転載元 : http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1425935014/

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/10(火) 06:03:34 ID:bU/xEsuc

女「なんでですか」

男「まだ…そういうのはいいかな…みたいな」

男「あと胸のサイズ」



2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/10(火) 06:05:56 ID:bU/xEsuc

女「胸!?胸を膨らませればいいんですね」

男「そう、せめてCは欲しいね」

女「豊胸ってどれくらいかかるんですかね…」

男「いや、手術で得た胸なんてまがい物だよ」

女「ではどうすれば!?」



3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/10(火) 06:09:21 ID:bU/xEsuc

男「とある学者の一説なんだが…」

男「女性の胸部は、異性の手の平から分泌される汗によって膨れるらしい」

女「はー……つまり男の人に触ってもらうのですか」

男「そうだね、例えば僕とか」

女「お父さんに頼んでみます!」

男「あー…………まあ、がんばれ?」

女「はいっ!」




4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/10(火) 06:13:10 ID:bU/xEsuc

女家

女「お父さん!!いや、父上!!」

女父「なんだ娘?申してみよ」

女「私の胸を触ってください!!できれば激しく!!」

女父「!?!?!?」

女母「あら……娘を性的虐待?警察呼ぼうかしら」



5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/10(火) 06:16:42 ID:bU/xEsuc

女父「えー…、女、そういうことは家族に言うもんじゃない」

女「と言われますと?」

女父「部屋で1人、こっそりとするものだ」

女「ですが父上、男の人の手でなければ意味がないのです」

女父「!?!?!?!?」

女母「あら、もうそんな年頃なのね」

女「私も一人前の女になるべく、父上に触ってもらいたいと…」

女父「だ、大体そういうのは彼氏とかにやってもらいなさい、許さないけどね彼氏なんて」

女母「そうよ女ちゃん、こんな冴えない男に胸なんて触らせちゃダメ」

女父「………」



6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/10(火) 06:20:54 ID:bU/xEsuc

翌日

女「男先輩!!!」

男「なんだ後輩、胸は大きくなったんだろうね?」

女「それが…お父さんに頼んでみても、彼氏にしてもらえ、と言われて…」

男「まあ、それが普通だわな」

女「というわけで…」

男「?」

女「男先輩、私の彼氏になってください!」

男「………………胸が大きくなったらね」

女「だから大きくするために彼氏が…………あれ???」



7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/10(火) 06:24:42 ID:bU/xEsuc

女「こ、これじゃあどうやっても胸が大きくならない…?」

女「どうすればいいのでしょう男先輩!?」

男「うーん………あ、僕の友達紹介してあげよっか」

女「おお、それは是非!」

男「じゃあまた明日ね」

女「はい!また明日!」



8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/10(火) 06:28:31 ID:bU/xEsuc

翌日

男「これがその友」

友「こ、こんにちは?」

女「こんにちは!!友先輩、で宜しかったでしょうか!」

友「ああうん、いいけど」

女「早速で悪いのですが友先輩!!」

友「は、はい、なんでしょう」

女「私の胸を揉んでください!!」

友「」



9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/10(火) 06:32:23 ID:bU/xEsuc

友「ちょっとまってね」

女「?はい」


友「おい待て男、急に連れてきといて何なのこれ」

男「いいじゃん胸の一つや二つ」

友「いいわけ無いだろ…なんで俺が脈絡も無しに女ちゃんの胸揉むんだよ」

男「たまにはこういうのも良いだろ?」

友「意味がわからなすぎる、俺はどうしたらいいの」

男「揉む一択じゃねーの」

友「揉まねーよ馬鹿」



10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/10(火) 06:35:05 ID:bU/xEsuc

女「友先輩!返事を頂きたいのですが…」

友「あ、ああ!とりあえず俺は、ね、遠慮しておくよ」

女「そうですか……残念です」

友「そ、そう……」

男「じゃあ次は担任でも行ってみるか」

友「は!?お前それ洒落じゃ済まんぞ」

男「あの担任適当だしどうにかなるだろ」

女「では次は先生にお願いですね!」



11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/10(火) 06:37:33 ID:bU/xEsuc

翌日

担任「夫婦揃ってなんだよお前ら」

女「ふ、夫婦だなんてそんな…」

担任「何照れてんだよ…」

男「先生、今日はお願いがあるんです」

担任「お?なんだよ改まって、成績関係なら断るぞ」

男「いえ………実は、女の…」

担任「女の?なんだよ」

女「私の胸を揉んで欲しいのです!!」



12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/10(火) 06:41:49 ID:bU/xEsuc

先生A「!?」
先生B「!?」

担任「あー……したいのは山々なんだけど…立場的になぁ」

男「やっぱり、ダメですか?」

担任「ダメとかじゃなくて社会的に死ぬからなぁ…こればっかりは」

女「そうですか…残念です」

担任「ちなみに理由は聞いていいの?」

女「大きくしたいんです!」

担任「…そんだけ?」

女「はい!!」



13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/10(火) 06:43:32 ID:bU/xEsuc

