転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1460882944/

1: 名無しで叶える物語(らっかせい)@\(^o^)/ 2016/04/17(日) 17:49:04.29 ID:2KHKwO+n.net

私には、穂乃果ちゃんという幼馴染がいます。







私の大好きな大好きな、だーーいすきな女の子♪



いつも内気で、意気地なしのことりを引っ張っていってくれる大切な存在。



穂乃果ちゃんは、いつでも明るく元気いっぱい☆




暗い雰囲気や、寂しい気分なんか、穂乃果ちゃんがいたらお空の彼方へ吹き飛ばしてくれちゃいます♪




そんな、私たちの太陽みたいな存在。






それが穂乃果ちゃん。



2: 名無しで叶える物語(らっかせい)@\(^o^)/ 2016/04/17(日) 17:49:44.95 ID:2KHKwO+n.net

私は穂乃果ちゃんに出会うまで、友達が一人もいませんでした。



いつも、仲の良さそうな子たちを遠目から見守るだけの存在。



意気地なしの私は、自分から声をかけるなんてことはできませんでした。



影からおずおずと……。



視線を投げかけるだけの私。




そんな私の視線に気が付き、声をかけ、手を差し伸べてくれたのが穂乃果ちゃんでした。




ほのか「いっしょにあそぼう♪」


ことり「……うん♪」



3: 名無しで叶える物語(らっかせい)@\(^o^)/ 2016/04/17(日) 17:50:05.94 ID:2KHKwO+n.net

子供の頃に出会っていなかったら、私はどうなっていたんだろう?



ちょっと考えただけでも怖いなって思います。



私の傍には、穂乃果ちゃんがいるのが当たり前。



出会った時から。



いつでも。



どんなときでも。



穂乃果ちゃんが傍にいました。



ううん。



私が穂乃果ちゃんの傍を選んでいました。




4: 名無しで叶える物語(らっかせい)@\(^o^)/ 2016/04/17(日) 17:51:06.95 ID:2KHKwO+n.net

お陽様の出ている場所じゃないと、凍えてしまうから。 



月明かりの夜に、一人で外にはいられないから。 







だから、私が穂乃果ちゃんに”恋”をしてしまうのは当然でした。 




……だって。 




いつも隣りにいるんだもん。 




好きになっちゃうよね。 




そんなの当たり前だよ。



7: 名無しで叶える物語(らっかせい)@\(^o^)/ 2016/04/17(日) 17:51:30.17 ID:2KHKwO+n.net

私たち二人が一緒にいることは、当たり前。 



それぐらいに私たちは仲良しだったと思います。 



毎日、朝から帰る時間まで、一緒にお話をして、遊んで。 




おままごとのようなものとはいえ。 





それは恋人のような。 



新婚さんのような。 




そんな関係だったような気がします。 












―――でも、そんな私たちの関係に、変化が訪れました。



14: 名無しで叶える物語(らっかせい)@\(^o^)/ 2016/04/17(日) 17:52:21.70 ID:2KHKwO+n.net

ほのか「みーつけた!」 

うみ「ひぅ!?」 




ほのか「つぎ、あなたがおにだよ!」 



うみ「ふぇぇ……?」 



ほのか「いっしょにあそぼう♪」



17: 名無しで叶える物語(らっかせい)@\(^o^)/ 2016/04/17(日) 17:52:42.79 ID:2KHKwO+n.net

園田海未ちゃん。 




私たちの間に、海未ちゃんがやってきました。 




海未ちゃんは始めて出会った頃。 





今とは全然違い、とっても恥ずかしがり屋さん。 




勿論、今でも肝心なところではうじうじしちゃう可愛いところもあるけれど。 




子供の頃は本当に超がつく恥ずかしがり屋さんでした。 



私が始めて会話したのも、出会って半年ぐらい経ってたんじゃないかなぁ……?



