転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1528388675/

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/08(金) 01:24:35.99 ID:5+rY2L1e0

高校を卒業して…春からの私は、東京にて一人暮らしをしています

私の通っている大学は、電車で20分の位置にあります

一人暮らしの住処からそれほど遠くもなく近くもない…そんな距離の場所にありました


ダイヤ「ええと今日は……忘れ物はないですわよね…」


朝7時、この時間が春からの私の一日の始まりの時間でした






2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/08(金) 01:25:29.19 ID:iA9q7B+yO

ダイヤ「はぁ……」

吊革につかまり人の熱気に耐えながら振り子のように体を揺さぶられる
入学してから朝の電車で座れたことなど数えるほどしかありません。

その数回も、なにかの厄介ごとで祝日に登校する羽目になるだとかそういう類のものであって、別段嬉しくなるものではありませんでした。

ダイヤ「(どうしてこうも…都会の電車は混んでいるのでしょうか)」

心の中で毒づきながら、じっと身を固めて列車にこもる熱気に耐えます



3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/08(金) 01:26:36.83 ID:iA9q7B+yO



教授「……であるからして、その際の理論をこちらに適用すれば…」




二ヶ月も経てば学生は良くも悪くも…両方の意味で学校に慣れてきます

居眠りする学生もいますし、そもそも…出席を取らないクラスでは授業の始まりと比べて半分以上空席が目立つようになりました

ダイヤ「…………」カキカキ

そんな穴が目立つ教室の中で、私は馬鹿正直に板書を全てノートに書き写していました



4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/08(金) 01:27:49.54 ID:iA9q7B+yO

同級生「あの…黒澤さん!」

ダイヤ「…どうしましたか?」


授業終了のチャイムが鳴った後、帰り支度の途中で不意に話しかけられました


同級生「今の授業…ノート取ってる?」

ダイヤ「ええ…板書は書き写してますが…」

同級生「ホント!?じゃあちょっとだけ貸してくれる?明日返すからさ!」

ああ、またこの類の話か…そんなことを頭の中に思い浮かべます

勿論ここで冷たく突き放すほど…私も世間を分かってないわけではありません

ダイヤ「え…えぇ…構いませんよ」

同級生「ありがと~!今度お昼奢るね!それじゃ!」

用事が済むと彼女はノートを小脇に抱え、駆け足で扉の外へと出ていきました




5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/08(金) 01:28:32.55 ID:iA9q7B+yO

この風貌からなのか、所作からなのか、はたまたどこからか伝わったのか。 
私は生真面目な学生と分類されたようでした 

別段仲が良くなくても、今のような頼り方をしてくる人は多くいます。 
貸してもらえて当然、なんて態度の人もいますから…まあ、あの方は上等な方でしょう。 


ダイヤ「(あの人と一度でも食事を共にしたこと…あったでしょうか)」 

グループの輪から外れているわけでもなく、いつも一緒に居るわけでもない 
宙ぶらりんな関係性を私は大学で築いていました



6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/08(金) 01:29:24.69 ID:iA9q7B+yO

夕陽に照らされた道を夕食の算段を立てながら歩きます 

ダイヤ「(一人暮らし最大の利点は好きな物食べられること、なんていいますけど…慣れてしまえば手間なものです)」 

実家で手伝いをしたことのある料理の種類はとうに尽き、自らの料理に少し飽きが来ていました 

それでも、何かは食べなければなりません 

ダイヤ「(魚にしましょう、焼いてしまえば塩かお醤油だけで食べられます)」 



7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/08(金) 01:30:16.01 ID:iA9q7B+yO


─────── 

───── 

─── 



青魚がグリルで焼きあがると共に今晩の夕食が始まる 

焼き魚に味噌汁に白米。一人分の料理に飽き、至極単純化された夕食のメニューです 


ダイヤ「……いただきます」 

手を合わせ一礼をした後机の上のリモコンに手を伸ばします。 
一人で食べる食事というのは初めのうちは落ち着いてよかった良かったのですが、慣れてくれば味気なく面白みのないものです。 

行儀が悪いと思いながらも、なんとなく普段見もしないテレビを食事の間つけることが習慣になっていました 



8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/08(金) 01:31:27.95 ID:iA9q7B+yO

魚の身をほぐしながら以前食卓に魚の焼き物が上がった時、ルビィが毎度綺麗に食べることが出来ないのを思い起こします。 


ダイヤ「(わたくしが綺麗に食べるのと比べられて…よくルビィは叱られてましたっけ)」 


興味の無いテレビ番組を横目に黙々と箸を進めます 

とりとめのない、家族や友人との昔話を頭に浮かべることが最近増えていました 



9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/08(金) 01:32:59.48 ID:iA9q7B+yO

─────── 

───── 

─── 

ダイヤ「ふぅ………」 

食事の後洗い物を終え、ベッドに座る。 
一人では、食事をするだけで訪れる疲労が段違いでした 
その昔、善子が親がいないときは常に夕食はカップ麺だといっていたので叱った事がありましたが、今ならその気持ちも少し理解できます。 



ダイヤ「……疲れましたね」 


最近この言葉がすっかり口癖になっていた 

高校時代の方が習い事に生徒会長、スクールアイドル。遥かに多くの事をこなしてたかのように思います 

それでも、形容しがたい泥のような疲労が一人きりの際に襲って来るのでした 




10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/08(金) 01:35:31.07 ID:iA9q7B+yO

prrrrrrrr!!!prrrrrr!!! 


