転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1540743543/

1: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/29(月) 01:19:03.85 ID:x0/iTZqW

¶cリ˘ヮ˚)|「おはヨハネ~♡」ペラッ

ノcノ,,・o・,,ノレ「ひゃあ~!!」

¶cリ˘ヮ˚)|「うん。やっぱりタイツの下に見えるパンツはえっろいわね」

ノcノ,,・o・,,ノレ「・・・¶cリ˘ヮ˚)|ちゃん」



2: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/29(月) 01:19:43.47 ID:x0/iTZqW

ノcノ,,・o・,,ノレ「毎日言ってるけど朝会うたびにスカートめくるのやめて欲しいずら」

¶cリ˘ヮ˚)|「だって見たいんだもの。いいじゃない、減るものじゃないし!」

ノcノ,,・o・,,ノレ「ずら…」



3: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/29(月) 01:20:19.41 ID:x0/iTZqW

⌒°( ^ω^)°⌒「えっ? ¶cリ˘ヮ˚)|ちゃんが毎日スカートをめくってきて困ってる?」

ノcノ,,・o・,,ノレ「ずら」

⌒°( ^ω^)°⌒「確かに⌒°( ^ω^)°⌒もめくられるなぁ」

ノcノ,,・o・,,ノレ「えっ、⌒°( ^ω^)°⌒ちゃんも?」

⌒°( ^ω^)°⌒「うん」



4: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/29(月) 01:20:51.25 ID:x0/iTZqW

ノcノ,,・o・,,ノレ「嫌じゃないの?」

⌒°( ^ω^)°⌒「最初は嫌だったけど…だんだん癖になってきて…♡」

ノcノ,,・o・,,ノレ「うわぁ…」ドンビキ



5: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/29(月) 01:24:24.70 ID:x0/iTZqW

ノcノ,,・o・,,ノレ「そんな⌒°( ^ω^)°⌒ちゃんは置いておいて。そろそろ|c||^.- ^||さんに相談しようと思っているずら」

⌒°( ^ω^)°⌒「そんなっ!」

⌒°( ^ω^)°⌒「そんなことしたら、¶cリ˘ヮ˚)|ちゃんはおねえちゃにしばかれて二度と⌒°( ^ω^)°⌒のスカートをめくってくれなくなっちゃう!」

ノcノ,,・o・,,ノレ「自業自得ずら」

ノcノ,,・o・,,ノレ「とにかく|c||^.- ^||さんのところに行くから」




6: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/29(月) 01:24:52.79 ID:x0/iTZqW

----------三年生の教室 
|c||^.- ^||「え? ¶cリ˘ヮ˚)|さんに毎日スカートをめくられて困っている?」 

ノcノ,,・o・,,ノレ「ずら」 

|c||^.- ^||「⌒°( ^ω^)°⌒もめくられていて、しかも⌒°( ^ω^)°⌒は悦んでいる?」 

ノcノ,,・o・,,ノレ「ずら」 

|c||^.- ^||「・・・」



7: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/29(月) 01:25:30.65 ID:x0/iTZqW

|c||^.- ^||「ああ…」フラッ 

∫∫( c||^ヮ^||「おっと危ない」 

ノξソ>ω<ハ6「|c||^.- ^||ってば余りのショックに気を失いそうになったのね☆」 

ノcノ,,・o・,,ノレ「当然ずら。可愛い妹が後輩に調教されているんだもの」 

∫∫( c||^ヮ^||「調教って」



8: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/29(月) 01:26:03.64 ID:x0/iTZqW

|c||^.- ^||「・・・とにかく」 

|c||^.- ^||「¶cリ˘ヮ˚)|さんには罰を与えなければいけませんわ」 

|c||^.- ^||「ノcノ,,・o・,,ノレさんが止めてと言っても聞かないということは、わたくしたちがあーだこーだ言ったところで暖簾に腕押しでしょう」 

|c||^.- ^||「かくなる上は・・・」ギランッ



9: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/29(月) 01:27:30.75 ID:x0/iTZqW

