転載元 : http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1483721808/

1 : ◆6lM76zkyEU 2017/01/07(土) 01:56:48 ID:cD4WPNfY

※融合次元が来る前の平和なエクシーズ次元でのお話です。



2 : ◆6lM76zkyEU 2017/01/07(土) 01:58:26 ID:cD4WPNfY

元日・黒咲家

瑠璃「長閑な年明けだね~」オコタゴロゴロ

隼「瑠璃、少しだらけ過ぎだぞ」

瑠璃「いいじゃない、お正月なんだし」

隼「今日はユート達と初詣に行くんだろう? 何時までものんびりしていていいのか?」

瑠璃「まだ時間があるから大丈夫よ」ミカンムキムキ

ユート「だが時間的にそろそろ準備してもいいんじゃないか?」

瑠璃「もう、ユートは心配性ね……って、うわあああああぁぁぁぁ!?」ビクッ

ユート「!?」ビクッ



3 : ◆6lM76zkyEU 2017/01/07(土) 02:00:43 ID:cD4WPNfY

瑠璃「ななななな、何で!? 何でユートがウチに居るの!?」アタフタ

ユート「いや、たまたま近くに用事があったから挨拶がてらに寄ったんだ。あけましておめでとう、瑠璃。今年もよろしく」

瑠璃「あ、うん。今年もよろしくお願いします……って、違う! 本当に違うの! 今日はお正月だからであって普段からこんなにダラダラしてる訳じゃないの!!///」アワアワ