20: 名無しで叶える物語(らっかせい)@\(^o^)/ 2016/04/17(日) 17:53:14.58 ID:2KHKwO+n.net

いつも怖がりで。 





恥ずかしがり屋で。 




けれど、寂しん坊の海未ちゃんは。 





私と穂乃果ちゃんが遊んでいる公園までは来るけれど。 




声をかけることはできず、木陰からじっと見つめるだけ。 




そんな海未ちゃんを見兼ねて、いつも穂乃果ちゃんが。



23: 名無しで叶える物語(らっかせい)@\(^o^)/ 2016/04/17(日) 17:53:51.15 ID:2KHKwO+n.net

ほのか「もー、こっちにおいでよー!」 


うみ「……ううっ」 


ほのか「それじゃまたあなたがおにだよー?」 


うみ「うう……!」フルフル 


ほのか「ほーら!あーそーぼっ!」グイグイ



29: 名無しで叶える物語(らっかせい)@\(^o^)/ 2016/04/17(日) 17:54:38.09 ID:2KHKwO+n.net

そんなやりとりを、穂乃果ちゃんと何回も何回も続けていたら。 



いつのまにか海未ちゃんは、私たちの輪に入っていました。 





それでも、しばらくの間はびくびくと、凍える寒さに震えていたけれど。 




穂乃果ちゃんという太陽が傍にいたから。 




徐々に、落ち着きを取り戻していったんだと思います。



32: 名無しで叶える物語(らっかせい)@\(^o^)/ 2016/04/17(日) 17:55:14.48 ID:2KHKwO+n.net

……私は、それまで穂乃果ちゃんしかいなかったから。 




海未ちゃんが現れたことで、ちょっと戸惑っていました。 




見知らぬ誰か。 



心を許していいのかわからない、他人。 




私は子供心に。 




穂乃果ちゃんを取られたら嫌だなぁ、という暗々とした想いを抱いてました。



36: 名無しで叶える物語(らっかせい)@\(^o^)/ 2016/04/17(日) 17:55:45.53 ID:2KHKwO+n.net

だって。 




私には穂乃果ちゃんしかいなかったから。 




穂乃果ちゃんが良かったから。 




まだ”恋”へと変化する前のその想いは、単純な憂鬱。 




その憂鬱が、嫉妬に変わってしまうのは。 




勿論必然で。 




想いが形になるのには、時間は入りませんでした。



38: 名無しで叶える物語(らっかせい)@\(^o^)/ 2016/04/17(日) 17:56:31.02 ID:2KHKwO+n.net

―――。 





―――この頃のことは、あまり思い出したくありません。 




私が、海未ちゃんへの嫉妬心を、形に変えてぶつけてしまった頃。 




この時の荒んだ想いは、私にとっての忘れたい過去。 




封印してしまいたい過ち。 





私の……凍てついた心が、どこまでも尖って、歪になっていきました。 




……でも。 



そんな私の氷のトゲも。 



穂乃果ちゃんという太陽にかかれば。 








一瞬で、溶けて、丸くなる。



43: 名無しで叶える物語(らっかせい)@\(^o^)/ 2016/04/17(日) 17:57:05.23 ID:2KHKwO+n.net

ほのか「さいきん、ことりちゃんとうみちゃん、なかがわるい!」 

ことり「そ、そんなことないよぉ……」 

うみ「……ううっ」 

ほのか「んーん!」 

ほのか「ほのかにはわかるもん!」 

ほのか「ことりちゃん、うみちゃんのめをみてない!」 

ことり「っ……」 

うみ「……」 

ほのか「けんかはよくないよ!どうしてなかよくできないの?」 

ことり「……」 

うみ「……」 





穂乃果ちゃんのせいだなんて、口が裂けても言えませんでした。 






だって。



45: 名無しで叶える物語(らっかせい)@\(^o^)/ 2016/04/17(日) 17:57:35.74 ID:2KHKwO+n.net

ほのか「ふたりともなかよくできないなら、ほのか、ふたりともキライになっちゃうよ!」 

ことり「そ、そんなぁ……!」 

うみ「うう……っ!」フルフル! 