ノξソ>ω<ハ6「目がヤバいわよ|c||^.- ^||」 

∫∫( c||^ヮ^||「大丈夫かなぁ」 


----- 

---------- 

---------------



10: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/29(月) 01:28:03.78 ID:x0/iTZqW

----------近くのコンビニ(放課後) 
¶cリ˘ヮ˚)|「なんなのよもう。急に学校に泊まり込みで練習だなんて!」 

⌒°( ^ω^)°⌒「確かに急だったけど、楽しそうだからいいかな♪」 

¶cリ˘ヮ˚)|「全く、元気なリトルデーモンだこと」ペラッ 

⌒°( ^ω^)°⌒「きゃっ♡」



11: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/29(月) 01:28:41.40 ID:x0/iTZqW

¶cリ˘ヮ˚)|「しかも、案の定ジャンケンに負けて買い出しに行くことになったし」 

⌒°( ^ω^)°⌒「今日は一人じゃなくて⌒°( ^ω^)°⌒も一緒だよ」 

¶cリ˘ヮ˚)|「流石に泊まり込みだから、買い出し量も多いしね」



12: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/29(月) 01:29:14.98 ID:x0/iTZqW

¶cリ˘ヮ˚)|「何か欲しいお菓子ある?」 

⌒°( ^ω^)°⌒「⌒°( ^ω^)°⌒はじゃがりこかな」 

¶cリ˘ヮ˚)|「ホント、おいも好きね」 

⌒°( ^ω^)°⌒「¶cリ˘ヮ˚)|ちゃんは?」 

¶cリ˘ヮ˚)|「くっくっく…暴君ハバネロ。とチョコレート」 

⌒°( ^ω^)°⌒「ちゃんと設定守ってて偉いね」



13: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/29(月) 01:29:47.08 ID:x0/iTZqW

¶cリ˘ヮ˚)|「さて、買うものも買ったし学院に戻るわよ」 

⌒°( ^ω^)°⌒「うゆ!」 

¶cリ˘ヮ˚)|「楽しみね、練習」 

⌒°( ^ω^)°⌒「頑張るビィ!」



14: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/29(月) 01:30:26.87 ID:x0/iTZqW

----------浦の星女学院(夕方) 
二人が学院に戻ると、学院内の雰囲気が一変していた。 

学院の明かりは全て消えていて、人の気配はなく 

何故か重苦しい空気が醸し出されていた。



15: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/29(月) 01:30:53.62 ID:x0/iTZqW

¶cリ˘ヮ˚)|「えっ…」 

⌒°( ^ω^)°⌒「・・・なんか学校の雰囲気がおかしいような」 

¶cリ˘ヮ˚)|「電気もついてないし・・・」 

¶cリ˘ヮ˚)|「どういうこと?」



16: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/29(月) 01:34:09.55 ID:x0/iTZqW

ピロンッ 

⌒°( ^ω^)°⌒「あっ、おねえちゃからラインが」 

¶cリ˘ヮ˚)|「なんて?」



17: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/29(月) 01:34:35.84 ID:x0/iTZqW

逃げt 

⌒°( ^ω^)°⌒「・・・」 
¶cリ˘ヮ˚)|「・・・」 

⌒°( ^ω^)°⌒「とととととりあえず電話してみるビィ」プルルルル 

¶cリ˘ヮ˚)|「そうね!」



18: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/29(月) 01:35:41.46 ID:x0/iTZqW

ガチャ 
ただいま電話に出ることが出来ません。 
ピギーッっという発信音の後にお名前とご用件をお願い致します。 

⌒°( ^ω^)°⌒「出ないビィ」 

¶cリ˘ヮ˚)|「一体何が…」



19: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/29(月) 01:36:17.17 ID:x0/iTZqW

