転載元 : http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1446374105/

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/01(日) 19:35:05 ID:A8P5HRLU

※何をするのも自由な安価スレ
(>>1の独断と偏見で再安価になることもあるかも)



美希「退屈なの」

美希「退屈すぎて眠くもないの」

美希「……あふぅ…」


どうしますか 安価↓



2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/01(日) 19:35:42 ID:gfjLgXIc

安眠枕を買いに行く



3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/01(日) 19:44:53 ID:A8P5HRLU

美希「決めたの!安眠枕を買いに行くの!」



ーデパートー
美希「この店で一番安眠できる枕をくださいなの」

店員「こちらになります」つ安眠枕

美希「試してみるのー!」ポスンッ

美希「……っ!!?」

美希「こ、こいつぁすげえの!」

美希「安眠の安眠による安眠のための枕なの!!」

店員「お気に召しましたか」

美希「お気に召したの!!」



4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/01(日) 19:47:27 ID:A8P5HRLU




ー外ー
美希「これでいつでもどこでも安眠できるの」

美希「あふぅ」


どうしますか 安価↓



5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/01(日) 19:52:58 ID:ur/20mr2

早速公園のベンチで使ってみる




6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/01(日) 19:57:12 ID:A8P5HRLU

ー公園ー
美希「早速使うの!」ポスンッ!



美希「zzZ……」



美希「zzZ……」







美希「zzZ……」



7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/01(日) 20:00:05 ID:A8P5HRLU





P「……ん?またここで寝てるのか…」

美希「zzZ……」

P「……」

美希「zzZ……」



P「誰も見てないよな」

美希「zzZ……」



8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/01(日) 20:13:40 ID:A8P5HRLU

P「担当アイドルに手をださないなんて無理に決まってんだろwww」

P「中学生ボディ、いただきm「グワーッ!!」ゲシッ!!




カモ先生「クワッ」

P「きっ……貴様!!」

カモ先生「クワクワッ」

P「もう少しで完全犯罪だったのに!!何してくれてんだこのクソ鳥!!」

カモ先生「グワッ!!」ゲシィッ!!

P「あっ」ザバーンッ!!



美希「zzZ……。…うーん、よく眠れたの!」ムクリ

カモ先生「クワー」


安眠できました。どうしますか 安価↓



9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/01(日) 20:20:56 ID:ytF8uhI.

力付くでカモを絞殺



11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/01(日) 20:26:43 ID:A8P5HRLU

美希「よく寝たら、お腹空いてきたの」

美希「カモ鍋が食べたいってカンジ」チラッ

カモ先生「グワッ?」

美希「ごめんね?カモ先生」グググッ…

カモ先生「グワァー!!グワァー!!」バタバタ!!

美希「……」グググググ……




カモ先生「」

美希「……」



12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/01(日) 20:29:16 ID:A8P5HRLU




カモ先生、動かなくなっちゃったの。


でも、ミキ悪くないって思うな。




だって、お腹が空いたら動物を殺す。


それが人間でしょ?あはっ☆




【カモ先生とのお別れEND】



13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/01(日) 20:30:16 ID:zty5spaI

みきみき鬼畜なの



15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/01(日) 20:36:55 ID:A8P5HRLU

(文字化けしちゃったから、顔文字ちょっと変えてます↓)



λλ°~°λλ <ひでぇ終わり方なの。ミキはこんなに酷くないってカンジ。


λλ°-°λλ <とりあえずやり直すの。……あふぅ…



16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/01(日) 20:40:49 ID:A8P5HRLU

>>11から


美希「なんちゃって。…カモ先生、死んだふりうまいの!」

カモ先生「クワクワッ」

美希「律子とか来たとき、それやれば寝てられるかな?」

カモ先生「……」



何しますか 安価↓



17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/01(日) 20:58:14 ID:zty5spaI

音ノ木坂学園へなぐり込み



18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/01(日) 21:40:10 ID:A8P5HRLU

美希「寝てたら、次にすること思い付いたの!じゃーねカモ先生!!」

カモ先生「クワッ」



ー音ノ木坂学園ー
美希「スクールアイドルがいるのってここだよね?」

美希「本物のアイドルの格の違いを見せつけてやるの」



19: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/01(日) 21:44:03 ID:A8P5HRLU

ー部室ー
美希「てめぇら覚悟しろなの!」バンッ!






