転載元 : http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1434973250/

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/22(月) 20:40:50 ID:dedtJlUE

オーク「くっくっく、懲りずに罠にはまったな女騎士め」

オーク「今日はお腹がたぷんたぷんになるまで犯しつくしてやるぜ」

オーク「さてご対面」

女キチ「ヒャハハハハハハwwww罠にかかっちまったわwwwwwwww」

オーク「なんかあぶねえのが引っ掛かってやがる」

女キチ「何見てんだよビール腹wwwwこの罠仕掛けたのてめーかwwww」

オーク「まぁそうだけど…」

女キチ「くっ殺せwwwwwwwwww」

オーク「は?殺してほしいのか?」

女キチ「ちげぇぞハニーwwwくっころは犯していいよのサインだろうがwwwwwww」パシンパシン

オーク「もうやだこんなの女騎士じゃない。こいつ逃がそう」



2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/22(月) 20:41:23 ID:dedtJlUE

オーク「おっ、また誰かが罠にかかったようだな」

オーク「まぁあんな罠にかかる奴なんざバカな女騎士しかいねーんだがな」ククク

オーク「さてご対面」

女鬼神「祟ってやるわ…祟ってやるわ…」

オーク「前回よりやべぇ奴きたじゃねェか」

女鬼神「ひえぇぇ…私は怨念の塊です。オークに無慈悲にレイプされた女性の無念が集まった怨念の塊です」

オーク「うおぉ…そりゃ恐ろしいわ」

オーク「いやオークってのはつい煩悩があってな、誰これ構わず犯してしまうんだわ」

オーク「ごめん」

女鬼神「チガウの…エッチがいやなんじゃなくてもっと愛のあるエッチがしてほしかったの」ポッ

オーク「え、ああそうなん?」



3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/22(月) 20:41:58 ID:dedtJlUE

女鬼神「抱いて!!私を愛して!!」

オーク(まぁパコって帰ってくれるんならいいや)パンパンパン

女鬼神「イッちゃう!!いや違う逝っちゃう!!」ダイシュキホールド

オーク「おう逝けや」パンパンパンパン

ドビュルルルルルルルルル


女鬼神「逝っくぅぅぅぅぅぅぅ!!」パァァァァァァ…

オーク「天に帰ったか…にしてもまた女騎士じゃなかったな」

オーク「次こそは引っ掛かってくれると嬉しいんだが」




4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/22(月) 20:42:32 ID:dedtJlUE

キャー

オーク「こりゃ手ごたえを感じたわ、間違いなく女騎士」ジュルリ

オーク「さてご対面」

女棋士「わ、罠にかかってしまったなんて…三手の読みを怠ってしまった」

オーク「袴…?重装備の女騎士とは違うな」

女棋士「貴方ですかこんな小細工を仕掛けたのは」

オーク「おうそうだ。ところでお前の名前は何という」

女棋士「女棋士です」

オーク「オンナキシ…って響きは一緒だけどこりゃ違う奴だな」

女棋士「私は肉体派ではありません。駆けるなら盤上です」

オーク「はぁ、何がいいてぇんだ?」



5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/22(月) 20:43:13 ID:dedtJlUE

女棋士「こんな卑怯な真似はせず、正々堂々盤上で勝負しましょう!!」

オーク「はぁ…とりあえず将棋やりたいって事?」

女棋士「そうです。あなたが勝ったら……その、私を好きにしていいです」

オーク「おめーが勝ったらどうなんだ?」

女棋士「フフ…一流の棋士はモノによる見返りなど求めていないのです」

女棋士「すなわち、貴方に勝つと言う事が私の目的!!!」

女棋士「振り駒はもう済ませました、先手が貴方で後手が私です」ドンッ

オーク「どっから将棋盤なんて出したんだよ…」

女棋士「さぁお好きな手を指してください」

オーク(なんでもいいや…さっさと終わらせよう)



6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/22(月) 20:43:43 ID:dedtJlUE

