転載元 : http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1437130263/

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/17(金) 19:51:03 ID:oXyWbHy2

廃墟

女騎士「……」

「おい!大丈夫か!?」

「しっかりして下さい!」

女騎士「?」ムク

「良かった!無事みたいだな!」

女騎士「……」

「どうした?黙り込んで、腹でも減ってるのか?」

「デリカシーないですよ勇者様!怪しんでるだけでしょう。まだ自己紹介もしてないんですから」

女騎士「…?」ピク

「そりゃそうだ。俺は勇者で、こっちは僧侶。宜しくな」



2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/17(金) 19:51:44 ID:oXyWbHy2

勇者「それで、そっちは?名前は?どこ出身?何でこんなとこで寝てたんだ?」

僧侶「一度に聞いても答えられませんよ!失礼しました。あの、まずはお名前を伺ってもいいですか?」

女騎士「……」クイ

勇者「何だ?ロケット?第42期入団?何だこれ」

僧侶「満月の国の騎士団、その証ですね」

女騎士「」コク

勇者「へえ、って!満月の国ってここじゃねえか!半月前に魔王に王都と周辺を滅ぼされたって…!」

僧侶「勇者様!」

勇者「あ、悪い…無神経だった」



3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/17(金) 19:52:24 ID:oXyWbHy2

勇者「えっと、名前の話だっけ?何て呼べばいい?」

女騎士「……ぅ…ぁ……ぁぁ…」パクパク

勇者「あ、すまん!無理すんな!しゃべれないとは思ってなかったんだ」

僧侶「失語症…ですか……仕えていた国の、騎士団の惨状はそれほどまでに…」

女騎士「……」



4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/17(金) 19:52:57 ID:oXyWbHy2

勇者「ああっと、そうだな、女騎士って呼んでいいか?」

女騎士「」コク

勇者「よっし、じゃあ女騎士、俺らと一緒に行こうぜ?」

女騎士「?」

僧侶「勇者様!?」

勇者「説明がまだだったな。俺と僧侶はさ、魔王討伐のために炎の国から派遣されてきたんだ」

女騎士「……」

勇者「それでさ、何やかんやあって逆方向の満月の国に行くことになって…」

僧侶「すみません、代わりに説明します」

勇者「うん頼む」




5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/17(金) 19:53:29 ID:oXyWbHy2

僧侶「魔王について、私たちはほぼ知りません。そこで、魔王について調べるため、最近魔王に滅ぼされたこの国に来ました」

勇者「そうそう。んで、特に収穫はなかったけど大体調べたし、そろそろ討伐に行こうと思ってて」

女騎士「……」

勇者「女騎士さえ良ければ、一緒に魔王倒しに行こうぜ、ってとこだけど…来るか?」

僧侶「確かに戦力は必要ですけど、何も…」

女騎士「」コク

勇者「よっしゃあ!今日から宜しくな、女騎士!」

僧侶「本当に、いいんですか?こんな大変な時に振り回してしまって」

女騎士「」コク

勇者「そうと決まれば善は急げ!魔王城目指して南東一直線だ!!」

僧侶「東南東です」



6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/17(金) 19:54:02 ID:oXyWbHy2

廃村

勇者「日が暮れちまった。ここに泊まるしかないな」

僧侶「ここに、ですか…」

勇者「言いたいことは分かるけどさ。でも、仕方ないだろ、この国全体がそんな感じなんだから」

僧侶「しかし…」チラ

女騎士「……」フルフル

勇者「お前のことは気にするなって?」

女騎士「」コク

僧侶「でも、心情を考えたら…」

勇者「本人がいいって言ってんだ。それ以上は余計な詮索だ」

僧侶「…分かりました。気は進みませんがそうしましょう」



7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/17(金) 19:54:40 ID:oXyWbHy2

翌日

勇者「うっし!おはよ!気持ちのいい目覚めだな!」

女騎士「……」

僧侶「こんな場所でそれは…」

女騎士「……」ザッザッ

勇者「女騎士もやる気みたいだし、いいだろ。て言うか、待てよ!置いてくなって!」

僧侶「……」



8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/17(金) 19:55:18 ID:oXyWbHy2

勇者「分かってるとは思うが、一応言っておくぞ。この先は…」

僧侶「炎の国。つまり、私たちの国。魔王軍の前線基地に近づきます」

勇者「ああ、魔王軍と本格的にぶつかることになるが、いいか?」

女騎士「」コク

僧侶「女騎士さん…」

勇者「そうか…じゃあもう余計なことは聞かねえ。魔王軍の砦を落としながら魔王城を目指す。いいな?」

僧侶「勇者様!それは…!」

女騎士「」コク

僧侶「…知りませんよ…」

勇者「っしゃあ!行くぜ!」



9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/17(金) 19:56:14 ID:oXyWbHy2

炎の国 国境

「待て!貴様ら、何者だ!?」

勇者「俺はこの国の、炎の国の勇者だ。これがその証の聖剣。そんでこいつらはそのお供だ」

僧侶「同じく、炎の国出身の、僧侶です。そして…」

女騎士「……」スッ

「廃国の…満月の国の騎士か…」

勇者「女騎士って呼んでる。失語症らしいから本名は不明だが、あの国の数少ない生き残りだ。腕は確かだろう」

「…いいだろう。義務を果たしてくれるのであれば、文句はない」

女騎士「……」

勇者「んじゃ、行こうぜ」

僧侶「…はい」

女騎士「……」コク



10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/17(金) 19:56:49 ID:oXyWbHy2

勇者「悪いな、今は、魔王軍の侵攻が激しくてな」

僧侶「国境警備が厳しくなっているんです」

女騎士「……」

勇者「まあ、何だ、その、魔族に国境侵犯喰らってぴりぴりしてんだ。見逃してやってくれ」

女騎士「」コク

僧侶「…現在地は、この国の北北西に当たります。明日には、国境に着くでしょう」

勇者「その間だけ、な?頼む!」

女騎士「」コク

勇者「よっしゃ!こっからは前も言った通り、魔王軍と本格的にぶつかるけど、後は、知らないぜ!?」

女騎士「……」ザッザッ

勇者「だから、置いてくなって!」



11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/17(金) 19:57:27 ID:oXyWbHy2

勇者「魔物だ!前方からゴブリン3体!戦うぞ!!」

僧侶「はい!女騎士さん、私と一緒に下がって援護しましょう」

女騎士「……」

「ウシャシャ!ニンゲン、ツブス!オマエラマルミンチ!!」

「ウェーイ!」

勇者「ミンチになるのは、お前らの方だ!うおおお!!」ザン

「ウギャアアア!!」

「スキアリ!」

僧侶「させません!」バシュ

「ウゲッ!ボウガン!?」ヨロ

勇者「ナイスアシスト!てりゃ!!」ザン

「シネエエエ!!」

勇者「しまっ…!」

ザシュ



12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/17(金) 19:58:10 ID:oXyWbHy2

「イツノマニ…」ドサ

勇者「あっぶねえ…助かったぜ、女騎士」

女騎士「……」

僧侶「直前まで私の近くにいたのに、何てスピード…」

勇者「マジか!?女騎士凄えな!」

女騎士「……」ザッザッ

勇者「何だよ、照れてんのか?」

僧侶「って、速いです、待って下さーい!」



13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/17(金) 19:58:47 ID:oXyWbHy2

勇者「これで、最後!」ザン

「ウグアア…」

僧侶「ふう…さすがに疲れてきましたね」

勇者「そうだな…いってえ!」

僧侶「左肘ですね。では…」

女騎士「?」

僧侶「ん?ああ、これは止血剤です。私の所属している教会で作ったもので、一般にはまだ普及していませんね」

勇者「こいつの教会、医療技術の研究支援しててさ、見返りに新薬の技術提供受けてんだってよ」

僧侶「この薬の製造技術を持っていたので、勇者様に同行する許可が下りたんです」

勇者「本当に良く効くよな、これ」

僧侶「…ただ、もう残り少ないので、今日は次の町で休みましょう」

勇者「だってさ、いいよな?女騎士」

女騎士「」コク



14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/17(金) 19:59:24 ID:oXyWbHy2

地方都市

僧侶「では、止血剤の材料を買いに行くので、お二人は先に宿で休んでいて下さい」

勇者「手伝わなくて平気か?」

僧侶「はい。むしろ特許の絡みで見られる方がまずいかと」

勇者「了解。んじゃ夕暮れにここ集合で」

僧侶「分かりました。では失礼します」

勇者「さてと、女騎士は行きたいとことかあるか?」

女騎士「」コク ザッザッ

勇者「声出ないと色々差し支えるだろうし、俺も行くよ」



15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/17(金) 19:59:59 ID:oXyWbHy2

役所

勇者「おい、本当にここに来たかったのか?」

女騎士「」トントン

「はい、本日はどのようなご用件でしょうか」

勇者「資料請求か…と、すみません、この人、失語症みたいなんで、何か書くものもらえますか?」

「かしこまりました。どうぞ」


勇者「何借りるかと思ったら、人口統計に歴史年表?何に使うんだ?」

女騎士「……」パラパラ

勇者「長くなりそうだな…じゃあ夕暮れに集合場所でな」



16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/17(金) 20:00:31 ID:oXyWbHy2

僧侶「お待たせしました」

勇者「いや、待ってないよ」

僧侶「お気遣いありがとうございます」

勇者「それより、どうだった?」

僧侶「原材料が高騰していて、6回分が限界でした。はい」

勇者「お、ありがとう」

僧侶「女騎士さんも、どうぞ」

女騎士「?」

僧侶「塗り薬なので、零れないように小瓶に入れてあります。出血した箇所を覆うように使って下さいね」

女騎士「」コク



17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/17(金) 20:01:20 ID:oXyWbHy2

翌日

勇者「よっしゃ、今日も張り切っていくぜ!」

女騎士「」ザッザッ

僧侶「その反応もそろそろ慣れてきました」

勇者「だな、急ぐぞ僧侶」



18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/17(金) 20:01:54 ID:oXyWbHy2

魔物の砦

僧侶「ここが四天王の一人の居城、ですか…」

勇者「ああ、気い引き締めて行くぜ…」

女騎士「…」コク

勇者「やる気十分だな。その意気だ!」



19: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/17(金) 20:02:32 ID:oXyWbHy2

砦の最奥

勇者「こいつが四天王の一角、オークか…」

オーク「こりゃちょうどいいや。女を犯りたくて仕方がなかったところだ」

僧侶「不潔な…」

オーク「動けないように手足を切り取って、とことん楽しませてもらうぜ」

勇者「させると思うか?」

オーク「グヘヘ……下手に抵抗すると余計に痛くなるぜえ?」

勇者「強気でいられるのも今の内だ!!」



20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/17(金) 20:03:07 ID:oXyWbHy2

勇者「おりゃあ!!」ブン

ガキン

オーク「人間とは思えねえ怪力だな。が、力比べじゃ俺にゃ及ばねえよ!」ブン

僧侶「今です!」バシュ

カン

オーク「軌道が丸見えなら防げるに決まってんだろバーカ…」

女騎士「」ザシュ ザシュ ザザザシュ

オーク「ぶひぇ!」ドタ



21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/17(金) 20:03:51 ID:oXyWbHy2

オーク「ど、どうなってんだ……おかしいだろ、てめえ、その強さは……」ズリズリ

女騎士「……」チャキ

オーク「いやいや、お、俺が悪かった!その、悪気はなかったんだよ!たまたま、事情がさ……」ズリズリ

勇者「ふざけんな!こいつらを慰み者にする気満々だっただろうが!!」

僧侶「この期に及んで何を都合の良いことを…」

オーク「いや、ほら、な?み、見逃してくれよ……?」ガタガタ

勇者「いい加減に…!」

女騎士「…」ザッ

勇者「おい!不用意に前に出…!」

ドシュ



22: ◆3pflJEip3M 2015/07/17(金) 20:04:40 ID:oXyWbHy2

オーク「ぐお、がっ…………!」ズウゥン

勇者「るな…って、これは…」

僧侶「…女騎士さん…」

女騎士「……」

―――――――

人の歴史は 争いの軌跡

―――――――



23: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/18(土) 18:50:02 ID:uRmwSDwE

翌日

宿

僧侶「女騎士さん…起きてますか?」

女騎士「」コク

僧侶「では…食堂に行きましょう?勇者様が、待ってますから…」

女騎士「……」カツカツ



24: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/18(土) 18:50:36 ID:uRmwSDwE

食堂

勇者「お、来たな。じゃあ食おうぜ」カチャ

僧侶「はい…」チラ

女騎士「……」カチャ

勇者「昨日はありがとうな。お陰で四天王のオークを倒せたよ」

女騎士「……」チラ

僧侶「ほ、本当に!あ、ありがとう…ございます…」ビク

女騎士「……」モグモグ



25: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/18(土) 18:51:06 ID:uRmwSDwE

勇者「何びびってんだよ。ちょっと怖かったかも知れないけどさ、あそこで…」

僧侶「分かってます。止めを刺していなければ、今頃私は慰み者だったかも知れません」

勇者「なら、あれで良かったんだよ。だろ?」

女騎士「……」ゴクゴク

勇者「そこは反応してくれよ…」

僧侶「ですね…」ガタ

勇者「ん?」

僧侶「これからも、宜しくお願いします。女騎士さん」ペコ

女騎士「…?」コク



26: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/18(土) 18:51:37 ID:uRmwSDwE

勇者「さてと、そろそろ出発するか!」

女騎士「」ザッザッ

僧侶「待って下さい!」タタタ

女騎士「?」クル

勇者「どうした?」

僧侶「昨日の報奨金で材料を手に入れたので、どうぞ」

勇者「止血剤、今回は7つできたのか。俺と僧侶に2つ、で、女騎士に3つか」

女騎士「……」

僧侶「これからは補給が難しいので、大事に使って下さいね」



27: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/18(土) 18:52:07 ID:uRmwSDwE