美希「誰もいないの」

美希「日曜なの」



どうしますか 安価↓



20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/01(日) 21:46:06 ID:zty5spaI

346常務を襲撃



25: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/02(月) 19:12:40 ID:BU4qJFmA

美希「そういえば、最近346とかいうプロダクションが調子乗ってて、うぜぇの」

美希「洗礼しに行くの」



ー346プロー
常務「シンデレラプロジェクトは中止にする」

武内P「そんな……!待ってくだs」

美希「ちょっと待ったなの!!」

武内P「…!?」

常務「……お前は…」



26: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/02(月) 19:18:22 ID:BU4qJFmA

美希「シンデレラプロジェクトを中止にするなんて、絶対許さないの!」

常務「…お前は765のアイドルだ。関係ないはずだが?」

美希「関係あるの!!」

武内P「……」




美希「シンデレラプロジェクトをぶっ潰すのはミキの仕事なの」

武内P「…え……?」

常務「……はっ?」



27: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/02(月) 19:39:35 ID:BU4qJFmA

美希「ミキが先輩アイドルの洗礼をするまで、中止になんてさせねぇの」

常務「何を言っている…?」


美希「いいから……」ガサゴソ…




美希「黙って承諾しろなの!!」ベチャァッ!!

常務「」

武内P「……っ!?」

武内P(おにぎりを……顔面に…)

美希「悪は滅びたの!」


いいことしたってカンジ。どうしますか 安価↓



28: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/02(月) 19:41:49 ID:iQukiL0g

常務を薬で子供にする



29: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/02(月) 20:04:42 ID:BU4qJFmA

美希「ついでに、二度となめた真似できないように、子供にしてやるの!」

美希「この薬入りおにぎりをくらうの!」ゴオオッ!



武内P「……待ってください!」ガシッ

美希「……っ!」

美希「なんで止めるの!?こいつは敵なんでしょ!?」

武内P「……だからと言って、非道な行為をとっていい理由にはなりません…」

武内P「それに、あなたはアイドルです」

武内P「あなたには、この様なことではなく……もっと大切な使命があるはずです」

美希「……」

武内P「…助けていただいた事は、感謝します。あとは、私が請け負うので、自分のいるべき場所に戻ってくだs」

美希「隙ありなの!!」ベシャッ!

常務「」モゴモゴ

武内P「なっ…!!」



30: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/02(月) 20:11:05 ID:BU4qJFmA




じょうむ「ここどこー!?おうちかえるー!!」バタバタ

美希「やったの!!」



警察たち「動くな!!」

美希「……!?」

武内P「…!」

武内P(…常務の手に携帯が……。おそらく襲われる直前に通報を…)

警察「…この有り様は……お前、あの薬を持っているな!!」

美希「えっ、なんなのなの!?なんで警察が!?」

警察「動くな!おとなしくついてこい!!」

美希「イヤなの!!はなすのー!!」ジタバタ



31: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/02(月) 20:19:17 ID:BU4qJFmA




なんで……


なんでミキはこんなとこにいるの…?



もっとキラキラした場所にいくはずだったのに……






……もう、どうでもいっか…



【牢獄END】



32: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/02(月) 20:25:51 ID:BU4qJFmA




λλ°д°λλ <ひどいの!!カモ殺したり、薬使ったりとにかくひでぇの!!


λλ°д°λλ <一日じゃなくてミキの人生が終わっちまってるの!!



λλ°~°λλ <まったく…なんなのなの……



33: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/02(月) 20:30:05 ID:BU4qJFmA

>>29のつづき


美希「大丈夫なの!ただのパブ○ン3錠入りおにぎりなの!」

武内P「それはそれで、大丈夫ではないと思うのですが……」

美希「細かいことは気にしなくていいって思うな!」


パ○ロン3錠飲ませました。どうしますか 安価↓



34: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/02(月) 20:32:26 ID:uXewu.KE

神崎蘭子と勝負なの



35: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/03(火) 09:22:44 ID:l0qq9Zvg

美希「じゃあミキは、もう少しそこら辺うろついてるね」タタタッ

武内P「……心配です…」



ー廊下ー
蘭子「~♪」

美希「ちょっと待てなの」ガシッ

蘭子「ひっ!!?」ビクッ!