女棋士「ば、バカな…」

女棋士「序盤の構想力は私が上回っていたはず!!なんで劣勢!!」

女棋士「穴熊を組めば多少のミスは許されるというのに…」

オーク「何言ってるかわかんねーけど油断して隙が生まれたな」

オーク「銀をあの位置に打つのは大悪手だ、ありゃ歩で叩きゃこっちの攻めが加速する」

オーク「終盤なんだから俺の攻めなんか多少無視すりゃよかったんだ」

オーク「さて…どこに飛車を打ってほしい…?」

女棋士「くっ…焦らさないで、打つべき場所は一つしかないでしょ…」

オーク「ここか…?」パチン

女棋士「んっ…」ビクン



7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/22(月) 20:44:14 ID:dedtJlUE

オーク「桂馬で吊り上げてほしいのか…?」パチン

女棋士「あ、上がっちゃう……」

オーク「おら!飛車成竜で突き上げだ!!受けろ!!」

女棋士「んっ…激しく攻めすぎっ…受け止めきれないじゃない…」パチン

オーク「当然飛車の王手は持ち駒で受けるしかあるまい…だが上の方ががら空きだぜ…?」パチン

女棋士「あんっ…ちょっと上も下も相手にしきれない…」ビクビクッ

オーク「ほらほら下の方も頑張ってくれよ!!」パチン

女棋士「らめっ…もう耐えきれない……」

オーク「そろそろ詰みだぜ!?ほらいっちゃえよ!!将棋のプロなんだろ!?」パチン

女棋士「んほおおおおお投了なのおおおおお!!」ビクビクビク

オーク「クク…派手に言っちまいやがったな」



8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/22(月) 20:45:00 ID:dedtJlUE

女棋士「この屈辱…絶対に晴らす!」

オーク「モンスターくらいには勝てるようになれよー」

女棋士「覚えていろ!!」ダッ

オーク「思わず変なノリに入っちまった…まぁけど暇潰せたしいっか」

オーク「にしてもまた女騎士じゃなかったな…最近忙しいのかな…」

オーク「まぁいいや…明日くらいに来るだろ…」

オーク「……来るよな?」



9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/22(月) 20:45:47 ID:dedtJlUE

オーク「ビンゴ…こりゃ確実に女騎士だぜ」

オーク「大量にかかってるな…少しでかい網を張りすぎたか…」

女キーパー「くそっ!!ゴールかと思ったら罠だったか…!」

女キラー「ウヌの趣味はか弱い女性を切り刻むことである……」

女キタ「来た」

女獅子「ガオオオオオ!!」

女絵師「ちょっとみんな動かないで……うまく描けないじゃない」

女医師「君性病の危険性とかないか…?」

オーク「くそ……どれも得体のしれない奴らばかり…」

オーク「なんであいつは来ないんだよ……!」



10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/22(月) 20:46:43 ID:dedtJlUE

女騎士「どけッッ貴様ら!騒がしいぞ!!」

オーク「!!!」

女騎士「まったくこんな罠に掛かってしまうとは情けない…もっと精進せねば」

オーク「女騎士…重厚に纏われた鎧…長く流れるような金色の長髪…黄金の剣…」

女騎士「き、貴様はオーク……!!」

女騎士「よくも私にあんな辱めを…絶対に許さんぞ!!」ワナワナ

オーク「おぉ…そんなに赤面してしまって…何故か愛おしささえ感じるぞ」

女騎士「貴様それ以上近寄ると斬るぞ!!」

オーク「さぁ剣なんて捨てて!愛を確かめ合おう!」パキーン

女騎士「何ッ!?我が聖剣がこんな野蛮なモンスターの一撃で折れただと…!?」



11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/22(月) 20:47:14 ID:dedtJlUE

女騎士「やめろ何をする!!」

オーク「何ってロープで縛り上げてんのさ」ニコニコ

女騎士「なんで貴様そんなに嬉しそうなのだ…バカにしおって…」

オーク「何?顔真っ赤だよ?そんなに恥ずかしいの?」

女騎士「くっ…殺せ……!」

オーク「待ってました!!!OKのサイン!!」

女騎士「えっ、OKのサイン!?ちょっ貴様、服など破いて何をする気だ!やめろ!!」

オーク「」パンパンパン

女騎士「んほおおおおおお!!」

オーク「よし、いい堕ちだ」


【完】



12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/22(月) 22:15:29 ID:WXGqWLMo

ワロタ
このシリーズ好き



13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/23(火) 15:51:56 ID:jlXdg5OA


面白かった






他のおすすめSS