転載元 : http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1467901611/

1 :以下、名無しが深夜にお送りします 2016/07/07(木) 23:26:51 ID:CihC5d0c

遊星(日付が変わる少し前、突然アキから電話があった)



2 :以下、名無しが深夜にお送りします 2016/07/07(木) 23:29:28 ID:CihC5d0c

アキ『ごめんなさい、こんな時間に。もしかしてもう寝てた?』
遊星「いや、昨日の夜からずっと起きてるぞ」
アキ『そうなの……って昨日の夜から!? 遊星、また貴方徹夜してるの?』
遊星「ああ、色々とやる事が多くてな」
アキ『駄目よ、そんなの! ちゃんと睡眠とりなさい! そんな生活続けていたら絶対何時か倒れるわよ!!』
遊星「わ、悪い……ところでアキこそこんな時間に何の用なんだ?」



3 :以下、名無しが深夜にお送りします 2016/07/07(木) 23:31:35 ID:CihC5d0c

アキ『えっと、それは……』

遊星「明日も学校なんだろ? あまり夜更かししない方がいいんじゃないか?」

アキ『子供扱いしないで。用ならあるわよ……その、遊星と少しお喋りしたいなーと思ったのよ。うん、そう」

遊星「突然だな。だが俺となんか話をしてもつまらなくないか?」

アキ『そんな事ないわよ! 少なくとも私には!!』



4 :以下、名無しが深夜にお送りします 2016/07/07(木) 23:33:19 ID:CihC5d0c

遊星「アキ?」

アキ『あっ……ご、ごめんなさい。やっぱり急だし迷惑、かしら?』

遊星「……俺は正直話をするのはそんなに得意じゃない」

アキ『…………』

遊星「だから話をするにしても殆ど聞き役に徹する事になるが……それでもいいか?」

アキ『! え、ええ!』




5 :以下、名無しが深夜にお送りします 2016/07/07(木) 23:35:02 ID:CihC5d0c

遊星(それからアキとの夜のお喋りが始まった)

遊星(内容は他愛のないものばかりで今日の学校の話だとか、夕飯は何を食べたのだとか)

遊星(最初に断った様に俺は殆ど相槌かアキの問い掛けに答えるばかりでこれで大丈夫なのだろうかと少し不安もあったが)

遊星(俺に話をするアキの声がとても嬉しそうに弾んでいたのでそのまま続ける事にした)

遊星(やがてポッポタイムの時計が零時を示し、新たな日付を告げた)



6 :以下、名無しが深夜にお送りします 2016/07/07(木) 23:37:08 ID:CihC5d0c

アキ『あら、何か音が聞こえない?』

遊星「ああ、時計の音だ。もう零時だからな。アキも明日は学校なんだしそろそろ……」

アキ『あーーー!?』

遊星「どうした、大声出して?」

アキ『もう、私の馬鹿! 遊星とのお喋りが楽しくて当初の目的をすっかり……あ、でもまだ大丈夫か!』

遊星「アキ?」

アキ『ゆ、遊星……』

遊星「何だ?」

アキ『…………』



7 :以下、名無しが深夜にお送りします 2016/07/07(木) 23:38:33 ID:CihC5d0c

アキ『誕生日、おめでとう』



8 :以下、名無しが深夜にお送りします 2016/07/07(木) 23:40:17 ID:CihC5d0c

遊星「…………」

アキ『その、今日は遊星の誕生日でしょ? 私、どうしても一番最初に貴方にお祝いの言葉を言いたくて……本当は直接言いたかったんだけど、難しいからこうやって電話でお喋りして日付が変わったら言おうと思ってたの』

遊星「…………」

アキ『べ、別に深い意味はないのよ? 一番に言いたかったのは、その、単なる気まぐれみたいなものだから……それ以上の意味とかは……』

遊星「……そうか」

アキ『え?』

遊星「今日って俺の誕生日だったのか……」



9 :以下、名無しが深夜にお送りします 2016/07/07(木) 23:41:51 ID:CihC5d0c

アキ『誕生日だったのかって……もしかして自分の誕生日忘れてたの?』

遊星「ああ」

アキ『呆れた……でもある意味遊星らしいといえばらしいけど……』

遊星「面目ない。だがおかげで思い出せたよ……アキ」

アキ『な、何?』

遊星「ありがとう。お前から俺の誕生日を祝えて貰えてとても嬉しい」



10 :以下、名無しが深夜にお送りします 2016/07/07(木) 23:43:50 ID:CihC5d0c

アキ『…………』

遊星「アキ?」

アキ『そう……それは何よりだわ』

遊星「ああ」

アキ『その、ちゃんとしたお祝いは今日またちゃんとするから。ジャックやクロウ達からも何かあるんじゃないかしら?』

遊星「そうか、それは楽しみだ」

アキ『それじゃあ言いたい事も伝えたし、そろそろ寝るから……またね』

遊星「ああ。おやすみ、アキ」

アキ『うん……おやすみなさい、遊星』



11 :以下、名無しが深夜にお送りします 2016/07/07(木) 23:46:15 ID:CihC5d0c

遊星(アキとの電話の後、俺は夜風を浴びに外に出た)

遊星(アキの言葉はとても嬉しく、自然と口角が上がっているのが自分でも分かった)

遊星(ふと空を見上げる。星が綺麗な夜だった)

おわり



12 :以下、名無しが深夜にお送りします 2016/07/07(木) 23:47:55 ID:CihC5d0c

今日中に書けて良かったです。

7月7日、蟹座の遊星誕生日おめでとう。



13 :以下、名無しが深夜にお送りします 2016/07/08(金) 08:35:51 ID:siM/m1UE

おつ






他のおすすめSS
遊作「俺に人の温かさなど…」遊矢(ファントム)「必要…だよね?」 
ポケットにノスタルジー 
ヘンゼルとグレーテル「おかしい家だ!」宇水「何が可笑しい!!!」 
フェネック「あんっあっアライさっぁっ」アライグマ「ふぇねっ、あっふぇ、あぁんっ」 
遊戯「俺は装備魔法『ぱふぱふ』をブラック・マジシャン・ガールに装備する!」 
アズールレーンSS 「愛のその先」 エンタープライズ編 
野崎「堀先輩、大学生活はどうですか?」 
遊作「ワッハッハ」[遊戯王VRAINS] 
遊戯・遊矢「デュエル!」 
【遊戯王】沢渡「俺だって勝ちたい!」