⌒°( ^ω^)°⌒「よくわからないけど、皆いるかもしれないし学校の中に入ってみようか」 

¶cリ˘ヮ˚)|「えっ、|c||^.- ^||からのラインでは『逃げて』って」 

⌒°( ^ω^)°⌒「でも気になるし」 

¶cリ˘ヮ˚)|「・・・そうよね」 

¶cリ˘ヮ˚)|「とりあえず部室に行ってみましょうか」 

⌒°( ^ω^)°⌒「うゆ!」



20: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/29(月) 01:37:19.62 ID:x0/iTZqW

----------部室 
⌒°( ^ω^)°⌒「真っ暗だ」 

⌒°( ^ω^)°⌒「カーテンも閉められてる」 

¶cリ˘ヮ˚)|「ちょっとー、誰かいないの?」



21: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/29(月) 01:38:02.58 ID:x0/iTZqW

ピチャ 

⌒°( ^ω^)°⌒「ん? なんか水溜まりが出来てる…?」 

¶cリ˘ヮ˚)|「っ!?」ハッ



22: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/29(月) 01:38:45.10 ID:x0/iTZqW

ノξソ ω ハ6 
∫∫( c|| ヮ || 


¶cリ˘ヮ˚)|「ノξソ>ω<ハ6ーと∫∫( c||^ヮ^||っ!?」ガーン! 

⌒°( ^ω^)°⌒「し、死んでる…?」



23: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/29(月) 01:42:25.19 ID:x0/iTZqW

¶cリ˘ヮ˚)|「うぇっ…」 

⌒°( ^ω^)°⌒「¶cリ˘ヮ˚)|ちゃん、大丈夫?」 

¶cリ˘ヮ˚)|「ええ…余りのショックで戻しそうになったわ・・・」 

⌒°( ^ω^)°⌒「うゆ…」



24: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/29(月) 01:43:00.64 ID:x0/iTZqW

¶cリ˘ヮ˚)|「バラバラ・・・とまではいかないケド。手が切り落とされているわ」 

⌒°( ^ω^)°⌒「うゆゆ…」 

¶cリ˘ヮ˚)|「と、いうことは」 

⌒°( ^ω^)°⌒「誰かわるいひとに殺されたってこと・・・?」 

¶cリ˘ヮ˚)|「・・・」 

⌒°( ^ω^)°⌒「警察に電話しないと・・・」



25: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/29(月) 01:45:47.52 ID:x0/iTZqW

⌒°( ^ω^)°⌒「ってアレ!? 電波が来てない!」 

⌒°( ^ω^)°⌒「さっきは出来たのに」 

¶cリ˘ヮ˚)|「ヨハネのケータイもダメね」 

¶cリ˘ヮ˚)|「よくわからないけど」



26: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/29(月) 01:46:12.08 ID:x0/iTZqW

¶cリ˘ヮ˚)|「とりあえず皆を探しましょうか」 

⌒°( ^ω^)°⌒「うゆ…」 

⌒°( ^ω^)°⌒「ノξソ>ω<ハ6ちゃん…∫∫( c||^ヮ^||ちゃん…」ぐすっ 

¶cリ˘ヮ˚)|「⌒°( ^ω^)°⌒・・・」



27: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/29(月) 01:46:43.26 ID:x0/iTZqW

----------二年生教室 
¶cリ˘ヮ˚)|「部室に二人しかいなかったから、二年生はここにいるかも」 

⌒°( ^ω^)°⌒「うゆ」 

⌒°( ^ω^)°⌒「・・・机の上に白い布があるビィ」 

¶cリ˘ヮ˚)|「何か膨らんでるケド…」 

¶cリ˘ヮ˚)|「外してみましょうか」スッ



28: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/29(月) 01:47:31.38 ID:x0/iTZqW