国境付近

勇者「もう国境警備施設が見えてきたな」

僧侶「そうですね。次は日輪の国…いよいよ大詰めですね」

「そうだねえ。半ば魔物に占拠された、言わば魔王軍の前線基地みたいな国だしな」

勇者「な!?誰だお前!」バッ

僧侶「いつの間に!?」クル

「そう警戒しなさんな、敵じゃないから。だから背中に剣突きつけるのやめてくんない?」

勇者「お、おう…女騎士、剣を退いてくれ。確かにそれはやりすぎだ」

女騎士「……」ス



28: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/18(土) 18:52:37 ID:uRmwSDwE

「あーやっべえ超怖えー。生きた心地しなかったぜ」

僧侶「それで、あなたの名前と、私たちに近づいた理由は何ですか?」

「そうだった。俺は戦士。君ら、勇者一行だろ?」

勇者「まあそうだけど…」

戦士「ビンゴ!俺も魔王討伐目指してんだ。一緒に行こうぜ?」

僧侶「いきなり背後から現れる方と、ですか?勇者様、どうしますか?」

勇者「戦力としては欲しい。さっきの女騎士とのやり取りを見る限り、決して弱くないだろうしな。ただ…」

戦士「やっぱ怪しい?だから駄目って?そりゃないぜ」



29: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/18(土) 18:53:13 ID:uRmwSDwE

勇者「まだ決定はしてないよ。ん~そうだな、女騎士はどうする?戦士を仲間にするか?」

戦士「リーダーは君じゃないのかい?自分で決めないのかな?」

勇者「俺も僧侶も、そちらの接近に気付けなかったけど、女騎士は気付いて対応できた。つまり…」

戦士「もし俺を連れて問題があった時、対処することになる奴に委ねる、と?」

勇者「そう言うことだ。で、どうする?」

女騎士「」コク

僧侶「仲間にする、と言うことですか?」

女騎士「」コク

戦士「話はまとまったようで。じゃ、これから宜しく!」



30: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/18(土) 18:53:47 ID:uRmwSDwE

日輪の国 国境付近

勇者「国境越えてすぐだけど、魔王軍の砦があるから気を引き締めろよ。特に、戦士」

戦士「俺かよ」

僧侶「理由は、分かっていますよね?」

戦士「ちょっと仲間との交流を図って何が悪いんだよ」

勇者「口説いたり過剰なスキンシップを図るのは、どう見てもアウトだ!」

戦士「ちぇー、つまんねえの」

僧侶「勇者様、私は彼を同行させるのは反対です」

戦士「嫌われたもんだな」

僧侶「自業自得です」



31: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/18(土) 18:54:23 ID:uRmwSDwE

魔物の砦

勇者「さて敵の拠点に着いた訳だが、戦士」

戦士「何だい?」

勇者「相応の成果を挙げられなければ、この場で外れてもらう」

戦士「四天王相手にか?きっつい条件だな」

僧侶「これまでのことを考えれば、それでも軽いくらいです」

戦士「うっへえ。なあ騎士様から何か言ってやってくれよ」

女騎士「」ザッザッ

勇者「残念だったな。女騎士は失語症だ。つべこべ言わずに、さあ行くぞ」



32: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/18(土) 18:54:55 ID:uRmwSDwE

砦の最奥

「グオオオオ」

勇者「な、何だこいつは!?」

僧侶「鵺?」

戦士「いや、キメラだ」

勇者「どっちでもいい…来るぞ、陣形を整えろ!」

戦士「君が聞いたんだろうに」

女騎士「」チャキ



33: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/18(土) 18:55:28 ID:uRmwSDwE

戦士「勇者!反対側から同時に切り込め!てい!」ザシュ

勇者「せあああ!!」ザン

キメラ「グガアアア」ブン

戦士「女騎士!背後から斬れ!僧侶!側面から射撃!」

女騎士「」ザシュ

僧侶「やあ!」バシュ

キメラ「グウウウ…」ヨロヨロ

戦士「今だ!畳み掛けるぞ!」ダッ


勇者「やった、か?」



34: ◆3pflJEip3M 2015/07/18(土) 18:56:06 ID:uRmwSDwE

キメラ「」ズシャ

戦士「ふぃ~、皆さんお疲れ~」

女騎士「……」シャー チン

―――――――

淡々とした 不穏な義務感

―――――――



36: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/19(日) 17:23:42 ID:xdBHBINk

翌日

戦士「てな訳で、今日から正式に仲間になりました、戦士です!以後宜しく~」

僧侶「私は未だに反対ですが、これを」

戦士「お?軟膏?」

僧侶「止血剤です。後衛の私は怪我が少ないですから、差し上げます」

戦士「俺の好感度上がってるな~」ススス

僧侶「仲間としての最低限の待遇です」パシ

勇者「悔しいけど、あなたの実力は本物だった。連れてくデメリットを上回るレベルで。ただ…」グイ

僧侶「今後もセクハラ紛いのことを続けるなら、即刻、別れてもらいます」

戦士「そこは安心してくれ。自分より強い奴のものには手を出さない主義でね。それに…」チラ

勇者「それに、何だよ?」

女騎士「…?」

戦士「…確証がまだないし、今はやめとくよ」



37: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/19(日) 17:24:57 ID:xdBHBINk

戦士「支障なく進めたとしても、次の砦に到着するのは明日になる。焦らず行こうぜ」

勇者「随分詳しいな」

戦士「そりゃこの国の生まれだからね~」

僧侶「え!?初耳です」

戦士「聞かれなかったし、て言うか、言う暇もなかったろ」

勇者「確かに、昨日会ったばっかですぐ砦攻め、そのまま疲れてバタンキューだったな」

戦士「そんじゃ、道中時間を見ながら自己紹介と行くか」



38: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/19(日) 18:03:12 ID:xdBHBINk

女騎士「」ザシュ

勇者「やっと片付いたか。魔物に呑まれた国だけあって、頻繁に遭遇するな…」

僧侶「勇者様…!」

戦士「お気になさらず。事実俺もそれで国を捨ててたし。さて、自己紹介の続きと行きますか」

勇者「すまない…俺からだったな。戦闘前に話した通り、去年までただの農民として過ごしてたんだ」



39: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/19(日) 18:03:49 ID:xdBHBINk

戦士「なるほど、道理で実力不相応に戦い方が素人臭い訳だ」

勇者「…そんなに酷いか?」

戦士「傷の多さがその証拠だろ?で、続きは?」

勇者「あ、ああ。1年弱前に勇者だって宣告されて、先々週まで訓練受けてたんだ」

戦士「で、満月の国崩壊を受けて、旅立つよう命じられた、と」

勇者「よく分かっ…と、新手か、皆行くぞ!」



40: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/19(日) 18:46:40 ID:xdBHBINk

戦士「てい!はい終わり。そうか、僧侶ちゃんと勇者は同郷出身なのか」

僧侶「そうです。そして…」

勇者「まあ同じ村の出身って分かったのは旅に出てからだけどな」

僧侶「…この止血剤の製造技術を保有していたので、同行者として、今この場に、と言う訳です」

戦士「大体分かった。で、騎士様は、と、失語症だったっけ」

女騎士「」コク

僧侶「満月の国の、城下町の外れに倒れていました。持ち物からして彼の国の騎士かと」

勇者「それ以上は本当に何も知らない。でも、強いし仲間思いだし、信頼できる奴だと思ってる」

戦士「仲間思い、ね…」

女騎士「……」



41: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/19(日) 18:47:53 ID:xdBHBINk

廃教会

僧侶「ここに泊まるんですか…」

戦士「野宿よりましだと思うけどね。物音がすりゃ目が覚めるだろうけど、一応見張りを立てるか」

勇者「そうだな。じゃあ最初は俺で、後は戦士と交代で番をしようか」

僧侶「そんな!私も…!」

勇者「いや、人数増やしても睡眠時間が中途半端になるし、大丈夫だよ」

戦士「そうそう、だから女の子二人はゆっくり寝てなよ」

女騎士「……」コク



42: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/19(日) 18:52:51 ID:xdBHBINk

戦士「そろそろ交代の時間だぞ」

勇者「ん?もうそんな時間か、分かった、後は頼む」

戦士「…勇者、あのさ…」

勇者「どうかした?」

戦士「あ~…君、本当はわざと…」

僧侶「ふあぁ…ふぅ…」

勇者「わざと…?」

戦士「いや、また今度な」

勇者「何だ?まあお休み」



43: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/19(日) 18:53:36 ID:xdBHBINk

翌日

戦士「それじゃあ今日は砦目指して、本腰入れていこう」

勇者「そうだな。行くか」

僧侶「はぐらかさないで下さい。あなたの自己紹介が済んでませんよ」

戦士「急かさなくても紹介しますとも。どうせすぐには着かないし」

勇者「この国の、日輪の国の生まれってとこまでで終わってたな」

僧侶「国を捨てたとも。何故国を捨て、今また戻る気になったのか、そしてその間どうしていたのか…」

戦士「一辺に聞かれても…ま、一つづつ答えるか」



44: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/19(日) 18:54:32 ID:xdBHBINk

戦士「知っての通り、この国は魔物に支配されてるが、支配ってのがミソでね、逆らわなきゃ生かされる訳だ」

僧侶「その割には人を見かけないような…」

戦士「住み分けされてるからさ。他国に救援要請できないよう、人間は内陸に集められてる」

勇者「そこで虐げられてる、と…」

戦士「別に?言われた通り働いてりゃ、食料どころか嗜好品まで手に入る」

勇者「マジかよ!」

戦士「マジマジ。下手すりゃ人間の国家より居心地いいんでないの?」

女騎士「……」

僧侶「炎の国の情報と違う…」

戦士「調べようないし憶測が流れてるだけだよ。ただ、俺はそれが飼い殺されてるようで、嫌なんで国を出た」

勇者「で、魔物の砦を落とした奴の噂を聞いて、チャンスだと思った」

戦士「そうそう、魔王を追い出せるってな。で、のこのこ戻ってきたんだ」



45: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/19(日) 18:55:54 ID:xdBHBINk

魔物の砦

戦士「国を出てからは傭兵として各地を転々とね。それが今、こうして役立ってる」

僧侶「そんな過去が…」

勇者「じゃ、今日も傭兵時代の経験、役立ててくれよ、この前みたいにさ」

戦士「無論、そのつもりさ」

勇者「よ~し!今回も、気を引き締めて行くぞ!」

僧侶「はい!」

戦士「了解」

女騎士「」ザッザッ



46: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/19(日) 19:05:28 ID:xdBHBINk

砦の最奥

勇者「何だよここ…一面血塗れじゃないか!!」

戦士「そこのワーウルフの仕業か」

ワーウルフ「あひひひひひひ!ひひゃひゃひゃひゃはひゃひゃ。あは、あは、き、気持ちいーい!」

戦士「こらまた酷い気違いに会っちまったな~…」

ワーウルフ「気持ちいい、殺して切り刻む!いい、気持ちいいよ」

僧侶「…周囲の惨状の原因ははっきりしましたね…」

ワーウルフ「血ぃ!見せてよ、全部!内臓をぶちまけてさ!ウキキ。うひっ!うひひひひひひひひ!」

勇者「見せてやる。ただし、お前のをな!!」



47: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/19(日) 19:06:32 ID:xdBHBINk

ワーウルフ「あひひひひ!今日は人間がいっぱい!切るもの一杯!ウキキ」ブンブンブン

勇者「う、ぐ!くそ!こいつ、相当速いぞ!」ガキン ザシュ ガキン ガキン ザシュ

戦士「落ち着け!僧侶!側面から射撃!女騎士は追撃!勇者は一旦距離を取れ!」

僧侶「はい!えい!」バシュ

ワーウルフ「当たらな…うげ!」ザシュ

女騎士「……」

勇者「助かった!よし、反撃だ!」ダッ

戦士「連携して攻めるぞ!全員から距離が離れたら即射撃!いいな!?」

僧侶「はい!」



48: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/19(日) 19:07:17 ID:xdBHBINk

戦士「いい具合に弱ってきた…な!っと」ザシュ

勇者「逃がすか!」ザン

女騎士「」ザシュ

ワーウルフ「べ!?あひひ、まだ切ってないのあった。うひひひひ!」タン シュタ

僧侶「キャ!」ダン

戦士「しまった!」ザッ

勇者「止めろおお!!」ダッ

ワーウルフ「うひひ!血ぃ!内臓ぅ!あひひひひ!」グググ

僧侶「嫌…!」

戦士「間に合わな…!」

ドシュ

ワーウルフ「うべ!?」カラン



49: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/19(日) 19:07:48 ID:xdBHBINk

ワーウルフ「えっ……ダメじゃん。君がっ! 君が死ぬの!苦しんで、もがいて、這いずってさ」ボタボタ

僧侶「お、お断り、します…!」ズリズリ

勇者「僧侶!大丈夫か!?」

ワーウルフ「僕からこんな、血が、血がねえ。ああー、抜けていく僕の血が。ひー。おほほひおひひふひはひ……」ガクガク

戦士「そりゃ良かったな、血が好きなんだろ?」

ワーウルフ「ダメだよ! お、面白くないよ!僕が死ぬのは、怖いじゃないか」ポタ ポタ

勇者「散々殺してきた癖に、勝手なことを言うな!」

ワーウルフ「早く、助け、助け…………」ドサ

僧侶「勝ったん、ですよね?」ブルブル

戦士「まあ、そうだね」



50: ◆3pflJEip3M 2015/07/19(日) 19:08:43 ID:xdBHBINk

勇者「間違いなく、俺たちの勝ちだ!と、ありがとな、女騎士。また助けられたよ」

僧侶「本当に、何とお礼を言っていいか…」

戦士「…そうだねえ…」チラ

女騎士「……」

―――――――

愛を失い

信仰を捨て

希望も潰えて

残ったものは

果たすべき あの人の遺志

―――――――



52: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/20(月) 17:30:12 ID:e.MfaEVM