36: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/03(火) 09:37:47 ID:l0qq9Zvg

(熊本弁わかんない。ごめんね)



蘭子「…な、汝は確か……(…あ、あなたは確か……)」

美希「てめぇらの先輩アイドルなの」

蘭子「……光に包まれし姫君、何用か?(……トップアイドルの美希さんが、ここにどんな用事で?)」

美希「…………」




美希「何言ってっかわかんねぇの」

蘭子「」



37: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/03(火) 09:43:36 ID:l0qq9Zvg

美希「ミキはシンデレラガールズをぶっ潰しに来たの」

蘭子「!?」

美希「まずはテメーからなの」

蘭子「な、なんで……」

美希「なんでもクソもねぇの!アイドル生命をかけて勝負なの!」



勝負することになりました。どうしますか 安価↓



38: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/03(火) 09:47:47 ID:eSgc9.fU

可愛さ勝負をしてPに勝敗を決めてもらう



39: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/03(火) 10:13:16 ID:l0qq9Zvg

蘭子「…勝負って言われても……」

美希「つべこべ言ってねぇで、可愛さ勝負なの!!」

蘭子「…承知した…。審判を下す者は…?(…うぅ…わかりました…。誰に見てもらうんですか…?)」

美希「うーんと、」キョロキョロ



P「……ったく、今日は朝から酷い目にあったな…」

P「346プロとの打ち合わせが午後からで助かったぜ…」

美希「そこの人!!」ビシイッ

P「美希!なんでここに!?」



40: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/03(火) 10:20:20 ID:l0qq9Zvg

美希「かくかくしかじかなの」

P「まったく分からん」

蘭子「……汝も、瞳を持つ者か?(……あなたは、美希さんのプロデューサーさんですか?)」

P「?」

P「……そうさ、隠していたが、俺は瞳の所持者だ…」

蘭子「魂の共鳴!(熊本弁分かるんですか!?)」

P「……?…おう、振動が伝わるぜ…!」

美希「くだらねぇことやってねえで、そこの人は、判定ヨロシクなの」

P「畜生……バネPのことはハニーとか呼んでやがるくせに…!」



41: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/03(火) 10:30:50 ID:l0qq9Zvg

美希「率直に聞くけど、どっちの方が可愛い?」

P「美希と神崎さんの、か?」

蘭子「瞳を持つ者……遠慮する必要はないぞ?(765プロのプロデューサーさん……遠慮して私を選ばなくてもいいですからね?)」

P「うーん」





P「みりあちゃん」

美希「」

蘭子「」



42: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/03(火) 10:35:41 ID:l0qq9Zvg

P「やっぱロリっていいよな。純粋なロリが一番カワイイよ」

美希「」

蘭子「」

P「真美と亜美も、昔はカワイかったけど、今背伸びちゃったしな」

美希「」

蘭子「」

P「やっぱストライクゾーンは小学生だわ。最高。あ、でも杏ちゃんとかもロリ体型で結構…」





杏「通報した」

P「えっ」



43: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/03(火) 10:38:15 ID:l0qq9Zvg




ー道端ー
美希「勝負どころじゃなくなったの」

美希「プロデューサーは職質受けてるけど、どうでもいいってカンジ」

美希「もう色々と疲れちゃったから、帰るの。あふぅ……」



44: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/03(火) 10:41:33 ID:l0qq9Zvg




今日は色々なことがあったの。



カモ先生とか、346のオバサンとか、顔が怖い人とか、厨二とか、アメ人間とかと出会ったの!



めちゃくちゃ疲れたの。あふぅ



【ドタバタした一日END】



46: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/03(火) 10:47:01 ID:l0qq9Zvg




λλ°-°λλ <やっと一日が終わったの……


λλ°~°λλ <ほとんどの時間を346プロで過ごしたってカンジ。



λλ°-°λλ <平和な日常を送りたいの……あふぅ。



47: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/03(火) 10:50:26 ID:l0qq9Zvg

~別の日~


美希「……暇なの」

美希「何かやることないかな……」

美希「……でも前は、暇潰ししすぎて、逆にただの疲れる一日だったの……」

美希「今回はそんな失敗はしないの!」


どうしますか 安価↓



48: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/03(火) 11:18:26 ID:bO9O39VM

デコちゃんをいじりにいくの



49: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/03(火) 20:11:15 ID:l0qq9Zvg