从/*   §从 


¶cリ˘ヮ˚)|「ひっ!?」ビクッ 

⌒°( ^ω^)°⌒「从/*^、从/*^、从/*^ヮ^§从ちゃん!?」 

¶cリ˘ヮ˚)|「顔や頭が血だらけになってるわ…」 

¶cリ˘ヮ˚)|「何かで殴打されたのかしら」



29: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/29(月) 01:48:06.79 ID:x0/iTZqW

⌒°( ^ω^)°⌒「¶cリ˘ヮ˚)|ちゃん、さっきと比べると冷静だね」 

¶cリ˘ヮ˚)|「あまりに現実感が無さ過ぎて…逆に冷静になってるのかも」 

⌒°( ^ω^)°⌒「白い布…あと2つあるよぉ」 

¶cリ˘ヮ˚)|「・・・」ペラッ



30: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/29(月) 01:48:35.53 ID:x0/iTZqW

メイ*   リ 
(*  *)ゞ 


¶cリ˘ヮ˚)|「まあ…そうなるわよね」 

⌒°( ^ω^)°⌒「うっ・・・」 

⌒°( ^ω^)°⌒「ひどすぎる…」



31: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/29(月) 01:49:07.32 ID:x0/iTZqW

----------図書室 
⌒°( ^ω^)°⌒「ノcノ,,・o・,,ノレちゃんならきっとここに隠れてる…はず」 

¶cリ˘ヮ˚)|「・・・」 

⌒°( ^ω^)°⌒「・・・」



32: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/29(月) 01:52:01.09 ID:x0/iTZqW

一縷の望みを賭けて図書室を訪れた二人であったが 

その姿は、日頃ノcノ,,・o・,,ノレが穏やかに本を読んでいた姿とは、あまりにかけ離れた 

無残な姿となっていた。 

本棚が全て倒れ 

収められていた本が散らばり 

その下には・・・



33: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/29(月) 01:52:37.11 ID:x0/iTZqW

⌒°( ^ω^)°⌒「ああっ…」 


ノcノ,,  ,,ノレ 


⌒°( ^ω^)°⌒「ノcノ,,・o・,,ノレちゃんっ…」 

¶cリ˘ヮ˚)|「本棚の下敷きに…」 

⌒°( ^ω^)°⌒「何で…何でこんなひどいこと」



34: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/29(月) 01:54:37.84 ID:x0/iTZqW

¶cリ˘ヮ˚)|「痛っ」ガッ 

¶cリ˘ヮ˚)|「なにか、ぶら下がってる・・・?」



35: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/29(月) 01:58:13.31 ID:x0/iTZqW

倒れた本棚と下敷きにされたノcノ,,・o・,,ノレ 

その上には 

縄で首を吊った 

くろさわ|c||^.- ^||の姿があった



36: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/29(月) 01:58:49.96 ID:x0/iTZqW

|c|| .- || 


⌒°( ^ω^)°⌒「おねえちゃ!?」 

⌒°( ^ω^)°⌒「うわあああああああああああん!!!」 

¶cリ˘ヮ˚)|「……」



37: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/29(月) 02:00:11.23 ID:x0/iTZqW

----------正面玄関 
⌒°( ^ω^)°⌒「うぐっ…うゆ…」 

¶cリ˘ヮ˚)|「⌒°( ^ω^)°⌒・・・」 

¶cリ˘ヮ˚)|(ヨハネだって泣き叫びたいわ) 

¶cリ˘ヮ˚)|(でも、実の姉を喪った⌒°( ^ω^)°⌒に比べたら・・・) 

¶cリ˘ヮ˚)|(ヨハネがしっかりしないと)



38: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/29(月) 02:01:17.89 ID:x0/iTZqW

¶cリ˘ヮ˚)|「とりあえず家に帰りましょう」 

¶cリ˘ヮ˚)|「そして警察に連絡するのよ」 

⌒°( ^ω^)°⌒「うゆ…」



39: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/29(月) 02:01:59.10 ID:x0/iTZqW

¶cリ˘ヮ˚)|(・・・) 

¶cリ˘ヮ˚)|(状況だけ考えた場合) 

