転載元 : http://wktk.open2ch.net/test/read.cgi/aimasu/1467560086/

1: 名無しさん@おーぷん 2016/07/04(月)00:34:46 ID:tWZ

>>765プロアイドルが事務所に所属してない場合の世界を想定してます
設定どころか色々おかしいとは思いますがよろしくお願いします オマージュ作品です



2: 名無しさん@おーぷん 2016/07/04(月)00:35:35 ID:tWZ

社長「ふむ・・ 何もないなここは」

小鳥「見渡す限り崖って感じですね」

社長「船越○一郎とか出てきそうだなァ」

小鳥「社長・・ 私帰っていいですかね」

社長「なっ!? 船越○一郎が嫌いなのかね?」

小鳥「いえ 社員旅行の下見に来たのですから もっと違うところを見ませんか?」

社長「いいじゃないか 殺風景な景色に心をあらわれるってこともあるだろう」

小鳥「(あるあ・・・ねーよ)」

小鳥「じゃあ先に帰りますね ちょっとスタミナ消費しとかなきゃいけないので」



3: 名無しさん@おーぷん 2016/07/04(月)00:36:11 ID:tWZ

社長「音無君!? 行ってしまったか・・」

社長「まったく・・ 近頃の若い者は何を言ってるかわからん・・」

社長「仕方ない 一人で散策してみようか」

社長「しかし・・ 本当に崖ばかりだ」

社長「や、もしあれは・・・!?」



4: 名無しさん@おーぷん 2016/07/04(月)00:36:41 ID:tWZ

崖の上に少女がいた。 うしろ姿には異様なほど陰気なかげが漂っていた

社長「も、もしや 飛び込もうか迷ってるのではないか? 止めなければ」

社長は少女の後ろから忍び寄り、がっちりと少女をつかみ安全なところへ移動させた

社長「君の様な前途ある若者が早まったことをしてはいかん」

社長「落ち着くんだ 過去のことは忘れたまえ 前を向いて生きるのだ」

少女は驚いたようだったが 抵抗はあまりしなかった




5: 名無しさん@おーぷん 2016/07/04(月)00:37:18 ID:tWZ

少女「わ・・私仕事が全然ダメダメで・・ 仲間から半人前っていわれて・・」

少女「・・・・・」

社長「君 名前はなんというのだね?」

少女「は・・萩原雪歩ですぅ・・」

社長「雪歩君 わたしの会社ではたらいてみないかね?」

雪歩「えっ・・・」

社長「かよわい少女にボディーガードを頼むことはできないが カバン持ちということでどうかね?」

雪歩「でも 私の仕事は・・」

社長「心配することはない 半人前だからって 荷物を半分無くすということはないだろう?ハッハッハ」

雪歩「それぐらいなら・・できるとおもいます」

かくして雪歩は765プロの社員になった



6: 名無しさん@おーぷん 2016/07/04(月)00:37:54 ID:tWZ

小鳥「社長! 雪歩ちゃん ものすごく頑張ってくれてますよ」

社長「ハッハッハ 君は仕事中にデレステをするのをやめてくれたまえよ」

小鳥「いやー 今頑張らなきゃいけない時期なんですよ」

社長「ううむ 君をクビにする検討をしてもよさそうだな」

小鳥「あはは御冗談を・・ あっ」

社長「どうかしたかね? いつになく深刻そうな顔をして」

小鳥「社長・・ 1時間以内にコンビニとかに行くご予定は・・?」

社長「まったくないが・・・?」

小鳥「参ったなぁ iTunesカード買いに行かないと」

社長「君は社長にパシらせるつもりだったのかね!?」

雪歩「あっ コンビニだったら私が買いに行きますぅ」

小鳥「悪いねー よろしくね 雪歩ちゃん」

社長「雪歩君 これは多分どうでも良い買い物だと思うのだが・・」

雪歩「いいんです 少し外に出たかったので」

社長「そうか では私も外に出たいのでついていってもいいかね?」



7: 名無しさん@おーぷん 2016/07/04(月)00:38:22 ID:tWZ

小鳥「わー社長 雪歩ちゃんには甘いんですねーっ」

社長「(私は君を甘やかしすぎてしまったようだ・・・音無君・・)」



8: 名無しさん@おーぷん 2016/07/04(月)00:38:47 ID:tWZ

コンビニ前にて

雪歩「では買ってきますので すこしお待ちをー」

社長「そこまで急ぐ必要はないから ゆっくりとな雪歩君」

結局小走りで コンビニに入っていく雪歩



社長は大きな音に気が付いて コンビニの上を見上げると何やら工事をしているようだ

社長「どこもかしこも工事だな・・ いったい何ができるやr・・・

ゴォォォォバァァァン  バシャアアアアン・・・・・・・・

轟音とともに目の前に鉄骨が落ちてきたかと思いきや、跳ねて 奥のコンビニの窓ガラスを突き破り鉄骨はコンビニの棚にめりこんでいる

一瞬の出来事であった



9: 名無しさん@おーぷん 2016/07/04(月)00:39:23 ID:tWZ

事故後 765プロにて

小鳥「いや~ 奇跡ですよ社長 目の前に鉄骨が落ちてくるなんて」

