転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1446540166/

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/03(火) 17:42:46.70 ID:KqXaZboM0


八幡「今日も俺だけか」

隼人「なに言ってるんだ、俺もいるじゃないか」


八幡「部員の話してんの」

隼人「そういうことか」

隼人「確かに俺は部員じゃないが…」

隼人「こうして、君の話を聞いてあげてるじゃないか」


八幡「誰も頼んでないっての」

隼人「俺たちが3年に上がってもう半年か」

隼人「雪ノ下さんも結衣も、あまり来てないようだけど」

八幡「俺だけ、平塚先生の命令で強制出席ですよ?」





2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/03(火) 17:48:05.64 ID:KqXaZboM0

隼人「それも醍醐味じゃないか。静かに受験に備えられる」

八幡「それはあるけど」

隼人「君は地元から出ないのか?」


八幡「…一応、関西の方の大学も受けるかも」

隼人「国公立かい?なんでまた関西なんだ?」

八幡「大阪市内の車いらずの生活をしたい」

隼人「全く意味がわからない」


八幡「就職したときの話だ」

隼人「大阪市内の就職なら車持たなくて済むかもっていうことかい?」



3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/03(火) 17:50:44.84 ID:KqXaZboM0

八幡「そういうことだ」

隼人「東京でいいじゃないか」

八幡「家賃高いし、遠く離れるのもいい気がしてきたんだよ」


隼人「ああ、なるほどね。そこに行きつくか」

八幡「…」


隼人「雪ノ下さんも結衣も恋人ができてしまったからね」

八幡「ああ」

隼人「比企谷にはいないと」

八幡「うるせぇ」



6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/03(火) 17:52:40.07 ID:KqXaZboM0

八幡「葉山も余裕だな」

隼人「ん?何がだい?」

八幡「雪ノ下のこと…諦めたのか?」


隼人「恋愛の意味での好きではなかったと思うからね」

八幡「お前、姉のほうだったっけ」

隼人「さあね」

八幡「というか、今は…」

隼人「ああ、優美子から告白された」




10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/03(火) 18:16:04.30 ID:KqXaZboM0

八幡「付き合ったのか?」 

隼人「まあね、彼女の気持ちは以前から知っていたから」 

八幡「そうかよ…」 


隼人「拗ねているのか?」 

八幡「…は?」 


隼人「俺が好きなのは、お前だけだよとでも言ってほしいのか?」 

八幡「気持ち悪すぎる…やめろ…俺にそっちの趣味ねぇよ」 

隼人「それは悪かった」



11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/03(火) 18:20:21.79 ID:KqXaZboM0

隼人「でも…以外だったね」 

八幡「そうでもない」 


隼人「そうなのか?」 

八幡「今年の3月ごろ…俺たち3人は…今の状態が続くというのがいいんじゃないかってなった」 

隼人「なるほど」 

八幡「誰も傷つかないならそれが一番だしな」 

隼人「なんだか、俺みたいな考えだね」 

八幡「それから、あの二人が別々に恋愛して…奉仕部去って行っただけだよ」 

隼人「奉仕部はいいのか?」 

八幡「いや、奉仕部は引退…この部活はもうないっての」 

八幡「だから、あいつらが来ないのは普通なんだよ」



14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/03(火) 18:25:04.52 ID:KqXaZboM0

隼人「しかし、君はここにいるじゃないか」 

八幡「平塚先生に頼んで、特別に居させてもらってるだけだ」 

隼人「寂しいな、君も」 


八幡「うっせ、俺はこういう人間だしな」 

隼人「昔の君はもっと格好よかったぞ」 

八幡「だから、気持ち悪い事言うな…」 

隼人「俺が敵わないと思った君はどこへ行ったんだ?」 

隼人「彼女たちが、彼氏を見つけたくらいで君は不貞腐れるのかい?」 


八幡「なんでお前の説教なんか聞かないと駄目なの?」 

隼人「説教じゃないが…」 

八幡「用がないならさっさと帰れよ、恋人いるんだろ?あーしさんっていう美人の」 

隼人「今の君に何を言っても駄目そうだね」



15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/03(火) 18:31:44.54 ID:KqXaZboM0

八幡「不貞腐れてるとか、葉山の奴に言われたか…」 


ガラガラ 


優美子「で、どうだったん、あいつ?」 

隼人「ダメだな、いつもの自信というのか、そういうものがないね」 

隼人「余裕を繕ってはいるが…あんなのハリボテだ」 


優美子「ふ~ん、ま、気持ちはわかっけど」 

隼人「確かに」 

優美子「今まで3人で一年くらいだっけ?やってきて…結局、どっちとも付き合えなかったわけでしょ」 


隼人「そうなるかな、もちろん比企谷の行動次第では変わってただろうけど」 

優美子「いつまでも過去に引きずられる奴とか、あーしはゴメンだし」 

隼人「そうか、なら俺も気を付けないといけないな…」 

優美子「そうだよ、隼人。気を付けてよね」



20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/03(火) 18:37:21.05 ID:KqXaZboM0