ー事務所ー
美希「はろーなの」ガチャッ

小鳥「おはよう美希ちゃん」

P「おう、美希か」

美希「でこちゃんは?」

伊織「でこちゃん言うな!…何か用?」

美希「暇だからからかいにきたの」

伊織「ふざけんじゃないわよ」



50: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/03(火) 20:20:07 ID:l0qq9Zvg

伊織「もうそろそろ仕事なんだから、アンタなんかにかまってる暇ないのよ」

美希「……」パサパサ

伊織「……」



美希「……っw…」パサパサ

伊織「人の前髪上げ下げして笑うな」

美希「あらためて、超デコ広いのwww」

伊織「ねえ、ぶん殴っていいかしら?」


おでこの広さを再確認しました。どうしますか 安価↓



51: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/03(火) 20:22:28 ID:PmPE2m1Y

ハグしてみよう
どさくさにまぎれてキスもいこう



53: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/03(火) 20:59:51 ID:l0qq9Zvg

美希「ごめんなの!許してなのでこちゃん!」ダキッ!

伊織「またでこちゃんって言っt…!?なっ、なに抱きついてんのよっ!!?」

美希「ミキがいじわるしちゃうのは、でこちゃんのことが大好きだからなの!んっ」チュッ

伊織「~~~~っ!!?」//////



小鳥「フヒッ…フヒヒッ……」●REC

P「あとでそれ送ってくださいね」パシャッパシャッ


唇をうばってやったの。どうしますか 安価↓



54: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/03(火) 21:02:17 ID:ExoI7c5I

おでこにキスの雨



57: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/03(火) 21:18:55 ID:l0qq9Zvg

美希「大好きなの!でこちゃん!」chuchuchu!!

伊織「」//////



小鳥「ゲヘヘヘヘ……いいわぁ……」

P「顔を真っ赤にして固まってますね」



美希「…でこちゃん?あれ?」

伊織「」//////

美希「固まっちゃったの。つまんないな」


どうしますか 安価↓



58: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/03(火) 21:28:37 ID:yd4W075M

やよいにイタ飯を奢る



60: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/04(水) 18:04:10 ID:M2os2ho6

美希「じゃあ、ミキ他のとこ行ってるね!またねでこちゃん!」タタタッ

伊織「」



P「今ならセクハラしてもバレねぇよな」

小鳥「天才ですねPさん」

P「じゃあさっそくお胸の方を」




律子「おい」

P・小鳥「」



61: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/04(水) 18:18:20 ID:M2os2ho6




ー スーパー ー
やよい「もやし2つと…もやし5つと……もやし3つ…」ヒョイヒョイッ…

美希「やよい!見つけたの!」

やよい「はわっ!美希さん!おはようございます!」

美希「おはようなの!」

美希「んで、早速だけどやよいにイタ飯をご馳走するの!」

やよい「いためし?」

美希「イタリアの飯とか、多分そんなかんじのものなの」

やよい「でも、そんな悪いですー」

美希「遠慮しなくていいの!なんだったら、家族皆に食べさせてあげるの!」



62: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/04(水) 18:23:57 ID:M2os2ho6




ーやよい宅ー
やよい「ただいまー」

美希「お邪魔するの!」


美希「それじゃ、これでもやしイタ飯をつくるの!」つ買い物袋

かすみ「…もやしいため……?」

長介「料理できるの?」

美希「なんくるないの」

美希(イタ飯ってよく分かんないけど、きっとイタリア風に炒めた飯なの)

やよい「わたしも手伝います!」

美希「ありがとなの!」



63: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/04(水) 18:28:11 ID:M2os2ho6

美希「それじゃあ、つくるの!!」



美希「もやしを炒めて」ジュッジュッ


美希「ご飯を入れて」ザッザッ



美希「イタリアっぽいソースをいれて」ドバー



美希「ほどよく炒めて」ジュージュー





美希「完成なの!!」つもやしイタ飯

美希・やよい「はいたーっち!」

美希・やよい「いぇい!」



64: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/04(水) 18:34:32 ID:M2os2ho6




長介「うめー!!」

かすみ「…おいしい」

やよい「うっうー!美味しいですー!」

美希「喜んでくれてよかったの!」

美希(なんくるなったの!)


