転載元 : https://hayabusa.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1373537259/

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/11(木) 19:07:39.00 ID:kIdydIAG0

―部室―

あかり「え……?襲う……?」

ちなつ「そう、ガバーッて」

あかり「食べちゃうぞーって感じ?」

ちなつ「なーんだ、分かってるじゃない」

あかり「え……でも……お友達を食べるなんてできないよぉ……」

ちなつ「大丈夫よ、襲うフリだけでいいから」

あかり「う、うん……でも何で?」



3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/11(木) 19:09:20.11 ID:kIdydIAG0

ちなつ「あかりちゃんに襲われているところを結衣先輩に助けてもらうって作戦よ」

あかり「えー!?それ、あかりが悪者になるってこと!?」

ちなつ「うん、まあそんなところね」

あかり「や、やだよぉ……結衣ちゃんに嫌われちゃうかもしれないし……」

ちなつ「そこは私がなんとかしてあげる、上手くいけば結衣先輩は私の彼女なわけだし」

あかり「うーん……そうなのかなぁ……」

ちなつ「そうなの!とりあえず、練習してみよっか」

あかり「れんしゅう?」

ちなつ「いきなりじゃ上手に襲えないでしょ?」

あかり「そ、そうだね」



4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/11(木) 19:10:48.70 ID:kIdydIAG0

ちなつ「はい、じゃあまずは自由に襲ってみよっか」

あかり「……うん!」ガシッ

ちなつ「お、イイ感じだよ」

あかり「え、えいっ!」ドンッ

ちなつ「きゃっ……!」ドスン

ちなつ(いきなり押し倒された……!?)

あかり「い、いいんだよね……?」

ちなつ「え……ちょ……」

あかり「……ん……」カプッ

ちなつ「ひゃっ……!?」ピクッ



5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/11(木) 19:12:12.61 ID:kIdydIAG0

あかり「ん……っ……」カジカジ

ちなつ「あっ……なんで……首噛むの……!?」ビクッ

あかり「え?だって襲うって食べちゃうってことだよね?」

ちなつ「た、食べるって……まぁ……そうだけど……」

ちなつ(あかりちゃん……そんな恥ずかしいことをはっきり言うなんて……)

あかり「だからとりあえず噛みついてみたんだけど……」




7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/11(木) 19:14:11.65 ID:kIdydIAG0

ちなつ「い、いきなりすぎてびっくりだよ……」 

あかり「そ、そうかな?」 

ちなつ「うん……最初は優しくキスから入って……」 

あかり「き、キス!?」 

ちなつ「それで、ちょっと乱暴に服を脱がして……」 

あかり「あっ、服は食べられないもんね~」 

ちなつ「え……?そりゃ、そうだけど……」 

あかり「えへへ、でもなんか恥ずかしいね」 

ちなつ「首に噛みつく方が恥ずかしいでしょ!」 

あかり「でもライオンさんは襲う時、首に噛みつくんだよ~」 

ちなつ「ら、らいおん?」



11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/11(木) 19:16:08.93 ID:kIdydIAG0

あかり「うんっ、襲うってライオンさんがヌーさんを食べるみたいなことだよね?この前テレビで見たんだぁ~」 

ちなつ「あ……ああ、そういうことか…………」 

あかり「ちなつちゃん?」 

ちなつ「ごめん、何か勘違いさせちゃったみたい」 

あかり「そ、そうなの?」 

ちなつ「はぁ……あかりちゃんは本当に無邪気というか天然というか……」 

あかり「え~、あかりはしっかりしてるよぉ」



12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/11(木) 19:16:20.83 ID:BmBxrQi/0

このままいくとちなつが死ぬ



13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/11(木) 19:16:44.03 ID:Db3HERRHP

性的な意味で食べて



15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/11(木) 19:18:26.84 ID:kIdydIAG0

