転載元 : http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1534264210/

1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/08/15(水) 01:30:10.339 ID:vbZmLXzQD

喪黒「私の名は喪黒福造。人呼んで『笑ゥせぇるすまん』。

    ただの『せぇるすまん』じゃございません。私の取り扱う品物はココロ、人間のココロでございます。

    この世は、老いも若きも男も女も、ココロのさみしい人ばかり。

    そんな皆さんのココロのスキマをお埋めいたします。

    いいえ、お金は一銭もいただきません。お客様が満足されたら、それが何よりの報酬でございます。

    さて、今日のお客様は……。

    山川正隆(49) 俳優

    【背徳への誘い】

    ホーッホッホッホ……。」



2: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/08/15(水) 01:32:30.431 ID:vbZmLXzQD

夜。東京のある下町。居酒屋「桐子」。店の中で、客たちは食事をしながら酒を飲んでいる。

店内にいる客たちの中には喪黒福造もいる。カウンターに座り、つまみを食べながらビールを飲む喪黒。

店の奥にある液晶テレビが、時代劇を放送している。美形の中年俳優が主役の剣客を演じているようだ。

居酒屋を経営するママ・桐子は、客たちと一緒にテレビの時代劇を見ている。

テロップ「山川正隆(49) 俳優・ミュージシャン」

客A「まったく、山川正隆はいつ見てもかっこいいよなぁ」

客B「ああ。結婚で一時期より人気が衰えたとはいえ、今も女性ファンがかなりいるんだからな」

桐子「そんなこと言うもんじゃないの!」

客B「おっと、失礼!そういえば、ママは山川正隆のファンだったなぁ」

桐子「マサはいつまでも独身でいてくれると思っていたんだけどねぇ…」

喪黒「…………」

テレビの時代劇に出演している山川の姿を見ながら、どうやら喪黒は何かを思いついたようだ。



3: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/08/15(水) 01:34:42.246 ID:vbZmLXzQD

数日後。あるアリーナ。建物の中で、山川正隆がライブを行い熱唱している。

客席には中年の女性ファンたちが多く集まり、サイリウムを振り回している。


ライブを終え、特設会場でサイン会を行う山川。ファンの色紙にサインを書く山川。

ここでも、列を作って並んでいるのは女性ファンばかりだ。

山川の前に、ある女性ファンが姿を現す。手提げ鞄からナイフを取り出す女性ファン。

ナイフを持った女性ファンが山川に向かって飛びかかろうとした、その時――。

山川の側に喪黒が突然現れ、女性ファンに向かって右手の人差し指を向ける。

喪黒「ドーーーーーーーーーーーン!!!」

狂信的女性ファン「キャアアアアアアアアアアアア!!!」

喪黒のドーンを受け、山川を襲おうとした狂信的女性ファンが倒れる。

喪黒「警備員さん、今です!!この人を取り押さえてください!!あと、110番に通報を!!」

警備員たちがやってきて、気絶している狂信的女性ファンの身柄を確保する。



4: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/08/15(水) 01:37:15.586 ID:vbZmLXzQD

突然起きた狂信的ファンによる凶行を前に、悲鳴を上げる女性ファンたち。

山川「あ、あの……!!あなたは……!!」

喪黒「以後、お見知りおきを……」

喪黒が差し出した名刺には、「ココロのスキマ…お埋めします 喪黒福造」と書かれている。

そして名刺の裏の白地には、BAR「魔の巣」の住所がボールペンで書かれている。

喪黒は、山川やファンたちの前から立ち去っていく。


数日後。BAR「魔の巣」に入店する山川。店の席には、山川を待つ喪黒が座っている。

喪黒「やぁ、山川さん」

山川が喪黒の隣の席に腰掛ける。

山川「サイン会で起きたあの事件……。喪黒さんには感謝していますよ」

喪黒「どういたしまして……」

山川「スターの宿命とはいえ、厄介な連中に付きまとわれて……。辛いですよ」

喪黒「ですが、山川さん……。『厄介な連中』はさすがに言いすぎではないですか!?」




5: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/08/15(水) 01:39:18.126 ID:vbZmLXzQD

山川「いえいえ……。今から2年前にはファンによる自宅マンションへの不法侵入もありましたし……」 
   「それに、今回のサイン会での襲撃未遂……。さすがの僕にも限度がありますよ……」 