ユート「そ、そうか」

瑠璃「ああ、髪もボサボサだし恰好もダサいし……うえええん、ユートの馬鹿ぁ! ごめんなさぁーい!!///」ダダダッ

ユート「……何か不味かったかな?」

隼「気にするな。あいつの自業自得だ……ほら、茶を淹れたぞ」

ユート「ありがとう、隼。そして今年もよろしく頼む」

隼「こちらこそ今年もよろしくな、ユート」



4 : ◆6lM76zkyEU 2017/01/07(土) 02:01:32 ID:cD4WPNfY

サヤカ「2人とも、あけましておめでとう♪」

アレン「あけおめ~! 今年もよろしくな、お前ら!!」

ユート「アレン、サヤカ、あけましておめでとう。今年もよろしく」

瑠璃「おめでとう……今年もよろしく……」ズーン

サヤカ「あれ? 何か瑠璃元気ないね。せっかくの新年なのに」

瑠璃「出掛けに色々あって……詳しく聞かないでくれるとありがたいです、はい」




5 : ◆6lM76zkyEU 2017/01/07(土) 02:04:02 ID:cD4WPNfY

アレン「しかしお前ら2人だけ? 隼は初詣来ないのか?」

瑠璃「兄さん、人混み苦手だから。初詣も人が多い三が日には行きたがらないの」

ユート「隼らしいな」

瑠璃「何か大勢の人を見るとライズ・ファルコンで一掃したくなるんだって」

アレン「隼らしいな。じゃあ今回はこの4人か……それにしても」チラッ

サヤカ「ん、何?」



6 : ◆6lM76zkyEU 2017/01/07(土) 02:05:19 ID:cD4WPNfY

アレン「お前も瑠璃も普通の恰好なんだな。正月なんだし女子はこういう時は晴れ着を着るもんじゃねえのか?」

サヤカ「だってあれ着るの結構面倒臭いんだもん。というかアレンは私達の晴れ着姿を見たかったの?」

アレン「う~ん、サヤカはともかく瑠璃の晴れ着姿は見たかったかもな」

サヤカ「私はともかくって何よぉ……でも確かに瑠璃の晴れ着姿は似合いそうよね。ユートもそう思うでしょう?」

ユート「え?」

瑠璃「ちょ、ちょっと! 何でそこでユートに話を振るの!?」



7 : ◆6lM76zkyEU 2017/01/07(土) 02:06:28 ID:cD4WPNfY

ユート「そうだな。和装は瑠璃のイメージにも合うし……俺も似合うと思うぞ」ニコッ

瑠璃「うぅ……///」カァァ

サヤカ「良かったね、瑠璃。これは絶対に来年は晴れ着姿を見せてあげないと」

瑠璃「ちょっと、サヤカ……」

サヤカ「駄目だよ、ユートは結構鈍いんだから。距離を縮めたいなら少しはこっちから攻めないと」ヒソヒソ

瑠璃「サヤカ!」

アレン「おっと、そろそろ駅に行った方がいいな。電車が来ちまう」

ユート「そうだな。じゃあ行こうか」



8 : ◆6lM76zkyEU 2017/01/07(土) 02:09:20 ID:cD4WPNfY

神社

<ワイワイガヤガヤ

サヤカ「ふわぁ~毎年の事だけど凄い人の数だね」

アレン「これは隼が来たがらねえ訳だぜ。まあこれだけ活気があった方が初詣に来たって感じもするけどな」

ユート「しかしこの人混みだと逸れると厄介だな」

サヤカ「だったら手を繋いで移動する?」

瑠璃「え!?」

瑠璃(これはもしかしてユートと手を繋ぐチャンス? でもいきなりそんな……でもサヤカもさっき攻めた方がいいって……でも、でも!!)ドキドキ

ユート「成る程……なら俺がアレンと、瑠璃がサヤカと手を繋いで行動するか」

瑠璃「何でその組み合わせ!?」



9 : ◆6lM76zkyEU 2017/01/07(土) 02:10:53 ID:cD4WPNfY

ユート「何でと言われても……男女同士で手を繋ぐのはみんな抵抗があると思ったんだが?」

瑠璃「それは確かにそう、だけど……」

アレン「いや、男同士でも俺は嫌だから。そんな事しなくても予めはぐれた時用の集合場所だけ決めとけばいいんじゃねえのか?」

ユート「そうだな。じゃあこの鳥居の前にしよう」

サヤカ(もう、アレンったらせっかく瑠璃がユートと手を繋ぐチャンスなのに余計な提案して……)ホッペプクー

アレン(ん、何かサヤカが不機嫌な様な……はっ! まさかサヤカの奴、俺と手を繋ぎたかったのか!?)



10 : ◆6lM76zkyEU 2017/01/07(土) 02:15:49 ID:cD4WPNfY

…………

アレン「流石出店もたくさん並んでるな。たこ焼きに焼きそば、綿菓子に林檎飴……なあ、最初は何食べる?」

サヤカ「もう、アレンは何しに神社に来たのよ。まずはお参りに決まってるでしょ?」

アレン「冗談だよ冗談。そういえばお参りする時って何回頭下げたり手を叩いたりするんだっけ?」

ユート「二礼二拍手一礼だな。2回おじぎをした後に2回柏手を打って、最後にもう1回おじきをするんだ」

アレン「ややこしいな。適当じゃ駄目なのか?」

サヤカ「駄目に決まってるでしょ。というかこれくらい覚えてよ」

ユート「覚え難いなら最初のおじぎをドロー、拍手をセットと覚えるんだ。2枚ドローし、2枚伏せて、また1枚ドローだ」

アレン「ああ、それなら覚えれそう」

瑠璃「そういう覚え方もどうなのかな?」

サヤカ「というかそれ言葉が変わっただけで覚える内容事態はそんなに変わってないし……」



11 : ◆6lM76zkyEU 2017/01/07(土) 02:19:17 ID:cD4WPNfY

…………

拝殿

4人「…………」チャリーン←お賽銭を入れた

4人「…………」カランカラン←鈴を鳴らした

4人「…………」ペコリペコリ

4人「…………」パンパン

4人「…………」←祈念中



12 : ◆6lM76zkyEU 2017/01/07(土) 02:20:48 ID:cD4WPNfY

アレン「ふぅ……って、あれ?」ペコリ

瑠璃&サヤカ「…………」

アレン「何だ、あいつら? まだ拝んでんのか?」

ユート「何だか随分と熱心だな」

アレン「女が長いのは買い物と風呂だけかと思ってたが……そういやお前、何をお願いしたんだ?」

ユート「俺か? みんなが笑顔で過ごせる様にと頼んだ」

アレン「お前らしいな。まあ俺も似た様なもんだが……しかしあいつら、本当に長いな」

瑠璃(兄さんや友達が怪我をせず平穏に暮らせます様に。それと出来ればユートとの距離も縮めて……あ、でも急だと心の準備がいるので少しずつ、少しずつでいいです!)

サヤカ(お願いします、私の親友のお願いをどうか叶えてあげてください。本当に見ていても色々ともどかしいんです)



13 : ◆6lM76zkyEU 2017/01/07(土) 02:22:19 ID:cD4WPNfY

おみくじ所

アレン「末吉か……喜んでいいのか微妙なラインだな」

ユート「俺も末吉だな」

サヤカ「私は吉だった」

アレン「何だよ、1人くらい大吉はいねーのかよ? 瑠璃はどうなんだ?」

瑠璃「待って。今引くから」

瑠璃(これはある意味で今年最初の勝負……せめて恋愛運だけは良い事が書いています様に!)

