転載元 : http://wktk.open2ch.net/test/read.cgi/aimasu/1501434463/l50

1 :◆h8PchLJM6BH7 2017/07/31(月)02:07:43 ID:Tvd


藍子「ふんふんふふ~ん♪」トコトコ

藍子「風も気持ちいいし良い天気~♪ お仕事までまだ時間もあるし、お散歩しながら事務所に行くのもいいなぁ・・・♪」

「失礼、お嬢さん。この辺りに山吹ベーカリーというパン屋があるらしいのじゃが、どちらか分かりますかのう・・・?」

藍子「山吹ベーカリーなら商店街の真ん中辺りです。商店街はほら、あそこのゲートが入り口ですよ」

「おお、ありがとうよ・・・そうじゃ、お礼にこのスタージュエルをあげよう。美味しいよ」

藍子「わっ、いいんですか? ありがとうございます」パクッ

トコトコ…

藍子(・・・そういえば私、道を聞かれることはあっても)ハムハム

藍子(プライベートでファンの人に声をかけられたことってないかも・・・)モキュモキュ




2 :◆h8PchLJM6BH7 2017/07/31(月)02:09:46 ID:Tvd

a1JRtn9

高森藍子(16)



3 :◆h8PchLJM6BH7 2017/07/31(月)02:10:12 ID:Tvd


・・・


藍子「―って、来る途中ふと考えちゃって」

長富蓮実「分かります! ちょっと憧れますよね」

藍子「分かってくれますか!」ガシッ

蓮実「はい!」ヒシッ





4 :◆h8PchLJM6BH7 2017/07/31(月)02:13:10 ID:Tvd

VPXre10

長富蓮実(16)



5 :◆h8PchLJM6BH7 2017/07/31(月)02:13:43 ID:Tvd


藍子「ファンの人に・・・!」

蓮実「話しかけてもらう・・・!」


ホワンホワンホワン




6 :◆h8PchLJM6BH7 2017/07/31(月)02:14:34 ID:Tvd


・・・


『あ、あの・・・! ア、ア、アイドルのた、た、た、高森藍子ちゃんとな、なが、長富蓮実ちゃんでしゅきゃ!? ま、また噛んだ~・・・こんな時に~・・・!』ガブガブ

藍子『うふふ、大丈夫ですか? はい、高森藍子です♪』

蓮実『長富蓮実です♪』

『や、やっぱり・・・! だ、大ファンです! あ、握手して下さひっ!』

藍子『はい、喜んで♪』ギュッ

『お、応援してましゅ!』

蓮実『嬉しいです! これからもがんばりますね♪』ギュッ

『あ、憧れのアイドル2人にこんな風に出会えるなんて・・・!』



・・・




7 :◆h8PchLJM6BH7 2017/07/31(月)02:15:10 ID:Tvd


藍子「みたいなみたいな♪」キャーキャー

蓮実「憧れる~!」キャーキャー




8 :◆h8PchLJM6BH7 2017/07/31(月)02:15:46 ID:Tvd


蓮実「どうしたらそうなれるでしょうか?」

藍子「う~ん・・・そういえば、美嘉さんはよく話しかけられるって」

蓮実「美嘉さん・・・カリスマギャル、頼れるお姉さん、いじられ役・・・?」ムーン

藍子「常識的、身持ちが固い、チョロい・・・」ムムーン

インディゴ・ロータス「「う~ん・・・」」ムムムーン


城ヶ崎美嘉(ほ、褒められてるのかな・・・?)コソッ…




9 :◆h8PchLJM6BH7 2017/07/31(月)02:18:16 ID:Tvd

U8aiEgU

城ヶ崎美嘉(17)



