転載元 : http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1435139017/

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/24(水) 18:43:37 ID:7xqe0G8Y

オーク「そうはいかない。これ以上仲間を傷つける事をしないと誓うまでは」

女騎士「くっ、離せ…離せぇ!」



2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/24(水) 18:46:40 ID:7xqe0G8Y

女騎士「そもそも私は自分の身を守っただけだ!」

オーク「うん?」

女騎士「オーク族ときたら、騎士である私を見るなり、襲いかかってくるんだ」

オーク「まぁ…オークは遺伝子レベルで女騎士が好きだからなぁ」

女騎士「んなっ、す、好きだと…///」



3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/24(水) 18:50:00 ID:7xqe0G8Y

オーク「それに女騎士というものはオークに襲われるのが好きなのだと思っていたが…違うのか?」

女騎士「ま、まぁ…遺伝子レベルで好きだが…」

オーク「じゃあ問題ないだろう、WIN-WINじゃないか」

女騎士「しかし…抵抗しない女騎士ってのも変だろ?」

オーク「確かに…抵抗されないと物足りないなぁ」



4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/24(水) 18:54:33 ID:7xqe0G8Y

女騎士「ほらみろ、だから私は悪くない」

オレハワルクネェ!

オーク「うーむ、だがなぁ…君の場合過剰防衛というか…明らかにやりすぎなんだよなぁ」

女騎士「つい自慢の剣術スキルを発揮してしまってな…正直そのへんの量産型勇者よりは強いつもりだ」

オーク「確かに最近勇者を名乗る奴が増えてきたな」

女騎士「…魔王が怪しい動きをしているからな」

オーク「魔王が…?」



5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/24(水) 19:03:00 ID:7xqe0G8Y

女騎士「なんだ知らないのか」

オーク「あぁ。そもそも俺たち下っ端魔族は魔王のやる事、やろうとしている事をよく知らないのだ」

女騎士「そうか」

オーク「だが今の魔王は穏やかな平和主義者だと聞いていたが…人間ともうまくやっていた筈だが?」

女騎士「表向きは、な。和平を結び、交流を深めているように…見えているわな」




7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/24(水) 22:46:18 ID:7xqe0G8Y

女騎士「だがそれは、上っ面だけだ。しょせん魔族、我々人間とは共存できない…できないんだよ…っ」

ギリッ

オーク「ずいぶん嫌われたもんだ…さも人間様が偉いといわんばかりに」

女騎士「っ…す、すまない。そんなつもりでは…」

シュン

オーク「おや、えらく素直だね。普段からそれなら可愛げもあるもんだが…」

女騎士「…」

オーク「しかし、魔王がね…」



8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/24(水) 22:57:57 ID:7xqe0G8Y

オーク「ま、そんな事はオーク族にはあまり関係ないな。俺達は数は多いが知能が低い。戦力にはならん…最近の戦には向かんだろうさ」

女騎士「ずいぶんと自己評価が悪いんだな…本当の評価をすべきだよ…貴様も、その周りの奴らも、な」

オーク「ははっ、言われて悪い気はしないよ。まさか女騎士がそんな風に思っていたなんてな」

女騎士「なっ…私はただ事実を…っ、もういいっ!」

プイッ



9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/25(木) 05:45:08 ID:HgRcdp9o

女騎士「それより、だ」

オーク「うん?」

女騎士「そろそろ離してくれないか…さっきからずっと、ずっとだ…羽交い締めにされているんだが?」

オーク「だから、それは君がオークを傷つけないと誓ってくれれば…」

ジタバタ

オーク「あ、こらこら、暴れるな」

女騎士「むーっ、離せ離せ!」
ジタバタ



10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/25(木) 05:47:01 ID:HgRcdp9o

オーク「暴れるなって…うぉっ」

ヨロッ
バタン
チュッ…

女騎士「!」

オーク「!」

ラブコメかよ!

ラブひなかよ!



