転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1535031431/

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/23(木) 22:37:11.50 ID:q9gXEb+B0

穂乃果×にこ
穂乃果「μ'sのラジオだよ」にこ「スクールアイドル放送局で~す」



2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/23(木) 22:45:29.36 ID:q9gXEb+B0

希「はーい!全国津々浦々西へ東へペンギン村からおはこんばんちは!μ'sのラッキーガール事スピリチュアル東條希で~す。はーい、プシャー」

ことり「ラジオを聴いてる全地球74億人の皆さん!おはこんばんちは!μ's一のマカロン大好き少女、南ことりです」

真姫「何よその挨拶」

希「ん?どしたん?」

真姫「どしたんじゃないわよ。意味わかんないんだけど。希はともかくとしてことりまで変な挨拶して。合わせて来たわけ?」

希「別に何の相談もしてないよね?」

ことり「うん。希ちゃんの挨拶に合わせようと思って」

真姫「え?ことりのアドリブ?」



3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/23(木) 22:51:39.58 ID:q9gXEb+B0

希「まあ、ラジオってだいたいアドリブやろ?そんな事より真姫ちゃんも挨拶した方がええんやない?」

真姫「凄くやりにくいんだけど」

ことり「大丈夫だよ、真姫ちゃん。普通に挨拶すればいいんだよ」

希「そうそう。普通に挨拶すればええんよ。妙に狙って挨拶すると絶対に滑るって相場は決まってるやん?」

真姫「それって何?狙えって言ってるの?振り?」

希「いや、ちゃうやん。え?振りだったらやってくれるの?」

真姫「絶対にやらないけど」

ことり「あはは。でも、本当にそろそろ挨拶はした方がいいかも」

真姫「え?」

希「さあ、真姫ちゃん行こうか」



4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/23(木) 22:55:43.49 ID:q9gXEb+B0

真姫「もぉ~、えっと。皆さんこんばんは。μ'sの西木野真姫です。今日はよろしくね」

希「お~本当に普通や」

真姫「当たり前でしょ」

希「まあ…そうなんやけど。せっかくのラジオなのになぁ」

真姫「プシャーよりマシよ。プシャーより。噛んだんでしょ?」

希「ち、ちゃうよぉ。計算通りやって」

真姫「じゃあ計算違いがあったんじゃないの?」

希「え~意地悪言うなぁ」

ことり「あの~そろそろタイトルコールしない?」



5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/23(木) 23:01:54.15 ID:q9gXEb+B0

希「ん?タイトルコール?」

ことり「うん。絵里ちゃん達の時も穂乃果ちゃん達の時もなかなかタイトルコールしなかったみたいでね」

希「だってあれやろ?タイトルコールをどれだけ言わないでラジオ進行出来るかが腕の見せ所やろ?」

真姫「そんな訳でないでしょ」

希「え~じゃあもうやる?」

真姫「当たり前」

ことり「じゃあ。せーの。μ'sがお送りするラジオ。南ことりと」

真姫「西木野真姫と」

希「東條希のスクールアイドルラジオ放送局!」




6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/23(木) 23:08:14.70 ID:q9gXEb+B0

ことり「わ~上手く言ったね」 

真姫「上手くも何も…って言うかせーのはいらなかったんじゃない?」 

ことり「え?」 

真姫「ほら?一人ずつ言ったわけだし」 

ことり「あっ、たしかに。そうだね~」 

希「天然出ちゃったんやなぁ」 

真姫「冒頭でいきなり天然かました人が何言ってるのよ」 

希「だからちゃうって。ウチのは計算通りやって」 

真姫「まあ、いいけど。って言うか…希テンションが高くない?」 

希「ん?そう?」



7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/23(木) 23:13:25.82 ID:q9gXEb+B0

ことり「確かにいつもよりはっちゃけてるかも」 

希「だって折角のラジオやん?」 

真姫「折角のラジオなんだから落ち着いて喋りましょうよ」 

希「落ち着いて喋ってたら聴いてる人も眠くなっちゃうよ?」 

真姫「大丈夫よ」 

希「そうかぁ。じゃあ、そこら辺はラジオやりながら調整していくって事で」 

真姫「結局…」 

希「所でこないだの土日は二人とも何してたん?どっか行った?」



8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/23(木) 23:21:02.19 ID:q9gXEb+B0