10 :◆h8PchLJM6BH7 2017/07/31(月)02:21:38 ID:Tvd


藍子「あ、そうですっ! 蓮実ちゃん、まだお仕事まで時間ありますよね?」

蓮実「え? そう、ですね。この後一緒の仕事までは特に何も・・・」

藍子「じゃあそれまで、お散歩しませんか?」

蓮実「! 実践の中で学ぶ、ということですね!?」

藍子「どんと、しんく!」

蓮実「ふぃーる!」

藍子・蓮実「「いえ~いっ♪」」ハイターッチ

「「いってきま~すっ♪」」テテテテテ…


美嘉「い、いってらっしゃ~い・・・」フリフリ

美嘉「・・・」

美嘉「・・・ね、ねぇプロデューサー・・・アタシってチョロ―う、ううん! 何でもない・・・!」


・・・




11 :◆h8PchLJM6BH7 2017/07/31(月)02:22:32 ID:Tvd


蓮実「え~っと・・・あっ、藍子ちゃ~ん!」フリフリ


(・・・なに? 藍子ちゃんだと・・・?)チラッ


藍子「蓮実ちゃん! お待たせ~っ!」テテテ


(あれは・・・アイドルの長富蓮実ちゃん・・・!?)チラッ




12 :◆h8PchLJM6BH7 2017/07/31(月)02:23:19 ID:Tvd


藍子「ごめんなさい、お待たせしましたか?」

蓮実「私も今来たところですよっ! それじゃ行きましょうか!」

藍子「うん!」


(お、おお・・・! あの二人、プライベートで仲良かったのね・・・!)チラッ

(よし、死角だな・・・! L・O・V・Eラブリー蓮実! L・O・V・Eラブリー藍子!)シュバッ バッ ババッ


藍子「・・・視線感じますか?」トコトコ

蓮実「・・・いえ、まったく」テクテク

藍子「どうしたら話しかけて貰えるのか・・・あっ、クレープ屋さん・・・!」

蓮実「美味しそうですね・・・! ちょっと、寄っちゃいましょうか!」

藍子「はい!」




13 :◆h8PchLJM6BH7 2017/07/31(月)02:24:27 ID:Tvd


藍子「すみませ~ん、クレープ二つおねがいしま~すっ♪」

蓮実「私は・・・チョコバナナを。藍子ちゃんは?」

藍子「じゃあ私はチョコバナナを!」

蓮実「同じじゃないですか~♪」クスクス

藍子「えへへー♪」


「はい、かしこまりましたー。少々お待ちくださーい」ジュー

(すげぇ! 私の店にアイドル来てる!)

(サ、サイン飾りたい・・・! でもプライベートだしなぁ・・・)


藍子「クレープって、なんだかキラキラしてますよね~」キラキラ

蓮実「分かります・・・作ってるのを見るのも楽しいですよね~」キラキラ




14 :◆h8PchLJM6BH7 2017/07/31(月)02:25:19 ID:Tvd


「はいどうぞ~。はーい、ちょうどいただきまーす」

藍子「わぁ・・・! あむっ」ワーイ

蓮実「んー♪ 美味しいですねーこれ♪」モキュモキュ


(藍子ちゃんと蓮実ちゃんがクレープ食べてる・・・)チラッ

(マジヤバ、超かわいいんですけどー)チラッ

(こんな光景を見れるなんて・・・! わしは明日死ぬかもしれん・・・)チラッ


藍子「んー・・・人通りの多いところで待ち合わせして歩いてみましたけど、これでもダメみたいです・・・」モキュモキュ

蓮実「そうですね~・・・」ムグムグ




15 :◆h8PchLJM6BH7 2017/07/31(月)02:26:04 ID:Tvd


蓮実「あとは~・・・あっ、藍子ちゃん! あの人・・・!」

藍子「え? あ、あれは・・・!」

蓮実「今売り出し中のアイドル、パスパレの丸山彩ちゃんです・・・!」コソッ

藍子「ほ、本当です・・・! わ~・・・! 髪おろしていると大人っぽい・・・!」コソッ




16 :◆h8PchLJM6BH7 2017/07/31(月)02:26:34 ID:Tvd


蓮実「わ~・・・可愛い~・・・!」コソッ

藍子「はい・・・! お話してみたいなぁ・・・デビュー曲好きなんです・・・!」コソッ

蓮実「はい、私もCD買って・・・でも、今プライベートですよね・・・」

藍子「お忙しい中のお休みでしょうし、今話しかけるのはやめておきましょうか・・・」

蓮実「そうですね・・・」

藍子「・・・」

蓮実「・・・」

藍子「こ、これだ~!」

蓮実「これです~!」




17 :◆h8PchLJM6BH7 2017/07/31(月)02:27:44 ID:Tvd


蓮実「全てはファンの方々の思いやりだったんです・・・」

蓮実「私たちが、普通の女の子に戻れる時間があるようにって・・・」

藍子「はい・・・そのことに、ようやく気づけましたね・・・」

蓮実「ありがたいですね・・・でも」

藍子「はい! だからこそ、やっぱりお話してお礼が言いたいです!」

蓮実「ですねっ!」




18 :◆h8PchLJM6BH7 2017/07/31(月)02:29:12 ID:Tvd


藍子「そうですっ! こちらから話しかけましょう!」

蓮実「わ、私たちからですかっ!? どうやって、それにやり方によっては許可とか・・・」

藍子「そうですね~・・・あっ、道を聞きましょう! それならプライベートの範囲ですっ!」

蓮実「なるほど・・・! そうやって、もしかしてアイドルの・・・? という風に言ってもらうわけですね?」

藍子「そうです! そしたらもうどっかーんとお礼を!」

蓮実「どっかーんと!」

藍子「はい! 行きましょうっ!」



・・・



19 :◆h8PchLJM6BH7 2017/07/31(月)02:30:10 ID:Tvd


(アイドルの高森藍子ちゃんと長富蓮実ちゃんだ・・・!)チラッ

(うっわ、チョーファンなんですけど・・・!)チラッ


藍子「すみませ~ん」


「!? は、はひっ!」


蓮実「皇居ってここからどう行けばいいか分かりますか?」


「こ、皇居なら・・・!そこの信号を右に曲がって突き当りを左です・・・!」


藍子「ありがとうございます♪」


「い、いえ・・・!」




20 :◆h8PchLJM6BH7 2017/07/31(月)02:30:47 ID:Tvd


藍子「・・・」じー

蓮実「・・・」じー


(え!? み、見られてる・・・! 見つめられてる・・・!?)