戦士「今日はもうここで休もう」

僧侶「何を言ってるんですか!まだ日も高いし、ここは魔物の拠点ですよ!?」

戦士「粗方制圧したし、このまま進んで野宿になるより安全だよ」

僧侶「そうは言っても…」チラ

勇者「俺も戦士に賛成だ。ここまで飛ばし過ぎてる。傷の治療も含めて、少しは休息が必要だろ」

僧侶「で、でも…!」

戦士「それと、物資が不足してる。薬は言わずもがな、食料もそう残ってない」

勇者「マジか…となると、この城探索して補給、ってことか?」

戦士「他に手はないね。嫌なら、明々後日あたりから飢えることになる」

勇者「嘘だろ…?そんな残り少ないのか」



53: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/20(月) 17:30:46 ID:e.MfaEVM

戦士「さて、二人一組で探索しよう。俺と騎士様、勇者と僧侶ちゃんで」

勇者「分かった。治療が済んだら始めるよ」

僧侶「では、お願いしますね…」

女騎士「」コク

戦士「さあ、行こうか、騎士様」

女騎士「」ザッザッ



54: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/20(月) 17:31:19 ID:e.MfaEVM

戦士「まあ待ちなよ。この組み合わせの意味、分かってるだろう?もうあの二人に聞こえる距離じゃない」

女騎士「……」クル

戦士「脳内お花畑なあのカップルの前では、お互い言えないことがあると思って連れ出したんだが…」

女騎士「」ピッ

戦士「人を指差して…そうか。俺から言え、と?」

女騎士「」コク

戦士「そういう訳にも行かないんだ。まあ、2、3質問したら、こっちのことも話すさ。少しくらい待ってくれ」

女騎士「……」クイ

戦士「さっさと言えってか。分かったよ。まず、満月の国は本当に滅んだのか?」



55: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/20(月) 17:31:49 ID:e.MfaEVM

女騎士「」コク

戦士「水面下で再興しつつあると言う訳でもない?」

女騎士「」コク

戦士「じゃあ、君はあの国のスパイでないと、断言できる?」

女騎士「」コク

戦士「そうか。まあ君に関しては国や騎士団とはまた別の、君自身の思惑で動いてるように見えてたしね」

女騎士「……」ピッ

戦士「そう急かさなくても話すさ。満月の国が機能しない以上、君に隠す必要もない」

女騎士「……」

戦士「俺は、日輪の国のスパイだ」



56: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/20(月) 17:32:24 ID:e.MfaEVM

戦士「勇者や僧侶は勘違いしてるだろうが、魔王を倒したところで平和になる訳じゃない」

女騎士「」コク

戦士「次は人間同士の戦争だ。とりわけ、この国はその渦中に巻き込まれる……魔王討伐の恩賞の土地として、ね…」

戦士「たまったもんじゃないよ。魔王を倒せば今より酷い形で国を失うんだから」

戦士「それを防ぐために、俺が動いてる。各国を回り、弱みを握ったり仲間割れのきっかけを作ったり、色々とね」

女騎士「……」

戦士「で、ここからが本題。魔王を倒した後、俺に協力してくれないか?」

戦士「各国をつついて互いに争うよう仕向けて欲しい。こっちに構う余裕がなくなるように。頼む」

女騎士「……」フルフル



57: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/20(月) 17:33:03 ID:e.MfaEVM

戦士「……一応、こちらが用意できる限りの見返りは提供するつもりだが、それでも?」

女騎士「」フルフル

戦士「君を引き入れられないのは痛手だがまあ、君の思惑が俺の目的と衝突すると分かっただけでも収穫か」

女騎士「……」

戦士「何でこんな話をしようと思ったのか、分かるかな?」

女騎士「……」フルフル

戦士「君が俺たちの生死に全く関心がない節が散見されたからさ」



58: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/20(月) 17:33:41 ID:e.MfaEVM

戦士「思えば兆候は幾らでもあった。出会った当初、いきなり現れた俺の背中に剣を突きつけてた時から」

女騎士「……」

戦士「まあ、あの時は俺が全面的に悪かったししょうがない。その後も疑わしい所作はあっても、確信は得られなかった」

戦士「でも今日、敵に止めを刺したとき確信したよ」

女騎士「!」ピク

戦士「と言っても、俺からすればそれ自体はどうでもいいけどね」

戦士「だが、それでいて突き放すこともなく行動を共にしてる。多分目的のために割り切ってるドライな奴だろうと思ったんだ」

戦士「だから、利害さえ一致していれば、こちらの戦力にもなり得ると思ってね」

女騎士「……」



59: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/20(月) 17:34:18 ID:e.MfaEVM

戦士「さて、こっちのことは話した。君のことも知りたいな」

女騎士「……」

戦士「さし当たって、何故あの二人に着いて行ったのか。利害が一致するとは思えないけど、一体…」

勇者「おーい!どこ行ったー!?女騎士ー!戦士ー!」

女騎士「……」

戦士「えらい早いな…せっかく二人っきりにしてやったのに、へたれが…」

僧侶「あちらから声がしたような」

戦士「こっちだよ~」



60: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/20(月) 17:34:54 ID:e.MfaEVM

僧侶「取り敢えず、一週間分の食料を確保しました。これ以上は重荷になるだけなので。そして…」

勇者「止血剤…3つか。配分は…」

僧侶「皆さんに一つずつ。後衛の私より、必要になりますから」

戦士「それじゃお言葉に甘えて、頂くよ」

女騎士「……」



61: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/20(月) 17:35:31 ID:e.MfaEVM

翌日

僧侶「えい!」バシュ

女騎士「」ザシュ

戦士「これで終わったな。じゃ、また進もうか」

勇者「そのことについて」

戦士「何だい?」

勇者「人間が内陸に集められてるって言ったよな?そこを解放しに行かないか?」

僧侶「そうですね。そうすればより多くの人が…」

戦士「やめておいた方がいい」

僧侶「何故です!?」



62: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/20(月) 17:36:11 ID:e.MfaEVM

戦士「理由は二つ。一つは、あいつらがこの生活に慣れてしまっていること」

勇者「慣れた?」

戦士「魔王軍に占領されて早数年。すっかり今の生活に馴染んでるからね。急に解放されても、生活できなくなるだけだよ」

僧侶「そんな!…で、でも…!」

戦士「それと、人間居住区は多くの魔物に包囲されている。砦の比じゃないくらい」

勇者「だったら、どうやって亡命したんだ?」

戦士「見逃されたんだよ、魔王に」

勇者「魔王に!?」

戦士「そう、魔王。2回会ったことがあるけど、よく分からない奴さ」

僧侶「分からない…?」

戦士「俺の亡命も魔王排斥団体結成も、敢えて見逃す一方、包囲網作った上で飼い殺しとか、ちぐはぐでね。さあ、先を急ごう」



63: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/20(月) 17:37:17 ID:e.MfaEVM

僧侶「暗くなってきましたね」

女騎士「……」

勇者「おいおい、ついに野宿かよ」

戦士「仕方ないよ。この辺りから町や村は、魔物の駐屯地代わりに使われてるんだ」

勇者「駐屯地ねえ」

僧侶「この辺り、から?まさか…」

戦士「そう、ここから魔王城までは大体こんな感じ。必然野宿せざるを得ないね」

勇者「嘘だろ!?これからずっと野宿ってことか!?」

僧侶「悪夢ですね…」

戦士「悪夢のような現実だよ。さ、見張りを決めて交代で休もう」



64: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/20(月) 17:38:04 ID:e.MfaEVM

勇者「お疲れ、そろそろ交代だ」

戦士「了~解。と、勇者」

勇者「どうした?」

戦士「これからの戦いは厳しいものになる。言い忘れたことは、今の内に言っておいた方がいいよ」

勇者「何だそれ」

戦士「とぼけるのは勝手だけど、言えなくて後悔するのだけは避けた方がいい。じゃあお休み」

勇者「ん、お休み」

戦士「…何やってんのかね~俺って」

女騎士「……」



65: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/20(月) 17:38:36 ID:e.MfaEVM

翌日

魔物の砦

戦士「ここは魔王城と人間居住区との中間地点にある拠点らしい」

勇者「らしい?」

戦士「人間居住区より東の方は行ったことないからね。噂や盗み聞きから想像するしかないんだ」

僧侶「…その想像を、もう少し聞かせて下さい」

戦士「オーケー。ここは多分、魔王城までにある最後の拠点で、ここから魔王城までは大した距離はない。つまり…」

勇者「つまり?」

戦士「魔王軍の重要な防衛拠点と言うことになる。相応の精鋭が控えているだろうね」

僧侶「…あの、ゆう…」

勇者「よし!皆!ここから本番だ!気を引き締めて行くぞ!!」

戦士「…はいよ」

僧侶「…はい…」



66: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/20(月) 17:39:15 ID:e.MfaEVM

勇者「皆、大丈夫か?」

戦士「まあ何とかね」

女騎士「……」

僧侶「はあ…はあ…けほっ…はあ…」

勇者「僧侶の消耗が激しい。一旦ここで休憩しよう」

戦士「んじゃ俺は見張りやっとく」

勇者「頼む」



67: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/20(月) 17:39:49 ID:e.MfaEVM

僧侶「すみません…私、足を引っ張ってばかりで…」

勇者「そんなことはない。僧侶はよくやってくれてる」

僧侶「でも…ボウガンは大抵弾かれたり避けられたりで…まともに戦えませんし…」

勇者「確かに決定打には欠けるかもね。でも、戦闘時には注意を引き付けたり止血剤を作ってくれたり、とても助かってるよ」

僧侶「勇者様の…皆さんの負担に、なっていないでしょうか…」

勇者「とんでもない。僧侶がいなけりゃ、俺たちきっと途中で死んでるよ。大丈夫、僧侶も重要な戦力だ。な?女騎士」

女騎士「……」コク

勇者「ほらな。だから、もっと自信持てよ。僧侶」

僧侶「…ありがとうございます。十分に回復しましたし、そろそろ行きましょう!」スク

勇者「ああ!戦士!」

戦士「聞こえてるよ~。んじゃ、出発進行」

女騎士「……」ザッザッ



68: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/20(月) 17:40:21 ID:e.MfaEVM

砦の最奥

勇者「こいつが、四天王最後の一体ってことか?」

戦士「本人に聞けばいいんでないの?ま、そいつが喋れればの話だけど」

「フシュオオ」

僧侶「ゴーレム…」

女騎士「……」チャキ



69: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/20(月) 17:40:54 ID:e.MfaEVM

ゴーレム「キュイーピピピ」ズガ

勇者「また壁をぶち抜いたぞ!なんて破壊力だ!!それに…!」キン

戦士「剣も通らない。どうしたもんか、ね!っと」キン

ゴーレム「シュコーフイン」キン

僧侶「矢も無理ですか…」

女騎士「……」キン キンキン キキキキ キン

勇者「危ないから一度攻撃したら離れろ!一撃でももらったら一溜まりもないんだぞ!」



70: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/20(月) 17:41:25 ID:e.MfaEVM

ゴーレム「キュキュキュクワーン」ブン

女騎士「」キキキン キンキン ザリ ザリ

戦士「お?今…」

勇者「聞けよ!危ないからもう下がれって!」



71: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/20(月) 17:41:57 ID:e.MfaEVM

女騎士「」ザリザリ ザリ ゾリゾリ ギギ

戦士「やっぱり、音が変わってる」

ゴーレム「ヒュイーンコッコン」ブン

勇者「やばい!」ザン

ゴト

勇者「え?な、何で、今度は腕を落とせたんだ?」

戦士「そうか!寸分違わず同じ場所に打ち込んで、少しずつ削ってたのか!」

女騎士「」コク キキキキン キン キキン

勇者「マジか!?何にしても、これならいける!」ザリ



72: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/20(月) 17:42:29 ID:e.MfaEVM

女騎士「」ゾリゾリ ギ ギギ

勇者「これで、終わりだああ!!」ザン

ゴーレム「error」ガランゴロン

僧侶「これで、終わりですかね…?」

勇者「終わってくれなきゃ体力的に困る」

戦士「仮に動けたとしても、こんだけバラバラにすりゃ攻撃できないだろ」



73: ◆3pflJEip3M 2015/07/20(月) 17:43:27 ID:e.MfaEVM

ゴーレム「」

勇者「…大丈夫そうだな。よし!危ないながらも勝ちは勝ちだ!」

女騎士「」コク

―――――――

『こんな形でお前に手紙書くなんてな。どう書いたもんか…取り敢えず、あれだ。

 こっちは俺もダチも何とかやってる。相手が魔物から人間に変わったのはまだ慣れねえけどな。

 はあ、お前のあの下手糞なスープが恋しくなるぜ。帰ったらすぐに作ってくれ。

 地道にやってりゃその内この戦争にも勝って帰れるだろうからな。それまで留守番しててくれ。

 ごくろうさん。何やかんやお前には苦労させて悪いな。魔王がいた頃から一人にしっ放しだ。

 くっだらねえ言い回しかも知れねえが、お前は良くやってくれてると思う。

 だらだら長い手紙になっちまったが、こんなとこかな。以上、戦場から、兄より』

―――――――



75: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/21(火) 19:30:18 ID:JJ3UuGk2