なんくるなりました。どうしますか 安価↓



65: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/04(水) 18:42:30 ID:kpSQOMf.

やよいを連れてプロデューサーに会いに行くの



67: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/04(水) 20:16:49 ID:M2os2ho6

やよい「ごちそうさまでしたー!」

美希「それじゃあ、アイツのところにいくの!やよいにも着いてきてほしいの!」

やよい「うー?」



ー事務所ー
美希「おらぁなの」ガシャンッ!

P「普通に開けろ!!」

やよい「こんにちはーっ!」ガルーンッ!


P「…で、どうしたんだ?」

美希「……」


どうするの。安価↓2



69: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/04(水) 20:25:50 ID:bFHuSQls

プロデューサーを薬で性転換させる



70: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/04(水) 20:35:41 ID:M2os2ho6

美希「やよい!今から世紀の大実験をするの!」

やよい「はわっ!なんですかー?」

P「大実験?」



そこからは、本当に一瞬でした。


美希さんが懐からおにぎりを取り出して、プロデューサーさんの口に詰め込んだんです。






その瞬間、Pさんのpさんが無くなっちゃいました。



71: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/04(水) 20:40:38 ID:FAAfgKxs

どんな成分が含まれているんですかね…(困惑)



72: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/04(水) 20:40:58 ID:M2os2ho6

もちろん、こんな怪しい薬を持っていた美希さんは、ブタ箱行きかなーって。




ー牢獄ー
美希「……」



美希「……なんかデジャヴなの…」



美希「…………」


【牢獄END2】



73: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/04(水) 20:46:23 ID:M2os2ho6

λλ°д°λλ <また捕まったの!


λλ°~°λλ <なんなの?ミキに恨みでもあるの?なんなのなの。


λλ°-°λλ <こんな薬、普通に考えて持ってるわけないの……

λλ°~°λλ <あっふぅ…………



75: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/04(水) 20:56:13 ID:FAAfgKxs

逮捕歴多過ぎィ!



77: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/04(水) 21:22:22 ID:M2os2ho6

>>70から


小鳥「Pさんの……」

律子「pさんが…………」

美希「…………」

やよい「…………」





P「……ったく、急にPヘッドにおにぎりぶつけるから、割れちゃったじゃねーか」

Pさんのpさん(Pヘッド)が無くなっちゃいましたー。

美希「なんでPヘッドの中にもPヘッド被ってるの」

P「こういうときのためだよ。常に3つくらいは装備してるぞ」


pさんを無くしたの。どうしますか 安価↓



78: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/04(水) 21:33:42 ID:Ijrmt6d2

ならPヘッドを全て破壊して素顔を晒そう



79: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/04(水) 21:49:16 ID:M2os2ho6

美希「それなら全部壊すまでなの!!」ガバッ!!

P「なにィ!!?」ガッ!!

美希「おらさっさとくたばれなの!!」ドカッ!バキッ!!

P「てめ!やめろ、こら!クソビッチおい!!」バキッ!ベキッ!

美希「クソビッ……!!?…二度と社会復帰できねぇくらいにはボコボコにしてやるの!!」ボコスカボコスカ!!

P「いでっ!!このアマ!どこにこんな力が……!」

美希「とどめなのっ!!」ビュンッ!!

P「………っ!!!」




ンアー!!!



80: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/04(水) 21:53:47 ID:M2os2ho6




美希「……」

やよい「……」

小鳥「……」

律子「……」








B「いやぁー、素顔見られちゃったかー」ハイサイ!

美希「なんなのなの!!?」



81: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/04(水) 21:58:16 ID:M2os2ho6

美希「全然素顔じゃねーの!そのBヘッドなんなのなの!」

B「いやぁ、あれだよ。ブラザーのBだよ」

美希「意味わかんねえの!」

やよい「あっ、もしかして響さんのおにーさんですかー?」

B「はいさい!」グッ!

美希「!?」

小鳥「まじピヨ!?」

B「はいさい!」グッ!

律子「嘘ついてませんよね?」

B「はいさい!」グッ!

美希「もうどうでもいいの」


ブロデューサーになりました。どうしますか 安価↓



82: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/04(水) 22:08:12 ID:kpSQOMf.

とりあえずBの金でスタドリ注文すると脅す



83: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/04(水) 23:56:18 ID:M2os2ho6

美希「くだらないから、スタドリ買えなの」

B「スタドリ?」

小鳥(ピヨッ!)

