転載元 : http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1441810450/

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/09/09(水) 23:54:10 ID:ludF9uI.

久遠寺邸 サロン

青子「草十郎は、私のことを蒼崎って呼ぶじゃない?」

草十郎「?」

青子「それで、有珠のことは有珠って呼ぶでしょ? 素朴な疑問で一切他意はないけど、これはなんの違いなわけ?」

有珠「……」チラッ

青子「ほら、有珠も聞き耳を立ててることだし、答えなさい」

有珠「言いがかりはやめて。聞き耳を立てるなんて品のないことをするわけがないじゃない」

青子「ばっちり聞いてるじゃないの」

有珠「……。ロビン、聞き耳なんて立ててないわよね?」

ロビン「もちろんっス、マイ天使がそんなことするわけないっス!」



2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/09/10(木) 00:00:50 ID:om4Bofco

青子「いいじゃない、気になるなら気になるで。有珠って変なところで意固地よね」

有珠「青子に言われたくないわ」

ロビン「どっちも頑固者っスからねぇ」

有珠「……ロビン?」

ロビン「いや、マイ天使は頑固者じゃなかったっス! 頑固者はそこの青いのだけだったっス!」

青子「青い言うな。アンタの方がよっぽど青いわよ」

草十郎(なるほど、こういうのを風見鶏と言うのだろうか……)

青子「それで草十郎。なんで私は蒼崎で、有珠は有珠なわけ?」

草十郎「そんなことどうでもいいじゃないか。それよりも蒼崎、昼食の当番を代わったら宿題を手伝ってくれる約束はどうなったんだ?」

青子「もちろん、約束は守るわよ。食後のお茶が終わったらね。いいから答えなさいな」



3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/09/10(木) 00:10:56 ID:om4Bofco

草十郎「うーん。特に意味はないけれど……」

青子「前置きはいいから」

有珠「……」チラッ

草十郎「なんとなく、蒼崎を名前で呼び捨てにしたら怒りそうじゃないか」

青子「……ちょっと。それ、どういう意味よ。私がそんなことくらいで怒るような人間に見えるわけ?」

草十郎「ほら、すでに怒っているじゃないか。ハチミツを取られた熊みたいな顔をしてる」

青子「誰が熊よっ! だいたい怒らせるようなことを言ったアンタが悪いんじゃない!」

有珠「……ハチミツを取られたくま」プルプル

青子「そこ、笑うな! メルヘン禁止っ!」ウガァー

ロビン「マイ天使にあたるのはやめてほしいっス!」




4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/09/10(木) 00:20:33 ID:om4Bofco

青子「チッ。……いいわ、草十郎。アンタは私のことを誤解しているようだから、いかに私が心優しい人間か説明してあげる」

ロビン「自分で説明しているあたり、虚しいっスね」

青子「いい? まず、魔術を目撃して、有珠に殺されそうになったアンタを助けたのは誰? 他でもない、この私よ?」

草十郎「でも、その前に俺のことを蒼崎が殺そうとしていたような……」

青子「うっ! そ、それはっ……。そう、有珠の命令で仕方なくよ! とにかく、私は心優しいの!」

有珠「……そんな命令をした覚えはないわ。私が静希くんを危険なめに合わせるわけないじゃない」



6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/09/10(木) 00:35:13 ID:om4Bofco

青子「なに、今さら良い子ぶりっ子しようとしてるのよ。そもそも、草十郎を排除しようとしてたのは、私よりも有珠の方でしょうが」

有珠「いいえ。静希くんをどうにかしようなんて考えたことなんて一時も考えたことはないわ」

青子「アンタねぇ……! だいたい、少し気になってはいたけど、有珠、アンタ、最近草十郎に甘くない?」

有珠「……。そんなことないわ」

青子「知ってるのよ? 草十郎がテスト勉強で夜更かししてたとき、有珠が紅茶の差し入れをしてたりするのも、それから……」

有珠「憶測で勝手なことを言わないでちょうだい。あれは……、そう、たまたま紅茶を淹れる分量を間違えたものだから、静希くんに差し入れをしただけよ」



7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/09/10(木) 00:46:45 ID:om4Bofco