ちなつ「……あ…………でもこれは使える……!天然な感じでいけば結衣先輩に可愛いって言ってもらえるかも!」 

あかり「う~ん、でも天然な感じって難しそうだね……」 

ちなつ「あかりちゃんはいつもやってるじゃん」 

あかり「そんなことないってば~」 

ちなつ「……無自覚なのね……」 

あかり「そうだなぁ……天然っていえば、櫻子ちゃんとか?」 

ちなつ「うーん……櫻子ちゃんは天然っていうか……アレじゃない?」 

あかり「アレ?」 

ちなつ「と、とにかく!私はあかりちゃんみたいな天然を目指したいの!やり方教えてよ!」 

あかり「えっと……協力してあげたいけど、よく分かんないよ……」



16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/11(木) 19:20:26.45 ID:kIdydIAG0

ちなつ「……そっかぁ……しょうがないか……」 

あかり「ごめんね……」 

ちなつ「まぁ、作った天然はすぐバレちゃうって言うしね」 

あかり「うん、そのままのちなつちゃんが一番だよ!」 

ちなつ「よーし、今日はこれで帰ろっか!先輩達はクラスの用事で来れないみたいだし!」 

あかり「そうだねっ」 

ちなつ「じゃあ今日はあかりちゃん家で…………」 

西垣「吉川、話は聞かせてもらったぞ」 

ちなつ「……って西垣先生!?」 

あかり「いつからそこにいたんですか?」 

西垣「そんなことより……ちょっとだけ私の研究に付き合わないか?」



18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/11(木) 19:22:24.31 ID:kIdydIAG0

―理科室― 


ちなつ「先生、なんなんですか、この機械……」 

あかり「あかりとちなつちゃんの頭に繋がってるね」 

西垣「うむ、これは人格の一部、つまり『性格』を移し替えることができる機械だ」 

ちなつ「せ、性格を!?」 

西垣「これで赤座の天然な部分を吉川に移してやろうじゃないか」 

あかり「そ、そんなことが……」 

ちなつ「……そうすれば……私にも自然な天然が可能になるんですか……?」 

西垣「その通りだ、赤座にとっても悪い話じゃないだろう?」 

あかり「は、はい……うっかりミスしちゃうようなことが少なくなるんですよね……」



19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/11(木) 19:23:32.85 ID:kIdydIAG0

ちなつ「じゃ、じゃあ…………いい?あかりちゃん」 

あかり「……うん、これがちなつちゃんのためになるなら」 

西垣「ちなみに安全性は保証する、私と松本で実験した時は松本が爆発大好きになってしまい止めるのに苦労したぞ」 

ちなつ「は、はぁ……」 

西垣「おっと無駄話が過ぎたな、それじゃあ……スタートだ」ピッ



21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/11(木) 19:25:20.93 ID:kIdydIAG0

ゴゴゴゴゴゴゴ 

シュゥン 


西垣「……うむ、これで終了だ、二人とも調子はどうだ?」 

あかり「…………ん……」 

ちなつ「……う……うう…………」 

あかり「…………んん…………えっと…………」 

ちなつ「実験……成功したんですか……?」 

西垣「そのはずだが……」 

あかり「あ…………でも……なんかいつもと違う…………?」 

ちなつ「何か……変な感じが…………」 


あかちな「……あれ?」 


あかり「な、なんで……あかりが……あかりの目の前にいるの?」



22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/11(木) 19:27:21.09 ID:kIdydIAG0

ちなつ「そ、それはこっちのセリフだよ!何で私の姿をしてるあなたがあかりとか言ってるの!?」 

あかり「わ、分かんないよぉ!」 

西垣「ま、まさかこれは……!」 

ちなつ「先生!ちょっと鏡貸してください!」 

西垣「あ、ああ……」スッ 

ちなつ「う……やっぱりこれ……」 

あかり「え……!?あかりが……ちなつちゃんの顔になってる……!?じゃ、じゃあこのあかりの顔してるのは……」 

ちなつ「……こっちはあかりちゃんの顔してるけど、中身はちなつだよ」 

あかり「え、ええええ……!?」 

西垣「……こらこら~、教師をからかっちゃいかんぞー」 

ちなつ「なに責任逃れようとしてるんですか、先生のミスですよねこれ」 

西垣「くっ……赤座の姿でそんなにきついこと言われると辛いな……」



24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/11(木) 19:30:24.88 ID:kIdydIAG0

