転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1541672974/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/08(木) 19:29:35.64 ID:fol2wIzV0

やが君夢オチSS





2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/08(木) 19:31:33.04 ID:fol2wIzV0


燈子「お願い? 侑が?」

侑「あーでもやっぱりやめとこうかな」

燈子「えー? なにそれ気になる。 遠慮しなくていいのに」

侑「だってさすがにこれは…」

燈子「いいよいいよ言ってごらん? 何でも聞いてあげるよ」

侑「え、ほんとですか」

燈子「うん! 侑から私にお願いなんて珍しいし、頼ってくれて嬉しい」

侑「本当に何でもですか?」

燈子「え? ……まぁ、私にできることなら」

侑「むしろ先輩にしか頼めないんですけど」

燈子「そうなの? ならいいけど」

侑「やった」

燈子(私にしか頼めないこと…ってなんだろ、ちょっとドキドキする)

燈子(でも侑のことだしたぶん勉強とかそういうのだよね)

燈子「それで、お願いって?」

侑「一発ヤらせてくれません?」

燈子「」






3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/08(木) 19:32:35.90 ID:fol2wIzV0


燈子「………………」

侑「……」

燈子「えっと、もう一回いい?」

侑「ヤらせてくれません?」

燈子(聞き間違いじゃない!)

燈子「ちなみにヤるっていうのは…」

侑「あれ、伝わりませんか?」

燈子「や、その、一応? 確認…みたいな?」

燈子(これで勘違いだったら侑に本当に変態って思われちゃうし)

燈子(っていうか勘違いだよね? うん、いくらなんでも急にそんなことになるわけ)

侑「あれですよ、先輩とえっちさせt」

燈子「わーー! わーー!わかったから言わないでーっ!」






4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/08(木) 19:33:12.74 ID:fol2wIzV0


侑「え、いいんですか? わりとダメ元だったんですけど」

燈子「……ん?」

侑「それじゃ先輩がベッドに横になって」

燈子「ちょっちょっと待って!? どうしてもうそういう流れになってるの?」

侑「先輩今わかったって言ったじゃないですか」

燈子「そ、それはオッケーって意味じゃなくて!」

侑「えー」

燈子「あはは…」

侑「……何でもするって言ったのに」

燈子「確かに言ったけど! まさかそういう内容だとは思わなかったし!」

侑「先輩の嘘つき」

燈子「うぐっ」グサ






5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/08(木) 19:33:49.82 ID:fol2wIzV0


侑「あーあ騙されちゃったなぁー」 

燈子「ご、ごめん侑。でも突然そんなことお願いされても…」 

侑「わたしは七海先輩に突然ファーストキス奪われたのになぁー」 

燈子「うぐぐっ」グサグサ 

侑「……」 

侑「先輩って」 

燈子「うん?」 

侑「わたしのこと好きなんですよね?」 

燈子「え、うん……好きだけど」 

侑「だったら、好きな人と、そーゆーことしたいとか思いません?」 

燈子「へっ?」 





6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/08(木) 19:34:27.02 ID:fol2wIzV0


侑「もしくは好きな人からシたいって言われたら普通しちゃいません?」 

燈子「そうなの!?」 

侑「知りませんけど、そういうもんかなって」 

燈子「う、うーん」 

燈子(そりゃ好きな人とだったらそうなるのかもだけど) 

燈子(私は? 侑とそういうことしたい? したくない?) 

燈子「……」 

燈子(したくない……とは思わない) 

燈子(でもでも今すぐなんて無理! だってまだ心の準備がっ!) 

