、そういうことにするか……」



6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/06(日) 16:32:28.99 ID:ElXRd2Ba0

P「で、何して遊ぶんだ」 

摩美々「ふっふっふ、これです。 『魔法少女 ザ・デュエル』」 

結華「ん、TCG? まみみん好きだったの?」 

摩美々「ううん、別に~」 

P「じゃあ何で持ってんだよ……」 

摩美々「300円くらいで叩き売られてたので何となく~」 

P「そうか…… で、どういうルールなんだ? 俺はカードゲームなんて小学生までしかやってないぞ」 

摩美々「今から読むから、ちょっと待っててくださーい」 

P「マジかよ…… よく見たら未開封だし……」 

摩美々「ふんふん…… わかりました~」 

P「それで、俺の分のデッキは?」 

摩美々「え?」 

P「え? って、俺の分のカードも無いと遊べないだろ?」 

摩美々「そんなの持ってないですよ~」 

P「それじゃあ遊べないな……」 

摩美々「ざんねーん」



7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/06(日) 16:33:01.39 ID:ElXRd2Ba0

結華「んー、じゃあ何して遊ぶ?」 

摩美々「うーん、もうひとつまほエルを買ってきて」 

P「何でそんなにこだわるんだよ…… 普通にトランプとかでいいだろ」 

結華「トランプあるの?」 

P「果穂たちがよく遊んでるのがある。 何かやりたいゲームあるか?」 

摩美々「ポーカーがやりたいで~す」 

結華「ちゃんとお金賭けてね」 

P「おいおい賭け事はちょっと……」 

摩美々「大丈夫ですよ~、所詮は子どものお遊びですし」 

結華「そうそう、なーんにも賭かってない勝負だと三峰やる気出ないんだよねー」 

P「まぁそういうことなら……」 

P(まぁこいつらも軽い遊びだって言ってるし、勝ったとしても返してやればいいか)



8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/06(日) 16:36:17.51 ID:ElXRd2Ba0

十数分後 


P「うぅ…… うおおお……」 

摩美々「はいフルハウス」 

結華「もー、Pたんまた負けた~? 降りる所はちゃんと見極めないと」 

摩美々「それじゃあ賭け金の分を」 

P「…… 無い、です」 

摩美々「んー?」 

P「もう…… お金が無いです……」 

結華「えぇーっ! Pたん財布に3,000円くらいしか入ってないの!? 社会人なのに?」 

P「皆まで言うなよ! ていうかお前ら強すぎるんだよ!」 

摩美々「それじゃあ次のゲームを……」 

P「まだ続けるのかよ! こっちは破産なんだが!」 

摩美々「それならぁ、プロデューサーの持ってる物でも賭けたらいいんじゃないですかぁ? その安物の時計とか、安物のスーツとか」 

P「身ぐるみ剥がす気かよ…… 恐ろしいな……」



9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/06(日) 16:37:44.03 ID:ElXRd2Ba0

摩美々「まぁ、プロデューサーが可哀想だしこの辺でやめますか」 

結華「はい、ちゃんとお金も返すよ」 

P「いいのか……?」 

結華「もー、三峰たちがいつもアイドルのために東奔西走して一生懸命頑張るプロデューサー殿の残り少ない安月給を搾り取るような悪魔に見えますか?」 

P「ゲーム中は見えたが」 

摩美々「まぁ、まみみ達はイカサマしてましたからね~」 

P「は?」 

結華「あっ、やっぱり気付いてないのPたんだけだったんだ」 

P「おいイカサマってどういうことだよ」 

摩美々「マークド、このトランプ使い込み過ぎて1枚1枚に違う傷が付いてるんですよ~」 

結華「気付かないなんて、Pたん鈍感だなぁ~」 

P「もう何も言うまい……」



10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/06(日) 16:38:42.36 ID:ElXRd2Ba0

結華「おっ、そろそろ時間なんで三峰はこの辺でおいとまさせて頂きますか~」 

P「おう、お疲れさま」 

摩美々「もう帰っちゃうの~?」 

結華「三峰もこう見えて華の19歳、やらなければならないことも沢山あるんですよ~」 

P「レポートか、偉いな」 

摩美々「レポート、ふふ……」 

P「ん、何笑ってんだ?」 

摩美々「三峰、明日アイドルのリリイベの参加券を取るために始発で並ぶから、帰って早めに寝るんでしょ?」 

結華「な、何故それを……」 

摩美々「さぁ~、何ででしょ~」 

結華「あー! まみみんまさか私の手帳見たなー! この前事務所に忘れたの届けた時!」 

摩美々「え~、何のことだかわからない~」 

結華「はいはい、明日始発で出るからそのために今日は早く寝ますよ、さよなら」 

摩美々「ばいばーい」



11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/06(日) 16:39:33.18 ID:ElXRd2Ba0