喪黒「山川さんは、結婚とともに一気にファン離れが起きましたし……」 
   「残っていた女性ファンたちがますます先鋭化しましたよねぇ……」 

山川「ええ、全く……。僕は、人並みに結婚して子供を作っただけなのに……」 

喪黒「結婚前のあなたのミステリアスな雰囲気に、女性ファンたちは惹かれていたのでしょう」 

山川「そうかもしれませんね……」 

喪黒「というか、むしろ……。あなたの生活スタイルは結婚前とあまり変わっていないでしょう」
   「奥様がいることへのストレスを除いて……」 

山川「どういうことです!?」 

喪黒「あなた、本当は仮面夫婦ですよね!?奥様の倉橋雪恵さんとは不仲でしょう!?」 

山川「そ、そんなことは……」 

喪黒「山川さんは、雪恵さんとの夜の性交渉も一度もないはずです」 

山川「何をおっしゃるんですか!!それが証拠に、僕にはちゃんと子供がいますよ!!」



6: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/08/15(水) 01:41:19.124 ID:vbZmLXzQD

喪黒「いえいえ、雪恵さんが産んだお子様も、本当はあなたと血がつながっていません」 
   「一応、子供を作ったという世間体を保つため、あなた公認で、彼女が別の人と作ったのが今の……」 

山川「ち、違います……!!!」 

喪黒「山川さんのお子様の本当の父親は……。政財界に顔が利く財団の会長の……でしょうねぇ」
   「将来、お子様を芸能界デビューさせるためのコネづくりの意味もあって……」 

山川「ぐ、ぐうっ……!!!」 

喪黒「どうやら図星のようですねぇ、山川さん……。なぜ、あなたが奥様と不仲なのか……」 
   「なぜ、ファン離れをもたらすことを知っていても、結婚を強行したのか……」 
   「その理由は、私にはちゃあんと分かりますよ……」 

山川「も、もうそれ以上言わないでくれ!!」 

喪黒「結婚前の山川さんは……。新宿2丁目に何度も足しげく通っていて……」 

山川「頼むから、もうやめろっ!!!」 

喪黒「これはこれは……。無礼な真似をしてしまいました……。申し訳ありません」 

山川「ここまで人のことを見抜けるとは……。まるで、自分の心の中を丸裸にされているようですよ」 

喪黒「単刀直入に言いますよ。山川正隆さん、あなたは同性愛者でしょう!?」 

山川「は、はい……。そうですよ……」



7: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/08/15(水) 01:44:01.517 ID:vbZmLXzQD

喪黒「過去の女性との恋愛遍歴も、自分の性癖を隠すための偽装恋愛……」 
   「あなたがパーソナリティーを務めるラジオ番組で、AVマニアであることをPRしていたのも……」 
   「自分の性癖を隠すため……」 

山川「全部、喪黒さんのおっしゃる通りですよ……」 

喪黒「あなたは若いころ、付き合っていた女性と別れたことがきっかけで上京し……」 
   「俳優の道を志すようになったとありますが……。これも実は……」 

山川「どうしても、女性というものが自分の肌に合わなかったんです」 
   「男性に対しては、胸躍るような気持ちや恋愛感情を抱いたことがあるんですけどね……」 

喪黒「自分の性癖を隠すのは辛いでしょう……。いっそのこと、世間にカミングアウトしたらどうです?」 
   「最近では、LGBTの人たちの権利も認められるようになり、彼らの居場所も広がっていますし……」 

山川「そう、おいそれと自分の性癖をカミングアウトすることができれば苦労しませんよ……」 
   「でも、僕は仕事柄そういう立場ではないんですから……」 

喪黒「なるほど……。あなたは二枚目の俳優やアーティストとして今まで売ってきましたし……」
   「さわやかさやミステリアスなイメージで、女性ファンが結構多いですからね……」 

山川「そうですよ。しかも、紅白歌合戦や大河ドラマへの出演で、知名度は国民的と来ている……」 
   「そんな僕が特殊な性癖を公に告白したら、どうなると思いますか!?」 
   「ましてや……。このまま隠していても、週刊誌にそれが暴かれてしまった場合は……」



8: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/08/15(水) 01:46:16.933 ID:vbZmLXzQD

喪黒「あなたから女性ファンは一人残らず去っていくでしょうし……」 
   「芸能界や実社会で今まで築き上げてきた、名誉も、地位も、仕事も……」 
   「何もかもなくなるでしょうなぁ……」 

