転載元 : http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1427541073/

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/03/28(土) 20:11:13.178 ID:qttCmPHr0.net

~ブルマ宅~

悟空「これ、おめえんだろ?」

ベジータ「よこせ! た、たしかにオレのだ……! いつのまに外れやがったんだ……!」

悟空「まさかチンコがもげちまうなんてなぁ~。オラおどれえたぞ」

ベジータ「もげたのではない! 外れたのだ!」

悟空「一緒だろ?」

ベジータ「フン! まるで意味が違う……。だいたい、カカロット! 何故貴様がここにいる!」

悟空「ブルマに呼ばれたんだ。オラに見せてえもんがあるって」

ブルマ「あ、孫くん。ひさしぶりね~」

悟空「オス」

ベジータ「おいブルマ。何故カカロットをオレの家に呼んだんだ」

ブルマ「私の家でしょ。まったく無職が偉そうに。孫くんにもリモート・ペニスを勧めようかと思って」

悟空「りもーとぺにすぅ? なんだそれ、食いもんか? うめえんか?」

ブルマ「やーね、カプセルコーポレーションの新技術のことよ」



2: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/03/28(土) 20:11:40.990 ID:xIB16FU50.net

やっちまったなぁ!



7: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/03/28(土) 20:18:37.635 ID:qttCmPHr0.net

ブルマ「孫くんにどうかと思って。ベジータにも施したの。あら、ちょうど外してるじゃない」

ベジータ「フン……」

悟空「リモートペニスって、ベジータのチンコがもげてんのと関係あんのか?」

ベジータ「もげたのではないと言っているだろう!」

ブルマ「ベジータのチンコを着脱可能にしたのよ。また取り付けることができるんだから」

ベジータ「見ていろ、カカロット」

カチャッ

ベジータ「どうだ。この通りだ」

悟空「ひゃー! すっげえなぁ! くっついちまったぞぉ!」

ベジータ「外すこともできる。自由自在にな」

悟空「すっげ、すっげぇなぁー!」

ベジータ「フン」

悟空「だけどよー、チンコ外して何の意味があんだぁ?」

ブルマ「特に意味は無いわ。でも人生長いんだし、外したい時が一度くらいはあるんじゃない?」

悟空「そっかぁー……へぇー……オラ、いいやぁ」



8: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/03/28(土) 20:19:48.731 ID:JZCcnEXSa.net

ワロタ



11: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/03/28(土) 20:21:34.213 ID:pRg1wsIm0.net

キンタマもはずせるなら急所減るから闘いがちょっと有利になるのではないのか




14: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/03/28(土) 20:25:56.352 ID:qttCmPHr0.net

ブルマ「あらそう? 身内の特別価格で手術してあげようと思ったのに」 

悟空「オラ別にチンコ外してぇと思ったことねえしなぁ」 

ベジータ「後悔するぞ、カカロット。チンコを着脱可能にしなかったことをな」 

悟空「かもな。もし後悔することになったら、そんときまた頼むよ。そんじゃな」 

ビュンッ 

ブルマ「バイバーイ。まったく、相変わらずせわしないわねー」 

ベジータ「そんなことよりブルマ。さっきチンコが勝手に外れたぞ」 

ブルマ「え? ほんと? ちょっと見せて」 

ベジータ「……」 

ブルマ「うーん。接続部がうまくかみ合ってなかったみたい」 

ブルマ「いつもみたいな全身タイツなら落っこちなかったのにね。まあ、調節しておくわ」 

ベジータ「ああ。頼む」



18: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/03/28(土) 20:33:38.178 ID:qttCmPHr0.net

‐翌日‐ 

ベジータ「……ん!? なにぃ! オレのチンコがまたいなくなってやがる……!」 

ベジータ「おい! ブルマ! ブルマー!」 

ブルマ「なによ、騒々しい」 

ベジータ「オレのチンコがまたいなくなりやがった!」 

ベジータ「勝手に外れやがったんだ……! ちくしょうめー!」 

ブルマ「また外れちゃったの? 家のどっかに落ちてるんじゃない?」 

ベジータ「この馬鹿でかい家のどこを探せばいいんだ……!?」 

ベジータ「最後にチンコを確認してから、だいぶ動き回ったんだぞ……!」 

ブルマ「もう、自分の行動範囲くらい覚えておきなさいよー」 

ブルマ「だいたい、なんでチンコが無くなったことにすぐ気付かないわけ?」 

ベジータ「四六時中チンコのことなど気にするわけがないだろう!」



19: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/03/28(土) 20:40:36.908 ID:qttCmPHr0.net