勇者「前回同様、このまま砦で休むってことでいいんだよな?」

戦士「それが無難だよ。ここからは野宿続きだから、目一杯休んでおく必要があるしね」

勇者「そうか。じゃあ、今まで通り、俺と交代で見張りだな」

戦士「そうだね、これまでの砦と違って制圧し切れてないから、余計に気をつけないと。てな訳で、探索も控えよう」

勇者「てことは今日はもうずっとここに留まるのか」

僧侶「いえ、まずは退路を確保しないと…」

戦士「そういうこと。まあそこは俺と騎士様で行ってくるから、君たちはゆっくりしてなよ」

僧侶「いえ、私も…!」

女騎士「」フルフル

戦士「だとさ。消耗激しいんだし、休んでなって。じゃあ行こうぜ騎士様」



76: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/21(火) 19:30:53 ID:JJ3UuGk2

女騎士「」ザシュ

戦士「そらよっと!もうじき魔王城だな。だってのにあのヘタレは、せっかく二人きりにしてやってんのに…」ザシュ

女騎士「…?」ザシュ

戦士「ん?そんなに変か?俺があいつらの仲を気にかけるの」ドシュ

女騎士「」コク

戦士「まあそうか。普通に考えれば、魔王討伐後は敵になる連中に気を回す必要はないからな。でも、思う所もあってさ…」

女騎士「……」ザシュ

戦士「よし、こんなもんだろう。と、ちっとばっか協力して欲しいことがあるんだが、いいかい?」

女騎士「……」



77: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/21(火) 19:31:36 ID:JJ3UuGk2

戦士「さて、見張り交代の時間だな」チラ

女騎士「……」コク

戦士「おーい勇者、交代だー」

勇者「ああ、分かった。後は頼む。お休み」

戦士「その前に、聞きたいことがあるんだが、いいかい?」チラ

女騎士「」コク ユサユサ

勇者「長くなりそう?」

僧侶「…何ですか…もう朝です…むぐッ!」

戦士「それは君次第かな」

僧侶「(分かりました。喋りませんから、物音立てませんから、手を離して下さい)」パシパシ

女騎士「……」ス



78: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/21(火) 19:32:15 ID:JJ3UuGk2

戦士「君、僧侶ちゃんからの好意に気付いてるだろ」

勇者「な、何を言い出すんだよいきなり!へ、へえ、俺、好かれてたんだー…」

戦士「で、君もまた彼女が好きな訳だ」

勇者「べ、別にそういう訳じゃない!俺は…」

戦士「お遊戯会未満の演技はもう結構。今なら本人に聞かれることもない。素直になったらどうだい?」

勇者「お遊戯会って…それに、素直にとか言われても…」

戦士「君がはぐらかすから僧侶ちゃんも踏み込めない。好意を抱いているならいるではっきり伝えて、そこから始めなよ」



79: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/21(火) 19:32:47 ID:JJ3UuGk2

勇者「……だったら何だよ、悪いか?」

戦士「ああ、大いに問題ありだ。見てるこっちがもやもやするし、君たちも集中力を欠き非常に危険だ」

勇者「隊の存続に関わるから白黒つけろ、と?」

戦士「建前はね。まあ実際の所は、見てられないって気持ちが強いかな」



80: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/21(火) 19:33:20 ID:JJ3UuGk2

勇者「見てられないって…」

戦士「知っての通り、魔王討伐は危険だ。いつ誰が死んでもおかしくない。言いたいことは生きてる内に言っといた方がいい」

勇者「前もそう言ってたな。何か、理由があるのか?」

戦士「…今は俺のことはいい。相思相愛であると知りながら、何故君ははぐらかし続ける。大事なことだろう?」

勇者「大事なこと…だからさ」



81: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/21(火) 19:33:56 ID:JJ3UuGk2

戦士「ほう…続けなよ」

勇者「…大事なことだからこそ、適当なことは言いたくない。戦士の言う通り、魔王討伐はいつ死んでもおかしくない旅だ」

勇者「衝動に任せて思いを告げて将来を誓い合ったとしても、明日には死ぬかも知れない…どちらか、あるいは両方か…」

戦士「確かに、魔王討伐に限らず、そういった事例は数限りなくあったね」

勇者「だよな。俺は、そういう糠喜びはしたくないしさせなくもない」

戦士「…魔王を倒し全てが終わった後、障害のない状況で思いを伝えたいって?」

勇者「ああ。まあ縛り付けたくない、断られるのが怖いとか、他に思うことがあるのも否定はしないけど、メインはそれだな」

勇者「俺は、僧侶が好きだ。生涯愛し合う関係でいたい。それを伝えるのは、将来に確実な約束ができるようになってからだ」



82: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/21(火) 19:34:35 ID:JJ3UuGk2

戦士「ああ…何て言うか、ご馳走様?」

勇者「何だよそれ」

戦士「今は昔、然る考えのおのこありけり」

勇者「唐突に文語!?」

戦士「うるさいな、じゃあ口語で…そんな考えの男がいた、で、愛していた女は呆気なく死に、男には言えなかった後悔が残った」

勇者「それって…」

戦士「君を、お前を見ているといらいらする。その男とは違う道を行け。俺が言えるのはそんなところかな」

勇者「戦士…」

戦士「明日からまた強行軍だ。長話吹っかけて言うことじゃないけど、とっとと寝なよ」

勇者「…お休み…」

僧侶「!…スウスウ」チラ

女騎士「……」フルフル

僧侶「……」



83: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/21(火) 19:35:13 ID:JJ3UuGk2

翌日

僧侶「さあ行きましょう!魔王を打倒し、平和を取り戻すために!!」

勇者「あ、ああ…元からそのつもりだけど、どうしたんだ?今日はやけにテンション高いな」

僧侶「それは…!し、四天王全てを倒した今、私たちが警戒するのは魔王のみ。改めて気を引き締めようと…」

戦士「気を張り過ぎると視野が狭まり却って不利になる。気負うのも程々にな」チラ

女騎士「…」コク

僧侶「は、はい…」

勇者「まあ、僧侶の言う通り、ここからが本番だ。気を引き締めること自体は悪くない」

僧侶「で、ですよね。程々であればいいんですから」

戦士「そういうこと。魔王城はまだ見えてこないけど、気を抜かずに行こう」



84: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/21(火) 19:35:44 ID:JJ3UuGk2

戦士「今日はここまでにして休もう」

勇者「このまま進んだ方がいいんじゃないか?もう魔王城が見える位置まで来たんだから」

僧侶「ですね。明日の移動距離を減らして、なるべく疲労の少ない状態で決戦に…」

女騎士「」フルフル

戦士「騎士様は分かってるみたいだけど、こっちから見えるってことは逆また然り。近付き過ぎると砲撃される危険がある」

女騎士「」コク

戦士「何があっても対応できる距離で一度休むのが無難さ」

勇者「言われてみれば…気が逸ってたみたいだ」

僧侶「……」



85: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/21(火) 19:36:21 ID:JJ3UuGk2

戦士「今日の見張りは女性陣にもやってもらう。明日は勇者が鍵になるし、かと言って徹夜して俺が弱っても仕方ないからね」

勇者「俺が?」

戦士「魔王を始めとする上級魔族は魔法を使える。対抗するには聖剣の真価を発揮できる君の調子を万全にする必要がある」

勇者「これの真価…魔族に効果が高いんだっけ?」

女騎士「」フルフル

僧侶「魔法に対して強い抵抗力を持つんです」

戦士「釉薬に使われてる聖銀のお陰でね。そして勇者たる条件も、強力な魔法耐性を持っていることだからね」

勇者「知らなかった…僧侶も知ってたのか」

僧侶「勇者の条件までは知りませんでしたが、聖銀の技術については教会の保有する特許なので」

戦士「話が逸れたけど、そんな君の調子を保つためにも、今日は全員で見張りをするよ」



86: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/21(火) 19:37:38 ID:JJ3UuGk2

女騎士「……」パキ ポイ

僧侶「明るい時間は私たちの担当ですね」コン コン パキ

女騎士「」コク パキ ポイ

僧侶「手際、いいですね。焚き木がどんどん細かくなって…比べて私は…」コン コン コン ミキ

女騎士「」パキ ポイ

僧侶「って、駄目ですね、後ろ向きに考えちゃ!こんな私でも勇者様が見ていてくれてるんですから!」コン パキ

女騎士「……」ポイ

僧侶「それを教えてくれたあなたには感謝しています。戦士さんにも…出会った当初はどうかと思いましたけど…」

僧侶「…戦士さん…何か事情があるんでしょうか。明言は避けていましたが、何か私たちに言えない様なことが…」

女騎士「……」グイ スッスス

僧侶「なっ!何ですか!?くすぐったいです!って、それは…」



87: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/21(火) 19:38:38 ID:JJ3UuGk2

戦士「そろそろ交代だよ」

僧侶「そうですか。では後は頼みます。お休みなさい」チラ

戦士「お休み。騎士様もとっとと寝なよ」

女騎士「……」

戦士「用でもあるのかい?じゃあ、僧侶ちゃん、先に行ってて」

僧侶「はい」

戦士「…行ったね。で、何か用かな?騎士様。まあ大体想像つくけど」

女騎士「」コク

戦士「俺が伏せてた内容について、だろ?」



88: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/21(火) 19:39:31 ID:JJ3UuGk2

戦士「俺がこの国のスパイだって話はしたよな?そうなるきっかけみたいなもんさ」

女騎士「?」

戦士「まあ、そうなるよな。事実だけ抜き出して言うと、女が一人殺された。それだけなんだけどな」

女騎士「……」

戦士「…3年前の話だ。この国が今の魔王に支配されたばかりの頃か…魔王排斥を唱える女がいた」

戦士「前魔王に他国の連中…そんな他所の奴らの食い物にされ続けるこの国の現状に憤っていた」

戦士「そこに今回の魔王。で、国を取り返すって皆に呼びかけてるところで魔王とご対面」

女騎士「!」



89: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/21(火) 19:40:09 ID:JJ3UuGk2

戦士「意外だよな。たまに出て来るんだよ、奴は。で、その女を見逃してやるとか言い出したんだ」

女騎士「!?」

戦士「俺だって未だに訳が分からない。敵対宣言をこの場で取り消すなら何も聞かなかったことにしてやるとか言い出したんだよ」

戦士「この場限り、口先だけでも構わないってな。何を考えているのやら…」

女騎士「……」

戦士「だがあいつはその申し出を蹴った。しかも魔王に飛び掛った。侵略者に屈する訳にはいかないって…」

戦士「…そして、魔王の護衛に呆気なく殺された。以来、この国は大人しく従ってる…」



90: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/21(火) 19:40:49 ID:JJ3UuGk2

戦士「これでいい訳はない。現状を良しとしたら、あいつは何のために死んだ……そう思って国を出て、後は話した通りさ」

女騎士「……」

戦士「不満そうだな。聞きたいことはこれじゃないか?」

女騎士「」コク

戦士「気になるのは、勇者たちの仲にまで気を回す理由?」

女騎士「」コク

戦士「見ててもやもやするから、とか、あってないような理由だよ」



91: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/21(火) 19:41:29 ID:JJ3UuGk2

戦士「俺を重ねてるのかね?俺も勇者と同様、そいつに想いを告げずにいた。で、この結末だ」

戦士「想いを告げていれば何か変えられたかも知れない…あいつが魔王に飛び掛るほど生き急ぐことはなかったかも知れない」

戦士「俺も無茶しないように全力で止めたかも…なんて、言い出したらきりがないんだが」

戦士「まあ、俺らは駄目だったが、あいつらはまだ手遅れじゃない。勇者にも言った通り、同じ道を辿って欲しかないんだ」

戦士「結局、割り切れてないんだ。いずれ敵になる奴らにここまで肩入れするなんて、スパイ失格さ。笑ってくれよ」

勇者「笑わないよ。そんな過去があったなんて、笑える訳がない」

戦士「勇者!?僧侶まで!?」



92: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/21(火) 19:42:02 ID:JJ3UuGk2

戦士「…騎士様、俺を嵌めたな?」

女騎士「」コク

僧侶「昨晩あなたも使った手じゃないですか」

勇者「昨晩!?え、あれ聞かれてたのか!?うわああ!!」

戦士「手遅れだから諦めな。ま、お前らは揃って腰が重いから、大して効果はなかったけどね」

僧侶「それは…すみません。それよりも…」

戦士「こっちの話は後だ。まずは君たちの話を進めろ」



93: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/21(火) 19:42:41 ID:JJ3UuGk2

勇者「分かった…あのさ、何か、もうばれたみたいだけど、俺、村にいたときからずっと僧侶のことが好きだったんだ」

僧侶「あの、それ、知ってて他人の振りをしていたと言うことですか?」

勇者「今回の旅で再会した時か。実は同行者候補のリストはもらってて、僧侶の名前を見たときはびっくりしたよ」

僧侶「私もびっくりしました。私に会っても気づいていない様子だったのに、演技だったなんて…」

勇者「ごめん、照れ隠しとさっきの理由で隠して、引っ込みつかなくなってた!」

僧侶「…この話はまた後にしましょう。それよりも、続きを聞かせて下さい」

勇者「ああ…僧侶さえ良ければ、魔王倒して村に帰ってからもさ、ずっと一緒にいて欲しい。家族として…駄目か?」



94: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/21(火) 19:43:21 ID:JJ3UuGk2

僧侶「…駄目な訳…ないじゃないですか…!その言葉を、ずっと…待っていたんですから」

勇者「良かった。じゃあ、明日は絶対勝たないとな」

僧侶「はい!」

戦士「はいはいお幸せに」



95: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/21(火) 19:44:03 ID:JJ3UuGk2