青子「ふーん。じゃあ、魔術の秘匿のために、屋敷に人を入れたがらなかった有珠が、草十郎の友人なら入ってもいいって許可を出したのは、どういう心境の変化なわけ?」

有珠「それは……、静希くんの友達ならおかしなことはしないでしょうから。そういうところで少なからず信頼していると言えるけれど、だからと言ってべつに静希くんに甘いわけではないわ」

青子「有珠がここまで多弁になっている段階で、語るに落ちたも同然よ。ねぇ、草十郎もそう思うわよね? ……って、アンタ、一体何をしてるのよ」



8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/09/10(木) 00:58:04 ID:hQl2Ew7E

草十郎「ん? ……いや、いつまで経っても蒼崎が手伝ってくれそうにないから、自力で宿題を片付けようと」カリカリ

青子「だから、ちゃんと手伝うって言ってるでしょ! 私、約束を反故にされるのは許せないから、約束は守るわよ」

草十郎「蒼崎に約束を守る意志があってよかった」

青子「失礼ね。……はぁ、もういいわ。じゃあ、宿題を手伝ってあげるから、分からないところを教えなさいな」

草十郎「ああ。助かるよ、蒼崎」

有珠「静希くん、紅茶のおかわり淹れる?」

草十郎「ありがとう、有珠」

有珠「……構わないわ」

青子「あ、私もお願い」

有珠「……」はぁ

青子「なんで溜め息つくのよ。……ん、ありがと」

――勉強中――



9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/09/10(木) 01:18:11 ID:hQl2Ew7E

――勉強中――

青子「ねぇ、草十郎」

草十郎「うん?」カリカリカリ

青子「さっきの話の続きだけど」ペラッ

草十郎「蒼崎が優しいって話ならもう分かったから」カリカリカリ

青子「そっちじゃなくて。なんで草十郎は有珠のこと有珠って呼ぶようになったの?」

草十郎「ああ、そっちか」

青子「そうよ。で、どうなの?」

有珠「……」チラリッ

草十郎「それは……」

青子「それは?」

草十郎「有珠と仲良くしたかったから、かな」

青子「それはやっぱり、有珠と仲良くならないと殺されるかもしれなかったから?」

草十郎「それもあったけど、一番はそこじゃなかったと思う。有珠にとっては煩わしかったかもしれないけど、やっぱり一つ屋根の下に住んでいるんだから、仲良くなりたいし、相手のことを知りたいと思うのは当然じゃないか」



10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/09/10(木) 01:19:13 ID:hQl2Ew7E

青子「ふぅん。草十郎の回答って、いかにも有珠好みの回答ね」

草十郎「うん?」

有珠「……そんなことないわ」

青子「そう? 前に好みのタイプの話をしたとき、有珠が言ってたんじゃない。飾り気のない人が好きだって」

有珠「覚えがないわ。青子の記憶違いじゃない?」

青子「しっかり覚えてるわよ。……って、変な顔して、どうしたの、草十郎」

草十郎「いや、……蒼崎たちもそういう話をするんだなと意外に思って」

青子「そりゃね、一応女子高生なわけだし。まあ、有珠の場合、自分からそんな話はしないけど、でも聞いたら律儀に答えてくれるし」

草十郎「ああ、それなら想像しやすいかな。たしかに、少し考え込んでから答えてくれそうだ」

青子「でしょ?」



11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/09/10(木) 01:44:36 ID:hQl2Ew7E

草十郎「でも、蒼崎の好みなら知ってる」

青子「え?」

草十郎「たしか教会の……うぐっ、首輪が!」

青子「草十郎、今、何か言おうとした?」

草十郎「……いや、なにも」

青子「よろしい」

草十郎「……何も恥ずかしがることじゃないじゃないか」

青子「べつに恥ずかしがっていたわけじゃないわ。って、微妙な感情の機微をアンタに説いたところで仕方ないわよね」

草十郎「む。何か随分なことを言われている気がする」



12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/09/10(木) 02:11:10 ID:hQl2Ew7E