小鳥「ブラデューサーさん!危険ですピヨ!」

B「誰がブラだ」



美希「この携帯のボタンひとつで、そこの人の給料はひとっとびなの」つBのスマホ

B「!!?いつの間にっ!」

小鳥「ブラさん!あれは本気で破産しますよ!」

やよい「は、破産……」ガクガク

律子「…スタドリって、346で作られているというアレ……?噂には聞いていたけど……」



84: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/05(木) 00:07:10 ID:jrUwtNIg

美希「返してほしかったら一発芸やるの」

B「くっ……!」

小鳥「あ、今の千早ちゃんのモノマネですか?」

律子「怒られますよ」

やよい「ブロデューサーさん…」

B「……ああ!やってやるさ!見てろ!!」


B「…………」







B「shine」サッ

伊織「」ピカッ

美希「いたんだっけw」



85: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/05(木) 00:15:19 ID:jrUwtNIg

B「笑った!今笑ったぞ!!」

美希「ギャグはつまんなかったの。人生転落してろなの」ポチッ

『スタドリ全在庫の購入が完了しました』

B「おおおぉぃっ!!?毛虫ィ!!何してんだァ!毛虫ィ!!」

小鳥「……骨は拾いますよ」

律子「引き継ぎの書類作ってから吊ってくださいね」

B「助かる見込み無しなのオレ!?」

やよい「大丈夫ですよー!落ちるとこまで落ちたら、もう何も怖くなくなりますから!」

B「やめて」



88: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/05(木) 08:00:19 ID:6yv.rdrU

ちひろ「どうもー」ガチャッ

小鳥「ピヨッ」

B「あなたは確か346の…?」


ちひろ「はい、これ商品です」ドスンッ

B「えっ」

ちひろ「代金です」ピラッ

『5億』

B「」

ちひろ「在庫が少なかったので、これしか用意できませんでした」

ちひろ「補充したら、また買ってくださいね!」

B「クーリング・オフで」

ちひろ「…………」



89: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/05(木) 08:03:18 ID:6yv.rdrU




ゴキッ




『Bは目の前が真っ暗になった』










【Bの人生終了END】



90: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/05(木) 08:08:48 ID:6yv.rdrU

λλ°~°λλ <ミキの周りの人の人生が狂ってもBADENDなの


λλ°-°λλ <ミキだけが安全でも、BADになる可能性は十分にあるの



λλ°~°λλ <ただ、皆がトゥルーエンドを狙ってるのかどうかは疑問ってカンジ

λλ°-°λλ <ぜってぇ、『面白いBADENDねーかなーwww』とか思ってるの

λλ°-°λλ <あふあふあふぅ………



92: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/05(木) 16:50:27 ID:37UPiww2

>>88から



ちひろ「……わかりました。事情も小鳥さんから詳しく聞きましたし、今回は許します」

B「やったぜ」

ちひろ「ただ、今度から1か月につき最低5万スタドリを買うこと」

B「えっ」

ちひろ「それが条件です」

B「えっ」



美希「和解したみたいなの」

美希「まあミキには関係ないの」


どうしますか 安価↓



93: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/05(木) 16:56:45 ID:.kZ35CqM

ちひろがどんな悪事をしているのか観察



95: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/05(木) 17:32:33 ID:37UPiww2

ちひろ「それじゃ、わたしはこれで…」ガチャッ…バタン



美希「尾行するの!」

やよい「うっうー、危ないですよー」

美希「大丈夫なの!なんくるなるの!」



ー346プロー
ちひろ「…」ガチャッ

武内P「…あ、お疲れ様です……」

ちひろ「あら、プロデューサーさん帰ってきてたんですね。そちらこそお疲れ様です」

武内P「……ドリンクの補充…ですか?」

ちひろ「まあ、そんなところです」




美希「……」ジーッ



96: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/05(木) 17:39:20 ID:37UPiww2

ちひろ「ああ、そうそう。プロデューサーさん」

ちひろ「エナドリ買いませんか?」


美希(…エナドリ?スタドリ以外にもあるの?)