あかり「ど、どうすれば元に戻るんですか?」 

西垣「……そうだな……とにかくミスした原因を突き止めないと……」 

ちなつ「じゃあ早くやってくださいよ」 

西垣「そう言われてもなぁ……手がかりがまったくないこの状況だと一日はかかるな……」 

ちなつ「そんなぁ……」 

西垣「申し訳ないが、一日は周りにバレないようにうまくやってくれ」 

あかり「……はい…………仕方ないよね、ちなつちゃん」 

ちなつ「はぁ……」



25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/11(木) 19:31:45.79 ID:kIdydIAG0

ちなつ「…………ともかく何でこうなったのか聞かれたらまずいし……」 

ちなつ「ちゃんとバレないように、他の人の前にいる時は私のマネしてね」 

あかり「ち、ちなつちゃんの?」 

ちなつ「そう、だいたい分かるでしょ?」 

あかり「……うん……でも、ちなつちゃん可愛いからあかりなんかがマネできるかなぁ……」 

ちなつ「…………私の姿でそんなこと言ってるとあざとく見えるわね……」 

あかり「え、なに?」 

ちなつ「……なんでもない、私もちゃんとあかりちゃんのマネするから」 

あかり「えへへ、なんか恥ずかしいね」



26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/11(木) 19:33:04.83 ID:kIdydIAG0

ちなつ「それから……帰る家も交換しなくちゃね」 

あかり「あっ、そっかぁ……でも家族になら事情を話しても……」 

西垣「………………」 

ちなつ「ま、問題を広げ過ぎると西垣先生の立場が危ういしやめとこ」 

西垣「……すまないな……」 

ちなつ「だいじょーぶっ!一日くらいだったら誤魔化せるよ!」 

あかり「うんっ、分かった!」 

ちなつ「それじゃあ、あとはお願いしますね、先生っ!」



27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/11(木) 19:33:14.12 ID:aNHTn3B80

意外な方向にいった



28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/11(木) 19:35:15.16 ID:kIdydIAG0

―ちなつの家― 


あかり「た、ただいま~」 

ともこ「あら、おかえりなさい、ちなつ」 

あかり(わわっ、ちなつちゃんのお姉さんだ……) 

あかり(ど、どうしよう……!?自然に……自然にしないと……!) 

あかり「……お、お姉ちゃんっ!」 

ともこ「ん?どうしたの?」 

あかり「お姉ちゃん……だいすき!」ギューッ 

ともこ「え、えっ、ちなつ!?」 

あかり(あ、あれ?なぜか困惑されてる……!?) 

あかり(ちなつちゃん、いつもお姉ちゃんのこと好きだって言ってるし、こういうことしてると思ったんだけど……)



29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/11(木) 19:37:04.33 ID:kIdydIAG0

あかり「ご、ごめんなさい……」シュンッ 

ともこ「あら、謝ることないのよ、ちょっとびっくりしちゃっただけだから」ナデナデ 

あかり「あ……」ドキッ 

ともこ「ふふっ、ちなつ可愛い」 

あかり「……えへへ」 

あかり(ともこさん、優しいんだなぁ) 

あかり(少しちなつちゃんが羨ましいかも)



30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/11(木) 19:38:56.48 ID:kIdydIAG0

―あかりの家― 

ちなつ「た、ただいま~」 

あかね「あかり、お帰りなさい!」ニコッ 

ちなつ「わぁ……!」 

ちなつ(あかりちゃんのお姉さん……なぜかちょっと怖いイメージがあったけどすごい優しそう……!) 

ちなつ「わぁいお姉ちゃん、あかりお姉ちゃんだいすき!」ダキッ 

あかね「ふふっ、あかりったら~」ナデナデ 

ちなつ「えへへ~」 

ちなつ(な、なにこれ!なんかイイ気分かも……!) 

ちなつ(ともこお姉ちゃんに甘えるのとはまた違った良さが……!) 