ベジータ「ブルマ! 今すぐチンコレーダーをつくれ!」 

ベジータ「ドラゴンボールの在り処を探査できるんだ、オレのチンコだって簡単なはずだ!」 

ブルマ「無理よ。ドラゴンボールと違って、電波なんて発してないんだから」 

ベジータ「っく、なら探すのを手伝え! 早くしろ! 間に合わなくなっても知らんぞーっ!!!」 

トランクス「パパー! パパのチンコがおっこちてたよ!」 

ベジータ「ト、トランクス……! よくやった!」 

トランクス「えへへー」 

ブルマ「ばっちいから手を洗ってきなさいねー」 

トランクス「うん!」



22: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/03/28(土) 20:48:12.197 ID:qttCmPHr0.net

‐数日後‐ 

ベジータ「……」 

ゴソゴソ 

ブルマ「ちょっと、数分おきにチンコ弄るのやめなさいよ。もういい大人なんだから」 

ベジータ「頻繁に確認しないと、知らぬ間に落ちているからな……!」 

ブルマ「なーんですぐ外れちゃうのかしら」 

ベジータ「原因は分からないのか?」 

ブルマ「うん。やっぱり実現するにはまだ早い技術だったのかも」 

ブルマ「世に出さなくて良かったわ。クレームで会社傾いてたかもねー」 

ベジータ「なっ……! ブルマ貴様! オレを実験台にしやがったのか……!?」 

ブルマ「実験台なんて人聞きが悪いわね。ちょっと自分の夫で試してみただけじゃない」 

ベジータ「おい! このチンコを早く戻せ!」 

ブルマ「無理よ。手術するときに聞いたでしょ? 『引き返せないけどいい?』って」 

ベジータ「なんてこった……! オレのチンコは一生外れやすいままなのか……!?」 

ベジータ「く、くそったれぇ……! あ、悪夢だぁ……!」



24: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/03/28(土) 20:54:56.228 ID:qttCmPHr0.net

ベジータ「冷静に考えてみれば、チンコを外す必要性なんて無かったんだ……!」 

ベジータ「チンコを外したいと思ったことなんて、今の今まで一度だって無い……!」 

ベジータ「は、判断を誤ったんだ……! お、おしまいだぁ……!」 

ブルマ「大げさね~。たかがチンコくらいで」 

ベジータ「女にはわかるまい! この絶望が……!」 

ベジータ「くそっ! 瞬間接着剤でくっつければいいのか……!?」 

ブルマ「あ、ダメよ、そんなことしたら。精密機械なんだから」 

ベジータ「ならどうしろと言うんだ!?」 

ブルマ「うーん、あっ、そうだ。この際、普段からチンコを外してれば?」 

ブルマ「それでトイレに行くときだけ、くっつければいいじゃない。ほらー、ね?」 

ベジータ「っぐ……! サイヤ人としての誇りが……!」 

ブルマ「そうと決まれば、さっそくチンコケースつくってあげる」 

ベジータ「丈夫なのにしろよ!!!」 

ブルマ「はいはい」



25: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/03/28(土) 21:01:03.916 ID:qttCmPHr0.net

~孫家~ 

悟空「そういや、ベジータのやつ、チンコ大丈夫かなぁ」 

悟飯「ベジータさんのチンコ? 何の話です?」 

ビーデル「……ご、悟飯くん、食事中に……」 

悟空「それがよ。ベジータのやつ、チンコを着脱可能にしたんだ」 

チチ「そったらこと、できんのか? さすがカプセルコーポレーションだなー」 

悟飯「すごい技術ですね」 

悟天「トランクスくんのパパのチンコが外れるとこ、見てみたいなぁ」 

悟空「お、じゃあ明日ブルマんちに行くか、悟天」 

悟天「わー! トランクスくんと遊ぼう!」 

チチ「悟空さ! 悟天ちゃんのチンコを着脱可能にするつもりじゃねえだろうな!?」 

悟空「そ、そんなわけねえだろ。ちょっとベジータのチンコが外れてっとこ見るだけだって」 

悟飯「僕も行こうかな。ビーデルさんは?」 

ビーデル「え、遠慮しようかな」 

悟空「じゃあ三人で行くかぁ」



26: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/03/28(土) 21:07:40.703 ID:qttCmPHr0.net