担任「………それ、誰から聞いた?」

女「男先輩です!!」

男「うっ」

担任「…まあ、ほどほどにしとけよ、男」

男「…わかってますよ、先生」

女「???」



14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/10(火) 06:47:27 ID:bU/xEsuc

女「うーん……もう当てがないです……」

男「……あ、思い出したぁ」

女「え?何をです?」

男「実は、男じゃなくても、仲の良い同性でもいいんだったぁ」

女「おお!!そうなのですか!!!」

女「では、まだ望みがありますね!!」



15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/10(火) 06:49:32 ID:bU/xEsuc

翌日

男「で、来てもらったけど」

委員長「何…?告白でもするの?」

男「委員長なら告白より嬉しいんじゃない?」

委員長「何のことよ」

女「男先輩ー!!」

男「あ、来た」

委員長「!?女ちゃん!!??」



16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/10(火) 06:53:06 ID:bU/xEsuc

女「委員長先輩ではないですか!!では今日は委員長先輩に?」

男「おう、多分OK貰えると思う」

委員長「あ、お、女ちゃん、どうしたの?」

女「実はですね………」

女「…私の胸を揉んで欲しいのです………」

委員長「」

委員長「…………え、え、何、どういうこと?」

男「そのまんまの意味だけど」

委員長「私が女ちゃんの胸を?」

男「揉む」



17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/10(火) 06:56:55 ID:bU/xEsuc

委員長「………よ、喜んでお受けいたします、よ?」

女「おおお!!!!ありがとうございます!!!」

男「よかったなー女」

委員長「え、何なの、どど、どうすればいいの?」

男「じゃあ俺帰るねー」

女「はい!さようなら!!」

委員長「ちょちょ、ちょっとまってよ男」

男「いいから揉んどけ、役得だから」

委員長「どうしたらいいのよおおお」



18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/10(火) 07:00:21 ID:bU/xEsuc

女「では、とりあえず脱ぎますね」

委員長「えっ!?ぬ、脱ぐの!?」

女「え?はい、脱ぎます」シュル

委員長「あ、いや、それならそれでいいんだけど、ね」

女「じゃあ、揉んで…ください」パサ

委員長「う、うん…」



19: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/10(火) 07:05:52 ID:bU/xEsuc

翌日

男「どうだった?」

女「それが……触り始めてから5分ほどで、ギブアップだと言われて…」

男「え」

女「あまり効果を得たような気がしません…」

男 (あの意気地無しめ)

男「じゃあ、次に行く?」

男「と言ってもなぁ…もう女の事知ってるような奴なんて…」

女「では男先輩!私のクラスの子を呼んでもいいですか!?」

男「え?別に…いいんじゃないの?」

女「では、呼んできます!!」

男「あ、うん」



20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/10(火) 07:09:19 ID:bU/xEsuc

女「呼んできました!!!」

清楚「も、もう…何?女ちゃん……あ、男先輩」

男「こんにちは、清楚ちゃん、だっけ?」

清楚「はい、女ちゃんのクラスメイトの清楚です」

女「では早速…」

清楚「なにするの?」

女「私の胸を揉んでくれないか!?」

清楚「え、また何か変な遊び?」

女「遊びじゃない!!真剣だ!!」

清楚「はいはい」



21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/10(火) 07:11:08 ID:bU/xEsuc

清楚「男先輩、状況の説明をお願いします」

男「女が胸大きくしたいんだってさ」

清楚「で、揉めと」

男「はい」

清楚「揉むぐらいなら別にいいですけど…」

清楚「男先輩は何を?」

男「いや、僕はもう帰るよ、お楽しみを邪魔したりしない」

清楚「楽しみではないですけどね」



22: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/10(火) 07:12:45 ID:bU/xEsuc

女「じゃあ、よろしく、清楚ちゃん」シュルル

清楚「今回だけだからね、女ちゃん」

女「もちろん大きくなるまでだからね?」パサ

清楚「え………それいつになるのよ……」



23: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/10(火) 07:16:49 ID:bU/xEsuc

翌月

男「うーん……」

女「うーん……」

男「変わらないねぇ……」

女「ですねぇ……」

男「………あ、そういえば」

女「?」

男「とある作家が遺した言葉なんだけど」



24: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/10(火) 07:18:25 ID:bU/xEsuc

男「女性が胸を大きくしたいなら、異性との口付けが一番だ」

男「ってのがあってね」

女「……それはつまり、キス、ですか?」

男「そう、例えば僕と、とかね」

女「では次はキスをしてくれる人を探しましょう、男先輩!!」

男「ああ……うん、そうだね」



25: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/10(火) 07:19:44 ID:bU/xEsuc

エロも無いしラブラブも無いし
内容すっからかんすぎた
おわり



26: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/11(水) 07:43:57 ID:0FYQ4D7w




28: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/11(水) 17:02:57 ID:MKJZp5G.

付き合って結婚まで書こうぜ!






他のおすすめSS