青子「ちなみに、草十郎の好みのタイプってどんななの? ちょっと想像できないわ」

有珠「……」チラッ

ロビン「シャバ僧の好みっスから、山女じゃないっスか?」

青子「いやいや、それがどうして。こないだ鳶丸から聞いたんだけど、草十郎も人並みに異性の薄着なんかにどぎまぎしてるそうじゃない。そこらへんは案外まともな感性をしてるんじゃないかって期待してるんだけど」

草十郎「むむ。揃いも揃って俺をなんだと思ってるんだ」

青子「何って、野生児?」

有珠「……たしかに」



13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/09/10(木) 02:19:58 ID:hQl2Ew7E

草十郎「有珠まで」

有珠「でも、野生児なら野生児で構わないと思うわ。……そうね、文明とは少し距離を置いて暮らしている女性なんか静希くんに似合いじゃないかしら」

青子「ふぅん。たとえば、山奥の古い洋館で暮らす女の子とか?」

有珠「……。青子、何か言いたいことがあるなら、はっきりと言ったらどう?」

青子「べっつにー?」

有珠「そのわりには何か含むところがありそうな顔でいるけれど。なんでもないとうのなら、そのにやけ顔を取り下げなさい」

青子「はいはい。で? 草十郎、どうなのよ」



14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/09/10(木) 02:31:32 ID:hQl2Ew7E

草十郎「どうと言われても。そうだな、蒼崎なんかはわりと好みだ」

青子「ふぅん。私みたいなのがねぇ。……私みたいなの……私……え、私!?」

草十郎「うん。蒼崎は、強くあろうとしているところや公正であろうとしている姿勢が、強くて美しいと思 う」

青子「えっと、あの、ありがとう……?」///

草十郎「どういたしまして」

青子「アンタにかぎってお世辞ってことはないか。……なんだか、こういうこと、面と向かって大真面目に言われると照れるわね」

草十郎「そうやって照れたりするところも、普段の不機嫌そうな顔とは違っていて可愛いと思うよ」

青子「……草十郎ってなんだか恥ずかしい奴ね」

草十郎「? 恥ずかしがっているのは蒼崎の方じゃないのか?」

青子「いや、恥ずかしい奴はアンタで間違ってないわよ」



15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/09/10(木) 02:54:55 ID:hQl2Ew7E

草十郎「そういうものなのか。蒼崎の日本語はたまに難しいときがあるな」

青子「難しいことは何一つ言ってないわよ。……それじゃあ、有珠のことはどう思ってるの?」

有珠「……」チラチラ

草十郎「そうだな……。有珠は一緒にいると落ち着く。それから守ってあげたくなる」

青子「へぇ。守られるんじゃなくて? 有珠の方がずっと強いと思うけど」

草十郎「もちろん、有珠の方がずっと強いだろうけど。それでも、有珠のことは守ってあげたいと思うんだ」

有珠「……っ」///

ロビン「マイ天使を守るのは俺だけで十分っス! シャバ僧のくせに生意気っス! って、有珠さん、真っ赤な顔してどうしたっスか。まさか照れてるわけじゃないっスよね!?」

青子「顔を赤くしてる有珠なんかレアよね。思いがけずいいものが見れたわ」

有珠「こ、これは……、朝から少し熱があったものだから……」

青子「はいはい、言い訳してる有珠も可愛い、可愛い」

有珠「青子!」



16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/09/10(木) 03:06:43 ID:hQl2Ew7E

草十郎「いや、実際、有珠は可愛いんだ。話が戻るけど、有珠を名前で呼ぶわけがもう一つあって……」

青子「なになに?」

有珠「……私はもう部屋に戻るわ」///

青子「まあまあ。最後まで聞いていきなさいよ」ガシッ

青子「それで?」

草十郎「うん。久遠寺なんて仰々しい名字と有珠が上手く結びつかなくて。可愛らしい見た目の有珠には、やっぱり久遠寺よりも有珠が似合うと思うんだ」

青子「なるほどね。なんとなく分からないでもない話ね。ねえ、有珠?」

有珠「」///

ロビン「立ったまま固まってるっスね……」



17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/09/10(木) 03:07:53 ID:hQl2Ew7E