11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/25(木) 05:51:28 ID:HgRcdp9o

今更だが

羽交い締めの状態から

どうやって唇が重なったのか

謎である。

女騎士「っ…」

オーク「…」

女騎士「せ、」

オーク「せ?」

女騎士「責任、とってよね?」

オーク「むぅ…」

女騎士「私の一族では唇を奪った相手に嫁ぐ掟がある…だから!」



12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/25(木) 05:52:57 ID:HgRcdp9o

オーク「そんな掟が…だがしかし…」

女騎士「酷い…羽交い締めにして無理矢理キスしたくせに!」

オーク「ありえないくらい首をひねりましたけどね」



14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/25(木) 10:28:41 ID:HgRcdp9o

女騎士「キスだけしたら捨てるのがオークのやり方なの?…酷い…」

オーク「チッ…」

女騎士「!?」

オーク「こっちが下手にでてりゃあ調子に乗りやがって…この腐れマンコ!ブルーチーズ女!」

女騎士「なっ…なぜ知っているんだ…私のマンコがブルーチーズ臭であることを…なぜ…なぜだ、答えろ!」

コタエロ! ジャイアントロボ!
イヤ クサマダイサク!



15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/25(木) 10:33:59 ID:HgRcdp9o

オーク「オーク族の嗅覚をあなどるなよ。幾千の女騎士を犯してきた俺だ…この距離ならマンコの臭いが分かるんだ…分かるんだよ」

キリッ

女騎士「くっ…嗅げ!」

グルンッ

その瞬間
女騎士の体は回転し
羽交い締めの状態から
ちょうど互いの股間に顔がくるような体位
つまりは、69!
69の体勢になっていたのだ!

女騎士「嗅げ…腐鮑(くされあわび)」

ドギュゥゥン

オーク「ま、マンコから刀が…まさか、これは…!」



16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/25(木) 11:32:58 ID:bNB4ieFg

もうこれ分かんねえなァ…



17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/26(金) 13:34:07 ID:YjZBd/eY

オーク「斬魄刀…」

斬魄刀とは

とある超絶人気漫画に出てくる武器の名前である。

♪テレレレン
ミアーゲタ ヨゾーラノ…

オーク「やばいな…アスタ*リスクが流れ始めた…これは、これではまるで!」

女騎士「オサレにぶちころしてやるよ」



18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/26(金) 13:36:39 ID:YjZBd/eY

そうしてなんやかんやあって
オークはギッタギッタの
ボッコボッコにされた。

しかし、さすがはオーク
そんな状態でも羽交い締めをやめなかった。
やめなかった…のだ。

女騎士「くっ…このオークしつこいよ!」

オーク「…」

シンデル

女騎士「離せ…離せ!」

オーク「…」

シンデル



19: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/26(金) 13:38:09 ID:YjZBd/eY

ギシッ

女騎士「いたっ…オークの体が…まさか、これは死後硬直か…!」

ギシッ

女騎士「羽交い締めが…さらにきつく…締め付け…ぐあ゛あ゛!」

ギシッ

女騎士「くっ、離せ…離せぇ!!」



20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/26(金) 13:42:14 ID:YjZBd/eY

ギシッ
ギシッ

女騎士「離せ…離せよ!…ああああああああああああああ!!!」

ブリブリブリブリュリュリュリュリュリュ!!!!!!ブツチチブブブチチチチブリリイリブブブブゥゥゥゥッッッ!!!!!!

女騎士「(´・ω・`)」

ブピッブピッ
プスッ プスーッ

女騎士「(`・ω・´)」



21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/26(金) 13:49:52 ID:YjZBd/eY

こうして腸内がすっきりした女騎士は

何か憑き物が落ちたかのような
安らかな顔のまま


仲良く土と糞と混ざり合い

立派な火薬として転生を待つのであった…

【終劇】



23: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/26(金) 14:40:32 ID:MDUVFP.6

どうあがいても、脱糞



24: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/26(金) 15:03:18 ID:QxWtiR6M

またしても糞落ち……なぜだか安堵している自分がいる




26: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/27(土) 21:33:19 ID:srigw/lY

まじかよオーク最低だな






他のおすすめSS