ガラガラ ガチャ 

八幡「鍵閉めたな」 


八幡「帰るか、勉強の続きは帰ってからでいいだろ」 


八幡「あの二人…今頃どうしてるんだろうな」 


八幡「…楽しく買い物とかか?あり得るな」 

八幡「まあ、この季節だし、まだ受験まで時間あるしな」 


戸塚「八幡」 

八幡「戸塚…」 

戸塚「よかったら、一緒に帰らない?」 

八幡「待ってたのか?」 

戸塚「まあ、少しだけ」



33: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/03(火) 18:42:52.63 ID:KqXaZboM0

八幡「ありがと」 

戸塚「元気ないね、どこか寄って行かない?サイゼとか」 

八幡「ああ、そこで晩飯にするか」 


戸塚「うん」 


八幡「…」 

戸塚「でもさ…驚いたよ」 

八幡「なにが?なにが驚いたんだ?」 

戸塚「八幡の前で言うのはどうかと思うけど」 

戸塚「あの二人、本当に付き合い始めたんだね、別の人と」 


八幡「そうだな…確か…」 

八幡「由比ヶ浜が元バスケ部の奴と、雪ノ下は野球部の奴だったかな」 

戸塚「そうだったね」 

八幡「俺としては葉山の取り巻きと付き合ってくれた方がまだ良かった」 

戸塚「名前で呼んであげようよ」 

八幡「もう忘れた。戸部くらいだ覚えてるの」



44: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/03(火) 18:48:14.72 ID:KqXaZboM0

戸塚「全然話してないでしょ」 

八幡「どういう因果か、葉山だけは以前より話してるけどな」 

戸塚「それもなんだか面白いね」 


八幡「あのグループは…由比ヶ浜がいるから、話しずらい」 

戸塚「そういうのダメだと思うよ」 

八幡「戸塚もそう思うか?」 


戸塚「彼氏ができただけで仲違いしてたら…この先やっていけないよ」 

八幡「…それは」 

戸塚「お互い何も悪いことなんかしてないしさ」 

八幡「…それは、そうかもな」 

戸塚「むしろ」 

八幡「むしろ?」



54: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/03(火) 18:52:32.87 ID:KqXaZboM0

戸塚「自分が奪ってやるくらいの気持ちじゃないと」 

八幡「…そんなことできないだろ」 

戸塚「そんなことないよ、見た目とか変えるだけでもさ」 

戸塚「なにかが変わるんじゃないかな?」 

八幡「そうじゃなくてな」 

戸塚「え?なに?」 


八幡「俺たち、付き合わないって決めたんだからさ」 

八幡「そういうのは無理だろ」 

戸塚「じゃあ、なんで八幡は不貞腐れてるの?」 

八幡「…」 

戸塚「付き合えなかったこと後悔してるんでしょ?」



222: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/04(水) 09:46:12.89 ID:d1t9CEvXO

八幡「それは、今になって気づいただけだ、遅いだろ」 

戸塚「恋愛に遅いなんてあるかな?」 

八幡「もうあいつら彼氏いるんだぞ」 

戸塚「まだ付き合って間もないし…想いを伝えるくらいさ」 


八幡「でもな」 

戸塚「八幡、今行動しなくちゃ」 

八幡「…」 

戸塚「とにかく、よく考えてみてよ」 

八幡「戸塚…」



223: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/04(水) 10:00:53.90 ID:d1t9CEvXO

次の日 奉仕部 


八幡「なんで今日もいるんだ?」 

隼人「なにがだい?」 

八幡「部外者だろ、お前」 

隼人「いろはも来ていた次期があったじゃないか」 

八幡「勉学の邪魔だ」 

隼人「なら、俺も一緒にやろう」 

八幡「邪魔過ぎ…」 




224: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/04(水) 10:07:02.42 ID:d1t9CEvXO

隼人「それで?君はどうするんだ?」 

八幡「なんのことだ?」 

隼人「意地が悪いな、わかってるだろ?」 

八幡「雪ノ下達のことは…諦める」 

隼人「本当に?」 

八幡「て言いたいけどな…もう少し考える」 

隼人「それがいいよ、結論は急ぐな」 

八幡「葉山に言われても嬉しくねぇ」



225: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/04(水) 10:12:30.07 ID:d1t9CEvXO