穂乃果ちゃんはズルイよ……。 




穂乃果ちゃんに嫌われたら、私たち二人共。 




生きていけないよ……。



47: 名無しで叶える物語(らっかせい)@\(^o^)/ 2016/04/17(日) 17:58:01.77 ID:2KHKwO+n.net

だから。 





私の凍ったトゲは。 




溶けて、丸くなった。 





穂乃果ちゃんに、捨てられたくなかったから。 




穂乃果ちゃんに、嫌われたくなかったから。



49: 名無しで叶える物語(らっかせい)@\(^o^)/ 2016/04/17(日) 17:58:28.72 ID:2KHKwO+n.net

―――。 




その一件から、私たちの関係にまた変化が訪れる。 





私と海未ちゃんが、穂乃果ちゃんを求める関係性から。 





それぞれがそれぞれを求める関係になった。 







その後の私たちの、始まりだと思う。 






最初は、穂乃果ちゃんに嫌われたくない一心だったと思います。 




海未ちゃんと表面的にだけでも仲良くなって、関係を繕うとしていました。



51: 名無しで叶える物語(らっかせい)@\(^o^)/ 2016/04/17(日) 17:58:54.41 ID:2KHKwO+n.net

ことり「……うみちゃん?」 

うみ「っ……」ビクッ 


ことり「……だいじょうぶだよ、もういじわるしたりしないよ」 


うみ「……うう……」フルフル 


ことり「ことり……ほのかちゃんにきらわれたくないもん……」 


うみ「……」 


ことり「……だから、あそぼ?」 


うみ「……うん」



54: 名無しで叶える物語(らっかせい)@\(^o^)/ 2016/04/17(日) 17:59:25.25 ID:2KHKwO+n.net

お互いが、穂乃果ちゃんという存在で成り立っている関係だから。 




穂乃果ちゃんを盾にすれば。 




首を縦にふるしかできなかった。 




卑怯だよね、私……。 





だから、しばらくの間は仮初めのお友達ごっこでした。 




穂乃果ちゃんと遊びたいから、海未ちゃんと遊ぶ。 




穂乃果ちゃんと一緒にいたいから、海未ちゃんと一緒にいる。 




そんな歪な三人の関係。



57: 名無しで叶える物語(らっかせい)@\(^o^)/ 2016/04/17(日) 17:59:52.20 ID:2KHKwO+n.net

多分。 




あの頃は、互いに無関心であったと思います。 




たまに、穂乃果ちゃんだけが三人の場からいなくなってしまうと。 




本当に困惑していたのを覚えています。 





もともと、海未ちゃんはあまり多く喋る性格じゃなかったし。 




会話は続くはずもなく。 




なにより、表面的な関係でしかなかったから。 




お互いが無関心だから。 






ただひたすら、気持ち悪い時間が過ぎていったのを覚えています。



60: 名無しで叶える物語(らっかせい)@\(^o^)/ 2016/04/17(日) 18:00:17.08 ID:2KHKwO+n.net

そんなある日。 





私は海未ちゃんにこんな質問をしてみました。 





ことり「ねぇ?」 

うみ「っ!?」ビクッ 




―――私の言葉に、いちいち大きく反応する海未ちゃん。 


今思い出してみれば、それはとても可愛いなって思うけれど。 



あの頃の私は、その挙動一つ一つにイライラしてたのを覚えています。 




ああ、やめよう。 



思い出したくない―――。



63: 名無しで叶える物語(らっかせい)@\(^o^)/ 2016/04/17(日) 18:00:43.92 ID:2KHKwO+n.net

ことり「うみちゃんは……なんでほのかちゃんがすきなの?」 



うみ「……ほのか……ちゃん……?」 





穂乃果ちゃんの名前を出した途端に、海未ちゃんははっきりと表情をほころばせていました。 







まるでそれは……。 






恋する乙女のよう。



66: 名無しで叶える物語(らっかせい)@\(^o^)/ 2016/04/17(日) 18:01:13.49 ID:2KHKwO+n.net

うみ「……ほ、ほのかちゃんは……///」 





穂乃果ちゃんのことを語る海未ちゃんは。 





うみ「……わたしにこえをかけてくれた……はじめての……おともだち……///」 




本当に幸せそうで。 





うみ「ともだちをつくるのがにがてなわたしのてを、とってくれた……///」 