~ブルマ宅~ 

悟空「おーい、ベジーター。チンコ見せてくれー」 

悟天「トランクスくーん! あーそぼー!」 

トランクス「お、悟天!」 

ベジータ「くそったれー! オレのチンコが……!」 

悟飯「あれ、なんだか様子が変ですね」 

悟空「よお、ベジータ。どうかしたんか?」 

悟飯「何かあったんですか?」 

ブルマ「ベジータのチンコが死んじゃったみたいなの」 

悟飯「えっ!」 

悟空「ベジータのチンコが死んじまったって、どういうことだよ」 

ベジータ「見ろ! 今朝見たら、萎れてやがったんだ……!」 

ブルマ「昨日ずっと外しっぱなしだったからよ」 

悟天「わー、ミイラみたい!」 

トランクス「だよなー」



28: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/03/28(土) 21:11:21.769 ID:WwasoniWd.net

元気にする方法ならあるじゃないか 
ブルマが一番知ってるはずだ



30: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/03/28(土) 21:14:05.185 ID:qttCmPHr0.net

ベジータ「ブルマ! どうしてくれる! サイヤ人としての誇りがこのありさまだ!」 

ブルマ「ちょっと、私のせい!?」 

ベジータ「そうだろう! 何がリモートペニスだ! 馬鹿にしやがってぇ……!」 

ブルマ「アンタが『フン、いいだろう。やってみろ』って言うから手術してあげたんじゃない!」 

ベジータ「こうなると知っていれば断っていた!!! 何故言わなかったんだ!」 

ブルマ「だって私もこうなるとは思わなかったんだもの!」 

悟飯「ま、まあまあ。ふたりとも、落ち着いて」 

悟空「大人げねーぞぉ、ベジータ」 

ベジータ「チンコを失ったのだ! 貴様にこの苦しみが分かるか!?」 

悟空「冷静になれって。方法はあるはずだ」 

ブルマ「そうよ! 神龍に頼めばいいじゃない! 『チンコをまた生やしてください』って!」 

ベジータ「そうか……! その手があったか……!」



34: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/03/28(土) 21:19:33.196 ID:qttCmPHr0.net

悟空「ど、ドラゴンボールをつかうのか?」 

ベジータ「なんだカカロット、文句があるのか」 

悟空「もしもの時に備えて、やたらとつかわねえほうがいいんじゃねえか?」 

悟飯「確かに……危機的な状況に陥った時、ドラゴンボールが石の状態じゃ困りますね」 

ベジータ「今がその危機的状況だ!!!」 

悟空「そうは言ってもよ、ベジータのチンコだからなぁ」 

ベジータ「オレのチンコだからなんだ! カカロット、貴様ぁ! 邪魔をするなら相手になるぞ!」 

悟空「わ、わかったよ。そう興奮すんなって」 

ブルマ「今のアンタたちならドラゴンボール集めるくらいわけないでしょ? ほら、行ってらっしゃい」 

ベジータ「クックック……どうやら、オレたちに運が向いてきたようだぜ」 

悟天「トランクスくん! あっちで遊んでこよう!」 

トランクス「おう!」



36: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/03/28(土) 21:25:37.031 ID:qttCmPHr0.net

悟飯「探すと言っても、ドラゴンレーダーが無いことには」 

悟空「いっけね、そうだった。ブルマ、貸してくれ」 

ブルマ「はいはい。レーダーならここに……あら? 変ね」 

ベジータ「どうした」 

ブルマ「ドラゴンレーダーに反応が無いわ」 

悟空「いっ!?」 

ベジータ「なにぃ!? ど、どういうことだ!?」 

悟飯「もしかして、もう他の誰かが願いを叶えてしまったのかも……」 

ベジータ「なんだと!?」 

悟空「神殿に行って、デンデに聞いてみっか」



38: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/03/28(土) 21:31:35.854 ID:qttCmPHr0.net

~神殿~ 

デンデ「あ、悟空さんたち。お久しぶりです」 

ベジータ「おい貴様! ドラゴンボールを使ったやつを出しやがれぇ!」 

デンデ「うわっ」 

悟空「おい、落ち着けよベジータ」 

悟飯「ドラゴンボールの反応が無くなっちゃって……事情を知らないかな」 

デンデ「ああ、そのことでしたか……。それなら」 

ピッコロ「オレが使わせてもらった」 

悟飯「ぴ、ピッコロさん!」 

悟空「ピッコロ……! おめえ、その頭……!」 

ベジータ「あ、頭からチンコを生やしてやがる……!」 

ピッコロ「ああ。コーカサスオオカブトみたいにしたくてな」 

デンデ「神龍に頼んで、頭からチンコを生やしてもらったんです」 

ベジータ「ふざけやがってぇ!」



40: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/03/28(土) 21:33:58.286 ID:I7zm1gy20.net

仙豆で治りそう



42: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/03/28(土) 21:38:10.052 ID:qttCmPHr0.net