ちなつ(友達の大事な人を奪っちゃったみたいな感覚!?)



32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/11(木) 19:39:53.24 ID:ptscHPCy0

ちなつ順応しすぎワロタ



34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/11(木) 19:40:48.53 ID:kIdydIAG0

ちなつ「……ねぇねぇ、あかりのこともっとなでなでしてぇ~」 

あかね「あらあら~いいわよ~」ナデナデ 

ちなつ(……いい!すごく……!この光景をあかりちゃんに見せてやりたい……!) 

ちなつ「わぁーい、おねえちゃぁん~」ギュッ 

あかね「……あかり?今日はずいぶん積極的ね?」 

ちなつ「……!」ビクッ 

ちなつ「あ、ああ、そ、そんなことないよぉ~」 

あかね「そうかしら……?」ギロッ 

ちなつ「ひぃぃぃっ……!」ガタッ 

あかね「なーんて、どう見てもあかりよね」 

ちなつ「そ、そうだよぉ~」



35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/11(木) 19:44:25.87 ID:kIdydIAG0

翌日 

放課後 


ちなつ「はぁ……ここまでは何とかバレずに来れた……」 

ちなつ(昨日の夜は悪寒がすごかったけど……) 

あかり「でもまだ戻る方法が見つかってないんだよね……」 

ちなつ「そうなんだよね~……先生は頑張ってるみたいだけど……」 

あかり「気長に待つしかないね……」 

ちなつ「うう……あかりちゃんの姿してると櫻子ちゃんに色々頼まれて大変だったよ……」 

あかり「あっ……そういえば今日はなんか楽だったかも……」 

ちなつ「え……?私がいつも楽してるって?」 

あかり「ち、違うよぉ!ただいつものあかりがお節介だったのかなって……」



36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/11(木) 19:45:49.94 ID:kIdydIAG0

ちなつ「…………ふぅ、そんなわけないじゃない」 

あかり「え?」 

ちなつ「優しいあかりちゃん、大好きだよ。櫻子ちゃんがあれだけ頼りにしてるのもあかりちゃんを信頼してるからだよ」 

あかり「……えへへ、そうだったら嬉しいなっ」 

ちなつ「さーて、今日は部活どうする?入れ替わったままだと演技が大変だし……」 

あかり「うーん……メールだけして今日は休も――」 

京子「あー!ちなつちゃんだー!!」ダダッ 

ちなつ「え?」



38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/11(木) 19:47:23.79 ID:kIdydIAG0

京子「ちなつちゃーん!」ギュッ 

あかり「わ、わぁっ!?」 

あかり(京子ちゃんが急に抱き着いてきた!?) 

京子「ちなちゅ~、今日も可愛いよぉ~」スリスリ 

あかり(ち、近いよぉ~!) 

あかり「あ、ちょ、京子ちゃ……京子先輩!」 

ちなつ「……あ、そっか」



39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/11(木) 19:49:47.87 ID:kIdydIAG0

京子「おお?今日のちなちゅは大人しいな~」 

ちなつ「ちなちゅ言うな!」 

京子「おいー、あかりは邪魔すんなよー」 

ちなつ「ぐ…………」 

あかり「あ、あの……京子……先輩……?」 

京子「お、なになに?」 

あかり「ちょ、ちょっと痛いから……優しくしてほしいな……って」 

京子「あ、ごめんね、これでいい?」ギュ 

あかり「……っ……///」ドキッ



41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/11(木) 19:53:49.28 ID:kIdydIAG0

結衣「おいこら、廊下で堂々とセクハラしてんじゃねぇ」バシッ 

京子「いたっ!セクハラとは失礼な!スキンシップだよ!」 

結衣「ったく……ちなつちゃん、大丈夫だった?」 

あかり「あ、結衣ちゃん…………!」 

結衣「結衣……ちゃん?」 

あかり「あ!え、えっと……ま、間違えちゃいました……!」 

結衣「別に先輩ってつけろってことじゃないけどさ……まだちょっと恥ずかしいから今まで通りでいいかな?」 

あかり「は、はい……結衣先輩」 

結衣「それじゃ、一緒に部活行こうか」 

ちなつ「あ、はいはいはいはい!いきますいきます!」 

結衣「あ、あかり!?そんな必死に目立とうとしなくても大丈夫だよ……」 

ちなつ「……ぐぬぬ…………」



43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/11(木) 19:55:47.52 ID:kIdydIAG0