山川「そういうことですよ!!僕にとっては、芸能人としての一巻の終わりに等しいですよ!!」 

喪黒「でも……。あなたは、このまま特殊な性癖を隠し続けなきゃなりませんし……」 
   「しかも、結婚したことで……。メディアに性癖を暴かれないようにするため……」 
   「実際は奥様と不仲なのに、テレビの前ではマイホームパパを演じ続け……」 
   「結婚前には熱心に行っていた新宿2丁目通いもずーっと控えている……」 

山川「その通りですよ……。こんな生活が続くようでは、ストレスがたまる一方です」 

喪黒「せめて……。何かの形で性欲を発散することができれば、あなたの気は楽になるでしょうが……」 

山川「それが簡単にできれば……。僕はこうも精神的にうっ屈した生活を送っていませんよ……」 

喪黒「よろしかったら、私が何とかしましょうか!?」 

山川「えっ!?」 

喪黒「あなたに、ニューハーフの相手を紹介してあげますよ」 

山川「い、一体……。今何と……」 

喪黒「ニューハーフと性行為をすることによって、あなたの日ごろのストレスを発散させるのですよ」 
   「何しろ、山川さんは特殊な性癖の持ち主ですからね……」



9: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/08/15(水) 01:48:20.713 ID:vbZmLXzQD

山川「そ、そんなことが……」 

喪黒「できますよ。お相手は、私が紹介しましょう」 

喪黒は鞄から何かを取り出す。机の上に置かれたのは、ハードカバーの表紙の分厚いパンフレットだ。 

喪黒「このパンフレットは、ニューハーフ嬢の写真と特徴が記載されたリストです」 
   「さあ、お好きな方を選んでください」 

パンフレットを開く山川。 

山川「すごいですね……。顔つきといい……、身体つきといい……。まるで、本物の女性のようですよ」 

喪黒「でも、あそこには大事な部分がしっかり付いていますよ」 
   「本物の女性に近いニューハーフと接することにより……、あなたの女性嫌いも克服できるようにします」 

山川「そういうことですか……」 

喪黒「ニューハーフとの性行為は、私が指定したホテルで行います。マスコミ対策のために……ね」 

山川「ずいぶん、手が込んでいますね……。とはいえ、ニューハーフの紹介の値段は……」 

喪黒「もちろん、ただですよ。これは、あなたに対する私の気持ちなのですから」 

山川「ありがとうございます……。ここまで僕に親切な対応をしてくださって……」



10: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/08/15(水) 01:50:19.504 ID:vbZmLXzQD

喪黒「その代わりですねぇ……。約束して欲しいことがあるのですよ」 

山川「約束!?」 

喪黒「はい。このパンフレットにあるニューハーフと性行為をするのは、2回までにしてください」 

山川「わ、分かりました……」 

喪黒「山川さん、お相手は決まりましたか!?」 

山川「じゃあ、この人で……」 

山川は、黒髪の姫カットのヘアースタイルをしたニューハーフの写真に指をさす。このニューハーフの源氏名は「月子」だ。 


夜。あるホテル。ニューハーフ「月子」との待ち合わせを行う山川。彼の前に月子が現れる。 

月子「山川さーん」 

山川「君が『月子』か……」 

月子はニューハーフでありながら、声も女性的だ。彼は山川と手をつなぐ。 

月子「山川さんって、実物もイケメンなのね」 

山川「い、いやぁ……」 月子と手をつないだ山川がホテルの中に入る。



11: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/08/15(水) 01:52:16.675 ID:vbZmLXzQD

ホテルの部屋。客室の中には、暗闇の中に明りがうっすらとついている。 

メイド服を着た月子。彼は山川とキスをし、そのままベッドへと覆いかぶさる。部屋の明かりが消える。 


性行為を終えた山川と月子。2人はベッドの上で話をしている。 

月子「山川さん、どうだった!?」 

山川「ああ……。今までの僕の人生で……。最高に気持ちがよかったよ……」 


BAR「魔の巣」。喪黒と山川が席に腰掛けている。 

喪黒「山川さん、ニューハーフとの初体験はいかがでしたか?」 

山川「いやぁ、もう……。癖になりそうですよ……。この経験を一度知ってしまうと……」 

喪黒「さぞかし、強烈な快感を味わったのでしょうなぁ……」 

山川「はい。『彼女』とのあの時間を過ごしていた時の僕は、脳内麻薬が出まくりでしたよ」 

喪黒「ストレスは解消されたでしょう?」 

山川「ええ、おかげさまで……。今までは、毎日うっ屈した気分でしたが……」 
   「あの体験を経たおかげで……。今は、目の前がくっきりした輪郭を持って輝いて見えますよ」



