転載元 : http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1464617566/
1 :以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/30(月) 23:12:46 ID:V6oV5yZs

※キャラ崩壊注意

アカデミア……

グロリア「…………」トコトコ

ザワザワ

グロリア(ふふっ、感じるわ視線を。私への羨望の眼差しを)

グロリア(ただ歩くだけでこれだけの注目を集めてしまうなんて私って罪な女だわ)

グロリア(まあそれ相応の気品と美貌を兼ね備えているんだもの。ある意味必然よね)



生徒A(まな板だ……)

生徒B(まな板だ……)

生徒C(かなりまな板だ……)



2 :以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/30(月) 23:14:09 ID:V6oV5yZs

グロリア(それにしても何だか小腹が空いたわね。何か甘い物でも食べた気分だわ)

女子生徒「きゃ!」ドン!!

グロリア「ん? ちょっと、ちゃんと前見て歩きなさい」ギロリ

女子生徒「もう、何でこんな所に『壁』なんてあるのよ!」

グロリア「…………」

女子生徒「あ、グロリア様! す、すいません! 前見てなくて!?」アタフタ

グロリア(……壁)



3 :以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/30(月) 23:15:17 ID:V6oV5yZs

グロリア&グレースの部屋……

グレース「踏み出した空に~走ってく光~♪」←掃除中

グロリア「グレース! グレースゥ!!」ドタバタ

グレース「あら、お帰りなさいグロリア姉さま。今日のおやつはショートケーキですよ」

グロリア「本当♪ ……って、そうじゃない! 一大事よ、由々しき事態よグレース!!」

グレース「どうやらその様ですね。でも帰ったらまずは手を洗わないと」

グロリア「ああもう、忘れてた! とにかくすぐに洗って来るからケーキとお茶の用意して待ってて!!」




4 :以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/30(月) 23:16:53 ID:V6oV5yZs

…………

グロリア「ねえグレース。やっぱり私の、いえ、私達の胸って小さいのかしら?」ケーキモキュモキュ

グレース「はい?」

グロリア「私達って顔も性格もデュエルも完璧じゃない? でもその、胸だけはちょっとレベルが足りないというか……」

グレース「まあ確かに大きくはありませんね」

グロリア「そうよね。アカデミアに居た天上院明日香なんて私達とそう歳が変わらないのに偉くボッキュボンだったし」

グレース「それは比べる相手がおかしいかと……あそこまでいくとただのホルスタインですし」



5 :以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/30(月) 23:18:55 ID:V6oV5yZs

グロリア「グレース、ずいぶん貴女落ち着いているわね。これは私達の沽券に関わりかねない問題なのよ?」

グレース「私は別にそこまで自分のバストサイズを気にしてはいませんから。それに昔からこんな言葉もあります」

グロリア「どんな言葉よ?」

グレース「『貧乳はステータスだ。希少価値だ』……ニーズなんて人それぞれですよ」

グロリア「希少価値……成る程、そう言われると悪い気分ではないわね///」テレッ

グレース「はい。あ、お茶のお代わり淹れますね」

グロリア「ありがとう……って、やっぱり貴女も貧乳だって思ってるんじゃない!」

グレース「誰も思ってないとは言ってませんよ」



6 :以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/30(月) 23:19:53 ID:V6oV5yZs

グロリア「やっぱり駄目よ、貧乳なんて! 貧しい乳なんて私達には相応しくないわ!!」

グレース「では貧乳ではなく微妙な乳で『微乳』と呼ぶのはどうでしょう? 聞いただけでは『美乳』と変わらないので耳心地は良いかと」

グロリア「グレース!」

グレース「はい」

グロリア「貴女天才ね。流石は私の妹だわ」

グレース「勿体ないお言葉です、グロリア姉さま」



7 :以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/30(月) 23:21:22 ID:V6oV5yZs

グロリア「って駄目のダメダメよ! それでは根本的な解決にならないわ! 何としても脱・貧乳しないと!!」リョウテブンブン!

グレース「しかしバストサイズなんて一朝一夕で成長するものではありませんよ?」

グロリア「分かってるわよ。私も今まで何も努力しなかった訳じゃないわ」

グレース「例えば何をしたんです?」

グロリア「唐揚げを食べると胸が大きくなるって聞いたから毎日お昼は唐揚げ定食にしたわ」

グレース「それで結果は?」

グロリア「……体重だけが増えたわ」ショボーン



8 :以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/30(月) 23:22:31 ID:V6oV5yZs

グロリア「ああ、アマゾネス達みたいな胸が欲しい……グレース、何かいい方法は無いかしら?」

グレース「そう言われましても……」

グロリア「そうだ。こういう時こそ『いんたーねっと』よ。何か知りたい時は『いんたーねっと』が便利だってテレビでも言ってたわ!」

グレース「それは良いと思いますがグロリア姉さまってパソコン使えましたっけ?」

グロリア「頼むわよ、グレース!」

グレース「まあそうなりますよね。構いませんけど」



9 :以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/30(月) 23:23:29 ID:V6oV5yZs