キーンコーンカーンコーン 

八幡「帰るか」 


結衣「あ、ヒッキー」 

八幡「由比ヶ浜」 

結衣「やっはろー」 

八幡「やっはろー」 

結衣「言い返してくれた…あはは」 

八幡「まあ」 

結衣「えっとさ…最近、どうかな…?なんて」 

八幡「俺は部室に行ってるな」 

結衣「やっぱりそうなんだ?先生が言ってたけど」



246: ◆zGcmO2lPfc 2015/11/08(日) 20:21:45.43 ID:rnw84X2vO

>>225の後からかな 

八幡「そっちはどうだ?」 

結衣「うーん、どうかな?新しい生活って感じだしさ…」 


八幡「新しい生活ね」 

結衣「………」 

八幡「彼氏は良い奴か?」 

結衣「うん、好い人だよ~」 

八幡「そりゃよかったな」 

結衣「ありがとう、ヒッキー」



247: ◆zGcmO2lPfc 2015/11/08(日) 20:29:11.50 ID:rnw84X2vO

結衣「ヒッキーには、色々助けてもらったよね…」 

八幡「助けたかな、どうだったか」 


結衣「助けてもらったの」 

八幡「お、おう…どういたしまして…」 

結衣「はい」 

八幡「……」 

結衣「あたし達は傷つかないのがいいと思ったもんね」 

八幡「そうだっけ」 

結衣「なら…こういう道もあるんだよね」



248: ◆zGcmO2lPfc 2015/11/08(日) 20:34:21.03 ID:rnw84X2vO

八幡「傷つけない道選ぶんなら…こういう道しかないだろ」 

結衣「あれ?ヒッキーってそんなに自信過剰だったっけ?」 

八幡「今のは忘れてくれ…」 


結衣「あはは、わかった」 


八幡「行動しないとか…戸塚の言葉だな」 

八幡「葉山の奴に言われたこともあるし」 


八幡「なあ、由比ヶ浜」 

結衣「なに?ヒッキー」 


八幡「雪ノ下も呼んで、ご飯とかどうだ?」



253: ◆zGcmO2lPfc 2015/11/08(日) 23:18:15.21 ID:+IQquW70O

サイゼ 

結衣「なに頼もうかなー」 

雪乃「私はスパゲッティかしらね」 

八幡「俺はなんでもいいか」 


結衣「それで、なにか話があるの?」 

雪乃「そうね、急に呼び出されて驚いたわ」 

八幡「悪いな、彼氏いるのに急にこんなことして」 

雪乃「いえ、それは大丈夫だけれど」 

結衣「うん…」



254: ◆zGcmO2lPfc 2015/11/09(月) 00:27:28.13 ID:n+6tDbrtO

八幡「…彼氏ってどんな感じだ?」 

雪乃「なぜそんなことを?」 

八幡「それは…」 

雪乃「…」 

結衣「あ、あたしの彼氏はその…元気な人かな~」 

結衣「一緒にいると元気になるよっ」 

八幡「へえ、マジか。分けてほしいな元気」 

結衣「オラに元気を❗って感じ?」 


八幡「いや、それは違う」



261: ◆zGcmO2lPfc 2015/11/09(月) 04:46:50.31 ID:4nRfpJybO

雪乃「私はの彼は」 

八幡「ああ」 

雪乃「正直まだわからないわね、実直なのだろうけど」 

八幡「野球部の奴だっけ」 

雪乃「ええ、といっても肩を壊して退部という形だけど」 

八幡「そうか、大変なんだな」 

雪乃「日常生活は大丈夫みたいだけど」 

雪乃「今度、二人で出掛けることにしたわ」 

八幡「まだ出かけてなかったのか?」 

雪乃「そうね、お互いに奥手だし…」



262: ◆zGcmO2lPfc 2015/11/09(月) 04:52:26.34 ID:4nRfpJybO

結衣「そっか、でも付き合ってまだ間もないしね」 

雪乃「ええ、そうね。ゆっくりやって行くわ」 


八幡「ゆっくりか」 

雪乃「どうしたの?」 

八幡「なんでもない」 

雪乃「そう…?なら、いいけれど」 


八幡(とりあえず、彼氏との仲は聞けたか) 

八幡(由比ヶ浜は仲良しの友達、雪ノ下はまだまだこれからだな) 

八幡(これなら…まだ)



264: ◆zGcmO2lPfc 2015/11/09(月) 09:54:05.47 ID:1L6f8c2tO

休日 

八幡「まさかお前と出かけることになるなんてね」 

葉山「こっちの台詞というか…君が呼んだんだろ…」 

優美子「つーか、せっかくの休みをなんでヒキオと…」 


葉山「しょうがないだろ?彼がどうしてもって言うからね」 

優美子「隼人とあーしよりそいつの方が大事なわけ?」 

葉山「そうは言ってないよ、でも…」 

葉山「彼がオシャレをしたいと言うからね」 

優美子「ふーん、ヒキオがね」 

八幡「悪いな」



267: ◆zGcmO2lPfc 2015/11/09(月) 10:28:06.58 ID:1L6f8c2tO

葉山「しかし…見た目から入るとは驚いたな」 

八幡「何がだ?」 

葉山「アタックしてみるって言ってたじゃないか」 

八幡「そうだな…」 

優美子「見た目、重要だけどさ…それって変じゃない?」 

優美子「知り合いにやっても意味ないし」 

八幡「わかってるそんなことは…」 


葉山「なにか狙いがあるのか?」 

八幡「別に、ただの原動力にしたいだけだ」 

優美子「原動力ね…ま、動いたのはいいんじゃない?」 

優美子「なんか達観してるヒキオとか、マジでキモいし」 

八幡「あーしさん、ひどいっす…」



268: ◆zGcmO2lPfc 2015/11/09(月) 10:35:26.01 ID:1L6f8c2tO

服屋 

葉山「比企谷はこういうジャケットが似合うかもね」 

八幡「なるほど」 

優美子「あとはダメージジーンズでいいんじゃない?」 

八幡「まあ、そんな感じか」 


葉山「あとはワックスで髪型を整えればokかな?」 

八幡「そうか、ワックスね。わかった」 

優美子「こんなとこじゃない?あとは自分で学びな」 

葉山「そうだな、やはり最後はそれだからね」 


八幡「了解」



275: ◆zGcmO2lPfc 2015/11/10(火) 10:16:14.58 ID:hQtfmpYc0

優美子「ところでヒキオ、あんたさ」 

八幡「な、なんだ?」(あーしさんの眼は慣れません、はい) 