12: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/08/15(水) 01:54:21.213 ID:vbZmLXzQD

喪黒「よかったですなぁ……」 

山川「僕にとってこれ以上ない、いい人生経験になりました。ありがとうございます」 

喪黒「ですが、山川さん……。約束はちゃーんと守ってくださいよ」 
   「私のパンフレットに載っているニューハーフとの性行為は、2回までです。いいですね?」 

山川「も、もちろん……。約束は十分、承知していますよ」 


2回目の性交渉の日。山川は例のホテルで月子と会う。 

ホテルの中。客室の中で、看護師の制服を着た月子が山川に抱きつく。 

性行為を終え、ベッドの上で山川と月子が笑顔で手をつないでいる。 


ある日。自宅マンション。山川は妻の雪恵(倉橋雪恵)と会話をしている。 

雪恵「あなたの性癖は分かっている……。でも……。私はあなたとの子供が欲しいのよ!!」 

山川「子供はもう、いるじゃないか……」 

雪恵「そうじゃないの!!2人目は、あなたと血を分けた子供を産みたいのよ!!」 

山川「でも、僕はどうしてもダメなんだ……。君とはベッドをともにしたくない……」 

雪恵「どうしてあなたは……。女性の気持ちも、妻の気持ちも分かろうとしないのよ!!」 

雪恵は涙ぐみながら、山川を罵る。憂鬱そうな表情になる山川。



13: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/08/15(水) 01:56:43.604 ID:vbZmLXzQD

その夜。山川は例のホテルに向かう。彼の前に、ニューハーフの月子が現れる。 

客室の中。チャイナドレスを着た月子と山川が、抱き合いながらベッドの上に倒れる。 


ある程度日が経ち――。自宅マンション。寝室では、山川がパジャマ姿でベッドに寝ている。彼は元気がなさそうだ。 

雪恵が何かの病人食を運びながら、山川が横になっている寝室に入ってくる。 

雪恵「おかゆ、持ってきたよー。早く風邪を治して、元気になってね。あ・な・た」 

山川「あ、ありがとう……」 

雪恵が去り、ベッドの上で一人で横になる山川。 

山川(雪恵は、僕のことをこんなにも愛してくれる。だが……) 

山川の頭の中に、日本的な美女の姿をしたニューハーフ・月子の姿が思い浮かぶ。 

山川(それと、僕の性的な欲求とは別だ。しかも、彼女が産んだ子供には僕の血が流れていないからな……) 
   (だから、僕がちょっとやそっと浮気するくらい悪いことではないさ……) 


数日後の夜。風邪のような症状が治った山川は、例のホテルの前にいる。山川の前に姿を現す月子。 

手をつなぐ2人の姿を、物陰からデジタルカメラで撮影する黒っぽいシルエット。その人物は――喪黒福造だ。



14: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/08/15(水) 01:59:06.347 ID:vbZmLXzQD

月子「今日のプレイは、『女装レズ』でやってみようと思うの」 

山川「『女装レズ』?何だそれ……」 

ホテルの部屋には、花魁の着物を身にまとい、日本髪のカツラをかぶった月子がいる。 

月子は山川に花魁の着物を身につけさせ、日本髪のカツラもかぶらせる。 

山川「そういうことか……。独特な感触だな……」 

月子は山川を抱擁しながら、彼の身体のあちこちを触る。そのままベッドへと行く2人。 


性行為を終え、ベッドの上で熟睡する山川と月子。 

鍵がかかったはずの客室のドアが、何やら怪しいオーラを醸し出してゆっくりと開く。部屋の中に忍び込む喪黒。 

ベッドの上で、着物をはだけながら寝ている山川と月子。喪黒は2人の姿をデジタルカメラで撮影する。 

山川と月子はぐっすり眠っており、喪黒が目の前にいることに全く気付いていない。 


朝。ホテルを出た山川は月子とキスを交わし、建物を後にする。 

人が誰もいないホテル街を歩く山川。彼が道の角を曲がったその時――。目の前には喪黒がいる。



15: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/08/15(水) 02:02:27.778 ID:vbZmLXzQD