きっと。 




うみ「……だから、ほのかちゃんのことが……すき……///」 






穂乃果ちゃんがいれば、他に何もいらないんだろうなって思いました。 






……私と同じ。



71: 名無しで叶える物語(らっかせい)@\(^o^)/ 2016/04/17(日) 18:01:45.00 ID:2KHKwO+n.net

ことり「……ことりも」 


ことり「ことりもおんなじだよ」 


うみ「え……?」 




ことり「ことりも、おともだちつくるのにがてだから……」 



ことり「はじめてできたおともだちは、ほのかちゃん」 



ことり「ほのかちゃんが……こえをかけてくれたの」 






ほのか『いっしょにあそぼう!』 





ことり「……ことりには……」 



ことり「ことりも……ほのかちゃんしかいないんだもん……」 



うみ「……」



74: 名無しで叶える物語(らっかせい)@\(^o^)/ 2016/04/17(日) 18:02:13.01 ID:2KHKwO+n.net

その時に、始めて海未ちゃんのことを理解できたと思います。 




私たちは同じなんだと。 





穂乃果ちゃんという太陽がいなければ。 





生きていくこともままならない存在だと……。 






私のお友達は、穂乃果ちゃんと海未ちゃん。 






この日、始めて、私たちはそう呼べる関係になれたと思います。



79: 名無しで叶える物語(らっかせい)@\(^o^)/ 2016/04/17(日) 18:02:39.42 ID:2KHKwO+n.net

―――。 




暫くの間は、平和な時間が流れていたと思います。 




穂乃果ちゃんが絶対という、私たち二人だけの特別なルールこそあったけれど。 






仮初めではない、本当の友人同士の関係性が続いていました。 





しかし、人間というのは変わらずにはいられないのです。 







良くも悪くも。 









私たちは変わっていってしまいます―――。



81: 名無しで叶える物語(らっかせい)@\(^o^)/ 2016/04/17(日) 18:03:17.82 ID:2KHKwO+n.net

穂乃果「二人共!おはようー!!」 

ことり「ほのかちゃん、おはよう♪」 

海未「遅いですよ、ほのか」 

穂乃果「そ、そんなことないよ……!」アセアセ 

海未「待ち合わせ時間を過ぎています!これ以上遅れたら三人とも遅刻してしまうかもしれないんですよ!」 

穂乃果「だ、大丈夫だよー!ほら!あと三分あるし!」 

ことり「は、走らないとダメかな……?」アハハ 

穂乃果「そ、そうだね!ほら、ことりちゃん、うみちゃん!行こう!」 

海未「はぁ……急ぎましょう」 

穂乃果「うん!」 




ことり「……」



89: 名無しで叶える物語(らっかせい)@\(^o^)/ 2016/04/17(日) 18:04:50.25 ID:2KHKwO+n.net

中学生になって、海未ちゃんが、大きく成長しました。 





びくびく、おどおどしていた幼少期と変わって。 




落ち着き払い、外見も清楚で、美しく……。 



まさに、大和撫子という言葉がぴったり。 





みんなのよく知る、あの海未ちゃん。 






穂乃果ちゃんと毎日口ゲンカをしている、あの海未ちゃん。



93: 名無しで叶える物語(らっかせい)@\(^o^)/ 2016/04/17(日) 18:05:34.74 ID:2KHKwO+n.net

―――本当にいつの間にかだった。 








いつの間にか海未ちゃんは。 














穂乃果ちゃんと対等の位置に居座ってた―――。



97: 名無しで叶える物語(らっかせい)@\(^o^)/ 2016/04/17(日) 18:06:03.32 ID:2KHKwO+n.net

穂乃果ちゃんは”絶対”なのに。 





穂乃果ちゃんに対して意見を言う。 




それどころか、穂乃果ちゃんに対して口ごたえすらしている 






傍から見ればそれは、ケンカだ。 






海未ちゃんにどんな心境の変化があって変わったのかは知らない。 





でもそれは。 





私たち二人にとって。 




破ってはいけない禁忌だったはず。



99: 名無しで叶える物語(らっかせい)@\(^o^)/ 2016/04/17(日) 18:06:32.89 ID:2KHKwO+n.net

ケンカはダメ……。 



穂乃果ちゃんに嫌われるから。 