あかり「……ちなつちゃんちなつちゃん……!」ヒソヒソ 

ちなつ「……なに?」 

あかり「部活……行く流れになっちゃったけどいいの?」 

ちなつ「あ………………」 

ちなつ「い、いいの!さっきの流れで行かないって言ったら余計怪しまれちゃうんだから!」 

あかり「そっかぁ~、さすがちなつちゃんだね!」 

ちなつ「……あたりまえでしょ!」 

ちなつ「こうなったら、きっちりあかりちゃんを演じ切ってやるわよ!」 

あかり「うん、あかりも頑張るよ!」



45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/11(木) 19:59:02.21 ID:kIdydIAG0

ちなつ「そうだ、さっきみたいに京子先輩に絡まれたらもっと厳しくしていいからね」 

あかり「う、うん……今まで京子ちゃんに厳しくしたことないんだけど……やってみるね」 

ちなつ「それから結衣先輩へのアピールはちゃんとすること!中身はあかりちゃんでも、結衣先輩からの評価は私のものになるんだから」 

あかり「が、頑張る!」 

ちなつ「とにかく明るい感じで接するように注意して!」 

あかり「うんっ!」 

ちなつ「じゃあそろそろ……」 

あかり「あっ、あかりの注意点はね――」 

ちなつ「平気」 

あかり「ちなつちゃん!?」



46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/11(木) 20:01:20.22 ID:kIdydIAG0

―部室― 


京子「ちなつちゃーん、構ってー」ギュー 

あかり「……あ、え、えっと……こ、こら!やめて……ください、京子……先輩!」 

ちなつ(ふむ、あかりちゃんにしてはまずまずね) 

京子「んー?やっぱりデレてきちゃってるんじゃないのー?」サワッ 

あかり「ん……ひゃ……!どこ触って…………んっ……!」ピクッ 

ちなつ(あ、あれ……?) 

京子「もぉ~、可愛い反応しちゃって~」スリスリ 

あかり「あ……っ……ダメ……ですよぉ……!」 

ちなつ(ちょっとー!されるがままじゃない!私の身体になんてことをー!)



47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/11(木) 20:04:12.18 ID:kIdydIAG0

結衣「いい加減にしろ京子」スクッ 

ちなつ(あ!!これは逆にチャンスよ!結衣先輩に思いっきり抱き着ける!) 

京子「なんだよ、結衣、ちなつちゃんデレてるんだからいいじゃん!」 

結衣「少し調子が悪いだけだろ、ほら離れろ!」グッ 

京子「あぁ~」 

ちなつ(さあ!このタイミングよ!) 

あかり「ふ、ふええ~ん、ゆいせんぱ~い」タタッ 

結衣「!!」 

結衣(や、やられる……!?) 

あかり「こわかった……です……」ギュ 

結衣「あ……え……?」 

ちなつ(ああ!もったいない!もっとギューって抱きしめちゃえばいいのに!)



50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/11(木) 20:06:56.15 ID:kIdydIAG0

あかり「あ、あの……結衣先輩……」 

結衣「うん、いつでも守ってあげるからね」ナデナデ 

あかり「あ…………///」 

あかり「……結衣……ちゃん……///」ボソッ 

ちなつ(あら、ちょっと勢いが足りないと思ったけどイイ感じ?) 