ことり「私は日曜日に花陽ちゃんとにこちゃんと原宿にお買い物に行ったよ」 

真姫「え?そうなの?」 

ことり「うん。次のライブの衣装の参考にね」 

真姫「あっ、そう言う事なの」 

ことり「ほら、あの二人はアイドルに詳しいから付いて来てくれると凄く助かるんだ」 

真姫「へ~。私は穂乃果と凛と一緒に居たわ」 

希「お~なんか珍しい組み合わせやんなぁ」 

真姫「まあ…別に遊ぶ約束してたとかそんなんじゃないんだけど。たまたまね、穂むらに行ったら凛が居て」 



9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/23(木) 23:24:28.98 ID:q9gXEb+B0

真姫「そ、そうよ。急に和菓子が食べたくなったから」 

希「へ~」 

真姫「な、何よ」 

希「で?何してたん?」 

真姫「別に…ジェンガやったり…あれ?ジェンガ…ずっと三人でジェンガやってたかも」 

希「え?ずっと?」 

ことり「何時間くらいやってたの?」 

真姫「穂乃果の家に行ったのが13時で…晩御飯ご馳走になって…それまでずっとやってたから…嘘?そんなにやってたの?」 

希「嘘やろ?そんなにジェンガやってたん?黙々と?」



10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/23(木) 23:29:45.97 ID:q9gXEb+B0

真姫「いや、もちろんお話とかはしてたわよ?休憩を挟んだりしてたし」 

希「誰も辞めようって言わなかったんや」 

真姫「意外と奥が深いのよ。ジェンガって」 

希「まあ、言いたい事は分かるけどなぁ」 

真姫「そうでしょ?」 

希「うん。ほら?ウチなんて一人暮らしやんか」 

真姫「うん」 

希「余りにも暇やと一人でジェンガやってみたりとか」 

ことり「え?一人で?」 

真姫「嘘でしょ?」 

希「いや、ホンマやって。一人暮らしってたまにホンマにやる事なくて暇で暇で仕方ない時が来るんよ。基本一人やからね。やる事ないからルンバが走り回ってる所を見たりSiriとひたすら会話したりとか。深夜に急にファッションショーしたりとか」



11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/23(木) 23:35:37.78 ID:q9gXEb+B0

真姫「そんな休日を過ごしてたのね」 

ことり「希ちゃん…寂しい時は連絡してね」 

希「いや、別にこないだの休日の話やないから。こないだの土日はウチもえりちと居たし」 

真姫「ああ…なんだ。そうなの。私、てっきり。って言うかいつでも絵里と一緒にいるのね」 

希「別にええやん」 

ことり「絵里ちゃんと何してたの?」 

希「テニスしとったんよ」 

ことり「希ちゃんテニス出来るの?」 

希「初めてやったわ」



12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/23(木) 23:38:51.58 ID:q9gXEb+B0

真姫「え?出来たの?」 

希「うん。まあな」 

ことり「希ちゃんって運動神経いいもんね」 

希「いやぁ…そうやね」 

真姫「確かに。パッと見そうは見えないんだけどね」 

希「あ~ま結構運動音痴と勘違いされたりするわ」 

真姫「なんでかしら?髪型のせいかしら?」 

希「髪型?」



14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/24(金) 13:10:35.54 ID:rWaXAL04O

真姫「ほら?ボリュームあるし」 

希「あ~まあね。何となく言わんとしてる事は分かるけど」 

ことり「真姫ちゃんは運動得意そうだよね」 

真姫「え?ま、まあ…多少は?」 

希「おぉ!そうなん?じゃあ今度一緒テニスやる?」 

真姫「機会があったらね」 

希「機会は作らなきゃ来ないやん。いつにする?」 

真姫「いや…もう、分かったわよ。意地悪ね。運動はあんまり得意じゃないのよ」 

希「あっ、そうなん?別に意地悪したつもりはないんやけど」 

真姫「希や絵里とテニスなんかやったらホームランしちゃうわよ」 

ことり「それはちょっとわかるかも」



18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/24(金) 21:45:47.13 ID:m+J89x8H0