勇者「っと、そうだった。さっきの、どういう意味なんだ?『いずれ敵になる』とか『スパイ』とかって」

戦士「途中から聞いたのか。ま、俺はこの国を独立国にしたいけど、他国はそれを良しとしないってところさ」

僧侶「魔王討伐の恩賞代わり…」

戦士「そういうこと。せっかく魔王を倒しても得るものがない、それじゃ国民は納得しない。でも魔界を手に入れた訳でもない」

勇者「だから日輪の国を分断する、と…」

戦士「そうして俺と利害がぶつかるんで、君たちが『いずれ敵になる』ってこと」

僧侶「魔王討伐を果たした瞬間から敵同士、と言うことですか…」

勇者「そうはならないよ」

戦士「は?」



96: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/21(火) 19:45:09 ID:JJ3UuGk2

勇者「せっかく魔王がいなくなって訪れた平和をすぐに乱すほど、俺たち人間は愚かじゃない」

僧侶「だといいんですけど」

勇者「それに、もしそういう事態になったら、俺が何とかする。魔王討伐の功労者の言葉だ。無碍にはできないだろ?」

戦士「それやったらお前、消されるぞ」

勇者「そんな馬鹿な!」

戦士「討伐時の怪我が悪化したことにされたり、よくある話さ」

僧侶「心的外傷を負ったため隔離、と言う形もありました」

勇者「言われてみれば、討伐後に幸せになった勇者の話ってあんまり聞かなかった気が…」



97: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/21(火) 19:45:52 ID:JJ3UuGk2

戦士「それと、気が早いんじゃないか?」

僧侶「討伐前からこんな話をしていることが、ですか?」

戦士「そう。勝てる保証はない。それどころか、城に辿り着けるかすら怪しいんだ」

勇者「砲撃の危険とか、だっけ?そこを突かれると確かに楽観的過ぎたかも知れないけど」



98: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/21(火) 19:47:33 ID:JJ3UuGk2

戦士「分かったらとっとと寝て、回復に専念しろ」

僧侶「はい、では失礼します」

勇者「なあ、最後に一つだけ確認取っていいか?」

戦士「何だい?」



99: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/21(火) 19:48:03 ID:JJ3UuGk2

僧侶「勇者様?」

勇者「少なくとも、今、戦士は俺たちの仲間なんだよな?」

戦士「言った側からまた楽観的な…まあ、まだ、敵対してないね」

勇者「素直に仲間って言えばいいだろうに。あ~、なんて言うか、改めて、宜しくな」



100: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/21(火) 19:48:35 ID:JJ3UuGk2

戦士「……」

勇者「え、無視するなよ何か言えよ。もしかして気に障ったか?」

僧侶「そういう聞き方したら余計気に障るんじゃ…」

戦士「…ふっ、くく、ははは!」

僧侶「え!?」



101: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/21(火) 19:49:22 ID:JJ3UuGk2

勇者「何か言えとは言ったけど吹き出すとか」

戦士「お前どこまで甘いんだよ。笑わせてくれるな、本当に」

勇者「何だよ、悪いか?」

戦士「くふふ、いや。こっちこそ、宜しくな」

勇者「ああ!じゃ、改めてお休み」

僧侶「私も、宜しくお願いします」

戦士「ああ、分かったから早く寝な」

僧侶「はい」



102: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/21(火) 19:49:58 ID:JJ3UuGk2

女騎士「……」

戦士「一杯食わされたよ。全く、やってくれる」

戦士「だが、結果オーライってとこかな。あいつらのことも解決したし、士気も上がった」

女騎士「……」

戦士「騎士様については、結局何も分からず仕舞いだったな。気にはなるが、今はしっかり寝て、明日に備えてもらおう」

女騎士「……」ザッザッ

戦士「どんな目的でついて行ってるのか知らないが、せめて明日までは協力してくれると幸いなんだが、どう出るかな…」



103: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/21(火) 19:50:32 ID:JJ3UuGk2

翌朝

勇者「そろそろ時間…って、もう皆起きてるな」

僧侶「はい!もちろんですよ!」

戦士「討伐の成否に関わらず、このメンバーで共闘する最後の日だからね。寝坊してられないさ」

勇者「わざわざ士気が下がること言うなよ…」

戦士「前以て覚悟した方が、魔王討伐後に背中を斬られるよりましだろ」

女騎士「」コク

僧侶「それはそれで極端な気もしますけど…」



104: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/21(火) 19:51:06 ID:JJ3UuGk2

勇者「…この話は後にしよう。それより、目の前のことからだ。今日はどう進む?」

戦士「魔王城と俺らの間に遮蔽物を挟む形で移動する。木でも岩でもいい、砲撃を受けた際盾になるものの陰に隠れるんだ」

勇者「影踏み鬼みたいな移動法になるな」

僧侶「真面目に聞いて下さい」

勇者「分かってるって。お互い生きて討伐を果たさなきゃいけないからな」

僧侶「勇者様…」

戦士「惚気は後にしてくれ」

勇者「ごめん」



105: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/21(火) 19:51:40 ID:JJ3UuGk2

女騎士「」タンッ

戦士「この移動法の欠点、もう分かるな?」ダッ

僧侶「遮蔽物のない城近辺では、完全に無防備なまま進まなくてはならない、ですよね?」タタッ

戦士「そういうこと。まあそこからは弾除け要員を前に出して駆け抜けるしかないだろうね」ダッ

勇者「弾除けって…」ダッ

戦士「俺がやるんで、心配しなくていい。お前らが片方だけ先に死ぬ心配は、その時点ではないよ、っと!」ダッ

僧侶「すみません、気を遣わせてばかりで…」タタッ

勇者「何から何までありがとうな」ダッ

戦士「気にするなって」ダッ

女騎士「……」タンッ



106: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/21(火) 19:52:14 ID:JJ3UuGk2

僧侶「ふっ…」タタッ

勇者「ここまでは問題なかったな」

戦士「なさ過ぎるくらいに、ね」

勇者「でもここからは…」

僧侶「遮蔽物が…ありませんね…」

勇者「ああ、ここからが本番って訳だ。呼吸を整えておけよ?」

僧侶「はい…」



107: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/21(火) 19:52:47 ID:JJ3UuGk2

戦士「おかしい…明らかにおかしい…!」ダダッ

勇者「何がおかしいんだよ」ダッ

僧侶「衛兵も、罠も…何もないことが、です…!」タタタッ

戦士「ああ…今朝からずっとだ。もう魔王城の付近だ…でも番兵も斥候も何もいない…!」ダンッ

勇者「中で待ち伏せしてたりとか…?」ダッ

戦士「それを加味しても不自然なんだよ。ここまで来るとさ!」ダッ

女騎士「……」タンッ



108: ◆3pflJEip3M 2015/07/21(火) 19:53:47 ID:JJ3UuGk2

魔王城

門前

勇者「結局、敵も罠も、何もなかったな…」

僧侶「一体、何を考えているのか…」

戦士「恐らく、俺らの誰かに用があるんだろうな。だからこそ、殺さずに城まで招き入れた…そんなとこだろ」

勇者「まさか…」

「そのまさかだ」

勇者「誰だ!?」

僧侶「門の中から!?」

戦士「お、お前は…!」

「お初にお目にかかる…王室親衛隊隊長、ドラゴンだ」



111: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/22(水) 20:16:49 ID:HTfvLtbY

僧侶「王室親衛隊…」

勇者「ドラゴン…」

親衛隊長「貴様等の想像通り、陛下からは貴様等を城内へ案内するよう仰せつかっている。が…」

僧侶「あなたにその気はない、と…」

親衛隊長「無論。勅命であろうと、陛下に仇なす輩を通す道理があるものか」

勇者「そうか。だが、無理にでも通してもらうぜ」

親衛隊長「なれば、当初の予定通り排除するのみ」

戦士「そんなことはどうでもいい…」

親衛隊長「ほう…」

勇者「戦士?」



112: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/22(水) 20:17:28 ID:HTfvLtbY

戦士「お前、俺のこと覚えてるか…?」

僧侶「面識があったんですか!?」

親衛隊長「忘れもしない。陛下が亡命を許した人間だ。そして、我輩の懸念通り、敵を引き連れ戻ってきた」

戦士「その様子だと忘れてるようだが、それ以前にも一度、会ってるはずだ…」

親衛隊長「記憶にない」

僧侶「もしかして、昨晩の話の…」

戦士「そう…魔王排斥を訴えてたあいつを殺した護衛、それがこいつだ…!」



113: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/22(水) 20:17:59 ID:HTfvLtbY

勇者「本当か!?」

親衛隊長「あの女か。確かに、以前陛下に飛び掛った女を仕留めた。が、それと貴様に何の関係がある?」

勇者「その人は戦士の大事な…!」

親衛隊長「陛下に害意を向けた輩とその状況について、我輩は全てを記憶している」

僧侶「なら…!」

親衛隊長「あの女の死の前後、行動を起こした者など皆無…この男も含めて、一人もいない」

勇者「でたらめなこと言うな!」

戦士「でたらめじゃない。そいつの言う通り、俺は何もできなかった」

僧侶「戦士さん…」

戦士「だが、だからこそここに来たのかも知れない…あいつの遺志を継ぐため、仇を取るため。そして…」チャキ

親衛隊長「来るか…」ザッ

戦士「何もできなかった当時の俺と、決別するためだ!!」ダッ



114: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/22(水) 20:18:33 ID:HTfvLtbY

戦士「てりゃあああ!!」ガキン

親衛隊長「この程度か…他愛もない…」ブン

勇者「させるか!」ザシュ

親衛隊長「ぐっ…」タンッ

僧侶「落ち着いて下さい戦士さん!」

勇者「そうだ!戦士が、司令塔が熱くなってちゃ、勝てる勝負も勝てないだろ!」

戦士「勇者…」

僧侶「冷静に、的確に、小馬鹿にしたように!指示を出して下さい!今まで通りに!」

戦士「…お前らに落ち着けなんて言われるとはね。俺も堕ちるとこまで堕ちたな…」

勇者「そこまで!?失礼な!」

戦士「まあ、お陰で落ち着いたよ。じゃあ、いつも通り、行くか」

僧侶「はい!」

勇者「頼んだぞ!」

女騎士「……」



115: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/22(水) 20:19:09 ID:HTfvLtbY

親衛隊長「茶番は終わったか」

戦士「ああ。そっちも態勢を立て直したようだな」

親衛隊長「無論。先程のような隙は今後一切見せまい」

戦士「隙を見せようが見せまいが、俺らが勝つことに変わりはないさ」

親衛隊長「戯言を…」

勇者「戯言なんかじゃない。俺たちの力で、それを証明してやる!」ダッ

親衛隊長「無策な猪突猛進で、何を証明せんとする…」ス

戦士「おい!お前こそ落ち着け!」ガキン

勇者「いや、俺の剣は通じたからこのままいけると思って…」

親衛隊長「残念だが、そうはいかない」ガン

勇者「おわあああ!!」ゴロゴロ

戦士「速い!それに、ガードの上からでこれか…!」



116: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/22(水) 20:19:51 ID:HTfvLtbY

親衛隊長「まずは一人…」ギュオ

戦士「しまっ…」

女騎士「」ガキン

戦士「くっ」サッ

親衛隊長「軌道を反らしたか。なれば貴様から…」キン

僧侶「やっぱり効きませんね…」

親衛隊長「…この一瞬で既にそこまで距離を取ったか。やはりその足は厄介だ」

戦士「助かったよ。お陰で対処法を思いついた。協力してくれるな?」

女騎士「……」コク



117: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/22(水) 20:20:31 ID:HTfvLtbY

戦士「言うまでもなく、こいつは強い。破壊力と耐久力はゴーレムに次ぐレベルだし、ワーウルフに匹敵する程のスピードもある」

僧侶「そうですね」

戦士「作戦はあるが、全員に伝えてる時間はない。各自役割を果たしてもらうしかない。いいな?」

僧侶「はい。それで、私の役割は?」

戦士「僧侶には…」



118: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/22(水) 20:21:04 ID:HTfvLtbY

勇者「せあああ!!」ブン

親衛隊長「遅い…」ス

女騎士「」ガリ

戦士「てりゃ!」ガ

親衛隊長「刺突なら貫けるとでも…ぬ?」サッ

僧侶「外しましたか!」

親衛隊長「目を狙うとは小賢しい…」ギュオ

勇者「行かせるか!」ザシュ

親衛隊長「ぐっ…何故貴様がそこに…」



119: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/22(水) 20:21:34 ID:HTfvLtbY

---------------

戦士『基本的な対処はゴーレム戦と同じだ。ただ、今回は素早い相手だ。女騎士も連撃はせず一撃ごとに離れてくれ』

戦士『常に勇者を間に挟む形で遠距離射撃だ。鱗のない目を狙え。防がれても奴の注意は引ける』

戦士『お前の後ろに僧侶を配置した。絶対に抜かれるな。奴が僧侶を狙う瞬間が最大のチャンスでもあるんだからな』

戦士『俺はお前らを援護する。各自安心して役割を果たしてくれ』

---------------


女騎士「」ガリ

戦士「そらよ!っと」ガ

僧侶「えい!」バシュ

親衛隊長「ぬ、ぐ…馬鹿な…」グラ



120: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/22(水) 20:22:04 ID:HTfvLtbY

親衛隊長「ここで果てる訳にはいかない…せめて、貴様等を道連れに…!」ギュオ

戦士「そう来ると思ったよ」

親衛隊長「ぬう!?」

戦士「勇者!止めだ!!」

勇者「任せろ!おりゃあ!!」ザン

親衛隊長「ごふっ…!」ズウゥン



121: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/22(水) 20:22:37 ID:HTfvLtbY

親衛隊長「ぐっ…な、何故…」

戦士「鱗を剥いだ首への一撃だ。そりゃ無事じゃ済まないだろうな」

勇者「それも、俺の全力のカウンターだからな!」

僧侶「動けないようですね。出血も多いようですし、何もしなくてもじきに倒れるでしょう」

親衛隊長「このまま、敗れる訳には…」

戦士「聞いてないみたいだね」

勇者「じゃあ、もう行くか」

親衛隊長「我こそは王室親衛隊隊長…」

女騎士「」グイグイ

戦士「分かってる。促されるまでもないさ。くたばるのを待つつもりはない…俺のこの手で、止めを刺す!」

親衛隊長「…鎧龍…魔王陛下が鎧…」



122: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/22(水) 20:23:10 ID:HTfvLtbY