蓮実「それでは失礼します。ありがとうございました」ニコッ

藍子「それでは~」フリフリ


「お、お気を付けて・・・!」


テクテク…


(・・・よっしゃー!!!)グッ グッ


藍子「空振りです・・・」

蓮実「どんどん行きましょう!」

藍子「そうですね。あっ、それならそのままお散歩もしちゃいましょうか♪」

蓮実「あっ、それいいですね!」


・・・




21 :◆h8PchLJM6BH7 2017/07/31(月)02:31:58 ID:Tvd


テクテクテク

蓮実「すみませ~ん」

「!? う、うすっ!!!」


テクテクテク

藍子「日本橋ってここからどう行けば~・・・」

「そ、そ、そ、それなら・・・」


テクテクテク

蓮実「ごめんくださ~い」

「はーい・・・!? あ、あらあらあら・・・!」


テクテクテク

藍子「迷ってしまって・・・ここはどこでしょうか?」

「コ、ココは、はは・・・!」



・・・




22 :◆h8PchLJM6BH7 2017/07/31(月)02:32:35 ID:Tvd


・・・



藍子「すみませーん・・・じゃなかった。えくすきゅーずみー!」

蓮実「ええと、ウィー、ウェントゥー、ゴー、ピラミッド・・・!」


「Hahaha、ダイジョーブ。ワタシ日本語ワカリマース」


藍子「ほっ・・・すみません、ピラミッドってどちらでしょうか?」


「ソレナラ、ソコノ信号ヲ右ニ曲ガッテ、突キ当リヲ左デース」


蓮実「ありがとうございます!」


「イエイエ」




23 :◆h8PchLJM6BH7 2017/07/31(月)02:33:40 ID:Tvd


「・・・モシカシテ、藍子チャンと蓮実チャンデスカ?」


藍子「! そ、そうです・・・!」


「Oh, So cute! 大ファンデース。イツモテレビ見テマース」


蓮実「あ、ありがとうございます! これからも頑張ります!」


「プライベートに申シ訳アリマセンガ、握手シテモラッテモ?」


藍子「はい! 喜んで!」ガシッ

蓮実「もちろんです!」ガシッ

藍子「そ、そうだ! 写真! 写真撮りましょう!」パシャ パシャ

蓮実「サイン書かせてもらえませんか!?」キュッ キュッ キュキュー


・・・




24 :◆h8PchLJM6BH7 2017/07/31(月)02:34:23 ID:Tvd


・・・




藍子・蓮実「「ただいま~♪」」ガチャ

美嘉「あっ、おかえり~」

美嘉「二人にしては遅かったじゃん。まだ余裕あるけど、もうすぐお仕事に行かないと行けない時間だよ? あっ、プロデューサーは今車の準備してるから」




25 :◆h8PchLJM6BH7 2017/07/31(月)02:37:30 ID:Tvd


美嘉「何してきたの? 二人とも、なんかすっごく嬉しそうだけど」

藍子「えへへ~♪ 聞いてください美嘉さん♪」

蓮実「お散歩してたらファンの人とお話しできたんです♪」

美嘉「そっか、良かったね★ そういうのって励みになるんだよねー」

藍子「はい! ますます頑張らなくっちゃってなりました!」

蓮実「なんてったって、アイドルですからね! これからもファンの人に喜んでもらえるように!」

藍子「目指せー!」

蓮実「トップアイドルー!」

藍子・蓮実・美嘉「「「おおー♪」」」



26 :◆h8PchLJM6BH7 2017/07/31(月)02:38:13 ID:Tvd


藍子「あっ、これお土産です!」

蓮実「本場のパピルスですよ!」

美嘉「ありがと★ へー・・・パピルス・・・本場のパピルス!?」




お・わ・り




27 :◆h8PchLJM6BH7 2017/07/31(月)02:39:28 ID:Tvd

お読みいただきありがとうございました
はすみんのデレステ3Dモデルの出来はグンバツだと思います
私は綾瀬穂乃香ちゃんの3Dモデルが特に好き





28 :名無しさん@おーぷん 2017/07/31(月)02:39:49 ID:Esp

かわいい
乙です






他のおすすめSS
 
 
 
 
 
鷺沢文香「触手のすすめ」 
高垣楓「駆け抜けるこの想い」 
輿水幸子「安価でPさんと遊ぶ」 
十時愛梨「ティーバッグ? ティーバック?」 
向井拓海「このカマ野郎!」モバP「オネエと呼びなさい」