青子「なんていうか、やっぱり恥ずかしい奴よね」

草十郎「? 思っていることを誤魔化したりする方がよほど恥ずかしくて浅ましいことじゃないのか?」

青子「そうよ。そうだけど、普通の人は色々なものを誤魔化しながら折り合いをつけて生きていくものなの」

草十郎「そういうものなのか」

青子「そういうものよ。山育ちって、みんなこうなわけ?」

草十郎「山は町みたいに複雑ではないから、もっと単純な生き方が許されているんだと思う」

青子「まあ、たしかに町はごちゃごちゃして煩わしいわね。私もそういうのは苦手だわ」

草十郎「それなら山に住めばいい」

青子「それとこれとは話が別。文明から離れた生活なんて考えられないわ。まあ、有珠なら『それも悪くないわね』なんて言うかもしれないけど。なにせ、こんな山奥に好き好んで住んでいるわけだから」



18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/09/10(木) 03:17:48 ID:hQl2Ew7E

青子「ね、有珠?」

有珠「そうね。魔術の秘匿には人の目を忍ぶのがてっとり早いし、山暮らしも悪くはないわ」

青子「自然の結界ってわけね。でも、山で暮らすのも大変よ? 草十郎の故郷みたいに電気が通っていないところだと、灯りの確保にも一苦労するし、火を起こすのだって体力がいるわよ? 有珠は体力がないから、厳しいんじゃない?」

有珠「大丈夫よ、全部静希くんにやってもらうから」

青子「一応、草十郎は私の所有物なんだけど。そしたら、私まで山で暮らさないといけないじゃない」

草十郎「む。蒼崎、人を物みたい扱うのはよくないことだと思うぞ」

青子「いいじゃないべつに」

有珠「……。それなら、静希くんの所有権を買い取ればいいのかしら」

草十郎「有珠まで!」

有珠「青子、いくら欲しいの? 言ってみなさい」

青子「……本気で言ってるの?」

有珠「……」



19: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/09/10(木) 03:27:09 ID:hQl2Ew7E

青子「……無言で小切手を差し出すあたりマジね。じゃ、じゃあ、一ヶ月でこんだけどう?」

有珠「私がしたいのは貸借契約じゃないわ。小切手に0をいくら書き込んでもいいから、静希くんをちょうだいと言っているの」

青子「い、いやぁ、さすがにそれは人道的にどうかと…:…」

草十郎「俺を殺そうとしたことのある蒼崎が人道を説くのか……」

青子「……アンタ、意外と根にもつわね」

草十郎「いや、もう気にはしていないけど、それでも蒼崎の口から人道がどうとか聞くと、何か腑に落ちない気がするんだ」

有珠「人道なんて縛り、魔術師にはあってなきようなものよ。さあ、いくら出せばいいの?」



20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/09/10(木) 10:11:39 ID:xTlHrN4E

青子「それは……」

有珠「……静希くんのことを手放したくないの?」

青子「うっ。そ、そうよ、悪い!? 草十郎はこれでなかなか使える使い魔だから、そりゃ手放すのも惜しいわよ! なにせベオを倒しちゃうくらいなんだから!」

ロビン「青子さんもたいがい面倒くさいっスねぇ」

草十郎「使えるって……。なんだか有珠に飼われた方が待遇が良さそうな気がしてきた」

ロビン「ふふん、有珠さんの魅力に気付くとはなかなかやるっスね、シャバ僧。有珠さんは自分の持ち物は大切にするっスから、きっと大事にしてくれるっスよ。まあ、自分の次の次の次くらいにっスけどね!」

有珠「いいえ、静希くん。あなたを一番に可愛がってあげるわ。そこのムクドリはもちろん、ビッグ3よりも大事に大事に飼ってあげる。どう?」



21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/09/10(木) 10:24:14 ID:xTlHrN4E