僧侶「気を付けて下さいね」

戦士「気の付けようがないよ、こんなうわ言言ってる奴なんてさ」

勇者「心配し過ぎだよ」

女騎士「……」チラ

戦士「あいつの仇と思って肩に力入ってたけど、終わってみれば大したことなかったな」チャキ

親衛隊長「…鎧は、主君に迫る刃を…」

戦士「つまらないうわ言もその辺にして…とっとと地獄に堕ちやがれ!」ドシュ

親衛隊長「ぐふっ!…砕くのみ!!」ギュア

戦士「な…!?」

ザン

ゴト



123: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/22(水) 20:23:46 ID:HTfvLtbY

僧侶「…え!?」

勇者「おい嘘だろ…なあ戦士…?」

親衛隊長「貴様、だけでも…道連れ、だ…」ドシャ

戦士「」

僧侶「そ、そんな…いやああああああ!!」

勇者「うおおお戦士ー!!」

女騎士「……」

―――――――

『君にも隙があるものなのだな。一分の隙もない印象を受けたが…』

『いや、こうして倒れ死に瀕している今でさえ、隙がないように見える』

『それが両足を飛ばされ、頭を打ち昏睡に陥るのだから、何が起こるか分からぬものだ』

『いずれ事切れるだろうが、そうなると、君の目的は永久に分からず仕舞いか…』

―――――――



124: ◆3pflJEip3M 2015/07/22(水) 20:24:19 ID:HTfvLtbY

―――――――

『君は何を思い同胞を討ち、私を魔王にしようとしたのだろうな…』

『…その思惑次第では…』

『……お膳立ての礼くらいは必要だろう』

『君をこの場で死なせるのも忍びない』

『飛ばされた足はどうにもならんが、代わりに私の作った義足を付けておこうか』

『捕らえもしまい。君が何処へ行き何を為すのか、見届けるのもまた一興というもの』

女騎士『……』

―――――――



126: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/23(木) 20:53:57 ID:RDl8K2bQ

勇者「畜生…やっと、ちょっとだけでも分かり合えたと思ったのに…くそ…!」

僧侶「戦士さん…ここまで来れたのも…勇者様と結ばれたのも…あなたのお陰なのに、どうして…」

女騎士「」ザッザッ

勇者「…おい待てよ…」

女騎士「……」クル

勇者「仲間が、戦士が目の前で死んだのに、何でさっさと進もうとしてんだよ…!」

女騎士「……」クル

勇者「待てっつってんだろ!」ガシ

女騎士「!」グル

僧侶「勇者様!?」



127: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/23(木) 20:54:47 ID:RDl8K2bQ

勇者「お前…何考えてんだ…?目の前で戦士が…一緒に戦ってきた仲間が死んだんだぞ?」ググ

僧侶「勇者様…」

勇者「墓作って供養しようとも思わないのかよ!少なくとも…ほったらかして先に行こうなんておかしいだろうが!!」ギリ

女騎士「……」フイ

勇者「っ!何とか言えよ!元はと言えばお前が殺したようなもんなんだぞ!お前が背中押して戦士を…!!」ユサユサ

バシッ

勇者「っつ!」

女騎士「……」

僧侶「なっ!」

勇者「…そうかよ、そういう態度取るのか…だったら…!」ググ

僧侶「落ち着いて下さい!ここで争っても、何も解決しません!!」

勇者「僧侶…」



128: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/23(木) 20:55:29 ID:RDl8K2bQ

僧侶「戦士さんが亡くなって悲しいのは私も同じです!だからと言って、それを女騎士さんにぶつけてどうするんですか!?」

女騎士「……」サッサッ

勇者「お前…!」

僧侶「勇者様!」

勇者「でも…!」

僧侶「ここで争っても!…戦士さんだって報われませんよ。自身の死で私たちがばらばらになるなんて…」

勇者「あ…ごめん、頭に血が上り過ぎてた…」



129: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/23(木) 20:55:59 ID:RDl8K2bQ

僧侶「…女騎士さんの行動は私にも理解できません。でも、進まなければいけないことに変わりはありません」

女騎士「」コク

僧侶「親衛隊長の話では、魔王は私たちに用があり、そのために今だけ、警備が手薄になっているようです」

勇者「日を置けば警備を通常に戻されて、余計に不利になる…」

僧侶「だからこそ、今の内に進まなければいけません。戦士さんの供養を、魔王討伐後にしてでも…」

勇者「分かった。さっさと討伐して戻ろう。女騎士も…ああ、さっきは悪かった。また一緒に…」

女騎士「」クイクイ

勇者「ん?ああ分かったよ。門を開けるの、今手伝うよ」



130: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/23(木) 20:56:35 ID:RDl8K2bQ

城内

勇者「…魔物がいない…」

僧侶「城内にも兵がいないなんて…」

女騎士「」ザッザッ

勇者「待った」

女騎士「…?」クル

勇者「罠があるかも知れない…俺が先頭で行く」スタスタ

女騎士「……」

僧侶「女騎士さん」

女騎士「?」

僧侶「すみません。勇者様がきつく当ってしまって。戦士さんがなくなったのが堪えているんです…」

女騎士「……」

僧侶「魔王討伐を果たして、落ち着きさえすれば、元の様になりますから、それまでは見守って頂けないでしょうか…?」

女騎士「……」ザッザッ

僧侶「あ…」タタッ



131: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/23(木) 20:57:06 ID:RDl8K2bQ

執務室

勇者「罠も敵もなく、こんな奥まで来ちまったな…」

僧侶「そうですね…」

「そういう指示だからねえ」

女騎士「!」

勇者「誰だ!?」

「政務補佐の吸血鬼さ。まあ、魔王の側近と言えば君でも分かるかな?」



132: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/23(木) 20:57:37 ID:RDl8K2bQ

僧侶「ここで現れたということは、あなたも親衛隊長と同様に…」

側近「君たち全員を消すつもりはないよ。指示にないし面倒だし、何より話したがってる相手まで消したら嫌味を言われるよ」

勇者「話したがってる相手?」

側近「君じゃない。だから安心して死んでね」

勇者「返り討ちに…!」

側近「な?久しぶりだな女騎士」

勇者「何!?」

僧侶「え!?」

女騎士「……」



133: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/23(木) 20:58:10 ID:RDl8K2bQ

勇者「どういうことだ…知り合いだったのか!?」

側近「あれ?話してなかった?って、話したくても話せないんだったね」

女騎士「……」スラ

側近「そう怒るなよ。一緒に満月の国を滅ぼした仲じゃないか」

勇者「何!?」

僧侶「滅ぼした!?」



134: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/23(木) 20:58:43 ID:RDl8K2bQ

勇者「おい…本当なのか?本当にこいつと一緒に満月の国を滅ぼしたのか!?」

女騎士「……」

勇者「答えろ!肯定否定くらいはできるだろ!!」

僧侶「お、落ち着いて下さい!どう考えても嘘です!私たちを分裂させるために煽ってるだけです!!」

勇者「嘘…」

側近「事実なんだけどなぁ…煽ってるのは否定しないけど」

僧侶「惑わされないで下さい…今まで一緒に戦ってきた彼女と、目の前の敵と…どちらを信じるつもりですか?」

勇者「そうだな…この話は後回しだ。今はこいつを倒すことだけ考えよう」チャキ

僧侶「はい」

女騎士「……」チャキ



135: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/23(木) 20:59:19 ID:RDl8K2bQ

側近「向かってくるか。まあ、いいけどね。元々君たちは始末するつもりだったし」

僧侶「やあ!」バシュ

ビュオ カラン

勇者「突風で矢が落とされた!?でもここは室内…」

女騎士「」タンッ ブン

ビュオ グラ

側近「おうおう血の気の多いお嬢ちゃん達だ」ヒョイ

僧侶「明らかに不自然な風…魔法ですね。初めて見ましたが…」

勇者「これが!?…思ったより地味だな」

側近「派手なのがお好みかな?じゃあこれでどうか、な!」ブン



136: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/23(木) 20:59:51 ID:RDl8K2bQ

勇者「くっ!」ダン

ザリ

僧侶「石壁が抉れて…」

勇者「まともに受けてたらやばかったな」

側近「余所見は感心しないな」

僧侶「え…!?」クル

ガリ

僧侶「うっ…」ガク

勇者「僧侶!くそ!離れろ!!」ブン

側近「おっと。危ない危ない」シュタ



137: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/23(木) 21:00:25 ID:RDl8K2bQ

勇者「大丈夫か!?」

僧侶「はい、傷は浅いので…あれ?」ペタン

勇者「おい!しっかりしろ!」

側近「それは酷ってものだよ。血と共に生気も吸い出したんだから、暫くは立てないはずさ」

勇者「この野郎!!」ブン

側近「そう差し出されても君の血はいらないよ。そもそもできる限り君には触れたくないしね」サッ

女騎士「」タンッ

側近「君は下がってなよ」ビュオ

女騎士「…!」ヨロ

僧侶「くっ…はあ、はあ…」



138: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/23(木) 21:00:59 ID:RDl8K2bQ

勇者「逃げるな!」ブン

側近「鬼さんこちら、手の鳴る方へ~、って、鬼はこっちか」ヒョイ

勇者「馬鹿にしやがって…!」

バシュ

側近「お?」ビュオ カラン

僧侶「っ…また、外され…」

側近「まだふらつくだろうに頑張るね。ご褒美に、一瞬で楽にしてあげよう!」ブン

勇者「させるか!せあああ!!」ザン

側近「魔法を切り裂いた?やっぱり面倒だなあ、聖剣使いの勇者は」



139: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/23(木) 21:01:38 ID:RDl8K2bQ

側近「魔法が必殺の一撃にならないのは君たちくらいだよ。まあでも…」

勇者「ぜい!!」ブン

側近「大した脅威じゃないけど、ね!」ビュオ

女騎士「!」グラ

僧侶「勇者様!避けて下さい!」バシュ

勇者「っと!」タッ

側近「ふふふ…」ビュオ

ドス

側近「ごふっ!」



140: ◆3pflJEip3M 2015/07/23(木) 21:02:15 ID:RDl8K2bQ

側近「な、馬鹿な…どうして…風の障壁を…」ヨロ

僧侶「今です!」

勇者「分かってる!」ダンッ

側近「そうか…そういう…」

勇者「うおおお!!」ザン

側近「」ドサ



141: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/24(金) 05:31:39 ID:k.1oCXXw

女騎士の正体が分かりそうで分からんね



142: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/24(金) 19:32:18 ID:V7gwwGNI

勇者「ありがとう、助かったよ。大丈夫か?」

僧侶「まだちょっと足に力が入りませんが、何とか…」

勇者「分かった。無理はするなよ?」

僧侶「はい」

勇者「ところで、何で最後の矢だけ効いたんだろうな」

僧侶「…材質の問題です…」

勇者「材質?最後の矢だけ違う奴ってことか」

僧侶「はい…あの矢は、聖銀でできています」

勇者「聖銀!?確か、俺の聖剣の釉薬に使ってるあれだよな!?」

僧侶「そうです。強力な魔法耐性を持つとされる合金…教会の持つ特許の一つです」



143: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/24(金) 19:32:55 ID:V7gwwGNI

勇者「そんなものがあるならなんで今まで…」

僧侶「魔法を使うのは上級魔族の一握りだけ。これまでそんな相手と戦うことはありませんでしたし、それに…」

勇者「それに?」

僧侶「この矢、3本しかもらってませんから…」

勇者「魔王戦に備えて温存してたのか」

僧侶「その通りです…決して悪意があった訳じゃないんです」

勇者「分かってるよ。僧侶がそんな奴じゃないのは俺が一番知ってる。それに、悪意で何かするのは寧ろ…」クル

女騎士「……」シャー チン

勇者「側近も倒したことだし、そろそろ答えてもらおうか。奴の話の真偽について」

僧侶「…女騎士さん…」



144: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/24(金) 19:33:34 ID:V7gwwGNI

勇者「まず、魔王や側近と面識があるのは、確定でいいよな?」

女騎士「……」コク

勇者「流石にそこはもう隠す気もないみたいだな。で、もう一つはどうなんだ?」

僧侶「満月の国を滅ぼしたかどうか…」

勇者「ああ、側近はお前と一緒に滅ぼしたって言ってた。どうなんだ?本当にそうなのか、それともあいつのでまかせだったのか」

女騎士「……」

勇者「難しい回答は期待してない。ただ、あいつの言う通りなのか、違うのか…YesかNoで答えればそれでいいんだ」カツカツ

女騎士「……」

勇者「この期に及んでまだだんまりか?いい加減にしろ!もう俺らの信用問題って範囲じゃないんだぞ!?」ガシ

僧侶「勇者様…」

勇者「奴の話が嘘でも、面識がある以上、何らかの関係があるのは間違いない!もし本当なら…お前が滅ぼしたんだとしたら…」

勇者「それは騎士団や満月の国への裏切りなんてもんじゃない…!全人類に対する裏切りなんだぞ!!」ユサユサ

女騎士「……」

僧侶「……」



145: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/24(金) 19:34:16 ID:V7gwwGNI