侑「もしもし先輩?」トントン 

燈子「ひゃう!?」 

侑「え……」 





7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/08(木) 19:34:58.21 ID:fol2wIzV0


侑「なに今の反応」ジト 

燈子「だ、だって侑が急に触るから!」 

侑「どんだけ乙女ですか」 

燈子「うう……」 

侑「まぁ、先輩のそーいうトコは可愛いと思いますよ」 

燈子「へっ!?」 

侑「ほら、そうやってすぐ赤くなるとことか」 

燈子「か、からかわないで」 

侑「先輩、可愛い」 

燈子「っ…!」カァァ 

侑「……」ジー 

燈子(近い…) 

侑「ってことでヤらせてくれません?」 

燈子「なんでよ!」 





8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/08(木) 19:35:52.77 ID:fol2wIzV0


侑「ちっ…これでもダメか」ボソ 

燈子「ちょっと侑? なんか漏れてるけど?」 

侑「もっとちょろいと思ったのに案外頑なですね」 

燈子「隠す気ない!?」 

侑「いいじゃないですか1回くらい。パパッとしちゃいましょーよ」 

燈子「そんな簡単に言わないでよ! あとなんか軽い!」 

侑「……」 

侑「それとも先輩、ほんとはわたしとじゃイヤとか」 

燈子「えっ」 

侑「あんなに好き好き言っといて所詮は遊びだったんですね」 

燈子「!?」 






9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/08(木) 19:36:44.87 ID:fol2wIzV0


侑「もういいです帰ります」 

燈子「ま、待って侑ちがう、そんなことない」ガシ 

侑「何が違うんですか?」 

燈子「遊びなんかじゃ…」 

侑「じゃあ七海先輩は、本気でわたしのこと好きですか?」 

燈子「好き! 大好きだよ!」 

侑「佐伯先輩より?」 

燈子「沙弥香のことも好きだけど、君への好きはその……特別なほうの好きだから」 

侑「……なら」 

燈子「でっでもそういうのはまだ早いっていうか! 心の準備が…ね?」 

侑「……」 

侑「そうですか。わかりました」 

燈子「ごめんね、侑」 

侑「いいですよ謝らなくて」 

燈子「嫌いにならないで…?」 

侑「だからいいですって。冗談なんで」 

燈子「それでも、ごめ」 


燈子「……うん?」 





10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/08(木) 19:37:15.92 ID:fol2wIzV0


燈子「……冗談?」 

侑「ぜんぶ冗談です」 

燈子「そ、そうなの?」 

侑「そりゃそうですよ」 

燈子「……」ポカン 

侑「本気でわたしがいきなりそんなこと言うと思いました?」 

燈子「え、えぇー……? なにそれー……」 

侑「あっはっは、先輩慌てすぎ」 

燈子「慌てるよこんなの! もーーー侑のバカ! おしおき!」グニ 

侑「いひゃいいひゃい! いひゃいれす!」 

燈子「謝って!」 

侑「いてて…ご、ごめんなさい」 

燈子「はぁーもう、びっくりしたなぁ」 

侑「ドッキリ大成功~ってやつですね」 





11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/08(木) 19:37:47.84 ID:fol2wIzV0


燈子「うう…なんか悔しい」 

侑「……」 

侑「それだけ、ですか?」 

燈子「うん?」 

侑「あんまり怒んないんだなぁと」 

燈子「もう怒ったでしょ?」 

侑「え、あれで怒ったつもりなんですか」 

燈子「え? そうだけど」 

侑「普通もっとこう、あるじゃないですか、『信じられない![ピーーー]!』みたいな?」 

燈子「な、ないない! 侑が死んじゃったら困る!」 

侑「はぁぁーー……」 

燈子「なんでため息!?」 

侑「そりゃいい人すぎてため息も出ますよ」 

燈子「いい人って別に、そんなことないと思うけど」 





12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/08(木) 19:38:18.10 ID:fol2wIzV0


侑「せっかくちょっとした修羅場になるかと思ったのに」 

燈子「どんな期待してるの…」 

侑「先輩はわたしに甘すぎです」 

燈子「それは……ないとは言えないけど」 

燈子「でも今回のはたぶん、怒るよりもまず安心したからかな」 

侑「安心? ですか?」 

燈子「私このまま侑に幻滅されたらどうしようって思ってた」 

侑「幻滅って、なんでわたしが」 

燈子「だ、だって!」 

燈子「普段あんな好きって言ってるのに、いざとなったらその………ヘタレ…みたいな」 

侑「……」 

侑「ぶっ」 

燈子「えっ」 

侑「あははは! なにそれ、あはははははっ!」 

燈子「ちょ、ちょっとなんで笑うの!?」 





13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/08(木) 19:38:47.33 ID:fol2wIzV0