仲が悪いのもダメ……。 



穂乃果ちゃんに嫌われるから。



103: 名無しで叶える物語(らっかせい)@\(^o^)/ 2016/04/17(日) 18:06:58.25 ID:2KHKwO+n.net

それなのに海未ちゃんは……。 




穂乃果ちゃんと言い合いをしている。 




穂乃果ちゃんに嫌われちゃうよ。 




穂乃果ちゃんとケンカをしている。 




穂乃果ちゃんに嫌われちゃうよ。



107: 名無しで叶える物語(らっかせい)@\(^o^)/ 2016/04/17(日) 18:07:25.24 ID:2KHKwO+n.net

あれ……? 




でも、穂乃果ちゃんは海未ちゃんを嫌いになってないよ……? 




海未ちゃんも、穂乃果ちゃんが嫌いじゃないみたい……。 




あれ……。 



あれあれ。 




おかしいな。 




なんでだろ……。



110: 名無しで叶える物語(らっかせい)@\(^o^)/ 2016/04/17(日) 18:07:57.18 ID:2KHKwO+n.net

穂乃果ちゃんはケンカが嫌いなんじゃないのかな。 

穂乃果ちゃんは中が悪いのも嫌なんじゃないのかな。 

海未ちゃんとケンカしてるんだよ? 

なんでなんでなんでなんで? 


海未ちゃんなんて嫌いになればいいのに。 
海未ちゃんなんて嫌いになればいいのに。 
海未ちゃんなんてキライになればいいのに。 
ウミちゃんなんてきらイになればいいのに。 











うみちゃんなんてうみちゃんなんてうみちゃんなんてうみちゃんなんてうみちゃんなんてうみちゃんなんてうみちゃんなんてうみちゃんなんて。 
キライキライキライキライキライキライキライキライキライキライキライキライキライキライ。 






――――。



114: 名無しで叶える物語(らっかせい)@\(^o^)/ 2016/04/17(日) 18:08:32.10 ID:2KHKwO+n.net

……私は。 





穂乃果ちゃんとケンカなんて絶対できない。 






だって。 






穂乃果ちゃんしかいないから。 






穂乃果ちゃんは”絶対”だから。 







……だから。 








私はまた海未ちゃんが許せなくなった。



117: 名無しで叶える物語(らっかせい)@\(^o^)/ 2016/04/17(日) 18:09:01.34 ID:2KHKwO+n.net

同じ穂乃果ちゃんを好きな友達だと思ったのに。 





違った。 




海未ちゃんは成長して変わってしまった。 




ううん。 




元々、コチラ側の人間じゃなかったのかもしれない。 





だから。 




穂乃果ちゃんとケンカできるんだ……。 




そうじゃないと、説明できない。 





私が、説明できない……!



120: 名無しで叶える物語(らっかせい)@\(^o^)/ 2016/04/17(日) 18:09:30.00 ID:2KHKwO+n.net

海未「ことり」 


ことり「……」 


海未「次の期末試験の範囲ですが……。こことここで良かったんですよね?」 






そういえばいつからだろう。 




海未ちゃんが私を呼び捨てにするようになったのは。



128: 名無しで叶える物語(らっかせい)@\(^o^)/ 2016/04/17(日) 18:10:32.72 ID:2KHKwO+n.net

イライラ……。 





あ……。 





そういえば、穂乃果ちゃんもだ……。 





イライラ……。



130: 名無しで叶える物語(らっかせい)@\(^o^)/ 2016/04/17(日) 18:11:03.01 ID:2KHKwO+n.net

ことり「……先生の話、聞いてなかったの?」 


海未「あ、すみません……。ちょうどその時、ほのかを気にしていたら……」 


ことり「言い訳は良くないよ」 


海未「そ、そうですね……」 





昔のように。 





冷たいささくれだった氷のような心が。 





少しずつ鋭利になっていくのがわかりました。



135: 名無しで叶える物語(らっかせい)@\(^o^)/ 2016/04/17(日) 18:11:39.97 ID:2KHKwO+n.net

穂乃果「うーみちゃん!ことりちゃん!」 

ことり「っ……!」 

海未「ほのか……」 






穂乃果ちゃんに嫌われたくない。 
穂乃果ちゃんに嫌われたくない。 

穂乃果ちゃんに嫌われたくない!