グレース「えっと、『胸を大きくする方法』っと……あらま、結構色々ありますね」カタカタ

グロリア「出来ればすぐ効果が出て簡単で苦労しない方法が良いわ」

グレース「そこは頑張りましょうよ……あ、これなんて簡単そうですよ」

グロリア「何々……え! 胸って揉むだけで大きくなるの!?」

グレース「都市伝説という説もあるそうですが実際に効果があったという話もあるそうです」

グロリア「これよ! これならそんなに難しくないし、すぐに試せるわ! 流石『いんたーねっと』ね!!」

グレース「あ、ちょっと待って下さい……あ、これは……」

グロリア「どうしたの?」



10 :以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/30(月) 23:24:48 ID:V6oV5yZs

グレース「その、補足なんですが……自分では無く好きな相手に揉んで貰うと効果が高いと」

グロリア「何だそんな事。だったら問題ないじゃない」

グレース「え!? グロリア姉さま、好きなお相手が居るのですか?」

グロリア「何言っているの。貴方の事じゃない」

グレース「え?」

グロリア「私、グレースの事大好きですもの。だから貴女に揉んで貰えば何も問題ないでしょ? 違う?」

グレース「…………」

グロリア「グレース?」

グレース「何も問題ありません。そして私も貴女が大好きです、グロリア姉さま」



11 :以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/30(月) 23:26:09 ID:V6oV5yZs

グロリア「それでは早速揉んで貰おうかしら」

グレース「分かりました……って、何脱いでいるんですかグロリア姉さま!?」

グロリア「勿論直に揉んで貰う為よ。服の上からよりその方が効果も高いと思わない?」ヌギヌギ

グレース「そうですかね……いえ、そうですね。分かりました」

グロリア「さあ、グレース! 遠慮なく揉んでちょうだい!!」

グレース「…………」

グロリア「どうしたの?」

グレース「い、いえ何でも!」

グレース(言えない……一瞬何処が胸なのか分からなかったなんて言えない)



12 :以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/30(月) 23:28:01 ID:V6oV5yZs

グレース「では失礼します」

サワッ……

グロリア「あっ!///」ビック!

グレース「ね、姉さま?」

グロリア「な、何でもないわ。続けて」

グレース「はあ……?」

サワッ……

グロリア「んっ!?///」ビクン!

グレース「あの、触っただけでそういう声出さないでくれませんか?」

グロリア「し、仕方ないでしょ! 出ちゃうものは出ちゃうんだから……そもそもグレースの触り方が少し嫌らしいのよ!!///」プンプン

グレース「えー」



13 :以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/30(月) 23:28:51 ID:V6oV5yZs

グロリア「良いわ、何とか我慢する。我慢するから遠慮なく揉んでちょうだい」

グレース「分かりました。では今度こそ揉みますね」

グロリア「…………」

グレース「……あ」

グロリア「……グレース?」

グレース「すいません、グロリア姉さま。揉めません」

グロリア「え? どうして?」

グレース「だから揉めないんです。無さ過ぎてその……物理的に」

グロリア「…………」



14 :以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/30(月) 23:30:05 ID:V6oV5yZs

グロリア「確かに小さいとは……厚みは無いとは思ってたわ……だけど揉む事すら出来なかっただなんて……」ズーン

グレース「落ち込まないで下さい、グロリア姉さま。バストが小さいのは私も同じですから……」

グロリア「一番簡単な方法も試せないなんて……まさに絶望の海、閉じる扉よ……」

グレース「グロリア姉さま……」

グロリア「もう私にキボウノヒカリは無い……寝そべってジェンガも出来るテーブルになる未来しかないのよ……」

グレース「諦めないで下さい、グロリア姉さま。私の大好きなグロリア姉さまはこんな所で諦めるデュエリストでは無いはずです」

グロリア「グレース……」



15 :以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/30(月) 23:31:33 ID:V6oV5yZs

グレース「まだ試してない方法もたくさんあるはずです。一緒に探しましょう、バストアップの方法を」

グロリア「そうよね。こんな所で諦めてたらエクシーズ次元に居るエドにも笑われちゃうわよね」

グロリア「貴女のおかげで目が覚めたわグレース。一緒に登りましょう。果てしなく続く巨乳坂を」

グレース「それでこそグロリア姉さまです。さあ、まずは服を着ましょう。何時までも裸だと風邪を引いてしまいます」

ドアガチャ

プロフェッサー「タイラー姉妹は居るか? 至急エクシーズ次元に向かって欲しいのだが」

グロリア&グレース「あ」

プロフェッサー「あ」

3人「…………」



16 :以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/30(月) 23:32:47 ID:V6oV5yZs

まな板という現実、失敗したバストアップ、さらに厳つい禿にあられもない姿を見られた事にグロリア・タイラーの怒りは頂点に達した。

その怒りは後に八つ当たりという形でエクシーズ次元・スペード校のレジスタンスを壊滅に追い込む事になるのだがそれはまた別のお話である。

<おわり>



17 :以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/30(月) 23:33:19 ID:V6oV5yZs

以上です。ありがとうございました。



18 :以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/31(火) 01:00:12 ID:ceMwaefA




19 :以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/31(火) 01:27:24 ID:fsld4NQQ



まっタイラー姉妹ホント好き








他のおすすめSS
 
 
 
 
 
【遊戯王】葵「お兄様。私、彼氏ができました」 
【生徒会の一存】騒動する生徒会【けもフレ9.25事件】 
【安価】海馬「別次元に飛んでアテムと戦おうとしたら他の次元に飛んだようだ」 
タイヘイ「叶…?」かなう「戻れなくなっちゃった…」 
海馬「さぁ行くぞ!全速前進だ!!」