勇者「首を縦か横に振れば済む話だろ!いつまでもはぐらかしてないで、とっとと答えろっつってんだろうが!!」グイグイ

女騎士「……」ス

僧侶「やめて下さい!!」

女騎士「!」ピタ

勇者「何で止めるんだよ、僧侶!これ以上先延ばしにする気か!?」パッ

僧侶「…ふっ…」スク

勇者「おい、無理するな。まだ力入らないんだろ?」

僧侶「…行きましょう。このまま留まっていても、どうにもなりません」フラフラ

勇者「でも…」チラ

女騎士「……」ザッザッ

僧侶「…ふう…ふう…」ヒョコ ヒョコ

勇者「…分かった…肩を貸すよ」ヒョイ



146: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/24(金) 19:34:49 ID:V7gwwGNI

僧侶「勇者様、ありがとうございました。ここからは自分で歩きます」スク

勇者「無理するなよ?辛かったらいつでも…」

僧侶「ここからはそうはいかないでしょう。この扉の向こうが恐らく城の最奥…玉座でしょうから…」

勇者「この先に、魔王がいる、と…」

僧侶「そういうことになります」

女騎士「」ググ

勇者「いいよ。俺が開けるから、お前は下がってろ。よいしょっと!」ググ

僧侶「…あと少しで…」

女騎士「?」

僧侶「…この先の魔王を倒せばゆっくり落ち着いてものを考えられる…そうすれば、元の優しい勇者様に戻るはず…」

女騎士「……」

ギイイ



147: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/24(金) 19:35:34 ID:V7gwwGNI

謁見の間

勇者「こいつが魔王…全ての元凶か…!」

「如何にも。私が魔王だ。ようこそ魔王城へ、勇者御一行。そして…」

女騎士「……」チャキ

魔王「ふふふ、懐かしい構図だ。が、前回とは異なり君は私を殺すためにここへ来たのだな」スク

勇者「やっぱり面識があるんだな」

僧侶「前回?」

魔王「と、言うよりは初めて会った時と言うべきか」



148: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/24(金) 19:36:10 ID:V7gwwGNI

魔王「今のように少人数で私を討伐に来たが、私が手を下す必要もなかった」

勇者「どういうことだ?」

魔王「彼女自ら…」ガキン

女騎士「」ギリ

魔王「ふ…敵を前に呑気に会話とは、緊張感に欠けていたかも知れないな。それが、気に障ったか!?」キン

女騎士「」ズザ

魔王「君が失語症になった原因も、同様の状況だったからな。それとも…」

勇者「俺たちに聞かれるとまずい内容だったか?」



149: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/24(金) 19:36:44 ID:V7gwwGNI

女騎士「」タンッ ガキン

勇者「図星か?後ろ暗いことがあるんだな!?だから…!」

僧侶「勇者様!」

勇者「何だよ!」

僧侶「あ…!…ううん、敵の話に踊らされ過ぎです!!側近戦と変わらないじゃないですか!」

勇者「そう言う僧侶は!…何でさっきから女騎士の肩ばっか持つんだよ」

僧侶「私自身、女騎士さんには疑念がない訳じゃありません!それでも…!」

勇者「それでも?」



150: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/24(金) 19:37:17 ID:V7gwwGNI

僧侶「目的が同じなら…魔王を倒す意思があるなら、今は協力すべきです。事の真偽を確かめるのはそれからでも遅くないはず」

女騎士「」ガキン キン

魔王「君の剣技は相当なものだが、魔術を使うまでもない。一撃があまりに軽い」ガキン

女騎士「…!」ズザザザ

勇者「…見逃すのはこれが最後だ。こいつを倒し次第全部聞き出すからな!」ダッ

魔王「まるで勝算があるかのように言うじゃないか」ガキン

勇者「あるに決まってんだろ…魔法に対して有効な手段が、聖剣とそれを持つ勇者だ!それに…」グググ

魔王「む…」ググ

勇者「お前に苦しめられた人たちのためにも、俺は負けられない!そして…戦士のためにも!!うおおお!!」ギリ

ザシュ



151: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/24(金) 19:37:53 ID:V7gwwGNI

僧侶「やりましたか!?」

勇者「いや、まだ浅い。痛手には程遠いはずだ」

魔王「その通り。それにしても、やはり剣だけでは捌ききれんな」

勇者「魔法を使うつもりか?だが、俺には効かないぞ!」

魔王「ふふふ…西の虎よ、我が矢となれ」ビュオ

勇者「くっ!」ダッ

ズガ

勇者「側近と同じ、風の魔法か!?けど…!」

僧侶「まるで威力が違う…!壁を貫通するなんて!!」

魔王「本当に効かないかどうか、試してみるか?」

勇者「嘘だろ!?」

魔王「聖剣も勇者の魔法耐性も然程影響はない。多少弱められたところで、人間を殺すには十分な威力が残る」



152: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/24(金) 19:38:25 ID:V7gwwGNI

魔王「どうした?萎縮しているのか?」

女騎士「」タンッ キン

魔王「君は、暫く待っていると良い。一通り弄び次第、失語症の治療を試みるから、な!」ガキン

女騎士「!」ズザザ

勇者「今だ!」ダン

魔王「北の亀よ、我が盾となれ」ズア ガン

勇者「床が盛り上がって、壁に!?」

僧侶「それより…聖剣が、魔法で止められた!?」



153: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/24(金) 19:39:00 ID:V7gwwGNI

魔王「驚く程のことではないだろう。どんな剣を使おうと、人力で岩盤を断つなど土台不可能なことだ」

勇者「くそ!挟まっ…!」グッグッ

魔王「…西の虎よ」

僧侶「勇者様!」バシュ

魔王「……」キン

勇者「くっ!」ダン

魔王「我が矢となれ」ビュオ

勇者「うおあ!」ゴロゴロ

ズガ

僧侶「勇者様!大丈夫ですか!?」タタッ

勇者「ああ、お陰で掠っただけで済んだ。でも聖剣が…」



154: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/24(金) 19:39:31 ID:V7gwwGNI

魔王「聖剣…強い魔法耐性を持つ合金、聖銀をメッキした剣とのことだったな」ガシ

ガラガラ

勇者「聖剣を持った途端に壁が…」

魔王「その効果は確かなようだ。こうして掴んでいるだけで魔力が霧散するのを感じる」

僧侶「返して…」

魔王「魔法を使える上級魔族の討伐にこれを用いるのは、確かに理に適っている。しかし…」ポイ カラン

僧侶「あ…」タタッ

勇者「不用意に動くな!」

魔王「この程度では力不足だ。君は、勇者としての使命を果たすことなくここで果てる」



155: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/24(金) 19:40:02 ID:V7gwwGNI

勇者「必ず果たす!お前を倒すと言う使命をな!」

魔王「自身の役割さえ理解していないのか。にも拘らずここまで旅してきたと言うのか」

僧侶「勇者様の聖剣…」ギュッ

勇者「魔王を倒す者、それ以外の意味があるとでも言うつもりか!」

魔王「君は、君たち勇者と呼ばれる者たちは所詮、後続の道を拓く贄に過ぎない」

勇者「贄だと!?」

魔王「死に際に自身の役目について知らぬもまた不憫…教えておこう。勇者など鉄砲玉に過ぎない」

勇者「でたらめを言うな!」



156: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/24(金) 19:40:38 ID:V7gwwGNI

魔王「でたらめか?考えても見ると良い。本気で魔王、そして魔王軍を倒すつもりがあるなら、大軍を差し向けているはず」

勇者「それは…!…国防で手一杯だからだろ」

魔王「それが事実だとしよう。すると健康な若者は例外なく徴兵され、町には負傷兵を除けば女子供、老人ばかりになる」

勇者「そんなことは、全然なかった…」

魔王「そう、国防で手一杯の国家の行動としてはあまりに危機感がない。だが楽観している訳ではあるまい。なれば…」

勇者「温存…」

魔王「その通りだ。その兵力はまず、魔物や魔族に向けられる。然る後に…」

勇者「人間同士の戦争に…」

魔王「分かっているようだな。君は、そのシナリオを実現するための贄と言う訳だ」



157: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/24(金) 19:41:13 ID:V7gwwGNI

魔王「私や側近と戦い、理解しただろう。魔法は強大な力だと。効果的な演出と共に使用すれば単独で一国を滅ぼし得る程の」

女騎士「……」コク

魔王「ふふ、そうだな。君と側近が、君の祖国を壊滅させたように」

勇者「事実、だったのか…」

魔王「そうした大規模な損耗を避け、最小限の犠牲に抑えることで、来るべき戦争のための兵力を温存する」

勇者「それは俺が阻止する…」

魔王「ここで死ぬ君には…いや、仮に私を殺し生き延びたところで、本来の役目を終えた君は始末される」

勇者「俺の役目…」

魔王「魔王を始めとする上級魔族を暗殺し、後続の兵に安全な戦場を提供する。それが君の、勇者の役目だ」

僧侶「…敵の言葉に惑わされないで下さい!勇者様!!」ブン

カラカラカラン

勇者「僧侶…」



158: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/24(金) 19:41:54 ID:V7gwwGNI

魔王「その手に戻ってきた聖剣で、君は何を為す?」

僧侶「勇者様…」

勇者「先のことは分からない…お前の、そして戦士の言う通り、俺は始末されるかも知れないしな」

僧侶「ゆう…!」

勇者「でも、今することは変わらない。俺たちを、いや、僧侶を傷つけようとするお前を倒す…難しいことはそれからだ!!」チャキ

僧侶「はい!一緒に戦いましょう!!」

勇者「ああ!」

魔王「極めて場当たり的な考えだが、まあいい。君たちが何をしようと、結果は変わらない」



159: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/24(金) 19:42:30 ID:V7gwwGNI

勇者「変えてやるさ!」ダン

魔王「北の亀よ、我が盾となれ」ズア

僧侶「えい!」バシュ

カン

魔王「む?」

勇者「おりゃあ!!」ガン

バキ

魔王「壁を…!?」

勇者「まだだ!!」ブン

魔王「ふむ…」タッ

バシュ

魔王「くっ…」キン



160: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/24(金) 19:43:06 ID:V7gwwGNI

勇者「いける…勝てるぞ!僧侶!!」

僧侶「はい!」

魔王「予想外に面倒だな。消えてもらおう。西の虎よ…」

勇者「気を付けろ!」

僧侶「分かってま…うっ…」ガク

魔王「我が矢となれ」ビュオ

勇者「おい!!」ダンッ

僧侶「あ…」

グシャ

ドサ



162: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/24(金) 20:00:12 ID:V7gwwGNI

勇者「うわあああ僧侶ー!!」ダッ

魔王「胴を分断するつもりが、首から上を吹き飛ばすに留まったか。まあ排除と言う目的は達した以上、良しとするか」

勇者「僧侶…何で…どうして…」ガク カラン

魔王「何故、か…右足に傷を付けていたのか、はたまた吸血の後遺症か、いずれにせよ、側近も只では死ななかったのだろう」

勇者「将来を…約束…したのに…」

魔王「戦意喪失か。致し方ない。さて、何故先程壁の魔法を破壊できたのか…ん?これは」ス

ガラガラ

魔王「なるほど、聖銀でできた矢だからこそ、壁に刺さったのか。そこに聖剣を叩きつけ、打ち破ったと」カラン

女騎士「……」ザ

魔王「どうした?素直に治療を受ける気になったか?」



163: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/24(金) 20:00:49 ID:V7gwwGNI

女騎士「」チャキ

魔王「あくまで私を殺すのか。分からないな…一度は討伐部隊を壊滅させ私を玉座へと導いた君が、今度は殺すなど」

女騎士「」タンッ

魔王「君一人では私に遠く及ばぬと、実証したつもりだが」ヒョイ

女騎士「」ザッ クル

魔王「君の行動は整合性に欠ける。前回の魔王討伐後、多くの有力魔族を葬ってきた一方、私を盛り立てたり、祖国を滅ぼしたり」

女騎士「」タンッ

魔王「人間嫌いなのかと思えば、そこの、他国の勇者に同行し、私を、自分で担ぎ出した魔王を倒そうとしたり」キン

女騎士「」ズザザ

勇者「……」



164: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/24(金) 20:01:28 ID:V7gwwGNI

魔王「ただ、君が寝返ったことで随分と侵略が順調に進んだな。君一人の離反でこれだ」

女騎士「……」

魔王「もう数人増えれば、今回の損耗など取るに足るまい」

女騎士「……」

魔王「君が何故私に協力したのか、そして今刃を向けるのか、未だ謎に包まれたその理由を解明できれば…」

魔王「前述の侵略の効率化も、夢物語から、現実のものとなる」

勇者「…それは不可能だ…」

魔王「理由を聞こうか」

勇者「…お前が女騎士の動機を知ることはない……お前は俺が…ここで、この手で…!倒すからだ!!」ダンッ



165: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/24(金) 20:02:12 ID:V7gwwGNI

魔王「南の雀よ、我が剣となれ」ゴオオ

勇者「うおりゃあああ!!」ガ

魔王「ここにきて我が炎熱剣と拮抗するとは驚いた…しかし…」

勇者「うおお!くっ!おあああ!!」ギリギリ

魔王「それ以上はどうにもならぬようだな」

女騎士「」ザ

魔王「それは私も同じことか」

女騎士「」タンッ



166: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/24(金) 20:02:54 ID:V7gwwGNI

魔王「北の亀よ…」

女騎士「」ヒュン

魔王「くっ…!」キン

女騎士「」チャキ

魔王「我が盾となれ!」ズア

女騎士「」ザッ ザッ タンッ

魔王「くっ!」ガキン

ヒュー

魔王「先程の…ふん!」バシ

ガラガラ フシュ

魔王「馬鹿な…!」

女騎士「」ザシュ

魔王「ぐあ…!」ヨロ

勇者「うおおお!!」ダンッ

ザン



167: ◆3pflJEip3M 2015/07/24(金) 20:03:37 ID:V7gwwGNI

魔王「ぐ…………ふ……くくく」ドサ

勇者「何がおかしい!」

魔王「あの投擲物は、聖銀の矢だったのだな……弾かれた後の…落下位置まで計算して投げていたとは…」

女騎士「……」

魔王「魔法で迎撃される恐れもあったろうに、僅かな躊躇いもなく…一連の動作を完遂するとは…恐れ入る…」

勇者「あの一瞬で、そこまで…」

魔王「君の目的は分からず仕舞いだが、その成就に懸ける…並ならぬ意志は、感じ取ることができた…」

勇者「こいつの意志か…」

魔王「生きろ……その意志のある限り……屈するな……君なら…」

女騎士「」ドシュ

魔王「」ガク



170: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/25(土) 17:31:59 ID:459n6sas