ダイヤ「なんですの……電話…?」 


けたたましいコールで知らされる電話の着信、それも国際電話だった。 
生憎、外国人の知り合いはいない。いや、半分外国人はいますが。 


ボタンを押し、スマートフォンを耳に当てる。その必要が無くても耳を当ててしまうのは以前の携帯…所謂ガラケーを使っていた時からの癖でした。 







鞠莉『ダイヤ~!』 



11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/08(金) 01:37:05.92 ID:iA9q7B+yO

スピーカーから聞こえてきたのはやけに甲高い海外訛りの声 


ダイヤ「鞠莉さん…」 
鞠莉『久しぶりー!ごめん携帯変えたの!元気してた?』 


一人きりの部屋に響き渡るのは十数年来の親友の声でした 



ダイヤ「どうしたのですか?」 

鞠莉「言葉そのまんまよ?元気してるかな~って」 

ダイヤ「ふふっ、なんですかそれ」 

鞠莉「……ダイヤ、ちょっと疲れてる?」 

ダイヤ「…どうしてですか?」 

鞠莉「声がちょっと、元気ない」 


ダイヤ「…………そんなこと、ありませんわ」 

見透かすような鞠莉さんの言葉にほんの少し、ドキリとしました 



12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/08(金) 01:38:10.59 ID:iA9q7B+yO

それでも、別段に言うほどでも無いと考え…適当に誤魔化しました。 

ダイヤ「いえ……今日は少し疲れてるだけです」 

鞠莉「…………そう、ならいいけど」 

ダイヤ「ええ、心配には及びません」 


鞠莉「そっか……あ、そういえばダイヤ!聞いて聞いて!こっちの方レストランの話なんだけど……」 


ダイヤ「……はいはい、なんですか?」 



13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/08(金) 01:38:39.58 ID:iA9q7B+yO

─────── 

───── 

─── 

ダイヤ「ふぁぁ……今何時………七時ですか…」 


鞠莉さんの話は日付が変わる頃まで続いた。基本的にむこうが話しているだけでしたが海を渡った先での体験は楽しいものでした。 

昨晩は少し、夜更かしする羽目になったものの、目覚めは以前より爽やかでした。 


ダイヤ「支度してしまいましょう…朝の準備をせずに寝てしまいましたし…」 



14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/08(金) 01:39:42.31 ID:iA9q7B+yO

また昨日までと同じように、すし詰めになった電車に乗って揺られます 

ダイヤ「(内浦に居たころは満員電車を見てみたいなんて思ったこともありましたが…空気が淀んでて…碌な物ではありませんでしたわね……あ) 


満員電車への恨み言を心の中で考えていると一つ、目の前の席に座っていたサラリーマンが席を立ちます 

目的の駅まではまだ暫くある、周りから割り込んでくる人が居ないこと確認するとゆっくり、座席に座ります 


ダイヤ「(今日は、少しラッキーでしたね)」 


小さな幸運に感謝しながら、私は電車の緩やかな振動に身を任せました 



15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/08(金) 01:40:24.76 ID:iA9q7B+yO

─────── 

───── 

─── 


ダイヤ「…………ここは、どこですの」 

小さな全能感から一転、大きく肩を落とす 


目が覚めれば全く知らない場所、未知の無人駅 


列車内の熱気と疲労にあてられてすっかり寝過ごしてしまっていました 

時計を確認すれば既にお昼前、二つ目の授業が始まる頃でした 

ダイヤ「(今から戻ったとしても…午後の授業にしか間に合いませんね)」 

ひとまず折り返し大学へと向かいます。眠りから起きることが出来ずに遅刻など…小学生の頃よりしたことがありませんでした。 

ダイヤ「(………あぁ…弛んでますわね)」 

久々の深い眠りを経てもなお、その身は大きな倦怠感に襲われていました 



16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/08(金) 01:41:08.83 ID:iA9q7B+yO