優美子「どっちにアタックするつもりよ?」 

八幡「どっち…か」 


葉山「まさか、二人ともなんてことする気じゃないだろ?」 

八幡「それは…」 

優美子「呆れた、考えてなかったとか?」 

八幡「そんなことねぇよ…」 

八幡(俺がどっちを好きか…) 

優美子「なら、しっかり考えてから行動しなよ」 

葉山「そうだね、なんせ彼氏持ちの子達なんだし」 

八幡「わかってる」



276: ◆zGcmO2lPfc 2015/11/10(火) 10:23:33.39 ID:hQtfmpYc0

近くのボウリング場 

彼氏1「やった!ストライクだっ!」 

結衣「わあ、すごいっ!」 


彼氏1「いぇ~~いっ」 

結衣「いえ~~い」 

ハイタッチ 

結衣「すごいじゃんっ、もうすぐ200越えそうだよっ」 

彼氏1「やっぱ、由比ヶ浜さんに応援されてるからかな~?」 

結衣「なにそれ?口説き文句?」 

彼氏1「さあ、どうかな?あはははっ」 

結衣「あ、ごまかしたしっ」



277: ◆zGcmO2lPfc 2015/11/10(火) 10:29:14.13 ID:hQtfmpYc0

彼氏1「由比ヶ浜さんの番だよ」 

結衣「うん、わかった~」 

ガコ~ン 

彼氏1「あ~スペアか、惜しい~!」 

結衣「やっぱり、ストライクは難しいよ~」 

彼氏1「いやいや、由比ヶ浜さんならいけるって~」 

結衣「そうかな?よ~し、がんばっちゃうよっ」 

彼氏1「よし、いけいけ~」



278: ◆zGcmO2lPfc 2015/11/10(火) 10:34:21.02 ID:hQtfmpYc0

どこかのバッティングセンター 

スパコーン 

彼氏2「…」 


雪乃「凄いわね、110㌔のボールをあんなに飛ばすなんて」 

彼氏2「野球部だったからな…これくらいは」 

雪乃「…」 

彼氏2「すまない、雪乃さん」 

雪乃「なにが?」 

彼氏2「俺は野球ばかりしてきたから…こういうデートの時どうすればいいのかわからない」 

彼氏2「こんなところでデートというのも…」 

雪乃「いえ、こういう落ち着いたところは嫌いじゃないわ」 

彼氏2「そ、そうか、ならいいんだが」



279: ◆zGcmO2lPfc 2015/11/10(火) 10:38:45.11 ID:hQtfmpYc0

雪乃「ところで、肩は大丈夫なの?」 

彼氏2「バッティングセンターくらいなら、問題はない」 

雪乃「そう、ならいいけれど」 


雪乃「落ち着いた場所…」 

雪乃「私は奉仕部を懐かしく思ってるのかしら…」 

雪乃「……」 


ボウリング場 

結衣「すごいよ、最終成績212なんて!」 

彼氏1「今までの最高数値だよ、やった!」 

ワイワイ 

結衣「……」 

結衣(こんなにはしゃいだのも久しぶり…かな?) 

結衣(あたしはどうなんだろ…?以前のような、静かな雰囲気を望んでる…?) 

結衣(ヒッキー……)



280: ◆zGcmO2lPfc 2015/11/10(火) 10:42:13.19 ID:hQtfmpYc0

彼氏1「よかったらさ、このあと…ご飯とか行かない?」 

結衣「ご飯か…うん、行こっ」 

彼氏1「よし、じゃあ行こうっ」 


… 

彼氏2「今日は…どうだった?」 

雪乃「そうね、静かな感じだったと言えばいいのかしら?」 

彼氏2「すまない」 

雪乃「いえ、そういうのもいいと思うわ」 

彼氏2「そ、そうか…じゃあ、また誘う…」 

雪乃「ええ…よろしくお願いするわね」 




286: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/10(火) 11:41:28.46 ID:w4VYdu90O