侑「あはははっ、はーー……おなかいたぁー」 

燈子「私そんな変なこと言った?」 

侑「まさか先輩からヘタレなんて言葉が出てくるとは」 

燈子「ほ、他に思いつかなかったんだもん!」 

侑「大体、幻滅とか以前に先輩がヘタレなんてことくらいとっくに知ってますよ」 

燈子「ええっ!?」 

侑「迫られると弱いし」ズイ 

燈子「っ、そ、そんなこと」 

侑「……」ジー 

燈子(近い…) 

侑「ほーらすぐ赤くなる」 

燈子「ううう…」 





14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/08(木) 19:39:32.21 ID:fol2wIzV0


侑「やっぱり、こういう先輩は可愛いなって最近思います」 

燈子「っ……だ、だから、からかわないの!」 

侑「本音ですよ? この目が嘘ついてるように見えます?」ジッ 

燈子「それは…」 

侑「先輩」 

燈子「侑……近いってば」 

侑「とーこ先輩」 

燈子「っ!」ドキ 

侑「あはは、ほんと真っ赤じゃないですか」 

燈子「うう……侑のいじわる…」 

侑「……」 


侑「……」 






15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/08(木) 19:40:06.41 ID:fol2wIzV0


侑「先輩」 

燈子「…うん?」 

侑「ひとつわかったことがあります」 

燈子「わかったこと?」 

侑「えっとですね」 

侑「漫画とかでよく、ムラムラするってあるじゃないですか」 

燈子「え」 

侑「わたしあれいまいちよくわかってなかったんですけど、今わかりました」 

燈子「ふ、ふーん?」 

侑「……」 

燈子「……えっと、侑?」 



侑「ごめんなさい、やっぱりガマンできないです」ビリビリッ 

燈子「きゃあああああああっ!?」 





16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/08(木) 19:40:55.47 ID:fol2wIzV0




燈子「ーーーぁあああああっ!!」ガタッ 

沙弥香「きゃああ!?」 


燈子「……」 

沙弥香「び、びっくりしたぁ」 

燈子(あ、あれ?) 

沙弥香「燈子? おはよう……大丈夫?」 

燈子「沙弥香…」 

燈子(そっか私生徒会室で…) 

沙弥香「珍しく寝てるかと思えば。 悪夢でも見た?」 

燈子「悪夢……いや、どちらかといえばむしろ良い夢?」 

沙弥香「ふーん? どんな?」 

燈子「え!?」 

燈子「えーっと……あはは」 

沙弥香「……」ピク 






17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/08(木) 19:42:43.70 ID:fol2wIzV0


沙弥香「私に隠すような夢なのかしら?」 

燈子「…そんなことないよ?」 

沙弥香「じゃあ教えてよ」 

燈子「んーー、もう忘れちゃったなぁ」 

沙弥香「しらじらしい…」 

燈子「そうだ、私お手洗い行ってくるね」ガタ 

沙弥香「あっちょっ、燈子! 逃げる気ね!?」 

燈子「さぁ? なんのこと?」ガララ 

燈子(危ない危ない、沙弥香の勘は鋭いからな。ここはあくまで平静を) 

侑「わっ」 

燈子「ひゃっ」ドン 

燈子「……!!!」 

侑「すみません七海先輩。ちゃんと前見てなくて」 

燈子「……」 

侑「先輩?」 


燈子「こ」 

侑「こ?」 



燈子「このケダモノーーーー!!」ベシッ! 

侑「なんでっ!!?」 



おわり 






18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/08(木) 19:45:40.49 ID:fol2wIzV0

以上です。 
読んでくれた方ありがとござます。 

遅ればせながら個人的なアニメ化記念 
漫画のほうが雰囲気出ていて好きだけどアニメはアニメのよさがある 
久しぶりにグッとくる作品



19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/08(木) 23:36:47.62 ID:WnNg60cXo

乙 
実際にありそうで良い






他のおすすめSS
 
 
 
 
 
 
 
おそ松「そうだ、オ○ニーしよう」 
ジャック・ハンマー「豆の木……ッッ!?」 
もこっち「アイドル!?」