ロビン「なっ!? マイ天使、自分はこんな新入りに負けるっスか!?」

青子「こらそこ、所有権は私にあるんだから、勝手に誘惑しない!」

有珠「……。誘惑なんてしてないわ。でも、静希くんの意思を聞くのも大事なことよ。静希くんは青子と私、どっちに飼われたいの?」

青子「……草十郎? 分かってるわよね? 答えによってはアンタの首輪、大変なことになるわよ?」

有珠「青子。彼を脅さないで。……静希くん、私を選んでくれたら、なんだってしてあげるわ」

青子「なんだってってなによ! 卑猥よ、卑猥っ! それ、草十郎に甘いどころの話じゃないわよ、もうデレデレじゃないっ!」

有珠「青子が何を想像しているのか知らないけど、卑猥だなんて言いがかりもいいところよ。……静希くんがそういうことを希望するなら叶えてあげなくもないけど、彼はそんな下世話なことを言う人じゃないわ。信頼してるもの」

ロビン「騙されてはダメっス、マイ天使! あれは草食動物の体を装った肉食系っス! 所謂、ロールキャベツ系男子っス!」



22: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/09/10(木) 10:34:20 ID:qMmCoDs6

魔法使いの夜SSは初めて見た。
面白い期待



23: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/09/10(木) 10:35:47 ID:xTlHrN4E

有珠「そうなの? 静希くん」

草十郎「いや、言ってる意味がわからない」

有珠「ほらみてみなさい、ロビン。静希くんは誠実な人なの」

ロビン「で、でも、マイ天使! こいつ、人畜無害そうな顔して、相当ヤバい奴じゃないっスか! きっと本性を隠しているに違いないっス!」

青子「そうよ、きっと何か裏があるに違いないわ。だから、草十郎は危険なの。よした方がいいわ」

草十郎「随分な言われようだ」

有珠「そうよ、私の静希くんに酷いことを言わないで」

青子「アンタのじゃないわよ」

有珠「だいたい静希くんが危険だって言うのなら、青子こそ手放せばいいじゃない。静希くんは私が責任を持って飼い慣らすわ」

青子「飼い慣らすって、どうするつもりよ」

有珠「……そうね。まずは調教かしら」

ロビン「マイ天使が真顔で恐ろしいこと言ってるっス!」

草十郎「……」ガサゴソ



24: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/09/10(木) 10:48:41 ID:xTlHrN4E

青子「……有珠、これはアンタの友人として、今まで黙っていてあげたんだけど、そういう態度をとるなら率直に聞くわ」

有珠「……なに?」

青子「有珠、草十郎のことが好きなのよね?」

有珠「……っ!」

青子「もちろん、同居人としてじゃないわよ。異性として草十郎が好き。違う?」

有珠「……ち、ちがうわ」///

青子「顔を赤くしながら言われても説得力に欠けるわ。……有珠がちゃんと好きって言えたら、有珠の心意気に免じて、草十郎の所有権の半分をタダで譲渡してあげる」

ロビン「所有権を半分譲渡するだけなのに恩着せがましいっスね……」

青子「ほらほら、有珠、言ってみなさい」

有珠「くっ」///

青子「恥ずかしがることないじゃない。草十郎曰く、本当の気持ちを誤魔化したりする方が、恥ずかしいことだそうよ。ほら、言ってみなさいな」

ロビン「青いのがイジメっ子の顔をしてるっス。カラーリングは猫型ロボットのくせに、完全にガキ大将っス!」

青子「べつに、有珠が草十郎なんて欲しくないって言うなら、無理に言わなくてもいいけどー?」

有珠「……くっ、青子、あなた、後で覚えてなさい」



25: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/09/10(木) 10:54:17 ID:xTlHrN4E

青子「はいはい。でも、そんな憎まれ口を叩く前に、他に言うことがあるんじゃない?」

有珠「……っ!」プルプル

ロビン「マイ天使が真っ赤になって震えてるっス。可愛いっスけど、シャバ僧のことで真っ赤になってると思うと複雑っス」

有珠「……」コホン

有珠「……言うわ」

青子「どーぞ、どーぞ」

有珠「私は……、静希くんのことが、その、好き、よ」///



26: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/09/10(木) 11:10:14 ID:xTlHrN4E