139: 名無しで叶える物語(らっかせい)@\(^o^)/ 2016/04/17(日) 18:12:03.60 ID:2KHKwO+n.net

ことり「……どうしたの?ほのかちゃん」 


穂乃果「今度の試験の範囲教えてよぉ~!ほのかぐっすり寝てたから全然わからなくて……!」 


海未「……全く、だからあれほど夜更かしするんじゃありませんといったんです!」 


穂乃果「だってー!夜のテレビ番組面白いんだもん……!」 


海未「録画して次の日に見ればいいでしょう!」 


穂乃果「夜更かししながら見るからいいんじゃんか!」 


海未「だから授業中に寝てしまうんでしょう!?大体ほのかは……」クドクド



144: 名無しで叶える物語(らっかせい)@\(^o^)/ 2016/04/17(日) 18:12:35.44 ID:2KHKwO+n.net

イライラ。 


イライラ。 



穂乃果ちゃんに嫌われたくない。 

穂乃果ちゃんに嫌われたくないからケンカはやめて。 

ケンカはやめて仲良くして。 

仲良くしたいから穂乃果ちゃん嫌わないで。 

それに呼び捨てにしないで。 

穂乃果ちゃんを呼び捨てにしないで。 

やめてやめてやめてやめてイライライライライラキライキライキライキライ。



146: 名無しで叶える物語(らっかせい)@\(^o^)/ 2016/04/17(日) 18:13:01.10 ID:2KHKwO+n.net

ことり「……ほ、ほのかちゃん、ことりが教えてあげるから……ね?」 


穂乃果「ホント!?」パッ 


ことり「へぅ……!///」 


海未「ことり……」 


ことり「だから……二人共、ケンカはやめよ……?」 


穂乃果「うんうん!分かったよぉ~!」 


穂乃果「ありがとうことりちゃん~!!」ダキ 


ことり「ちゅん!?///」



151: 名無しで叶える物語(らっかせい)@\(^o^)/ 2016/04/17(日) 18:13:30.81 ID:2KHKwO+n.net

私のマグマのように煮えたぎった嫉妬も。 




穂乃果ちゃんに手にかかれば、一瞬で冷えて固まる。 







ああ……。 





やっぱり私には穂乃果ちゃんしかいない。 







穂乃果ちゃんさえいれば、それでいい……。



155: 名無しで叶える物語(らっかせい)@\(^o^)/ 2016/04/17(日) 18:13:55.20 ID:2KHKwO+n.net

穂乃果「ごめんねー、本当はほのかも一緒に遊びたかったんだけど……」 


穂乃果「今日はすぐに帰って店番しろってお母さんが……」 


ことり「あはは、しょうがないよ穂乃果ちゃん」 


海未「お店のことでしたら仕方がありません。気にしないで先に帰ってください」 


穂乃果「うんー!二人共ありがとうー!」 


穂乃果「また明日ねー!」フリフリ 


ことり「また明日♪」フリフリ 


海未「気をつけて帰ってください」フリフリ



158: 名無しで叶える物語(らっかせい)@\(^o^)/ 2016/04/17(日) 18:14:26.28 ID:2KHKwO+n.net

ことり「……」 

海未「……」 


海未「……あの、ことり……」 


ことり「いこっか」スタスタ 




海未「……あ、はい……」トコトコ



161: 名無しで叶える物語(らっかせい)@\(^o^)/ 2016/04/17(日) 18:14:57.40 ID:2KHKwO+n.net

穂乃果ちゃんは”絶対”だから。 




ケンカはしない。 




あの時と同じ過ちは犯さない。 






でも、”好き”になる必要はないよ。 





好き……? 