希「ん~そうかなぁ。打ちたい所に向かって打てばええだけやけど」 

ことり「か、簡単に言うね」 

真姫「それが出来たら苦労しないわよ」 

希「そんなもんなんかなぁ」 

真姫「そんなもんよ」 

ことり「あはは。じゃあ、今週の休日は皆んなそれぞれメンバー同士で遊んでたんだね」 

真姫「そう言う事になるわね」 

希「あれ?でも海未ちゃんは何してたんやろ?」



19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/24(金) 21:51:51.43 ID:m+J89x8H0

真姫「海未?」 

希「真姫ちゃんは凛ちゃんと穂乃果ちゃんと居たんやろ?ことりちゃんは花陽ちゃんとにこっちと。なんか足りないなぁって思ったら海未ちゃんやんなぁ」 

真姫「あぁ…海未。そう言えばそうね」 

ことり「海未ちゃんは多分お稽古だと思うよ」 

真姫「弓道部?」 

ことり「ううん。日舞のお稽古って言ってたかな」 

希「あ~そっかぁ。日舞のなぁ」 

真姫「せっかく部活がお休みだったのに稽古って…大丈夫なの?」 




20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/24(金) 21:57:23.79 ID:m+J89x8H0

希「海未ちゃん体力お化けやからなぁ」 

ことり「海未ちゃんって毎朝四時には起きてるんだよ」 

希「え?なんで?」 

ことり「日中は部活とか生徒会とかで忙しいからって。早起きして道場の掃除をしたりしてるみたい。日によってやる事は違うみたいだけど」 

希「うわぁ…流石海未ちゃんやなぁ」 

真姫「いや…いくら海未でも倒れちゃうわよ」 

ことり「その分寝るのも早いみたいだけどね」 

希「そうなんやぁ。まあ、イメージ通りっちゃイメージ通りやけどなぁ」



21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/24(金) 22:09:32.38 ID:m+J89x8H0

真姫「希はどうなのよ?結構寝坊助なんじゃないの?プロフィールに趣味はお昼寝って書くくらいだし」 

希「ウチも朝は普通にそれなりに早いよ?」 

真姫「へ~意外だわ」 

希「ほら?女の子は色々と準備があるやろ?それこそウチなんてこの髪の量やし?ことりちゃんもそうやろ?」 

ことり「うん。女の子は色々大変だよね」 

真姫「でも二人はまだストレートヘアだしいいじゃない」 

希「ん?」 

真姫「私は癖っ毛だから雨の日とか最悪よ?」 

希「あっ、そうなん?」 

真姫「そうよ。まとめるの大変なんだからね。上手くいかない時なんて学校に行きたくないもの」 

希「いつも同じ様に見えるけどなぁ」 

真姫「頑張ってるのよ」 




22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/24(金) 22:27:17.97 ID:m+J89x8H0

希「そうなんやぁ。真姫ちゃんも苦労してるんやなぁ」 

真姫「別に苦労って訳でもないけど。慣れればそれなりに愛着も湧くし」 

希「天パに?」 

真姫「天パって言わないで。癖っ毛だから」 

希「ストレートヘアにしてみようとか思った事はないの?」 

真姫「ないけど…」 

ことり「勿体無いよぉ。せっかく可愛い髪型なのに。でも、ストレートヘアの真姫ちゃんも見てみたいかも。ん~どうしよう」 

真姫「何がどうしようなのよ」



23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/24(金) 22:30:21.35 ID:m+J89x8H0

希「おっと。真姫ちゃん。お喋りの途中やけどここで一曲や」 

真姫「え?」 

希「ことりちゃん。曲紹介の方よろしく」 

ことり「はーい。それではお聴きください。μ'sでMusic S.T.A.R.T!!」 




24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/24(金) 22:35:19.93 ID:m+J89x8H0

希「だってパーティー終わらない~」 

ことり「今お聞きいただき曲は私達μ'sのMusic S.T.A.R.T!!と言う曲でした」 

希「元気の出る曲やね。ウチこの曲大好きや」 

真姫「どうも」 

ことり「パーティーが終わらないかぁ。チーズケーキがいっぱい食べれそうだね」 

真姫「何穂乃果みたいな事言ってるのよ」 

ことり「うふふ。長年穂乃果ちゃんの幼馴染やってますから」 

希「チーズケーキと言えばアレやなぁ」



25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/24(金) 22:49:33.05 ID:m+J89x8H0