¶cリ˘ヮ˚)|(皆、誰かに殺されたような死に方をしていたけど) 

¶cリ˘ヮ˚)|(|c||^.- ^||だけが、首を吊って死んでいた)



40: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/29(月) 02:02:33.89 ID:x0/iTZqW

¶cリ˘ヮ˚)|(犯人は|c||^.- ^||で、皆を殺してまわって自らも命を絶った) 

¶cリ˘ヮ˚)|(そう考えるのが自然…だけど) 

¶cリ˘ヮ˚)|(犯人の目的が、そう考えさせることだとしたら・・・)



41: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/29(月) 02:05:35.05 ID:x0/iTZqW

ガタッ 

¶cリ˘ヮ˚)|(!?)



42: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/29(月) 02:06:24.28 ID:x0/iTZqW

¶cリ˘ヮ˚)|「⌒°( ^ω^)°⌒! 走るわよ!」ダッ 

⌒°( ^ω^)°⌒「えっ!」 

¶cリ˘ヮ˚)|「一気に学校の外まで駆け抜ける!」 

¶cリ˘ヮ˚)|「誰か人がいるところまで走るの!」 

⌒°( ^ω^)°⌒「¶cっ、¶cリ˘ヮ˚)|ちゃっ!」



43: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/29(月) 02:07:03.77 ID:x0/iTZqW

タタタタタッ 

¶cリ˘ヮ˚)|(何かが私達の後ろを付いてきてるっ!) 

¶cリ˘ヮ˚)|「後ろを振り返っちゃダメよ!」 

⌒°( ^ω^)°⌒「でも、¶cリ˘ヮ˚)|ちゃん!」 

⌒°( ^ω^)°⌒「門がっ」 

¶cリ˘ヮ˚)|「!」



44: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/29(月) 02:08:05.01 ID:x0/iTZqW

タタタタタッ 

¶cリ˘ヮ˚)|「門が閉まってる!」 

¶cリ˘ヮ˚)|「なんでよ!」 

⌒°( ^ω^)°⌒「これじゃ、出られないビィ…」 

¶cリ˘ヮ˚)|「・・・」



45: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/29(月) 02:09:08.81 ID:x0/iTZqW

タタタタタッ 

¶cリ˘ヮ˚)|「登るのよ⌒°( ^ω^)°⌒!」 

¶cリ˘ヮ˚)|「ヨハネが下から手伝うから!」 

⌒°( ^ω^)°⌒「でも…それじゃぁ¶cリ˘ヮ˚)|ちゃんが」 

¶cリ˘ヮ˚)|「早くなさい!」



46: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/29(月) 02:10:07.01 ID:x0/iTZqW

⌒°( ^ω^)°⌒「うっうゆ!」ヨジヨジ 

¶cリ˘ヮ˚)|「焦っちゃダメよ・・・ヨハネが支えてるからっ」



47: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/29(月) 02:10:50.26 ID:x0/iTZqW

ザッ 

⌒°( ^ω^)°⌒「出られた!」 

⌒°( ^ω^)°⌒「¶cリ˘ヮ˚)|ちゃんも早く」 

⌒°( ^ω^)°⌒「!」



48: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/29(月) 02:11:31.60 ID:x0/iTZqW

¶cリ˘ヮ˚)|「・・・」 

⌒°( ^ω^)°⌒「¶cリ˘ヮ˚)|ちゃん! 後ろ!!」 

¶cリ˘ヮ˚)|「⌒°( ^ω^)°⌒・・・貴方だけでも、逃げなさい」 

⌒°( ^ω^)°⌒「¶cリ˘ヮ˚)|ちゃん!!!」



49: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/29(月) 02:13:24.85 ID:x0/iTZqW

ガシッ 

¶cリ˘ヮ˚)|(ああっ、身体を掴まれた) 

¶cリ˘ヮ˚)|(これからヨハネも皆のように無残に殺されるのよね) 