社長「奇跡というか悪夢じゃないのかねあれは」

小鳥「雪歩ちゃんも社長も無事だったんですから奇跡ですよぉ」

奇跡的にケガをした人は皆無であった。事故後社長に駆け寄ってきた雪歩は安心したのか大きなため息をついていた

社長「まったく・・ コンビニなど行くものではないな」

小鳥「いや~ たまには刺激的な体験ってのもいいじゃないですか」

社長「二度と体験したくないものだ」



10: 名無しさん@おーぷん 2016/07/04(月)00:39:50 ID:tWZ

しかしその後も事故は続いた。

社長と雪歩が乗っていた飛行機が墜落しかけたのだ。


小鳥「機長が子供に操縦桿を持たせるなんてねぇ・・」

社長「まったくまたしてもひどい目に合ったものだ」

雪歩「すみません・・ 私がダメダメなばっかりに・・」

社長「そんなことはない 飛行機のチケットを取ったのは雪歩君だが こればかりはどうしようもないだろう」


だが、事故はこれで最後ではなかった。

次はタクシーに乗っている時であった。



11: 名無しさん@おーぷん 2016/07/04(月)00:40:14 ID:tWZ

765プロ社長室にて

小鳥「ここまでくると呪われてるんじゃないですか社長(笑)」

社長「もはや笑えない事態だよ」

小鳥「タクシーの後ろのトランク部分完全に無くなってましたもんね よくぞ無事で」

社長「後ろの部分だけ電車に直撃したとはいえ凄い衝撃だったよ」


社長「それで・・ 雪歩君をここに呼んでくれないか」

小鳥「社長・・」



12: 名無しさん@おーぷん 2016/07/04(月)00:40:43 ID:tWZ

数分後

社長「こんなことを言うのは気の毒なのだが、 きみを雇っておくのは辞めようかと思ってるんだ」

雪歩「はい・・」

社長「きみは本当によくやってくれている。相変わらずデレステばかりやってる小鳥君とは大違いだ」

雪歩「はい・・」

社長「しかし、辞めてもらいたいのだ もちろん退職金も十分に払う」

雪歩「はぃ・・」

社長「理由を話すべきだろうな・・ きみを雇ってから その・・事故が多いというか 縁起が悪いというか・・」

社長「なんというか 死神につきまとわれてるような・・」

雪歩「よ・・よくお分かりになりますね」

社長「ど、どっ どういうことだね 自分でも死神のようなものだと思っているのかね!?」

雪歩「いえ ようなものではなく 死神そのものなのです」

社長は顔をしかめた。その手の震えは止まらない。



13: 名無しさん@おーぷん 2016/07/04(月)00:41:16 ID:tWZ

社長「どうやらとんでもないものを引っ張り込んでしまったようだな 私から去ってもらえないか」

雪歩「そう言われるなら お別れしましょう」

社長「以外に素直なのだな ありがたいことだが。 それにしてもなぜ死神と言ってくれなかったのだ」

雪歩「それは・・ 聞かれなかったからです 私・・死神としてダメダメで・・失敗ばかりで人を死に導けないんですぅ」

雪歩「崖から海へ飛び込ませることはできたんですけれど・・ そのひと木の枝に引っかかって助かっちゃって・・」

社長「そこに私が現れたということか・・ 自殺志願者だとてっきり思っていたよ」

雪歩「申し訳ないです・・」

社長「どうりで事故ばかりだと・・ まぁ早く気づいてよかったかな ではお別れとしよう」

社長「なんと別れを言っていいか分からないな 元気で・・とも仕事に励んでともいえないな・・」

雪歩「挨拶など大丈夫ですよ ではさようなら」



14: 名無しさん@おーぷん 2016/07/04(月)00:41:43 ID:tWZ

社長「あっ そういえば これからどこにいくのだね?」

雪歩「また違う人のところにいくとおもいます・・ あと、こちらにはまたいつの日か私よりちゃんとした死神がくるとおもいます・・」

社長「!!待ってくれッ ということは君がいる間は他の死神は来ないのか?」

雪歩「?まぁそういうことになってますね・・」

社長「君がいる限りは死なないですむ ということになる」

雪歩「ホントーに情けないんですけど 実力がダメダメなので・・ 死には導けません・・」

社長「たのむ 是非ここにいてくれ」

雪歩「そこまで言うのでしたら・・」



15: 名無しさん@おーぷん 2016/07/04(月)00:42:06 ID:tWZ

それ以来、雪歩は社長のカバン持ちとしてそばを離れない

社長は病魔に苦しんだりケガをすることはあって死の直前に迫っても決して死ぬことはなかった


社長「これ以上のボディーガードはいないといえばいないのだろうか」

小鳥「私に聞かないでくださいよ」


おわり 







他のおすすめSS
 
 
 
 
 
【ミリマス】美咲「じゃーんっ! 本日のログインボーナスは――」 
ミリP「紬! 何をしているんだ紬!」 
七尾百合子「文学少女は純情って事になりませんかね?!」 
ミリP「琴葉とホテルとしじみ汁」 
周防桃子「え?耳かきになりたい?」