結衣「もう大丈夫かな?」 

あかり「あ、ありがとうございました、結衣先輩っ」 

結衣「どういたしまして」



51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/11(木) 20:09:19.00 ID:kIdydIAG0

京子「むー……結衣ばっかり感謝されてずるいー!」 

結衣「お前は感謝されるようなことしてないだろ」 

京子「してるよ」 

結衣「何だよ」 

京子「こんな美少女に抱き着いてもらえるだけでもありがたいでしょ?」キュピィィン 

結衣「………………」サーッ 

京子「可哀そうな子を見る目はやめてっ……」 

あかり「あはははは、二人とも面白ーい……ですねっ」 

京子「お、じゃあご褒美にちゅーしていい!?」 

あかり「えっ……!?ち、ちゅー!?」ドキッ 

ちなつ(は、はぁ!?何言ってんのあの人!)



52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/11(木) 20:12:09.34 ID:kIdydIAG0

結衣「あほ!いいわけないだろ!」ゲシッ 

京子「うおっ!あぶね!」 

結衣「ほら、こっちおいでちなつちゃん」 

あかり「あ……はいっ」タタッ 

結衣「京子、最近ますます危なくなってきたから気をつけてね」ギュッ 

あかり「……へへ、えへへへ」ギュ 

結衣「ん…………」 

あかり「ゆいせんぱ~いっ」ギュー 

結衣「ふふっ、どうしたの、ちなつちゃん?」ナデナデ



54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/11(木) 20:14:41.92 ID:kIdydIAG0

結衣(今日のちなつちゃん……触り方も抱き着き方も柔らかいな……まるであかりみたいだ) 

京子(今日のちなつちゃん、あんまり抵抗しないんだよな~、なんかあかりみたい) 

ちなつ(あかりちゃん!ナイスよ!それだけアピールできれば十分!) 

ちなつ(何も指示されてないのに、よくやったわ……!) 

ちなつ(……そういえば……私まだ何も喋ってなくない……?) 

ちなつ(これじゃあ…………あかりちゃんみたい…………)



56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/11(木) 20:16:40.85 ID:kIdydIAG0

あかり「もぉ~だめですよぉ~、京子せんぱ~い」 


あかり「わぁい、助けてくれてありがとうございます、ゆいせんぱ~い」 


ちなつ「………………」 

ちなつ「はぁ…………」 

ちなつ(あかりちゃんはだんだん慣れてきてお二人と自然に接してる……) 

ちなつ(あ……また結衣先輩と抱き合って…………) 

ちなつ(……なんなの……もう……あかりちゃんのくせに…………)



59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/11(木) 20:18:30.83 ID:kIdydIAG0

京子「あっ、あかり!」 

ちなつ「……こほん……なぁに、京子ちゃん?」 

京子「そろそろ帰ろうぜー」 

ちなつ「え……もうそんな時間……?」 

ちなつ(う……まともに会話に参加できなかった…………いつもあかりちゃんはどうやってたっけ……?) 

ちなつ「う、うん……わかったよぉ」 


ガラッ 


西垣「赤座、吉川!」 

あかり「あ……西垣先生……」



60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/11(木) 20:22:23.21 ID:kIdydIAG0

西垣「例の件だが……ようやく元に戻す方法が見つかったぞ、とりあえず理科室に来てくれ!」 

ちなつ「本当ですか!やったぁ……!ほら、ちなつちゃん行こう!」 

あかり「……そう…………だね」 

ちなつ「…………?」 

ちなつ(あかりちゃん……?) 

京子「え、え?どったの?」 

結衣「例の件って何?」 

ちなつ「それは結衣ちゃん達には関係ないよっ、ほらちなつちゃん!」 

あかり「え、えっと………………」



62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/11(木) 20:23:55.34 ID:kIdydIAG0

西垣「どうした?生徒達の下校時刻までには終わらせたいのだが」 

ちなつ「早く行こうよっ!」 

あかり「…………うん」 

あかり「さようなら、京子先輩、結衣先輩」 

京子「う、うん、ばいばい」 

結衣「……また明日」



63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/11(木) 20:25:22.16 ID:kIdydIAG0

京子「……なんだったんだろ?今の」 

結衣「知らないけど……ろくなことじゃなさそうだな」 

京子「あの西垣ちゃんが絡んでるとなるとね~」 

結衣「そうはっきり言うなよ……」



65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/11(木) 20:28:26.63 ID:kIdydIAG0