勇者「…魔王討伐を、果たしたんだな…」

女騎士「……」コク

勇者「…だが、まだ終わりじゃない」

女騎士「……」

勇者「魔王が言ってたことは…全て事実なのか?」

女騎士「……」コク

勇者「…お前が魔王と面識があったのも、満月の国を滅ぼしたのもか…?」

女騎士「」コク

勇者「っ…お前が、討伐隊を壊滅させて…奴を魔王にしようとしたこともか…!?」

女騎士「……」コク

勇者「…全部、お前のせいじゃねえか…!お前のせいで、皆は…僧侶まで…!!」



171: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/25(土) 17:32:33 ID:459n6sas

勇者「ちくしょう…!ふざけやがって…!お前が魔王とグルじゃなきゃ、あいつらは…僧侶は…」

女騎士「……」チャキ

勇者「あ?俺も殺すってか?前回の討伐隊みたいに、俺も始末するのか?…上等だ……返り討ちにしてやる!!」

女騎士「……」

勇者「戦士の…そして僧侶の無念!その身で償え!!」



172: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/25(土) 17:35:03 ID:459n6sas

勇者「おりゃあ!」ブン

ヒョイ

女騎士「」ザシュ

勇者「せあああ!!」ビュオ

サッ

女騎士「」ザシュ

勇者「くっ、まだまだあああ!!」ブオン

女騎士「」ザシュ

勇者「くそ!ちょこまかと…!」ブン

女騎士「」ザシュ

勇者「うぐ…つつ…」ヨロ



173: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/25(土) 17:35:48 ID:459n6sas

女騎士「……」

勇者「いつまでも…」ザ

女騎士「……」チャキ

勇者「調子に乗ってんじゃねえ!!」ダンッ ブオン

サッ

ドシュ



174: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/25(土) 17:36:26 ID:459n6sas

勇者「ぐぶ…!おあ…」グラ

女騎士「……」ス

ガシ

女騎士「!?」



175: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/25(土) 17:37:27 ID:459n6sas

勇者「う…っく…」ググ

女騎士「…!」

勇者「…やっと、捕まえたぜ…!」

女騎士「…!」グッグッ

勇者「逃がすかよ!くらえ!!」

ザン



176: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/25(土) 18:28:38 ID:459n6sas

女騎士「…!…!」ブルブルブル

勇者「これで、どうだ…!?」

女騎士「…!」ガク

勇者「はっ!漸く膝を着いたか。これで、お得意のヒットアンドアウェーは封じたぜ」パッ ズボ

女騎士「……」ダラン

勇者「こっちも無事じゃ済まなかったけど、お前はそれ以上みたいだな」キュポン

女騎士「……」

勇者「つっ!…止血しとくか」ヌリヌリ



177: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/25(土) 18:29:18 ID:459n6sas

女騎士「……」ゴソゴソ

勇者「止血剤!?させるか!」カラン

女騎士「!」バッ

勇者「止めだあああ!!」ブオオオ

ガキン

勇者「ちっ、まだ受け止める余力があったか…」ギギギ

女騎士「……」ギシ

勇者「だが、押し返すのは無理だろ!このまま…押し切ってやらあ!!」ググググ



178: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/25(土) 18:30:55 ID:459n6sas

勇者「あと数ミリで脳天かち割れるな」グググ

女騎士「……」ググ

勇者「言い残したことは…」チラ

僧侶「」

勇者「…どうせないだろ」ググ

女騎士「……」ツー

勇者「お前も魔王と同じ…」ググ

魔王「」

勇者「地獄に堕ちろおおお!!」ギリギリ

女騎士「…!」ギシ



179: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/25(土) 18:31:39 ID:459n6sas

女騎士「…!…!」ポタ ポタ

『生きろ』

女騎士「……」ギギ

『その意志のある限り…』

女騎士「!」ギャリ

勇者「なっ…!!?」グラ

ザン



180: ◆3pflJEip3M 2015/07/25(土) 18:32:29 ID:459n6sas

勇者「ぐ、あ…」ドサ

女騎士「……」スク

勇者「そ、僧…侶……」ガク

女騎士「……」キュポン ヌリヌリ

女騎士「…………あ」カラン

女騎士「……あ、あ、あ!」

女騎士「声が……声が」



183: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/26(日) 18:10:21 ID:gwSAG7FA

女騎士「…………」

女騎士「……もう、死んでるのよね。勇者」

勇者「」

女騎士「せっかくお話ししようと思ったのに…まあいいよ、勝手に話すからね」

女騎士「どうしてあなた達を皆殺しにしたかって」

女騎士「ふふふ、どうせ理解できない。誰にもね」

女騎士「勇者も、魔王も、どいつもこいつも、救いのない馬鹿ばっかりだから」



184: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/26(日) 18:10:54 ID:gwSAG7FA

女騎士「私の目的はあなたと同じ、人類を救うこと」

女騎士「死者を、犠牲者を減らすことで実現しようとする発想も」

女騎士「ただ、方法が違うだけ」

女騎士「あなたは敵を、魔王を倒して終わり」

女騎士「私は魔王を、人類共通の敵を敢えて用意している」



185: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/26(日) 18:11:26 ID:gwSAG7FA

女騎士「…人間は愚かだから、常に敵を探して争い続ける」

女騎士「戦士の言った通り、魔王を倒せば、次は人間同士の戦争になる」

女騎士「実際そんな事例は起きてる。恐らく今も、その火種が燻っているでしょうね」

女騎士「あなたの快進撃から、どの国も既に勝利を確信して、魔王亡き後の方針を議論している」

女騎士「それはあなたの考えるような明るいものじゃない…他国を出し抜き、自国優位に進めるための、言わば策略」

女騎士「そうして利害がぶつかり、戦争へと発展する」

女騎士「その犠牲者は魔王侵攻時とは比べ物にならない規模になる」

女騎士「強大な異種族に使っていた兵力を、同じ人間に向けるのだもの。当然ね」

女騎士「事実、前回の魔王討伐前後の人口統計ではそんな結果が出た…魔王軍の侵攻を生き延びた兄もあの人も呆気なく…」



186: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/26(日) 18:11:56 ID:gwSAG7FA

女騎士「…大分話しが逸れたけれど、要するに、魔王と言う形で仮想敵を用意する」

女騎士「そうして兵力を魔王軍に向けさせ、人間同士での戦争所でない状況を作る」

女騎士「それが私のやり方。人類を救う方法」

女騎士「どうせあなた達は反対するでしょ?」

女騎士「魔王は、自身も自国民も、茶番劇の悪役にされる以上、賛同の余地なんてない」

女騎士「戦士も自国の復興の妨げになることに手は貸せないでしょう」

女騎士「僧侶は、冷静に振る舞って見せているけれど、勇者のことしか頭にない。彼の意見に従うだけね」

女騎士「勇者…あなたは、犠牲を前提とした考えは全否定するでしょうね。魔王討伐の報告もすぐにする」

女騎士「……結果がどうなるか、深く考えることなく…」

女騎士「それだけは避ける必要があった。だから、あなたを殺した」

女騎士「それに付和雷同する僧侶も、自国の都合だけで犠牲者を増やす戦士も。尤も直接手を下さなかったけど」



187: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/26(日) 18:12:31 ID:gwSAG7FA

女騎士「侵攻速度が鈍り、仮想敵の役割が薄れた魔王も殺した」

女騎士「魔王…余計なことはする癖に、必要な措置は取らない役立たず…人が何のためにお膳立てしたと思っているの?」

女騎士「あなたと会ったのは、前回の魔王討伐後、満月の国の勇者に同行して魔物の残党狩りをしていた時以来ね」

女騎士「まあ、私が狩る順番を調整したんだけどね。そうして対立候補を減らし、順当にあなたが魔王になるように計らった」

女騎士「仕上げに、あなたと相対した時に勇者一行を裏切り全滅させた」

女騎士「ただ、詰めが甘く、あなたと話している隙を付かれ、殺し損ねた勇者の最期の一振りで、両足を飛ばされ倒れた」

女騎士「あの時、このまま死ぬんだと思った。もう愛する人のいない世界からもこんな役割からも解放されるって」

女騎士「…でもあなたは私を生かした…興味本意で…」



188: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/26(日) 18:13:13 ID:gwSAG7FA

女騎士「私の目的をただ単に知りたいだけ。その癖、お膳立ての礼なんて恩着せがましく」

女騎士「挙げ句、日輪の国制圧後、侵攻速度を大きく落とした」

女騎士「そのせいで各国の結束が崩れてしまった。果ては魔王討伐を待たず開戦する論調まで…」

女騎士「鷹派筆頭だった陛下を殺し、満月の国を壊滅させても既に手遅れ。同盟も解消されたまま」

女騎士「だから、あなたを殺し次の魔王を立てることにした」

女騎士「『生きろ。その意志のある限り』ですって?余計なお世話よ」

女騎士「お前のような屑は死んで当然よ、この木偶の坊」



189: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/26(日) 18:13:45 ID:gwSAG7FA

女騎士「人間同士が争う事態があってはならない。それはあの人が私に言ったこと」

女騎士「今後もこの方針を変えるつもりはない」

女騎士「私は救う。そのために殺し続ける」

女騎士「誰も私を止められないんですもの。世界は私を受け入れた」

女騎士「……そういうことでしょ?」

魔王・勇者・僧侶「「」」

女騎士「……生まれるのに時があり、死ぬのに時がある」



190: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/26(日) 18:14:20 ID:gwSAG7FA

魔王城前

戦士・親衛隊長「「」」

女騎士「植えるのに時があり、植えた物を引き抜くのに時がある」



191: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/26(日) 18:14:56 ID:gwSAG7FA

日輪の国

人間居住区

「ここは部外者は立ち入り禁止だ。見なかったことにするなら見逃し…が!?」ドサ

女騎士「殺すのに時があり、癒すのに時がある」



192: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/26(日) 18:15:31 ID:gwSAG7FA

炎の国

避難所

「お陰様で復旧作業が進みました!本当にありがとうございます!」

女騎士「崩すのに時があり、建てるのに時がある」



193: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/26(日) 18:16:06 ID:gwSAG7FA

満月の国

都市跡地

女騎士「泣くのに時があり、微笑むのに時がある」

「お母さん!お母さん!うわああん!!」



194: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/26(日) 18:16:37 ID:gwSAG7FA

街道

女騎士「嘆くのに時があり、踊るのに時がある」

「高官から難民に転落するとは…俺は一体どうすれば…」



195: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/26(日) 18:17:10 ID:gwSAG7FA

大樹の国

共同墓地

女騎士「石を投げ捨てるのに時があり、石を集めるのに時がある」

「さて、あいつの家族の分の積み石もしておくか」



196: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/26(日) 18:17:44 ID:gwSAG7FA

城下町

女騎士「抱擁するのに時があり、抱擁をやめるのに時がある」

「必ず生きて帰って来てね…」

「ああ…約束だ」



197: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/26(日) 18:18:20 ID:gwSAG7FA

漣の国

興信所

女騎士「捜すのに時があり、失うのに時がある」

「この人の安否分かりますか!?私の夫なんです!どなたか…!」



198: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/26(日) 18:18:50 ID:gwSAG7FA

港町

女騎士「保つのに時があり、投げ捨てるのに時がある」

「ここを乗りきれば!?何回目だよ!もうやってられるか!!」



199: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/26(日) 18:19:25 ID:gwSAG7FA

黄金の国

兵舎

「この人を連れて行かないで!!連れて行かれたら私は…!」

「貴様の事情等知るか!一人でも多くの人員が必要なんだ!!」

女騎士「引き裂くのに時があり、縫い合わせるのに時がある」



200: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/26(日) 18:20:03 ID:gwSAG7FA

大地の国

山道

「どうした騎士様?俺らに囲まれちゃ怖くて声も出ねえか?」

女騎士「黙っているのに時があり、話をするのに時がある」チャキ



201: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/26(日) 18:20:39 ID:gwSAG7FA

満月の国

殉職者慰霊碑

女騎士「愛するのに時があり、憎むのに時がある」



202: ◆3pflJEip3M 2015/07/26(日) 18:21:33 ID:gwSAG7FA

魔界

某所

女騎士「戦うのに時があり」

「…人間ごときが我が眠りを妨げるとは…身の程知らずめ…」

女騎士「和睦するのに時がある」

fin.



203: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/26(日) 18:22:25 ID:gwSAG7FA

感想、疑問、>>1死ね等あればご自由にどうぞ



205: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/26(日) 18:45:14 ID:/km0J7fY

乙乙

女騎士は結局何者だったんだ?
前回の勇者のパートナー?



206: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/26(日) 19:07:42 ID:abPpwvu2


この女騎士は愚策を引いちゃってるなぁ…



207: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/26(日) 19:23:50 ID:gwSAG7FA

>>205

手紙の人の妹であり満月の国の騎士
自国の勇者を中心に結成された魔物の残党狩り部隊の同行者

>>206

愚策は本人も承知の上
魔王進行時が女騎士の知る限り最も平穏だったためそこにしがみついているだけ
「人間は愚か」は自身も含めての発言



210: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/27(月) 18:42:25 ID:OxSr4hzY


女騎士が強すぎないとこもまた良かった






他のおすすめSS