悟空「だ、だけどよ。叶えてもらえる願いはみっつだろ?」 

デンデ「残りのふたつもピッコロさんが使っちゃいました……」 

ピッコロ「右の触手をちょっと細く、左の触手をちょっと太くしてもらった」 

ピッコロ「微妙にバランスが悪かったんでな。これで左右対称だ」 

悟飯「それなら『触手のバランスを整えて』と頼めばひとつの願いで済んだのでは……?」 

ピッコロ「……フッ、さすが悟飯だ……。学者を目指しているだけはある」 

ベジータ「貴様ぁ! オレのチンコをどうするつもりだ!」 

ピッコロ「ベジータのチンコ……? 何の話だ」 

悟空「それがよぉ。かくかくしかじかなんだ」 

デンデ「それは大変ですね」 

ピッコロ「それなら、ナメック星のドラゴンボールを使えばいい」 

ピッコロ「悟空。お前が行けば、長老も快く貸してくれるだろう」 

悟空「そっか。だけどなぁ、ベジータのチンコにそこまでの義理はねえしなぁ」 

ベジータ「カカロット! 貴様ぁ!」 

悟空「じょ、冗談だって。そんなに怒んなよ。すぐ行こう、な?」



47: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/03/28(土) 21:44:27.512 ID:qttCmPHr0.net

~ナメック星~ 

ムーリ長老「チ、チンコを生やすために……?」 

悟空「ああ」 

ムーリ長老「チンコを生やすためですか……」 

悟空「頼む」 

ムーリ長老「チンコのために……」 

悟空「そう」 

ムーリ長老「チンコ……」 

ベジータ「いいからポルンガを出しやがれぇ!」 

ムーリ長老「ひえっ」 

悟空「こんなヤツだけどよ。ブウを倒すために頑張ったんだ。力になってくれ」 

ムーリ長老「わ、わかりました……」



50: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/03/28(土) 21:50:21.383 ID:qttCmPHr0.net

ムーリ長老「タッカラプト、ポッポルンガ、プピリットパロ!」 


ゥォォォォオオオオオン 

ポルンガ「さあ願いを言うがいい。どんな願いもみっつだけ叶えてやろう」 


ベジータ「オレのチンコを元に戻しやがれぇ!!!」 

ムーリ長老「(この人のチンコを元に戻してください)」 


ポルンガ「…………うん」



52: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/03/28(土) 21:55:39.994 ID:qttCmPHr0.net

悟空「すまねぇなー、ポルンガ」 

ニョッキニョキッ 

ベジータ「チンコだ……! オレのチンコが生えてきやがったぞ!!!」 

ベジータ「ハーッハッハッハッハ!!!!」 


ポルンガ「さ、さあ。次だ、ふたつめの願いを言うがいい」 


ムーリ長老「(以上です。もう願いはありません)」 


ポルンガ「…………そうか。では消える」 

ウォォォォォォン



54: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/03/28(土) 22:02:36.420 ID:qttCmPHr0.net

~ブルマ宅~ 

ベジータ「チンコが元に戻ったぞブルマ!」 

ブルマ「よかったじゃない」 

ベジータ「それに見ろ! クックック、ただ復活しただけじゃないようだぜ?」 

ギンギン♂ 

ブルマ「あらやだ、元気ねー。前よりもたくましくなったんじゃない?」 

ベジータ「復活するごとに戦闘力が増す、サイヤ人の特性はチンコにも当てはまるらしいな」 

ベジータ「……ブルマ、今夜は寝かせないぞ」 

ブルマ「ふふ、楽しみね」 

ベジータ「クックックック……ハーッハッハッハッハ!!!」 

ナレーション「こうして、ブラができたのであった」 

END



56: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/03/28(土) 22:04:53.990 ID:srwiWVBZ0.net

ピッコロの頭にちんこ生えたままなんだけど



60: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/03/28(土) 22:13:02.824 ID:QTwbZmhg0.net

クソワロタ



63: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/03/28(土) 22:33:42.966 ID:igRIXV3S0.net

これはひどい






他のおすすめSS
 
 
 
 
 
カイジ「福本キャラはバレンタインチョコいくつもらってるの?っと」 
れんげ「こまちゃんライターでのオ○ニーは危ないからやめるのん」 
三ノ輪銀「結城友奈は勇者である二期……?」 
久美子「優子先輩なんて嫌いだ!」晴香「えっ!?」優子「いやいやいや……」 
堀「若松、その怪我どうしたんだよ?」若松「瀬尾先輩にボールをぶつけられて……」