青子「へぇ。知ってたけど」ニヤニヤ

青子「大好き?」

有珠「……だ、大好きよ」///

青子「キスとかハグとかしてみたい?」

有珠「それは……、も、もういいでしょ。ちゃんと言うべきことは言ったわ。これで契約成立よ。青子は約束を守るのでしょう?」///

青子「せっかく面白かったのに。……まあ、いいわ。もちろん約束は守る、草十郎の所有権の半分は有珠のものよ。あとでカレンダーを見ながら、所有日数を正確に二等分しましょう」

有珠「……。わかったわ」



27: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/09/10(木) 11:18:08 ID:xTlHrN4E

青子「それにしても今日はツイてたわ。まさか真っ赤になって恥じらう有珠が見られるなんて。ねぇ、草十郎」

青子「うん? ……草十郎?」

ロビン「シャバ僧なら、少し前に『いつまで経っても宿題が終わりそうにないから、鳶丸のところに行って来る』って出て行ったっスよ」

青子「ええ!? じゃあ、草十郎の奴、有珠の一世一代の告白を聞いてないわけ!?」

有珠「……そもそも静希くんがいたら、あんなこと言ってないわ」

青子「有珠も気付いてたの?」

有珠「いくら静希くんが気配を消していても、同じ部屋にいるのだから、彼が部屋を出れば気付くわ」

ロビン「青子さんはマイ天使を虐めるのに夢中になってたっスからねぇ」

青子「全然気付かなかったわよ。……でも、有珠、そうすると、草十郎がいないのにあんなに真っ赤になってたわけ?」

有珠「……」フイッ



28: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/09/10(木) 11:27:56 ID:xTlHrN4E

青子「そっぽ向いちゃって、まぁ。なんか恋する乙女っぽくて可愛いわね」

ロビン「マイ天使は元から可愛いっス! 物を壊すことしか脳のない、どこかの青いのとは違うふべらっ!」

有珠「……青子、室内でガンド撃ちはやめて」

青子「いいじゃない、ロビンにしか当たってないんだから」

有珠「よくないわ。……青子、もうそろそろいい時間だから、買い物に出た方がいいわ。今日の夕飯も青子が当番でしょう?」

青子「ふふん、それなら都合よく草十郎が山を降りてるみたいだから、今から鳶丸の家に電話して、草十郎に食材を買って帰るように伝えるわ」

有珠「……勉強を頑張った後なのに、静希くんが可哀想だわ」

青子「いいの、いいの。草十郎は私の所有物なんだから」

有珠「……半分は私のよ」

青子「分かってるわよ。とにかく、鳶丸の家に電話をかけてくるわ」タッタッタ



29: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/09/10(木) 11:33:59 ID:xTlHrN4E

バタンッ

有珠「……」

有珠「一人になると静かね」

有珠「……私と一緒にいると落ち着くって」

有珠「……守ってあげたくなるって」

有珠「……可愛いって」

有珠「……」

有珠「一体、どんな顔をして、静希くんにお帰りと言えばいいのかしら……」


おわり



30: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/09/10(木) 11:36:28 ID:xTlHrN4E

以上です。
ありがとうございました。

まほよで一番可愛いのは草の字、異論は認めない。



31: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/09/10(木) 12:19:31 ID:qMmCoDs6

乙。
もうちょっと長く読みたかった。



32: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/09/12(土) 20:21:21 ID:WXa7FO/o

YAMA育ちであんだけ戦闘力あって可愛いとか草の字ほんとズルいわー






他のおすすめSS
 
 
 
 
 
【FGO】マシュ「二人で分け合いましょう、先輩」 
【FGO】マシュ「私が危険な獣になった訳」 
雁夜「桜ちゃんをハッピーエンドに」 ウェイバー「なんでボクが!」 
大川隆法「こんにちは、ギルガメッシュです。」 
ダウンタウンDX ー視聴者は見た!Fate勢SPー