乙 
アレ?これ別に彼氏1と彼氏2は悪くなくね? 
恋愛って早い者勝ちの部分もあるし



293: ◆zGcmO2lPfc 2015/11/11(水) 12:45:21.39 ID:L1vaoiXE0

翌日 奉仕部 

八幡「なんで、活動終わった奉仕部に来てんの、俺は…」 

八幡「どっちを好きか…か」 


八幡「だいたい、わかってるんだけどな…」 


八幡「俺のこと、想ってくれてたのは…由比ヶ浜か」 

八幡「まあ、今から考えればいっぱいそれっぽいことあったしね」 

八幡「夏祭りの最後とか、文化祭でも意味ありげなこと言ってたし」 

八幡「雪ノ下は…」 

八幡「たくさん罵詈雑言言われましたね」 

八幡「クリスマスとかでは、いい雰囲気になったりもしたか」



295: ◆zGcmO2lPfc 2015/11/11(水) 12:56:07.39 ID:L1vaoiXE0

八幡「しかし、陽乃さんはあれは恋じゃないとか」 

八幡「…依存なのは間違いなかったよな」 

八幡「雪ノ下……」 


校門 

彼氏2「雪乃さん」 

雪乃「待たせたかしら?」 

彼氏2「そんなことはない、と言うのが定石らしい」 

雪乃「話してしまったら意味ないと思うのだけれど」 

彼氏2「あ…すまない…」 

雪乃「くす、別に構わないわ。帰りましょうか」 

彼氏2「ああ」 


街中 

彼氏1「由比ヶ浜さん、どっか寄ってく?それとももう帰ろうか?」 

結衣「う~ん、どうしよっか…」



297: ◆zGcmO2lPfc 2015/11/11(水) 13:04:02.76 ID:L1vaoiXE0

彼氏1「よかったら、ご飯だけでも奢るけど」 

結衣「ええ、いいよそんな…割り勘で」 

彼氏1「こういうのは奢らせてよ、彼氏の特権みたいなものだしさ」 

結衣「え、そ、そう?」 

彼氏1「じゃあ、そこの店でもいいかな?スパゲティ専門店だけど」 

結衣「うん、大丈夫だよ」 


スパゲティ屋 


彼氏1「どう?味は?」 

結衣「おいしいっ!ここ、入ったことなかったけど、こんなに良いお店だったんだ」 

彼氏1「今度友達と来たら?三浦さんとか、葉山とか」 

結衣「うんっ、優美子喜ぶよっ」 




298: ◆zGcmO2lPfc 2015/11/11(水) 13:10:55.92 ID:L1vaoiXE0

彼氏1「あとは…比企谷か」 

結衣「あ、ヒッキーのこと知ってるんだ?」 

彼氏1「結構有名だろ」 


結衣「あはは、かもねぇ~…」 

彼氏1「しかし…最近、離れてるように見えるんだけど」 

結衣「そうかな?別に離れてるなんてことは…」 

結衣「奉仕部はもうないし…自然に会う機会減ったかな…この前、ゆきのんとヒッキーとでご飯に行ったけど」 

彼氏1「奉仕部か、凄い部活だよねあれ…他人のお願い聞くっていうのは」 

結衣「良く考えるとそうかも」 

彼氏1「葉山が凄いって言ってたし、比企谷は凄いんだろうな」 

結衣「うん、凄いかな。普段は挙動不審だったりするけど」



299: ◆zGcmO2lPfc 2015/11/11(水) 13:16:35.09 ID:L1vaoiXE0

彼氏1「おいおい、それはひどいだろ」 

結衣「でも、いざという時はすっごい頼りになるよっ!」 

彼氏1「む…比企谷は頼りになる…か」 

結衣「うんっ」 


彼氏1「お、俺だって負けてないからね?ちゃんと由比ヶ浜さんのこと守るしっ」 

結衣「あ、ごめん…そういうつもりじゃ」 

彼氏1「いや、俺は負けないよっ!」 

結衣「なにこのノリ?」 


… 

雪乃「ここまでで大丈夫よ、ありがとう」 

彼氏2「そうか…じゃあ…」 

スッ 

雪乃「その手は…なに?」 

彼氏2「なんというか…握手?」 

雪乃「握手ね…はいっ」ガシっ



300: ◆zGcmO2lPfc 2015/11/11(水) 13:23:26.58 ID:L1vaoiXE0

彼氏2「…」 

雪乃「なんだか、お互い恋愛には慣れてないわね」 


彼氏2「確かに…まだまだ」 

雪乃「あなたが告白してきた時は、驚いたわ」 


彼氏2「恥ずかしいな」 

雪乃「私のどこを好きになったと言ってたかしら」 

彼氏2「蒸し返すのか…」 

雪乃「いいじゃない」 


彼氏2「俺は…1年前から、君に憧れていた」 

彼氏2「儚げな表情に心を奪われた…それだけだ…」 

雪乃「一目ぼれということね」 

彼氏2「すまない、きっかけはそうだ…少し話す機会がほしくて奉仕部に行こうとも思っていたが…行けなかった」



301: ◆zGcmO2lPfc 2015/11/11(水) 13:27:28.28 ID:L1vaoiXE0

彼氏2「彼がいたからな…」 

雪乃「誰かしら?比企谷くん?」 

彼氏2「ああ、とても楽しそうに見えたよ」 

雪乃「な、なにを言ってるのかしら…」 


彼氏2「しかし…噂で、付き合っていないことがわかって…奉仕部も引退ということがわかり…」 

彼氏2「勇気を出して告白したというとだ…」 


雪乃「そう…」 

彼氏2「歪な動機で申し訳ないが」 

雪乃「いえ、そんなことはないわ…告白してこない人よりはよっぽどね」 

彼氏2「…?そうか…?」 

雪乃「ええ、それではまた明日ね」



302: ◆zGcmO2lPfc 2015/11/11(水) 13:33:28.52 ID:L1vaoiXE0

次の日 