ことり「え?」 

希「こないだのチーズケーキ鍋事件」 

真姫「あぁ…最近の話じゃない」 

ことり「あっ…その話…する?」 

希「やっぱラジオやし。エピソードトークの一つや二つ欲しいやん」 

ことり「あはは…本当に面目ないです」 

希「まあ、μ'sの皆んなでお鍋をしようって事になって。各々食材を持ち合ってたんよね」 

ことり「はい」 

希「ことりちゃんは好きな食べ物を持ってきてって話を聞いてたから好きなチーズケーキを持ってきて…」 

真姫「あの時のことりの慌てようと言ったら…」



26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/24(金) 22:56:49.29 ID:m+J89x8H0

希「まあ、皆んなに急かされてチーズケーキを鍋に入れてしまったんよね」 

ことり「うん」 

真姫「まあ、分かるけど。焦ると思わず変な事しちゃったりとか」 

希「まあ、そう言うけど真姫ちゃんが持って来た食材も結構アレやったからね?」 

真姫「何よ?別に問題なかったでしょ。トマトの何がいけないのよ?トマトの何が!あの時希もいいって言ったじゃない」 

希「まあ、そうやったね。ウチもそんな事言ったんやったっけ」 

真姫「そうよ」 

希「凛ちゃんは凛ちゃんで乾麺をいっぱい入れるしな」 

真姫「思いっきり水分吸い取られてたものね」



27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/24(金) 23:16:18.85 ID:m+J89x8H0

希「真姫ちゃんって本当にトマトが好きなん?」 

真姫「好きだから持ってきたんでしょ」 

希「どんな食べ物よりも?」 

真姫「そうよ。悪い?」 

希「いや…悪くないけど。そっか。どんな所が好きなん?」 

真姫「なんの?」 

希「トマトの」 

ことり「栄養があるよね。リコピン」 

真姫「そう。トマトのそう言う所も好きだし」



28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/24(金) 23:20:04.42 ID:m+J89x8H0

希「他には?」 

真姫「後は…単純に味が好きなの」 

希「おおっ!で?で?他にも好きな所あるんやろ?」 

真姫「他には…別に…。何なのよこのノリは」 

ことり「なんか好きな人の話みたいになってたね」 

希「いや~真姫ちゃんが余りにもトマト愛を語るから」 

真姫「語ってないわよ。全く。くだらないんだから」



29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/24(金) 23:51:50.05 ID:m+J89x8H0

希「はい。それじゃあ、お便りが来てるので紹介したいと思いま~す」 

ことり「いっぱい来てるみたいだね~」 

希「え~ラジオネーム、恋するうさぎちゃん」 

真姫「いや…」 

希「希ちゃん、ことりちゃん、真姫ちゃん、こんばんは。何故、人を好きになるとこんなにも苦しいのでしょう?」 

ことり「ん~恋のお悩みなんだ」 

希「ウチが答えてええ?」 

ことり「うん」 

希「何故人を好きになるとこんなにも苦しいのか?それは心が君の事を急かして蹴飛ばしているからやね。だから、シンプルな頭で聞けばええんよ。Let's get to your love!ってね」 

ことり「なるほど」 

希「少しは参考になっかな?ラジオネーム恋するうさぎちゃん。そして世界中の叶わぬ恋にお悩みの方」



30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/24(金) 23:56:44.55 ID:m+J89x8H0

真姫「ちょっと…なんなのよこのノリは。思いっきりふざけてるじゃない。希も分かってた上でノってる」 

希「バレた?」 

ことり「あっ、やっぱり。だよね?どこかで聞いた事あるような気がしてんだよね」 

真姫「もぉ。なるべく真面目なお便りをお願いします」 

希「別にふざけてはないと思うけどね」 

ことり「うん」 

希「それじゃあ続いてのお便り行こうか」



31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/25(土) 00:12:02.88 ID:lB6YdoZD0

ことり「はい。ラジオネーム、ひとりぼっちの君にさんからのお便りです。希ちゃん、ことりちゃん、真姫ちゃんこんばんは」 

希「はい、こんばんはー」 

真姫「こんばんは」 

ことり「私は学校の体育の授業のペアの決め方について怒っています」 

希「怒っとるんや」 

ことり「私の学校の体育の先生は授業でペアを作る時に好きなもの同士で組ませます。そうするとクラスに仲のいい友達の居ない私はだいたい余ってしまいます。必ずしも人数は偶数と言う訳ではないのだから先生側にももう少し配慮をして欲しいです。私はどうすれば友達が出来るでしょう」 