P「で、摩美々はいつ帰るんだ」 

摩美々「私ですかぁ? んー、どうしましょー」 

P「もう結構な時間だぞ」 

摩美々「まぁ私は明日も予定無いですしー」 

P「学校はちゃんと行けよ?」 

摩美々「はーい」 


P「おし…… 今日はこのくらいでいいだろ……」 

摩美々「おー、お疲れさまです~、それじゃあ一杯飲みにでも行きますかぁ?」 

P「何おっさんみたいなこと言ってんだ、それにまだ摩美々は酒飲めないだろ…… 飲んだこと無いよな?」 

摩美々「さぁ…… 私、悪い子ですからそういうことしちゃったかもしれません」 

P「まぁ俺は摩美々がそこまでやるような娘ではないって信頼してるからな、大丈夫だろ」 

摩美々「えぇ~? 信頼なんてしちゃっていいんですかぁ?」 

P「大丈夫だ」 

摩美々「…… なんでそんなこと言えるんですか」 

P「さぁ、何でだろうな」 

摩美々「適当ですねぇ」



12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/06(日) 16:40:08.13 ID:ElXRd2Ba0

P「それじゃあ俺は帰るが、車乗ってくか?」 

摩美々「えー? 担当アイドルを家に連れ込む気ですかぁ?」 

P「何でそうなる。 摩美々の家まで送り届けるって言ってるんだ」 

摩美々「おー、ちょうど帰るのめんどーだなぁって思ってたんで丁度いいですねぇ」 


摩美々「ダラダラしてるだけで家に着くなんて楽でいいですねー、これから毎日プロデューサーの車で送迎してもらいたいですー」 

P「なぁ摩美々、摩美々はどこまで計算なんだ?」 

摩美々「計算? 何のことですかぁ? 私、頭も悪い子なんでープロデューサーの言ってる意味がわからないです」 

P「そうか、そう答えるのか」 

摩美々「……」 

摩美々「私、何も無い人間なんですよ。 夢とか希望とか、やりたいこととかも何にも無くて」 

P「いきなりどうした?」 

摩美々「だからなんとなーく面白そうな方へ流れていって、つまらなかったら他の所へ、プロデューサーが声かけてくれた時もなんとなくでアイドルになりました」 

摩美々「けど…… 今はここから離れたく無いです。 三峰、L'Anticaのみんなはそれなりに気が合って、レッスンとかお仕事とかも適当に楽しいですし」 

摩美々「何かに対して、こんなに強く欲しいって思ったのは生まれて初めてです。 私は『今』が欲しい」 

摩美々「今この時、楽しい時間が永遠に続いて欲しい。 明日も明後日もその先も、283プロのみんな、それと……」 

摩美々「みんなと、ゆるく楽しくいきたいって、そう思います」 

P「摩美々……」



13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/06(日) 16:40:44.41 ID:ElXRd2Ba0

摩美々「って、こういうこと言っておくとこのしんみりした夜の雰囲気にぴったりですよねぇ」 

P「何で最後にそういうこと言うんだ」 

摩美々「ふふっ、ただの良い話で終わったら私らしくないって思いませんか?」 

P「たまには素直になっていいと思うぞ? 今言ったことだって本当だろ?」 

摩美々「どーでしょー? 最近楽しいのは本当ですけど、私は悪い子ですからある日急に居なくなっちゃうかもしれませんよぉ?」 

摩美々「だから、プロデューサーは私のことをちゃんと見張ってないと」 

P「あー、わかったわかった。 ほら着いたぞ」 

摩美々「ありがとうございます~」 

P「摩美々」 

摩美々「なんですか?」 

P「俺は摩美々のプロデューサーだから、摩美々がアイドルの仕事に真剣に取り組むようになって、トップアイドルになれるその時まで見守ってるからな」 

摩美々「ふーん……」 

摩美々「それなら~、これから毎日事務所への行き帰り送迎お願いしまーす」 

P「それはダメだ。 ちゃんと自力で来い」 

摩美々「えぇ~」 



おわり



14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/06(日) 16:41:15.99 ID:ElXRd2Ba0

まみみ可愛いです。 
読んでくれた人ありがとうございました。



15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/06(日) 16:54:35.60 ID:uAhC1ll20

まみみん、どこまで悪い子なんだろうね?おっつおっつ



21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/06(日) 20:51:31.75 ID:XL7CjmTAo

乙乙 
まみみは育てると印象変わるねぇ 
準決勝負けとか好き(勝てるとは言ってない)






他のおすすめSS