瑠璃「えい!」バッ

『凶』

瑠璃「はうぅ!(涙目」



14 : ◆6lM76zkyEU 2017/01/07(土) 02:25:46 ID:cD4WPNfY

アレン「正月でもちゃんと入ってんだな、それ」

サヤカ「えっと、大丈夫よ瑠璃。よく言うじゃない? 最初に凶を引いたなら今年1年はもう悪い事は無いって」

瑠璃「慰めありがとう、サヤカ……」

瑠璃(肝心の恋愛運も『待ち人はまだ来ず』とか書かれてるし……黒咲瑠璃、今年最初の勝負は敗北です……)オヨヨ

ユート「…………」

アレン「とりあえずそういうのはさっさとご神木に結ぼうぜ……って、もうご神木はおみくじだらけだな。流石は元日」

サヤカ「結べる所あるかな? あっ、あの枝の端なら大丈夫そうじゃない?」

瑠璃「じゃあ早速結んで来るわね」



15 : ◆6lM76zkyEU 2017/01/07(土) 02:29:46 ID:cD4WPNfY

瑠璃(あれ? 何だか微妙に結び難いわね、これ)

瑠璃(軽く結ぶと落ちちゃうし、強く結んだら破けちゃいそうだし)

瑠璃(うぅ、何だか今日は朝から上手くいかないわね。せっかくの1年の始まりなのに……先ゆき不安だよ)ハァ

ユート「……こういう場所であまりため息を吐くもんじゃない」

瑠璃「えっ、ユート?」

ユート「ちょっと失礼するぞ」スッ

瑠璃「!?」

瑠璃(えっ、何? ユートが私の手を掴んで……え? え!?)

瑠璃「ちょ、ちょっとユート?///」アタフタ

ユート「急にすまない。ただ瑠璃が結び難そうにしていたから」



16 : ◆6lM76zkyEU 2017/01/07(土) 02:31:45 ID:cD4WPNfY

瑠璃「それは当たっているけど……何も私の手を取りながらやらなくても……///」

ユート「これは瑠璃のおみくじだからな。直接結ぶのは瑠璃がやらないと」

瑠璃「そうかも……だけど///」ゴニョゴニョ

瑠璃(きゅ、急にこんな事されたらびっくりするよ。ユートったらこういう事平気でやって来るんだから……)チラッ

ユート「…………///」

瑠璃(あれ? 心なしかユートの顔、ちょっと顔赤い?)

瑠璃「ユート……?///」

ユート「…………///」ガサガサ

アレン「……何だ、この甘ったるい雰囲気は?」

サヤカ(良かったねぇ、瑠璃)グスン



17 : ◆6lM76zkyEU 2017/01/07(土) 02:34:54 ID:cD4WPNfY

…………

アレン「よし、次はあそこの焼きそば食べようぜ♪」

サヤカ「まだ食べるの? いい加減にしとかないとお腹壊すわよ?」

ユート「新年になっても相変わらずだな、アレンの奴」

瑠璃「そ、そうね」

瑠璃(今は普段通りだけど……さっき確かにユートも私の手を握って赤くなってた、よね?)

瑠璃(赤くなってくれたって事は……その、ちょっとは意識してくれているのかな?)

瑠璃(こんな事で喜ぶなんて自分でも単純だと思うし、ちょっと思い上がっている気もするけど)

瑠璃(何だろう? そう思ったら……ちょっと顔が緩む)

瑠璃「…………」

瑠璃「待ち人はまだ来ず……『まだ』、か」クスッ



18 : ◆6lM76zkyEU 2017/01/07(土) 02:37:09 ID:cD4WPNfY

ユート「瑠璃、何か言ったか?」

瑠璃「ううん、何でも無い。ねえ、ユート」

ユート「ん?」



――『まだ』というのは、何時かはきっと来るという事。



瑠璃「今年は、いい年にしようね♪」ニコッ

ユート「……そうだな」ニコッ

<おわり>



19 : ◆6lM76zkyEU 2017/01/07(土) 02:37:53 ID:cD4WPNfY

読んでくれた人、ありがとうございました。



20 :以下、名無しが深夜にお送りします 2017/01/07(土) 10:36:18 ID:tjEMkIbk







他のおすすめSS
 
 
 
 
 
カズマ「どうやら俺はアクアに手を出したらしい。」 
【このすば】めぐみん睡姦陵辱【R-18】 
カイジ「俺は無限少女になる……!」 
男娘「残念、我男。性交不可」 我「一向構!」 
忍「クジラっておいしいのですね」アリス「」