¶cリ˘ヮ˚)|(・・・) 

¶cリ˘ヮ˚)|(やだっ・・・) 

¶cリ˘ヮ˚)|(死にたくないっ!)ショワアアア



50: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/29(月) 02:14:46.16 ID:x0/iTZqW

|c||^.- ^||「¶cリ˘ヮ˚)|さん・・・」 

¶cリ˘ヮ˚)|「えっ?」 

|c||^.- ^||「余りの恐怖に・・・漏らしましたわね」 

¶cリ˘ヮ˚)|「えっえっ?」 

⌒°( ^ω^)°⌒「おねえちゃ…?」



51: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/29(月) 02:15:25.45 ID:x0/iTZqW

∫∫( c||^ヮ^||「いや~、死んだふりするの辛かったかなん」 

ノξソ>ω<ハ6「結構名演技だったと思うけど?」 

⌒°( ^ω^)°⌒「ノξソ>ω<ハ6ちゃん! ∫∫( c||^ヮ^||ちゃん!」 

ノcノ,,・o・,,ノレ「マルもいるずら」 

⌒°( ^ω^)°⌒「ノcノ,,・o・,,ノレちゃんっ・・・」 

|c||^.- ^||「勿論、二年生たちも生きていますわ」



52: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/29(月) 02:15:55.06 ID:x0/iTZqW

¶cリ˘ヮ˚)|「一体、何なのよ!」 

¶cリ˘ヮ˚)|「すっごく怖かったんだからね!」 

|c||^.- ^||「最近、¶cリ˘ヮ˚)|さんが風紀を乱す行動をしていると」 

|c||^.- ^||「ノcノ,,・o・,,ノレさんから報告がありました」 

¶cリ˘ヮ˚)|「ぎくっ」



53: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/29(月) 02:16:47.65 ID:x0/iTZqW

|c||^.- ^||「しかも、ノcノ,,・o・,,ノレさんが注意をしたにも関わらず」 

|c||^.- ^||「その行為を止めなかった」 

|c||^.- ^||「ですから、この浦の星女学院に伝わる伝説のお仕置きを受けてもらったということですわ!」



54: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/29(月) 02:18:33.04 ID:x0/iTZqW

----------回想 
|c||^.- ^||「・・・とにかく」 

|c||^.- ^||「¶cリ˘ヮ˚)|さんには罰を与えなければいけませんわ」 

|c||^.- ^||「ノcノ,,・o・,,ノレさんが止めてと言っても聞かないということは、わたくしたちがあーだこーだ言ったところで暖簾に腕押しでしょう」 

|c||^.- ^||「かくなる上は・・・」ギランッ



55: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/29(月) 02:19:42.93 ID:x0/iTZqW

ノξソ>ω<ハ6「目がヤバいわよ|c||^.- ^||」 

∫∫( c||^ヮ^||「大丈夫かなぁ」 

ノξソ>ω<ハ6「|c||^.- ^||まさか・・・アレをやろうとしてるの?」 

∫∫( c||^ヮ^||「アレってまさか、アレ?」 

ノcノ,,・o・,,ノレ「代名詞で会話しないで欲しいずら」



56: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/29(月) 02:20:11.89 ID:x0/iTZqW

|c||^.- ^||「浦の星女学院に代々伝わるお仕置き『絶凶・戦慄迷宮』を発動しますわ!」バン! 

ノcノ,,・o・,,ノレ「『絶凶・戦慄迷宮』!!?」ガーン! 