真姫「え?結局相談?」 

希「ん~めっちゃわかるわ。この話」 

ことり「え?そうなの?」



32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/25(土) 00:19:34.78 ID:lB6YdoZD0

希「ウチはほら?転校が多かったからね。昔は友達とかなかなか出来なくて」 

ことり「そうだったんだ」 

希「だからね、好きなもの同士で班を作ってとか言われると凄く困るんよ」 

真姫「うんうん」 

希「ウチ、クラスに友達いないんやって。誰と組めばええんや?ってね」 

真姫「だいたい先生事になったりね。あと、先生が西木野さんも班に入れてあげてくれる?って」 

希「ん?あぁ…そうやね」 

真姫「毎回余り物同士でペアを組んで妙に顔馴染みになったりね」 

希「そ、そうやね」 

真姫「ことりだってあるでしょ?穂乃果と海未が先にペアを組んじゃったりしたら」 

ことり「その時は…別の子と組むかなぁ…」



33: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/25(土) 00:30:20.51 ID:lB6YdoZD0

真姫「え?あっ、そう。で?どうすれば友達が出来るかって? 」 

ことり「うん」 

真姫「別に出来ないのなら無理に作る必要はないんじゃないかしら」 

ことり「え?」 

真姫「別に無理に作る必要はないと思うのよ。無理して付き合ってたってしょうがないもの。そんな時は趣味に没頭するのも良いし部活とか勉強でもいいから夢中になれるものを探せばいいんじゃない」 

ことり「ん~」 

真姫「何もクラスメイトに感じ悪く振る舞えって言ってる訳じゃないわよ?初対面でビビッと来る時もあるかもしれないし。でも私ね、類は友を呼ぶって言葉って結構的を得てると思うのよね。好きな事に夢中になってればそれが好きな人かが自然と寄ってくるわよ」 

希「確かにそうかもな」 

真姫「そうでしょ?私の場合は…それが歌だった」 

希「そうやなぁ。真姫ちゃんが言うと説得力あるね」 







37: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/25(土) 23:53:31.18 ID:lB6YdoZD0

真姫「じゃあ、次いきましょうよ」 

ことり「はい。ラジオネーム、ヤモリミユキさんからのお便りです」 

真姫「ヤモリ…」 

希「たまに家に出るんよね」 

真姫「いや…見たことないけど…トカゲみたいな奴でしょ?」 

希「ん~まあね。家を守ってくれるから家守って言うんやけどな。害虫なんかを食べてくれるんやって。目がクリクリしてて可愛いやつなんよ」 

真姫「へ~縁起物なのね」 

希「で、井戸を守ってくれるのはイモリ」 

真姫「ふ~ん。それもヤモリに似てるのよね?」 

希「ん~一番大きな違いわヤモリは爬虫類、イモリは両生類で水中で生活してるんやね。カエルと一緒や」 

真姫「あ~だから井戸をね」 

希「そう言うこと」 

真姫「希って…どこでそんな知識を仕入れてくるのよ」 

希「ん~どうなんやろ?」 

ことり「あの~…お便りを…」 



38: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/26(日) 00:04:07.91 ID:vhXRZG8j0

希「あ~そうやった、そうやった。ごめんな」 

ことり「えっと…じゃあ、読むね?」 

希「うん。いや~つい喋っちゃうな?」 

真姫「そうね。気をつけなきゃ…」 

ことり「ラジオネーム、ヤモリミユキさんからのお便りです。真姫ちゃん、ことりちゃん、希さんこんばんは」 

真姫「こんばんは」 

希「なんでウチだけさんなんやろ…」 

ことり「スマホが普及して久しいですが、どこに行っても皆んなスマホの画面ばかりを見ているような気がします。私が子供の頃は虫捕りなどをして遊んだのですが今はスマホの中でモンスターを捕まえて遊んでいます。手紙のやり取りなども行われず全てメールで済んでしまいますし、本を読むのもスマホで済んでしまいます。便利だから普及したのでしょうが何か大切な物を失っている様にも思います。その内、人の心や肉体も電子化されてしまう日が来るのではないでしょうか?」



39: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/26(日) 00:42:16.00 ID:vhXRZG8j0