喪黒「山川正隆さん……。あなた約束を破りましたね」 

山川「も、喪黒さん……!!そ、そんな……!!僕は……!!」 

喪黒「とぼけないでください。私は山川さんに言ったはずですよ」 
   「パンフレットに載っているニューハーフとの性行為は、2回までにしろ……と」 
   「それなのに……。あなたは3回目も、4回目も、ニューハーフと性行為を行いましたね……」 

山川「ぼ、僕はそんなことをしていない!!」 

喪黒「4回の性行為は全て、ニューハーフがコスプレをした上でのものでしたねぇ……。山川さん……」 
   「1回目はメイドの服装、2回目はナースの服装、3回目はチャイナドレス、4回目は花魁の衣装……」 

山川「あ、あああ……!!」 

喪黒「約束を破った以上……、あなたには罰を受けて貰うしかありません!!」 

喪黒は山川に右手の人差し指を向ける。 

喪黒「ドーーーーーーーーーーーン!!!」 

山川「ギャアアアアアアアアア!!!」 


1週間後。日の出テレビ。バラエティー番組の撮影が行われている。タレントたちとともに山川が席に座っている。 

スタッフ「撮影はここまででーす!お疲れ様でした!」



16: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/08/15(水) 02:06:04.960 ID:vbZmLXzQD

撮影を終え、テレビ局の廊下で山川はスマホを操作する。 

スマホ「ただいま、電話に出ることができません……」 

山川(月子の奴、一体どうしたんだろう……) 山川がスマホをしまおうとした時、着信が入る。 

山川「もしもし、山川です……。ああ、喪黒さん……。あなた、月子の居場所を知ってるんですか……」 
   「何ですって……、月子が大学病院に入院している!?『彼女』は重篤な肺炎で面会謝絶!?」 


大学病院。診察室の中で、医者から説明を受ける山川。 

医者「実はですね……。月子様はHIV感染者なのですよ……。この病院で検査して明らかになりました……」 

山川(ということは、僕も……。思い出したぞ!!3回目と4回目の性行為の時……) 
   (僕はコンドームを身につけていなかった……。それに、3回目の性行為からある程度日が経った後……) 
   (僕は風邪をひいたような症状になった……。そうだったのか、そういうことか……!!) 

医者「おや、どうなさいました!?」 

山川「すみません!!僕もHIVの検査を受けてみようと思います!!」 

ソファに座り、HIVの検査結果を待つ山川。山川を看護師が呼ぶ。 看護師「山川様ーー」 

医者から検査結果を聞き、山川は泣き崩れる。



17: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/08/15(水) 02:09:23.462 ID:vbZmLXzQD

山川が大学病院の外へ出た時、スマホが鳴る。電話に出る山川。 

スマホ「山川さんですか?実は私、写真週刊誌の『サースデー』の者ですが……」 


翌日。写真週刊誌『サースデー』。 

雑誌には、山川が月子と手をつなぐ写真や、2人が花魁の服装のままベッドで熟睡する写真が載っている。 

『サースデー』に載っている写真は、喪黒が撮影したものだ。 


数日後。自宅マンションの部屋。机の上には、「子供をつれて実家に帰ります。雪恵」の書き置きがある。 

記者会見場。カメラのフラッシュを無数に浴びながら、重苦しい表情で山川が口を開く。 


記者会見場で、山川や報道陣から遠く離れた場所にいる喪黒。 

喪黒「人類の歴史を顧みれば……、偉人たちの間では、同性愛はごく当たり前の文化として根付いていました」 
   「だから……。最近、LGBTの人たちの居場所が広がり始めたのは、文化の先祖がえりとも言えましょう」 
   「ですが……。男性と男性による性的交渉は、一歩間違えると性感染症にかかる恐れもはらんでいます」 
   「しかも……。家庭を持った人間が同性と不倫をするというのは、配偶者への裏切りに他なりません」 
   「一時的な快楽を味わうことは、長期に渡る代償を支払うことと引き換えでもあるのですよ。ねぇ、山川さん……」 
   「オーホッホッホッホッホッホッホ……」 

                   ―完―







他のおすすめSS
 
 
 
 
 
 
 
 
【けものフレンズ】ミミズク「ハカセ、早くシャワーを浴びてくるのです」 
野崎「ネタが思いつかない……」堀「野崎がスランプだ」若松「どうしましょう……」