海未ちゃんなんて、”普通”でいい。 




私には穂乃果ちゃんがいればそれでいいんだから。



166: 名無しで叶える物語(らっかせい)@\(^o^)/ 2016/04/17(日) 18:15:25.11 ID:2KHKwO+n.net

ことり「……」スタスタ 


海未「……」トコトコ… 


ことり「……」スタスタ 


海未「……あ、あの……ことり……?」 





呼び捨てにしないで。 





ことり「……何?」 



海未「……そ、その……」 




海未「もしかして今日は、機嫌が悪いのでしょうか……?」 




ことり「……」



169: 名無しで叶える物語(らっかせい)@\(^o^)/ 2016/04/17(日) 18:15:54.57 ID:2KHKwO+n.net

見て分からないの? 


そう 

つっけんどんに返そうと思ったけど。 



それじゃケンカになっちゃう。 




ダメだダメだ……。 




穂乃果ちゃんには嫌われたくない。 






ことり「……そんなことないよ?」 


海未「……そうです……か」 


ことり「うん……」 





ことり「海未ちゃんの気のせいじゃないかな……?」



174: 名無しで叶える物語(らっかせい)@\(^o^)/ 2016/04/17(日) 18:16:23.02 ID:2KHKwO+n.net

自分でもびっくりするぐらいに。 



暗く冷たい言葉だったと思う。 




まるで温度を感じさせない表情で。 




けれど。 



にっこりと。 



笑顔で。 




答えてあげた。 











なのに。



176: 名無しで叶える物語(らっかせい)@\(^o^)/ 2016/04/17(日) 18:16:59.69 ID:2KHKwO+n.net

海未「……そうですか」 








海未「なら、よかったです」ニコ 







ことり「っ……」 




満面の笑顔で。 




優しい声で。 




海未ちゃんは返してくれた。



185: 名無しで叶える物語(らっかせい)@\(^o^)/ 2016/04/17(日) 18:18:05.82 ID:2KHKwO+n.net

ことり「……」 


海未「それじゃ、行きましょうか」トコトコ… 





……なんで。 



なんでこんなに冷たくしてるのに。 




こんなに……突き放しているのに。 






私に笑いかけてくれるの……?



189: 名無しで叶える物語(らっかせい)@\(^o^)/ 2016/04/17(日) 18:18:32.45 ID:2KHKwO+n.net

海未ちゃん……。 






昔とは……。 




子供の頃とは違う、海未ちゃんの反応。 





あの頃の海未ちゃんなら。 





私が冷たくするだけで……。 





怯えて、縮こまって、必要以上に私と距離をおいていたと思う。



192: 名無しで叶える物語(らっかせい)@\(^o^)/ 2016/04/17(日) 18:19:10.29 ID:2KHKwO+n.net

それなのに今は。 





私のことを。 




私の氷の刃をものともせず。 





包み込んで、溶かそうとする……。



196: 名無しで叶える物語(らっかせい)@\(^o^)/ 2016/04/17(日) 18:19:38.29 ID:2KHKwO+n.net

それはまるで……。 





穂乃果ちゃんのよう……。 





穂乃果ちゃん? 




そんなまさか。 




海未ちゃんは……海未ちゃんだ。 




穂乃果ちゃんじゃない。



201: 名無しで叶える物語(らっかせい)@\(^o^)/ 2016/04/17(日) 18:20:07.66 ID:2KHKwO+n.net

穂乃果ちゃんは海未ちゃんじゃない。 




海未ちゃんは穂乃果ちゃんじゃない。 




……そんなの当たり前だ。 




私には穂乃果ちゃんだけ。 



私には穂乃果ちゃんだけ。 




海未ちゃんはいらない……海未ちゃんは嫌い……海未ちゃんは消えて。 


穂乃果ちゃん海未ちゃん穂乃果ちゃん海未ちゃん穂乃果ちゃん海未ちゃん穂乃果ちゃん海未ちゃん穂乃果ちゃん海未ちゃん穂乃果ちゃん海未ちゃん



204: 名無しで叶える物語(らっかせい)@\(^o^)/ 2016/04/17(日) 18:20:42.31 ID:2KHKwO+n.net

――――。 





アレー、キミヒトリー?カワイイネ- 




ことり「……」ハッ 




コンナトコロデドウシタノー? 