∫∫( c||^ヮ^||「やるんだね。やっぱり」 

ノξソ>ω<ハ6「これは準備をする必要があるわね」 

ノξソ>ω<ハ6「学院皆で協力しなきゃ☆」



57: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/29(月) 02:21:08.98 ID:x0/iTZqW

----------回想おわり 
|c||^.- ^||「と、いうわけですわ!」 

¶cリ˘ヮ˚)|「なんなのよそれ!」 

|c||^.- ^||「学院皆で協力して、対象がお漏らしをするまで恐怖で追い詰めるというお仕置きですわ」 

∫∫( c||^ヮ^||「話だけは聞いたことはあったけど、実際にやるなんてね…」



58: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/29(月) 02:21:49.88 ID:x0/iTZqW

|c||^.- ^||「そしてお漏らしをした後、対象のパンツは生徒会長が預かれるのです」 

|c||^.- ^||「さあ! お脱ぎなさい!」 

¶cリ˘ヮ˚)|「何言ってんの!?」ガーン



59: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/29(月) 02:22:12.64 ID:x0/iTZqW

|c||^.- ^||「出来ないのであればわたくしが脱がして差し上げますわ♡」ガバッ 

¶cリ˘ヮ˚)|「いやー!」 

∫∫( c||^ヮ^||「・・・そんなルールあったかなん?」 

ノξソ>ω<ハ6「|c||^.- ^||の名誉のため、あったということにしておきましょう☆」



60: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/29(月) 02:22:52.53 ID:x0/iTZqW

----------その後の帰り道 
¶cリ˘ヮ˚)|「全く…エライ目に合ったわ」 

⌒°( ^ω^)°⌒「あはは…」 

¶cリ˘ヮ˚)|「とりあえず終バスもないし、⌒°( ^ω^)°⌒の家に泊まることにするわ」 

⌒°( ^ω^)°⌒「やったー!」 

⌒°( ^ω^)°⌒「お泊り会!」



61: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/29(月) 02:23:53.87 ID:x0/iTZqW

¶cリ˘ヮ˚)|「でも絶対|c||^.- ^||にお説教されるわ」 

¶cリ˘ヮ˚)|「大体なんでスカートをめくったくらいでこんな目にあわなきゃいけないのよ!」 

⌒°( ^ω^)°⌒「この堕天使、全く反省してないビィ」



62: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/29(月) 02:25:17.48 ID:x0/iTZqW

¶cリ˘ヮ˚)|「別に女のコ同士なんだし、パンツ見せるくらい全然恥ずかしくないじゃない!」 

¶cリ˘ヮ˚)|「ヨハネなら別にどれだけ見られても平気よ」 

¶cリ˘ヮ˚)|「ほら、⌒°( ^ω^)°⌒に見せてあげる♡」ペラッ 

⌒°( ^ω^)°⌒「!!」



63: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/29(月) 02:25:57.61 ID:x0/iTZqW

⌒°( ^ω^)°⌒「¶cリ˘ヮ˚)|ちゃん…」 

¶cリ˘ヮ˚)|「なに?」 

⌒°( ^ω^)°⌒「パンツ…はいてない」/// 

¶cリ˘ヮ˚)|「あっ…」/// 



|c||^.- ^||「ハッピーエンドですわ!」



65: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2018/10/29(月) 05:13:34.25 ID:SeWttyMw

ハッピーなのは|c||^.- ^||さんだけなんじゃ



66: 名無しで叶える物語(ぎょうざ) 2018/10/29(月) 05:24:35.04 ID:bwe9oMWe

かわいい 
おつおつ






他のおすすめSS
千歌「ぜんぜん思い付かないのだ~」グデー 
梨子「曲が書けない....」 
ルビィ「マルちゃんってスケベだよね」花丸「え?」 
【SS】ダイヤ「思う存分楽しみましょう♪誰も見てませんし♪」 
善子「私ね、堕天使辞めようと思うの」曜「ええっ!?」鞠莉「オゥ……」 
善子「赤髪の天使」 
梨子「うぅ…トイレに行かせて…お願い…」 
質問:おっ○いが膨らんで来たのはいつ頃ですか? 千歌「わわわ?! ///」カァァ 
鞠莉「Guilty Kissで」善子「飲み会よ!」梨子「おー…」 
ルビィ「今年の目標はお菓子作りをマスターです!」梨子「協力するよ♡」