私の一人暮らししている部屋は一階の北向きでした 

両親は防犯がどうとかの理由で上の階を勧めていましたが別段拘りが無かったので、日当たりが悪くとも家賃の安いこの部屋に決めました 


ダイヤ「はぁ…………」 

そんな薄暗い部屋に帰り、声にならないような溜息を吐きながらクッションに顔を埋める 

今日はあらゆる事に手に付かなかった。辛うじて間に合った午後の授業で初めて課題の提出を忘れてしまった。小テストもうまく答えられなかった。思い通りにならない事が多くてパンクしそうになってしまいそうになる 


ちょっとしたミスから…たったひとつのボタンの掛け違いから、まるでドミノ倒しのように心が崩れ去るようでした。 



17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/08(金) 01:41:53.72 ID:iA9q7B+yO



ダイヤ「……今日は…疲れました」 



柔らかな塊に顔を埋め、誰に聞かせるでもなくポツリと呟く 

カーテンを閉め切った私の部屋に陽の光が差すことはありません。 

いつもこのまま、闇に微睡み灰色の朝を迎えるのみなのでした。 








prrrrrrrrrrrrr!!!! 



18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/08(金) 01:42:28.21 ID:iA9q7B+yO

また一段と、けたたましい着信音。半ば朦朧としていた意識が現実へと引き戻されました。 

ロックを解除し、画面の表示を見ると見知った名前が液晶へと浮かぶ。 

またも耳にスマートフォンを当て、電話に出る。 







果南『やっほ、ダイヤ元気?』 



19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/08(金) 01:46:06.46 ID:iA9q7B+yO

ダイヤ「……貴方たちは何なのですか…次から次へと」 

果南『いやあ…鞠莉に聞いたんだ、元気無さそうだって』 

ダイヤ「全く余計なことを…そんなこと、ありませんわ」 

果南『ううん分かるよ、声に覇気が無い』 

ダイヤ「……そんなことありませんわ」 

果南『…強情なんだから』 


果南さんは今ダイビング先進国のアメリカでダイビングの勉強をしています。 

お世辞にも英語の成績が良いといえない果南さんを皆心配していましたが話を聞く限りでは持ち前の明るさと大らかさでなんとかコミュニケーションは取れているみたいです。 

果南さんが話してくれたあちらでの体験も、鞠莉さんと同じようにとても、海を渡った先に広がる心が躍るような話でした。



20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/08(金) 01:47:12.32 ID:iA9q7B+yO

果南「………そうだ、言いたいことがあったんだ」 

ダイヤ「………?」 

不意に会話を途中で切り上げると…果南さんが新たな話を始めました 

果南「……ダイヤの部屋って窓どっち向き?」 

ダイヤ「…北ですわ」 

果南「うわぁ…そりゃ気持ちが沈むわ」 

苦いものを食べたような声色で果南さんは返事を返してくる、目を細めて訝しがっているのが見えなくとも画面越しに伝わります。 







果南「でも…今回ばかりはよかったかな」 

ダイヤ「……?」 



21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/08(金) 01:48:36.99 ID:iA9q7B+yO

果南「……電気消してカーテンを開けて窓から外を覗いてみて」 

ダイヤ「……はぁ…?」 








首を傾げながらも言われた通りに暗闇の部屋の中、薄手のカーテンを左右に開く。 


広がっていたのは白く、朧げに輝く光。 

ネオンの街を、さざ波が揺れる青い海を、小さな光で照らし続ける星の数々。 

外灯の光に隠されてしまいそうになっていても、街の輝きに追いやられそうになっていても、覗いてやれば確かにそこに、光り輝いていた。 

外の世界は夜空が深く、広く思えた。 

一番明るい小さな星を一つ、じっと見つめてみる。私は自分の存在がひどく、小さなものに思えた。



22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/08(金) 01:50:27.55 ID:iA9q7B+yO

果南「どう…?窓から見る星も工夫次第で結構綺麗でしょ?」 

ダイヤ「ええ…そうですわね」 


果南「鞠莉から聞いたよ、相当参ってそうだって……『隠しててもマリーには分かる!』って大見得切ってたよ」 

ダイヤ「そんなこと…ないです」 

果南「ふふっ……今のは鈍感な私でも分かったよ、電話じゃ絶対ダイヤは誤魔化すって」 

ダイヤ「………」 

果南「だから…さ」 

ダイヤ「……へ…?」 






果南「ベランダに出てみて、そこにもう一つ…答えがあるよ」



23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/08(金) 01:51:35.17 ID:iA9q7B+yO


言われた通りにベランダに出て外を覗く 

すると闇夜の中、一つの車がライトを光らせる。 

車体を形容するなら丸っこい。明るい紫の車がベランダの先の宵闇に紛れていた。 

私にはこの車に確かに覚えがあった、どこの誰の物なのか一目瞭然だった。 

サンダルを履いて車の中を見ようと夜空の下へ出る。一階部屋なので身を乗り出せば直ぐだ。 

覗きこめば、こちらを見つめる二つの影が車の中に見えた。 







果南「やっほ、ダイヤ」 

鞠莉「ダイヤ~!久しぶり!」 



24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/08(金) 01:52:18.23 ID:iA9q7B+yO