戸塚「おはよう、八幡っ」 

八幡「おう、戸塚」 


戸塚「ねえ、八幡さ…ちょっと見た目変わった?」 

八幡「髪の毛切って、ワックスつけただけだぞ」 

戸塚「ちょっとおしゃれになってる気がする、八幡って二枚目だから余計に映えるっていうか」 

八幡「戸塚に褒められた…」 


戸塚「え?」 

八幡「あ、いや…これ、葉山の受け売りだけどな」 

戸塚「行動してみたんだ?」 

八幡「まだどうするか、わからないけどな」



312: ◆zGcmO2lPfc 2015/11/11(水) 22:11:05.72 ID:L1vaoiXE0

戸塚「告白はするの?」 




314: ◆zGcmO2lPfc 2015/11/11(水) 22:16:44.80 ID:L1vaoiXE0

八幡「それする為に、見た目とか変えたわけだしな」 

八幡「正直、全く無意味だけど…あれだ」 

戸塚「自信にするため…だよね」 


八幡「そんなところだな…」 

戸塚「でもさ、誰に告白するつもりなの?」 

八幡「それは」 

戸塚「両方とも奪うとか考えてるの?」 

八幡「まさか…そんなわけないだろ」 

戸塚「そっか…でも、もう決めてるんだね?」 

八幡「どっちっていうか…」 

戸塚「?」



315: ◆zGcmO2lPfc 2015/11/11(水) 22:26:26.79 ID:L1vaoiXE0

奉仕部 

八幡「なあ…」 

優美子「なに?」 


葉山「なんだい?」 

八幡「なんでここにいんの?」 

優美子「あんたの行く末、見届けようと思って」 

葉山「決行日は近いと踏んでるんだが」 

八幡「…」 


葉山「いろはも心配していたぞ」 

八幡「お前、話してんの?この話…」 

葉山「ははは」 

八幡「ははは、じゃねぇよ…」



317: ◆zGcmO2lPfc 2015/11/11(水) 22:32:41.03 ID:L1vaoiXE0

優美子「で?どっちに告白すんの?」 

八幡「…由比ヶ浜」 

葉山「へえ、いいじゃないか」 

優美子「雪ノ下さんじゃなくて、ほっとしたとか?」 

葉山「いや…優美子。それは飛躍しすぎだよ…」 


八幡「…」 


ガラ 

雪乃「あら、意外なメンバーが集まってるのね」 

八幡「雪ノ下…」 

雪乃「?どうしたの?」 

八幡「なんでここに?」



318: ◆zGcmO2lPfc 2015/11/11(水) 22:35:48.20 ID:L1vaoiXE0

雪乃「あなたが、部活が終わった今でもここに来ていると聞いてたから」 

雪乃「少し寄ってみたのよ」 


八幡「マジか…」 

葉山「やあ、こんにちは」 

優美子「彼氏はいいの?」 


雪乃「そんなに四六時中いるのが彼氏というわけでもないでしょ」 

雪乃「今日は帰ってもらったわ」 

八幡「…じゃあ、ちょっと、話できないか?」 


雪乃「いいけれど…」



319: ◆zGcmO2lPfc 2015/11/11(水) 22:41:15.29 ID:L1vaoiXE0

葉山「俺たちは先に帰るよ、じゃあね」 

優美子「んじゃ」 

ガラガラ 


雪乃「それで…話というのはなにかしら?」 

雪乃「わざわざ二人を帰したのだから、重要な話なんでしょう?」 

八幡「重要、そうかも」 

雪乃「…ちょっと、身の危険を感じたのだけれど…」 

八幡「おい…」 


雪乃「冗談よ」 

八幡「久しぶりのやり取りだな」 

雪乃「そうかもしれないわね」



320: ◆zGcmO2lPfc 2015/11/11(水) 22:45:19.19 ID:L1vaoiXE0

八幡「それで、本題だけどな」 

雪乃「ええ」 

八幡「今は、楽しいか?色々」 

雪乃「…?彼氏との仲がということ?」 

八幡「そうとってくれてもいい」 


雪乃「回りくどいわね」 

八幡「慣れてないの」 

雪乃「女の子みたいな言い方はやめて、気持ち悪いわ」 

八幡「…とにかく」 


雪乃「…そうね、楽しいわね」



321: ◆zGcmO2lPfc 2015/11/11(水) 22:47:26.02 ID:L1vaoiXE0

八幡「……」 

雪乃「彼、とても不器用なのよ恋愛の面では特に」 

雪乃「そういうところは私と似てるかもしれないわね」 

八幡「野球ばかりしてきたからってやつか」 

雪乃「そうよ…そういうところが愛おしく思えてしまうわね」 


八幡「そうか…」 

雪乃「…あなたとの関係は…



322: ◆zGcmO2lPfc 2015/11/11(水) 22:52:58.11 ID:L1vaoiXE0

雪乃「恋人関係と誤解されてたみたいだけど」 


八幡「おいおい、なんだよそれ…違うだろ」 


雪乃「ええ、まさに迷惑極まりないことだわ。腹立たしい」 

八幡「そこまで言いますかね」 

雪乃「ふふ、冗談よ」 

八幡「……冗談かよ」 

雪乃「安心したの?」 

八幡「別に」 

雪乃「まあ、いいわ。あなたとの仲は…そうね、依存だったわね、私の一方的な」 

八幡「そうだったな」 

雪乃「あなたはとても頼りになったわ…だから、寄りかかってしまった…」 

雪乃「それに代えて、今の彼はそんな頼りがいなんてないけれど…」 

雪乃「同じ地平を歩けるような気がするわ」 




324: ◆zGcmO2lPfc 2015/11/11(水) 22:56:24.73 ID:L1vaoiXE0