希「ん~…スマホかぁ」 

真姫「まあ…便利だけどね」 

希「なんでも簡単に調べられるしな。関連してる物とかまで出てくるし…ついつい夢中になって元々何を調べてたか忘れちゃったりするんよね」 

ことり「あっ、それ分かる!こないだも、花陽ちゃんがおススメのアイドルの曲があるって言うから聞いてみようと思って検索してたんだけど気がついたら全然関係ない曲にたどり着いてて…」 

希「あるあるやなぁ。便利過ぎるって言うのも考えものやね」 

真姫「使う人次第だけどね」 

希「そうやんなぁ」 

真姫「お便りにも書いてあったけど電子書籍」 

希「うん」 

真姫「私はやっぱり電子書籍はちょっと…好きになれないわ」



40: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/26(日) 00:48:59.29 ID:vhXRZG8j0

希「あ~なんか分かるわぁ」 

真姫「でしょ?電子書籍の方が持ち運びもしなくていいしスマホがあればどこでも読めて便利だってのは頭では分かってるんだけど。なんでかしら?紙ベースの方がいいのよね」 

ことり「そうなんだぁ。私はあまりこだわりないなぁ」 

真姫「時代の流れに反してるって言うのも分かってるんどけだね」 

希「分かるわぁ。それに漫画とかだと全巻揃えた時の感動とかあるしな」 

真姫「ごめん。それは分からないわ。漫画読まないし」 

希「あっ、そうなんや。まあ、ウチもそんな集めた事ないけど」 

真姫「まあ、でも今まで読んだ本を本棚に全て並べてみたいってのはあるかも」 

希「相当な量になるやろうな。きっと幅取るなぁ」 

真姫「そうね」 

ことり「だから電子書籍が流行るんだろうね」



42: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/26(日) 01:23:55.14 ID:vhXRZG8j0

真姫「さあ、時間がないから次のお便りを紹介しましょう」 

ことり「はい。ラジオネーム、羊達の静寂さんからのお便りです」 

希「怖いラジオネームやなぁ」 

ことり「真姫さん、希さん、ことりさん、こんばんは。女の子って難しいですよね。同じ委員会の一つ下の後輩の子がいるのですがやたら人懐こくてボディタッチも多いし、言動なんかもあざとく感じるのですが正直なんかめっちゃ可愛いと言うか僕の事が好きなんじゃないかって勘違いしちゃいそうになります」 

希「なるほどなぁ」 

真姫「まあ、確かにいるけど…言動とかあざとい子って」 

希「やっぱり男の子ってそう言う子が好きなんかな?」 

真姫「そうなんじゃないの?」 

希「真姫ちゃんは絶対に出来ないやろうなぁ」 

ことり「ん~でも、私達は女子校だからあまりないけど。計算しない女の子なんていないんじゃないかな?」 

真姫「どういう事?」 

ことり「だって好きな人には可愛いって思われたいのは当然だしそう考えると女の子はいつだって計算してるんじゃないのかな」 

真姫「まあ…そう言う考えも出来るけど…」 

希「にこっちなんかもそうやしなぁ」 

真姫「にこちゃんはそもそも計算式がめちゃくちゃな気もするけど」 

希「あはは…手厳しいなぁ」 

ことり「私はまだ…えへへ…」 

希「ことりちゃん…それは計算やないよね?」 

ことり「え?」 



43: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/26(日) 01:35:28.23 ID:vhXRZG8j0

希「まあ、でもことりちゃんの言う事は理解出来るけどなぁ。それはそれで乙女なんやろうし。でも、やっぱり天然の爆発力って言ったら。計算とか全部吹き飛ばしちゃうやつな」 

ことり「あ~うん。分かるよ~穂乃果ちゃんとか海未ちゃんとかも絶対そうだもん。ん~でも、聞いて!」 

希「ん?何?」 

ことり「穂乃果ちゃんが将来ね!好きな人とかが出来てなんかドキッとする様な事が起きた時に男の子にこう言うの」 

希「う、うん」 

ことり「今の計算だよって。キャーーーー。穂乃果ちゃん可愛いーーー」 

真姫「どうしたのよ急に…」 

希「なんか変なスイッチが入っちゃったみたいやな…」



44: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/26(日) 01:54:59.10 ID:vhXRZG8j0