ダイヤ「なにが答えですか…かっこつけて」 

果南「あはは…でも、いいじゃん…久々なんだしさ」 

鞠莉「さ、早く乗ってダイヤ!行くわよ!」 

ダイヤ「行くって…こんな時間に何処へ?」 

鞠莉「もー!ドライブに決まってるじゃない!さあ早く!」 



25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/08(金) 01:52:47.00 ID:iA9q7B+yO


ダイヤ「というか……二人とも海外の学校はどうしたのですか…?」 

鞠莉「うーん…有り体に言えば……サボった」 

果南「あ、私も」 

ダイヤ「あなた達……」 



果南「だって…学校サボってドライブするような悪い友達ダイヤ作らないでしょ?」 

鞠莉「そうそう!私達が連れて行かないと…パンクしちゃうじゃない」 

ダイヤ「…………」



26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/08(金) 01:53:34.22 ID:iA9q7B+yO


鞠莉「たまにはいいのよ休んだって、ダイヤはいつもそこの所真面目なんだから…」 

果南「まあまあ、そこがダイヤのいいところだよ」 

鞠莉「うん……でもね、人は潰れちゃったら元も子も無いの」 

ダイヤ「……」 

果南「まあねー……自由に、頑張りすぎないくらいに生きるのが丁度いいんじゃない?…なんてね」 

鞠莉「果南はもうちょっと根詰めた方がいいと思うけど?」 

果南「ちょっと…それどういういうこと…!?」 

ダイヤ「ふふっ……変わらないですわね」 



27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/08(金) 01:56:03.50 ID:iA9q7B+yO

鞠莉「うーん……折角だし久々に沼津の海見に行く?」 

果南「あ、いいね~…家に帰ったらバレてど叱られるから…港の方行こうか」 

鞠莉「OK!ダイヤもそれでいい?」 

ダイヤ「……え、えぇ」 




二人との会話にぼんやりと相槌を打ちながら考えました 

この二人はきっと私の為に来てくれたのだろう 

打算や計上の類無しに私の震えた声色一つの為に海を渡ってくれたのでしょう 

ただそれただけの、そんなことが少しだけ…わたしの胸の奥をじんわり、温かくしました 



ダイヤ「……ひぐっ……ぐすっ」ポロポロ 

果南「うわっ!えっ!?ダイヤ泣いてる!?」 

鞠莉「え?どうしたの!?大丈夫??」 

ダイヤ「違うの……違いますの…」 

鞠莉「え、どどどどうしよう!?え?と、とりあえず落ち着いて!!」 

果南「まず鞠莉が落ち着いて!!」 



28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/08(金) 01:57:28.20 ID:iA9q7B+yO

─────── 

───── 

─── 



ダイヤ「(結局……一日中遊び倒してしまいましたね)」 

あの後…落ち着いた私を乗せて沼津へ夜中の高速道路を使って鞠莉さんの運転で向かいました。 

生まれ育った地の浜辺で朝日を眺め、産まれてから幾度となく食べて来た海鮮を食べ、駅前に唯一存在するゲームセンターとカラオケ店で時間を潰しました。 


遊びきった後、私を家へと送り届けた後鞠莉さんと果南さんは、飛行機の時間があるからとすぐさま空港へと帰ってしまったようです。 


ダイヤ「どっかで寝るとか言って結局寝ずじまいですし…海にいたから髪もボサボサ……」 


こうして帰って来たのは次の日の夕方、日の落ちた六時。遅刻などという次元ではなく…いわゆる完全にサボりでした。 



29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/08(金) 01:58:02.83 ID:iA9q7B+yO

ダイヤ「………よいしょっと、ふぅ……」ボフッ 


家に帰るなりベッドの上のクッションに倒れこむ 

足や全身の疲れがどっと流れ込んできて、まるで鉛のように体が重い 

筋肉の張った体を埋め込むように布の内側へと沈んでいく。 





ダイヤ「ふふっ…今日は少し、疲れました……」 



気付けば少し、笑えるようになっていました。



30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/08(金) 01:58:33.57 ID:iA9q7B+yO



今日はこのまま眠ってしおうか、そんなことをふと考えます。 

明日早く起きて、朝シャワー浴びればきっと大丈夫。明日の支度はその途中で済ませてしまえば問題ない。 

私はそんな…ひとりよがりな言い訳を考えながら、次第に柔らかなクッションの中へと意識を落としていきました。 



31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/08(金) 01:59:16.25 ID:iA9q7B+yO

おわり



32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/08(金) 05:31:34.74 ID:WrMvz3m8O







他のおすすめSS