八幡「そうか、わかった…大切にな今の関係」 

雪乃「ええ、ありがとう」 

八幡「陽乃さんに突っこまれるかもしれないからな」 


雪乃「姉さんには内緒にしてるのだけど、もう知られてるのかしら…」 

八幡「どうかな…時間とらせて悪かったな」 

雪乃「いえ、大丈夫よ。あなたは…由比ヶ浜さんと話しに行くの?」 


八幡「ま、まあ…」 

雪乃「そう、がんばってね」 

八幡「おう…ありがとな」



325: ◆zGcmO2lPfc 2015/11/11(水) 23:04:56.71 ID:L1vaoiXE0

校門 


結衣「ふんふんふふ~~んっ」 

八幡「…おう」 

結衣「あれ、ヒッキー?まだ帰ってなかったんだ?」 

八幡「まあな…お前は?」 


結衣「あたしも教室で姫菜と話してたら遅くなって…」 

八幡「帰り、一人か?」 

結衣「うん、途中まで一緒に行こうか?」 


八幡「彼氏は大丈夫なのか?」 

結衣「先に帰ってるよ」 

八幡「そうか…」



349: ◆zGcmO2lPfc 2015/11/15(日) 11:59:14.60 ID:nD6saNVMO

スタスタ カラカラ 

八幡「なんだか…」 

結衣「なんだか久し振りだよね、こうしてヒッキーと歩くの」 

八幡「そうかもな、いつ以来だっけ」 

結衣「うーん、もう覚えてないけど…」 

八幡「生徒会長選挙の時とかはあったか」 

結衣「あはは、あったね~」 

八幡「…」 

結衣「あんまり思い出したくはないけどさ…」 

八幡「いい思ひ出じゃなかったか?」 

結衣「えっ?」



351: ◆zGcmO2lPfc 2015/11/15(日) 12:03:52.74 ID:nD6saNVMO

八幡「ああいう喧嘩?じゃないけど、微妙な空気も」 

八幡「今はいい思い出かもな」 

結衣「ヒッキー…まさか、ヒッキーがそんなこと言うなんてね」 

結衣「変えたのって見た目だけじゃないんだ?」 

八幡「これはまあ……色々と」 

結衣「色々?なに?」 

八幡「……」 

結衣「ヒッキー?」 

八幡「由比ヶ浜に告白しようかと…」 

結衣「……」 

結衣「…え」



352: ◆zGcmO2lPfc 2015/11/15(日) 12:09:45.72 ID:nD6saNVMO

結衣「こ、告白…」 

八幡「ああ…いまさら過ぎるけど…」 

結衣「そ、そうだよ…」 

結衣「あたし達は傷つかない為に、そういうのはなしにしようって…」 

結衣「そうなったじゃん…」 

八幡「悪いな、わかってたつもりだったけど…」 

結衣「あ、あたし…彼氏もいるのに…」 

八幡「最低なことしてるのはわかってるけど…」 

八幡「理屈じゃなくてな…」 

結衣「ヒッキー……」



354: ◆zGcmO2lPfc 2015/11/15(日) 13:40:00.15 ID:nD6saNVMO

八幡「由比ヶ浜…」 

結衣「は、はい…」 

八幡「あ…その…」 


結衣「ずるいよ、ヒッキーは…」 

八幡「…」 

結衣「本当はずっと前から気づいてたよね?あたしの気持ち」 

八幡「去年の夏祭りとかな…」 

結衣「うん、あの頃からずっとだよ…」 

八幡「由比ヶ浜、お前…」 

結衣「もしのさ、あの頃にお互いに気持ちぶつけて…」 

結衣「付き合っていたら、一番よかったかもね…」



355: ◆zGcmO2lPfc 2015/11/15(日) 13:44:09.87 ID:nD6saNVMO

結衣「ゆきのんだって…諦めがついたと思う…あの頃なら」 

八幡「あのあと色々あったしな」 

結衣「うん…それで今でしょ?」 

八幡「…すまん」 


結衣「本気なんだ?ヒッキーは」 

八幡「そうだな…遅すぎるけど…由比ヶ浜の気持ちに答えたい…」 

結衣「あたしがまだヒッキーのこと好きだと思ってるんだ?」



356: ◆zGcmO2lPfc 2015/11/15(日) 13:48:40.42 ID:nD6saNVMO

結衣「自信家になったね、ヒッキー」 

八幡「……」 

結衣「それくらい強引に、去年来てくれればさ…」 

結衣「今だったら、大切な人傷つけちゃうよ」 

八幡「俺は…殴られてもいい」 

結衣「…あたしが決着つけるし…ヒッキーは何もしないでよ」 

八幡「由比ヶ浜…でも」 

結衣「ヒッキー、こういう時は自分のこと必要以上に悪く言いそうだし」 

八幡「…」 

結衣「…帰ろ」 

八幡「おう…」 


スタスタ カラカラ



357: ◆zGcmO2lPfc 2015/11/15(日) 13:52:24.68 ID:nD6saNVMO

次の日 

彼氏1「…」 

結衣「……」 

彼氏1「な、なんで…?別れてくれなんて…」 

彼氏1「俺…不快なことしちゃってた?」 

結衣「ううん、そんなことないよ❗」 

結衣「ただ…」 

彼氏1「ただ?」 

結衣「ヒッキー…比企谷くんに告白されて」 

彼氏1「比企谷に…?そんな…」



359: ◆zGcmO2lPfc 2015/11/15(日) 14:18:35.09 ID:nD6saNVMO

彼氏1「比企谷と由比ヶ浜さんは長く部活を共にしたんだろうけど…」 

結衣「うん…」 

彼氏1「でも…なんで今頃…」 

結衣「本当に…ごめんなさい、本当に…」 

彼氏1「俺じゃ駄目か?由比ヶ浜さんのこと絶対泣かせたりしないし❗」 

結衣「…」 