ことり「それからね」 

希「ことりちゃん。その話は後でしような?ラジオ終わってしまうわ」 

ことり「あっ、そうだよね。じゃあ、後で」 

希「うん」 

真姫「で?結局どうなのかしら?勘違いなのかしら?」 

希「お便りの話?」 

真姫「元々そう言う話だったでしょ?」 

ことり「ごめんね。私が話を脱線させちゃって」 

真姫「いいけど…。どう思う?」 

希「まあ…でも、さっきことりちゃんが言ってた事に通じる話やけど少なくとも嫌いな相手やどうでもいい相手だったらしないんやない?」 

ことり「だよね」 

希「わからんよ?でも、そうして来るって事はマイナスのイメージは無いと思うんやけどなぁ」 

真姫「ふ~ん。そっ」 





45: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/26(日) 02:03:33.60 ID:vhXRZG8j0

希「じゃあ、ここら辺で曲の紹介しようか」 

真姫「このタイミングで?」 

希「そろそろ時間やからね」 

真姫「もうそんな時間?」 

希「うん。それじゃあことりちゃん。よろしく」 

ことり「はい。聞いてください。もぎゅっとloveで接近中!」 




46: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/26(日) 02:13:13.91 ID:vhXRZG8j0

ことり「はい。ただ今聞いて頂いた曲はもぎゅっとloveで接近中!でした」 

希「あっ、そうや。一つ忘れてた事があったんや」 

真姫「え?何か忘れてた?」 

希「プレゼント。忘れるところやった。プレゼントどうする?」 

ことり「え~っと…どんなのがいいのかなぁ」 

真姫「そうねぇ」 

ことり「あの…ぬいぐるみとかはダメかな?」 

希「ぬいぐるみ?」 

ことり「私が作ったのだけど…」 

希「おおっ!ええやん!」 

ことり「じゃあ、そうしようか」 




47: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/26(日) 02:17:17.71 ID:vhXRZG8j0

希「えっと…じゃあキーワードは…なんのぬいぐるみ作ったん?」 

ことり「海未ちゃんの…」 

真姫「海未のぬいぐるみ…」 

希「じゃあ、キーワードは海未ちゃんのぬいぐるみでいいか」 

ことり「海未ちゃんのぬいぐるみ…確か絵里ちゃん達の時も…」 

希「え~キーワードの海未ちゃんのぬいぐるみを書いてプレゼント係までご応募下さい」 

ことり「花陽ちゃんのぬいぐるみもあります」 

真姫「どうしてその二人?」 




48: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/26(日) 02:25:46.35 ID:vhXRZG8j0

希「さあ、お別れの時間がやって来ました。初めてのラジオどうやった?」 

真姫「まあ…難しいわね。なかなか上手くは出来なかったわ」 

ことり「そうだね。緊張したね」 

希「ん~次回は…穂乃果ちゃんと花陽ちゃんかぁ。ゲストも来るみたいやね」 

真姫「え?次回まだあるの?」 

希「うん。そうやって」 

ことり「あの、そろそろお別れの挨拶を…」 

希「おっと、そうやね。え~最後までお付き合い頂きありがとうございました。パーソナリティを務めさせて頂きました。この後の打ち上げの焼肉が楽しみな東條希と」 

真姫「え?そんな話聞いてないんだけど…えっと…西木野真姫と」 

ことり「食後のデザートはチーズケーキかな?南ことりでした」 

希「アディオス!」



49: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/26(日) 02:26:16.10 ID:vhXRZG8j0




51: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/26(日) 11:50:24.30 ID:hUiMgJvJO

おつおつ 
二週目入るのか~楽しみにしてる



52: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/26(日) 16:47:47.75 ID:YuCE1yIuO







他のおすすめSS
穂乃果「な、無いっ…穂乃果のちんちんがない……っ!」 
希「のぞえり!!」絵里「ラジオガーデン!!」 
海未「私がアルバイトするなら」 
ことり「いつも傍に」 
ことり「ことうみ一週間です!」海未「うみこと、でしょう?」 
穂乃果「凛ちゃんが可愛すぎて辛い」 
星空凛「安価で嘘をつくよ!」 
穂乃果「出なくてもいいんじゃないかな、ラブライブ」海未「そうですね」 
星空凛「すすんでいる帽子?」 
穂乃果「海未ちゃんの誕生日は何の日?」