転載元 : http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1439702733/

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/08/16(日) 14:25:33 ID:t/0Bc1Qs

長門「はい」













おしり



3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/09/01(火) 10:29:08 ID:Yo1v0yVU

ほっぽちゃんかわいい。




5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/09/01(火) 19:15:59 ID:SPGXAUn2

長門「いや、はいじゃないが」

提督「それセルフツッコミ用じゃないから」

長門「なぜだ!提督はこんなかわいい娘を捨ててこいと言うのか!」

提督「さっきハイエースしたとか言ったよな?それ完全に犯罪だからな!」

長門「ちゃんと合意の上で連れてきたんだ!ほっぽちゃん、そうだよな?」

ほっぽちゃん「~~!~~!」ムグームグー


ジタバタ


提督「……思いっきり抵抗しているんだけど?」

長門「……」



6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/09/01(火) 19:29:17 ID:SPGXAUn2

提督「とにかくだ、その子は見た目は幼いとは言え立派な深海棲艦。ここに置くわけにはいかない。だから返してきなさい」

長門「……断る」

提督「……今なんと言った?」

長門「断る!たとえ提督だろうと誰だろうと私とほっぽちゃんの仲を裂くことは認めん!」グイ

ほっぽちゃん「!?」ギュゥ

提督「お前のその性格は知っている。だがな、そいつは俺らの敵だ。一歩間違えるとお前と俺は軍法会議行きだぞ?」

長門「それでも構わん!ほっぽちゃんと逝けるなら本望だ!」ギュウウウウウ

ほっぽちゃん「~~~!!」


バタバタバタバタ



7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/09/01(火) 19:34:35 ID:SPGXAUn2

提督「ふざけるなあ!」ダン!

長門「!」ビクッ


ギュッ


ほっぽちゃん「……ヵァッ」プルプル

提督「俺はここを守る義務があるんだ。お前ひとりの勝手でここを潰す訳にはいかないんだよ!」

長門「……」

提督「良いか、もう一度だけ言う。そいつを、今すぐ、元の、場所に、返してこい」

長門「……くっ」チラ



ほっぽちゃん「」チーン



8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/09/01(火) 19:41:13 ID:SPGXAUn2

長門「な!?ほっぽちゃん?ほっぽちゃん!?」

提督「! 長門、そいつ墜ちてないか!?」

長門「ほっぽちゃん!ほっぽちゃん!?」ブンブン

提督「落ち着け長門! 明石!明石来てくれ!」




ぎりぎりのところで息を吹き返したほっぽちゃんは
提督と、長門を除く艦娘達の手によって無事解放されたのであった

その後深海棲艦から鎮守府に対して怒りの抗議が入ったのはまた別の話である


おわり







他のおすすめSS