ナァナァ、オレラトイッショニアソバナイ? 





あれ……? 



海未ちゃんは……? 





海未ちゃんが……いない。 




それに、この人達は……?



211: 名無しで叶える物語(らっかせい)@\(^o^)/ 2016/04/17(日) 18:21:46.07 ID:2KHKwO+n.net

キミ、ドコノコー? 


ッテイウカ、メチャクチャカワイクネ? 


ネー?イッショニドッカイカナイ-? 





何人もの男の人達に囲まれ。 


私はロクに身動きも取れない状態で、びくびくと固まっていました。 




私たちが成長したことによって起きた環境の変化の一つ。 




初めての体験。 



初めて受ける恐怖。



216: 名無しで叶える物語(らっかせい)@\(^o^)/ 2016/04/17(日) 18:22:20.67 ID:2KHKwO+n.net

何故私はこの場に一人なんだろう。 



一人は心細い……。 



一人は怖いよ……。 




穂乃果ちゃん……。 




穂乃果ちゃん……。 






穂乃果ちゃん、助けて……!!



220: 名無しで叶える物語(らっかせい)@\(^o^)/ 2016/04/17(日) 18:22:52.98 ID:2KHKwO+n.net

目を閉じて、心のなかで必死に訴えかける私を助けてくれたのは―――。 








今でもはっきりと覚えています。 





細く、美しく、しなやかで、繊細。 





けれども、力強く。 





私の前に、大きく手を広げ佇むのは……。 










海未「……私の大切な友人に、指一本でも触れることは許しません……!」



224: 名無しで叶える物語(らっかせい)@\(^o^)/ 2016/04/17(日) 18:23:25.34 ID:2KHKwO+n.net

ことり「……っ///」 







エー、ナンダヨコイツー 


コノコモカワイクネ-? 


ホントダー、フタリトモレベルタケー 


イッショニドッカイコーヨー 





海未「……っ!!」キッ 




ナ、ナンカコエエヨコイツ 


ヤバインジャネ…? 


イコウゼ…?



230: 名無しで叶える物語(らっかせい)@\(^o^)/ 2016/04/17(日) 18:24:04.85 ID:2KHKwO+n.net

海未「……」 



海未「……ふぅ」 



海未「……行きましたか……さすがに緊張しましたね」 


海未「ことり……?大丈夫ですか……?」 


海未「急にいなくなるからびっくりしましたよ……」 


海未「探したら男性に囲まれていて更に焦りましたが……」 



海未「何事もなくて良かったです」 


ことり「……///」 



海未「ことり……?」



234: 名無しで叶える物語(らっかせい)@\(^o^)/ 2016/04/17(日) 18:24:33.59 ID:2KHKwO+n.net

この日を堺に。 






私の想いは、めまぐるしく変化していきます。 





ぐるぐるぐるぐる。 






まるで万華鏡のように。 







ぐるぐるぐるぐる。



462: 名無しで叶える物語(らっかせい)@\(^o^)/ 2016/04/22(金) 19:03:10.28 ID:VOYq7fK/.net

保守ありがとうございます。 
続きはコチラのスレになります。 

穂乃果「私たちのさんかくかんけい」 








他のおすすめSS
ことり「凛ちゃんのおパンツ」 
海未(穂乃果のお布団の中でおならプップしたらどうなるのでしょうか…) 
ことり「海未ちゃんの反抗期」 
ことり「実はこのトサカね…>>3なんだ」 
海未「まったく、会長は大変ですね」 
絵里「あれ…ここは…?」 
絵里「希に猫トイレでう○ちさせるわ」 
絵里「夏の陽射しの中で」 
凛「何言ってるの海未ちゃん?私は穂乃果だよ?」 
穂乃果「海未ちゃんの浮気もんっ!」