武内P「…いえ、折角ですが……私は大丈夫です…」

ちひろ「無理してませんか?」

武内P「…はい……大丈夫です」

ちひろ「無理をするとアイドルに迷惑がかかりますよ?」

武内P「……本当に大丈夫ですので…お構い無く…」

ちひろ「プロデューサーさん。エナドリですよ、エナドリ」

武内P「…………」



武内P「……1つ貰います…」


美希(悪どいの!!!)



97: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/05(木) 17:46:59 ID:37UPiww2

美希(街中のしつこい詐欺師もあそこまで圧力かけてこないの!!)

美希(想像以上にブラックなの……早目に逃げ…)




ちひろ「ちょっとまってください?」ガシッ

美希「……っ!!」ビクッ!!


ちひろ「何か用ですか?」

美希「…えっと……」

美希「ち、ちょっと迷っちゃっただけなの!もう帰るね!!」ダッ!!

ちひろ「……」



ー街中ー
美希「度肝が冷えたの」

何しますか 安価↓



98: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/05(木) 17:48:07 ID:6O6Red6.

負けずにドリンクを完売するまで原付を運転しながらの商売させる



99: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/05(木) 17:59:17 ID:37UPiww2

美希「……こっちも負けずにドリンクを売ってやるの!!」



美希「そこら辺から原付を拾って」

美希「そこら辺でドリンクを仕入れて」




美希「さあ!売るの!!」ブルルンブルルン



100: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/05(木) 18:05:32 ID:37UPiww2




警察「キミ、何歳?」

美希「15なの」

警察「だよね。バイク運転しちゃ駄目ってわかるでしょ?」

美希「知らなかったの」

警察「分かればいいけどね。もうやっちゃいけないよ」

美希「ごめんなさいなの」ブルルンブルルン

警察「ふかさないでね」




美希「怒られちゃったの」

美希「夕方だし、帰ろうかな?」


何しますか 安価↓



101: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/05(木) 18:13:56 ID:ODNaxK4A

帰る途中でおにぎり屋に寄る



102: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/05(木) 18:22:05 ID:37UPiww2

美希「もう眠いし、疲れたし、帰るの!」

美希「おにぎり買って帰ろ」



ーおにぎり屋ー
美希「これくださいなの」ドサッ

店員「は、はい」

美希「……?日替わりおにぎり?」チラッ

店員「あ、そちらはその名の通り日によって具を変えているおにぎりです」

美希「面白そうなの!ひとつもらおっかな」

美希「ところで、今日の具はなんなの?」

店員「今日の具はですね……」


今日の具は 安価↓



103: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/05(木) 18:34:31 ID:ggAbSPvo

犬の精巣



105: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/05(木) 19:50:14 ID:37UPiww2

店員「犬の精巣です」

美希「頭沸いてやがるの」

店員「何個お求めですか?」

美希「いらねぇの」

店員「では……こんなに買っていただきましたから、サービスでつけておきますね」ガサガサ

美希「混ぜんななの!!ラベル全部同じだからわかんねぇの!!」




ー美希宅ー
美希「ただいまー……」



106: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/05(木) 19:56:28 ID:37UPiww2




美希「……おにぎりどうしようかな…」

美希「……」



美希「……!20コもあるんだから、1コぐらい食べたってハズレを引くはずないの!」

美希「いただきまーすなの!!」

美希「……」



107: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/05(木) 20:02:14 ID:37UPiww2




普通に塩おにぎりだったの。




安心のあまり号泣したの。

久しぶりに泣いたってカンジ。





ちなみに、残りはアイツに差し入れしたの。




【平和な一日?END】



109: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/05(木) 20:09:40 ID:37UPiww2




λλ°д°λλ <最後の最後でミキを陥れやがったやつはどこのどいつなの!!


λλ°~°λλ <マトモな1日すらおくれねぇの……



λλ°-°λλ <とりあえず、ミキは疲れたから安眠枕で永眠してるの……

λλゞ~°λλ <皆ももう寝てればいいの…あっふぅ……(ゴシゴシ……)




キリがいいので、ここらで終わりにするの。
ご参加ありがとうございましたなの。



110: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/05(木) 20:34:32 ID:Vk4WB27o

ありがとうミキ、君の生きざまは忘れない



112: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/05(木) 21:15:15 ID:7QgDJS4Y


平和などなかった



116: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/08(日) 22:31:54 ID:bc7LdH9Y

乙です






他のおすすめSS