彼氏1「……」 

結衣「ヒッキーが告白してくれた時…」 

結衣「やっぱり、嬉しかったんだ…」 

彼氏1「…!」 

結衣「その時わかったんだ…あたし、まだヒッキーが好きなんだって」 

彼氏1「由比ヶ浜さん…くそう…」



360: ◆zGcmO2lPfc 2015/11/15(日) 14:23:35.42 ID:nD6saNVMO

彼氏1「わかった…由比ヶ浜さんがそう望むなら…」 

結衣「ありがとう…」 

彼氏1「ただし、比企谷にちゃんと言っといてよ」 

結衣「え?」 

彼氏1「由比ヶ浜さんを泣かせたら、俺が殴りに行くって」 

結衣「うん、伝えておくねっ」 

彼氏1「じゃあ、俺はもう行くから、さよなら」 

結衣「はい…本当に…ありがとう」 

スタスタ 




362: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/15(日) 14:39:26.42 ID:SgCLbFm1o

彼氏くん聖人か何か?



364: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/15(日) 15:43:36.06 ID:Zv66neGl0

その程度なら最初からつき合うなと



365: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/15(日) 16:04:49.78 ID:LIfFT0eYo

完全にビチヶ浜



374: ◆zGcmO2lPfc 2015/11/16(月) 15:55:04.83 ID:UhRXp8yDO

… 

結衣「ヒッキーっ」 

八幡「由比ヶ浜、おう」 

結衣「んも~、もうちょっと嬉しそうにしてよ」 

八幡「いや…よく考えたら、すげぇ似合わないことしたなって…」 


八幡「なんかもう、悶え苦しんだからね…」 

結衣「そうなんだ…でも、嬉しかったよ」 

八幡「お、おう…」 

結衣「すっごい迷惑かけちゃったけど…」 

八幡「彼氏にな」 

結衣「うん…」



375: ◆zGcmO2lPfc 2015/11/16(月) 16:03:04.13 ID:UhRXp8yDO

結衣「でもさ、ヒッキーがこれから帳消しにしてくれるよね?」 

八幡「何をもって帳消しになるかわからんけどな」 

八幡「まあ頑張る…」 


結衣「うん、期待してるよヒッキーっ」 

結衣「じゃあ、帰ろ」 

八幡「おう…」 

八幡「…あの、手を…」 

結衣「………うん」ギュウ 



雪乃「なんだか、微笑ましいわね」 

彼氏2「雪乃さん、本当に俺でいいのか?」 

雪乃「あら、なんのことかしら?」 

彼氏2「…いや、なんでもない」 

雪乃「ええ、帰りましょう」 

彼氏2「ああ」 

彼氏2「雪乃さん」 

雪乃「何かしら?」 

彼氏2「今は奉仕部を優先してくれても問題ないが」 

雪乃「……ありがとう」 




377: ◆zGcmO2lPfc 2015/11/16(月) 16:06:25.38 ID:UhRXp8yDO

結衣「そういえば、ゆきのんだけど」 

八幡「ん?どうかしたか?」 

結衣「今、野球部の人と付き合ってるよね」 

八幡「そうだな」 

結衣「どうなんだろう…」 


雪乃「あら、由比ヶ浜さんに心配されることではないわ」 

結衣「ゆきのんっ」 

八幡「急に現れるなよ…」



378: ◆zGcmO2lPfc 2015/11/16(月) 16:12:47.69 ID:UhRXp8yDO

雪乃「仲良く手を繋いでるわね」 

結衣「あう…」 

八幡「…離すか」 

雪乃「別に離すことないでしょう、恋人同士なんだし」 


結衣「う、うん…そうだよねっ」 

八幡「なんか勇気付けられてるし」 

雪乃「私の方は問題ないけれど、あなた達はどうなの?」 

八幡「まだこれからだよ」 

結衣「うん、でも幸せになるし」 

雪乃「まるで結婚するみたいね」 

結衣「ええ…あ、い、いや…」 

八幡「とにかく、これからだっての」 




380: ◆zGcmO2lPfc 2015/11/16(月) 16:20:53.97 ID:UhRXp8yDO

雪乃「そう、応援するわ」 

結衣「ありがとう、ゆきのん」 

八幡「…3人揃ってるな」 


雪乃「そうね、またどこかで夕食でもどうかしら?」 

八幡「彼氏は?」 

雪乃「ちゃんと了解はとってあるわ」 

八幡「なら、行くか」 


結衣「うん、しゅっぱ~~~つ」 

雪乃「なんだか、以前の雰囲気に戻ったわね…」 

八幡「そうだな…戻るのも悪くない気がする」 

雪乃「ふふ、そうかもしれないわね」 

八幡(戻って由比ヶ浜と付き合えた…) 

八幡(進む為の後退なら、それも正解だよな) 


八幡「これが、俺が行動して得た結果か、悪くないな」 

結衣「ヒッキー?どうしたの?」 

八幡「いや、なんでもない、行くか」 

結衣「うんっ」 


おわり



381: ◆zGcmO2lPfc 2015/11/16(月) 16:23:09.90 ID:UhRXp8yDO

ありがとうございました



383: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/16(月) 16:38:25.15 ID:/hD05EJtO

乙 
彼氏1が不憫過ぎてワロエナイ






他のおすすめSS