京子「にしても、今日のちなつちゃん可愛くなかった?」 

結衣「確かにそうだな……」 

結衣「……そう……だけど……」 

京子「あー!わかる!やっぱりちなつちゃんには思いっきり拒否られたい気持ちもあるよね!」 

結衣「…………うわぁ……」 

京子「結衣だって物足りなかったんだろ~?」 

結衣「それは……まぁ……」 

京子「うんうん、あんなに優しいのはあかりだけでいいよな!」 

結衣「……あかり……か」



66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/11(木) 20:31:07.89 ID:kIdydIAG0

翌日 

―部室― 


あかり「結衣ちゃん!今日の小テストで100点取れたよ!」ピラッ 

結衣「おー、すごいなあかり」 

あかり「えへへ、褒めてくれる?」 

結衣「うん、よくやったね」ナデナデ 

あかり「わぁ~い」



68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/11(木) 20:37:13.79 ID:kIdydIAG0

あかり「京子ちゃん、ミラクるんの最新刊ある?」 

京子「ああ、ごめん、今読んでる~」 

あかり「じゃあ……一緒に読んでもいい?」スッ 

京子「お、おう…………って何か近くない?」 

あかり「だって、こうしないと読めないもん」ズイッ 

京子「そ、そうだよなっ……///」



71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/11(木) 20:43:22.63 ID:kIdydIAG0

ちなつ(あかりちゃん…………一昨日までとは明らかに違う) 

ちなつ(昨日の出来事で、何かが変わっちゃたんだ……) 

ちなつ(今までは、何もしなくてもあかりちゃんの一番は私だって思ってたけど) 

ちなつ(きっとそうじゃない、それもいつか変わっちゃう)



75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/11(木) 20:49:22.51 ID:kIdydIAG0

ちなつ(だから……あかりちゃんの想いを私に向かせるにはもっと……) 

ちなつ「……って」 

ちなつ(なんでそんなこと考えてるんだろ……) 

ちなつ(そんなの別にいい……私が好きなのは結衣先輩……だけ……だから) 

京子「おーい、ちなつちゃん!皆でトランプやろうぜー!」 

結衣「どうしたの?難しい顔してたけど」 

ちなつ「あ…………な、なんでもないです……」 

あかり「ちなつちゃんっ、こっちで一緒に遊ぼうよ!」 

ちなつ「…………うん」コクン 

ちなつ(……一番仲のいい子が自分だったらいいなっていうのは) 

ちなつ(ただの深い友情だよね?)



76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/11(木) 20:51:39.16 ID:kIdydIAG0

それからしばらくして… 


―ちなつの家― 


あかり「相談ってなに?あかりにできることなら何でもするよっ」 

ちなつ「あのね……確かめたいことがあるんだ……」 

あかり「確かめたいこと?」 

ちなつ「そう」 

あかり「えっと……あかりはどうすればいいのかな?」 

ちなつ「あかりちゃん」 

ちなつ「私を襲って」 





―おわり―



78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/11(木) 20:53:13.83 ID:l96itYFfT

出来れば続きが見たいところだけど乙!



79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/11(木) 20:53:20.89 ID:kIdydIAG0

以上です 
読んでくださった方ありがとうございました 

あかりの心境は察してくれ



67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/11(木) 20:34:04.51 ID:aNHTn3B80

戻れたのか



83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/11(木) 20:54:07.31 ID:kIdydIAG0

>>67 
戻れました 
大事なとこ飛ばしてごめん



84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/11(木) 21:00:28.31 ID:aNHTn3B80







他のおすすめSS
 
 
 
 
 
櫻子「向日葵。誕生日おめでとう!」 
【ゆるゆり】京子「別のマンガっぽくなる装置ー」 
【ゆるゆり】ちなつ「ごらく部黙示録ちなつ・・・!」ざわ・・・ 
鬼龍院皐月「纏流子は常にヘソ出しの格好をしているが」 
あかり「あかりとちゅー1回100円だよぉ」